自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. トップページ
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 店主の気まぐれ日記
キーワード: 

プロ

2015/12/21

自宅のリビングにある照明が、このところ非常に暗くなっていて、日が暮れた後、電気をつけてもしばらくは、字も読めないほどの暗さ。
そこで、電球をを取り替えようと思って、カバーをとって、蛍光灯を外そうとしたら、あろうことか固定しているツメがバキっと折れてしまった。

考えてみると、もうかれこれ15年もこの蛍光灯は取り替えていなかったので、経時劣化なのだろう。
調べてみたら、もう、このタイプのシーリングランプは製造されていないので、修理もできないし、部品もない。

仕方なく、朝からヨドバシへ行って、新しいシーリングライトを購入することにしたのだが、照明売り場へ行って、レジにいた「研修中」という名札を付けた人に「シーリング買いたいのですが」と、言ったら、「ちょっと待ってて下さい」と、誰かを呼びに行った。

やってきた店員さんが、私とカミさんを見て一言「私のこと、覚えています?」そう、春先に冷蔵庫を買い替えた時に、接客してくれた店員さんだった。

この人は、冷蔵庫について、何を訊いても、すぐに必要な答えをしてくれたので、恐らく白物家電のスペシャリストだろうと思っていたのだが、照明についても、めちゃくちゃ詳しい。
しかも、こちらの質問の意をくんで、ちゃんとわかりやすく説明してくれるのだから、本当にプロなんだなぁ、と感心。

しかも、大型家電店なんて、年にどれだけの人の接客をするのか、想像すらできないほどなのに、私たちのことを覚えているなんて、本当のプロだなぁ、と。
Verdi でも、本当に珈琲のことをしっかり勉強して、お客様の意をくんで、分かりやすく明確に珈琲についてお話の出来るスタッフを育てねば、と、改めて思うのであった。

さて、話は変わるが、先日ちょっと試作してみたが、残念ながら商品化を諦めた商品たち。
ちなみに、全てアルコール入り。

珈琲風味のカクテルだが、アルコール度が強すぎる上、甘味も強すぎて、ちょっと無理か。

これは、けっこう美味しいと思ったのだが、とりあえずはペンディング。

これも、もうひとひねり必要か・・・

マシュマロはスタッフの間でも、賛否両論なのだが、来年あたり出してもいいかなぁ、とも。

まぁ、いろいろと新しいものも考えていきたいものである。

一番初めのページへ

このページの先頭へ