自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. トップページ
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 店主の気まぐれ日記
キーワード: 

たまには日本的カレー

2012/06/30

今日は、むーっと暑い、不快指数の高い一日。
こういう日は、やはりお客様の足もイマイチで、モーニングこそ忙しかったが、いつもだとピークになるお昼過ぎに雨が降り出したこともあり店内飲食はイマイチ。
まぁ、繁華街のお店なら、雨宿りに入るひともいるだろうが、住宅街の店はこんなもの。
なんとかしのいでいかねば。

さて、そんな暑い日に食べたくなるものと言えば、やはり「カレー」!ってことで、いつものヌー様カリーを・・・
とも思ったが、しばらく伺っていない店にも行かねばなので、約1年半ぶりに、丸太町釜座の「近江屋清右衛門」さんへ。


本日のお漬物盛り合わせ


こちらのお店は、お漬物屋さんが経営しているカレー店と言うことで、メニューに漬物盛り合わせがあったり、漬物のテイクアウトに力を入れていたり。
前菜がわりに、漬物をパリパリと頂いた。


自家製欧風とろとろ牛バラカレー

グツグツ音をたてて土鍋で出てくるルーをかけて食べる


カレーは、とてもオーソドックスな日本的カレー。
この店イチオシの牛バラカレーは、ご飯の上にドカンと牛バラの煮込みがのっているのだが、ワインの風味がバッチリして、それなりに手間暇をかけていることが分かる味。

インドとかタイとかではなく、日本における王道カレーを食べたいときには、なかなか良い一軒である。


テーブルに置かれている福神漬けも食べるのだ


ただ、このお店は、ご飯の量のわりに、ルーが多いので、普通に食べていると、ルーが半分以上残ってしまう。
ご飯がなくなってしまったので、そのままルーだけ食べようか、と、思っていたら「お下げします」と、問答無用で半分以上残っているルーを下げられてしまったところを見ると、ほとんどの人がルーを大半残しているのだろう。

私は、食べ物を残すということに、ものすごい抵抗を持つ人間なので、次回からは「ルーを少なめに」と注文することにしよう。
 


   店名:欧風カレー 近江屋 清右衛門
   住所:京都市中京区丸太町西洞院西入ル横鍛冶町113-1
   電話:075-254-0038
   営業:11:30〜15:00 17:00〜21:00 不定休
   Web :http://www.curry-kyoto.com/

このページの先頭へ