自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. トップページ
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 店主の気まぐれ日記
キーワード: 

日帰り東京弾丸ツアー その4

2012/09/30

ディズニーリゾートのゲート外で、娘たちへのお土産にハロウィーンのグッズを購入して外に出たら、夕暮の空が綺麗だった。


うーん、夜パレを見に入りたいぞ!


思わずアフター5パスポートを買って、パレードだけ見て帰ろうかとも思ったが、風が強かったので、下手してパレードが中止になったらもったいないのでやめた。
いや、私一人でインパしたら娘たちに申し訳ないのでやめたのが本当のところってことにしておこう。

さて、舞浜を出たら、今回も寄ろうと思っていた神谷町のニルヴァダムさんへ。
前回同様、予約なしで行ってみたら、今回も予約で満席とのこと。
だったが、またまた「7時半までに食べ終えるなら」ということで入れてもらえた上、今回は二人テーブルに案内されたので、わりと落ち着いて食べることができた。

で、前回サブジコルマを食べながらメニューを眺めていて、次回はこれを食べようと思っていた「チェチナードチキン」をオーダーしたら、「ドライかカリーか?」と訊かれた。
よくメニューを見たら、ドライタイプのチェチナードもあるようで、どうしようか迷ったが、今回はカリーを頂いた。


まずはラッサム、トマトラッサムだった。

大量に入っているマスタードシードがバシッと効いている。

チェチナードチキンは、もちろんライスで。

想像していたものより、随分サラッとしていた。

グラーブジャムンとチャイで〆


チェチナードチキンは、もっと複雑でケミカルな風味のマサラが使われているかと思ったが、存外にオーソドックスなカリー。
ただし、食べ進むうちに、だんだんとふくよかなマサラの香りが鼻に抜けて行く。

しかし、やはり私が思っていたチェチナードのマサラとは、少し雰囲気が違うあたり、もしかしたら私が思っているチェチナード系カリーは、むしろドライの方が近いのかもしれない。

こうしてみると、まだまだ私もカリーについて勉強が足りないことに気付く。
もっといろいろなカリーを食べてみて、より深く勉強せねばだなと思い知らされた神谷町の夜であった。


    店名:Nirvanam(ニルヴァナム)
    住所:東京都港区虎ノ門3-19-7 大手ビル2F
    電話:03-3433-1217
    営業:11:30〜14:30 18:00〜21:30(LO)
        日曜定休

このページの先頭へ