自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. トップページ
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 店主の気まぐれ日記
キーワード: 

南インド強化週間

2013/01/31

今日で1月も終わり。
ものすごいスピードで日が過ぎて行く。
3月には、朝日カルチャーセンターの講義も入っているし、5月末までには大仕事もあるし・・・

そんな折、今日は10周年の記念グッズなどに使用する、ロゴをデザインしてもらうための打ち合わせも入ったりして、ともかく何が何だか分からない状態で、ひたすら突っ走っているような感じ。
ま、前進あるのみですな。

さて、諸般の事情により、私は今、南インド料理を食べなくてはならない状況に陥っている。
いや、陥っているなんて表現はよくないわけで、南インド料理強化週間とでも言おうか、ともかく南インド料理を食べたいわけである。

そこで、今夜はスタッフの一人に「胃袋貸して」とお願いして、南インド料理を食べに行ってみた。


トマトスープ

ワダ二種(一つは、サブジパコラか?)

ミールス(ご飯は別盛り)


トマトスープは、サラッとしていて酸味鮮烈。
他の店のが、比較的シャープなマサラの香りと刺激を持ちつつ、わりと濃厚に仕上げているところ、こちらのお店のトマトスープは、ケミカルなマサラの香りが印象的。シナモン、アニスとクローブかアジョワンだろうか?
他にはない香りが鼻に抜ける個性的なトマトスープだった。

ワダは、今まで食べたどこのワダよりも、中が柔らかく豆腐のような口触り。
サブジパコラっぽい、穴のあいてないワダは、野菜もたっぷり入っており、チャトニと食べると旨み倍増。

ミールスは、全てサブジといった感じで、全く肉が入っていないもの。
しかし、東京などで食べられるミールスとは違い、穏やかな味ながら、きちんと野菜の個性を活かしているような印象を持った。

ただ、この後に食べたドーサとビリヤニは、ちょっと残念なもの。
やはり、京都ではなかなかホンモノのドーサやビリヤニは難しいのかも。
で、諸般の事情により、今夜のインド料理店がどこだったかは内緒。
またそのうち書きます。

さて、ビリヤニが美味しかったら、そのままチャイで〆ようかと思っていたが、なんとなく食い改めに円町へ行ってしまった。


ショコラショ(フローラルスイート)

美味しいものを眼前にした彼女の笑顔は素晴らしい。


やっぱり、辛いもののあとは甘いものですねぇ。
でも、さすがに今夜はカロリーを摂取しすぎたので、明日は抑えにかからねば。
 
 
   店名:Chocolat
   住所:京都市中京区西ノ京中保町52-1
      円町交差点より西大路を北へ200mほど西側
   電話:075-200-7238
   営業:お昼過ぎ頃〜遅ければ22時頃
       早じまいの場合有り 概ね月曜定休

最近の日記はこちら...
2010年の日記はこちら...
2009年の日記はこちら...
2008年の日記はこちら...
2007年の日記はこちら...
2006年以前の日記はこちら...

このページの先頭へ