自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. トップページ
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 店主の気まぐれ日記
キーワード: 

カミさんのバースデーディナー♪

2013/10/31

Verdi の天敵と言えば、百貨店で開催される「北海道展」
先日、大○の北海道展が終わったと思ったら、今日からは、高○屋の北海道展・・・
で、例によって、今回もジンクスは健在。
もう勘弁してほしいものである。

さて、今日はカミさんの誕生日。
昨夜は娘たちがサプライズパーティーを開いてくれたので、今夜は私とカミさんで夕食をとることに。
どこへ行きたいか、何軒か候補を挙げてきいてみたら、久しぶりにクレメンティアさんの料理が食べたいということだったので、予約を入れて、店の片付けが終わったら急いで伺った。


秋刀魚と焼き茄子


ドライトマトの中には、秋刀魚の内臓を混ぜたとのこと。
これが、良いアクセントになって、なかなか気の効いた食事のスタート。


近江牛の自家製ブレザオラ


要するに、牛の生ハム。
ねっとりとした深い味わいの肉に、ジャガイモのソースとコンソメのジュレが爽やかさを加え、するっと食べられる。


自家製パンとオイル二種

里芋のスフォルマート


型に入れられた里芋に、カリカリのトッピングと黒トリュフ。


サツマイモのスープ


バルサミコとワインを煮込んだソースがかかり、まったりとした味に酸味がプラスされ、味の幅が広がるスープ


魚料理は「カイワリ」の炭火焼


カイワリは、シマアジに似た魚ということで、正直シマアジと言われたら、「あぁ、アジだな」と思うような味。
絶妙なレア感で焼かれた魚は、プリッとした食感が楽しめる。
タプナードと、ワタリガニのソースという、今まで食べたことのないような味の組み合わせ。


熟成牛サーロイン炭火焼


生の状態で、チーズのような香り。
味が、ぎゅっと濃縮されたような風味の熟成肉は、チーズと一緒に食べると、また味わいが深くなり楽しい。
最終工程で、牧草にくるまれてローストされるのだが、肉の旨味に、牧草の青い香りがふわっと漂い、絵も言われぬ味わい。


ビーツのラビオリ


ビーツを練り込んだラビオリに、ポルチーニや根菜などが、味の厚みを出している。


カルボナーラ


濃い玉子、味わい深い自家製ベーコン、添えられた生ハムの塩っ気とねっとり感がよい演出。


ドルチェ

小菓子の皿には、カミさんへのメッセージが!

カモミールティーでご馳走さま


こうして久しぶりに伺うと、やはりクレメンティアさんは、しみじみ美味しいお店だなぁと思う。
定休日がVerdiと同じということもあって、なかなか伺う機会がないが、やはりちょくちょく食べたいものだと思った。

これだけ自信とプライドをもって滋賀県産の食材を使い、お店を営業している姿は、本当に輝いて素晴らしく見える。
とても素敵なカミさんのバースデーディナーだった。
ごちそうさまでした。
 
 
店名:クレメンティア Clementia
住所:京都市中京区間之町通二条上ル夷町572
電話:075-231-5606
営業:平日=11:30〜14:00(LO) 18:00〜21:30(LO)
日祝=12:00〜14:00(LO) 18:00〜21:00(LO)
月曜定休

最近の日記はこちら...
2010年の日記はこちら...
2009年の日記はこちら...
2008年の日記はこちら...
2007年の日記はこちら...
2006年以前の日記はこちら...

このページの先頭へ