自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

第6回目「珈琲夜話の会」

2022年11月26日 

今日は有難いことにランチタイムから閉店までほぼ満席。

14時からは焙煎セミナーのご予約もあり、閉店後は夜話の会と濃い一日でした。

そんな第6回目となる今夜の「珈琲夜話の会」は

タンザニアとケニアの視察ご報告会、今回はタンザニア編!

過去最多のお客様が参加してくださいました。

そして、今回の飲み比べ珈琲↓

こちらの3種類。

今回もご参加いただいた皆様ありがとうございました。

次回、珈琲夜話の会は1月後半に開催予定です。

詳細決まり次第お知らせ致します。

次回はケニア編!

皆様のご参加お待ちしております♪

今日の夕焼けはとても綺麗でした。

明日はセミナーデー

2022年11月25日 

今日は京都芸術大学の入試に伴い、受験生と学校の教員・職員さん以外入構禁止になってる上、教職員の方にしても試験終了までは自由に学内外を出入りできないため、芸大店は開店休業状態か?と心配していたが、有難いことに杞憂に終わり、むしろ忙しい一日となった。

さらに、今日に限らずここのところ、海外からのお客様が多くいらっしゃる。

昨日も、インド人と思しきご家族から、ディナーに良い店を知らないか?と聞かれ、インド料理店を紹介しようとしたところ、日本滞在中は毎日インド料理店へ行っていたので、和食が食べたいとおっしゃって、そこは残念ながら私のジャンルではなかったので紹介できず・・・

もうちょっと英語を使いこなせたら、もっとサービスできるのに・・・と歯がゆい思い。

50の手習いで、もう一度英語の勉強するか?

さて。明日は珈琲夜話の会。

おかげさまで、今日の午前中に定員に達して今回のご予約は終了となった。

今日の閉店間際、明日の夜話の段取りを社員と打ち合わせていたら、「明日は昼間に焙煎セミナーも入っていますよ」と店長の山下に言われた。

個別・集合に関わらず、セミナーって実はけっこう労力を使うので、終了後はけっこうバテていたりする。

焙煎セミナーの後に、夜話・・・

頑張ろう。

話は変わるが、このところコーヒー生豆の仕入れ価格が高騰を続けており、以前から懸念していたグァテマラが、けっこう大変なことになってきた。

そこで、売価を変えずに品質も維持して仕入れられるようなものがないか探したものの、なかなか見つからない。

ヴェルディでは、グァテマラは開業当初からアンティグア産のものを使っているのだが、アンティグアというだけで他の地域の同レベルに比べると2割近く高価になってしまうと言うことだったので、今回はウエウエテナンゴのものを試しに1袋とってみた。

それでも、昨年までのグァテマラ・アンティグアに比べると高くなっているが、現状仕入れられるアンティグアと比べたら、まだ売価維持か微増で済む範囲の値段。

明日、焙煎してみて良ければ20年目にしてグァテマラの産地変更となるかも。

美味しいことを祈るしかないなぁ・・・

焙煎、焙煎、焙煎。

2022年11月24日 

下鴨店で焙煎を担当している社員が、遅めの夏休みをとっているため、昨日はお昼過ぎから下鴨へ行って、今週末までに必要な豆の焙煎。

芸大店の5キロ釜と下鴨店の10キロ釜、同じメーカーのものではあるが、扱い方はかなり違うのと、今回はMAX焙煎連発で焼かなくてはならなかったので、午後3時過ぎに焙煎機のスイッチを入れたものの、焙煎機のスイッチを切ったのは午後9時を回っていた。

でも、やはりたまには10キロ釜も触っておかねばならないのと、たまにこちらの釜で焙煎したら、何かとメンテナンスがしたくなるもの。

焙煎を終えて、釜が冷めるのを待って、放置して置いたらヤバそうなところを掃除してみたら、けっこうな量のタールの塊をそぎ落とせた。

まぁ、この10キロ釜、モーターが動かなくなって、台風並みの大雨の日に岡山までモーターの部品を取りに行って、夜中に戻って朝までかかって修理したこともあったし、タールの塊がこびりついてダンパー(排煙装置)が動かなくなり、これまた徹夜で分解して掃除して直したことがあった。

結局、焙煎機に限らず、何か問題が起きた時、自分でなんとかしようとしていたら、モノや事象が根本的にどういう構造でどうなっているかが分かるので、予期せぬことが起こっても、だいたいの理由と対処方法は分かるもの。

やってから、やらなきゃ良かったかも。と思ってみた。

そんなわけで、昨日は午前中に芸大店で焙煎をして、午後は下鴨店で焙煎をして、なんだか一日中焙煎をしていたが、今日は店の販売用豆ではなくサンプルの焙煎と、明後日のセミナーで使う試飲用の焙煎。

サンプルの方は、次に使う豆なので、すでに60キロあるため、一回の焙煎で決めるのではなく、何度か焙煎度合いを変えてみて、ベストなところを探れば良いのだが、明後日の夜話で味見をして頂くものは、一発勝負なのでどのように焙煎するか悩むところ。

中深煎りを中心に、少し浅めと普通に中深煎りという0.3段階程度変えて2種類を煎り上げてみた。

今回は、同じ生産国(タンザニア)ではあるものの、違う地域の豆を飲み比べて頂く。

けっこう微妙な違いなので、全員の方が分かるかどうかは不明だが、コーヒーを飲みなれた方なら楽しめるのではないかと思う。

今回は、今週に入ってバタバタとご予約が入ったので、定員まで残り1~2名。

めちゃくちゃマニアックと言うか、焙煎業者や珈琲豆を扱う人なら、少しは役に立つ情報ではあるものの、一般のお客様にとっては何の役にも立たない内容。

ではあるが、知っていたらツウを通り越してスリーかフォーあたりまで突き抜けられる、知っていても役に立たないけど、タンザニアのコーヒー豆(生豆)を輸入して売っている業者に言うと、「勘弁してくれ」といった内容かも。

もし、そんな話を聞いてみたいというもの好きな方がいらっしゃいましたら、もう間もなくご予約受付終了となりますので、明日の早い時間にご予約くださいませ。

今夜も奇跡を…

2022年11月23日 

今年も始まりました!

下鴨本店の冬の人気メニュー、グラタンホットサンドです。

 

 

自家製ベシャメルソースに、ブロッコリーやしめじなどをたっぷり混ぜ込みました。

チーズと一緒にパンに挟んで焼き上げます。

とろとろ熱々をお楽しみください。

 

 

それにしても、今年は暖かい秋ですね。

数年前の暖冬を思い出します。

その年はコートを着ずにクリスマスマーケットに行きました。

あんまり暖かいとちょっと拍子抜けしてしまいます。

冬のイベントごとは、少し凍えるくらいが丁度良い気がするのです。

 

 

今日は少し気温が下がりそうです。

せっかくの祝日にあいにくの空模様ですが、そんな日はぜひコーヒーでも飲みながらゆったりお過ごしください。

 

夜は日本代表の初戦です。

昨夜のサウジアラビア、見事な大金星でした。

興奮しました。

ニ夜連続の奇跡を信じて応援したいと思います。

このページの先頭へ