自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. トップページ
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

ご予約

2017年3月23日 

このところ、明るくなるのが随分早くなったので、ウォーキング前には寝ぐせを直さなければならなくなってしまった。

なんて思いながら、ついこの前までは、「真っ暗で嫌だ」だなんて言っていたのに、人間って自分勝手だなぁ、と思ったり。

昨日、今日はどんよりとした曇り空だったが、明日あたりはスカッと晴れた下、歩きたいものである。

.

さて、今日は公立の小学校では卒業式を執り行っているところが多かった。

そんなこともあって、近隣の小学校の卒業生とそのお母さまが、卒業パーティーで Verdi をご予約下さった。

先日、私が大阪へ行っているとき、店から電話がかかってきて「23日のお昼に予約が入りました」と。

私が「何名様?」と訊いたら「35~45名だそうです」という返事。

「ちょっと待て!」とすぐにご予約のお電話を下さった方に大阪から電話をかけて、いろいろとお打合せをして、最終的に今日の午後1時30分から40名様のパーティーをお受けすることになった。

造形芸大店をオープンしてから今日までの半年ほどの間に、下鴨の本店では経験したことのないことを多数させて頂いた。

30名様以上のご予約というのもそんな中の一つだったが、これまでだと30名様以上の場合は、全て夜のパーティーだったということもあり、完全貸切にしてブッフェスタイルでご利用いただいていた。

しかし、今回は昼間で、なおかつ大人とお子様の内容を若干変えつつ、お一人様毎に提供するということで、キッチンスタッフも今までにない手際でなんとか間に合わせてくれた。

 

奥の方にテーブルを固めて、一般のお客様は窓際の4席のみでお入り頂くという、ちょっとイレギュラーな配置になったが、こういう形で40名様までならご利用いただけるのだということもわかりよかったような。

私も娘の学校の父母懇親会などで、20名以上でまとまって食事ができるお店をけっこう探したのだが、10名を超えると途端に難しくなる、と言うか、ホテルなどでないと、なかなかそういうお店がないことを痛感した。

そう言う点においては、キャパも比較的大きくて、リーズナブルな価格ということを考えると、造形芸大店はけっこう使い勝手が良いのかもしれない。

学校が稼働しているときは、こんな大勢のご予約は受けられないが、ちょうど春休みと言うことでお昼のパーティーにもかかわらず、何とか店も混乱なく席を用意できた。

そしてある意味、私たちも良い勉強させて頂けた大きなご予約であった。

満開

2017年3月22日 

こんにちは、土田です。

今日は風が冷たくてちょっとまだコートが手放せないなと思いましたが、

オカメザクラが満開です。

お花見スポットという訳ではないのですが、この木の周りだけ人だかりでした。
毎年恒例です。

ところでヴェルディには年間120本以上も映画を観るスタッフがいるのですが、用事があって映画館まで訪ねて行った時に飲んだコーヒーがさっぱりしていて酸っぱくなくて、思いのほかものすごく美味しかったです。

嬉しいサプライズでした。

映画評論家並みの鑑賞量だと常々思っていて、
(余計なこととはわかりつつ)映画評論家の鑑賞本数を調べてみるとやっぱり負けず劣らずでした。

ただ、淀川さんは年間1400本だったそうで…
別格ですね。

ヴェルディでは先週お知らせした春のタルトがスタートしております!

イチゴとオレンジのコンフィチュールが入った春らしいタルトです。
ぜひお召し上がりくださいませ。

まだまだ朝晩は冷え込みますので、体調崩されませんようお気をつけください。

ご来店お待ちしております。

タイとインド

2017年3月21日 

このところトシのせいか、何時に寝ても必ず4時~5時には必ず目が覚めるようになってしまった。

で、今朝も5時前に目を覚まして外を見たら、けっこう激しく雨が降っていたので、今日はウォーキングをお休みして、腹筋マシンのトレーニングのみ。

なかなか減らないですねぇ・・・

 

さて、娘たちが小さい頃は、全員インド料理で文句はなかったのだが、最近は特に次女がインドよりタイの方がいいと言い出したもので、彼女と食事をするときは、けっこうな頻度でタイ料理店へ行くようになった。

普段は、円町のシャムさんでタイカレ~という感じだが、たまには違うところと思ったら、烏丸今出川の イーサン へ向かうことが多い。

ここでは、なぜかいつもカオソーイをたのむ次女。

私は、マッサマンやスキを食べることが多いのだが、先日は久しぶりに食べたくなって、カオマンガイを頂くことにしたのだが、ともかくここのカオマンガイは量が多いので、『少なくして』と重ねてお願いして出してもらった。

カオマンガイの少な目

そして、たまには全く目先の違うものもいいかってことで、タイ風の茶碗蒸しも。

また別の日は、京都駅近くで用事があったので、彼女が行ったことのない キンカーオ へ。

こちらは、タイだけではなくラオス料理もうたっているのだが、正直ラオス料理ってよく分からないので、普通に大量にとしてメジャーなものをいつも注文してしまう。

この日は、ランチを二つ頂いた。

グリーンカレーのランチセット

パッタイのランチセット

三女は、あまりタイ料理が口に合わないようなので、娘とタイ料理を食べたいと思ったら、次女を誘うことになってしまう。

まぁ、子供もだんだん好みがはっきりしてきて、それはそれでいいことなのだが、同じ環境で同じ親に育てられていても、こうして好みが分かれてくるというのは面白いなぁ、と思うのであった。

パパは、まさる

2017年3月20日 

なんだか疲れがたまったとき、気分が晴れないとき、とりあえずマサラを摂取したら何とかなるので、仕事を終えて帰宅する前にインド料理店へ寄るときは、自宅に電話して娘に「今夜はマサラってくる」と一言。

そんなときに、カミさんが帰宅して娘に私の所在を尋ねたら「パパはまさるって言ってた」と。

まぁ、なんだかんだで、今週はいろいろとあったので、ダイエット中のみではあるが、週に二回もまさるになってしまった。

まずは日替りティファン盛り合わせ

パンチサラダ

ヌーさん特製カオスシーフードカリー

ラムとタケノコのニハリ

ホワイトアスパラガス サフラーニ

そして、ここ最近頂いて、最も私が好きだったのはコレ。

Kyoko さんのブログを見て、ヌールで食べられると思い込んで行ってみたが、メニューになかったので「マッカイ ブナ キーマはないの?」ときいたら、それはヌーラーニだと。

でも、食べたそうにしていたら、作ってくれた♪

4月は、造形芸大の春秋座で、都をどりが開催されるため、もっとマサラ補給をする機会が増えてしまいそう。

体重も増えないように気をつけねばだな。

サロンライヴ

2017年3月19日 

今朝も、雲一つない空の下、ちょっと寒いなぁと思いながらのウォーキング。

朝の鴨川はけっこう寒かったが、昼間は普段より少し暖かい様子。

でも、多くの人から「今日は花粉がすごい」という言葉を耳にして、なかなか全ての人にとって快適な日というのは少ないものだと思った。

.

さて、今夜は週末恒例のサロンライヴ。

先週は、珍しくクラッシックではない内容だったが、今回はソプラノの三輪千賀さんの歌声を楽しませて頂いた。

前半は、日本人作曲家による歌曲やミュージカルナンバーなど、比較的軽いプログラムで進んだ。

 

後半は、伴奏を担当された坂本美紀さんのピアノソロから始まり、オペラのアリアの後、ゲストのバリトンを加え、メリーウィドゥから唇は黙っていても。

アンコールまで含め、素敵な歌声をたっぷり堪能した夜であった。

来週は、ハープのソロコンサート。

4月は、春秋座で都をどりが開催されるため1か月ライヴはお休みを頂く。

しばらくお休みに入る前のサロンライヴ、まだ若干お席はございますので、よろしければお運びくださいませ。

日本の庶民派中華もけっこういい

2017年3月17日 

今朝は、私の体感的に言えば少し穏やかな朝。

とは言え、やはり春らしい陽気というわけではなく、寒い中では比較的マシという感じか。

でも、今日は昨日・一昨日と違い雲一つない空の下、なかなか快適に歩ける鴨川沿いであった。

さて、昨日行ったヴェーグさんで、オーナーの久保さんに「続木さんも台湾行ったんですね!?私もこの前行ってきたんですよ~」と。

実は、日記には取り上げていないが、台湾ではけっこう美味しい中華を食べた、と言うか、いつも食べている中華とは、ちょっとレベルの違うものも頂いたりして、こりゃしばらく中華は食べられないなぁ、と思っていた。

しかし、先日ふと足が向いて熊野神社の七福屋さんへ立ち寄ってみたら、やはり京都の庶民派中華もけっこういいものだと実感した。

豆腐と野菜のあっさり煮

白身魚のチリソース

鶏の唐揚げ豆鼓炒め

本場の高級店と比べたら、そりゃぁ・・・だけど、手ごろな値段で、過不足なく美味しく頂ける庶民派中華って、やはり素晴らしいと思う。

先日の華祥さんといい、七福家さんといい、我が家からすぐ近所に、気楽に手ごろに美味しく頂ける中華があるころは、とても幸せなことだとしみじみ思う夜であった。

1 / 6412345...102030...Last »

このページの先頭へ