自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

久しぶりにラニオンさん

2018年9月18日 

今朝は、ちょっとゆっくり寝ようと思っていたのだが、娘たちがかけていた目覚ましで起きてしまい、結局いつも通りの朝となった。

私が毎朝撮っているこの場所には、いつも日の出をガラケーで撮っているおじさんがいて、なぜか私に親しくいろいろと話しかけてくれるのだが、今朝は「惜しいなぁ、もうちょっと早く来たら日の出が撮れたのに、来るの遅いわ」と、言われた。

まぁ、私の場合、日の出を撮っているのではなく、同じ時間の定点観測みたいなものなので「惜しい」という感覚ではないのだが、この調子だともう間もなく日の出前にここを通過することになりそう。

太陽の位置で季節の変化を感じる今日この頃。

 

さて、次女と三女が出るバレエの発表会を見るために、長女が帰省していたので、もう間もなく誕生日を迎える長女と次女の誕生日ディナーを久しぶりにラニオンさんで頂くことにした。

アミューズ

北海道産ボタン海老とサーモン・フュメのミ・キュイ レンズ豆のサラダ

リーフの下は、こんな

三種類のお肉のテリーヌ

鳥取県産アコウのポアレ 甲殻類のソース

仏産子羊モモ肉のロースト エピス風味

ガト・オ・フィグ

エスプレッソとミニャルディーズ

久しぶりにラニオンさんで頂いたが、いつ来てもとても優しい美味しさの中に味わい深さがあって、どのお料理もひっかかりなくお腹の中に滑り込んでいく。

フレンチと言えば、濃厚なソースや重い料理と言う印象を持つ人も少なくない中、むしろ軽く素材の風味をしっかりと堪能できるのがラニオンさん。

また、何かの折には伺いたいお店である。

 

 

ブラジルのカフェ その1

2018年9月17日 

このところ少し涼しく感じていたのだが、昨夜はちょっと蒸し暑かったりして。

帰国してから、朝のウォーキングで汗をかくことがあまりなかったのに、今朝はけっこうシャツが汗てぬれていた。

先週までで、ブラジルの産地巡りなど一通りアップしたのだが、これからはブラジルで見て感じたことなどをちょくちょくアップしていこうかと思う。

その中の一つ、今回はサンパウロで人気のロースタリーカフェ、要するに自家焙煎珈琲店の中の一軒について。

京都でも通称「町屋」を改装して作った「町家カフェ」が人気。

個人的には子供の頃、普通にそういった家に住んでいる友人が多かったので、全く有難みを感じないのだが、若い人や他府県の人にとっては自分の知らない世界に身を置くことが楽しいのかもしれない。

台湾でも、古いビルを改装して作ったお店が流行っていたり、こういう懐古嗜好というかリノベーションというのが人気なのはは万国共通なのかもしれない。

ただ、飲食店と言うものは「美味しさ」だけではなく「雰囲気」も重要な付加価値なので、そういう点において古いものの再活用が世界の国々で人気を博しているということに興味を持った。

なかなかいい雰囲気を出している。

焙煎機に隣接したソファー席。

私の感覚では、焙煎スペースと客席を一緒にしてしまうというのは、衛生上も安全上もよいとは思わないのだが、そのあたりがブラジルなのだろうか。

反対側から見たらこんな感じ。

載せ始めたら、すごい量の写真になってしまうので割愛するが、ともかく細かいところまでなかなかおしゃれに作られていて、店舗のデザインなどを考えるときにとても参考になるお店だった。

日本でも、こういった感じのお店はオーナーのセンスと言うかしつらえに凝っているところが多いのだが、日本人とは少し違う感覚で様々なものが作られていて、回顧嗜好は万国共通と言ったが、大枠ではなく各論の部分で各々の国の特徴が出ていて面白かった。

 

そして、肝心の抽出。

これは、いったんドリッパーの中にお湯をためて、カップの上にのせたらストッパーが外れ、コーヒーがカップに注がれる仕掛けの抽出器具。

まずはお湯を注ぎ

よく混ぜて、3分ほど待つ。

カップラーメンのような抽出方法。

 

続いて、普通にドリップ。

こちらも、お湯をそそいだらすぐにスプーンでかき混ぜる。

これを抽出量に達するまで繰り返す。

なかなか良い雰囲気で、気持ち良いカフェではあったが、コーヒーそのものの味は、残念ながら日本で飲む一般的な喫茶店のコーヒーのレベルには遠く及ばないものであった。

ただ、このお店はブラジル国内で流通している一般的な豆(国内消費用の低グレードのもの)とは違い、農園指定でよい豆を仕入れていると聞いていたので、どうしてこんなに・・・

と、思ったのだが、その理由はこれらのへんてこな抽出方法というのが一つ。

そして、いろいろと見て回るうち、焙煎に対する理論的欠落によるものではないかということが分かってきた。

そのあたりは、またこんど気が向いたら。

 

さて、今日は次女と末娘のバレエ発表会だった。

次女は、幼いころなんでも長女と同じことをしたがったので、長女が習っていたバレエも3歳からはじめた。

高校卒業に当たる今年は、中高生クラス最後の発表会。

私もいろいろと思うことが多いものだったが、次女にとっては本当に感慨深い発表会だったのではないかと思う。

15年間、本当によく頑張りました。

本日はパスで

2018年9月17日 

今朝の鴨川は、うっすらと霧がかかってなんとも幻想的だったが、スマホのカメラってなんでもかんでも勝手に補正してしまうので、撮ってみたもののフォギーな風景がクリアな写真になってしまって全然面白くなかった。

一方、定点観測写真は、雲がいい感じに大文字山を覆っていて、なかなかいい感じだった。

さて、昨日と今日は造形芸大の学園祭。

Verdi がオープンした最初の年は、学祭初日が土砂降りで、二日目は激しくはないけど終日雨模様だった。

そして、去年は初日が雨で二日目は台風のため学祭は中止。

しかも、暴風雨警報が発令されて入構禁止。

そんなわけで、今日は造形芸大にVerdiが 開店以来初めて好天の学園祭となった。

おかげさまで、お昼前からオーダーストップまで、ずっと満席での営業。

有難い反面、一日中走り回っていたので日記に書けるような出来事もないので、今日の日記はパス。

連休最終日、どうぞ素敵な一日になりますように。

明日から学園祭

2018年9月14日 

時差ボケが、まだ完全に回復していないため、どうしても夜中に目が覚めてしまう。

帰国した翌日などは、11時に寝たのに1時過ぎに目が覚めてしまい、もう一度寝ようとするものの目が冴えて寝られなかった。

それが、だんだん2時、3時と遅くなり、今日は4時まで寝られた。

あともう少しといったところだろうか。

そんなわけで今日は4時に目が覚めたのだが、その時点では外から雨音が聞こえていた。

しかし、6時前にはなんとか止んだので、いつものように鴨川へ。

途中、ちょっと雨粒が落ちてきたものの、さして降られることもなく、なんとか無事に歩き終わった。

 

さて、娘が通う高校では、先週あたりに学園祭が開催されていたが、大学などはもう少し後というところが多いのではないだろうか。

そんな中、京都造形芸術大学は明日と明後日が学園祭。

ここ数日、大きな荷物や製作物を運んでいる学生の姿が目に付く。

昨年は、台風により二日あるはずが一日で終わってしまったが、今年は無事開催できそう。

小雨が降る中、頑張って準備している学生を見ていたら、好天に恵まれて多くの人に見てもらいたいと私も思う。

芸術大学の学祭は、また一味違って面白いと思います。

この三連休、とくにご予定のない方は、よろしければ造形芸大へお運びください。

そして、ランチや喫茶にはぜひヴェルディをご利用くださいませ。

ブラジル食事情

2018年9月13日 

このところ夜に窓を開けて寝ていたら、ちょっと寒さすら感じるほど。

朝のウォーキング時も、ブラジルへ行く前は木々からセミの声が大音量で迫ってきていたが、今朝などは草むらから聞こえる虫の声をBGMに足取りも軽く歩を進めた。

今日は、いつもより5分ほど早く出たので太陽の位置も低かったが、先月あたりはこの時間でもおひさまは随分高い位置にあった。

何となく秋ですねぇ・・・

 

さて、今日はブラジルの食事情について。

ブラジルでは、ワンディッシュブッフェとでも言おうか、好きなものを皿にとってレジで重さを計ってグラム〇〇レアル(ブラジルの通貨)と言うシステムのお店が多い。

まずは到着してすぐに空港で。

料理はこんな。

肉系が充実している。

こんな感じで一皿とってみた。

 

続いて、鑑定士の研修中にパトロシーニョの街で食べていたお店。

恐らくここは大衆店に分類されるのであろう。

研修中は、毎日ここへ来ていたのだが、同じように見えて意外と毎日違う料理が並んでいた。

ここでは、こんな感じでとってみた。

そして、マッタスデミナスへ移動途中に寄ったミナス料理店としては、わりと高級なお店。

豪華なびっくりドンキーといった雰囲気の内装。

野菜のコーナー

メインのコーナー

メインのコーナーのアップで。

別の角度から

こんな料理もあった。

デザートも充実。

しっかり肉を食べるのだ。

 

そして、、カパラオへ移動途中にある街のレストランで。

かまどの上に料理が並ぶ。

他の店と比べると種類が少ないように見えたが、これでわりと量がある。

けっこうお腹いっぱいになった。

 

そして番外編。

これはホテルのモーニングブッフェ。

朝っぱらからトロピカルフルフルーツとケーキ!

搾りたてフレッシュジュースも数種類ある。

もう、糖質摂取祭り!

普段の朝は、ヨーグルトだけなのに、こんなに食べていたのだから、思わず4.6キロ体重が増えてしまった。

 

まぢでスーパーダイエットせねば。

がんばります。

おすすめ観光アイテム

2018年9月12日 

こんにちは、土田です。

先日、バスの一日乗車券(600円・コンビニでお求めになれます)を買って京都をうろうろしました。

遠方からの友人が訪ねて来てくれた時などに、ちょくちょく利用します。

乗り間違えても降りてすぐまた乗り直せますし、至近距離でも躊躇なく乗れますし、ものすごく得をした気分になれるのでけっこう好きなのです。

京都観光をされる際は非常におススメです。ぜひ!
※利用可能区間が定められていますのでご注意ください。

ふと通りかかったので記念に。

残暑も厳しい先月25日、大丸横から河原町オーパにまで及ぶ大行列を作って華々しくオープンしたApple京都です。
オシャレです。

繁華街の各バス停には案内の方が立たれていて、どのバスに乗ったらいいか教えてもらえます。
海外から来ていたらすごく助かるだろうなと、感心しました。

一日乗車券を持って気が大きくなった私は、とにかく来るバス来るバスに大胆に乗り込み、結果的に通常よりけっこうたくさんの時間をかけながら、お客様に教えていただいた祇園の和菓子屋さんに辿り着きました。

見落としてしまいそうな細い路地を入った所にある「甘泉堂」というお店です。

購入する際はちょっと強い心が必要とされますが、買って帰った水羊羹はとても美味しかったです。
これからの季節は栗の入った丁稚ようかんがおススメだそうで、またぜひ気を強く持って行ってみたいです。

さて、ヴェルディのお知らせをいくつか。

モカ・マタリの入手が困難になりまして、代わってエチオピア・イルガチェフェフ・ナチュラルがラインナップに加わりました。

中煎りのカテゴリーの中にエチオピアが2種類になりました。
ウォッシュトとナチュラルの香りの違いを、ぜひお試しください。

15周年記念ヴェルディロゴ入りフィナンシェと、夏季限定でお作りしておりましたマンゴージャムは、どちらも残りがわずかとなっております。
無くなり次第の終了となります。
ご了承ください。

コーヒーゼリー、ヴェルディしぐれは販売中でございます。
※ヴェルディしぐれは夏期限定商品ですので、材料が無くなり次第終了させていただきます。

日中は30度前後になる日も、朝夕は半袖では肌寒く感じるようになってきました。
季節の変わり目ですので、くれぐれも体調崩されませんようお気をつけてください。

穏やかな秋になりますように。

明日もご来店心よりお待ち申し上げております。

1 / 14112345...102030...Last »

このページの先頭へ