自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

夕暮れ散歩

2020年6月5日 

今朝もけっこう心地よい気温で、歩き終えるころに少し汗ばむ程度で快適な朝のウォーキングであった。

でも、昼間はめっちゃ暑かった。

昨日植え替えてもらった植栽、ちょっと花をアップで撮ってみた。

オレガノの花、こんな感じなんですね。

これから開きそうな花、何という花なんだろう?

これからの時期は、雨が降らなかったら朝夕に水やりをしないと夏を乗り切れないらしいので、せっせと水をやって長持ちさせたい。

さて、毎週金曜日は配達回りの日なので、店に立つ時間もランチまで。

一応毎日スマホについている万歩計が、13,000歩くらいになることを目安にしているのだが、今日はお客様が少なかったこともあり、10,000歩にも満たない状態で営業を終えてしまった。

こりゃいかん!ということで、帰宅してからふらっと散歩に出てみた。

最近午後7時を回っても、まだ明るいから短縮営業中の店が閉まった後でも十分散歩できる。

てなわけで、朝は北に向かって歩くところを今日は南に向かって歩き始めた。

なんか、鴨川って南に行くほど「市民の散歩道」という雰囲気が亡くなっていく気がする。

本当は御池あたりにしようかと思っていたのだが、なんとなく三条まで来てみて、ついでなので四条まで歩いてみることに。

ここで橋を渡って、再び川沿いに出ようかと思ったが、ちょと久しぶりに先斗町を歩いてみることにした。

けっこう人が少なかった。

三条から再び川沿いに出てふらふら。

アオサギがたたずんでいた。

荒神橋まできたら、もうけっこう暗くなっていた。

そんなわけで、今日は17,400歩。

途中休まず、わりと速足で歩くと、けっこうな疲労感。

良い運動をしたと思うべきか、この程度で疲れているって、私もトシをとったと嘆くべきか。

まぁ、立ち仕事をしていると、帰宅してまで体を動かす気にならないが、夕方に散歩するのもなかなかいいなぁ、と思った。

ちょっと変化

2020年6月4日 

昼間は真夏の暑さだった今日も、朝夕はけっこう涼しいからまだ過ごしやすい。

でも、もうちょっとしたら寝苦しい夜が訪れるのだろうなぁ・・・

いやだなぁ・・・

さて、6月に入って芸大店には連日大勢のそこそこのお客様がお越しくださっているが、今日はアイスコーヒーをご注文下さるお客様が多かった。

店内にいると、そんなに暑いという感覚はないのだが、外から入ってこられるお客さまは口々に「今日は暑い」とおっしゃっている。

そんなわけで、お客様はもちろん、店頭を通る人にも少し晴れやかな気分になって頂ければと思い、店頭の植栽を変えてみた。

今までは、トネリコだけだったので、グリーンはあるけど華やかさはなかったが、これからは季節の花が楽しめるようにと3~4か月に一度植栽を変えることに。

この手前の花は「オレガノ」だそうで、ちょくちょく乾燥させたものは口に入るのだが、こうして開花している状態は初めて見た。

こんど料理に使ってみよう。

モーニングやっています

2020年6月3日 


開店時間が平常運転になりました。

おはようございますと言ってお迎えして、いつも通りのメニューをご提供する流れが、懐かしく嬉しいです。

通勤路で毎朝すれ違っていた方々との一瞬の再会や、登校する学生さんたちの姿に、世の中がまた動き始めたことを実感します。

もう連日の夏日ですね。

未曾有の事態に困惑している間に、ずいぶん季節が進みました。

現在下鴨本店では、マンゴージャムが登場しております。

お砂糖は控えめ、仕上げに少しブランデーで香り付けを。

アルコールはしっかり飛んでおります。

夏限定の味わいをお楽しみください。

6月5日からはオレンジのタルトも登場します。

個人的にとても好きな一品で、コーヒーとオレンジタルトとサラダ、なんていうオーダーを自分がお客さんだったらしてみたいです。

夏のメニュー、他にも控えておりますので是非お楽しみにお待ち下さい。

ワイルドストロベリーを狩りました。

食べられます。

とても酸っぱかったです。

でも、そんなに酸っぱくないという意見もあって…

とにかく、栄養価は高いらしいです。

まだまだ不安が多い現状ですので、どうかくれぐれも注意されて安全にお過ごし下さい。

土田裕子

一人称の仕事

2020年6月2日 

今日は朝からちょっと湿度が高く感じた。

やはり、からっとしているとそこそこ暑くても不快ではないのに、湿度が高いと少し気温が高いだけで不快な暑さに感じる。

同じ時間に同じ距離を歩いても、昨日より脱いだシャツが重く感じた。

さて、今日から下鴨本店も午前8時30分開店となり、モーニングがスタート。

いつも朝の下鴨へ行ったらカウンターでコーヒーをお召し上がりくださっていたお客様が、ここ1か月は芸大店にお越し下さるのが日課になっていたのだが、今日からは下鴨に戻られるかと思っていたら、今日も芸大店にお越し下さった。

「今日から下鴨も朝開いてますよ」と言ったら「そうやね、でも、なんとなく習慣になったら、こっちに来てしまったわ」と。

一度ルーティーンができあがると、やはりすぐに崩すのは難しいものかもしれない。

そういう意味で言っても、非常事態宣言が解除されたからと言って、なかなか元通りとはいかないはず。

頑張っていかねば。

そんなことを思いながら、このところ仕事をしているのだが、同時にヴェルディのスタッフのみならず、どこかへ行ったときにサービスを受けてみて、最近サービスというものを一人称で行っている人が多いように感じる。

一人称、つまり「私は」で始まる文章。

「私はコーヒーを淹れている」というサービスは一人称のサービス。

「お客様が、或いは、あなたがコーヒーをご注文くださった」というのが二人称か三人称のサービス。

結果的にコーヒーを淹れることに違いはないのだが、その後に続く「なぜなら」以下に対する考え方が違ってくるから、受ける側の印象も変わってくる。

一人称で始まると、「なぜなら」の後があまり続かない。

一方で二人称か三人称で始まると、「なぜなら」以外にも「だから」や「それは」などいろいろと発展の可能性があり、幾多の答えや選択肢が考えられるようになってくる。

主語を二人称か三人称にすることは、相手の気持ちを考えるということにつながるので、眼前の仕事以上にいろんなことにあてはめて発展していくように思う。

芸大店は、この4月からスタッフも大きく入れ替わり、新たなスタートを切ろうとしたところで今回の非常事態に飲み込まれてしまった。

そんなときこそシビアな運営が必要となるため、先月から毎週末行っている数字関係の勉強会を開き、しっかりと数字に根拠を持たせた店舗運営ができるよう皆で勉強している。

同時にサービスにおける主語をお客様にして物事を考えることで、より良いお店になっていければと思う今日この頃。

ちょっと風向きが変わった?

2020年6月1日 

今朝はけっこう涼しくて、気持ちよく歩けた。

朝の天気予報によると、今日は昨日より7度ほど暑くなり、さらに気圧が不安定なので夕方を中心に広い範囲で雷雨とのことだったが、存外に穏やかな一日であった。

そして、今日から6月ということもあり、多くのお店などで営業自粛が解除されたり、店内飲食が再開されたり。

昨日あたりも、予想以上に多くのお客様がご来店下さったのだが、今日は平日にもかかわらず、芸大店ではお昼以降は8割がたテーブルが埋まった状態での営業。

テーブル数を半分程度に減らしているとはいえ、ここ2か月ほど目にしない光景だったので、ある意味ちょっとテンションも上がってきた。

6月後半からの新メニュー展開に向けて頑張ろう。

さて、芸大店ではテーブルを離してイートインを継続してきたが、下鴨本店でも明日からモーニングを再開。

4月以降、10時開店だったところを明日からは8:30開店に戻します。

朝のひと時、よろしければヴェルディ下鴨本店でおくつろぎくださいませ。

コロナ後に向けて

2020年5月31日 

このところ、何時に寝ても朝の4時過ぎに目が覚める。

そのあとも、一応布団の中でゴロゴロしているのだが、5時過ぎにはもう寝付けなくなって、結局起きてゴソゴソと。

トシをとったってことでしょうかねぇ・・・

で、今朝も5時半ごろに起きて、ウォーキング用のウェアに着替えようと思いながらカーテンをあけたら雨が降っている。

しかも、外には洗濯物!OMG!

という朝でした。

さて、そんなわけで朝の日課をできなかったので、今日も昼は軽め。

豆腐とリンゴに、スーパーへ行ったらアメリカンチェリーが安かったので。

今日は天気も良くないし、恐らくすごくお客様は少ないだろうと思っていたら、有難いことに予想を上回るお客様にお越しいただき、今日の芸大店は今月の中で一番の営業成績で5月を終えられた。

そんな月末の閉店後は、スタッフで来月以降の営業戦略会議。

少なくとも9月までは学校も再開されないだろうし、学内のお客様に頼っていては営業が成り立たないので、いかに学外のお客様にお越しいただけるようにするかをスタッフ皆で考えた。

今日はお休みだったスタッフも、ミーティングのためだけにバスに乗って来てくれてのミーティング。

この3月末にオープン以来ずっと芸大店を支えてきてくれた店長が退職して、2人社員を採用したものの、どうなることかと心配していたが、皆の発言や考えていることを聞いて、この新体制での再出発をとても心強く思った。

そんなわけで、お客様への認知・販促・そしてメニューなどを検討していく中、私としてはどうしてもメニューにクレームキャラメルを入れたかったのだが、言葉だけでは「そうですね」程度に終わりそうだったので、皆のテンションを上げるために、人生で初めてクレームキャラメルを作ってみた。

ケースから出すときに、ちょっと周りを汚くしてしまったのと、内部に小さな気泡ができてしまったのを次回は修正するとして、我ながらなかなか良いのではないかという出来。

皆の反応も良く、これはメニューに入りそう。

辛いものは苦手なのに、スイーツに対しては激辛の評価を下す太田が「これ、明日の朝食べたい」と言ってくれたので、恐らく誰が食べても美味しいと思ってもらえる味に仕上がったのではないかと思う。

来週の土曜日は、キッチンでパートとして働いてもらっているアルバイトの人たちにも参加してもらい、最終的なメニュー会議を行い、6月後半からはメニューの全面リニューアル。

コロナのせいで、芸大店は大きなダメージを受けてしまったが、ここから反転攻勢をかけて、多くのお客様に美味しいコーヒーと食べ物を提供することで、お客様の満足がヴェルディの成長につながるようスタッフ一同一丸となって頑張っていこう。

このページの先頭へ