自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. verdi マスター

verdi マスターの投稿

10種類目

2019年6月14日 

今朝もけっこう涼しかったが、昼間はかなり暑かった。

夕方からは風が強くなってきたと思ったら雨も降りだし、朝の天気予報がバシッと当たった感じ。

 

造形芸大店のランチタイム、ほぼ一週間で替わるスペシャルカリーは、ご注文が多い日と少ない日が極端で、水曜日は夕方まで限定数が売れ残っていたが、昨日は早々に売り切れてしまった。

少し多めに仕込んでいたので、今日の分まで数量的に足りるだろうと思っていたら、昨日仕込んだものが全てなくなってしまったので、今日は朝から急いでスペシャルカリーの仕込み。

今週は「マイルド マトンカリー」だったが、そのマトン肉がなくなってしまい、牛・豚・鶏と違ってマトンは発注から納品までに2日ほどかかるため、今日は野菜カリーを急遽作ることに。

そうしてみると、実はメニュー変更以来、今日のものが10種類目のスペシャルカリーだったことに気づいた。

そんなわけで、レシピナンバー1~10を一挙に出してみた。

#1 マラバール風シーフードカリー

#2 ポークのベリーマサラ

#3 南インド風サブジコルマ

#4 しびれチキンカリー

#5 白身魚のピスタチオカリー

#6 ピンクのポークカリー

#7 白いチキンカリー

#8 マトンのほうれん草カリー

#9 マイルドマトンカリー

# 10 パイナップルとココナツ、ヨーグルトの野菜カリー

今日のカリーは、肉ではなく野菜系だし、その上一般の方だとあまり想像がつかない味なので、今日はあまり売れないかと思っていたら、予想以上に多くのお客様がご注文くださった。

いったいレリピナンバー何番まで作れるか分からないが、頑張って作っていこう。

造形芸大店の新メニュー

2019年6月13日 

今朝は歩いている間こそ涼しくて快適だったが、出勤するころにはもう暑くなり始めていた。

これから私にとっては我慢の時期が始まる・・・

 

さて、今度の月・火で造形芸大店は改装工事をして水曜日にリニューアルオープンする。

それに伴い、メニューも改定するため、現在新メニューのレシピ完成に向け作業中。

現在、カリーメニューはレギュラー商品として、マトンキーマと野菜とバターチキンがあるものの、普通のチキンカリーがあってもいいかな?ということで、チキンカリーを加えるべく試作を重ねていたが、結局あまり普通ではないチキンカリーができてしまった。

ヴェルディのチキンカリー

なんと、紫色のチキンカリー!

しかも、チキンの間にマサラグレービーを挟んだ上、スパイスヨーグルトに漬け込んだ鶏むね肉がドドンと1枚のっかっているというあまり普通ではない、でも、要するに自分が食べたいものを作ってしまったような感じ。

コンセプトは、私(店主)が週に一回は食べたくなるチキンカリー。

お客様にも週に一回は食べたくなると思っていただけたら、商売繁盛で有難いことだが、まぁ、ある意味ニッチな商品なのでどうなることでしょう。

 

そして、こちらは定番になるであろうオーソドックスな商品。

ごろごろポークの生姜焼き丼

国産豚モモ肉を角切りにして、玉ねぎや生姜とじっくり煮込んだ軟らかくて味わい豊かな一皿。

この生姜焼き丼は店長の今西が試作し、キッチンチーフの常塚がブラッシュアップして完成に至った。

試食してみたが、こちらは週に1回と言うより、ちょくちょく食べても飽きの来ない美味しさ。

 

ランチタイム以降は、もう夏のスイーツがスタートする。

そちらの画像はまた明日。

そんなわけで、来週は月曜と火曜、造形芸大店は工事のため連休を頂きますが、水曜日にリニューアルオープンいたします。

どうぞご期待くださいませ。

 

ネパール!

2019年6月11日 

結構涼しい朝。

日課のウォーキングを終えたら、今日は店ではなく京都駅へ向かう。

この夏から、今までになく能動的に活動すべく、その準備のために東京へ。

まずは腹ごしらえと言うことで、新大久保のネパール料理店アーガンへ。

アーガンスペシャルタルカリ。

真上から見たらこんな感じ。

前にここに来た時は、私と友人以外全員がネパール人で、店の人も日本語が話せないという完全アウェーな雰囲気だったが、今日は半分くらい日本人で、日本語も通じた。

何となく嬉しいような、寂しいような。

 

食事をしたら、DOMOさんへ。

今日はVerdiのDOMOブレンドを頂いた。

タピオカぎのった紅茶風味のケーキ。

けっこうなボリュームだったが、ペロリといける軽さ。

 

食後のコーヒーを頂いたら、東京へ来た目的を果たすべく外苑前へ。

なかなかためになるひと時であった。

用事を済ませたら、表参道まで歩いて久しぶりにブルーボトル。

最近、ここに来るとしても午前中か午後早めの時間だったので、あまり混んでいなかったが、今日は店内ほぼ満席だったのでバルコニーで立ち飲み。

なんか、周りからは中国語ばかりが聞こえてくる気もするが・・・

注文したルワンダは、やはりかなり浅めの焙煎で、酸味強烈だったが、以前よりは少し深めになったような気もする。

でも、もしかしたら私の口がサードウェーブの極浅煎りに慣れたのかもしれない。

 

私が東京に来ている間に、造形芸大店では来週の改装に向けた床の穴あけ工事が行われており、メールチェックしたら完了報告が届いていた。

 

さぁ、京都に戻ったら改装準備も含め、いろいろやることが山積している。

わりと頭の中がぐちゃぐちゃになっているが、店長の今西も張り切って準備してくれているし、私も頑張っていこう!

本日サボリです。

2019年6月10日 

表題の通りで、だいたい私は造形が定休の火曜日に普段店に出ていたらできない仕事や商談を入れることが多いのだが、明日はお勉強をしに終日でかけるため、そんな火曜日にしていたことができない。

そんなわけで、今日はしなくてはならないことが山積しているため、日記をお休みさせて頂きます。

明日はちゃんと書きます。

では、皆さま明日も良い一日をお過ごしください。

たまには

2019年6月10日 

久しぶりに朝からスカッと晴れた空

でも夜には少し雨も落ちておきたりそて、この時期はこんなものなのだろう。

 

さて、今日は造形芸大でオープンキャンパスが開催されていたこともあり、ランチタイムは多くのお客様にお越しいただいた。

そんなこともあり、なんとなく落ち着かない状態で夜のサロンライヴを迎えた。

今夜は、ヴァイオリンの冨家聖香さんとピアノの西村あゆみさんのコンサート。

サロンライヴの方も、ランチタイム同様多くのお客様にお越しいただき、片づけを終えたら普段のライヴ後より少し遅くなっていた。

で、昼間も夜も頑張った太田を誘って、ラッキー餃子センターへ。

焼き餃子3つと生姜餃子2つ。

担々麺。

最近ダイエットのためこういう食事は控えているが、まぁ、たまにはいいよな、ってことで。

明日からまたダイエット頑張ろう。

 

2019年6月8日 

昨日、日記を書こうと思ってパソコンを立ち上げたものの、なぜかサーバーにつながらず、結局更新をあきらめてしまった。

なので、今日は土曜日でいつもだと日記はお休みなのだが、昨日の振り替えで今日アップ。

今朝はどんよりと曇った重い空だったが、そのぶん涼しくて歩きやすかった。

 

さて、造形芸大社員の太田は、このところ毎日出勤前に店に来ていろいろな水で珈琲を抽出している。

水の硬度やPHによって味がどのように変わるかを試しており、今日も「明日、水が届きますのでよろしくお願いします。」と言っている。

スーパーやコンビニへ行ったら、ミネラルウォーターの成分表を見て、いろいろと試しているようだが、たしかに水によって味が全然違うから面白い。

PHの値が高いと、酸味が出にくく、逆に低いと酸味が強く出る。

とか、基本的には硬水より軟水の方が美味しくでるのだが、あまり硬度が低いと不思議な味になる、とか。

毎日彼女に付き合ってテイスティングをしていると、同じ豆を同じ人が淹れても、水が違うとこんなに味がかわるものかと楽しくなってくる。

そして、もう一つ、水にどれだけ成分が溶け出したかをTDS計で毎回計測しており、これもやはり硬度によって変わってくるから面白い。

そのうち、彼女に水と珈琲の味についての社内セミナーでもやってもらおうかと思い始めている今日この頃。

でも、こうしてみると、お客様がどんな水を使っているかでずいぶん味も変わるので、味覚の説明って難しいと痛感。

そうしてみると、お客様のご家庭の水のPH値や硬度がどのようなものか分からないので、なかなかオールマイティーな味の説明は難しいが、水と味の相関を理解していたら、お客様からお話を伺ったら、どんな水をお使いか想像できるかもしれないので、そうなったらいろいろと説明もできるかも。

やはり日々勉強ですねぇ・・・

このページの先頭へ