自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. verdi マスター

verdi マスターの投稿

ちょっと違った

2017年11月21日 

今日は午前中に接骨院へ。

職業病と言うべきか、右腕はポットを持つため肘が悲鳴を上げていて、左腕はトレーに食器をのせて運ぶため、腕全体が限界に来ていたので、ちょっと病院へ行ってみた。

専門医と言うのはすごいもので、私の腕をさわって行くと、どの部位にどんな負担がかかっていたか見抜いてしまうわけで、ものすごく痛かったが筋をのばしてもらい、少し腕も楽になった。

これからは、どうしようもなくなる前に、毎日ストレッチをするとか、たまにはマッサージを受けるとか、ケアをしながらやって行かねばなぁ、と思った。

.

さて、実は昨夜仕事が終わった後、カミさんと一緒に映画を見に行ってきた。

トム・クルーズなので、わりとウィットに富んだアクションかと思っていたら、実話をもとに作られていると言うことで、けっこう笑えない内容。

ちょっと思っていたものと違ったのだが、それなりに楽しめた。

そして、昨夜はレイトショーではなく、10時頃には上映が終わったので、河原町通りの三条と御池の間あたりにある、前から気になっていた中華へ行ってみた。

草菇油心菜

青梗菜とフクロ茸の炒めもの

鍋包肉

豚肉のころも揚げ

孜然羊肉

羊肉のピリ辛炒め

どれも、わりとあっさりしていて食べやすかった。

ガツンとしっかりした中華が食べたかったらちょっと違うかもしれないが、夜遅めの映画の時など重宝するのではないかと思う。

また河原町界隈へ来たとき立ち寄ってみよう。

中国料理 雄

京都市中京区河原町通下丸屋町407番地

075-255-0776

11:00~14:30 17:00~23:00

娘たちよゴメン

2017年11月20日 

東北の学校へ行っている娘から、雪景色になっているキャンパスの写真が送られてきた。

まぁ、あちらの最高気温がこちらの最低気温ってところだろうか。

寒いなんて言っていたら、北国の人に怒られそうですねぇ

さて、しばらく品切れとなっていたドリップバッグが、装いも新たに販売再開となりました。

今回は、パッケージデザインを造形芸大の学生さんにお願いして、可愛く仕上げて頂いたので、贈り物にも最適。

さらに、この冬~春限定のブレンドも作り、色(柄)違いの袋で限定販売。

最高級のエチオピア・グジ産のナチュラルをぜいたくに使い、香り豊かな中煎りに仕上げました。

ドリップバッグのヴェルディブレンドは5個入りの箱が700円、スペシャルブレンド5個入りの箱は800円で販売中です。

そして、間もなくこのドリップバッグとシュトーレンのギフトボックスも販売開始いたします。

この冬のギフトに、ぜひご用命くださいませ。

.

で、ぜんぜん関係ないのだが、このところ無性にハンバーガーが食べたかったので、用事で外出していたついでに、ふらっと北山へ。

やはり、バーガーカンパニーさんのハンバーガーは最高!

バーカン大好きな娘たちよ、ゴメンm(__)m

もうちょっと

2017年11月19日 

今朝も布団から出るのが嫌になる寒さだったが、歩き始めたらいい感じ。

さて、実は自分のノートパソコンを店に置いたまま帰ってきてしまったので、携帯からアップしているのだが、どうも私はスマホを使いこなせていないので、スマホで文章を打つのが苦手。

そんなわけで短縮バージョン。

今日は、久しぶりにサロンライヴのない日曜日だったので、早めに帰宅したら、娘を誘って映画を見に行ってきた。

もうちょっと説明が欲しかったり、もうちょっと身近なところにフォーカスをあててくれたりしたら、もうちょっと入り込めたかも。

もうちょっとな映画だった。

では、また明日。

なかったことにはならなかった

2017年11月17日 

今朝は寒かった。

が、心地よい寒さだった。

さて、今回の東京は、DOMO CAFE さんへ行くことが一番大きなイベントだったとはいえ、当然私が東京へ行ったら、いろいろと食べ歩きするわけなので、この1日半の間に食べたものをとりあえず全部アップ。

今回は、12時30頃、東京に着いて、代官山からスタート

まずは、代官山のイタリアンカフェでパニーニ2種

スイーツも美味しそうだったので、つい・・・

続いて、渋谷へ行く途中のバイ ミースタンドへ

けっこう並んでいて、30分ほど待った。

バイミー

ブルーマンデー

DOMOさんで新商品のティラミスと焼き菓子を

こちらは、台湾のキャラクターとのコラボだとか

12月から販売予定の新珈琲ドリンクも

日本では飲んだことのないテイスト

その後、チーズタッカルビを出す店の中では一番人気の市場タッカルビへ。

DOMO スタッフの方が順番をとってくださった。

店員さんがチーズをいい感じに溶かしてくれる。

これはカロリー高そうです。

このチヂミがなかなか美味しかった。

翌朝は、表参道からスタート

豆乳とビネガーのドリンク

チキンとオクラのスープ

アボカドとサーモン、ビーツのソースにポーチドエッグのトースト

マカダミアンナッツのパンケーキ

続いて、バゲットにハムとマスタードのサンド

シンプルだったが美味しかった。

丸山珈琲が、最近表参道に出したお店へ

基本はプレスだが、人がいたらサイフォンも

続いて、カミさんに食べさせてあげたかったケーキ

お昼は、サラダ専門店で軽く頂いた。

野菜のポタージュ

ミネストローネ

フルーツのソーダ

この店の名前がついたサラダ

豆たっぷりのサラダ

その後虎ノ門へ

ドリップを2種。

ブレンドとスコーン

ハンドドリップのグァテマラ

続いて、虎ノ門コーヒーへ

ストレートでエチオピアを頂いてみた

 

八丁堀へ移動して、マレーカンポンへ

ナスのサンバル炒め

バナナの葉でくるんで蒸した魚のすり身

チキンの香味味噌炒め

アサリの香味味噌炒め

カオマンガイ

と、ここまで食べて・・・

〆は大黒薬局で購入したコレを

でも、今朝体重を量ってみたら、どうやら「なかったことに」はなっていなかった。

また明日からダイエット頑張ろう!

DOMO CAFE

2017年11月16日 

昨日、今日と東京へ行っていろいろと見て回ったのだが、今回の東上のメインは新大久保の DOMO CAFE さんでカウンターに立つことだった。

グランドオープンをして2か月ほど経ち、まだ通常営業中のお店を見られずにいたので、今回は普通に営業している状態でのお店を見ることと、せっかく行くのだから少しでも何かできないかということで、短い時間ではあったがおいでくださったお客様に珈琲をお淹れしようということになった。

せっかくだったので、スタッフの抽出を見せて頂いた。

平日のたった3時間という中ではあったが、この日記をご覧くださったり、SNS をご覧くださって、東京在住の verdi ファンのお客さまや学生時代の友人など滅多にお目にかかれない方がお越し下さり、本当に嬉しいひと時であった。

また機会を見つけてここのカウンターに立ちたいと思う。

.

で、全く関係ないのだが、ふつうこういう看板って牛の写真とか使わないか!?と思ったり・・・

カフェインレス

2017年11月14日 

はじめにお知らせです。

明日11月15日(水)の16時~19時、東京の新大久保にある DOMO CAFE さんで、店主が珈琲をお淹れします。

東京近辺のお客さまで、お時間に余裕のある方、ぜひお運びください。

オープンのときの抽出風景

どこかで見たような、こんなメニューもあります。

DOMO CAFE

東京都新宿区百人町1-15-29

03-3360-2545

お店のことなどは こちら が参考になるかと思います。

.

さて、京都造形芸術大学の情報デザイン学科では、後期の授業として珈琲についてまとめるという課題に取り組んでいるので、私もできることは協力させて頂いているということは以前の日記にも書いたが、昨日はそんな珈琲について調べているいくつかのグループの中から、『デカフェグループ』の学生たちが私の講習を受けに来てくれた。

彼女たちは、「デカフェと普通の珈琲では味の差がほとんどないと感じる」と言っていたが、断片的な味ではなく、しっかりと焙煎の最初から最後までのプロセス全てにおいて、どうなのかをみてもらおうということで、以下の3つを飲み比べてもらった。

1、ブラジルの、単一農園産の豆で、普通に水洗式精製をされた豆を8段階に煎り分けたものを飲み比べる。

2、上記 1 と同じ農園産の豆をスイスウォーター式でカフェインレスにしたものを同じく8段階に煎り分けて飲み比べる。

3、上記 1、2、とは違うが、ブラジル産の豆を液体二酸化炭素方式でカフェインレスにしたものを浅煎り・中煎り・中深煎り・深煎りで飲み比べる。

ブラジルの単一農園産の水洗式珈琲生豆

上と同じ農園のカフェインレス珈琲生豆

別のブラジル産液体Co2でカフェインを抜いた珈琲生豆

デカフェの浅煎り

デカフェの中煎り

デカフェの中深煎り

デカフェの深煎り

上記の中から 2 のプロセスは、実際に焙煎をしながら色の変化や香りの変化を見てもらいつつすすめていった。

焙煎が進むにつれ、香りや味が、どう変化するかを飲み比べつつ、今回は同じ農園産の豆で普通のものとカフェインレスのものを8段階に分けた焙煎度合いで飲み比べて行った。

デカフェの泡

普通の珈琲の泡

面白いことに、焙煎してからの時間はほとんど変わらないのに、デカフェの泡は気泡が大きく、普通の珈琲はきめ細かい泡がたった。

今回は、学生に対する講習という側面と同時に、来るべき Verdi のデカフェ販売開始の準備作業として、どのような味を作るかのテストも兼ねていた。

最近、けっこうご要望が多いので、近々 Verdi でもカフェインレス珈琲を本格的に販売しようかと思っている。

以前一度販売した時より、細かく徹底的に味を検討して「デカフェなのに美味しい」と思えるものを提供したいと思う。

今回は、けっこう長丁場になり、いつもの講習の倍以上試飲させてしまったが、ここまでしっかりと飲み比べるなんて経験は、珈琲店の人でもそんなにしたことがないのではないかと思う。

良い勉強をしてもらえたと思うと同時に、私もデカフェの味についてより深く知ることができて、ある意味良い機会を与えてもらえたと感謝。

学生たちにとっては良い発表、Verdi にとっては良い商品づくりにつながればと思う。

1 / 8312345...102030...Last »

このページの先頭へ