自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. タイ料理

タイ料理

なくなる前に

2018年1月15日 

今朝も布団から出るのが嫌になる寒さ。

出町柳あたりまでは、ほとんど真っ暗で、川端通りの街頭でかろうじて前が見える明るさなのだが、土や草の上を歩いている分にはよいものの、石の上を歩くと路面が凍っていて滑りそうになるから危ない。

もう少し暖かくなるまで、気をつけねばだな。

6時半ごろには、やっと日の出の気配が漂い始める。

今朝は東の空にけっこう雲が漂っていた。

.

さて、先週末は造形芸大がセンター試験の会場になっていたこともあり、造形芸大店はなんだかイレギュラーな営業日程で進んでいる1月。

その分、私は本店のカウンターに立ったりして、また違った感覚で仕事をしていたのだが、今日は久しぶりに造形芸大店に入ってみると、仕事の感覚がどうも狂っていて、何となく不思議な気分で一日が終わった。

で、切れていた包材を買ってから自宅へ戻り、手帳を見て思い出した。

先日シャムさんで、期間限定鴨カレーはあと1~2週間と言われていたのだ!

これは急いでいかねば!

ってことで、学校から帰ってきていた次女を誘って円町へいってみた。

まずはミニサラダから

鴨ロースののったごはん

レッドとグリーンを1つずつ注文して娘とシェア

ここで鴨カレーを初めて頂いたのは、もう10年近く前だったような気がする。

いつ食べても美味しいのだが、個人的にはやはりレッドで食べるのが好きかも。

もうこの週末あたりで終わりになりそうということなので、また来年食べられたらいいなぁ、と思いながら店を後にした。

 

タイカツカレー

2018年1月7日 

このところ、スカッと晴れた青空を見ていない気がする。

今朝もけっこう寒かった。

お正月休みが終わったと思ったら、こんどは成人の日をからめた三連休。

年末年始は、豆などの物流がストップしてしまうので、けっこう年末に在庫を抱えてはいるものの、予想以上に豆が売れたりすると、急きょ年始にも発注したいのだが、この三連休で再び物流がストップ。

その他、年始営業で不足してしまった材料や資材などを注文しようと、仕入れ先の正月休み明けに電話をしたら、この三連休明けでないと手配ができないと言われることが多い。

昔は、成人の日と言えば1月15日で固定されていたので良かったが、1月の第二月曜となると下手をすると今年のようにクリスマス前から半月以上納品がなくなってしまうこともある。

お正月休みがガッチリとれるのであれば問題ないかもしれないが、Verdi の場合ずっと稼働しているわけで、年末年始に売れたら売れたで在庫がなくなって営業に支障をきたすし、売れなかったら過剰在庫を抱えてしまい、最終的にはロスが出て原価率の高騰につながってしまう。

祝日というものは、何らかのいわれがあってその日に制定されていたはずなのだから、なんでもかんでも連休にするために祝日を毎年移動するのではなく、もとに「その日」にもどしてもらえないかなぁ?とぼやいてみたり。

まぁ、無理だろうなぁ・・・

さて、仕入れ関係以外にも、何かと考えねばならないことが多く、ちょっと頭の整理をつけるためにマサラを補給したいと思っていたら、カミさんが「シャムさんがカツカレーはじめたんだって」とおしえてくれたので、早速円町へ行ってみた。

で、これを注文しようと思ったら、あろうことかこんなメニューまで・・・

シャムさんの鴨カレーって、とてつもなく美味しいものではないか!

迷っていたら池本さんが「カツカレーはレギュラーメニュー入りが決まりましたが、鴨はあと1~2週間で終わっちゃいますよ」と悪魔の囁き。

でも、今日は初志貫徹でカツカレーを頂くことにした。

チキンカツカレー

普通にカツカレーっぽく、カツとご飯にカレーをかけてみた。

でも、やはり鴨が気になって気になって仕方なかったので、カレーではなくサラダで頂くことにした。

美味しかった♪

でも、やはりサラダよりも鴨カレーのレッドを食べたいぞ~

てなわけで、あと1~2週間は鴨があるらしいので、その間にもう一度来ようと心に誓って店を後にするのであった。

 

色がかわった!

2017年12月20日 

今日は水曜日なので、本来なら土田が日記を担当するところだが、諸事情によりピンチヒッターで私が書かせて頂くことになった。

昨日・一昨日と下鴨店店頭のパーゴラを補修したついでに、ちょっと色を変えてみることにした。

茶色から

グリーンへ

ちょっと派手になった気もするが、なかなか綺麗なグリーンで、今までよりも目立つようになって良かったのではないかと思う。

本当は、前と同じ色にしようと思っていたのだが、工事開始のときに立ち会って、塗装屋さんから「何色に仕上げましょう?」と予想していなかった質問がきたので、つい「じゃぁグリーンにしましょうか」と言ってしまい、こうなってしまった。

まぁ、ヴェルディカラーなので良しとしよう。

そんなわけで(全く関連はないけど)なんだか無性にカオソーイが食べたくなったので、烏丸今出川のイーサンへ。

カオソーイ

アップで

この薬味が良い

そんなこんなで、タイ料理で寒さを吹っ飛ばして明日も張り切って行こう!

4年ぶり

2017年11月26日 

今日は、朝日カルチャーセンターで講義をする日だったので、店には行かず直接大阪へ行くため、いつもより30分遅く鴨川へ。

このところ、歩きはじめはまだ真っ暗だったので、久しぶりにすれ違う人の顔が見える明るさの中歩いた。

東の空が綺麗だった。

.

さて、その朝日カルチャーだが、4年前を最後に造形の開店などもあって、しばらく開講をお断りさせて頂いていたのだが、久しぶりに講師を務めさせていただくことになった。

しかもこれまでは座学3回と実技1回という計4回の講座だったところ、今日一日でやってしまうということで、なかなかタイトな内容となったが、これまでになく質問も多く出て、なかなか活気があった。

さらに今回は、最初に受講生の皆さんに、どういうことがしたいかを聞いてからスタートしたので、かなり具体的な話もできて、ある意味良かったのではないかと思う。

教室からの眺め

でも、一日の通し講義って、ずっとしゃべりっぱなしなので、ちょっと喉が痛くなったりするもの。

しかも、しっかり皆さんに聞こえるよう大きな声で話し続けると、けっこう体力も使う。

学校の先生ってすごいなぁ、と、思うのであった。

そんな喉と体力を使った後は、やはりこういうのを食べねば!

ってことで、久しぶりに百万遍のタイカレー屋さん「あおぞら」さんへ。

グリーンカレーを頂いた。

以前と少し味が変わったような気もするが、とても美味しく頂いた。

今週は、木曜日が祝日だったり、日曜日に店に出なかったり、なんとなく曜日感覚がないのだが、明日一日仕事をしたら、明後日は造形芸大店は定休日。

このところ、なかなか一日休める日がなかったので、今回は少しゆっくりしたいかも。

明日も頑張ろう。

台風接近でもサロンライヴ

2017年10月22日 

今朝、造形芸大の店に出勤して事務所の鍵を開けようとしたとき、事務所の中から電話が鳴っているのが聞こえた。

朝の7時45分、こんな時間に電話をかけてくるとしたら、朝一番のアルバイトが出勤できないという連絡か何かかと思って出てみたら、今夜のサロンライヴを予約していたお客様からのキャンセル電話であった。

その後も、今日は一日中サロンライヴがあるのかどうか、これから風雨が強くなった場合、どうなるのか?といったお問い合わせの電話がひっきりなしにかかってくる状態。

結局、電話でキャンセルを伝えてきて下さったお客様、最終的においでにならなかったお客様も多数いらっしゃったが、それでも足元の悪い中30名の方々がお運び下さり、熱気に満ちたサロンライヴが開催できた。

今回はロシア特集!

塚田さんもソロでラフマニノフやスクリャビンを披露

最後はロシアからイタリアへ戻ってプッチーニで終了

今回は、普段あまり聴く機会のないラフマニノフの歌曲や、CDでは聴いていても、生では耳にする機会の少ないチャイコのボリスゴドノフなど今までとは違ったラインナップで楽しませて頂いた。

井藤さんの歌は、回を追うごとに深みを増している気がする。

次回、井藤さんの出演は年明けの1月21日、ソプラノとのデュエットを中心としたプログラムになる予定。

その前に、来週はヴァイオリンとヴィオラにソプラノの競演という、これまでになかったプログラムです。

サロンライヴの様子は、Verdi の Facebook に動画をアップしておりますので、よろしければご覧ください。

.

コンサートが終わったら、少し風が強くなってきていた。

雨風が強い時は、やはりコレでしょ!

ってことで、イーサンでカオソーイを頂いた。

いつも通り、安定の美味しさであった。

上から下まで

2017年7月8日 

今日は、久しぶりにシフトに入らなくても良い日だったので、たまっていたデスクワーク。

造形大店と下鴨本店を往復して、資料を集めてなんとか今日中にまとめたいと思っていたデータをつくれた。

その後、造形芸大で焙煎をして、さて四条方面へ行こうと思ったら、目の前が真っ白になるような豪雨・・・

昨日と言い、今日と言い、なんだか熱帯地方のスコールのような感じで、本来なら午後5時に四条裏寺へ行く予定だったのに、到着したらもう18時だった。

で、何をしに四条裏寺へ行ったかと言うと、今月末に台湾で開催される珈琲イベントで着るためのコスチュームを購入するのが目的であった。

どんな服を着ていくかなんて、全く考えていなかったのだが、台湾でお手伝い頂く方々が、先日来日して Verdi で珈琲の研修を受けていた折、Verdi のサポートをするなら SOU・SOU だろ!ってことで、SOU・SOU でいろいろと購入されたとのことで、私も SOU・SOU スタイルで訪台してほしいと言う、なんだかわけのわからないことになってしまっていた。

 

で、まだ大雨が降りしきる中、SOU・SOU タウンに着いて、傾衣へ行ったら、すでに私が着る服を若林さんが勝手に選んで徳治さんに託していた。

いらっしゃいませ。

お待たせしました、これをどうぞ!

(って、全然待っていないし・・・)

と、有無を言わさずフルセットを差し出され

フィッティングルームに案内され

お似合いです。と。

(って、衣料品店で店員さんに「似合わねーよ」なんて言われたことないけど、自分的には何となく違和感)

でも、ともかくシャチョーの若林さんが選んでおいてくださったものなので、文句を言わず出されたものを購入。

ありがとうございました♪

と、私のコスチュームは上から下まで揃ったが、同行するカミさんもSOU・SOUルックで訪台するということで、購入した商品をもらったら、着衣の方へ向かった。

すると、一仕事終えた若林さんが登場。

どうだい、私が目隠しして選んだ服のコーディネイトはパーフェクトだっただろう?

ところで、台湾へ行くんだってね、うちの中国人No.1 ビジンセールスレディーを紹介するよ。

彼女だぜ。

はい、わたし中国人あるです。

カミさんの服をコーディネイトしてくれていたのは、その中国 No.1 美人セールスレディーだった。

めっちゃ日本語上手だし・・・

ま、これでやっと君もSOU・SOUな人の仲間入りだね。

と笑顔で見送ってくれる若林さんを見ていたら、何となく中華が食べたくなったのだが、いつもの七福家さんへ行ったら満席だったので、中華をタイに軌道修正、そのまま烏丸今出川まで行って、これまたいつもの イーサンへ。

豚の旨煮と卵添えごはん

豚の串焼き

カオマンガイ

どれも美味しく頂きました。

さて、明日はモーニングだけ店に出て、午後からは東京出張。

いよいよ台湾系のカフェが新大久保にオープン秒読みということで、最後のオペレーション確認へ。

新しい店って、いつもワクワクしますねぇ・・・

それでは、また明日。

1 / 512345

このページの先頭へ