自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 東京食べ歩き

東京食べ歩き

エチオピアセミナーと初豊洲市場

2019年10月8日 

今日は朝一で造形スタッフの太田と東京へ。

ヴェルディのブラジル豆を仕入れさせて頂いているセラード珈琲さんのセミナー&カッピング会に行った。

 

で、せっかく東京に来たので、ランチはどこかでインド料理を・・・

と思ったが、同行の太田は辛いものが得意ではないので、寿司を食べることにした。

どこへ行こうかと思ったが、そう言えばまだ行ったことのない東京の新名所へ行こうと思い、新橋からゆりかもめに乗って豊洲市場へ。

ここの場内にあるお店で頂くことにした。

太田は赤身が好きだということだったので、「鮪づくし」というメニューのある「寿司勢」さんへ。

太田は鮪づくし、私は「おまかせ」を注文。

クエとカツオ

サワラと鯖

エビ(隣はまだ食べ終えていなかったサワラ)

アジとアワビ、一つ飛ばしてウニ

大トロ

中トロとタラコの巻物

穴子で〆

美味しい江戸前の寿司と言うより、市場の新鮮なネタをリーズナブルな価格で堪能すると言う感じだったが、やはりネタが旨いと満足度も高い。

今度カミさんと東京に来たら、朝ごはんは豊洲市場に来よう。

市場の屋上に出たら、なかなかいい感じの風景。

気持ち良い青空だったが、わりと暑かった。

 

昼食をとったら、今回のメインイベントであるエチオピアセミナーとカッピング。

エチオピアで、小規模農園の指導からウォッシングステーションの運営、エクスポートまで一貫して管理している、エチオピアのスペシャルティコーヒー専門のエクスポーターであるMETAD社の方が、エチオピアの産地事情を解説。

これまでエチオピアの豆について感じていた疑問や不満な点などが、すごくよく分かって大変勉強になった。

セミナーに引き続きカッピング。

METAD社自慢の豆をテイスティングさせていただき、クオリティの高さを実感すると同時に、今後 Verdi で取り扱う豆を考える上で大いに参考になった。

 

カッピングの後は、珍しく懇親会があると言うことだったので、せっかくだから太田と二人で参加してみた。

刀削麺がウリの中華屋さん。

先日食べた秋華さんのような、洗練された味ではなく、どこか現地の大衆食堂で食べるような味わいで、なかなか美味しくいただいた。

最後は自慢の刀削麺。

アップで。

こちらも、もっちりとしながら歯ごたえもあり、美味しくいただいた。

そして、セラードの社員の方や、METAD社の方、自家焙煎店主の方々と、ゆっくりお話しできる時間も持てて太田も良い勉強になったのではないかと思う。

 

そんなわけで、今回はカレーを食べない東京だったが、寿司も美味しかったし、セミナーも良い勉強になり、実り多き日帰り東京であった。

SCAJカンファレンス

2019年9月12日 

一昨日~昨日の東京出張、一昨日の昼は初めて訪問する南インド料理店でミールスを頂いたが、その後有楽町で打ち合わせを終え、夜は東銀座のダルマサーガラさんへ久しぶりに伺った。

まずは、インドの屋台スナック「ベルプリ」から

エッグドーサを注文

中はオムレツというか卵のクレープのような感じになっている。

マトンチェチナード

ココナツライスで頂いた。

チェチナードは、もっとガツンとスパイスフルでアロマティックかと思ったら、存外にマイルドなカリーだった。

聞けば、以前はダルマサーガラ史上最辛のカリーだったそうだが、だんだんと落ち着いてきたそうな。

そんなに激辛が好きなわけではないが、やはりチェチナードはもうちょっと刺激的な方が良いかもしれない。

ココナツアイスクリーム

チャイでご馳走様

口のリセット用に出てきたフェンネルとミントのキャンディーが、他の店にないお洒落さと美味しさだった。

 

そんなわけで、久しぶりのダルマサーガラさん。

ミシュランのビブグルマンも取られて益々多くのお客様でにぎわっていた。

 

で、今回東京へ来た目的は、カレーを食べるためではなく(もちろんそれも目的の一つではあるが)打ち合わせとSCAJのカンファレンスが大きなところ。

昨日は朝一でビッグサイトへ向かった。

毎年来ているけど、初日の開場前に来たのは初めて。

マイスターの20キロ釜。

これ、3年後に Verdi が購入予定のやつ?と思って聞いてみたら、販売価格はだいたい1,200~1,300万を予定しているらしい。

う~ん、3年後ではなく5年後に購入予定を修正?その前に買えるのか?

焙煎機の説明を受けたら、セラードのブースへ。

今回はなかなか素敵なスタッフの方がいらっしゃって、テイスティングもいろいろできていい感じだった。

一通り、飲んでみたかったサンプルは味見をさせて頂き、秋以降に何を仕入れるか悩み中。

続いてユーエスフーズさんのブースへ。

こちらは、エチオピアのゲイシャとブラジルの「フルーツバスケット」という精製段階で果実臭をより強く引き出そうとしているものを試飲。

まだ発酵製法ほどの香りは出せていないものの、今後に期待。

そして、パプアのブースへ行ってみたら、神田のファーマーズカフェのオーナーさんがおいでになり、いろいろとお話をしつつ、パプアから来日しているコーヒーインダストリーの担当者に私がパプアへ行ったときの写真を見せたら、なんか一気に距離感が縮まって、「ここに並んでいるの、ぜひ買え!」みたいな感じになってしまった。

ただ、私もパプアへ行ったときに立ち寄ったアイユラの豆は、見た感じとても良くて、これは一度試してみたいと思うものであった。

近々、パプアのスペシャルティーを販売するかもしれない。

そんなわけで、今回は早い時間だったこともありゆっくりと各ブースでお話もでき、同時に今年のクリスマスギフト用の商材も物色できたので、これから店長とも話してクリスマスの計画を立てることにしよう。

 

さて、話は変わって、今週の一期一会カリーは先週とは打って変わってマイルドなもの。

チキンレッグを骨から身がするっととれるほど、ほろほろになるまでしっかりと煮こみ、そこにピスタチオペーストを贅沢に使ったサフランの香りただようペルシャの宮廷風カレーソースをかけた「チキンペシャワリ」が登場。

ただ、今週末は造形芸大の学園祭が開催されるため、Verdi ではアイテムを絞った限定メニューで対応することになる。

なので、この一期一会カリーは明日の金曜日に販売したら、土日は販売をお休みして、16日からまた再開。

そんなわけで、お召し上がりになりたい方は、土日を避けてお越しいただければ幸いです。

よろしければおためしくださいませ。

今日でよかった

2019年9月10日 

  1. 今朝もウォーキングのため鴨川へ出てみたら、空はちょっとだけ秋っぽく見えた。

いつもの定点観測地点からだとこんな感じ。

そこからちょっと河原に下りたら、いい感じの雲のカーペットみたいだった。

それにしても、今朝も蒸し暑い。

なので、暑い京都を脱出して、台風一過の東京に来てみたが、東京も36度で蒸し暑かった。

昨日も、東京の友人とやりとりしていたら、8時に家を出たのに職場に着いたのは午後12時を回ってからだったとか、けっこう大変だったらしい。

今回東京に来ることになった用事のひとつである打ち合わせの相手からは「京都は台風大丈夫でした?」と聞かれたが、ある意味渦中にいた人たちからしたら、世の中全てが凄いことになっているような感覚だったのかもしれない。

東上するのが今日でよかった。

 

さて、そんなわけで、せっかく東京に来たので、早速お昼は小川町あたりにこの春できた南インド料理屋へ行ってみた。

伺ったのは、三燈舎さん。

ランチタイムはこんな感じのミールス風のワンプレート。

本日のカレーはこの3種。

夜も南インド料理店に予約を入れていたので、軽めにBセットを注文。

こんな感じで運ばれてくる。

見えにくかったので、ドーサを折ってみた。

ブラックペッパーチキン

辛口とあったが、あまり胡椒の風味とパンチは感じなかった。

中辛のマトンキーマと大根。

クセなく食べやすい味。

甘口の冬瓜とブロッコリー。

全体に可もなく不可もない、バランスのとれたカレー。

近所にあったら、ちょくちょく行きそうな気がする。

ただ、夜はどんなだろう?と言うことで、次回は夜に来てみよう。

つづく

東京にて

2019年8月2日 

今朝もウォーキングはお休み。

ちょっと夏バテだったかもしれないが、明日には歩けそう。

このままずるずるサボリ癖がつかないようにせねばです。

 

さて、本当は昨日書こうと思っていた東京で食べたもの。

まず、朝は表参道の上陸系珈琲屋さんへ行こうと思って、地下鉄で行ってみたのだが、店の前まで行ったら珈琲屋さんだったはずの店が、なぜか紅茶と焼き菓子やジャムを売っている店になっているではないか!?

すぐにネットで調べてみたら、そのお店は日本から撤退したらしい。

仕方がないので、気を取り直して別のカフェへ。

このフレンチトーストの包み方、どこにでもあるバーガー袋と細いトリコロールカラーの紐だけなのに、めちゃくちゃお洒落。

そのうちパクろう?

ただ、この店の朝の軽食は、フレンチトーストよりもカスクートの方が美味しかった。

で、ちょっとアサイーボウルに関心があったりしたので、もう一軒立ち寄って朝食その2

アサイーボウルって、ブラジルで何度か食べたのだが、味的には日本とブラジルそんなに変わらないものの、見た目はやはり日本の方が繊細ですねぇ・・・

実は、ブラジルのアサイーとかアマゾンの木の実とかを輸入販売している会社から、ちょくちょく連絡がきていて、珈琲とブラジルの食材のコラボができないか考えたりしているが、まぁ、来年の夏かなぁ・・・

 

朝食をとったら、森本と待ち合わせている新橋へ。

日比谷口の改札前で待ち合わせと言うことにしたのだが、あまりにも暑かったので、SL広場が一望できる喫茶店でアイスコーヒーを注文してみたが、何も考えずにオーダーして、出てきた伝票を見てびっくり。

東京価格だ・・・

その後、森本ご合流して、まだちゃんと昼食をとっていないということだったので、新橋からちょっと歩いたところにあった台湾料理店へ。

この雰囲気好き。

私は魯肉飯、森本は魯肉飯と麺のセットを注文。

味も値段も、台湾のそれに近いものであった。

で、食事をとったら目的のカッピングセッションへ参加し、予想よりも早く終わったので、新大久保のDOMOさんへ。

テーブル席は若い女性で満席だったので、カウンターで珈琲を頂いた。

今回は、Verdi 提供のDOMOブレンドを注文、美味しく抽出して下さっていて有難い限り。

森本は、いつもこちらに提供している豆の焙煎こそするものの、まだ実際にお店に行ったことがなかったので、どのようなお店で使っていただいているかわかってよかった。

 

珈琲を飲んだら、再び新橋へ戻って、カーンケバブビリヤニでビリヤニを。

マサラパパド

マッシュルームのパコラ

カラチ風のカライゴーシュト

本当は、チキンビリヤニを注文したのに、なぜかマトンビリヤニが出てきた。

まぁ、インド料理店なのだから、こんなものでしょう。

ちょっと以前とはメニューが変わっており、私が好きだったものがなくなっていたり、若干カリーの味が変わったような気もしたが、ビリヤニはなかなか美味で、やはり東京はいいなぁ、と思うのであった。

 

夏バテ

2019年7月30日 

今日は朝一で造形芸大へ行き、事務作業と焙煎を終えたら新幹線に乗って東京へ。

それにしても、今日はめちゃくちゃ暑くて、少し歩いただけで汗が噴出してくる。

そんなこともあってか、京都駅では大ボケな私。

新幹線のホームへの階段上がって見てみたら、なぜか目の前には博多行きの電車がとまっている。
階段降り直して15号車の6番だと思って15号車の前に行ってチケットを見てみたら、6号車の15番。
いらん汗をかいてしまった。

暑さに弱い私の夏バテからくる失敗かもしれない。

 

で、東京に着いたら、有楽町で打ち合わせ。

現在、京都芸術デザイン専門学校の学生さんたちと一つプロジェクトを実行中で、その目的のための打ち合わせ。

お盆の後あたりにはご報告できるかと思いますので、楽しみにお待ちください。

 

打ち合わせが終わって、マナーモードにしていた携帯をみたら、10件以上の着歴が。

特注品の袋の印刷依頼や雑誌の掲載記事の校正、納期相談にお中元の依頼など、やはり週末明けの月曜に出張すると、路上で仕事をしなくてはならなくなる。ってことだろう。

 

そんなこんなで一仕事終えたら、今夜はベトナム。

まずは、青パパイヤのサラダ。

これ、なかなか美味しかった。

網状の皮に包まれた揚げ春巻き。

パリっとした食感が楽しめる。

ベトナム風お好み焼きと書かれていたが、どちらかというとパリパリのくれーぷに包まれた焼きもやし。

添えられたサニーレタスに包んで食べるとなかなかいい感じ。

フォー

もちろん米麺

食事を終えて、すぐ近所にいいかんじの喫茶店があったので入ってみた。

プレンド780円は東京価格ですねぇ・・・

雰囲気は老舗の深煎りの店って感じだったが、味は今風のかなり酸っぱい系だった。

 

明日は、新豆のカッピング会。

良いものに出会えたら、仕入れて皆様にもお楽しみ頂けると思います。

実り多いカッピングになりますように。

ネパール!

2019年6月11日 

結構涼しい朝。

日課のウォーキングを終えたら、今日は店ではなく京都駅へ向かう。

この夏から、今までになく能動的に活動すべく、その準備のために東京へ。

まずは腹ごしらえと言うことで、新大久保のネパール料理店アーガンへ。

アーガンスペシャルタルカリ。

真上から見たらこんな感じ。

前にここに来た時は、私と友人以外全員がネパール人で、店の人も日本語が話せないという完全アウェーな雰囲気だったが、今日は半分くらい日本人で、日本語も通じた。

何となく嬉しいような、寂しいような。

 

食事をしたら、DOMOさんへ。

今日はVerdiのDOMOブレンドを頂いた。

タピオカぎのった紅茶風味のケーキ。

けっこうなボリュームだったが、ペロリといける軽さ。

 

食後のコーヒーを頂いたら、東京へ来た目的を果たすべく外苑前へ。

なかなかためになるひと時であった。

用事を済ませたら、表参道まで歩いて久しぶりにブルーボトル。

最近、ここに来るとしても午前中か午後早めの時間だったので、あまり混んでいなかったが、今日は店内ほぼ満席だったのでバルコニーで立ち飲み。

なんか、周りからは中国語ばかりが聞こえてくる気もするが・・・

注文したルワンダは、やはりかなり浅めの焙煎で、酸味強烈だったが、以前よりは少し深めになったような気もする。

でも、もしかしたら私の口がサードウェーブの極浅煎りに慣れたのかもしれない。

 

私が東京に来ている間に、造形芸大店では来週の改装に向けた床の穴あけ工事が行われており、メールチェックしたら完了報告が届いていた。

 

さぁ、京都に戻ったら改装準備も含め、いろいろやることが山積している。

わりと頭の中がぐちゃぐちゃになっているが、店長の今西も張り切って準備してくれているし、私も頑張っていこう!

このページの先頭へ