自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 東京食べ歩き

東京食べ歩き

久しぶりの御徒町

2019年2月25日 

今日はスカッと晴れて気持ちのいい朝だった。

今朝は、ウォーキングを終えてシャワーをしたら、いつも通り出勤。

しかし、開店準備をすませたら、その足で京都駅へ。

明日は朝から産地セミナーとカッピングなので、前泊で東京へ向かった。

車中、学生時代の後輩とやり取りをして、昼食を一緒にとることになったので、池袋のベトナム料理店へ。

ランチセットの前菜で、春巻二種。

メインは、汁なしのフォー。

ベトナム茶で〆

私はあまりベトナム料理って食べないのだが、やはり、タイとインドネシアとベトナムの料理って似ている。

 

その後、東京の自家焙煎仲間の店に寄ってから御徒町へ。

夕飯の時間には少し早かったので、珈琲処ボナールでおやつ。

この前、赤坂で入った喫茶店は、メニューをみてびっくりの一番安い珈琲が1,700円だったので、このメニューを見ても普通に感じてしまった。

でも、やはりこれは東京価格であろう。

マンデリンを注文。

せっさくなので、モンブランも食べてみた。

なんだか懐かしい、良き昭和の喫茶店と言う感じで、ちょっとほっこりしてみた。

 

コーヒーブレイクのあとは、夕食をとりに「カレーは飲み物。」へ!

ではなく、久しぶりにアーンドラキッチンへ。

まずスナック系から。

ゴビ65

パニールパコラ

ヴィンディ バイガン

ロマリロティのようなチャパティ

レモンチキンカリー

ココナツライス

マドラスコーヒーでご馳走さま。

本当は、ウプマ ペサラットゥを食べたかったが、今はやっていないとのことだった。

残念。

恐らく4〜5年ぶりのアーンドラキッチン。

なかなか美味しくいただきました。

日帰り東京

2019年2月12日 

  1. 今朝もわりと寒かったが、ウルトラライトダウンを着ていると、歩くにつれ身体はポカポカしてくるのに鼻と耳は寒いという状態。

今朝は南東方面の雲が切れていたので、少し明るかった。

 

さて、今日は造形芸大店長の今西と日帰り東京出張。

4月からいろいろと造形芸大店のことを変えていこうと思っているのだが、そのために是非聞いておきたいセミナーがあったので、意識の統一を図るために二人で参加した。

お昼前の新幹線で品川まで行って、山手線に乗り換え渋谷へ。

前回今西と東上した折、本当だったらいこうと思っていたのに、お腹いっぱいで寄れなかった BUY ME STANDへ。

定番のアップルチークス

こちらは初めて食べたマッシュルームアイ

ここのサンドイッチは綿密に計算されたレシピという感じで、店の外観や働いている人の風貌とのギャップが面白い。

 

食事をとったら、ヒカリエに行ってコーヒーを飲むことに。

何年か前に清澄白河の焙煎所兼ショップで飲んだことがあったので久しぶり。

所謂サードウェーブ系のコーヒーだが、以前より酸っぱさが穏やかになっていた印象。

東京のコーヒーのトレンドも、少し変わりつつあるのだろうか?

今度は久しぶりにコーヒーの飲み歩きもしてみなくては。

 

コーヒーを飲んだら、セミナー会場のある赤坂見附へ向かったのだが、そこで入った珈琲店では、久しぶりに「昔はこんな店が多かったな」と、ノスタルジーに浸れるお店との出会いがあった。

その内容は、また木曜日以降に。

スイーツもいいですねぇ

2019年2月5日 

今日はお昼過ぎから所用で出かけて、帰宅したら夜にカミさんと映画を見に行ったは。

自宅近くのバス停からバスに乗って河原町三条で降りるはずだったが、今日はなぜかバスがやたらすいていて、普段だと市役所前のバス停を出たら、すぐに誰かによって降車のボタンが押されるのに河原町御池を通過しようとしていいるのに降車ランプが点灯しない。

もしかしたら、これは自分が押さないとヤバイのか?と思いつつ、そういえばこの降車ボタンを押すのは恐らく20年ぶりくらいだなぁ・・・と、ちょっと喜びながらカミさんに「今日は誰も降車ボタン押さないね、私がおさなきゃかな?」と言ったら、「押したらええやん」とカミさんにボタンを押されてしまった。

20年ぶりくらいに押せるチャンスだったのに、この調子だと私は一生この降車ボタンを押せないかもしれない。

言わなきゃよかった・・・

 

さて、先日の東京出張では、カレー以外にスイーツも食べていたのだが、そちらを今日はアップ。

まず、二日目の朝は渋谷のカフェ「人間関係」でスコーンのモーニング。

「人間関係」って店名、すごいなぁと思ったが、横文字の店名を訳してみたらけっこうすごい店も多いので、まぁそんなものでしょう。

いろいろな種類のスコーンがならぶ

種類が多くて悩んでしまうが・・・

スコーンは1個120円、珈琲が230円なので、これだけ食べて470円というなかなかの安さ。

 

渋谷で朝食をとったら、新大久保へ向かい、CAFE DOMO さんへ。

現在、台湾のショコラを売り出し中!

珈琲とショコラ3種を頂くことにした。

このショコラがなかなか美味しくて、つい二つほど購入してしまった。

珈琲は浅煎りの台湾 FIKAFIKA によるDOMOブレンド。

 

この後、神保町へ行って、共栄堂とペルソナでカレーを食べた後、銀座でスイーツを頂くことに。

まずは、エスキス サンクへ。

珈琲とキャラメルのタルト

甘さ控えめで美味しかった♪

さすが星付きレストランのスイーツ部門、とてもバランスよく美味しいケーキだったが、残念ながら珈琲は個人的嗜好では私が最も嫌いな、エスプレッソを薄めたやつ、俗にいうアメリカーノだったので、もう一軒絶対安全なお店へ。

 

夕食の予約を入れていたカーンケバブビリヤニへ移動する途中にある紅茶店、マリアージュフレールへ。

サヴァランに合わせるお茶は、コロンビア産のものをチョイスしてみた。

お茶とお菓子で、ちょっといい店でランチできるほどの価格ではあるが、全くタイプの違う2軒でひと時を過ごすと、目に飛び込んでくる光景、隣接のテーブルでの会話、食器からサービス、ケーキの絵面までいろいろと面白かった。

インドカレーな夜

2019年2月4日 

今朝は雨上がりのどんよりとした雲が立ち込める中ウォーキング。

行きは曇り空だったが、帰りの途中で雨が降り出しけっこう濡れてしまった。

曇っていたからか少し寒さも和らいだ立春の朝であった。

 

さて、先日東京へ行った折、普通のカレー(普通と言ってよいかどうか分からないが)を3食とったのだが、それは昼の話で、もちろん夜はインド料理店へ。

初日の夜は、学生時代の友人が10名ほど集まってインド料理会。

以前から一度行ってみたいと思っていた、練馬のケラレバワンというお店へ。

南インド料理店ということだったが、タンドリー料理も多く、ナンを食べている人が目立つところを見ると、わりと何でもありなお店といった感じだったが、メニューには南系の料理も多く、いろいろと楽しめそうな感じ。

まずは、南インド料理店でチキンティッカ(笑)

続いてフィッシュフィンガー

サブジパコラ

エッグドーサ

ウトゥパム

アヴィヤル

何軒かの店で、このアヴィヤルを食べているのだが、どこも全く違う味で面白い。

こちらの店のアヴィヤルは、とても穏やかな味。

個人的には、ダルマサーガラの超攻撃的アヴィヤルが好きだったりする。

マトンペッパーマサラ

このカレーは、もっとガツンときてほしいのだが、全体にやさしい味で、でも逆にそれが皆にはよかったっぽい。

ある意味、日本の客の嗜好に合わせた店かも。

南インド風チキンカレー

アップで

炭水化物は、パロタと

ココナツライスと

レモンライス

チャイは、エアブレンドしてくれる。

全体に無難な味付けなので、誰彼選ばず美味しく食べられるのではないだろうか。

コストパフォーマンスも高く、近隣の人たちが安心して通えるインド料理店といった感じ。

 

そして、帰る前に立ち寄ったのは、新橋のカーンケバブビリヤニ

まずは、サービスのマサラパパド

タンドリーホールゴビ

要するに、カリフラワーの丸焼きだが、これがなかなかいい感じ。

マッシュルームサグパコラ

ラムビリヤニ

なかなかまともなビリヤニと出会うことはないのだが、こちらのはかなり良いと思う。

サムンダリカザーナ

要するにコルマ系のシーフードカリーなのだが、今回東京で食べた全ての料理の中で、これが私個人的には一番衝撃的な美味しさだった。

そんなわけで、2日間でカレー3食、インド料理2食、ロシア料理1食、他朝食を2回、スイーツも2回というなかなかヘビーな東京旅行だった。

明日はスイーツについてアップします。

神保町カレー

2019年2月1日 

今朝はちらほら雪が舞う中のウォーキング。

東京ではなんだか歩きすぎて、今までそんなところ筋肉痛になったことないのに!という、両足のスネの部分がなぜか痛い中頑張って歩いてみた。

さて、今回の東京出張二日間で、私は食事9食とスイーツ3食とったのだが、その食事のうちの3/9はインドではないカレー、2/9はインド料理、そして1/9はロシア料理という、なんともバランスの取れた配分でいろいろなものを食べてみた。

で、今回はインドではないカレーを3つ。

まずは神保町でカレーと言えば真っ先に出てくる「エチオピア」

14時近くだったのに、ほぼ満席状態でガンガン回転しているって凄いことだと思う。

辛さは3にしてみた。

ジャガイモがついてくるのだが、この皿が何となく灰皿に見えて、ちょっと微妙な気分。

 

そして、エチオピアの次はスマトラへ。

スマトラカレーの共栄堂

スマトラ島にカレーがあるのかどうか知らないが、最もムスリム比率が高いと言われているインドネシアのカレーにしてはポークがあるって面白い。

ビーフカレーを注文

ある意味独特の、「スパイス香る」というより一風変わった欧風カレーという感じ。

こちらも店内満席で、ごくごく当たり前に相席となるのだが、今回は若くてきれいな女性二人組を前に食べることになったので、緊張でカレーが喉を通らないのではないかと思ったが、まぁ、ちゃんと食べられた。

 

スマトラの次は、The 欧風カレーを謳う「ペルソナ」

こちらも人気店なので、ほぼ満席だったが、なんとか1席開いていたので待たずに入れた。

こちらでもビーフカレーを注文、エチオピアはイモが1個だったが、ペルソナはイモが2個ついてくる。

本当にいい感じに王道を歩む普通のカレーという感じで、この味のファンになる人が多いのも頷ける。

このラッチョと福神漬けと緑の漬物、いいですねぇ。

そんなわけで、今回はインドではなく普通のカレーを3軒ハシゴしてみたが、普通のカレーと言っても全く違う個性でとても楽しく頂けた。

友人に「エチオピアと共栄堂とペルソナ行ってきた」と言ったら「なんでボンディ行かなかった?」と言われたが、さすがの私もボンディ分の胃袋があいていなかった。(実は行く気でいたが、ちょっと無理だった)

明日は日記お休みなので、また明後日以降に他のものはアップします。

神田で珈琲

2019年1月31日 

造形芸大の入試に伴う入構禁止により、30日は昼までの営業、31日は臨時休業になったので、ちょうど聞きたいと思っていた東京開催のセミナー参加とあわせて30日〜31日東京へ出張することに。

 

一昨年パプア・ニューギニアへご一緒した酒井さんと言う方が、帰国後知り合ったパプア・ニューギニア豆専門の珈琲店オーナーから店を引きついで独立を考えていると連絡をもらったので、パプア豆専門の珈琲店というのを見てみたくて、東京到着後すぐに神田へ向かった。

 

で、酒井さんは12時から店に入るとのことだったので、出勤前にちょっとお話しがてら彼女が行ってみたいと言う神田のレトロな珈琲店へ行ってみた。

普通の喫茶店かと思ったら、かなりな種類のストレート豆が並んでいる。

恐らく開業当初は、最先端の珈琲店だったのだろう。

こういうディスプレイ、年輪を重ねた重厚感が何ともカッコいい。

各テーブルには灰皿があって、時代を感じる。

こちらの名物、のりトースト!

のりトーストの説明もしっかり書かれている。

もちろん、のりトーストを注文。

せっかくなのでドーナツも。

ドーナツは、スーパーで10個くらい袋に入っているようなもなに、砂糖をかけてマーガリンをつけたもの。

こういう一手間が素敵🎵

 

レトロな喫茶店をでたら、目的のお店、ファーマーズカフェさんへ。

コンパクトで可愛くお洒落なお店。

こちらのオーナーの後藤さんは、ボランティア関係のお仕事でパプア・ニューギニアにお住まいになった関係から、豆を輸入して珈琲店を開業された。

お話を伺ううち、後藤さんの魅力に吸い寄せられるような感覚を覚え、酒井さんがこちらのお店を引き継ごうと思った心境も分かる気がした。

パプア東部のミリンベイ産珈琲や、私たちも行ったゴロカ地区の珈琲が扱われている。

今回はミリンベイの珈琲を頂いたが、しっかりとしたコクとクセのない口当たりに、あとからふんわりと甘みが感じられるオーソドックスな中にも味わい深い珈琲であった。

ちょっと時間ができた時、ふらっと立ち寄りたい一軒。

オーナーのお人柄か、とてもいい空気感のあるお店であった。

1 / 1012345...10...Last »

このページの先頭へ