自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 東京食べ歩き

東京食べ歩き

ネパール!

2019年6月11日 

結構涼しい朝。

日課のウォーキングを終えたら、今日は店ではなく京都駅へ向かう。

この夏から、今までになく能動的に活動すべく、その準備のために東京へ。

まずは腹ごしらえと言うことで、新大久保のネパール料理店アーガンへ。

アーガンスペシャルタルカリ。

真上から見たらこんな感じ。

前にここに来た時は、私と友人以外全員がネパール人で、店の人も日本語が話せないという完全アウェーな雰囲気だったが、今日は半分くらい日本人で、日本語も通じた。

何となく嬉しいような、寂しいような。

 

食事をしたら、DOMOさんへ。

今日はVerdiのDOMOブレンドを頂いた。

タピオカぎのった紅茶風味のケーキ。

けっこうなボリュームだったが、ペロリといける軽さ。

 

食後のコーヒーを頂いたら、東京へ来た目的を果たすべく外苑前へ。

なかなかためになるひと時であった。

用事を済ませたら、表参道まで歩いて久しぶりにブルーボトル。

最近、ここに来るとしても午前中か午後早めの時間だったので、あまり混んでいなかったが、今日は店内ほぼ満席だったのでバルコニーで立ち飲み。

なんか、周りからは中国語ばかりが聞こえてくる気もするが・・・

注文したルワンダは、やはりかなり浅めの焙煎で、酸味強烈だったが、以前よりは少し深めになったような気もする。

でも、もしかしたら私の口がサードウェーブの極浅煎りに慣れたのかもしれない。

 

私が東京に来ている間に、造形芸大店では来週の改装に向けた床の穴あけ工事が行われており、メールチェックしたら完了報告が届いていた。

 

さぁ、京都に戻ったら改装準備も含め、いろいろやることが山積している。

わりと頭の中がぐちゃぐちゃになっているが、店長の今西も張り切って準備してくれているし、私も頑張っていこう!

レトロ喫茶

2019年5月17日 

今日も少し動くと汗ばむ朝。

来週あたりセミが鳴いてたりして・・・んなわけないか。

 

さて、東京探訪。

小川町でカレーを食べ終えたら、腹ごなしの運動をかねて、お茶の水まで歩いて行って神田明神参道にある「乙コーヒー」というお店で食後の珈琲を飲むことにした。

普段はあまり歩かないコースなので、なんとなくお上りさん気分。

神田明神は、この日までお祭りだったので、けっこうな人出だった。

せっかくなのでお参りしようかとも思ったが、人が多かったのでやめておいた。

この鳥居をくぐってから、神社までの参道にお店はある。

ここは、東京の自家焙煎仲間から教えてもらったお店。

いい感じでレトロな雰囲気。

珈琲を淹れているカウンターにも席があるのだが、お客様がいらっしゃったので、抽出カウンターの写真は撮れず。

抽出カウンターの真向かいにも壁に向かってのカウンターがある。

ここのタイル画と言うか、が、なんともいい感じ。

珈琲は、中煎りのブレンドと深煎りのブレンド二種類があったので、深煎りの方を頂いた。

こちらの名物、プリンのようなチーズケーキもいっしょに。

珈琲は、苦いのだけど酸味もあって、味そのものも昭和の頃の喫茶店にタイムスリップした気分。

なんだかいい感じの空気が流れるひと時であった。

帰り道、こんなのがあったので自撮りを試みたものの、そもそも自撮りをしない私が、こんな高度な自撮りができるはずもなく、だからと言って、誰かに「撮ってください」という勇気もなく・・・

まぁ、そんな食後のコーヒータイムと腹ごなしの東京散歩であった。

カフェとカレーと

2019年5月16日 

今日は朝からけっこう暑くなりそうな気配。

朝の陽ざしがだんだん痛くなってきた。

 

さて、一昨日に東京へ入り、昨日の朝は新宿で用事があったので、新宿三丁目近辺で人気の珈琲店「4/4 (all season) coffee」さんへ。

店内には小型焙煎機もあり、ここで焙煎されているようなのだが、どうもサイクロンや硝煙装置が見当たらない。

新宿のど真ん中で、小型とは言え大丈夫なのだろうか?とちょっと思ってしまったが、もしかしたら壁の中に硝煙装置が埋め込まれているのかもしれない。

店内を見渡して、そんなことを考えてしまうのはやはり職業病でしょうねぇ・・・

レジカウンターの横でハンドドリップをしてくれる。

3~4種類ある豆から選べるので、私はルワンダをチョイス。

目の覚めるような酸味を強調した焙煎であった。

ほんの30分ほどだったが、外人さんを中心に次々とお客様が入ってきて、満席になったので私は退散。

その後、神田で用事を済ませた後、ネットで調べて小川町のカレー屋さんへ。

歩くこと10分少々、ビルの2階にあるお店は、この前行った荻窪の吉田カレーを思い起こさせる。

でも、ちゃんと看板も出ているし、営業中でもシャッターが半分閉まっている吉田カレーよりは商売っ気がある様子。

ご亭主はちょっと怖い人かと思ったが、吉田カレーよりは怖くない店だった。(と言うか、全然怖くなかった)

カレーは3種類ある中から、2種類選んで合い掛けにするような感じ。

私は、オーソドックスにチキンカレーと豆のカレーをチョイス。

とてもマイルドで、誰彼かまわず食べやすいカレーではないかと思った。

ターゲットが広い分、ネットでの評価も高いのであろう。

店内が狭いこともあり、けっこう並んで皆さん食べていて、私はギリギリ並ばずに済んでラッキーだった。

 

そんなわけで、カレーを食べたら、神田明神まで歩いて行って、レトロな喫茶店で食後の珈琲を飲んだのだが、そのお話はまた明日。

 

わりと慌しい1日だった。

2019年5月14日 

今日は朝から大阪へ。

インテックス大阪で開催されている、飲食関係の展示会へ造形店長の今西と一緒に行ってきた。

 

今回は展示会そのものではなく、同時開催されるセミナーで、聞いてみたいものが二つほどあったので、朝一と午後のセミナーを聞くことが主な目的であった。

まず、朝一はメニューデザインのセミナー。

1時間のセミナーなのに、講師の自己紹介が15分以上、自分の趣味とか、友人から受けたサプライズバースデープレゼントのこととか、入社時に自分は50倍という競争率を突破した話とか。

この女性講師、自分はメニューを作るとき、完全なお客様目線で考えると話していたが、セミナーの講師をするときも聴講者目線で講義内容を組み立てて欲しいと思った。

セミナー本編で語られていた内容は良かっただけに、あの長大な自己紹介さえなければ・・・と、思った。

午後は、客単価2,000円以下のお店の収益力アップについての講義。

こちらの講師はコンサル会社の講師だったので、やはりさすがの分かりやすさ。

分かっていてもできていないことも多く、やはり基本の徹底は重要だと再認識。

色々な意味で、とても勉強になった。

 

セミナーを聴き終えたら、私は一路東京へ。

明日は、朝から一件商談が入っており、午後には通販関係のセミナーと個別相談会。

こんどヴェルディの通販をお手伝い願おうと思っている会社に、本当にお手伝い願うかどうかの最終判断。

このところ、時間が許せば可能な限りセミナーや勉強会に参加しているのだが、それによって店の運営方針を変えると言うより、世の中の流れやお客様の動向を知り、考え方を整理するのに役立っているので、やはり時を惜しんで勉強し続けねばと思う。

 

せっかく東上したので、夜は西荻窪でミールス。

西荻窪ガード下にある大岩食堂さんへ。

パパドの下はバスマティライス。

とても食べやすい味。

個人的には少し物足りなかったが、その分サラッと食べられるので、近所にあったらちょくちょく行くだろうと思った。

久しぶりの御徒町

2019年2月25日 

今日はスカッと晴れて気持ちのいい朝だった。

今朝は、ウォーキングを終えてシャワーをしたら、いつも通り出勤。

しかし、開店準備をすませたら、その足で京都駅へ。

明日は朝から産地セミナーとカッピングなので、前泊で東京へ向かった。

車中、学生時代の後輩とやり取りをして、昼食を一緒にとることになったので、池袋のベトナム料理店へ。

ランチセットの前菜で、春巻二種。

メインは、汁なしのフォー。

ベトナム茶で〆

私はあまりベトナム料理って食べないのだが、やはり、タイとインドネシアとベトナムの料理って似ている。

 

その後、東京の自家焙煎仲間の店に寄ってから御徒町へ。

夕飯の時間には少し早かったので、珈琲処ボナールでおやつ。

この前、赤坂で入った喫茶店は、メニューをみてびっくりの一番安い珈琲が1,700円だったので、このメニューを見ても普通に感じてしまった。

でも、やはりこれは東京価格であろう。

マンデリンを注文。

せっさくなので、モンブランも食べてみた。

なんだか懐かしい、良き昭和の喫茶店と言う感じで、ちょっとほっこりしてみた。

 

コーヒーブレイクのあとは、夕食をとりに「カレーは飲み物。」へ!

ではなく、久しぶりにアーンドラキッチンへ。

まずスナック系から。

ゴビ65

パニールパコラ

ヴィンディ バイガン

ロマリロティのようなチャパティ

レモンチキンカリー

ココナツライス

マドラスコーヒーでご馳走さま。

本当は、ウプマ ペサラットゥを食べたかったが、今はやっていないとのことだった。

残念。

恐らく4〜5年ぶりのアーンドラキッチン。

なかなか美味しくいただきました。

日帰り東京

2019年2月12日 

  1. 今朝もわりと寒かったが、ウルトラライトダウンを着ていると、歩くにつれ身体はポカポカしてくるのに鼻と耳は寒いという状態。

今朝は南東方面の雲が切れていたので、少し明るかった。

 

さて、今日は造形芸大店長の今西と日帰り東京出張。

4月からいろいろと造形芸大店のことを変えていこうと思っているのだが、そのために是非聞いておきたいセミナーがあったので、意識の統一を図るために二人で参加した。

お昼前の新幹線で品川まで行って、山手線に乗り換え渋谷へ。

前回今西と東上した折、本当だったらいこうと思っていたのに、お腹いっぱいで寄れなかった BUY ME STANDへ。

定番のアップルチークス

こちらは初めて食べたマッシュルームアイ

ここのサンドイッチは綿密に計算されたレシピという感じで、店の外観や働いている人の風貌とのギャップが面白い。

 

食事をとったら、ヒカリエに行ってコーヒーを飲むことに。

何年か前に清澄白河の焙煎所兼ショップで飲んだことがあったので久しぶり。

所謂サードウェーブ系のコーヒーだが、以前より酸っぱさが穏やかになっていた印象。

東京のコーヒーのトレンドも、少し変わりつつあるのだろうか?

今度は久しぶりにコーヒーの飲み歩きもしてみなくては。

 

コーヒーを飲んだら、セミナー会場のある赤坂見附へ向かったのだが、そこで入った珈琲店では、久しぶりに「昔はこんな店が多かったな」と、ノスタルジーに浸れるお店との出会いがあった。

その内容は、また木曜日以降に。

このページの先頭へ