自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 東京食べ歩き

東京食べ歩き

ハンドドリップチャンピオンシップ

2018年5月16日 

昨日から私と造形芸大店の太田は東京に来ていたわけだが、スカイツリーから夜景を楽しんだり、雷門~浅草寺に行ったりするための東京出張ではなく、本当の目的は今日開催されたジャパンハンドドリップチャンピオンシップの決勝ラウンド出場のためであった。

この競技会は、日本スペシャルティコーヒー協会が主催するハンドドリップの競技大会で、東京・大阪・福岡3つの会場で予選を勝ち抜いた13名による決勝ラウンド。

造形芸大店の太田は、大阪での地区予選を勝ち抜いて、総勢216名中13名のファイナリストになったので、私もサポーターとして同行した。

今日は造形芸大店の定休日でもあったので、店長の今西も昨夜仕事を終えてから夜行バスで駆けつけて、一緒に応援。

見たところ、周りは何度もこの競技会に出場しているツワモノが多い中、初出場で恐らく最年少の太田がどこまでできるのか、期待と不安を抱きながらの観戦となった。

決勝戦は、「ドリップ競技」と「フリー競技」の合計点で争われる。

ドリップ競技は、当日初めて渡された豆をハンドドリップで抽出、審査員はブラインドで味覚評価をする。

持ち時間(10分)の間に、同じ豆を使って抽出量違いで2回ドリップ。

審査員は、まず二つの抽出に温度や味の違いがあるか否か(二つの味や温度が均一かどうか)をみたうえで、風味の採点を行う。

同時に、細かく定められたルールと照らし合わせて、ルールから外れたことをしていたら減点。

均一性と風味の得点から減点項目があった場合、その点数を差し引いたものがスコアとなる。

フリー競技は、予めサンプルが提供された豆を使い、ドリップ競技と同じ内容で抽出するのだが、こちらは抽出しながら、目の前にいる審査員に対して、豆についてや自分の抽出についてなど、プレゼンをしながらのドリップとなるので、純粋な風味の得点プラスプレゼンの能力や説明した内容と抽出したものの差異なども得点の要素となる。

太田は、くじ引きの結果、ドリップ競技の第一競技者となり、フリーの方は最後から2番目の競技者になった。

まずは、ドリップ競技をする太田。

私の目から見ると、けっこう緊張していたようなのだが、恐らく彼女を初めて見る人なら、全く緊張せず堂々としていると映ったのではないだろうか。

ドリップ競技の風味審査は、別室にてブラインドで行われる。

太田のドリップ競技とフリー競技の間に、けっこう時間があったので、私と店長の今西は近所でランチをとることに。

昨夜から目を付けていた会場近くの中華料理店へ行ってみた。

エビチリ定食(棒々鶏つき)

アサリの辛味炒め

けっこう美味しかった。

そして、ドリップ競技終了時点での成績が発表され、太田は堂々の1位通過!

今日初めて見た豆を1回のリハーサルだけで、よくこのスコアを出せたと感心。

そして、プレゼンを伴うフリー競技

正直言って、ここまでの競技者のプレゼンを聞いていると、本当に場慣れしている人が多いというか、みなさんすごく上手にいろいろと説明している。

さらに、淹れ方も千差万別というか、ユニークな抽出方法が多く、ミルも数十万円するようなすごいものを持参している人が目につく。

そんな中、太田は初々しいプレゼンと、見るからに堅実な姿勢、そして抽出方法は普段Verdiで皆がやっているハンドドリップをブラッシュアップしただけの、いわばド直球な抽出方法。

多彩な変化球を操り、すごい機材を使って挑んでいる人たちに、直球一本勝負の太田がどこまで太刀打ちできるのか分からなかったが、少なくともドリップ競技ではダントツの1位だったので、いいところまで行くのではないかと期待していたのだが・・・

運命の結果発表

残念ながら、フリー競技で順位を落とし、最終的には6位で終わった。

私は、正直言って日本スペシャルティコーヒー協会主催のこういった競技大会に、今まで全く関心を持っていなかった。

というのも、私たちが最も大切にすべきはご来店下さるお客様であって、競技で点数をとるためだけに用いる技術は、別にどうでもよいのではないかという発想だったからである。

なので、太田には特に奇をてらったことをするのではなく、普段私や太田はもちろん、下鴨本店の社員たちがやっていることと同じ抽出をいかにブラッシュアップしていくか、そして普段お客様に提供している抽出方法と大きな違いのない淹れ方でこの競技会にチャレンジしてほしいと思っていた。

そのような思いもあって、抽出方法については全く手を加えることなく、彼女の抽出に口出しせずに見守ってきたのだが、今回の競技会を見ていて、やはりそれだけでは上位入賞が難しいということを痛感した。

競技終了後、来年もチャレンジしたいという太田に、もちろん頑張れと言ったものの、競技としていかに点数を取れることをするか、という部分と私の中にある「いつもお客様に提供している珈琲が一番美味しいものでなくてはならない」という思いの整合性をどうやってとっていくか。

なかなか自分の気持ちのやり場に苦労しそうである。

でも、表彰式で「3回目の挑戦でやっと・・・」と思わず目をおさえながらスピーチをした優勝者を見ていると、太田にも何とか頑張ってほしいという思いを強くした。

ファイナリストになったバッヂ

とはいえ、すごいミルを使っていたり、流ちょうな話術やカッコイイ資料を配布してプレゼンしている人たち、そして、見たこともないような抽出方法で挑んできた人たちに、全くの正攻法というか、普段と同じ姿勢で淡々と立ち向かう姿は、マシンガンを持っている相手に木刀一本で挑むような感じだったが、少なくとも216人中6位に食い込んだ太田には、すごいなぁ、と感心。

本当だったら、もっと練習時間を作ってやりたかったし、もっと店全体で彼女をサポートしてあげたかったが、都をどり開催に伴い練習をさせてあげる時間すら与えられない中、彼女は毎日早く店に出てきたり、休みの日返上で練習に励んでいた。

その努力には最大級の賛辞を贈りたい。

同時に、今回上位入賞した人たちの探求心と熱心さ、そこに至る努力には、心から敬意を表するとともに、私たちもそこから何かを学べればとも思う。

ただ、少なくともドリップ競技の味覚審査において、太田が堂々の1位だったということは、普段通りの抽出さえしていれば、お客様に美味しい珈琲が提供できているということ。

私にとっては、そのことこそ一番うれしいことであった。

そんなわけで嬉しさ半分、悔しさ半分で会場を後にした。

で、京都へ帰る前に太田に「何食べたい?」ときいたら「お寿司が食べたいです」と。

ということで、頑張ったご褒美に江戸前のにぎりを食べに行くことにした。

個人的に、寿司と天ぷらは、東京の方が好きだったりする。

そんなわけで、明日からは来年に向けて、より一層美味しい珈琲をお客様に出せるよう、普段の抽出をしっかり磨きつつ、競技会でも良い点数がとれる能力を高めて行きたいものである。

 

東京に来ています。

2018年5月15日 

今日はランチタイムまで店に出て、午後からは新幹線に乗って東京へ。

先に東京に出て来ていた造形芸大店社員の太田と合流して、新大久保のDOMOさんに伺った。

Verdi のDOMOブレンドとFIKA FIKAのDOMOブレンドを一つずついただく。

せっかくだったので、季節のスイーツも。

なかなか美味しく頂きました。

その後、こちらのお店の新人スタッフであるイーさんが抽出を見てほしいということだったので、コーヒーを淹れてもらい、思うことを伝えさせていただいた。

イーさん(右)と、秋にオープンするマレーシア店の店長タミーさん。

DOMO の皆さんは、本当にまじめに取り組んでいらっしゃって、ここに来るたび私も身の引き締まる思い。

また、東上したら立ち寄らせていただこう。

 

新大久保を後に、今回の宿は浅草だったので、乗り換え駅の上野で少し散策。

太田はアメ横へ行ったことがないと言うことだったので、アメ横をふらふら。

途中、目に留まったディスプレイ。

ノーマルとメガ盛り。

けっこうボリュームあると思っていたら、さらにギガ盛りもあった。

その横にはテラ盛りも・・・

こんどアメ横に来たら、これ食べよう。

上野近辺には、けっこう良い インド料理店も多数あるのだが、太田はあまりバシッときまったスパイスものが得意ではないので、カレーは回避。

浅草で何か食べることにしたのだが、浅草の隣は東京スカイツリーということだったので、フラッとスカイツリーへ。

夜景がきれいでした。

浅草に戻ったら、ホテルの直近にある浅草寺へ。

何気に、私は初雷門!

いつも東京に来たら、朝から晩まで食べ歩いているのだが、たまにはこういう東京訪問もいいな、と思った。

日帰り東京弾丸ツアー 表参道編

2018年1月28日 

今朝も寒かったものの、昨日よりはマシだったような気がする。

鴨川沿い、自転車が通った後のわだちが完全に凍っていて、真っ暗な中気を付けないと足をひねってしまいそうで怖かった。

.

さて、日帰り東京ツアーの後編は表参道。

まずは、お食事系タルトをいろいろと見ると言うことで What a tart!へ。

前回、店長と一緒に来たときに、ここへ寄ろうと思っていたのだが、残念ながら臨時休業だったため、鎧塚さんのキッシュ店へ行ったこともあり、今回はちゃんと営業していることを確認の上訪問。

ちょっと遅めの時間だったこともあってか、並んでいるタルトも少な目だった。

でも、いろいろなタルトがあって、見た目にも楽しい。

『ローステッドトマト』と『さわら、黒胡麻、赤カブ」

『豚バラコンフィ』と『焼きりんご、ゴルゴンゾーラ』

『ポルチーニと彩きのこ』と『クラブケーキ』

どれもひと手間かけられていて、なかなか美味しく頂いた。

ドリンクは、ハーブティーをチョイス。

タルトを食べたら、スイーツということで、DOMINIQUE ANSEL BAKERY へ。

ここは、先に注文してから席をとらなくてはならないので、自分のオーダーしたものができた時点では、座る場所がない可能性が高いと言う、なかなかリスキーなお店。

面白いケーキたち

まだ、このあたりは食べたことがない

なんじゃこれ?!

この発想、素晴らしい!

とりあえず、先に注文するよう促されるも、店内は満席で、席が空くのを待っている人がそこここに立っており、ある種椅子取りゲームの様相を呈している。

そうこうしている間に、私のレシート番号が呼ばれたので、受け取りにカウンターへ。

フローズンスモアをキャラメリゼする店員さん。

「まだ席がないからちょっと待ってくれる?」と言うも、耳に入っていない様子で、全く無視してキャラメリゼし始める。

続いてミルクショットにミルクを注ぐ。

で、注文したのはこちら。

シュー生地にアイスクリーム

クッキーショット

フローズンスモア

私たちはなんとかハイテーブルを確保できたので、立ち食いはできたのだが、店内ではトレーを持ってうろうろと席が空くのを待つ人多数。

開業以来のこのシステム、確かに客数をとるためには良いのかもしれないが、客の立場からすると「席をとるのが先だろう」と思ってしまう。

それでもこれだけ人が入るのだから、店側としては修正すると言う考えにはならないのだろう。

『お店ファースト』とでもいうべきか、まさに『今のアメリカ』を体験できるお店かもしれない。

これ以上甘いものは食べたことがないのではないかと思うほど甘い、まさにインド人もびっくりなスイーツを食べたら、無性にコーヒーが飲みたくなり、だからと言って酸っぱいコーヒーでは、よけい胃が痛くなりそうだったので安全策を取って SOU・SOU さんへ。

ちょっとホッとするのであった。

話は変わって、今年からリニューアルしたメニューの中でも、ダントツの一番人気『本日のヴェルディプレート』。

今日から2月5日までは、このプレートとしては初の魚が登場。

白身魚とトマトの煮込み ディル風味がメイン料理になっている。

温かい一品は、先日出してからなぜか人気を博している「店主レシピによる豆とキーマの甘口カレー」を引き続きご提供。

一応、2月5日までの提供予定ですが、今日も12時30分前に売り切れとなってしまい、大変ご迷惑をおかけしました。

もしこの調子で出続けると、早めの終了となることもあるので、その際はご了承くださいませ。

また、今週の造形芸大店は、入学試験の関係もあり、火曜日は営業して水曜日に臨時休業を頂きます。

お間違いのないよう、どうぞよろしくお願いいたします。

 

日帰り東京弾丸ツアー 代官山編

2018年1月26日 

天気予報によると、今朝は雪が降っているはずだったが、とりあえず大丈夫だったので鴨川へ。

昨日の朝は積もっていた雪も、ほとんど溶けていて歩きやすかったが寒かった。

そんな今日は、午前中に取材が一本入っていたので、造形大が開店したら私は下鴨へ。

今日は、ちゃんと一眼レフで撮影してもらえた。

と、言うか、もうかなり顔なじみのカメラマンさんだったので、店のレイアウトはもちろん、概ね何でもご存じで、ぱっぱと撮ってあっと言う間に取材も終了。

今回の取材を受けた記事は、3月上旬に発売される全国誌なので、また発売されたらSNSなどでお知らせいたします。

.

さて、火曜日に日帰りで行ってきた東京で食べたものたちの中から、今夜は代官山編。

新幹線を品川で降りて、恵比寿まで山手線。

雪の影響で、ダイヤが乱れていたこともあり、ちょっと通勤時間帯は外れていたはずなのに、電車は身動きが取れない混み具合。

久し振りに東京のラッシュアワーを体験した。

で、恵比寿について、歩いて代官山まで行くことにしたのだが、その途中にあった EBISU FOOD HALL というお店にローヤルの焙煎機が見えたので近寄ってみた。

まさに東京っぽいお店ですねぇ

ピカピカの焙煎機が鎮座していたが、まだエントツが接続されていなかったので、これから稼働するのだろう。

最近、猫も杓子も自家焙煎ですねぇ・・・

けっこうヤバイかもと思っていたが、存外にスムーズに歩けて予想外に早く代官山到着。

最初の訪問先 bondolfi boncaffe` に着いたら、テーブルの上には20センチくらい雪が積もっていた。

モーニングのカルツォーネと本日のパニーノ「キアナ牛と菜の花のパニーノ」に、アメリカーノとエスプレッソとカプチーノを注文。

外は雪

パニーノは紙に包まれて出てくる。

紙をとるとこんな

カルツォーネは、チーズとろとろ♪

どうやら雪でスタッフのみなさん出勤が遅れているようで、ちょっと提供に時間がかかってものの、代官山でこの値段で食べられたら素晴らしい!

そして、前回来たときは他のスイーツを食べてしまい、ここまで到達できなかったコレを

コーンはパイ生地でサクサクしており、前に来たときはほとんどの人がこれを注文していた。

と言うことで、朝食をとったら、この店のすぐお向かいにある GLOU GLOU REEFUR へ。

以前から一度こちらのグルグルプレートを食べたいと思っていた。

グルグルプレートのミート(この日は鶏の竜田揚げ)

上から見たらこんな

ヒレカツサンド

上から見たらこんな

グルグルプレートの鍋は、ハンバーグドリア

上から見たらこんな

珈琲は、豆にこだわっているようなことが書かれていたので、とりあえず飲んでみたが、エスプレッソを薄めたのって個人的には好まないので、私にとってはあまり相性の良い味ではなかった。

昼食をとったら、ぷらぷら歩いて渋谷まで。

その途中で、前に来たときはなかったお店を発見したので、とりあえず入ってみた。

ここは、キリン午後の紅茶が、「紅茶とタルトのマリアージュ」をテーマに出したお店。

壁のランプはアイスティー

メニューには合わせるべき紅茶が書かれている

紅茶三種

マシュマロを浮かべたもの

レモンピールティーとコンフィチュール

とろ~りカマンベールと焼きりんごのタルト、付け合せがオシャレ

ブリュレも食べてみた

と、言うわけで、1時間ちょっとの間に朝食と昼食をとってしまったので、腹ごなしに渋谷まで歩こうと思っていたのに、さらにおやつまで食べてしまったので、全く腹ごなしにもならず。

ミイラとりがミイラになった、というのはこういうことなのかもしれない。

そんなわけで、明日は日記がお休み日なので、明後日は表参道編をアップします。

 

なかったことにはならなかった

2017年11月17日 

今朝は寒かった。

が、心地よい寒さだった。

さて、今回の東京は、DOMO CAFE さんへ行くことが一番大きなイベントだったとはいえ、当然私が東京へ行ったら、いろいろと食べ歩きするわけなので、この1日半の間に食べたものをとりあえず全部アップ。

今回は、12時30頃、東京に着いて、代官山からスタート

まずは、代官山のイタリアンカフェでパニーニ2種

スイーツも美味しそうだったので、つい・・・

続いて、渋谷へ行く途中のバイ ミースタンドへ

けっこう並んでいて、30分ほど待った。

バイミー

ブルーマンデー

DOMOさんで新商品のティラミスと焼き菓子を

こちらは、台湾のキャラクターとのコラボだとか

12月から販売予定の新珈琲ドリンクも

日本では飲んだことのないテイスト

その後、チーズタッカルビを出す店の中では一番人気の市場タッカルビへ。

DOMO スタッフの方が順番をとってくださった。

店員さんがチーズをいい感じに溶かしてくれる。

これはカロリー高そうです。

このチヂミがなかなか美味しかった。

翌朝は、表参道からスタート

豆乳とビネガーのドリンク

チキンとオクラのスープ

アボカドとサーモン、ビーツのソースにポーチドエッグのトースト

マカダミアンナッツのパンケーキ

続いて、バゲットにハムとマスタードのサンド

シンプルだったが美味しかった。

丸山珈琲が、最近表参道に出したお店へ

基本はプレスだが、人がいたらサイフォンも

続いて、カミさんに食べさせてあげたかったケーキ

お昼は、サラダ専門店で軽く頂いた。

野菜のポタージュ

ミネストローネ

フルーツのソーダ

この店の名前がついたサラダ

豆たっぷりのサラダ

その後虎ノ門へ

ドリップを2種。

ブレンドとスコーン

ハンドドリップのグァテマラ

続いて、虎ノ門コーヒーへ

ストレートでエチオピアを頂いてみた

 

八丁堀へ移動して、マレーカンポンへ

ナスのサンバル炒め

バナナの葉でくるんで蒸した魚のすり身

チキンの香味味噌炒め

アサリの香味味噌炒め

カオマンガイ

と、ここまで食べて・・・

〆は大黒薬局で購入したコレを

でも、今朝体重を量ってみたら、どうやら「なかったことに」はなっていなかった。

また明日からダイエット頑張ろう!

SCAJとマレーシア

2017年9月26日 

今朝は、久しぶりにウォーキングをさぼってしまった。

明日からまたちゃんと歩こう。

 

さて、今回の東京シリーズ最終回は、SCAJ(日本スペシャルティコーヒー協会)の展示会と京都へ戻る前の夕食。

朝から代官山で3食とって、祐天寺でコーヒーを頂いた後、ビッグサイトの展示会へ。

ステージの競技会などを見たり

豆の仕入れ先ブースを回ったり

カッピングをさせてもらったり

でも、ここでカッピングに出ていた豆は、全てブラジルのD農園のもの。

今回カッピングした中の1つを仕入れたので、今週中にあと2種類、先日別のカッピング&仕入れ会で購入したマイクロロットのブラジルも焙煎して、ブラジル豆だけ3種類を使ったブレンドを販売開始予定。

ご期待くださいませ。

ぷらぷらしていたら、前日も大久保で会った Good Coffee の 竹内さんにお目にかかったり。

その他、各ブースでは普段直接会う機会の少ない方々とお話できたり、親しい珈琲店の方と再会できたり、いろいろと見られて良かった。

で、京都へ戻る前に八重洲から徒歩10分ほどのところにあるマレーシア料理店 マレーカンポン へ。

アサリの香味味噌炒め

蒸し鶏ご飯

カレー風味の唐揚げ

この店は、正直知らないと入りにくい、というか、普通にマンションの入り口みたいなところから入るのだが、ドアには店名も書かれていないので、一瞬「本当にここに入って良いのだろうか?」と思ってしまうが、料理そのものはとても美味しい。

蒸し鶏ご飯は、タイのカオマンガイっぽいが、マレーシア風なのでちょっと違って、断然私好みの味。

また東京から戻る前に、立ち寄りたい一軒である。

1 / 712345...Last »

このページの先頭へ