自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. カフェ、軽食

カフェ、軽食

しばらく最後に

2021年1月12日 

朝目が覚めたら雨の音・・・

ということで、今朝のウォーキングはお休み。

そんな今日は、午前中に一つ打ち合わせがあって、お昼ごろには終わるだろうと思い、午後は滋賀方面へ行こうと思っていたのだが、思いのほか長引いてしまったので、予定を変更して城陽へ。

以前から一度行ってみたいと思っていた 珈琲処 ぼん さんへ。

店の周りには茶畑が広がる長閑なところに、ぽつんとお店が現れる。

初めてだけど懐かしい感じの店内は、ご店主の美学と言うか思いが詰まった雰囲気で、近所にあったらちょくちょく足を運びそうなお店。

棚を見たら、ホールのクローブやカルダモンなども並んでおり、メニューにはカレーもあったので、こんど機会があったら食べに来たいかも。

などと思っていたら、「ヴェルディさんですよね?」と。

マスクをしていてもバレるのか?と思ったら、顔だけでは半信半疑だったそうだが、今日は社外の方との打ち合わせのため、スーツにつけていた社章をご覧になって確信されたとか。

でも、社章のロゴを見てヴェルディだとわかるということは、ちゃんとご存じだったということ。有難いような怖いような。

まずは「まろみ」というブレンドを頂いた。

深煎りまでは行かないが、まろやかなボディがあり、ややスモーキーな風味が印象的なブレンド。

もう一杯、ブルンジのルゴリ ウォッシングステーションのものを頂いた。

ルゴリウォッシングステーションは、ブルンジ北部のンゴジ県にあり、緯度としてはキリマンジャロ山近辺と同じあたり、ブルンジの中では最も良質な産地の一つ。

ルゴリを扱っている店は、ほとんどが浅煎りで出されているので、どんな感じかと思ったが、比較的深く焙煎されており、酸味よりもボディがしっかりとした珈琲という印象だった。

聞けば、昨今のコロナ第三波や緊急事態宣言のこともあり、明日から当面の間は店内飲食をやめて、豆売りとテイクアウトだけで営業されるそうである。

知らずに行ったものの、しばらくは店内で飲めなくなるところだったので、ギリギリ間に合った。よかったよかった。

.

そして、ギリギリ間に合ったと言えば、神戸では今日から飲食店の営業を21時までにするよう知事が要請を出すことになったので、仕事の後に神戸までディナーをしに行けるのは昨夜が当面ラストチャンス!

ということで、六甲道まで行ってきた。

スープは、チキンと玉子。ブラックペッパーが効いていて、スパイスフル!

ホタテのハーブサラダ

酸味・辛味・香り、ホタテの火通り含め、昔はいつもこんなサラダを食べていたなぁと懐かしくなる一皿。

ゴーシュトサフラーニは、私がヌーラーニへ初めて行ったときに注文したカリー。

このカリーは、名前の通りゴーシュト=四つ足の肉≒マトンを使ったサフラン風味のカリーなのだが、ヌーさん以外の人が作ると、サフランが効きすぎていてい香りがしつこかったり、風味のアクセントになっているカルダモンが効きすぎていて嫌な重さがあったり。

本当に絶妙なバランスで作られているゴーシュトサフラーニには、なかなかお目にかかれない。

久し振りに、美味しいゴーシュトサフラーニを頂けた。

もう一皿は同行した娘が小さいころから好きでよく頂いていたシーフードオムライス。

アップで。

これまた美味しくて懐かしい一皿。

緊急事態宣言が出たら、20時閉店を余儀なくされるのかもしれないが、飲食店にとって20時ってまさに書き入れ時なわけで、コース料理で言えば、食前酒とオードブルだけ出しておいて、メイン料理を出す前に「はい、おしまい」と言うようなもの。

ランチなら感染しないというものでもないのに、夜の時短だけ要請するというのは、下手をすると誤った認識を流布することにもなってしまう。

もうちょっと本当に効果のある案はないのだろうか?と思っているのは私だけではないですよね。

と、思いつつ、しばらくは最後になるヌーさんのカリーを堪能した夜だった。

火曜日のハンバーガー

2020年12月8日 

今日はちょっとゆっくり寝て、朝一で病院へ。

左手の腱鞘炎が、かなり悪化しているので、取り急ぎ手術以外に方法はないか聞いてみたのだが、あとは患部へのステロイド注射ということで、それも効くかどうかは分からないらしい。

あと1週間湿布と投薬で改善しなかったら、ダメもとで注射を打ってみようということになった。

まぁ、そんなわけで、この一週間はなるべく左手をつかわずに過ごせるように、なればいいなぁ・・・

でも、それって、店が暇だということなので、それも困ったことかもしれない。

さて、病院から戻ったら、午前中に一つ仕上げなくてはならない原稿があったので、そちらを片付けてから、最近近所にできたハンバーガー店へ行ってみた。

場所は、荒神口の交差点を少し西に入った北側。

先週前を通ったとき、まだ開店していなかったが、今日はもう開いていた。

聞いてみたら、先週の土曜日にオープンだそうである。

シンプルで、今風の内装

写真には映っていないが、入り口脇にはアメリカの国旗が掲げられている。

注文は、テーブルからスマホでオーダー。

できたらテーブルナンバーで呼ばれるので、カウンターまで取りに行く形のフルセルフサービス。

メニューは、こんな感じ。金額は全て税別。

チーズバーガーを注文。

アップで。

火曜日って、よく行くバーガーカンパニーもグランドバーガーも定休日。

久し振りに、火曜日にハンバーガーを食べた気がする。

久し振りにガレット

2020年10月20日 

毎週火曜日は、普段のコースではなく朝から四条までのロングコースをウォーキング。

自宅を出たころは、まだ雲が多かったものの、四条の手前あたりまでくると晴れ間が見えてきた。

帰り道、丸太町あたりまで来ると、けっこう太陽がまぶしかった。

さて、今日は下鴨、芸大ともに定休日。

私も心置きなく休める、と言いたいところだったが、そういう日こそ普段はなかなかできない下鴨店を使っての撮影をしようと思っていたので、午前中はちょっとゆっくりして午後からカメラをもって下鴨へ。

でも、その前に出町柳に寄って久しぶりにガレットを頂いた。

バターナッツのスープ

ガレットは、自家製いわしのオイルサーディン

薄くトマトソースが塗られており、ディルの香りもよく美味しく頂いた。

久し振りのスリージェさん、昼と夜で違う店になっているが、こんどは夜のビストロにも来よう。

で、ガレットを食べたら店に行って、通販ページ用の写真撮影。

一応、現在販売している通常の豆全て撮影したものの、この後リサイズしたり、全体の色調を統一したりで、実は撮影以上に時間がかかる。

なんとか今夜のうちに浅煎りと中煎りの写真を入れ替えたので、明日は中深煎りと深煎りを入れ替えよう。

と、言いつつ、最近やっと世間も動き出した感じで、今週はネット商談や打ち合わせが4本入っている。

なんだかパソコンとにらめっこの一週間になりそうである。

クロワッサンは難しい

2020年3月12日 

今日は暖かい、というと語弊があるので、今日は寒いという感覚を持たない朝だった。

さて、一昨日からの東京行きでは、次の動画の取材も兼ねていて、ばっちり録画をさせていただいてきた。

が、その内容は動画ができてからのお楽しみ、ということで、一泊した翌朝に食べたもの。

午前中に青山で予定が入っていたので、表参道にあるカフェで「クロワッサンフレンチトースト」。

1,400円・・・

クロワッサンに、フレンチトーストのアパレイユを浸して、チーズとベーコン、バナナにシナモンをふってホイップを添えて、メープル風味のシロップをつけたもの。

でも、アパレイユを浸すといっても、ちょこっと塗る程度でないとクロワッサンの原型をとどめて焼き上げることはできないので、これをフレンチトーストと呼んでいいのかどうかは疑問。

とりあえず、食べてみたかったので、その点では満足できたが、フレンチトーストはクロワッサンでする意味がないと思った。

 

で、何となくフレンチっぽい朝食をとったが、何となく消化不良な気分だったので、岡崎の オ タン ペルデュさんでフレンチなお昼。

パテ ド アンクルートを頂いた。

このところ、けっこう寒さも和らぎ、室内より屋外の方がウイルス感染のリスクも低いようなので、テラスでいただいたのだが、なかなかいい気分であった。

ガレット!

2020年2月4日 

今日は店に出る予定はなかったので少しゆっくり寝ようと思っていたのに、体内時計は正確なもので、5時半ごろには目が覚めてしまう。

二度寝しようと再び目を閉じたものの、今日やらねばならないことのリストが頭の中を走馬灯のように回りだし、結局6時過ぎには起きてリビングでパソコンを開けてしまった。

ので、ウォーキングはサボり。

 

下鴨の開店時間を待って、書類などを届けた後、造形大店の買い物があったのでヨドバシへ。

メニュー用のプリント用紙やインクなどを購入してから、ちょっと出来心で超久しぶりに「写るんです」なんてものを買ってしまった。

その後、造形芸大店へ行って、次の動画用の素材撮影。

焙煎による豆の色の変化が分かるように並べて撮影していたら、先生や職員の方たちがやってきて「へぇ~」なんて言いながら写真を撮ていかれたり。

この豆の撮影で2時間ほど使ってしまったので、けっこう時間がおしてしまい、一瞬間に合わないかと思ったが、今日は何としても行こうと思っていたので超急いで出町柳へ。

 

私が大好きなビストロの一つ、ビストロ スリージェ さんが、2月から平日のランチタイムのみ「クレープリー スリージェ」として営業されることになった。

以前、静市でマダムのお嬢さんがされていたガレットとクレープのお店、場所的にもなかなか伺えなかったのが残念だったが、こんどは行こうと思えばいつでも!という立地なので、ふらっとガレットを食べに伺えるのが嬉しい。

今回はランチメニューを頂いた。

人参のポタージュ

ガレットは、マッシュルームのソテにチーズとたまご

クレープは、アーモンドと塩キャラメル

紅茶で〆

日本では、なかなかガレットをこうして専門で出しているお店は少ないが、個人的には気軽にガレットが食べられるお店が近所にあったらとても嬉しい。

クレープも1枚の中で歯触りのコントラストが楽しめて、また静市のときから好きだった塩キャラメルが再び食べられて幸せなひとときであった。

月曜から金曜の11:30~15:00はクレープリー

土日のランチと平日の夜(木曜のディナーはお休み)はビストロとして営業されることになり、楽しみ方も2倍になったスリージェさん。

足を運ぶ機会が増えそうである。

銀ブラ

2020年1月27日 

今朝、6時前後は曇り空だったが、8時を回ったあたりから雨が降り始めた京都。

そんな雨粒が落ち始めた頃に私は一路東京へ。

お取引先との打ち合わせや商談が入っていたので、日帰りで東上することに。

午前中に一つ予定を済ませたら、次は午後2時に有楽町だったので、昼は久々に東銀座のナイルレストランへ行こうかと思ったが、電車に乗りながら何となくインド以外のアジアンテイストがいいなぁ、と、思い始めて、八丁堀のマレーカンポンへ行くことにした。

ランチメニューのナシレマを頂いた。

34種類目にして一期一会カリーのネタも乏しくなってきたので、いろいろ吸収しなくてはです。

らんちをとったら、そのまま有楽町に向かって銀座をブラブラ。

キャノンギャラリーで写真展を見て、ショールームでカメラをさわっていたら、あっという間に午後1時。

キャノンのショールームから徒歩1分のところにスターバックスリザーブがあったので入ってみた。

 

コーヒーは、エチオピアのナチュラルをドリップで注文。

これがそのドリップマシン。

一緒にチョコレートのタルトも頂いた。

コーヒーが税込で一杯1,012円、タルトが715円なので、さっきのランチ2食でも足りないなぁ・・・と思いつつ、スターバックスができるクオリティの上限を見せてもらえたので良しとしよう。

と、納得させてみた。

エチオピアとタルトを頂いたら、そろそろ打ち合わせの時間だったので、少し急いで有楽町へ。

久しぶりに銀座をブラブラ歩いて、なかなか楽しいひと時だった。

このページの先頭へ