自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. カフェ、軽食

カフェ、軽食

カフェとカレーと

2019年5月16日 

今日は朝からけっこう暑くなりそうな気配。

朝の陽ざしがだんだん痛くなってきた。

 

さて、一昨日に東京へ入り、昨日の朝は新宿で用事があったので、新宿三丁目近辺で人気の珈琲店「4/4 (all season) coffee」さんへ。

店内には小型焙煎機もあり、ここで焙煎されているようなのだが、どうもサイクロンや硝煙装置が見当たらない。

新宿のど真ん中で、小型とは言え大丈夫なのだろうか?とちょっと思ってしまったが、もしかしたら壁の中に硝煙装置が埋め込まれているのかもしれない。

店内を見渡して、そんなことを考えてしまうのはやはり職業病でしょうねぇ・・・

レジカウンターの横でハンドドリップをしてくれる。

3~4種類ある豆から選べるので、私はルワンダをチョイス。

目の覚めるような酸味を強調した焙煎であった。

ほんの30分ほどだったが、外人さんを中心に次々とお客様が入ってきて、満席になったので私は退散。

その後、神田で用事を済ませた後、ネットで調べて小川町のカレー屋さんへ。

歩くこと10分少々、ビルの2階にあるお店は、この前行った荻窪の吉田カレーを思い起こさせる。

でも、ちゃんと看板も出ているし、営業中でもシャッターが半分閉まっている吉田カレーよりは商売っ気がある様子。

ご亭主はちょっと怖い人かと思ったが、吉田カレーよりは怖くない店だった。(と言うか、全然怖くなかった)

カレーは3種類ある中から、2種類選んで合い掛けにするような感じ。

私は、オーソドックスにチキンカレーと豆のカレーをチョイス。

とてもマイルドで、誰彼かまわず食べやすいカレーではないかと思った。

ターゲットが広い分、ネットでの評価も高いのであろう。

店内が狭いこともあり、けっこう並んで皆さん食べていて、私はギリギリ並ばずに済んでラッキーだった。

 

そんなわけで、カレーを食べたら、神田明神まで歩いて行って、レトロな喫茶店で食後の珈琲を飲んだのだが、そのお話はまた明日。

 

週に2回の

2019年4月28日 

今朝はけっこう寒くて、手袋無しで歩いていたらちょっと手がかじかんでしまった。

この週末は造形芸大のオープンキャンパスということで、朝から忙しくなるかと思っていたのだが、二日間開催のため分散したのか、あるいは10連休なので皆さんどこかへ行ってしまったのか、いつものオープンキャンパス開催時よりは穏やかな店内。

そういえば、昨日のディズニーリゾートはガラガラで人気アトラクションでも30分以下の待ち時間だったとか。

まぁ、あまりにも連休が大型だといろんな部分が予測不可能ってことなのでしょう。

 

さて、私は現在真剣にダイエットモードなので、朝夕はバナナヨーグルトにナッツを入れて食べるだけ、昼は野菜ジュースとちょこっと何かを食べるという生活の中、週に2回は夜に好きなものを食べることにしている。

で、昨日はカレーを食べに行こうかと思ったが、末娘が「お好み焼き食べたい」と言うものだから、北山の「ここ家」さんへ。

ところが混んでいて席がなかったので、そのまま北上してこれまた久々のバーガーカンパニーさんへ伺った。

飲物は、いつもコレ、インカコーラ

ここへ来たら、私はいつも「アボカドワサビバーガー」なのだが、今回はちょっと奮発してダブルチーズバーガーを食べてみた。

やはりバーカンは美味しいですねぇ。

これで、この後のGW営業も頑張れます。

では、皆さん良い連休をお過ごしください。

 

京都マラソン

2019年2月17日 

今日は京都マラソンの開催日。

まだ薄暗い中鴨川へ出たら、荒神橋のたもとにはこんなものが積まれていた。

今朝もけっこう寒かったが、歩いているうちにだんだんと明るくなってきて、出町柳に来た頃にはすっかり明るくなっていた。

この明るさだとすれ違う人の顔もしっかり見えてしまうので、もう寝ぐせをなおさずに出られない時期になったなぁと実感。

まぁ、それは良いとして、今朝は鴨川沿いに簡易フェンスが張られている。

そして、今出川の橋あたりにはテントがたってマラソンの準備もしっかりできている感じ。

歩きながら、ふと足元を見ると、こんなのが地面に貼られていた。

でも、ランナーはこんなの見やしないと思うのだが・・・

ともかく、今日はマラソンのため京都市内の中心部は完全に交通網がマヒする一日。

そうなると営業的には非常に困ったことになるもので、卒展開催中の造形芸大店は良いとして、下鴨の本店はまさに陸の孤島状態に陥り日曜日としてみるとどうしてもお客様は少なくなってしまう。

楽しみにしている方には申し訳ないが、やはり京都マラソンは営業的に見ると有難くないイベントである。

 

一方、造形芸大店は卒展最終日ということもあり、お昼過ぎから閉店間際まで、いっとき空席が出ることはあったが概ね満席で回り続け、なかなか慌ただしい一日であった。

そんなこんなで閉店して片づけを終えたら、どうしてもスパイス摂取がしたくなったので、白梅町へびゅーん。

まずはセットのサラダ

今日は、なんか難しいカリーではなくて、単純明快にトマトベースの俗にいうマサラ系カリーをナンと一緒に食べたかった。

私がナンを食べたいと思うなんて、ものすごく久しぶりなのだが、たまに食べるとやはりナンも美味しいですねぇ。

たまには、こういうド真ん中のカリーも良いものだと再認識した。

チャイで〆

こういうオーソドックスなものもいいですねぇ。

ただ今本気のダイエットモードなので、そんなに頻繁にカリーは食べられないが、たまには食べねばですね。

日帰り東京

2019年2月12日 

  1. 今朝もわりと寒かったが、ウルトラライトダウンを着ていると、歩くにつれ身体はポカポカしてくるのに鼻と耳は寒いという状態。

今朝は南東方面の雲が切れていたので、少し明るかった。

 

さて、今日は造形芸大店長の今西と日帰り東京出張。

4月からいろいろと造形芸大店のことを変えていこうと思っているのだが、そのために是非聞いておきたいセミナーがあったので、意識の統一を図るために二人で参加した。

お昼前の新幹線で品川まで行って、山手線に乗り換え渋谷へ。

前回今西と東上した折、本当だったらいこうと思っていたのに、お腹いっぱいで寄れなかった BUY ME STANDへ。

定番のアップルチークス

こちらは初めて食べたマッシュルームアイ

ここのサンドイッチは綿密に計算されたレシピという感じで、店の外観や働いている人の風貌とのギャップが面白い。

 

食事をとったら、ヒカリエに行ってコーヒーを飲むことに。

何年か前に清澄白河の焙煎所兼ショップで飲んだことがあったので久しぶり。

所謂サードウェーブ系のコーヒーだが、以前より酸っぱさが穏やかになっていた印象。

東京のコーヒーのトレンドも、少し変わりつつあるのだろうか?

今度は久しぶりにコーヒーの飲み歩きもしてみなくては。

 

コーヒーを飲んだら、セミナー会場のある赤坂見附へ向かったのだが、そこで入った珈琲店では、久しぶりに「昔はこんな店が多かったな」と、ノスタルジーに浸れるお店との出会いがあった。

その内容は、また木曜日以降に。

スイーツもいいですねぇ

2019年2月5日 

今日はお昼過ぎから所用で出かけて、帰宅したら夜にカミさんと映画を見に行ったは。

自宅近くのバス停からバスに乗って河原町三条で降りるはずだったが、今日はなぜかバスがやたらすいていて、普段だと市役所前のバス停を出たら、すぐに誰かによって降車のボタンが押されるのに河原町御池を通過しようとしていいるのに降車ランプが点灯しない。

もしかしたら、これは自分が押さないとヤバイのか?と思いつつ、そういえばこの降車ボタンを押すのは恐らく20年ぶりくらいだなぁ・・・と、ちょっと喜びながらカミさんに「今日は誰も降車ボタン押さないね、私がおさなきゃかな?」と言ったら、「押したらええやん」とカミさんにボタンを押されてしまった。

20年ぶりくらいに押せるチャンスだったのに、この調子だと私は一生この降車ボタンを押せないかもしれない。

言わなきゃよかった・・・

 

さて、先日の東京出張では、カレー以外にスイーツも食べていたのだが、そちらを今日はアップ。

まず、二日目の朝は渋谷のカフェ「人間関係」でスコーンのモーニング。

「人間関係」って店名、すごいなぁと思ったが、横文字の店名を訳してみたらけっこうすごい店も多いので、まぁそんなものでしょう。

いろいろな種類のスコーンがならぶ

種類が多くて悩んでしまうが・・・

スコーンは1個120円、珈琲が230円なので、これだけ食べて470円というなかなかの安さ。

 

渋谷で朝食をとったら、新大久保へ向かい、CAFE DOMO さんへ。

現在、台湾のショコラを売り出し中!

珈琲とショコラ3種を頂くことにした。

このショコラがなかなか美味しくて、つい二つほど購入してしまった。

珈琲は浅煎りの台湾 FIKAFIKA によるDOMOブレンド。

 

この後、神保町へ行って、共栄堂とペルソナでカレーを食べた後、銀座でスイーツを頂くことに。

まずは、エスキス サンクへ。

珈琲とキャラメルのタルト

甘さ控えめで美味しかった♪

さすが星付きレストランのスイーツ部門、とてもバランスよく美味しいケーキだったが、残念ながら珈琲は個人的嗜好では私が最も嫌いな、エスプレッソを薄めたやつ、俗にいうアメリカーノだったので、もう一軒絶対安全なお店へ。

 

夕食の予約を入れていたカーンケバブビリヤニへ移動する途中にある紅茶店、マリアージュフレールへ。

サヴァランに合わせるお茶は、コロンビア産のものをチョイスしてみた。

お茶とお菓子で、ちょっといい店でランチできるほどの価格ではあるが、全くタイプの違う2軒でひと時を過ごすと、目に飛び込んでくる光景、隣接のテーブルでの会話、食器からサービス、ケーキの絵面までいろいろと面白かった。

神田で珈琲

2019年1月31日 

造形芸大の入試に伴う入構禁止により、30日は昼までの営業、31日は臨時休業になったので、ちょうど聞きたいと思っていた東京開催のセミナー参加とあわせて30日〜31日東京へ出張することに。

 

一昨年パプア・ニューギニアへご一緒した酒井さんと言う方が、帰国後知り合ったパプア・ニューギニア豆専門の珈琲店オーナーから店を引きついで独立を考えていると連絡をもらったので、パプア豆専門の珈琲店というのを見てみたくて、東京到着後すぐに神田へ向かった。

 

で、酒井さんは12時から店に入るとのことだったので、出勤前にちょっとお話しがてら彼女が行ってみたいと言う神田のレトロな珈琲店へ行ってみた。

普通の喫茶店かと思ったら、かなりな種類のストレート豆が並んでいる。

恐らく開業当初は、最先端の珈琲店だったのだろう。

こういうディスプレイ、年輪を重ねた重厚感が何ともカッコいい。

各テーブルには灰皿があって、時代を感じる。

こちらの名物、のりトースト!

のりトーストの説明もしっかり書かれている。

もちろん、のりトーストを注文。

せっかくなのでドーナツも。

ドーナツは、スーパーで10個くらい袋に入っているようなもなに、砂糖をかけてマーガリンをつけたもの。

こういう一手間が素敵🎵

 

レトロな喫茶店をでたら、目的のお店、ファーマーズカフェさんへ。

コンパクトで可愛くお洒落なお店。

こちらのオーナーの後藤さんは、ボランティア関係のお仕事でパプア・ニューギニアにお住まいになった関係から、豆を輸入して珈琲店を開業された。

お話を伺ううち、後藤さんの魅力に吸い寄せられるような感覚を覚え、酒井さんがこちらのお店を引き継ごうと思った心境も分かる気がした。

パプア東部のミリンベイ産珈琲や、私たちも行ったゴロカ地区の珈琲が扱われている。

今回はミリンベイの珈琲を頂いたが、しっかりとしたコクとクセのない口当たりに、あとからふんわりと甘みが感じられるオーソドックスな中にも味わい深い珈琲であった。

ちょっと時間ができた時、ふらっと立ち寄りたい一軒。

オーナーのお人柄か、とてもいい空気感のあるお店であった。

1 / 1112345...10...Last »

このページの先頭へ