自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. カフェ、軽食

カフェ、軽食

休日

2020年1月14日 

今日は下鴨は祝日営業の振り替えでお休み、造形芸大店は定休日だったので、ちょっと店へ行って事務作業をする程度で基本私も終日お休み。

そんなわけで、いつもより少しゆっくり7時まで寝て、NHKのおはようにっぽんが終わるまでニュースを見てから少し洗濯などして下鴨店へ。

小一時間ほどで用事を済ませて、先日来行こうと思っていたカフェへ。

このプレート、ネットで写真を見た時はカレーかと思って食べに行ったら、ひよこ豆のシチューだった。

でも、辛さはないし少しインド料理のスパイス使いとは違うが、けっこういい感じのスパイス感だった。

コーヒーも、このお店を紹介しているSNSの写真を見たら、サイクロン(焙煎機に付帯する集塵機)が写っていたので、てっきり自家焙煎かと思ったら、今は郊外にある自家焙煎店から豆を仕入れているらしい。

「今は」と言われたので、以前は自家焙煎していたのかも。

そんなわけで、ちょっと勘違いして行ってみたわけだが、いろいろと参考になることも多かった。

 

その後、もう2軒ほど喫茶店を回って、いい感じでお腹がたぽたぽになったので、ちょっと静かにしたくて映画を1本見ることに。

今朝、NHKのおはようにっぽんで監督のインタビューが流れており、カンヌ映画祭の金獅子賞を取ったということだったので、ちょっと見てみようかと。

見終えてから、いろいろと疑問が出てきたので少しネットで調べてみて、この映画は事前に韓国社会のいろいろなことを予備知識として持っていたら、もっとのめりこめたかもしれないと思った。

もし同じテーマを取り上げたとしても、日本人が監督をしていたら、こんな風にはならなかったと思うのだが、ある意味強烈な映画だった。

 

そんなこんなで、最近なんとなく仕事のための勉強ということもあって、けっこうカフェをめぐることが多く、胃袋は一つしか持っていないため、自分が本当に食べたい(仕事上行きたい店と、個人的に食べたい店はちょっと違う)店になかなか行けないのが困ったもの。

先日、本当だったら早めに仕事を切り上げてカフェへ行こうと思っていたところが、存外に夕方までバタバタして行きたいお店の営業時間中に抜けられなかったので、これがチャンスと娘を誘って今年の中華食べ初め。

豆腐とピータンのサラダ

上海風焼きそば

げんこつ

今年も、チャンスがあればちょくちょく七福家さんのお世話になりたいと思っている。

ロケハン

2020年1月12日 

ちょっと寒さも和らいだ感じの朝、昨日は月がきれいだったが今朝は空一面雲に覆われているようで、月も全く見えなかった。

さて、実は先日あるフリーペーパーの編集者から依頼があって、お店の紹介をしなくてはならなくなった。

何軒か取材候補を挙げてほしいと言われたのだが、しばらく行っていない状態で紹介するわけにもいかないので、時間を見つけてはロケハンというかお店訪問というか、とりあえず確認のために紹介する予定のお店を回っていたりする。

 

まずは、自家焙煎珈琲店だが、けっこうカレーメニューが豊富な、なんだか自分の店みたいなコンセプトのお店へ。

珈琲は全般に深めの焙煎で、瓶に入れられて棚に並んでいる。

近江牛のカレー、ごはん少な目と注文したので、少し見た目に貧弱だが、なかなかスパイシーでおいしくいただいた。

珈琲はハンドドリップで丁寧に抽出される。

深煎りのイエメン、モカ・マタリ。

 

そのままその店のご近所にある昔ながらの喫茶店で、こちらも自家焙煎というマンデリンを頂いた。

大倉陶園の食器で提供される。

個人的には、ちょっと酸味が強く感じたが、年配のマスターがサイフォンで一杯ずついれてくれて、懐かしい喫茶店という感じ。

 

こんどは、もうちょっと南の方へ行って、オーナーの世界観がよく表現されているお店へ。

こちらは同系列のお店何軒か分の豆を焼いている様子。

中煎りといわれたが、十分中深煎りの域と思われるグァテマラ。

たまには、ほかの喫茶店へ行ってみるのも勉強になっていいなぁ、と思いながらお店回りをした。

キリン

2019年12月30日 

明日から年末年始は休みなく突き進むので、今日が当面最後のお休み。

そんなわけで、今日は早起きして名古屋へモーニングを食べに行くことにした。

ちょうど雨も降っていたので、今朝のウォーキングはお休み。

で、8時ごろに自宅を出て、10時前に名古屋の星ヶ丘というあたりに到着。

ちょっと見てみたかったので、三越星ヶ丘店の食品売り場を見てから、隣接する星ヶ丘テラスにあるチョコレート屋さんでショコラ ショを頂く。

ショコラショは2種類あって、コロンビア産のカカオ56%のものと、ちょっと国名忘れたが66%のもの。

両方頂いてみた。

最近、上陸系のショコラ屋さんへ行くと、やたら酸っぱいショコラショを飲まさせられることがあり、ちょっと閉口することがあるのだが、これは両方とも美味しかった。

 

ショコラショで一息ついたら、目的のモーニング。

車で走っていたら、こんな店が目に入った。

本当は、もっとベタな名古屋モーニングと思っていたのだが、予定変更でキリン珈琲へ。

壁にもキリンの絵がかかれている。

ロールケーキとバリ神山

モーニングセットの「つけカレー」とブレンド

キーマカレーにトーストを浸して食べるという趣旨のようで、トーストにカレーをのせて頂いたが、なかなか丁寧に作られているのが分かり、思いのほか美味しく食べられた。

珈琲は、浅煎りから深煎りまで6~7種類あり、最浅煎りがエチオピア・イルガチェフで、グァテマラやブラジル、コロンビア、マンデリンなどが続く。

自家焙煎かと思って聞いてみたが仕入れだそうで、仕入れで何種類もの珈琲を揃えているのはすごいなぁ、と思った。

 

そんなわけで、明日から3日までは下鴨のカンターに立っております。

4日は造形芸大店で焙煎機の解体メンテナンスと料理の仕込みをして、5日からは造形芸大で皆様に珈琲をおいれします。

年末年始も、ヴェルディでぜひ珈琲をお楽しみくださいませ。

豆は豆でも・・・

2019年9月6日 

今朝は日が昇ると同時にけっこう暑くなってきた。

朝、鴨川を歩くとき、今の時期だとだいたい下は黒いジャージで上は白い半そでジャージを着ているのだが、今朝はその白い半そでではなくストライプのTシャツを着て歩いていたら、毎朝すれ違う時に挨拶する私の母世代の奥さんから「あれ、今日は衣装が違うわね」と言われた。

う~ん、「衣装」か?と、ちょっと面白かった。

撮影ポイントから川の西側を南下していたら、けっこう近いところにアオサギがいたので写真でも撮ろうかと近付いたら飛んで行ってしまった。

以前、出町柳の橋のたもとにいたアオサギは50センチくらいの距離を歩いているのに全く逃げる雰囲気もなかったのだが、まぁ、野鳥は普通近寄ったら飛ぶわなぁ。

 

さて、話は変わって、このところ立て続けに豆を卸してほしいというご連絡を頂き、数名のカフェ開業予定の方とお話をしたのだが、うちお一人は丁寧にお断りのメールが届き、もうお一人は何の連絡もないまま。

そして、今日は夕方からもう一組のご夫婦とお話をさせて頂き、今後の段取りなどをお打ち合わせ。

そんな中、今日はお取引を開始して初めての納品に伺ったお店が一軒。

こちらのお店は、Verdi がお取引きさせて頂いているお肉屋さんのご紹介だったのだが、京都は狭いもので、オーナーさんは娘たちが通っていた幼稚園で、長女の一つ年上のお嬢さんのお母さま。

しかも、うちの娘をバレエに誘ってくれたのが、その方だったので、卒園後もちょくちょくお目にかかっていたのだが、ずいぶん遠回りをして仕事でもお取引をすることになった。

せっかくだったので、そのお店、「ごはんやオードリー」さんでランチを頂くことに。

本日の日替わりプレートランチA(Bはお魚)=チキンステーキ。

京大北部キャンパス正門のすぐ東にあるアットホームなお店で、職場の近所にあったらけっこうな頻度で通いそうな気がする。マダムも美人だし~♪

そんなわけで、今日は豆を2種類納品したのだが、その豆とは、ブラジルでもコロンビアでもなく・・・

ひよこ豆とレッドロビア・・・

間もなくスパイスのオーダーも入るようなのだが、一応 Verdi は珈琲屋なので、豆と言えば珈琲豆を商材としているのだけど、まぁ、その他の豆やスパイスを卸してもいいか。

ってことで、これからは多角経営(ってほど多角ではないけど)で頑張って行こう。

 

で、全く関係ないけど、先日発売された 京阪神エルマガジン社のMOOK 「おとなの京都本」に造形芸大店が掲載されています。

よろしければご購入の上、ご覧くださいませ。

カフェとカレーと

2019年5月16日 

今日は朝からけっこう暑くなりそうな気配。

朝の陽ざしがだんだん痛くなってきた。

 

さて、一昨日に東京へ入り、昨日の朝は新宿で用事があったので、新宿三丁目近辺で人気の珈琲店「4/4 (all season) coffee」さんへ。

店内には小型焙煎機もあり、ここで焙煎されているようなのだが、どうもサイクロンや硝煙装置が見当たらない。

新宿のど真ん中で、小型とは言え大丈夫なのだろうか?とちょっと思ってしまったが、もしかしたら壁の中に硝煙装置が埋め込まれているのかもしれない。

店内を見渡して、そんなことを考えてしまうのはやはり職業病でしょうねぇ・・・

レジカウンターの横でハンドドリップをしてくれる。

3~4種類ある豆から選べるので、私はルワンダをチョイス。

目の覚めるような酸味を強調した焙煎であった。

ほんの30分ほどだったが、外人さんを中心に次々とお客様が入ってきて、満席になったので私は退散。

その後、神田で用事を済ませた後、ネットで調べて小川町のカレー屋さんへ。

歩くこと10分少々、ビルの2階にあるお店は、この前行った荻窪の吉田カレーを思い起こさせる。

でも、ちゃんと看板も出ているし、営業中でもシャッターが半分閉まっている吉田カレーよりは商売っ気がある様子。

ご亭主はちょっと怖い人かと思ったが、吉田カレーよりは怖くない店だった。(と言うか、全然怖くなかった)

カレーは3種類ある中から、2種類選んで合い掛けにするような感じ。

私は、オーソドックスにチキンカレーと豆のカレーをチョイス。

とてもマイルドで、誰彼かまわず食べやすいカレーではないかと思った。

ターゲットが広い分、ネットでの評価も高いのであろう。

店内が狭いこともあり、けっこう並んで皆さん食べていて、私はギリギリ並ばずに済んでラッキーだった。

 

そんなわけで、カレーを食べたら、神田明神まで歩いて行って、レトロな喫茶店で食後の珈琲を飲んだのだが、そのお話はまた明日。

 

週に2回の

2019年4月28日 

今朝はけっこう寒くて、手袋無しで歩いていたらちょっと手がかじかんでしまった。

この週末は造形芸大のオープンキャンパスということで、朝から忙しくなるかと思っていたのだが、二日間開催のため分散したのか、あるいは10連休なので皆さんどこかへ行ってしまったのか、いつものオープンキャンパス開催時よりは穏やかな店内。

そういえば、昨日のディズニーリゾートはガラガラで人気アトラクションでも30分以下の待ち時間だったとか。

まぁ、あまりにも連休が大型だといろんな部分が予測不可能ってことなのでしょう。

 

さて、私は現在真剣にダイエットモードなので、朝夕はバナナヨーグルトにナッツを入れて食べるだけ、昼は野菜ジュースとちょこっと何かを食べるという生活の中、週に2回は夜に好きなものを食べることにしている。

で、昨日はカレーを食べに行こうかと思ったが、末娘が「お好み焼き食べたい」と言うものだから、北山の「ここ家」さんへ。

ところが混んでいて席がなかったので、そのまま北上してこれまた久々のバーガーカンパニーさんへ伺った。

飲物は、いつもコレ、インカコーラ

ここへ来たら、私はいつも「アボカドワサビバーガー」なのだが、今回はちょっと奮発してダブルチーズバーガーを食べてみた。

やはりバーカンは美味しいですねぇ。

これで、この後のGW営業も頑張れます。

では、皆さん良い連休をお過ごしください。

 

このページの先頭へ