自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. カフェ、軽食

カフェ、軽食

四条近辺をぷらぷらと

2018年11月20日 

今朝はちょっとゆっくりして、娘たちが学校へ出て行ったあたりから洗濯をスタート。

洗濯指数が高そうだったので夏物の服を全部洗って、私の衣替えはなんとか終了。

ついでに、この春~夏に着なかった服を何枚か捨ててみた。

でも、けっこう着回しが効くので昨年の冬も重宝していたシャツが1枚どうしても出てこない、どこにしまったか間違えて春の時点で捨てる袋に入れてしまったか。

まぁ、そんなに高価なものではなかったのと、デザイン的にもありふれているものなので(だから着回しが効くのだが)すぐに同じようなものは購入できるのだが、なんか探しているものが出てこないとちょっと気になってしまう。

あと1週間探してみて出てこなかったら同じようなものを購入しよう。

 

さて、今日は洗濯物をバルコニーに干したら、ちょっと四条烏丸方面へ。

ちょっと時間が遅かったので、通し営業の AUX BACCHANALES でランチ。

私と同年代から上の世代の女性でけっこうな賑わいであった。

烏丸近辺で、そのくらいの年齢層の女性がゆっくりできるお店って、あまり多くないのかもしれない。

 

食事の後は、珈琲屋を何軒か。

まずは、ドトールの高級業態『神乃珈琲』へ。

店に着いたら3組並んでいたので、実はものすごい人気店か?と思っていたら、単に1階だけで営業していて2階を閉めていた様子。

20分ほど待って2階に案内されたら、私たちだけだった。

ウェイティングがかかっているのを見て、けっこう帰ってしまった人もいたので、飲食店を経営している者の目線で見たら、ちょっともったいなもったいないなぁ・・・と。

珈琲はブレンドが2種。

一つはグァテマラのゲイシャをブレンドしたもので、もう一つはエルサスバドルのティピカをブレンドしたもの。

自家焙煎店目線で見ると、なかなか微妙な線を突いてくる。

プリンとホットケーキも食べてみた。

サイフォンで淹れる珈琲1杯が税抜で700円という値段設定なので、店内の客層は年齢層高め。

その後、店頭で立って飲む形式のお店2軒を回り、最後はなんとなくプリンの食べ比べをしたくて、高辻の高木珈琲店へ。

こういうクラシカルなプリン、けっこう好き。

そんなわけで、今日はちょっと四条あたりをぷらぷらしてみた。

たまには、京都の珈琲店めぐりも面白いなぁと思った。

和歌山と映画

2018年11月6日 

造形芸大店の店長が、和歌山にある『根来寺へ行きたい』と言うので、今日は朝から私と店長の今西、そして造形芸大社員の太田の3人で和歌山県の岩出市へ行ってみた。

ウソ、目的は根来寺観光ではなく、別件だったのだが、和歌山へ行くなら立ち寄りたいという希望にこたえて行ってみた。

なかなか風光明媚

国宝の大塔

二人は何かを祈っていた。

奥の方まで散策

鉄砲で空いたと思しき穴

朝の京都は雨模様だったが、根来寺に着いたら青空が広がっていて、少し歩くと汗ばむ陽気。

こんな機会でもないと来ることがなかったので、ある意味良かった。

そして、ランチは岩出で一番人気というカフェ「フェイバリットコーヒー」さんへ。

なかなかすごいところにある。

お洒落なカフェ

私はハンバーガー(写真のもの)今西は少しボリュームを抑えたチーズバーガーを注文。

太田は、オムライスを注文。

なかなかのボリュームであった。

こちらは小型焙煎機で自家焙煎をされているので、食後はコーヒーを飲んでみた。

このカップ、なかなか飲みやすい形状。

コーヒーの方は、かなり軽くあっさりと飲める焙煎であった。

 

食事を終えたら、今回和歌山へ来た本当の目的地へ。

その内容については、またこんどしっかりとお伝えします。

その目的地から高速道路へ行く途中にあったお店。

「京風もんじゃ焼」って、そんなのあるのか?と京都市民なら誰でも思うのではないだろうか。

多分、他府県では「京風」というのがウケるのだろう。

そんなわけで、朝の8時に出発して、夕方の6時には京都に戻るという弾丸ツアーだったが、無事目的も果たせて充実した一日であった。

が、せっかくの休みの日に半分観光もしつつだったが仕事をしてしまったので、もうちょっと何かしないともったいないと思い、映画を見に行くことにした。

通常私はマーヴェルものを見ないのだが、これはちょっと見てみたかったので。

わりと面白かった。

やさしいカレー

2018年10月26日 

今朝も涼しいというより寒い朝だった。

だんだん日の出前にウォーキングが終わる時期になってきたなぁ・・・

 

さて、先日大阪でフード関係の展示会が開催されていたので見に行ってきた。

大阪の展示会は、お取引先が出ているときなど招待券をもらって見に行くのだが、行くだけ時間の無駄ということも多い中、今回はいろいろと今後に活かせそうなこともあった。

そして、開場を後にして、昼食をとっていなかったので、そのまま谷町四丁目へ行き、久しぶりに『森のらくだ』さんで豆と野菜のカレーを頂くことにした。

こちらのオーナーさんは、私が講師をしていた朝日カルチャーの講座にも出席して下さって、ともかく勉強熱心な方なのだが、なんとなく彼女が発する波長が心地よいというか、このお店にいるとすごく落ち着くのである。

恐らく、通っている常連さんもそう感じて訪れているのではないかと思う。

森のらくださんは、カレー店ではなく本来は紅茶と手作りお菓子のお店、カレーとスイーツのセットを頂いた。

イチジクのロールケーキは、食感もよくイチジクが主張しすぎず、でもしっかり味わいがあってとても美味しく頂いた。

普段はコーヒーを飲むことの方が多い中、こうしてちゃんとしたミルクティーを頂くのもいいものですねぇ。

日々時間に追われて仕事をする中、ひと時ホッとする空間に身を置いてリフレッシュできた。

 

で、全然関係ないが、今日の配達中に見つけたカマキリ。

なかなか威風堂々としていました。

久しぶりにDOMOさんとカンポン

2018年10月25日 

  • 今日は早めに出勤したかったので、いつもより5分ほど早く鴨川へ。

この時間帯の5分は、全く目に入る光景が変わってくるから面白い。

ほんのりピンクになった東の空に大文字山の稜線が美しい。

荒神橋まで行くと、鴨川もうっすらとピンクに染まっていて、なんとなく幻想的な世界が広がっていた。

 

さて、荻窪でカレーを食べたら再び中野坂上に戻り、そのあとは時間ができたので久しぶりのDOMOさんへ。

新宿まで地下鉄で行って、そこから新大久保まで腹ごなしに歩いて行くことにした。

こちらのお店、行くごとにお客様が増えているような気がする。

今回も、若い女性で満席になっている店内、私はカウンターに座って、James さん焙煎のエチオピア・グジ・ナチュラルを頂いた。

珈琲を抽出する新人スタッフの方。

せっかくだったので、今のオススメというコーヒーゼリードリンクも頂くことにした。

なかなか甘くておいしかった。

新大久保を後にしたら、銀座へ移動して25日(今日)発売になるキヤノンのフルサイズミラーレスを触りにキヤノンショールームへ。

いやぁ~、こういうのって触ってしまうと欲しくなりますねぇ。

それに、24mm~70mmのF2って!

広角域でもすごい狭いピントの幅で、たったF値0.8の違いなのに「なんじゃこりゃ?」という感じ。

正直、標準ズームにしては大きくて重すぎるので、このスペックだからといって欲しいか?と言われたら、F2.8で十分ではあるが、ヨドバシには24~105mmF4しかなかったので、実際に触れて面白かった。

それ以外でも、オートバウンスのストロボとか、やはりショールームに行くと楽しいものである。

 

で、そろそろ日も暮れてきたので、夕食をとるため銀座を後に。

八重洲へ向かう途中にあるインド料理カイバルへ!

ではなく、今回は久しぶりに八丁堀のマレーカンポンへ行ってみることにした。

こちらは、料理人がちょくちょく変わるのだが、作る人によって全然味が違うので、今日は『当たり』でありますように、と願いを込めて階段を上がる。

最初に出てきた『空心菜のブラチャン炒め』が、なかなか美味しかったので、今日は当たり!ってことでガンガンオーダーしてしまった。

空心菜のブラチャン炒め

前々回来た時に衝撃の美味しさだった『甘香あさり』、前回は「なんじゃこれ?」と思ったが今回はとても美味しかった!

そして、オススメということだった『イカンゴレンハリア』は、白身魚の料理なのだが、見た目の濃さとは裏腹に、生姜たっぷりのソースがいい感じで、このソースをご飯にかけて食べたくなる美味しさ。

こちらは必食のマレーシアチキンライス

これを食べてしまったら、そのへんでカオマンガイって食べられなくなりますねぇ。(当たりの料理人が作ったとき限定ですが)

〆は『コンミーロー』醤油風味の焼きそばにココナツミルク風味のカレーソースをかけて食べるもの。

私の悪いクセで、美味しいとついつい注文しすぎてしまい、本当はデザートも食べたかったのだが結局ここではデザートを注文できなかった。

でも、実は別の店でデザートを食べてしまった。

これまた私の悪いクセですねぇ・・・

 

そんなわけで、今回も収穫の多い(何を収穫したかは内緒ですが)東京であった。

 

まだ半分

2018年8月26日 

昨日、と言っても時差の関係で、こちらではまだ今日だが、12時間のフライトを終え、この日記はヒューストンの空港でトランジット中に書いている。

乗り継ぎ便の時間まで7時間のトランジット。

今回ご一緒するメンバーは皆自家焙煎店の経営者なので、なんだかんだと空港のベンチで話が弾み、あと3時間で出発時間になった。

ここからさらに10時間、その後は国内線に乗り継いで明日の夕方(日本時間だと明日の早朝)に、やっと目的地に着く。

地球の反対側は遠いですねぇ。

ってことで、ヒューストンの空港から。

 

空港入国審査の後、一旦外に出たが、ゲートの外にはスタバが一軒あるだけで、時間を潰す場所もなかったので、早々にチェックインして中で搭乗時間を待つことにした。

肉のグリルやスモークといったいかにもアメリカなお店が多い中、日本っぽい店も大きなスペースをとっていた。

こういうのがアメリカ人から見た日本か?

アップで

その横には、ラーメンとスシのお店。

これは「美味」と書きたかったのだろう。ちょっと惜しい。

INRYOU , SEIKA , GYOZA , MiZU , ZASSIを売ってるそうだけど、餃子は目にしなかった。

で、アメリカで日本食を食べたいとは思わないので、アメリカっぽいものを食べることにした。

サラダとサンドウィッチとフレッシュジュースのお店で

サウスウエストチキンサンドウィッチというのが目に止まったので、それとフレッシュオレンジジュースを注文。

なかなかボリュームもあり、スパイシーで悪くなかった。

では、これから再び飛行機に乗って10時間ほど南下します。

また時間と電波があってら更新します。

信じられない

2018年8月19日 

今朝も涼しいと感じたが、一昨日・昨日と比べるとだんだん夏に戻ってきている感じ。

天気予報を見ていたら「この涼しさは一時的なものです」と予報士は言っている。

このまま秋になってほしいんだけどなぁ・・・

そんな今日は恒例のサロンライヴ。

今回は初めてのご出演となる、フルートの松村裕絵さんとピアノの中村友美さん。

前半は、ドイツの古い楽曲中心で、後半はフランスをフューチャーしたプログラムだった。

プログラム最後の曲が、「カルメン幻想曲」という、カルメンの旋律を編曲したもので、これがなかなか技巧派の曲。

最後の一番疲れているときに、すごいなぁと思いながら、久しぶりにフルートとピアノの掛け合いを楽しませていただいた。

 

さて、話は変わって、先日長女のボーイフレンドが京都に遊びに来たので、家族みんなで一緒に食事をすることになったのだが、その彼のリクエストは「バーガーカンパニー」。

そういえば、先日末娘と行ったとき、彼女はパティが2枚のダブルチーズバーガーの存在を知ってしまい、「次はそれ食べよう」と言っていたので、本当に食べるのかどうかと思っていたら・・・

やっぱり食べやがった。

私は、いつものアボカドわさびバーガーを食べようと思ったのだが、残念ながらアボカドが売り切れ。

そこで、ゴルゴンゾーラ マッシュルームを注文。

これもなかなか美味しかったが、やはり私はアボカドわさびが好きだなぁ・・・

それにしても、末娘は予想通りダブルチーズバーガーをペロッと食べていた。

バーガーカンパニーのオーナー、山本さん曰く「OLさんでも大きくて食べきれないことのあるうちのハンバーガーを幼稚園の頃からペロッと食べていたもんね」。

たしかに、先日造形芸大店のスタッフと食べに行ったとき、太田は食べきれなかった。

なので、その太田にこの写真を見せて「うちの一番下の娘は、これをペロッと食べたよ」と言ったら「え~、すごいですね」と。

そして、実はさらにこのあと、食後のお茶をしに行ったカフェで、末娘はこれもペロッと食べていた。

この写真を見せて、そう言うと太田は「えー、信じられないです」と。

実は、私もこれを食べてしまったのだが・・・

でも、それを言ったら彼女は私のことも信じられなくなってしまうかもしれない。

上司を信じられないなんてかわいそうなので、私もハンバーガーとパフェを食べてしまったことは内緒にしておいた。

1 / 912345...Last »

このページの先頭へ