自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 定食など

定食など

餃子が食べたかった夜

2019年3月12日 

昨夜は帰宅してソファーでちょっと横になったのだが、次に気が付いたのが午前4時だった。

そんなわけで、意図せずではあったが日記をサボってしまった。

見ようと思ってアクセスして下さった方、すみませんでした。

 

さて、昨日は雨のため朝のウォーキングはお休みしたのだが、今朝は雨もあがっていたので鴨川へ出たら、けっこう川の水が増えていた。

このところ悲惨なほどの少ない水量だったのでちょっと心配していたが、ちょっとの雨でもこんななのだと思いながらのウォーキング。

もうこの時間にはすっかり明るくなってきた。

 

話は変わるが、以前からちょっと気になっていた餃子屋さんがあったのだが、なかなか入るチャンスがなく、隙あらば行ってみようと思いながら時間が過ぎていた。

そこへやっと行けた。

七条 千本、要するに京都中央卸売市場の目の前にある「ラッキー餃子センター」

よだれ鶏

手羽先唐揚げ

メニューには「上海風焼きそば」と書かれていたが、見た目も味も「屋台風焼きそ」ばだった。

そして、こちらの看板である餃子は、食べられるところまで焼かれた状態で、テーブルの鉄板に持ってこられる。

すぐに食べるともちっとした皮の食感だが、しばらく鉄板の上で加熱されるので、後半は皮がパリパリになってくる。

味の方はコレがなかなかイケる。

小ぶりなので、いくつでも食べられる感じで、もう1人前注文しても良かったかもしれない。

餃子以外の料理も食べてみたが、やはりこの店は餃子を食べにくる店だと思うので、こんどは餃子だけ食べに来てみよう。

と、思いつつ、他の常連っぽいお客さんたちは、なぜか皆「担々麺」を注文していたので、次回は担々麺も食べてみようかなぁ・・・

とんかつ食べに行った

2019年3月8日 

このところ朝も寒くなくなってきていたので、今までウルトラライトダウンを着て歩いていたところ、今日から普通のジャージで歩くことにしたのだが、そんな日に限ってけっこう寒くて北の方の山は雪に覆われているような感じであった。

明日の天気予報を見ると、最低気温は今日より低いらしい。

ジャージに切り替えたものの、明日はもう一回ウルトラライトダウンを着て歩くことにしよう。

さて、先日たまに行く安くてボリューム満点の定食屋さんで、冷蔵庫が壊れていてトンカツを食べ損ねたので、今日はそのリベンジというかなんというか、コーヒー豆の配達途中にサッと立ち寄って、前回食べられなかったトンカツ定食を頂いた。

ちょっと薄めではあるが、トンカツが2枚ついて、ごはんを小ライスにしたので740円。

この値段だったら何も文句はないわけで、たまに無性に普通の定食を食べたくなったら立ち寄ることにしているので、またそんな気分になったら来ることにしよう。

ハンバーグを食べながら

2019年3月4日 

今朝はいつも通り起きて、何も考えずに着替えて鴨川へ出ようと外へ出てみたらしっかりとした雨が降っていた。

そんなわけでウォーキングはお休み。

夕方には青空も見えていたので、明日は晴れることでしょう。

 

さて、先日のこと、配達周りを終えて帰り立ち寄った定食屋さん。

ここは中休みなく昼から夜まで通し営業なのと、リーズナブルな価格でボリューム満点なので、たまに利用するお店。

今回もいつも通り何も考ずに午後3時前に店に入り、なんとなくトンカツ定食を注文したら、トンカツは品切れと言われた。

それではチキン南蛮と言ったら、厨房の方から「だから、今日はもう準備中の札を出してるんだから、それでも入ってきた人にはできるもんだけ言ってよ」と恐らくキッチンで調理しているご主人が母親と思しきおばあちゃんに投げかける声が聞こえた。

すると、おばあちゃんがやってきて「ハンバーグくらいやったらできると思うけど」と。

私が「今日はもう終わってたって知らんかったから、またこんどにしようか?」と言ったら、「いやエエねん、実は厨房の冷蔵庫が壊れて、もうそろそろ業者さんが来るんやけど、冷蔵庫あらへんから仕込みができひんので、今日はちょっとしか作ってへんかったんやんか」と。

そこで「ほな、悪いけどハンバーグ作ってくらはる?」と言ったら、おばあちゃんは「もう、こっちの勝手ですまんなぁ、またこんどトンカツ食べに来てな」と言いながらハンバーグのオーダーを通した。

そうこうしているうちに別の客が入ってきたので、おばあちゃんが「今日は厨房の冷蔵庫が壊れてしもて、もうあんまりないし、ハンバーグくらいならできるけど」と言ったら、その人は「エビフライは?」と。

おばあちゃんが厨房に向かって「エビフライできるか?」と聞いたら、厨房から「エビフライやったら作ってエエよ」という声。

それを耳にしたお客が「作ってエエとはなんやねん、客が金払って注文してるんやから、『作らせて頂きます』言わなあかんのちゃうんか!もう気分悪いし帰るわ」と、怒りながら出て行ってしまった。

冷蔵庫が壊れていて仕込みがない上、もう準備中の札を出していたということが分かっていたら、さらにこの店が昔ながらの家族経営の定食屋であることを理解していたら、「エビフライやったら作ってエエよ」という言葉に対して、私だったら「すみませんねぇ、よろしくね」と言い、そうしたら店の方も「いやいや、こっちの都合で食べたいもの出せへんでごめんね」と、丸く収まるのだが、そのあたりを全く理解できずにその瞬間の断面だけで「作ってエエよ」をとらえてしまうと、なんて傲慢な店と憤慨してしまう気持ちも分からないではない。

 

実は先日、初めて行ったお店で、けっこう気分を害する出来事があったのだが、こうしてみるともしかしたら私も時間の断面だけで判断してしまっていたのかもしれないと思う。

もちろん、私も飲食店を経営しているので、大人げない態度はとらなかったが、もう一度行ってみたほうがいいかな?とも思ったり。

そんなわけで、普段生活していて嫌に思えることも、全体を見つつ、ちょっとバックグラウンドを考えれば、実は感情的にならなくて済むことが大半なのではないかと、ハンバーグを食べながら考えてしまう昼下がりであった。

レッドゾーン

2019年2月11日 

今朝は小雪が舞っていたが、濡れるほどではなかったので鴨川へ。

稜線が見えないほど曇ってはいなかったが、空はけっこう暑い雲に覆われているようで、真っ暗な中のウォーキングだった。

 

さて、造形芸大では卒展が開催されていることに加え、今日は春秋座で舞台公演があったので、お昼前から夕方まで途切れることなくお客様がお越し下さった。

有難いことではあるが、8時に仕事を開始してスタッフたちの休憩回しをしていたら私が一息つけたのは午後4時。

そういえば、スマホにはデフォルトのアプリとして万歩計が入っているとカミさんが言っていたので見てみると

8時間止まることなく歩き回っていたので、もっといっているかと思っていたのに、たった1万4千歩しか歩いていなかったらしい。

この前ディズニーリゾートへ行ったときは、一日で28,900歩だったので店で働いているよりディズニーへ行った方が運動量は多いようである。

疲れ度合いは仕事の方が高いのに、なんだか面白くないなぁ・・・

 

で、運動量を気にするのはなぜかというと、このところわざと日記にはアップしていないが、いろいろと試作をしたり食べ歩いたりしているので、以前カレー本を書いたとき同様体重が大幅に増えてしまっているから。

私的にはレッドゾーンに突入してしまった。

明日の夜はダバインディアに予約を入れているので節制できない。

なので、今日はちょっと節制したい、でも、何か食べないと体力的に辛い。

ということで、大戸屋でカロリー表示を見ながら夕食をとってみた。

まずは、ばくだん小鉢

彩り野菜と炭火焼バジルチキン(単品)

この二つで568キロカロリーだそうで、私の計算が正しければ今日一日の摂取カロリーは約1,200キロカロリー。

私の基礎代謝と同じくらいのはずなので、14,000歩分は脂肪燃焼できたかも。

とりあえず、あと7キロ、頑張って減らそう。

食べたかった。

2019年1月7日 

このところ、はっきりしない天気の日が多かったが、今日は朝から晴れて久しぶりに好天の一日かと思っていたら、やはり午後は曇ってきた。

そんな今日は一日休みをもらって、家の用事や店の買い物など。

その買い物ついでに天丼を食べに行った。

天丼なんて、どこでも食べられると思われるかもしれないが、私は京都風の天丼ではなく東京風の天丼が好きなのに、京都ではなかなか好みにあるものが見当たらない。

東京でサラリーマンをしていたころは、会社から歩いて行ける神田あたりの天ぷら屋さんで、ちょくちょく昼食に天丼を食べていた。

ごま油でカリッと揚がった天ぷらに、甘辛いたれをかけるとジュワッという音がして、丼からはみ出る海老や穴子を一口噛むと、サックリとした食感にごま油の香りが後に残る、ある意味ソウルフードのような食べ物だった。

まぁ、そばなどは東京の真っ黒い出汁のものより、京都の物の方が好きなのだが、こと天丼とうな丼については関西風より東京風の方が好きだったりする。

で、ちょっと前からカミさんに「東京風の天丼が食べたい」と言っていたら、カミさんがいろいろと調べてくれて、丁度今日はヨドバシへ買い物に行く予定があったので、そのヨドバシの6階に「日本橋からり」という天ぷらと蕎麦のお店があると教えてくれたので行ってみた。

サックリと揚がっていて、甘辛いタレもいい感じだったのだが、いかんせん上品な味わい。

あの、ちょくちょく神田で食べていたジャンキーなソウルフードとしての天丼とはちょっと違った。

そんなわけで、私の天丼探訪は続くのであった。

そうざい定食

2018年11月22日 

今朝の歩き始めは曇り空だったが、折り返しあたりから小雨が降りだした。

雲が厚いと暗いですねぇ・・・

昨日は、すじ状の雲が薄く広がっていたので、後半は奇麗な朝焼けが見えた。

でも、空が朱に染まったのもつかの間、自宅に戻るころには色はなくなっていた。

まぁ、こうして毎日朝の空を見ながら歩けるというのは気分良いもの、でもぼちぼち木々の葉も落ち始め、ちょっと寂しくなってきた感は否めない。

 

さて、最近下鴨へ行ったときに常連のお客様とお目にかかると「珍しいな」と言われることがしばしば。

ちょくちょく下鴨にも行っているものの、あまり長時間いないのでお目にかかれるお客様は限られてくる。

なるべく本店のカウンターにも立てるようにしよう。

そんな下鴨へ行くとき、ちょうどお昼ごろの移動だったらちょくちょく立ち寄るのが、京都コンサートホールの前にあるお好み焼き屋の「ここ家」さん。

このお店のランチ限定「そうざい定食」は、日替わりメニューの書かれている看板に載っていたら、ほぼ必ず注文してしまう。

11月初旬に食べた「そうざい定食」

上から見てみた。

先日食べた「そうざい定食」

上から見たらこんな

で、「載っていたらいつも」と書いたが、11月初旬に食べた時の一回前はいつだったか、カメラのメモリーから見てみたら、意外と5月が最後だった。

半年も食べていなかったのね。

5月に食べた「そうざい定食」

その時々で、内容が変わるのと、なんとなくアットホームでほっこりする品々。

ランチタイムが終わる前に下鴨へ行くときの楽しみの一つだったりする。

1 / 712345...Last »

このページの先頭へ