自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 定食など

定食など

食べたかった。

2019年1月7日 

このところ、はっきりしない天気の日が多かったが、今日は朝から晴れて久しぶりに好天の一日かと思っていたら、やはり午後は曇ってきた。

そんな今日は一日休みをもらって、家の用事や店の買い物など。

その買い物ついでに天丼を食べに行った。

天丼なんて、どこでも食べられると思われるかもしれないが、私は京都風の天丼ではなく東京風の天丼が好きなのに、京都ではなかなか好みにあるものが見当たらない。

東京でサラリーマンをしていたころは、会社から歩いて行ける神田あたりの天ぷら屋さんで、ちょくちょく昼食に天丼を食べていた。

ごま油でカリッと揚がった天ぷらに、甘辛いたれをかけるとジュワッという音がして、丼からはみ出る海老や穴子を一口噛むと、サックリとした食感にごま油の香りが後に残る、ある意味ソウルフードのような食べ物だった。

まぁ、そばなどは東京の真っ黒い出汁のものより、京都の物の方が好きなのだが、こと天丼とうな丼については関西風より東京風の方が好きだったりする。

で、ちょっと前からカミさんに「東京風の天丼が食べたい」と言っていたら、カミさんがいろいろと調べてくれて、丁度今日はヨドバシへ買い物に行く予定があったので、そのヨドバシの6階に「日本橋からり」という天ぷらと蕎麦のお店があると教えてくれたので行ってみた。

サックリと揚がっていて、甘辛いタレもいい感じだったのだが、いかんせん上品な味わい。

あの、ちょくちょく神田で食べていたジャンキーなソウルフードとしての天丼とはちょっと違った。

そんなわけで、私の天丼探訪は続くのであった。

そうざい定食

2018年11月22日 

今朝の歩き始めは曇り空だったが、折り返しあたりから小雨が降りだした。

雲が厚いと暗いですねぇ・・・

昨日は、すじ状の雲が薄く広がっていたので、後半は奇麗な朝焼けが見えた。

でも、空が朱に染まったのもつかの間、自宅に戻るころには色はなくなっていた。

まぁ、こうして毎日朝の空を見ながら歩けるというのは気分良いもの、でもぼちぼち木々の葉も落ち始め、ちょっと寂しくなってきた感は否めない。

 

さて、最近下鴨へ行ったときに常連のお客様とお目にかかると「珍しいな」と言われることがしばしば。

ちょくちょく下鴨にも行っているものの、あまり長時間いないのでお目にかかれるお客様は限られてくる。

なるべく本店のカウンターにも立てるようにしよう。

そんな下鴨へ行くとき、ちょうどお昼ごろの移動だったらちょくちょく立ち寄るのが、京都コンサートホールの前にあるお好み焼き屋の「ここ家」さん。

このお店のランチ限定「そうざい定食」は、日替わりメニューの書かれている看板に載っていたら、ほぼ必ず注文してしまう。

11月初旬に食べた「そうざい定食」

上から見てみた。

先日食べた「そうざい定食」

上から見たらこんな

で、「載っていたらいつも」と書いたが、11月初旬に食べた時の一回前はいつだったか、カメラのメモリーから見てみたら、意外と5月が最後だった。

半年も食べていなかったのね。

5月に食べた「そうざい定食」

その時々で、内容が変わるのと、なんとなくアットホームでほっこりする品々。

ランチタイムが終わる前に下鴨へ行くときの楽しみの一つだったりする。

ブラジル報告会

2018年10月14日 

今朝はついに長袖シャツでウォーキングをした。

でも、ウォーキングに使えそうな長袖シャツは、まだ今朝着たものしか出していないので、明日は今まで通り半袖シャツで歩くことになるのだろう。

まぁ、まだ大丈夫。

 

さて、もうブラジルから帰国して1か月たったのだが、今日の夜、やっと社員の皆にクラシフィカドールのことやブラジルの農園についてなどの報告会をする機会が得られた。

本当は先月する予定だったのだが、台風接近に伴う暴風警報の発令などで延期になっていた。

ブラジルのコーヒー鑑定士とSCAJのコーヒーマイスターやQグレーダーなどは似て非なるものと言うか、輸出国目線での資格と輸入国側の物差しの違いと言うべきか、ともかく同じように豆を見て、カッピングをして味覚についての判断をしていても、観点が違うと全く別のものになるということ。

そして、昨年行ったパプアとの違いなどを織り交ぜながら、約1時間半の勉強会。

水洗式の脱穀機が稼働している動画や、豆の収穫の動画なども見てもらえて、今後お客様に珈琲のことについて説明するときなどに役立ててもらえればと思う。

そして、遠くない将来、Verdi の店長を何年か努めたら産地視察に行って百聞は一見に如かずを実践できるような会社にしたいなぁ、と思ったり。

 

で、カルチャーセンターの講師や講演依頼などを受けてお話をするときでも、こうして1時間以上話をするとけっこうお腹がすくもの。

しかも今日はお客様が途切れず、まともに昼食をとれなかったので、よけいお腹が空いてしまったので、帰りにふらっと最近よく行く居酒屋さんへ。

トムヤムクン

エビがゴロゴロと

ガッパオは甘口だった

タイ料理は、専門店で食べることが多いのだが、こういう居酒屋さんのアジア料理は専門店の味とは違い、マニアックに好きな人ではない客を対象に作られているので、これはこれでいいように思う。

これ以外に鶏肉のアジアン風炒め物にドリンク2杯飲んでも2,000円しないのは百万遍価格といったところだろうか。

また、たまに来ることにしよう。ヤンパオ

行きやすい居酒屋さん

2018年10月4日 

ここ2~3日はスキっと晴れて気持ち良い天気だったのに、今朝はどんよりとした曇り空から、申し訳なさそうに朝日がさしていた。

昨日の朝は、すごい秋空の雰囲気だったのだが、なかなか好天は続かないものである。

昨日の朝の空

 

さて、私は一切お酒を飲まないので、「居酒屋」という業態は何かの宴席に付き合うとき以外、滅多に一人で足を踏み込むことのないお店である。

が、先日昼に行ってみて、学生が多そうだったのと定食なんかもあったので、ここなら夜に一人でも来れるかな?と感じたのが飛鳥井町にある某居酒屋さん。ヤンパオさん。

子供たちも夕飯を終えており、私だけ夕食難民になりそうだったある日、ふらっと一人で入ってみた。

まずは春雨のサラダ

豚肉のXO醤炒め

ミゴレン

これにウーロン茶を2杯ほど飲んで、だいたい2,000円ほど。

学生さんが多いということもあり、とても良心的な会計で、私には味が濃いのだがビールなどを飲むことを前提に調理されているだろうから、居酒屋さんとしては適当なのかと思う。

メニューも豊富で、子連れでも大丈夫そうだし、造形芸大から自宅へ戻る途中にあって、ともかく使い勝手の良いお店。

実は先日、けっこう気楽に行けるので、ちょくちょく通っていた、うどんと蕎麦・丼物のお店で、いきなり「カフェをされているんですね?うちのスタッフが雑誌で見たと言っていました」と声をかけられた。

その店のご主人は、恐らく珈琲専門店なんて行かないタイプだし、当然Verdiなんて知らないだろうから、素の状態で通っていたのだが、その一言以後全く足が向かなくなってしまった。

お客様商売をしていると、できれば素のままで寛げる店を持ちたいもの。

匿名で通っているうちは、単なるヒゲのオッサンで済んでいるのに、私の仕事がばれた瞬間から客として飲食をしながらも Verdi の看板を背負っていなくてはならなくなる。

ちょっと財布が軽くて節制しつつも王将や牛丼屋以外で食べたいとき、疲れていて笑顔で愛想ふりまきながら人と接する気になれないとき、ちょっときたない格好をしているとき、ともかく素のままの自分でいたいときでも行ける気軽でそこそこ美味しいお店というのは、ある意味希少価値が高いわけである。

行ける店が一軒なくなったので、ちょうどいい感じ。

しばらくはちょくちょく通いそうである。

チキン南蛮と木曜夜カレー?

2018年9月21日 

今朝は雨音で目が覚めて時計を見たら午前4時30分。

もうひと眠りして次に目が覚めた5時45分には、もう雨の音は聞こえなかったので、着替えて外に出たとたん再び雨が降ってきたのでウォーキングは断念。

ダイエット中の身としては歩きたかったのだが・・・

 

さて、先日カミさんも娘たちもバタバタしていたとき、私が自宅に「帰るコール」をしたら、ちょっと忙しくて夕飯の用意ができないので、スーパーでお弁当かお惣菜を購入してきてほしいと言われた。

そこでスーパーに寄ったら、お弁当が全品50%OFFだった。

が、けっこう遅い時間だったので選択肢としては、チキン南蛮弁当かヒレカツ弁当以外あまり食指がのびるものはなく、見た感じチキン南蛮弁当の方が美味しそうだったのと、ちょうど家族全員分の数があったので、それを買うことにした。

ところが、手をのばそうとした瞬間、学生さんにサッとチキン南蛮弁当を一つ持っていかれてしまい、一つだけヒレカツ弁当にせざるをえなくなってしまった。

帰宅して、子供とカミさんに「好きな方どうぞ」と言ってから、自室で着替えてダイニングへ行ったらヒレカツ弁当が残っていた・・・

 

私は特にチキン南蛮が好きなわけではなく、まぁ、前回いつチキン南蛮を食べたか問われたら、どれほど前だったかも覚えていないほどなのだが、なぜかあの日以来、無性にチキン南蛮が食べたい日々。

そんな中、昨夜はカミさんと末娘は用事で夜まで出かけていたので食べてから帰宅、次女は体育祭の打ち上げで友達と食べて帰るから、私はテキトーにやっておくようにと言われたので、チャンス!とばかりチキン南蛮を食べることにした。

向かった先は、東山三条の「早ようて、安うて、美味しいしはやし」で有名?な定食屋「はやし」さん。

とりあえず満足であった。

と、チキン南蛮定食一つ食べるのに、えらく長ったらしく理由を書いてしまったが、まぁ、何事にもストーリーというものはあるってことですね。

 

話は変わって、実は造形芸大店で作っている「鹿肉のキーマカリー」が遠くない将来販売終了となる可能性が高くなってきた。

と言うのも、岡山県の美作から仕入れている鹿肉の価格が、国産牛肉並みに値上がりする可能性が出てきたためで、その仕入れ値では今の価格を維持できず、だからと言ってそんなに値上げもできないので、泣く泣く販売終了を検討し始めたところ。

そうなると、次のカリーを考えねばならない。

新たなレシピを考えていたら、なんだか無性に新たなカリーを作りたくなってしまい、ちゃちゃっとシーフードカリーを作ってみた。

ピスタチオペーストと生クリームで仕上げる、リッチ&マイルドながらグリーンチリの刺激がアクセントになっているコルマ風のカリー。

スタッフで食べながら、かつて本店で開催していた 木曜夜カレー を月一くらいで復活させようかと思い始めてしまった。

よくVerdi でいろいろなコーヒーをお楽しみいただき「コーヒーって言っても、本当にいろんな味があることがわかった」と言ってくださるお客様が多いのだが、カレーはそれ以上、無限に広がる大宇宙。

どうしよう?

マンガ肉

2018年7月26日 

昨日の朝は、ちょっとだけ涼しさを感じたが、昼間はもう大変な暑さだった。

今朝は雲が空を覆っていたので、少しはマシかなと思ったが、残念ながら昨日気配のあったちょっとだけの涼しさすら微塵も感じられない蒸し暑さであった。

さて、火曜日はあと一歩というところで届かず、肩を落として甲子園を後にしたが、昨日は見事な勝利。

一日早くああいう戦いをしてもらいたいところだったが、そのせいで火曜日は日記を書けなかった。

そんなわけで、今日は火曜日のお昼のお話(夜の出来事は、なかったことにしたので無視)

 

この前の火曜日は、午前中に本店へ行って事務関係の用事を済ませ、ひと段落したところで、たまには次女とお昼でも食べに行こうということになった。

次女はタイ料理が好きなのだが、三女はタイ料理がイマイチ。

そこで、三女が部活でいない間にイーサンへ行こうということになったのだが、店の前まで行ってみると、なんと7月から火曜日が定休日になったという張り紙・・・

 

気分はタイだったので、そのまま出町柳へ行って、久しぶりにクルーンへ。

ところが、やはり普段定期的に行っていない店は定休日を掌握していない。クルーンも閉まっていた。

ダメ元でそのお向かいにあるスリージェを覗いてみたが、ドアを開けた瞬間満員のお客様が目に入ったので、そのままドアを閉めて店を後にした。

 

さぁ、昼食難民か!?

と思いつつ、そういえば前から気になっていたが、まだ行けていなかった店を思い出した。

で、次女に「初めての店だけど、ちょっと怪しげだけど、そこでもいい?」ときいたら「いいよ」という返事。

彼女もなかなかチャレンジャーである。

なので、行ってみた。

お店の名前は ヤンパオ

ランチタイムの営業時は、ヤンパオではなく 三ツ柏亥一郎 という名前で営業されている。

店に入る前に、アナログな食券を購入する。

木の札をとって店内へ

これはなかなかのアイディアだと思った。

娘は「鶏飯」私はこの店のスペシャリテ「マンガ肉」の食券を手にドアを開けた。

愛想の良い元気なご夫婦が迎えられ、初めての私たちに親切にいろいろと説明をしてくれる。

職業柄、オープンキッチンを見回してみると、オーブンもピカピカだしダクトは油汚れ一つなし。

居酒屋という業態で、こんなにきれいにされているお店はなかなかお目にかかれない。

食べる前から期待がふくらむ。

鶏飯のふたをとるとスモークが

藁でいぶされて、香りがしっかりついている

一口もらったが、いい感じの薫製臭があって、しっかりした味付けもありご飯がすすむ丼。

これが「マンガ肉」

骨をもってかぶりつく感じで、マンガ(昔なら「はじめ人間ギャートルズ」今なら「ワンピース」に登場する肉をイメージした料理で、「マンガ肉」という名称は商標もとっているそうである。

こちらもメリハリの効いた濃い味で、ビールが進むのではないかと思う。

京大エリアのど真ん中という立地なので、こういうリーズナブルな価格で分かりやすい濃い味の料理は高い支持を得られるのではないかと思った。

三女は大の肉好き。

このビジュアルを見たら、絶対目を輝かせるに違いない。

きっと、イーサンが7月から火曜定休になったのも、クルーンが閉まっていたのも、スリージェが満席だったのも、私と次女をこの店に来させるための天の計らいだったと思うことにして、こんどは三女も連れてきてやることにしよう。

 

で、今夜のBGM、夏と言えば「花火」と「水遊び」

ヘンデル「王宮の花火の音楽」・「水上の音楽」 / マゼール / ベルリン放送交響楽団

夏の暑さを紛らわす花火と水、というには格調高すぎて・・・

でも、普段は滅多にヘンデルとか聞かないので、たまにはこういうのもいいですね。

冷房の効いた部屋で、アイスクリームなど食べながら聞いたら、ちょっとした王侯貴族気分が味わえるかも。

1 / 612345...Last »

このページの先頭へ