自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 定食など

定食など

後悔先に立たず

2018年6月22日 

今朝はスカッと晴れて気持ちの良い朝だった。

が、昼間は真夏の暑さ・・・

配達に出たは良いが、車に乗り込んだ瞬間、蒸し風呂状態で汗がふきだしてきた。

で、こう暑いとツルっと冷たい蕎麦でも食べようかと思いながらお店に入ったのだが、なぜか冷たい蕎麦とは対極にあるこんなのを注文してしまった・・・

食べ終えて再び車に乗り込んだら、もうサウナ以外の何物でもない。

蕎麦にしておけばよかった、と、ちょっと気持ち悪くなりながら思ったものの後悔先に立たず。

まぁ、こんなことしているから、なかなか痩せられないのでしょう。

はぁ………..

雨、降らなかった

2018年6月10日 

今朝は、けっこう涼しい風が吹いていたが、なんとなく雨のにおいのする鴨川沿い。

とりあえず、降られることなく歩き終えた。

 

さて、天気予報によると、南海上に発生した台風と前線の影響で、今日からけっこうな雨が降るはずだった。

が、ちょっと降り始めが遅れたのか、京都を雨雲が避けて通ったのか、今朝はいっときパラパラと雨粒が落ちてきたものの、午前8時の時点では「雨天」とはならなかった。

なぜ8時の天気が問題かと言うと、今日は吉田学区自治会が年に一度行う「吉田山一斉清掃」の日。

そして、私は現在自分が住むマンションの町内会長を務めさせて頂いている関係上、わが家から誰も清掃に出ないわけには行かないのだが、私は朝から仕事で、末娘は習っているピアノの発表会のためカミさんともども参加できず。

そうなると、次女だけが頼りということで、先週から次女に掃除に行くように言っていた。

で、掃除そのものは9時スタートなのだが、8時の時点で雨が降っていたら吉田山一斉清掃は中止になるため、彼女は雨が降ることを願っていたにもかかわらず、最終的に8時の空は「曇り」で、ちゃんと掃除も行われ、無事わが家を代表して次女は吉田山の掃除をしてきたということで、まぁ、めでたしめでたし。

でも、町内会の行事とかマンションの理事会とかって、どうしても土日に開催されるのだが、私の場合土日祝日が一番時間の都合をつけにくい曜日なわけで、普通の勤め人やもうリタイアしたの方々には「そんなのお前の都合なんだから、仕事休んで参加しろ」と言われるのだが、じゃあ「月曜日に開催するので、みなさん仕事を休んで参加してください」って言ったところで「無理」の一言で終わっちゃうだろうしなぁ・・・

多勢に無勢、やはり数の力には敵わないので、そのあたりがなかなか難しい。

で、全く関係ないのだが、よく行くお好み焼き屋さん「ここ家」さんのランチメニュー。

日替わりなので、ないときもあるが、黒板に書いてあったらラッキー♪な「お惣菜定食」

なんか、普通に家庭的な定食なのだが、普通に家庭でこんな品数出てきたらびっくりなので、やはり黒板に書いてあったらうれしくなって注文してしまう。

だいたい私が外食するときは、自分では作れない(家庭では食べられない)料理が食べたくて行くのだが、一つ一つは家庭で食べられても、これだけの種類を一度に、となると難しいのがこの定食の素晴らしさ。

昼の定食においても、数の力はすごいものである。

 

 

行列!?

2018年5月27日 

昨日の朝は、雲が多くて蒸しっとしていたが、今朝はカラッと晴れてけっこう心地よい感じであった。

今日まで暑くて明日は雨、明後日は最高気温が23度ということだから、今日より8度も涼しくなるらしい。

基本的に暑いのが苦手な私としては有難いのだが、こうも気温の変化が大きいと、着る服も困ってしまいますねぇ・・・

 

さて、昨日のことだが、夜なんとなく定食屋系のものが食べたかったので東山三条へ。

定食屋と言えばここ、「はようて やすうて おいしいし はやし」の食堂はやしさん。

だが、はやしさんのお向かいをふと見たら、行列ができているではないか!?

週に何度かこの前を通るのだが、そういえば週末の夕食時に、ここを通ったことがなかったので知らなかったが、マルシン飯店って行列ができる店だったのか?あるいは、何かに掲載されたとかテレビで紹介されたとか?

よくわからないけどすごいなぁ・・・と、思いながら通過。

私は当然、いつものこちらへ入るのであった。

揚げ物にも少し惹かれつつ、実はサラダうどんを食べようと思って来たのだが、メニューを見たらカルビピビンパ冷麺なるものがあったので、そちらを注文してしまった。

これをよくまぜまぜして食べるらしい。

麺はストレート中華麺

添えられているコチュジャンを混ぜたら、ちょっぴりピリ辛で美味しく頂いた。

でも、個人的にはやはりサラダうどんの方が好みだったりする。

これから暑くなってきたら、ツルっと冷たい麺を食べたくなるかもしれないので、でも暑くなったら辛いカリーも食べたくなるので、どちらにするか微妙な感じにはなるが、麺に転んだときは、サラダうどんを食べに来よう。

 

給湯器は冬に壊れる

2018年1月8日 

昨夜のこと、日記を書き終えてなんとなく Fire TV stick で映画を見ていたら、ちょっと寒くなってきたので床暖房を入れた。

しかし、30分経っても暖かくならない・・・

どうしたんだろう?と思いつつ、キッチンへ飲み物をとりに行ったら、給湯器のコントロールパネルに見慣れない数字が点滅しているではないか!?

給湯器の取扱説明書でエラー番号を見てみたら、異常感知のときに出る数字らしい。

対処方法を見ると、一度電源を切ってみて、再度つけたときに数字が出なかったら問題ないと書かれている。

って、ぜんぜん対処方法にもなっていないではないか。

当然、一度電源を切って再度入れてみるが、何度やってもダメ。

すでに時計の針は12時30分を指している・・・

さすがに、この時期に水風呂に入る気にはならず、結局今朝は出勤前にカミさんの実家へ寄ってシャワーをさせてもらってから店に出た。

夏だったら水のシャワーでも良いのだが、さすがに冬は辛い。

それにしても、真夏の一番暑い時期の、しかも世間がお盆休みのときなんかに冷蔵庫が壊れてしまったりするものだが、給湯器は冬の一番寒い時期の、しかも連休中に壊れたりするから困ったもの。

さっそく大阪ガスに電話をして修理依頼をしたが、休日対応料金になるため通常の3割増しになると言われ、それでもお湯も床暖房も使えないのは困るので修理の手配をお願いした。

で、今日の夕方にガス店の人が来てみてくれたのだが、計時劣化による負荷がかかり、動作不良によって異常警報ができてるらしい。

かれこれ18年前の給湯器なので修理したくても部品がないらしく、とりあえずリセットしたものの、恐らく床暖房をつけたらすぐに同じ状態になるであろうこと、普通にお湯を使う分には今のところ何とか動くが、いつ完全に壊れてもおかしくない状態で、次に異常警報が出たらリセットできない可能性もあると言われ「どうしますか?」と。

で、計算したら、マンションの斡旋価格で購入するのと、10年リースするのでは1万円しか差がない(購入の方が1万円安い)上、リースの場合は10年間の期間終了まで、故障したときは無償修理をしてもらえるが、購入の場合は1年間しか保証がない。

ということで、その場でリースをすることに決めたら、3割増しと言われていた出張修理費も「今回はけっこうです」と言ってもらえた。

ラッキーだったのか、そもそも壊れて残念だったのかよくわからないが、とりあえずぼちぼちヤバいと思っていた給湯器の不安が解消されることになったので、まぁ、良かったことにしておこう。

そんなわけで、出張修理費支払のために用意していた金額よりも安くで食べられたお魚。

次女は寒ブリの造り定食

三女は平目の造り定食

私はブリ大根(アラ煮)

だいたい休日は早々と売り切れで店を閉めてしまうはずの十両さんが、今日は8時前でも食べられた。

聞けば、休み明けの連休最終日で今日は暇やったわー、と。

そんなこんなで、正月休みと三連休が終わり、明日から Verdi の下鴨本店は正月の振替休業を含め2連休を頂きます。

造形芸大店は、火曜日ですが営業いたします。

と言うか、明日からいよいよ学校も授業がスタート。

本店がお休みの明日と明後日、よろしければ造形芸大店へお運びくださいませ。

取材と魚

2017年12月19日 

今日はウォーキングをおさぼり。

朝は、撮り溜めたドラマなどを見てから、椎間板ヘルニアになってしまったカミさんを病院へ送り、リハビリが終わったところで一緒にお昼ご飯を食べることにした。

で、いつものように「日・米・伊・仏・印・中・タイ、何がよい?」ときいたら「日」という返事だったので、久しぶりに熊野神社の「十両」さんへ。

寒ブリの造り定食

アップで

カワハギの造り定食

アップて

両方とも1,300円。いつもながら素晴らしいコストパフォーマンスであった。

昼食を終えたら、カミさんと一緒に下鴨の店へ。

今日は第三火曜日なので、下鴨店は定休日なのだが、店頭サインの工事完了確認と、クリスマスギフトの発送準備。

そして、一件取材依頼が入っていたのでその対応と、なかなかてんこ盛り。

今回の取材はネット記事で、和服で京都を散歩するということがテーマ。

来年から新たにスタートするサイトの特集記事第一回目の内容が、下鴨神社近辺を着物で散策ということで、Verdi を紹介したいというご依頼を受けたわけである。

まずはブツ撮り

モデルさんの飲食シーン

モデルさん着用の着物は『てくてく京都』というレンタル着物のお店が提供。

今回の内容がアップされて、お越し下さるお客様に着物姿の美しい女性が増えたらいいなぁ、と思うのであった。

今年最後のサロンライヴ

2017年12月17日 

今朝は、私の体感的に言うとこの冬一番の寒さであった。

思わずパーカーのフードをかぶってしまう感じ。

でも、これからもっと寒くなるんだろうなぁ・・・

さて、今日は今年最後のサロンライヴ。

いつもはクラッシックメインだが、今回はポップス。

『プラプラーナ』というユニットで活躍されている、宮原冬彦さんと佐々木ゆかさんのコンビで、洋楽あり邦楽ありの楽しいひと時であった。

振り返ると、昨年の11月13日にスタートしたサロンライヴが、この1年ちょっとで30回目を迎えられた。

造形芸大店オープンにあたっての打ち合わせ時に、使われていないピアノが1台あので、それをこの店でなんとか活用できないだろうか?という打診を受け、それなら週末にサロンコンサートをしましょう。

と言ったは良いが、下鴨で10年間開催してきた落語会ならまだしも、クラッシックのコンサートとなると全くの素人。

そんな折に、藁にもすがる思いでお伺いした音楽関係のプロデューサーである橘先生が本当にいろいろとご尽力下さって、なんとか30回開催してこれた。

まだまだ橘先生におんぶにだっこ状態ではあるが、来年はよりヴェルディらしさを出して、多くの方に素敵なひと時をお楽しみ頂けるようにしたいと思う。

.

で、心温まるひとときも終わり、外に出たら寒風肌を指す。

そんなときは、温かいもの!

ってことで、下鴨中通のお好み焼き屋「ここ家」さんで、お好み焼きのおともに冬の定番「粕汁」を注文。

エビのお好み焼き

粕汁

アップで

体の芯から温まりました。

1 / 512345

このページの先頭へ