自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 珈琲のことなど

珈琲のことなど

芸大店もスイーツ!

2021年2月4日 

立春も過ぎて、少しずつ朝明るくなるのが早くなってきたような気がする。

まぁ、晴れているか曇っているかで随分明るさも違うけど・・・

.

さて、昨日下鴨店長 土田の日記を見ていたら、下鴨店のスイーツのことを書いていたが、芸大店もタルトを自家製にしてから飛躍的にご注文の数が増えた。

昨年まで、自家製スイーツと言えばクレームキャラメルだけだったので、私は毎日7時過ぎに店に来て、せっせとプリンを焼いていたのだが、他にも自家製スイーツが出てきたので、相対的にプリンの出数が落ち着いて、私もそんなに早く出勤しなくてよくなってきた。

そんなわけで、芸大店が自信をもっておすすめするスイーツたち。

まずは、ガトー オ ショコラ。

こちらは、少しあたためてから冷たいアングレーズソースとともに提供。

2種類のクーベルチュールをブレンドして、ほんのりビター、さりげなく酸味、単体だと甘さ控えめながら、アングレーズソースと合わせることで、まろやかな甘みが印象的な一皿に。

ミックスベリーのタルト

ラズベリーの爽やかな酸味と、ブルーベリーの爽やかな甘み、ブラックベリーの奥行きがある味わいをタルトの生地がふんわりとまとめる一番人気タルト。

木の実の塩タルト。

アーモンド、ヘーゼルナッツ、くるみをたっぷりのせて焼き上げたタルトは、ほんのり塩っ気が効いていて、コーヒーとの相性抜群。

コーヒーのために作った味わいと言っても過言ではない、ぜひお試しいただきたい一品。

そんな芸大店の自家製スイーツたち、各々相性が良いコーヒーはあるものの、どれと合わせても味わい深く楽しめるコーヒーとなると、そうたくさんはない。

で、今一番オススメなのが、本日より販売を開始した限定商品の「ヴィンテージバレルコーヒー」。

ブラジルはセラード地域のスペシャルティコーヒーをウイスキー樽に1か月寝かせて熟成させてから出荷したポストハーヴェストコーヒー。

ウイスキー樽で寝かせたと言っても、お酒の香りを前面に出すのではなく、あくまでヴェルディのコーヒーの特徴ともいえる「スッキリ感」は損なわず、クリアな口当たりの後から、ほんのりと香るウイスキーの甘み。

こちらの豆は、コーヒー通販のページからお求めいただけます。

極小量しか日本に入ってこなかったため、今回用意したものがなくなり次第販売は終了。

今日一日で、すでに私が仕入れた量の 1 / 3 が売れてしまった。

よろしければ、おためしくださいませ。

ヴィンテージバレルコーヒーについて詳しくは こちら から。

南南東

2021年1月30日 

今日も元気にトレーニングを終えた山下です。

早いものでもうすぐ2月ですね。

2月といえば節分。節分と言えば2月3日!

しかし、今年は2月2日です。

なぜ今年の節分が2月2日になるのでしょうか?

これには、地球が太陽をまわる周期と暦のずれが関係しているそうです。

地球は1年かけて太陽の周りをまわっていますが、その1年は正確に言うと365.2422日、つまり365日+6時間弱となります。この6時間弱という端数は4年経つとほぼ1日となるため、うるう年を設けることで解消することができます。ただ、この補正を行うと今度は約45分増やしすぎた状態となり、このずれを解消するためには、うるう年を400年で3回減らすことが必要です。

こうした補正が繰り返されることで、立春、立夏、立秋、立冬などの日付が変わり、それに伴い節分も変動するそうです。

今年のように2月2日になるのは、明治30年、1897年以来124年ぶりなんだそうです!!

レアな年ですね。こういういつもとは違う特別な日、ワクワクするのは私だけでしょうか。

毎年行ってる吉田神社の火炉祭も今年はコロナで中止だそうで、残念ですが今年は家でゆっくり静かに恵方巻を食べようと思います。

そしてヴェルディでは只今、恵方巻ならぬ恵方豆を期間限定で販売しております。

パッケージを見る限りかなりキャラ濃いめの味を想像してしまいそうですが…

こちらの恵方ブレンドはまろやかな甘み、クリアな口当たりとなっております。こちらも他では味わえない、レアなPNGブレンドとなっておりますので恵方巻きの後のコーヒータイムに恵方豆でよりレアな節分を味わって頂けたら幸いです。

コーヒーのおともは恵方ロールケーキ丸かじり!なんていかがでしょうか?

今日は先週の続きを書くつもりでしたが、節分の話題になってしまいました。お散歩日記はまた次週ということで…

恵方ブレンドの販売は2月2日までです!

(ヴェルディ 京都芸術大学店は火曜、定休日となっておりますので2月1日まで)

よろしければ是非、恵方ブレンドを飲みにいらしてください。

明日も皆様のお越しをお待ちしております。

恵方豆

2021年1月25日 

週末は雨で歩けなかったが、今朝は久し振りに気持ちよくウォーキングができた。

さて、先週は下鴨本店がお正月営業の振り替えで遅めの冬休みを頂いていたが、週末から営業を再開。

昨年末は「クリスマスブレンド」、年末年始は「新春ブレンド」を販売して大変ご好評頂いたが、こんどは1週間限定の「恵方豆」というものを販売することにさせて頂いた。

恵方巻ならぬ恵方豆、今年の恵方は南南東。

京都から南南東の方を向いたら、だいたいパプアニューギニアあたりになる!

ということで、パプアニューギニアの豆3種類をブレンドしてみた。

だいたい、パプアニューギニアの豆を3種類持っていること自体レアかもしれないので、恐らく他では決して飲めないブレンド。

焙煎度合いは中深煎り。味の方は、クリアで甘みが心地よく、とてもまろやかな風味となっています。

2月2日までの限定販売。

詳しくは、コーヒー通販のページにある こちら をご参照ください。

で、パプアニューギニアってあまりよく知らない方が多いと思うので、どんな国?という方のために、説明動画(というか、店主が撮ってきた写真のスライドショーですが)を作ってみました。

よろしければご覧ください。

ついでにチャンネル登録も是非!

メンテナンス

2021年1月21日 

朝は寒かったが、昼間は日が当たっているところだと暖かく感じるほど。

夜のウォーキングは、普通にTシャツとパーカーでも寒く感じなかった。

そんな今日は、毎年下鴨が遅めのお正月休みをとっている間にやっている焙煎機のフルメンテナンス。

1年間フル稼働していた10キロ釜を焙煎機メーカーの方に来ていただいて、全て分解して点検整備をした。

店内には置き場がないので、カバーと冷却層は店の外へ。

パーツが外された焙煎機

かなりキテいた。

毎年1回のメンテンナンスとなっているが、このところ年に一回では不具合が出始めているので、今後は10か月程度に1回のペースで分解メンテンナンスをしなくてはならないかも、と思い始めている。

ある意味、このメンテンナンス後が、下鴨店にとってのお正月。

よりクリアで雑味のない珈琲を提供できるのではないかと思う。

一日がかりのメンテが終わったころ、芸大の大階段上から見る西の空はなかなか綺麗だった。

本年も宜しくお願い申し上げます!

2021年1月6日 

新年明けましておめでとうございます。

旧年中はコロナ禍にも関わらず格別のご愛顧を賜り、心より御礼申し上げます。

2021年も、良い品質と心地良い時間をご提供できるよう取り組んでまいります。

本年も宜しくお願い申し上げます。

 

年末からお正月にかけ、多くのご来店ご注文をいただきありがとうございました。

限定販売しておりました新春ブレンドは、大好評につき完売となりました。

店内ご飲食では初となるヴェルディブレンドを上回るご注文数になり、通信販売でもパッケージの絵柄を指定したご注文をいただくなど、多くのお客様にお楽しみいただけて、大変嬉しく思っております。

 

現在は、新春ブレンドにも入っておりましたニカラグア・ゲイシャを週替わりコーヒーとしてお出ししています。

豆からは非常に濃厚な甘い香りがして、飲むとレモンのような爽やかさがあり、冷めるとまた、濃厚な甘さが顔を出します。

ぜひ、ご賞味ください。

 

ここで大切なお知らせがございます。

カフェ・ヴェルディ下鴨本店は、1月の第3週目に冬期休暇をちょうだいいたします。

1月18(月)・19(火) 定休日、20日(水)〜22日(金) 冬期休暇

この間は通信販売もお休みとなります。

16日(土)のご注文までは、お休み前に発送させていただきます。17日(日)以降のご注文は、お休み明けから順次発送となります。

ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承下さいますようお願い申し上げます。

 

 

 

下鴨神社、今年はやはり例年に比べて圧倒的人の少なさが一目瞭然でした。

並ばず本殿に入れるなんて…!何年ぶりでしょうか。

とってもお詣りしやすかったですが、でもまた早くあの賑やかな風景になりますように。

 

おみくじは、QRコードで。

令和やなぁ〜と思いましたが、コロナでした。

素晴らしき感染防止対策!

 

 

今年は屋台は出ませんが、ずらりと並んだ提灯が美しい日暮れ以降の参道。

 

  

時代劇の中に入ったようで、幻想的でした。

 

「時期をずらしてお詣りしてもご利益は変わらない、という学説もある」という会見もありましたので、ふらっと下鴨神社にご参拝の際は、ぜひヴェルディにもお立ち寄り下さい。

 

2021年も皆様のご利用、心よりお待ち申し上げております。

良い一年になりますように!

土田裕子

今年もありがとうございました!

2020年12月30日 

今夜も雪が降っています。

寒い寒いと言われていた年越しまで、あと一日となりました。

 

それにしても…

40度の酷暑に、誰もがマスクを着ける時代が来るなんて。

オリンピックが吹っ飛んで、緊急事態宣言という映画のようなワードが発令されて。

2020年は、間違いなく忘れ難い1年になりました。

 

程度の違いはあれど、翻弄されなかった人は居ないのではと思います。

 

そんな状況の中、変わらずヴェルディのコーヒーを必要としていただけたことに心から感謝しています。

なかなか気の休まらぬコロナ禍で、わずかでもリラックスタイムのお力添えができていれば、こんな嬉しいことはありません。

 

 

今年は店内ではもちろん、ご自宅でもこれまで以上にコーヒーブレイクをお楽しみいただけたらと、季節に合わせたブレンドをお作りしてきました。

来る2021年も、まだ少しこんな状態が続きそうです。

 

お正月のお祝いにお使いいただきたく「新春ブレンド」をお作りいたしましたので、ぜひ一年の幕開けにご賞味くださいませ。

 

ゲイシャ種を配合した贅沢なブレンドで、フワッと華やかな香りと落ち着いた後味が特徴的です。

パッケージも新年らしく、丑と熨斗の2柄ございます。

 

松の内までの販売を予定しておりましたが、大好評につき在庫が少なくなってきました。

ぜひお早めにご注文ください。

 

 

先週もお伝えいたしました通り、年末年始は時間を短縮して営業いたします。

従来通り席数を減らした状態で、こまめな換気をしながらの営業となります。

ぜひとも暖かい服装でお越しください。

また、5名様以上でご来店の際は、分かれてお座りいただくことになるかと思います。

ご理解ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

 

外出をお控えになる方も多いかと存じますが、なにかのついでにお立ち寄りいただけますと幸いです。

 

 

2021年が希望多き上向きな年になりますように。

これからも、自家焙煎珈琲店として皆様にお楽しみいただけるよう、スタッフ一同取り組んでまいります。

今後とも宜しくお願い申し上げます。

 

それでは、どうか良いお年をお迎えくださいませ。

土田裕子

このページの先頭へ