自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. フランス料理

フランス料理

久しぶりに La Part Dieu

2018年3月30日 

今日は昨日と比べると、少し肌寒い朝だった。

でも、鴨川の桜はもう満開!

朝は少し寒かったが、昼間は初夏の陽気で少し歩くと汗ばむ感じであった。

そんな今日は、開店と同時くらいから焙煎をはじめ、午前中に外で一つ仕事を済ませ、本店へ行って事務関係の用事を終えたら、ランチタイムは造形芸大店のホールに入り、午後は長岡京市の新しいお取引先へコーヒーの抽出指導、夕方には急いで店へ戻って現在進行形の企画の打ち合わせ。

と、分単位で予定が詰まっているなかなかタイトな一日だった。

このところ年度末ということもあり、さらに来月からは春秋座で都をどりが開催されることもあり、なんだか慌ただしい日々が続くが、そんな毎日でもおいしいものを頂くと、頑張る元気が湧いてくるもの。

そんなわけで、先日は久しぶりに ラ パール デュー さんでディネを頂いた。

アミューズは、鮟鱇と菜の花、桜鯛ふきのとう

雪ノ下人参のポタージュ

軽い口当たりの中に、旨味がしっかりと閉じ込められたスープ、トッピングとアンダーのエビ、全体を混ぜて頂くと、複雑な風味と歯触りが楽しい。

63種類の野菜・花・野草のサラダ

北寄貝と

こちらのお店のスペシャリテとも言えるこの一皿は、食べる部位によって味わいが違い、微妙な苦みや甘み、香りなど一口ごとにいろいろな風味を楽しめる素敵なサラダ。

ホワイトアスパラガス 卵 トリュフ

アスパラガスの火どおりが絶妙なことは言うまでもなく、下手をすると単なるマヨネーズになってしまうオランデーズソースが、なんともソフトで口当たり良く、黒トリュフのアクセントがまた楽しい。

ヨロイイタチウオ 根セロリ 香草

魚の旨味が素晴らしく、焼き加減も絶妙。

アンダーに敷かれた根セロリと、控えめに香るディルの風味が魚の旨味を引き立てている。

京都綾部の蓮が峰農場の軍鶏

シャモというと、しっかりとした歯ごたえのある、地鶏の王様的なイメージだったが、こちらはジューシーで歯ごたえはありながら、くちどけ良く淡白なのに味わい豊か。

山椒がアクセントとなったソースが、全体を引き締め風味を引き立てている。

極めてシンプルなミルフォイユ

このサックリ感とバターの風味が豊かなのに軽い味わいは、他では食べられない美味しさ。

ミニャルディーズとコーヒー

このところ、食事といえば単なるエネルギー補給になってしまっていたような気がする。

そんな中、久しぶりに食事を楽しめた一夜であった。

 

ウルトラスーパーダイエット中につき

2018年2月2日 

今朝も雲に覆われた空

でも、雨もみぞれも降っていないだけ良いことにしよう。

東京では、また雪だとか・・・この冬の前半は比較的穏やかだっただけに、ここにきての大寒波は辛いですねぇ

 

さて、私は何となく年中ダイエットしているのだが、ここにきて風呂に入るたび、鏡を見てマジでちょっとヤバイと思い始め、真剣にあと3キロ体重を落とさねばと決意。

そんな折、スキージャンプの葛西選手が、一週間一日半ダイエットというのを言っていた。

要するに、一週間のうち休みの前夜から休日の一日半は、好きなものを好きなだけ食べる。

しかし、それ以外は節制するというもの。

スキージャンプは体重のコントロールが飛距離に直結するのだから、これは効果がありそうだ、ということで私も一週間のうち1日半だけはカロリーを気にせず食べて、それ以外は一日一炭水化物&1日1500キロカロリー生活をすることに。

で、今週は造形芸大入試に伴い、普段の火曜定休が水曜日にお休みをとったので、一昨日、つまり1月31日はカロリーを気にせず一日過ごした。

なので、サーティーワンも食べに行けたわけである。

そんな一昨日、お昼は久しぶりにカミさんと出町柳の ビストロ スリージェ さんへ。

スープは、かぶとキャベツのポタージュ

パテ ド カンパーニュ

スモークサーモンのサラダ

鯛のポワレ

オングレのステーキ

ブランマンジェ

リンゴのタルト

エスプレッソで〆

どれも、いつもながらの美味しさで、やはりここで食べるとなんだか落ち着くというか、ホッとすると言うか、近所でこういうしっかりとしたビストロ料理が食べられるのは、本当に幸せなことだと思った。

あ、これぜんぶ一人で食べたわけではなく、カミさんとシェアして食べたのでした。

いくらカロリー気にしないと言っても、これは無理・・・でもないかも?

 

そして、ランチを頂いたあとは、これまたカミさんと二条へ。

ミステリーとしては、けっこうおもしろかったが、なかなか重い気分になる映画であった。

冬な気分

2017年10月17日 

今朝のウォーキングは雨天中止。

昨夜の段階で、今日は無理だろうと思って、目覚ましを6時30分にセットしておいたのだが、体内時計とでも言うのか、なぜか5時30分にはいったん目が覚めてしまう。

で、ベッドの横の窓を開けたら、雨の音がハッキリ聞こえたのでもう一度布団の中に。

なんだか二度寝っていいものですねぇ・・・

 

さて、昨日はランチが予想以上に出たので、今日のフレンチトーストに回す予定だったバゲットが全てランチとともに出て行ってしまったためフレンチトーストを作れない。

そこで、朝一では出せなかったが、クロワッサン生地にアーモンドとシュガーをのせて、けっこうしっかりと焼き上げてみた。

アーモンドトライアングル!

サクサクしていて、アーモンドの香ばしさとグラニュー糖のカリカリ感がいい感じ。

今日はテスト販売だったが、人気のフレンチトーストに負けず劣らず多くのお客様からご好評を得られたので、今後は定番商品として販売しようかと思う。

朝一でホイロ(発酵機)に入れるので、焼き上がりは11時ごろになりますが、よろしければお試しください。

.

話は変わって、このところホットとアイスのご注文比率が毎日入れ替わる。

今日はホットコーヒーのご注文が多かった。

要は、随分涼しく?寒く?なったということだが、そうなると珈琲のみならず、食べたいものも変わってくる。

ブションのメニューには、今月から私の大好きなアレが登場していた。

オニオングラタンスープ!

卵黄を入れて

よく混ぜてサーヴされる。

かなり濃厚!

毎年ブションのオニオングラタンスープを頂いているが、やはりこれはかなり美味しい♪

メインはカスレ

こちらは皿に移し替えてくれる

お腹から温まる

デセールは、ガトー オ ショコラ

食後は珈琲で

なんか、見た目同じようなものを注文してしまった、と言うか、もろに冬のようなメニューを注文してしまったが、今夜あたりはこれで十分いい感じ。

まだまだ始まったばかりなので、3月までにあたオニオングラタンスープを頂きに来ることにしよう。

 

久し振りに

2017年10月13日 

今朝は、雨でウォーキング中止かと思っていたが、起きてみたら地面が濡れていない。

もうちょっと寝たい気分ではあったが着替えて鴨川へ。

ここ数日随分暖かかったが、今日はかなり冷えるなぁ、と思いながら歩いていたら、出町柳あたりで、頭上を鴨の大群が飛び回っている。

このところ、こんな光景を目にしていなかったので、何か天災が起こる前触れではないかと危惧してみたが、恐らく日の出が遅くなったので、鳥目と言うか、夜の目がきかない鳥たちは、ねぐらから鴨川へ飛来する時間が遅くなったため、ちょうど私が歩いている時間と飛来の時間がぶつかっただけだろう、と思って一人納得しながら歩き続けた。

今日は日の出が見られなかった。

.

さて、先日久しぶりにカミさんと一緒にビストロではないフレンチへ行った。

以前は、だいたい少なくとも年に一度は伺っていたのだが、このところ何かと時間が作れず、本当に久しぶりの訪問となった レストラン ラニオンさん。

久々に肩ひじ張らず食べられるが、しっかりとレストランのクオリティを楽しめるひと時を堪能させて頂いた。

アミューズは、パプリカのムースと甘エビ

秋刀魚の軽い薫製

サツマイモのスープ

金目鯛はオリーブのソースで

私はホロホロ鳥のロースト

カミさんは、仔牛のロースト

デセールは、オレンジ風味のガトー オ ショコラ

個人的には、ビストロ大好きで、メリハリある味のものをガツンと食べる機会が多いものの、こうしてたまにこうして落ち着いたレストランの味を頂くと、気持ちから満たされるのがよく分かる。

シェフの作る優しい味わいと、マダムの素敵なサービス、また機会があれば、と言うより、時間を作って伺いたいと思いながら帰路についた。

映画とブションと定規散髪

2017年9月5日 

今日は、造形芸大店が定休日なので、朝はちょっとゆっくりめに起きて、カミさんを誘い9時半から三条へ映画を見に行ってきた。

司馬遼太郎原作の『関ヶ原』

誰もが知っている関ヶ原の合戦だが、視点を変えてみると随分見え方が違ってくるもので、日本史には疎い私ではあるが、かなり引き込まれてしまった。

そして、映画を見終えたら、ふらふらと寺町二条まで歩いて、久しぶりにブションで昼食をとることに。

今日は、恐らくこの夏最後であろうガスパチョを食べたかったので、ムニュから選ぶことにした。

ガスパチョ

カミさんは、クスクス

クスクスにかけるスープ

私は鶏胸肉のフォワグラ挟み焼き

ショコラのムース

クレームキャラメル

珍しくカプチーノ

9月下旬から、造形芸大店はランチメニューとグランドメニューをリニューアルするのだが、その前にブションで食べておきたくて、と、言うか、現在ショコラのムースの試作中。

なかなか思ったようにはできないのだが、私にとってリーズナブルな価格帯のレストランにおけるショコラのムースの基本がブションになっているので、やはり食べておかねば、と言うのを理由に、美味しく昼食を頂いた。

で、その後は下鴨店へ行って、豆を受け取って配達に行った後、ちょっと前から髪の毛を切りに行きたかったのだが、なかなか時間が取れなかったので、配達を終えたら下鴨のカットエースへ。

しかし、4人も待っているがカットのお兄さんは2人だけ。

2時間くらい待たねばならないようだったので、鞍馬口のカットヘースへ行ってみたら、こっちは待ちなしだった。

が、カットしてくれたお兄さんが、新人さんだったのかどうなのか・・・

私が「今の半分くらいの長さにしてください」と言ったら、やおら定規を取り出して私の髪の毛の長さを測り「今、8センチなので、4センチお切りしてよろしいでしょうか?」と。

来月にはカミさんと映画を見に行ったら、夫婦50割の適用になるほどの人生を歩んできて、床屋で定規を出してこられたのは初体験。

なかなか衝撃的であった。

さらに、このお兄さん、はさみを入れるごとに定規で長さを測りながら髪を切って行く。

律儀なのか、経験不足なのか、そういう性格なのか?

なかなか楽しい体験であった。

東京へ

2017年7月17日 

今朝は随分涼しいと思いながら鴨川沿いを歩き始めたが、やはり1キロほど歩いたところから、けっこう汗が出てくる。

まぁ、夏だからこんなものでしょう。

空気は湿気をずいぶんもっているように感じるものの、山鉾巡行には差し障りなさそうな空模様。

正直 Verdi は蚊帳の外なので、祇園祭と言ってもピンとこないのだが、せっかくの祝日、たくさんお客様がお越し下さったらいいなぁと思いながら歩いていた。

さて、明日は予てよりいろいろとお手伝いしていた、新大久保の「DOMO CAFE」がついにオープン。

なので、私も今夜から東京入り。

宿泊の手配をしなくてはならなかったのだが、祇園祭という感覚がないまま新幹線やホテルの予約をして、ランチタイムが終わってから店を出たら間に合うだろうと思っていたら、今日は山鉾巡行なので、そんな悠長なことを言っていたら、新幹線に乗り遅れてしまう!

てなわけで、慌てて昼ちょっと過ぎに店を離れて一路東京へ。

今回の東上目的である、DOMO CAFE のオープンについては明日の日記で書くとして、今日は夜に時間が取れたので、東京在住の兄夫婦と夕食を共にした。

いつも東京に来たら、カフェかインド料理店へ行くことが多い中、今回は兄がたまに利用すると言うこじんまりとしたアットホームで気軽なビストロへ。

伺ったお店は、新宿御苑にほど近い ル・ビストロ・ダ・コテ さん。

こちらのお店は、基本前菜とメイン、デセールのコースメインなので、とりあえずコースで注文して、ちょっとずつシェアして頂くことにした。

まずは、アミューズ

帆立とカニ、アボカドのタルタル

田舎風テリーヌ

ビーフのグリエ

本日の白身魚、アサリとコーンのマリエール

こちらのスペシャリテと書かれたブイヤベース

ダークチェリーのタルト

ショコラのムース

エスプレッソでシメ

若いご夫婦で切り盛りされている、こじんまりとしたビストロ。

ビストロとは言え、日本人の口に合うよう、一手間かかっていることがよくわかる味わい。

個人的には、デセールがもう少し無骨な感じと言うが、タルトにフルーツソースとかいらないから直球勝負の方が好みだか、そこは私の好み。

東京の街中で、家庭的な雰囲気と過不足ない美味しさ、また機会があれば利用したい一軒であった。

ふらふらと歩いて新宿東口まで来てダイキンの温度計を見たら、午後9時でもまだ30度。

京都とはまた少し違った暑い夜であった。

1 / 3123

このページの先頭へ