自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. スイーツ

スイーツ

久しぶりに

2019年3月19日 

今日は以前から一度一緒に珈琲店めぐりをしようと約束していた、本店スタッフの西本と二人で京都市内の珈琲店を飲み歩き。

まずは、京都の自家焙煎と言えばココと言っても過言ではない六曜社地下店から。

40年近く、全く変わらずに営業し続けるということの凄さを感じさせる。

大坊さんや標さんはすでに亡くなり、田口さんや関口さんはカウンターの第一線を退いてすでに久しい中、数少ない現役の伝説的な自家焙煎店主と言える奥野さんの姿を最初に見せておきたくてこの店をスタート地点にしてみた。

軽い深煎り珈琲というものを初めて知ったのは六曜社地下店であった。

そして、つい注文してしまうドーナツ、恐ろしいスピードで世の中が変わっていく中、変わらない時間の流れがここにあるということに素晴らしさを感じる。

そして、少しずつ時代を今に移していき、最後は今風のお店2軒を回った後、少しお腹もすいたということでオ タン ペルデュさんでスイーツを。

先日カミさんが食べていて美味しそうだったので、ディプロマットをハーブティーと一緒に注文。

最後はコラソンさんで〆て珈琲店巡りは終了。

結局、お昼過ぎから回りはじめ、5軒で珈琲を飲んでみた。

一日で昔ながらのお店、Verdi より少しあとの世代のお店、そしてサードウェーブと言われるコーヒーブーム到来後にできたお店を回るとなかなか面白い。

「珈琲」というものの位置づけも、年代によって全く違っているように思えた。

 

そして、今日は東京でインド料理を食べるとき、いつも胃袋を貸してくれる後輩が仕事の帰りに京都に立ち寄ったので、一緒に夕食をとることにした。

もちろんインド料理なのだが、東京では決して食べられないものを楽しんでもらおうと向かった先は烏丸紫明。

まずはパンチサラダから。

これ、イタリアンの前菜と言っても誰も文句は言わないであろう激旨温野菜サラダ。

続いて、白子65サラダ

これがなかなかのインパクトで、とても美味しかった。

断面をアップで

マトンとクレソンのニハリ

最後は、これも本当にインパクト大な味のホタルイカサートチャトニマサラ。

この刺激的なカリーは、東京でも絶対食べられない逸品。

後輩も少なからぬショックを受けていたが、それよりもインド料理初挑戦の西本がとても美味しいと絶賛していた。

ヌーさんのカリーをベースにしてしまったら、京都中のほとんどのインド料理店で食べられなくなってしまうからちょっとかわいそうなことをしたかもしれない。

ファルーダで〆

今夜も美味しく頂きました。

桜が咲く前に

2019年3月15日 

今朝はスカッと晴れて気持ちの良い空ではあったが、その分放射冷却のせいか、けっこう寒かった。

この太陽が顔を出す前の東の空がピンクから青へのグラデーションになっている光景、けっこう好きです。

 

さて、今日は金曜日だったので、私はお店で使っていただいているところへ珈琲豆の配達周りに出たのだが、季節によって入ってくるご注文の量も大きく変わってくる。

やはり春と秋の観光シーズンは、どちらのお店も忙しいようで、珈琲豆のご注文も多くなるのだが、哲学の道の近所にあるお店では、もう普段の倍以上ご注文頂いているし、その他のお取引先も少しずつ増えてきているように思う。

そんなわけで、桜の開花とともに Verdi も焙煎が大忙しになるわけだが、そうなったら私たちも行きたいお店になかなか行けなくなってしまう。

そこで、先日は桜の開花前に行っておこう!と、岡崎の オ タン ペルデュさんへ伺ってきた。

珈琲を飲もうかとも思ったが、今回は紅茶にしておいた。

ピスタチオのムース

中にはゼリーが

とても上品で美味しく、このケーキには紅茶がよく合うと思った。

こちらへ来ると、いつもアフタヌーンティーセットを注文しようかと思うのだが、だいたいいつも食事の後のお茶をしに来るので、軽くケーキと飲物になってしまう。

もう少し暖かくなったら、ぜひアフタヌーンティーセットを頂きに来よう。

スイーツもいいですねぇ

2019年2月5日 

今日はお昼過ぎから所用で出かけて、帰宅したら夜にカミさんと映画を見に行ったは。

自宅近くのバス停からバスに乗って河原町三条で降りるはずだったが、今日はなぜかバスがやたらすいていて、普段だと市役所前のバス停を出たら、すぐに誰かによって降車のボタンが押されるのに河原町御池を通過しようとしていいるのに降車ランプが点灯しない。

もしかしたら、これは自分が押さないとヤバイのか?と思いつつ、そういえばこの降車ボタンを押すのは恐らく20年ぶりくらいだなぁ・・・と、ちょっと喜びながらカミさんに「今日は誰も降車ボタン押さないね、私がおさなきゃかな?」と言ったら、「押したらええやん」とカミさんにボタンを押されてしまった。

20年ぶりくらいに押せるチャンスだったのに、この調子だと私は一生この降車ボタンを押せないかもしれない。

言わなきゃよかった・・・

 

さて、先日の東京出張では、カレー以外にスイーツも食べていたのだが、そちらを今日はアップ。

まず、二日目の朝は渋谷のカフェ「人間関係」でスコーンのモーニング。

「人間関係」って店名、すごいなぁと思ったが、横文字の店名を訳してみたらけっこうすごい店も多いので、まぁそんなものでしょう。

いろいろな種類のスコーンがならぶ

種類が多くて悩んでしまうが・・・

スコーンは1個120円、珈琲が230円なので、これだけ食べて470円というなかなかの安さ。

 

渋谷で朝食をとったら、新大久保へ向かい、CAFE DOMO さんへ。

現在、台湾のショコラを売り出し中!

珈琲とショコラ3種を頂くことにした。

このショコラがなかなか美味しくて、つい二つほど購入してしまった。

珈琲は浅煎りの台湾 FIKAFIKA によるDOMOブレンド。

 

この後、神保町へ行って、共栄堂とペルソナでカレーを食べた後、銀座でスイーツを頂くことに。

まずは、エスキス サンクへ。

珈琲とキャラメルのタルト

甘さ控えめで美味しかった♪

さすが星付きレストランのスイーツ部門、とてもバランスよく美味しいケーキだったが、残念ながら珈琲は個人的嗜好では私が最も嫌いな、エスプレッソを薄めたやつ、俗にいうアメリカーノだったので、もう一軒絶対安全なお店へ。

 

夕食の予約を入れていたカーンケバブビリヤニへ移動する途中にある紅茶店、マリアージュフレールへ。

サヴァランに合わせるお茶は、コロンビア産のものをチョイスしてみた。

お茶とお菓子で、ちょっといい店でランチできるほどの価格ではあるが、全くタイプの違う2軒でひと時を過ごすと、目に飛び込んでくる光景、隣接のテーブルでの会話、食器からサービス、ケーキの絵面までいろいろと面白かった。

ケーキ!

2018年11月8日 

今朝は全然寒くなかった。

先週あたりは造形芸大店のランチで期間限定のグラタンがよく出ていたのに、このところあまりご注文が通らない。

珈琲も、ホットが中心になってきていたのに今週はやたらアイスコーヒーのご注文が通る。

店内にいると、あまり外の気温が分からないのだが、オーダーでだいたい分かるところが面白いですねぇ。

 

さて、一昨日の和歌山日帰りツアー、最大の目的は岩出市で一番人気のケーキ店『匠 太平』さんへ行くことだった。

実は今年のウインターギフトに、匠太平さんのクッキーを使わせて頂くことになり、その打ち合わせと取材に伺ったわけである。

そのあたりについては、近々詳細をご案内するとして、せっかく和歌山まで来たので生菓子もいろいろと買わせて頂いて皆で美味しく食べた。

ベリーベリータルト

断面はこんな

コレショコラ

マロンのショートケーキ

トリュフショコラ

どのケーキも奇をてらったものではないのだが、オーソドックスなものが最上級に美味しいのみならず、もし京都でこのクオリティーのケーキを買ったら、恐らく1.5倍はするであろうお値打ち価格という希有なケーキ屋さん。

写真を撮り損ねてしまったのだが、プリンがものすごく美味しくて、これは夢ではないかと思うほどであった。

カミさん曰く、「もしこのお店が京都にあったら週一で通うわ」だそうである。

通販があれば、焼き菓子を購入したいところだが、通販もされていないので買いに行くしかない。

ある意味、京都に合ったらつい買いに行ってしまってメタボになることは避けられない。

和歌山にあってくれて有難う、と思いながらケーキを頂くのであった。

密かに気になっていた・・・

2018年11月4日 

Yahoo天気を見たら、今日は一日晴れマークがついていたのだが、朝からけっこうどんよりとした曇り空。

鴨川の水が随分と少なくなっているので、ぼちぼち雨も降ってほしいところだが、なんかパラっときて車がヒョウ柄になる程度でイマイチちゃんと降らない昨今、例年だと台風のシーズンに入る前に大きなのがやってきて、台風シーズンにはあまり来ない。

なんか季節が変になってきているように感じていたら、この冬は暖冬になりそうだと朝のNHKニュースで言っている、そう聞くと悩むのが、冬用タイヤに履き替えるか否か、一般庶民にとっての異常気象なんてそんなものなんでしょうかねぇ・・・

 

さて、東京駅の八重洲口から丸の内方面へ抜けるとき、いつも前を通って気になっていたお店、果実園

でも、どう考えてもヒゲおやじが入る類の店には見えない。

しかし、そう思うとよけいに入りたくなってしまい、先日東京へ行ったとき一緒にカレーを食べた相手を口説き落として一緒に食べに入ってみた。

イチゴとキウイと書かれていたのに、イチゴだけやん!?と思ったら、反対側にはキウイがあった。

そして、ちょっと前に見たドラマで、堺雅人が喫茶店でプリンアラモードを食べている姿が妙にカッコよかったので、出来心で注文したのがプリンアラモード。

写真では分かりにくいが、この皿はかなり大きくて、フルーツてんこ盛り。

そこに栗のアイスクリームがのっていて、いったいどこにプリンがあるのだろう?と思っていたら、ちゃんとフルーツの下に埋もれていた。

こうやって、フルーツに埋もれさせるのがア ラ モード=今風なのだろう。

まぁ、とりあえず、ここ数年何度も前を通っては、「入るべきか入らざるべきか」と悩んでいたので、やっとスッキリした。

これで、もう東京駅を突っ切るとき悩まなくて済む。

よかったよかった。

焙煎講習

2018年10月18日 

今朝は「涼しい」というより「寒かった」

毎朝、私が写真を撮っている場所には、日の出を見るために来ているおじさんがいるのだが、私は日の出を見るためではなく、毎日同じ時間にそこを通るから、単に毎朝同じ時間に同じ場所から撮っているだけなのだが、そのおじさんはここのところサッと写真を撮って過ぎ去ろうとする私に「もう5分待ったらエエ日の出が見られるのに、せっかちやなぁ」と声をかけてくる。

一応笑顔だけ返して立ち去る私。

まぁ、それだけのことで、別に何が言いたいわけではないのだが、これからだんだん日の出の時間も遅くなってくるので、そうしたらあのおじさんとも会うことはなくなるのだろう。

春までは。

たしかに、あと5分くらいで太陽が顔を出しそうな大文字山。

荒神橋を渡るころには、東の空がまぶしくなっている。

 

さて、この前の火曜日は、本店・造形ともお休みだったので、朝から夕方まで社員向けの焙煎講習を行った。

焙煎機の扱いを講習するのではなく、火力と排煙を変えて焙煎したら、どのような味になるのか、実際に同じ豆を2キロずつ、火力と排煙をかえて8種類の煎り方をしてみてその後テイスティングをした。

極端な焙煎ではあるが、このように火力=大・ダンパー=全開~火力=小・ダンパー=全開まで4通りのバランスで、浅煎りと中深煎りを煎り上げてみた。

それ以外に、Verdi の通常設定でも浅煎りと中煎りで焙煎しているので、合計10バッチの焙煎。

時間があったので、造形店長の今西は初めてハンドピックにチャレンジ。

横で見守る太田。の図

煎り止めは、造形芸大店の太田と、本店の森本に分担して見てもらうことにした。

これは、ダンパーが通常のときの豆排出時。

こちらは、ダンパー全閉時の豆排出時、焙煎機の中にものすごく煙がこもっているのが分かる。

朝からスタートして、焙煎を終えたらもう午後3時。

休みの日に、こうして勉強に出てきてくれるスタッフに心強さを感じながら、そして、火力と排煙がいかに大切かを皆がきちんと認識してくれたことを実感しながら。

さらに、森本と太田は、恐らく火力と排煙のバランスでどのように味づくりができるのかもよく分かったものだと思う。

自家焙煎の珈琲専門店として、もっと皆が勉強して深い知識と多くの経験を積めるようにしなくては。と、再認識した一日であった。

 

で、今日から造形芸大店はメニューが秋冬用にリニューアル。

パウチのフィルムがなくなったので、昨夜はヨドバシへ買いに行ったのだが、戻ってきたら末娘が「どこ行ってたの?」ときくものだから「ヨドバシに、店の買い物で」と言ったら「アイス、美味しかった?」と・・・

う~ん、読まれていた。

1 / 1112345...10...Last »

このページの先頭へ