自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. イタリア料理

イタリア料理

カミさんのバースデーディナー

2020年11月1日 

そろそろ手袋が欲しくなってきた今日このごろ。

昨年まで使っていた手袋がボロくなってきたので、今年は新しいものを買わねばかなぁ・・・

先日は見事なアーチ状に積み上げられた石があったが、今日はそのアーチこそ崩れていたものの、こんな風に積み上げられた石が。

これ積む人、すごいなぁ

.

さて、昨日はカミさんの誕生日だったので、家族みんなでお祝いのディナーをいただいた。

伺ったのは、いつものアズーロさん。

前菜を何品か選び、あとは各々が食べたいものを一皿ずつ選んで、皆でシェアして食べることに。

生白魚のクリスティーニ

柿のバルサミコ和え

恐らく今年最後であろう、水ナスのパルミジャーノ

さんまのサットオーリヲ

イカのミンチとクレソン

アップで

クレソンの下はこんな感じ

生ハムとドライトマト

グァンチャールのカルボナーラ

せせりと白いんげんの軽いトマトソース

自家製フェットチーネ 生ハムずんだクレマ

どのパスタも、とても美味しく頂いた。

5種類もパスタを作らせてしまって申し訳ないような、いろいろと食べられて良かったような。

でも、こうして近所に過不足なく美味しく頂けるお店があるということは有難いと思った。

.

ドルチェは栗のパフェを注文したのだが、カミさんのものには

こちらのパフェも、いろいろな要素が詰め込まれていて、美味しく楽しく頂いた。

こうしてヴェルディをやっていけるのも、カミさんの理解と協力あってのこと。

普段は口に出さないが、いつも感謝している。

これからも元気でいてほしいと思うのであった。

愛知でごはん

2020年10月31日 

本当に朝が寒くなってきましたねぇ・・・

ウォーキング中はすっかり日の出前。

.

さて、先日はカミさんと大府の養鶏所へ行ってきたのだが、当然のごとく養鶏所視察だけで帰ってくるはずもなく、しっかり養鶏所近所のイタリアンを予約してから出発したのであった。

伺ったのは Sin-fonia さん。

こちらは常時30種類以上のパスタを用意しているということで、店に入ったらすぐのところに数多のパスタが小さなグラスに入って飾られている。

ランチセット(1,430円で前菜・パスタ・ドリンク付き)にオプションのアラカルトをいくつかつけて頂いた。

まずは本日の前菜「秋茄子のビシソワーズ」

茄子の風味がびしっとキマッテいる冷製スープ。

もうビシソワーズのシーズンでもないような気もするが、今年最後かな?と思いながら美味しく頂いた。

続いてオプションで注文した「砂肝のオニオングラタンスープ」

すくってみると

オニオングラタンスープ自体は、とてもオーソドックスな味で美味しく頂いたのだが、砂肝を入れる必要性はあまり感じなかった。

もう一品、オプションで「柿とゴルゴンゾーラのサラダ」

これは食材の組み合わせ、ドレッシングの味わい、食感など全体のバランスが良くとても美味しく頂いた。

パスタ、まずは「きのことカラスミのペペロンチーノ」

とても美味しいのだが、個人的にはきのこの味と食感がカラスミの旨味を阻害しているように感じて、きのこも水菜もなしで、カラスミとオリーブオイルにガーリックと唐辛子というシンプルな味付けで食べてみたい気がした。

でも、シンプルすぎるより、いろいろ入っている方が良いという方も多いと思うので、これはあくまで個人の好み。

続いて「エビのプッタネスカ」

本当はサンマのプッタネスカのはずだったが、この日はサンマの入荷がなかったということで。

パスタは「カサレッチェ」という断面が S 字になっているショートパスタ。

このパスタとプッタネスカの相性は素晴らしいと思った。

オプションでドルチェも頂いた。

カタラーナのクレープ包み。

こちらもクレープがなかったら、もっと美味しく頂けたと思うのだが、作り立てのクレープなら良いのだが、このクレープは完璧な蛇足。

コーヒーは、タンザニアをベースにブラジルとコロンビアをブレンドしたそう。

個人的嗜好としては全体に、もっとシンプルに、というか、皿の上を引き算で作りこんでくれたらなぁともいつつ、客観的には味付けも良くコストパフォーマンスはなかなか素晴らしいと思った。

近所にあったら、普段使いのお店としてちょくちょく利用しそう。

今日は、午後に少し雨が降ったりしていたが、夜はすっかり晴れてきれいな夜の空を見せてくれた。

久し振りにパスタ

2020年9月15日 

昨夜は久し振りのアズーロさんで食事をした後、帰宅してフットマッサージャーに足を突っ込みながらテレビを見ていたら、ものすごい睡魔に襲われて、そのままソファーで寝てしまったので、今書いている日記は昨日の日記。です。

そんなわけで、昨日の朝は肌寒いほどであった。

水たまりにも青空が映っていた。

日の出の時間が随分と遅くなってきた。

さて、そんな久しぶりに30℃に届かなかった(天気予報曰く)一日。

次女は日曜日から就職試験のため東京へ。

高校の時から働きたいと思っていた会社の一次試験は無事パスして、今日は二次と言うか最終の実技試験。

このところ、毎日朝は私より早く学校へ行って二次試験のために実技の練習を積んできていた。

一次試験をパスした10名の中から、もしかすると採用はゼロかもしれないと言われつつも、本人的には納得できる内容だったそうである。

コロナのせいで、採用見送りや採用人数を減らす企業が多いので、当然競争率も高くなるが、彼女は第一希望以外は全く手を付けていないので、ダメだったらどうするつもりかわからないが、良い知らせが届くことを祈ろう。

と言うわけで、今日はその次女の、ひとまずお疲れ会。

仕事を終えて、いつものようにウォーキングに出た。

久しぶりに雲一つない晴天

オーダーストップ前に帰宅しなくては、と思いつつ歩いていて、時計を見たら帰路の四条あたりで7時50分。

ちょっとヤバイと思って四条から二条まで走ったら、丸太町あたりでちょっと気分が悪くなってしまって、結局自宅に戻った時点でダウン。

カミさんと娘たちに先に行ってもらい、私は少し横になって落ち着いてからアズーロさんへ。

もうLO時間になりそうだったので、私が好きそうなものを注文しておいてくれた。

そんなわけで、アンティパストは逃してしまったが、各々が注文したパスタを少しずつもらいつつ、けっこうたっぷり頂けた。

カミさんは「ナスのトラパニ風」

次女は「ウニのパレルモ風」

長女は「生ハムとイチジク」

私には、「カラスミのペペロンチーノ」をたのんでおいてくれた。

どれも美味しく頂けた。

〆はブドウのパフェ

「急がば回れ」と言うが、朝3キロ歩いて、一日立ち仕事をして、そこから時速6.5キロで4キロほど歩いた後、けっこう全力で走ったら気持ち悪くなるって・・・

ちょっとオッサンだなぁ、と、自分の体力を過信しすぎないようにしろという警告だと悟りつつ。

これからはあまり過信しないようにしながら頑張ろう。

イタリアン居酒屋

2020年9月13日 

今朝起きたら外からは雨音が。

そんなわけで、今朝のウォーキングはお休み。

でも、出勤のころには雨も上がっていたので、少し待って歩けばよかった。

さて、コロナの影響で、有難いことに通信販売での珈琲豆販売量は増えているのだが、一方で飲食店への卸部分は激減状態。

街を歩いていても、閉店や期間を書かずに休業という張り紙がしてあるところを目にすることが多い。

そうでなくても、席数を減らしたり、営業時間を短縮したり、さらに衛生費もかかるし大雨や暑さで原材料の値段も上がっているしで、この時期なかなか新規のお取引はないだろうと思っていた。

が、先日ヴェルディの豆を使いたいというお問い合わせをいただき、早速サンプルをお持ちしたところ、ご注文を頂いたので、今後のお取引についてのご説明も兼ねて、普通だったら配達地域外だが直接お持ちすることにした。

ついでに、娘と一緒に食事もさせて頂いた。

そんなわけで、伏見の「伏水酒蔵小路」へ。

ここは、大きな施設内にいくつもの飲食店やカウンターの日本酒バーなどが並ぶ商業施設。

各々のお店は施設内の道に面して並んでおり、ドアなどがあるわけではないが、各店専用のテーブルやカウンターがあるので、フードコートのような感じではなく、あくまで多店舗が集積している施設。

お気に入りの店で日本酒を飲むもよし、しっかり食事をするもよし。

注文しようとメニューを見たら、各店のメニュー以外に、「出前メニュー」というものがあって、同じ施設内の他のお店から料理を出前してもらって、席を移ることなく施設内の好きな料理が食べられるというユニークなサービスもある。

で、今回ヴェルディの豆をお使い下さるのは、イタリアン居酒屋の BAR BANA(バルバナ)さん。

6人掛けのテーブル2つの他、カウンターもあるので、一人でフラッと飲みに行くこともできるし、料理も一皿500円前後~千円前半がメインなので、数人でいろいろ注文してシェアするのも楽しい感じ。

スモークサーモンのイタリアンサラダ

イタリアン唐揚げ

チキンの肉と衣の間にバジルペーストが入っている。

出来心で注文したバターチキンカレー

バターチキンはバリバリの北インドカリーなので、通常は入っていないはずのマスタードシードが入っていて、つまりは粒マスタードで酸味を出しているのですね~

面白かった。

本日のパスタ=鶏ハートのマスタードトマトソース

二人でけっこうお腹いっぱいになった。

私は基本的にお酒を飲まないのだが、近所にこういう施設があったら、けっこう遅めの夕食などで立ち寄るのではないかと思う。

お酒を飲む店でコーヒーがどれだけ出るかはわからないが、〆のコーヒーを美味しくお楽しみ頂けたらと思う。

そんなわけで、イタリアン居酒屋さんで夕食をとって帰宅したら、いきなり外が真っ白になるほどの雨・・・

これは夜のウォーキングも無理か?と思ったら、30分ほどでやんだので鴨川へ。

けっこう大きな水たまりができていた。

しかし、丸太町より南は、道が全く濡れていない。

ということは、あの激しい雨は局地的なものだったのか?

荒神橋あたりは水たまりで、丸太町橋は濡れていないって、どんだけ局地的やねん?と思いながら、今夜もなんとかノルマは達成。

このところ、ちょっと食べすぎな気もするので、明日は節制することにしよう。

たまには居酒屋さん風も

2020年8月27日 

このところ朝からまぶしい太陽の下歩いていたのだが、今日は雲が多く日差しは柔らかかった。

なんか、いつもと風景が違っていたので、つい1枚。

日差しは弱かったが暑かった。

夕方の空も、なかなかドラマティックだった。

はじめに、一つお知らせです。

ヴェルディ京都芸術大学店は、学校の設備総合点検のため、明日28日(金)を臨時休業とさせていただきます。

恐れ入りますが、どうぞご了承くださいませ。

さて、私はお酒を飲まないので、めったに居酒屋へ足を運ぶことはないのだが、いろいろと事情があって、今夜は久し振りに居酒屋さんへ。

カミさんと長女と一緒に行ってみた。

まずは乾杯

イタリア風焼き枝豆
チーズ三種盛り
酒粕入りシーザーサラダ
燻製マヨネーズのポテトサラダ
トリッパのトマト煮込み
いわし明太フライ
丹波牛とちりめん山椒の和ピッツァ
本日のパスタ=鶏ハートとトマトのクリームソース

ちょっと食べすぎた。

でも、たまには居酒屋料理というのもいいですねぇ。

伏水酒蔵小路 のイタリアン BAR BANA さん。

ちょっと遠いけど、こういうのもいいかもしれない。

再会

2020年3月23日 

今朝は少し雲が多かったのと風が強かったので、若干寒く感じた。

でも、桜も咲き始めて、これからしばらくは歩く楽しみが増える感じ。

もうすっかり歩いている間に日の出の時間を迎えるようになってきた。

さて、このところ私のメインカメラはフルサイズセンサーの EOS 6Dなのだが、その前はEOS 50DというセンサーサイズがAPS-Cのものを使っていた。

なので、当時は店のメニューを撮影する際は SIGMA の50mmマクロがメインレンズだった。

しかしカメラを6Dにかえてからは、50mmでは少しワイドすぎるので、100mmマクロが現在のメインレンズとなっている。

で、以前使っていた50mmマクロは、花の写真を撮りたいという長女に譲ってしまった。

が、料理の集合写真を撮るときなどは、100mmマクロだと長くなりすぎて少し困ることがあり、やはり「50mmマクロがほしいな」と思っていたとき、ある方がSIGMAの50mmマクロを手放すことになり、私にお譲りくださった。

このレンズはすでに生産が終了している上、ネットで探しても、キャノン用のマウントのものはあまり出回っておらず、手放したことを少し後悔していたのだが、思わぬ形でSIGMA50mmマクロと再会して、新しいおもちゃを与えられた子供のごとく、急いで撮りに(いや、食べに)アズーロさんへ伺った。

小型ミラーレスにアタッチメントをつけてこんな感じに

今回は、フルサイズに装着するのではなく、以前同様APS-Cのカメラにつけて、80mmとして使用することにした。

まずはスープ。

F3.5で撮影したら、きちんと皿の中で合焦している部分と、ボケている部分はあるものの、SIGMA特有のシャープさもあって、過度なボケにならないところがいい感じ。

鯖のソットオーリオ。

こちらはF5.6まで絞ってみたが、こんどは逆にSIGMAのシャープさが仇となって、特に前ボケが雑然としてしまった。

F4で撮ってみたが、やや前ピンにしたのでホタルイカが少しボケてしまった。

そんなわけで、久しぶりに使うと、ちょっと思い通りに扱えなかったが、やはりこのレンズは特性を理解していたらものすごく使えるレンズ。なので中古市場になかなか出回らないのも納得。

手ブレ補正がないので、照明を落としている夜のレストランでは、シャッター速度が1/10とか速くても1/30くらいになってしまうので、そのあたりに気を付けたながら、このレンズに美味しいものをたくさん食べさせてあげられるようにしよう。

このページの先頭へ