自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. イタリア料理

イタリア料理

再会

2020年3月23日 

今朝は少し雲が多かったのと風が強かったので、若干寒く感じた。

でも、桜も咲き始めて、これからしばらくは歩く楽しみが増える感じ。

もうすっかり歩いている間に日の出の時間を迎えるようになってきた。

さて、このところ私のメインカメラはフルサイズセンサーの EOS 6Dなのだが、その前はEOS 50DというセンサーサイズがAPS-Cのものを使っていた。

なので、当時は店のメニューを撮影する際は SIGMA の50mmマクロがメインレンズだった。

しかしカメラを6Dにかえてからは、50mmでは少しワイドすぎるので、100mmマクロが現在のメインレンズとなっている。

で、以前使っていた50mmマクロは、花の写真を撮りたいという長女に譲ってしまった。

が、料理の集合写真を撮るときなどは、100mmマクロだと長くなりすぎて少し困ることがあり、やはり「50mmマクロがほしいな」と思っていたとき、ある方がSIGMAの50mmマクロを手放すことになり、私にお譲りくださった。

このレンズはすでに生産が終了している上、ネットで探しても、キャノン用のマウントのものはあまり出回っておらず、手放したことを少し後悔していたのだが、思わぬ形でSIGMA50mmマクロと再会して、新しいおもちゃを与えられた子供のごとく、急いで撮りに(いや、食べに)アズーロさんへ伺った。

小型ミラーレスにアタッチメントをつけてこんな感じに

今回は、フルサイズに装着するのではなく、以前同様APS-Cのカメラにつけて、80mmとして使用することにした。

まずはスープ。

F3.5で撮影したら、きちんと皿の中で合焦している部分と、ボケている部分はあるものの、SIGMA特有のシャープさもあって、過度なボケにならないところがいい感じ。

鯖のソットオーリオ。

こちらはF5.6まで絞ってみたが、こんどは逆にSIGMAのシャープさが仇となって、特に前ボケが雑然としてしまった。

F4で撮ってみたが、やや前ピンにしたのでホタルイカが少しボケてしまった。

そんなわけで、久しぶりに使うと、ちょっと思い通りに扱えなかったが、やはりこのレンズは特性を理解していたらものすごく使えるレンズ。なので中古市場になかなか出回らないのも納得。

手ブレ補正がないので、照明を落としている夜のレストランでは、シャッター速度が1/10とか速くても1/30くらいになってしまうので、そのあたりに気を付けたながら、このレンズに美味しいものをたくさん食べさせてあげられるようにしよう。

ミッション

2020年3月19日 

今朝は少し肌寒かったが、お昼ごろには20度になるということで、寒暖の差が大きな一日になりそう。

鴨川沿いも、少しずつ桜が開花し始めましたねぇ・・・

さて、先日の夜、こちらのお姉さまとご一緒させて頂いて、リストランテ野呂でディナー。

まずは、今シーズン最後の最後と言われた「黄色かぶらのスープ」から。

お任せと言ったら、全部乗せで前菜プレートが登場。

12時の位置から、『カツオのたたき』『石鯛のカルパッチョ』『鰆の炙り』『ハマチの炙り』『マナガツオの炙り』その隣を聞きそびれた、『鯵の炙り』『本マグロのカルパッチョ』、中央はホタテとエビとアボカドのタルタル、上にはキャビア。

シンプルに塩ゆでしたホワイトアスパラガス、フロマージュとともにいただきました。

ホタテのフライ。

かなり大きなホタテだったが、分厚い分真ん中部分はレアで食感、味わいとも一つの中で微妙に変わる美味しさ。

ホタルイカのフリット

メンチカツ

オーソドックスに普通だけど普通ではないカルボナーラ。

黒豆茶でご馳走様。

どれもとても美味しく頂けた。

シンプルな料理というのは、ごまかしがきかないので、それだけに難しいと思うのだが、そんなシンプルな料理がしみじみおいしいというのは素晴らしい。

昨年も、この時期にお邪魔したような記憶があるのだが、こんどはシーズンをかえて伺いたい。

 

そして、食後は一つミッションがあったのだが、それがどんなことかは明日の日記でお知らせします。

 

住宅街のイタリアン

2019年11月5日 

今朝は目覚ましをかけずに寝たのだが、やはり5時くらいには目が覚めて、ちょっと中途半端だったのでもう一度寝たら、次に目が覚めたのは6時40分。

なんとなくその時間から歩きに出るのもどうだかなぁ、と思ったので、今朝はウォーキングをさぼってみた。

でも、先日の計算によると一日ウォーキングをさぼったら、150グラム体重が増えることになるので、今日は夜に歩いてみた。

最近は、朝でもけっこう暗いのだが、同じ暗くても夜と朝とでは全く雰囲気が違って、夜は人の生活感があるなぁ。と思った。

 

さて、今日は午前中からいろいろと手続きなどをして、午後から夕方までは打ち合わせが入っていたので、なんだかんだで帰宅したらもう午後7時ごろ。

珍しく次女が早く帰宅していたので、たまには次女と食事でもしに行こうということになり、先日ふと立ち寄ってみていい感じだった、東一条通のイタリアン、ヴィア トランズィト へ。

カプレーゼ、これがなかなかボリュームがあって、一人だとちょっとしんどい量だった。

シンプルなだけに、細かいところで良しあしが変わるわけだが、オイルやハーブ、ブラックペッパーがいい感じでなかなか美味しかった。

ピッツァはロマーナを注文。

アンチョビの塩気がいい感じで、生地のクラストも良く、これはまた食べに来たいピッツァであった。

栗のニョッキ

以前、ランチを頂いたときに見せてもらったアラカルトメニューに、スパゲッティで「ノルマ」というものがあったので、聞いてみたらベッリーニのオペラ、ノルマからとられた名前のスパゲッティということだったので、それを食べてみようと思っていたのだが、残念ながら今日はメニューにノルマがなかったので、ニョッキを注文。

 

イタリア人のおじさんが一人で切り盛りしているカウンターのお店なので、若干時間はかかるがなんだかいい感じのお店で、ふと昔のグルバブを思い出してしまった。

またこんどはカミさんを連れて行くことにしよう。

ホットとアイス

2019年8月25日 

今朝も比較的涼しくて、昨夜などは開けた窓際で寝ていたら少し寒いくらいであった。

今朝は、久しぶりに朝から青空が見えて、そんなに暑くなくて、気持ちの良い鴨川沿い。

 

そんなわけで、朝はけっこう涼しかったので、開店直後のピークタイムに造形芸大店にご来店下さったお客様も、けっこうホットをご注文になる方が多かった。

先週あたりはアイスばかりが出ていたのに、やはりオーダーの比率は気温に敏感である。

そんな感じだったので、朝おいでになるお客様とは「涼しくなりましたね」なんて会話をしていたのだが、ホットコーヒーのテイクアウトをお待ちになっている初めてのお客様に「今朝は涼しいですね」と声を掛けたら「えっ?これで涼しいんですか?」と。

聞けば、通信講座のスクーリングで昨日北海道から出てこられたそうで、今朝のご自宅近辺の気温は18℃で最高気温でも23~24℃だとか・・・

う~ん、造形芸大店のお客様はあなどれない。

 

さて、一昨日に私の母親が89歳の誕生日を迎えたので、ちょうど学校の夏休みで下宿先から長女も戻ってきていたので、母を誘って誕生日祝いの夕食をとることにした。

どこにしようかちょっと考えたが、うちの娘たちも大好きで、アットホームな雰囲気の中気楽に食べられるアズーロさんへ伺うことにした。

コリンキー(生で食べられるカボチャ)のラペ。

ツルムラサキのソテ

水ナスのパルミジャーノ

カンパチのカルパッチョ

パプリカの冷製ポタージュ

モッツァレラのトマトソース

サルシッチャとイチジク

鱧のバジルソース

京鴨のアロースト

桃のパフェ

どれも過不足なくおいしく頂けて、ドリンクも注文したのに一人3千円代という良心的な価格設定。

個人的、と言うか、飲食店経営者としては、もう少し価格をあげても良いように思うのだが、ある意味アズーロさんご夫妻のお人柄が値付けの反映されているような感じ。

有難く頂きました。

たまにはご近所で

2019年8月20日 

今朝もいつも通り鴨川へ行ったものの、歩き始めて少ししたら雨が激しくなり始めたので途中で引き返すことに。

川沿いは雨をよけるものがないので、川端通に出て木の下を歩きつつ、ふと見ると木々の幹のほとんどは苔に覆われていることに気づいた。

毎日見ているつもりでも、実はよく観察していなかったんだなぁと。

 

さて、今日は午前中に一つ打ち合わせが入っていたので、そちらを終えて帰宅したら、もう飲食店のランチタイムも終了間際という感じの時間。

せっかく店が休みの日なので、どこかでランチをとろうと思い、今まで気になっていたものの入ったことのなかったカウンターだけのイタリアンへ行ってみた。

ランチは、パスタ数種類から一つを選ぶと、それにパンとサラダ、ドリンクがついてくるというもの。

サラダとパン

パスタは、芽キャベツのクリームソースのものを注文。

シシリー島出身のおじさんが一人で切り盛りしているこじんまりとしたお店だが、なかなか使い勝手は良さそう。

夜のメニューを見せてもらったら、パスタの中に「ノルマ」なんてものも。

どんなものか聞いてみたら、オペラのノルマをイメージしたものだそうである。

こんど、夜にそれを食べに行ってみよう。

やっと

2019年8月18日 

台風の大雨が降った翌朝は、鴨川の水もずいぶん増水していたが、今朝はもうかなり水が引いていた。

なんか、ちょっとだけ涼しい朝だった。

 

さて、昨日は下鴨、造形大ともに多くのお客様にご来店いただいたが、今日は昨日と比べると穏やかな客席。

やはり皆さん明日からの仕事に備えてゆっくりされているのか、台風などもあって帰省先や旅行先から戻るのがギリギリになり今日が移動日という方もいらっしゃるのか。

だいたい毎日チェックしているTDRのアプリで見るアトラクションの待ち時間、今日は昨日と比べるとほとんどのアトラクションが半分程度の待ち時間であった。

まぁ、大型連休の最終日とはそんなものなのでしょう。

で、多くの方にとっては明日から仕事でちょっと憂鬱な気分かもしれないが、サービス業従事者にとっては、やっと終わった大連休。

いろんな人の話を聞いていると、今年は特に人不足で大変だったとか。

私たちと同じく飲食やサービス業に従事する人の多くは、やっと休めるという感覚かもしれない。

が、私的には、やっと止まっていた時間が動き始めるといったところ。

依頼したものの返事待ちの案件や見積もり、進行中の商談などが、全て止まってしまっていたので、お盆の期間中は、よく言えば目の前のお客様に集中して仕事ができるが、悪く言えば本来だったら進められるビジネスが8月9日から10日間、つまり一か月の1/3ほどストップしてしまっているわけで、やっと仕事が再開できるわけである。

とりあえず、恐らく明日の私の携帯は大変なことになりそう。

そんなわけで、店舗運営以外の仕事再開を前に、このところなかなかゆっくり外で夕食をする時間もなかったので、久しぶりに仕事の後に一人アズーロさん。

豚バラ肉とひよこ豆の煮込み

フィットチーネ、鯖のバジルとバターソース。

さぁ、明日からも頑張ってまいりましょう!

このページの先頭へ