自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. お知らせ

お知らせ

新しい取り組み

2019年7月17日 

梅雨の真っ只中、雨に見舞われることなく祇園祭が執り行われて何よりでした。

バッタリお神輿に遭遇

車の中から撮った写真で見にくさ100点満点ですが
法被の背中の「錦」がカッコいいです。
お馬もいます。

そして明後日からはいよいよ!
下鴨の夏の風物詩 みたらし祭りが始まります。

夏は各地でお祭りだらけですね。

みたらし祭りは7月19日から28日まで。
今年も10日間行われます。

涼やかで幻想的な楽しいお祭りです。
お近くに来られた際は、ぜひ(膝上までまくれる服装で)ご参加ください。

傘マークだらけの週間天気予報が、ハズレてくれますように。

さて下鴨本店では、このたび新しい取り組みをスタートいたします。

店舗にて豆をご購入の際に手提げ袋をご不要の場合、合計金額から10円を引かせていただくというものでございます。

明日から実施いたしますので、ぜひともご活用くださいませ。
ご協力をよろしくお願い申し上げます。
※下鴨本店のみの実施となります。

梅雨明けを待たずに蝉が鳴き始めました。
台風も発生していますが、関西は先日梅雨入りしたばかり…

いつもの7月と比べて随分涼しい日があったり、かと思えばサウナみたいな日があったり。

なんだか色々とちぐはぐな様子ですので、皆さま体調崩されませぬようお気をつけください。

みたらし祭りへの道中は、ぜひヴェルディにお立ち寄りくださいませ。

ご来店お待ちいたしております。

土田

ド直球のような変化球

2019年7月11日 

今朝は、いつものように起きたものの、窓の外からは雨の音が聞こえてきたので鴨川へは出ずに自宅で腹筋だけ。

何となく朝歩かないと、シャワーをしていたら腹回りがだぶついているような感覚になる。

そんなわけで、私はダイエット中につきインドカリーは自分で作ったものの試食以外封印状態。

でもぼちぼち禁断症状が出始めているかも。

 

で、今週の一期一会カリーはこちら。

季節野菜のジャルフレッジ。

要するに、野菜炒めカリーなわけで、いろんな野菜がゴロゴロ入っていて食べ応えのある一皿。

先週が見た目のインパクト重視だったため、今週は非常にオーソドックスなものを作ろうと思ってこういう見た目になったのだが、見た目通りド直球の野菜カリーかと思って食べたら、実は手元で微妙に変化する曲玉だったりする。

ジャルフレッジは、基本的にバシッとホットなものが多い中、こちらは辛さよりも爽快感を重視して作っております。

雨が続いてちょっとうっとうしい空模様ですが、よろしければ Verdi で少しかわったジャルフレッジをお楽しみくださいませ。

装いを新たに、お値段はしばらくそのままに。

2019年7月10日 

7月9日より、ヴェルディ下鴨本店 夏の風物詩
ヴェルディしぐれがスタートいたしました!

今年から、きな粉をかけてご提供する新バージョンも登場です。

最近お客様から、和菓子とコーヒーはよく合いますねというお話を伺う機会が増えました。

仰る通り、その組み合わせは非常に好相性なのです!(と、私は思います)

ヴェルディしぐれにきな粉をかけると、食べ始めは和菓子感が強くなります。

あんこ・ほうじ茶アイスにきな粉が加わった和のテイストに、爽やかな苦味のコーヒーゼリーがスッキリした後味を演出です。

ご注文時にきな粉の有無をお尋ねいたしますので、新バージョンも是非お試しください!

そして現在、水出しアイスコーヒープレゼントキャンペーンを実施中です。

下鴨本店または通信販売にて、コーヒー豆を300g以上もしくは1800円以上お買い上げのお客様に、水出しアイスコーヒーのお試しパックをプレゼントしております。

水出しならではのまろやかな味わいをご賞味ください。

先週の日記ではオススメの作り方をご紹介しております。
よろしければ、ご覧くださいませ。

この夏から装いも新たになりました。

お値段は960円に改定させていただくこととなりますが、8月12日までは昨年同様900円にて販売しております。

暑い夏のお供にぜひ、ご活用ください!

明日は梅雨らしいお天気になりそうです。
気温が今日よりずいぶん下がるようですので、皆さまご自愛ください。

ご来店お待ちいたしております。

土田

ブラジル祭り!

2019年7月5日 

今朝はけっこう涼しくて歩き始めは肌寒いほどだったが、出勤して開店の時間になると、蒸しっと暑くなってきた。

それでも夜は涼しい風が吹き、窓を開けていたら快適な気分。

朝夕は涼しく、昼間は暑いって珈琲の産地みたいだなぁ、という感じの一日だった。

 

さて、珈琲の産地の中でも世界最大の生産量を誇るのがブラジル。

Verdi 両店では、この夏ブラジルのいろいろな豆をご紹介する「ブラジル祭り」を開催することになった。

その第一弾として、ブラジルの中でも秀逸な豆が採れる地域として名高いセラード地区のコンテストで見事優勝した豆を明日から販売開始。※ 恐らくお昼ごろからの販売になると思います。

世界各地で行われているコーヒーのコンテストは、一般的にウォッシュド(水洗式の精製)やナチュラル(天日乾燥式の精製)といった精製方法によって分別することなく、一元的に順位を決めているが、ブラジルはナチュラルが主流で、最近ウォッシュドも出てきたという事情から、セラード地域のコンテストでは、ウォッシュド部門とナチュラル部門それぞれで順位を決めるという選考方式をしている。

そんなわけで、せっかくなのでウォッシュドとナチュラルを両方とも同時に販売して、どちらもお楽しみ頂こうということになった。

ナチュラルは、ワインのような芳醇な風味とフルーティーな香りが際立つ味わい。

ウォッシュドは、クリーンなカップで後味がスッキリしている中、ブラジル豆のキャラクターであるナッツやビターチョコの風味がしっかりと楽しめる。

両方とも店内では一杯600円、豆はナチュラルが800円 / 100g、ウォッシュドは750円 / 100gで販売いたします。

数量限定のため、どうぞお早めにおためしくださいませ。

そして、優勝ロットの次は、フルーティーさが半端ではない「フルッタメルカドン」の登場!

こちらも、どうぞお楽しみに。

 

話は変わりますが、造形芸大店は先日の店内改装に引き続き、こんどは店回りの大改装工事がスタート。

店の外周に工事の囲いがありますが、通常通り営業しております。

ぜひお運びくださいませ。

3つのお知らせ

2019年7月3日 

かねてよりお伝えしておりました通り、昨日から価格改定の実施となりました。

本日も優れぬ天候の中、たくさんのお客様にご来店いただき誠にありがとうございます。
今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

本日はキャンペーンのお知らせです。

ヴェルディの夏の人気商品のひとつに「水出しアイスコーヒー」がございます。

今年も5月に入る頃からお問い合わせをいただくようになり、6月には販売を開始いたしました。

お湯で淹れるアイスコーヒーと比べて、まろやかな味わいが特徴です。
じっくり作られるせいか “お酒のよう” だと表現する人も。
確かにウイスキーのような余韻が感じられます。

カフェインもちょっと少なめです。

浸けておく時間によってお好みの味に調節できるのですが、スタッフの間では24時間が人気です。

お酒のような芳醇な香りも、長めに浸けておくとより感じられるようになりました。

そんな水出しアイスコーヒーのパックを、豆をお求めのお客様にプレゼントさせていただきます!

実施期間: 7/9(火)〜7/15(月・祝)
対象者様: 下鴨本店・通信販売のいずれかでコーヒー豆を300g以上、または1800円以上お買い上げのお客様(ドリップバッグ含)

この機会に、ぜひともお試しください。

そしてもうひとつ。

夏の大人気デザート「ヴェルディしぐれ」
こちらも7/9(火)よりスタートいたします!
楽しみにお待ちいただけると幸いです。

最後に嬉しいご報告を。

もうダメかもしれない…と思っていたコーヒーの木が、息を吹き返しました。

なんて嬉しい…

とても可愛いらしいです。

かなり長い期間沈黙を守っておりましたが、ここからまた元気に茂ってくれますように。

蒸し暑い日々が続きますので、皆さま体調には十分お気をつけくださいませ。

土田

ちょっとやってしまった

2019年7月2日 

最初にお詫びです。

昨日の夕方からこの日記が見られない状態になっていました。

ブラウザによっては、セキュリティチェックが入るものもあり、何通かご心配頂いてメールも頂戴しておりました。

これは、通販の支払い方法の中で、コンビニ後払いを追加するためにシステムをアップグレードしたとき、日記のプログラムに不備が出てしまったためで、本日の午後には復旧しました。

ご心配下さった皆様、また、せっかく日記を読もうとご訪問下さった方には大変申し訳ありませんでした。

 

そんなわけで、復旧したので本日は日記を更新。

造形芸大店で先週から月曜日まで販売していた「東インド風フィッシュカリー」は、これまでの一期一会カリーの中でも一二を争う人気で、一週間で4回も食べにお越し下さった方も複数いらっしゃるほど。

一方で、魚のカリーというだけで敬遠される方も少なくない、まさに賛否が明確に分かれるカリーだった。

そんな一部にコアな人気を誇ったカリーの次は何を作ろうか、ちょっと悩んでしまい、こうなったら見た目のインパクトで勝負!(もちろん、ちゃんと作っていますが)ってことで仕込みに入った。

まずは、カリーのベースとなるマサラの仕込み、こちらは玉ねぎとトマト。

そして、メインのカリーとは別に、ちょっとだけ添える「激旨ペースト」の仕込み。

この二つの鍋を同時に作りながら、その他の仕込みを終えて、撮影のためにキッチンからホールへ持って出たとたん、店長の今西が感嘆の声をあげた。

キーマ パプリカ

とりあえず、見た目のインパクトは間違いなく今までの一期一会カリーの中でもダントツだと思う。

で、今回は原価がいつもより高くなってしまったので、今回だけ1,300円で販売させて頂きます。

肝心のお味の方は、基本はキーマカリーなのだが、パプリカに詰めてオーブンで焼くことを前提にしているので、パプリカから出てくる野菜の味と一緒になったときにちょうどいい塩梅になるようスパイスを配合。

カリーだけで食べると、ちょっと辛さもシャープでバランスが良くないと思う方もいらっしゃるかと思うが、歯触りを残して焼き上げたパプリカと一緒に食べると、野菜の甘みと酸味にほんのり苦みも効いて、いい感じになるよう作ってみた。

そして、ほんのちょっとしかつけていないが、この「激旨ペースト」がなかなか。

実は、別のカリーのベースを考案していて、その試作として作ったもので、もう少しブラッシュアップして定番商品にできればとも思っている。

そんなカリーペースト、ちょっとだけですが、お味見頂ければと思います。

そんなわけで、今回のカリーは毎日仕入れるパプリカの数が限定数量になるので、ちょっと遅い時間になると売り切れているかもしれません。

ぜひお早めにお運びくださいませ。

このページの先頭へ