自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. お知らせ

お知らせ

通信販売の発送につきましてのお知らせ

2018年2月21日 

こんにちは、土田です。

なんとなく時折春の気配が見えないこともないような気候になる日もちょくちょく現れだしたでしょうか。

最高気温が二桁になったりならなかったり。
相変わらず最低気温は0度前後で、こうして上下の差が広がりだすと冬の終わりを感じます。

オリンピックも終盤。
日本人選手の活躍がとても嬉しいです。
それにしても今大会のメダルは大きいですね。

さて、本日はひとつお知らせがございます。

通信販売でご注文いただいた商品の集荷時間が、3月1日より大幅に変更されることになりました。
それに伴いまして、今後は商品の発送が基本的に受注翌日になる見込みでございます。

お日にちに余裕を持たれてご注文いただきますよう、お願い申し上げます。

これからも、出来る限りスピーディーな発送に努めてまいります。
今後とも何卒よろしくお願いいたします。

明日は少し冷えるようです。
何を着て家を出ればいいのかわからなくなる時期が近づいてまいりました。

今週末は北野天満宮で梅花祭です。
晴れて暖かくなるといいですね。

皆さま体調を崩されませぬようお気をつけくださいませ。

明日もご来店お待ちしております!

明日から卒業修了展

2018年2月9日 

今朝も寒かったですねぇ・・・

でも、すっきりと晴れた空だったので、比較的明るい中歩けて気分は上々

曇りと晴れで随分違う

南の空にはお月様

さて、京都造形芸術大学では、明日から卒業修了展が開催される。

Verdi のすぐ外の廊下にも作品が展示されていて、この時期は学校全体が展示場となり一日見て回っても飽きないほど。

土日は多くのお客様が来店されるので、私も見て回る余裕はないが、平日になったらぐるっと全体を見て回りたいと思う。

なかなか見応えがあるので、この週末などお時間のある方はぜひ造形芸大の卒業修了展を見にお越しくださいませ。

その際は、ぜひVerdi でコーヒーブレイクを。

日帰り東京弾丸ツアー 表参道編

2018年1月28日 

今朝も寒かったものの、昨日よりはマシだったような気がする。

鴨川沿い、自転車が通った後のわだちが完全に凍っていて、真っ暗な中気を付けないと足をひねってしまいそうで怖かった。

.

さて、日帰り東京ツアーの後編は表参道。

まずは、お食事系タルトをいろいろと見ると言うことで What a tart!へ。

前回、店長と一緒に来たときに、ここへ寄ろうと思っていたのだが、残念ながら臨時休業だったため、鎧塚さんのキッシュ店へ行ったこともあり、今回はちゃんと営業していることを確認の上訪問。

ちょっと遅めの時間だったこともあってか、並んでいるタルトも少な目だった。

でも、いろいろなタルトがあって、見た目にも楽しい。

『ローステッドトマト』と『さわら、黒胡麻、赤カブ」

『豚バラコンフィ』と『焼きりんご、ゴルゴンゾーラ』

『ポルチーニと彩きのこ』と『クラブケーキ』

どれもひと手間かけられていて、なかなか美味しく頂いた。

ドリンクは、ハーブティーをチョイス。

タルトを食べたら、スイーツということで、DOMINIQUE ANSEL BAKERY へ。

ここは、先に注文してから席をとらなくてはならないので、自分のオーダーしたものができた時点では、座る場所がない可能性が高いと言う、なかなかリスキーなお店。

面白いケーキたち

まだ、このあたりは食べたことがない

なんじゃこれ?!

この発想、素晴らしい!

とりあえず、先に注文するよう促されるも、店内は満席で、席が空くのを待っている人がそこここに立っており、ある種椅子取りゲームの様相を呈している。

そうこうしている間に、私のレシート番号が呼ばれたので、受け取りにカウンターへ。

フローズンスモアをキャラメリゼする店員さん。

「まだ席がないからちょっと待ってくれる?」と言うも、耳に入っていない様子で、全く無視してキャラメリゼし始める。

続いてミルクショットにミルクを注ぐ。

で、注文したのはこちら。

シュー生地にアイスクリーム

クッキーショット

フローズンスモア

私たちはなんとかハイテーブルを確保できたので、立ち食いはできたのだが、店内ではトレーを持ってうろうろと席が空くのを待つ人多数。

開業以来のこのシステム、確かに客数をとるためには良いのかもしれないが、客の立場からすると「席をとるのが先だろう」と思ってしまう。

それでもこれだけ人が入るのだから、店側としては修正すると言う考えにはならないのだろう。

『お店ファースト』とでもいうべきか、まさに『今のアメリカ』を体験できるお店かもしれない。

これ以上甘いものは食べたことがないのではないかと思うほど甘い、まさにインド人もびっくりなスイーツを食べたら、無性にコーヒーが飲みたくなり、だからと言って酸っぱいコーヒーでは、よけい胃が痛くなりそうだったので安全策を取って SOU・SOU さんへ。

ちょっとホッとするのであった。

話は変わって、今年からリニューアルしたメニューの中でも、ダントツの一番人気『本日のヴェルディプレート』。

今日から2月5日までは、このプレートとしては初の魚が登場。

白身魚とトマトの煮込み ディル風味がメイン料理になっている。

温かい一品は、先日出してからなぜか人気を博している「店主レシピによる豆とキーマの甘口カレー」を引き続きご提供。

一応、2月5日までの提供予定ですが、今日も12時30分前に売り切れとなってしまい、大変ご迷惑をおかけしました。

もしこの調子で出続けると、早めの終了となることもあるので、その際はご了承くださいませ。

また、今週の造形芸大店は、入学試験の関係もあり、火曜日は営業して水曜日に臨時休業を頂きます。

お間違いのないよう、どうぞよろしくお願いいたします。

 

造形芸大店の新しくなったランチ

2018年1月22日 

今朝はものすごく寒いかと思っていたが、歩いてみるとけっこう大丈夫だった。

さて、造形芸大店では1月からフードメニューを全面リニューアルしたが、有難いことに予想通り数量限定の『本日のヴェルディプレート』をお求めくださるお客様が多く、連日限定数量を売り切らせて頂いている。

1月から、キッチンの責任者を替えて、料理屋さんでの経験が長いスタッフと店長を中心に、ヴェルディプレートは概ね1週間毎、パスタやパニーニはだいたい毎日違う内容で提供している。

そのヴェルディプレートのメインを今週から煮込み料理にしてみた。

これまでも、シチューやポークのトマト煮込みはあったが、今回は専用の小さな鍋を購入して、それに入れて提供してみたら、見た目にも可愛く皆様からご好評頂けた。

メインは豚肩ロースのリンゴ煮込み、温かい一品はサバのオリーブオイル煮、冷たい一品は人参のラペとカッテージチーズ。

そこに小さなスープとグリーンサラダ、イエローバターライスがついて980円。

水曜日まで温かい一品はサバのオリーブオイル煮だが、木曜日からは店主特製の「とてもオーソドックスな甘口キーマカレー、白いんげん入り」に変更予定。

今日、ちょっと試作をしてみたが、全く奇を衒わずに、北インドの伝統的なマサラベースに挽肉をたっぷり使って作ってみた。

ごはんにかけても良し、そのままスプーンですくって食べても大丈夫な辛さに仕上げたので、よろしければ木曜日以降お試しくださいませ。

そんなわけで、毎週プレートの内容を考えねばならないため、明日はちょっと東京へ食べ歩きに。

雪、だいじょうぶかなぁ・・・?

お知らせ

2018年1月20日 

1月21日(日)、Verdi 京都造形芸大店は11時から貸切営業、夕方からはサロンライヴのため、一般の方はご利用頂けません。

お間違いのないよう、どうぞよろしくお願いいたします。

 

なお、下鴨本店は通常通り営業しております。

週末のひととき、コーヒーブレイクは下鴨本店をぜひご利用下さいませ。

 

デカフェ

2018年1月16日 

ニュースを見ていたら、今日の東京は3月並みの陽気だったと言う。

ご来店下さるお客様も、「このところ寒かったけど、今日は比較的暖かいね」とおっしゃる方が少なくなかった。

でも、朝は寒い。

さて、先日もお知らせしたが、造形芸大の大階段を上がってすぐ左手、インフォメーションの前では学生の展示が行われており、その中の一つは珈琲をとりあげたものになっている。

今日は、そのワークショップで、同一産地・同一農園の普通の豆とカフェインレスの豆の飲み比べがあった。

普通の珈琲とカフェインレス珈琲の飲み比べと言っても、生産国が違ったら味が違って当たり前、同じ国で作られた豆でも、違う農園で作られたものだったり、焙煎度合いが違っていたら、これまた味が違って当たり前。

これでは飲み比べにならない訳である。

そこで、協力を依頼された私としては、可能な限り同じ条件の普通の豆とカフェインレスの豆を飲み比べられるよう、同じ農園産の豆で普通の精製プロセスを経て入荷したものと、カフェインレスに仕上げたものを用意して、同じ焙煎度合いに仕上げて学生さんにお渡しした。

ワークショップがちょうどお昼頃だったので、私は実際に行くことができなかったものの、恐らくこんな飲み比べはめったにできないと思うので、参加された方は面白く感じられたのではないかと思う。

ワークショップは今日だけだったが、それ以外にも珈琲の展示があるので、興味のある方はぜひ足をお運びください。

京都の喫茶店を回り、苦味と酸味の度合いをチェックして一表にしていたり

焙煎度合いも一目でわかる展示があったり

珈琲についてのデータをいろいろと集めていたり

珈琲についての小ネタをいろいろと集めていたり

なかなか楽しい展示になっています。

そして、これを機に Verdi でもカフェインレス珈琲の販売を開始。

さらに、無料のワークショップは本日限りでしたが、Verdi 造形芸大店では明日から20日(土)まで、カフェインレスのブラジルをハンドドリップでご注文頂きましたら、プラス200円で同じ農園の普通の珈琲と飲み比べができるという特典付き!

今日、飲み比べを逃してしまった方、よろしければお運びくださいませ。

 

 

 

1 / 2212345...1020...Last »

このページの先頭へ