自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. ラーメン

ラーメン

夜中のラーメン

2018年4月30日 

ゴールデンウィークも始まり、ちょっと朝の鴨川沿いも雰囲気が違っている。

見慣れた人がいなかったり、見かけない人がジョギングしていたり、親子で散歩をしている姿も散見できて、朝からちょっと新鮮な気分になった。

同じ鴨川沿いと言っても、川の東側と西側でずいぶん景色も感覚も違ってくる。

この時期、太陽の位置が低いので、東側だと木陰になっているのに、西側へ行くと斜めから強い朝の光が降り注ぐ。

奇麗な新緑の合間から降り注ぐ木漏れ日、川面がキラキラと太陽の光を反射している様子は、この時期のこの時間だけなので、ちょっと得した気分になれる朝のひと時。

でも、もうすぐ朝っぱらから暑いと思い知らされることになるんだろうなぁ・・・

 

さて、私はあまりラーメンを食べないのだが、先日ちょっと遅くまで仕事をしていたら、ほとんどすべての飲食店が閉店時間を迎えてしまったので、久しぶりに東大路の北大路より少し北にあるラーメン店へ行ってみた。

なんとなく辛いものが食べたかったので、担々麺を注文。

これは、期間限定だったようで、私が食べた日が最終日だったらしい。

よく、学生時代の同級生などがSNSで深夜のラーメンをアップしていたりして、それをみるたび「よく夜中にこんなの食べるなぁ」と思っていたが、まぁたまにはいいかもしれない。

でも、やはり夜遅くに食べるなら、私はラーメンよりカレーかも。

 

なんかさびしい

2018年3月13日 

今朝もいつも通り6時ごろに鴨川へ行ってみたら、私の前をのろのろと歩く男性3人と女性一人。

20代なのは確かだと思うが、男性2人と女性1人はスーツ姿で男性1人だけラフな格好。

就活なのか、徹夜明けなのか、よく分からなかったけど朝の6時からご苦労なことですねぇ・・・

そんな今朝は、スカッと晴れて放射冷却のせいかわりと寒かった。

さて、この土日はいつもより硬貨の減りが早く、気が付いたら10円玉と500円玉がなくなっていたので、朝のピークがひと段落ついたところで両替に銀行へ。

せっかく銀閣寺の近くまで来たので、大判焼きでも買って帰ろうかと思って、銀閣寺キャンデー店の前に行ってみたら・・・・

マジか!?

別に通っていたわけではないが、白川 今出川の交差点を通ったら、冬でもアイスキャンディーが並んでいたこのお店、なくなるとなったら妙に寂しい。

流行のお店に行列ができていると思ったら、あっと言う間になくなっていたってことは珍しくないが、こういう物心ついたころから当たり前のようにあったお店がなくなるのは辛いものである。

そんな今日は、年度末と言うこともありデスクワークがたまりにたまっていたので、定休日の本店でパソコン仕事。

何気なく本店のトイレに入ったらびっくりした。

で、久しぶりの下鴨だったので、ちょっと近所で昼食を。

ものすごく久しぶりに下鴨坦々麺へ行ってみた。

坦々麺の並

麺は細めのストレート

個人的にこの店では、温かい坦々麺ではなく、冷やし坦々麺の方が好みかもしれない。

中華三昧

2018年2月6日 

今日は造形芸大店が定休日だったので、私も一日お休みを頂いた。

で、せっかくの休みなので、普通だったらカミさんと一緒にどこかへ、と言うことになるのだが、カミさんは20年ぶりくらいにインフルエンザ発病。

いつもは私や娘たちがインフルエンザになっても、彼女だけなぜか感染しなかったのに、今回は私も娘も大丈夫だったのに彼女だけがかかってしまった。

そんなわけで、今日は私一人で映画鑑賞。

本当は先週行こうかと思っていた『ルイの9番目の人生』を見に行くことにした。

そして、現在「週に一日は節制を考えず食べたいものを食べ、それ以外の6日間は1日1500キロカロリーに抑えるダイエット」という長いネーミングのダイエットをしているのだが、その週に一日は休みの日をあてることにしているので、今日は何を食べても良い一日。

てなわけで、わりとしっかり食べてみた。

まずは、ちょっと前に河原町丸太町交差点の南西角にできた まぜ麺屋 MARUTA さん。

九条ネギ、揚げ牛蒡増しで

このお店は、まず麺を小、並、大、の何れか選び、麺は冷たいものか温かいものか、そして辛さを0~10の中から選んだ上で、基本のトッピングに何かをプラスするか否か選択するという注文方法。

基本は、チャーシューとネギと揚げ牛蒡に温玉がのっており、基本はこれらの中の何かを増量するのだが、ゆずやチーズといったオプショントッピングもいくつか用意されている。

まぜ麺以外には、炊き込みご飯やチャーシュー丼、たまごかけご飯などもあり、夜はお酒のアテになるような一品ものもあった。

基本、ラーメン屋それに類するお店には足を運ばない私だったが、三条の映画館まで歩いて行く途中にあるこの店に立ち寄ってみた。

そしてランチはパート2も食べようと思っていたので、麺は小を選択。

でも、けっこうお腹がふくれた。

そして、ランチパート2は、河原町の御池と三条の間にある「中国料理 雄」さんへ。

ランチメニューの中から、中華丼と餃子のセットをご飯少な目で注文してみた。

中華丼

餃子

ここは、昼の定食ではなく、夜の一品を食べた方が良い店だと思った。

そして、なんだかんだで最近一番よく行く中華は、熊野神社の七福家さん。

水餃子

黒酢の酢豚

そんなわけで、明日からまた6日間、頑張って節制します。

 

京都市内の初積雪

2018年1月14日 

毎年センター試験の日は、必ずと言って良いほど雪が積もる。

御多分に漏れず、今年も雪が積もったが、例年に比べると積もり方も穏やかで足がぐしょぐしょになるほどではなかったが、その分アイスバーのようになって転びやすかったかも。

鴨川沿いに出たら、街頭に照らされた木々が綺麗だった。

いつもの出町柳橋の西側から。暗い中にも雪が積もっているのが分かる。

雪質は、ふわふわと言うよりザクザクという感じだった。

鴨川の西岸は、凍った雪の上をザクザクという音とともに踏みしめながら。

そんな雪の積もった今日は、造形芸大がセンター試験会場になっているため、学内からの利用が全くないためお客様も半減と言うよそうのもと、私は下鴨で一日カウンターに立った。

お正月期間にはお目にかかれなかったお客さまにも珈琲をお淹れできたり、常連のお客様とカウンター越しにいろいろお話できたり。

造形芸大の店にいると、珈琲専門店と言うよりカフェレストランという色が濃いのだが、下鴨にいると珈琲屋をやっているという実感がわいてくる。

やはり下鴨本店が、Verdiの原点であり、ここにお越し下さるお客様は珈琲に対して高い期待値をもってお越し下さっていることがよく分かる。

もっとちょくちょく下鴨のカウンターにも立って、より多くのお客様に珈琲の楽しさをお伝えできればと思った。

そんな下鴨勤務だったので、久しぶりに北大路の「あんびしゃす花」さんへ。

ここはいつも行列ができている人気店だが、幸いにも私が伺ったときはウェイティングなしですっと入れた。

しょうゆつけ麺

太目の麺

久し振りに頂いたが、行列ができるのもうなずける、なんとも懐かしい味わいであった。

こだわりのない・・・

2017年9月7日 

今朝は、歩きはじめこそ曇り空だったが、出町柳を通り越したあたりから雨が降り始めて、結局帰宅したころにはけっこう濡れてしまった。

それにしても、このところ朝夕は涼しかったのに、今朝は蒸しっとして久しぶりに汗をかきながらのウォーキングになった。

さて、今日は哲学の道沿いにあるお取引先から、珈琲の抽出講習をしてほしいという依頼を受けていたので、午後から出かけて行ったのだが、その前にサッと腹ごしらえ。

哲学の道と言うことは銀閣寺の近くなので、「大銀食堂」へ行ってみたら、あろうことか『9月6日7日は連休を頂きます。』という貼り紙。

そこで、サッと百万遍まで行って、「アオゾラ」でタイカレー・・・と思ったら、シャッターが降りているではないか!

でも、もう車をコンパーキングにとめてしまったので、そのコインパのすぐ隣にあったラーメン店に入ってみることにした。

店名も見ずに入り、ドンとPOPが張ってあった商品を食券販売機で購入。

出てきたのはこれ。

アップで

POPによると、ワシワシ麺だそうである。

自家製焙煎ふすま入りの極太麺、もやし、キャベツ、フライドオニオン、チェダーチーズトッピングにガラムマサラとチリ、ブラッククミンで味付けしてあるという、なんとも不思議な食べ物。

ここまでやってくれたら、「意外とイケる」と言いたくなる。

トンコツラーメンが食べられなくなってしまった私としては、どうしてもラーメンを食べるのであれば、これはアリかもしれないと思った。

が、どうしてもラーメンを食べたくなることがないので、恐らくこのワシワシメンは最初で最後の体験だったのではないかと思う。

で、店名を見ずに入ったのだが、ふと目の前にあったPOPに目をやると・・・

『こだわりのないラーメン屋』というのが店名だったらしい。

ということで、なんだかへんてこなラーメンを食べた後は、抽出講習のために哲学の道へ。

まずは、現在お店での抽出方法をそのままして頂いた後、私が持参したドリッパーとポットで再度抽出。

バッチリ2時間、とても熱心に取り組んで頂き、珈琲豆を提供する側としても嬉しい限り。

みなさんなかなか腕もよく、秋の繁忙期には美味しい珈琲を多くの方にお召し上がり頂けるのではないかと思う。

お近くにおいでの際は、ぜひお立ち寄りください。

店名:木曽アルテック社 京都・銀閣寺ショールーム銀意匠

住所:都市左京区鹿ケ谷法然院町43

電話:075-751-7175

営業:9:30~17:30

Web:http://www.kiso-artech.co.jp/showroom/ginisho.html

あつい・・・

2016年8月9日 

今朝の空、6時丁度のころは青空に雲が浮かんでいたのに、6時30分になると、空を雲が覆ってきた。

夕方だったら、天気の急変を恐れるところだが、その時間では雨の臭いもなく、10分後には再び晴れ渡った青空。

なんだかおもしろい空模様であった。

IMG_3473 IMG_3475

6時の空と6時30分の空

.

さて、新店のスタッフ募集も佳境に入ってきて、毎日面接の予定がびっしり詰まってきた。

募集を始めた当初は、なかなか人が集まらず、どうしようかと思ったが、矢継ぎ早に手を打ったのが良かったのか、ここにきて良い人がたくさん応募してきてくれて、ちょっと光が見えてきた。

そんな面接の合間にも、商談や打ち合わせで外に出なくてはならないことも多く、けっこうタイトなスケジュールで動く日々。

なかなか昼食もゆっくりとれないのだが、出先からの帰り道、ちょっと時間があったので、久しぶりに煮干しラーメンを食べに行ってみた。

P1080287

食券機の横にあった「限定麺」の告知を読んでいたら、店主さんが「それ、本当美味しいですよ」と声をかけてくれたので、素直にそれに従ってみた。

P1080285 P1080286

一口スープをすすると、まろやかで旨みのある味が口の中に広がり、後味はとてもクリア。

どうもコッテリ系のラーメンが苦手になってきた私としては、こういうあっさりしていながら、風味豊かなものが好みかもしれない。

でも、これは限定なので、いつもあるわけではない、残念、と、思っていたら、作ってみたら美味しかったので、レギュラーメニューにしようかと思っているとのこと。

ぜひそうしてもらいたいなぁ。

.

店名:煮干しそば 藍

住所:京都市左京区吉田下阿達町29-1

電話:固定電話なし

営業:平日=11:30~15:00、17:30~20:00

土日祝=11:30~18:00

月曜・第1・第3日曜休

1 / 3123

このページの先頭へ