自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. ラーメン

ラーメン

できごころ その2

2020年9月27日 

今朝は久し振りに雲一つない青空。

ついにウォーキング時間が日の出の時間になってしまった。

もうちょっとしたら、日の出前に歩き終えることになるのでしょうねぇ・・・

連休後の週末、先週は多くのお客様にご来店いただき慌ただしく店の中を走り回っていたが、今週はさすがにちょっと余裕があったので、先日のショコラプリンに引き続き、ついこんなのを作ってしまった。

かぼちゃのプリン。

パティシエールの松尾には、ハロウィンに合わせてカボチャのタルトを作るよう言っているのだが、私は一足先にプリンを作ってみた。

普通のプリンと比べると、だいたい2倍程度の手間はかかるが、これはこれでなかなかイケた。

10月中旬から期間限定でお楽しみ頂ければと思う。

そして夜はいつものように鴨川へ。

ちなみに、今夜の京都タワーはピンク。

何のいみだろう?

で、今日は特に涼しくて、歩き終わってもほとんど汗をかかなかった。

そんな私の夜のウォーキングコースに、昔カミさんとたまに行っていたラーメン店が。

まぁ、私はイカリヤ食堂に通っていた若ご主人と違って、カミさんと行ったかどうかは覚えているので今夜のウォーキング同様汗をかかねばならないというような失言は、こと飲食店に限ってはないはず。

それはどうでも良いとして、恐らく20年ぶりくらいではないかと思う、長浜ラーメンみよしへ。

なかなか懐かしい味

やはり、この麺の細さ!ですよねぇ

食べてみて、昔の方が味が濃かったような気もするが、逆に今の方がトシをとった私にとっては食べやすい。

こんどはカミさんと一緒に来よう。

行ってみた

2020年9月22日 

今日は祝日だったので下鴨店は営業、芸大店は火曜日なのでお休み。

そんなわけで、少しだけゆっくり寝て、7時過ぎから鴨川へ。

昨夜カリーを食べてしまったので、今日はバシッとカロリー消費しなくては!

ってことで、朝から五条まで。

好天の下、気分よく歩けた。

昼間は少し用事があったので、外に出たり家にいたり。

そして、夕方からは再び鴨川へ。

夜もいい感じに晴れていた。

さて、毎晩ウォーキングをしていて気になっていたラーメン屋さんが一軒。

このお店は不定休なようで、「今夜は入ろう」と思った日に限ってなぜか休んでいたり、満席だったりでなかなか行けず。

今夜はもし開いていて、空席があったら入ろうという強い決意をもって、ポケットに2000円だけ入れて歩き始めた。

で、

開いてたので入ってみた。

餃子と

ラーメンの並。

しょうゆラーメンで、黒豚チャーシューがウリのようだった。

アップで。

そんなわけで、とりあえず念願成就。

個人的には、もうちょっとあっさりした方が良いので、通おうとは思わないが、こういうしょうゆラーメンが好きな方は多いような気がする。

かなり塩っ気が強いが、東京にいたころに食べたような味で、けっこう懐かしく思いながら帰路についた。

できごころ

2020年9月7日 

今朝もいつも通り6時前に起きて、窓を開けたら雨の音。

これはウォーキングを休めってことだなと思い、6時30分に目覚ましをかけて二度寝したが、6時30分に起きて窓を開けたら雨がやんでいるではないか!?

ってことで、いつもより30分遅れで鴨川へ。

いつもなら、6時30分に帰宅してシャワーをして7時30分に店に入ってフレンチトートを焼きつつ、プリンを仕込みつつ、開店準備をするのだが、今日は月曜日だしそんなにお客様は多くないだろう、ということでプリンをパスすれば30分遅れでも開店には間に合う。

で、無事日課のウォーキングができた。

天気予報によると雨がふるそうだったが、結局一日晴れ間が見える好天。

でも、閉店して片づけを終えたあたりから、雲が多くなり、降るかと思ったが降らず。

なんとなく空がモノトーンだった。

さて、話は変わって、ついできごころで「辛まぜそば」なるものを食べてしまった。

とりあえず、ダイエットは無事成功したので、徐々に普通の食生活に戻しているのだが、現状52キロ代~53キロ前半あたりを行ったり来たりしている体重。

54キロを二日連続で超過したら、すぐに節制モードに入って53キロ以下が3日間続くまで食事制限をすることにした。

願わくば、53キロをオーバーしませんように。

たまにはラーメン

2020年3月31日 

今朝はどんよりと曇っていたが、そんなに寒くもなく心地よく歩けた。

今日の後半からは雨ということだが、桜が満開の時期に雨が降ると、散ってしまうのみならず色が悪くなるからちょっと嫌だなぁと思ったり。

なるべく長い間、ブルーシートのない桜満開の鴨川沿いを歩きたいものである。

さて、今日は予定していた商談がコロナのせいでキャンセルになってしまったので、ランチは何かを食べに行こうと言うことになった。

で、それなら普段はめったに食べないものにしよう、と思ってラーメンを食べに行くことにした。

どうせならめったに食べないラーメン、めったに行かないところに行こうということで、ネットで検索して決めたお店はここ。

支那そば 王王軒。

かなりの人気店ということで、早めに出かけたのだが、次々とお客様が入ってきて、ウエイティングはかかるものの、回転が良いのでどんどんまわっている感じ。

メニューはこんな感じ。

魚介出汁のとんこつしょうゆ

魚介出汁のとんこつ系で、どこか懐かしい味のスープ。

人気No.1という肉と玉子をトッピングしたものを頂いた。

麺は細め

なんだかありそうでない味で、年に数回しか食べないラーメンではあるが、レパートリーに入れたい一軒であった。

ラーメンのあとは、ちょっとスイーツなども食べに行ったのだが、そのことについてはまたいずれ機会があったら。

帰宅途中、魅力的な看板をスルーすることができず、つい・・・

新鮮な鯛がたっぷりのって、そこに生卵としょうゆをかけて食べる。一杯880円

これもまた食べに来たい一品。

気分も沈みがちな昨今、3つの密を避けつつ、美味しいものを食べて少しは元気になりましょう!

再訪

2019年3月26日 

先日から Amazon prime video で、「民王」を見始めていたのだが、昨夜はつい調子に乗って、ラスト3本を続けてみてしまった。

エピソード1から、ちょっと原作とは違うなぁとおもっていたが、最終回はちょっとあまりにも原作から逸脱しすぎていて、池井戸作品の面白さがずいぶんねじまげられていて、例えるなら小説だと思って読んでいたら、最終章はタブロイド紙のようになってしまっていたという感じ。

まぁ、それはいいとして、そんなわけで昨夜は2時前までテレビを見ていたので今朝はウォーキングをサボってしまった。

 

そんな昨夜は、民王を見始める前に、無性に餃子が食べたくなっていたので、カミさんとラッキー餃子センターへ。

この店、餃子はわりと美味しいのだが、それ以外のものはまぁ専門外ですねというものだった。

しかし、先日行ったとき、常連らしき人たちはみな担々麺を食べていたので、今回は餃子と担々麺を食べることにした。

普通の餃子と生姜餃子を合計で5人前注文。

わりと小ぶりなので、この程度なら二人でペロッと食べられる。

担々麺

アップで

この担々麺が、存外に(失礼)美味しくて、こりゃ常連さんたちが注文するのも分かるというもの。

次回以降も、餃子と担々麺だな。

 

さて、うちの次女が無事高校を卒業して、この春の入学式に着るためのスーツを買いに行かねばという話になっていた。

自宅には、どこでそういう名簿を仕入れるのか分からないが、紳士服の青山とかアオキとかから「フレッシャーズスーツフェア」みたいなハガキが届いており、娘が「どっちに買いに行こうかなぁ」と悩んでいた。

彼女的には、どちらもあまり魅力的ではなかったようだが、だからと言って、そんなに着ないものを百貨店で高いお金を出して買うのもどうなのか?と思っていた様子。

なので、それなら竜王のアウトレットへ行って、好きなブランドのものを買っては?と言ったら、そうするという返事が返ってきたので、お昼前から竜王へ行ってきた。

で、まずは腹ごしらえ。

手っ取り早くフードコートで昼食をとることにした。

カミさんに「なんでカツカレー?」と聞かれたが、逆に私は滅多にこういうカレーを食べる機会がないので、たまにはいいのではないかと思って食べてみた。

懐かしい味わいだった。

食事を終えたら、カミさんと娘はスーツ選びのためいろいろなショップを回る。

私も、一通りショップを回ってみたが、特にほしいものもなかったので、店の買い物を一つした程度。

でも、娘は納得できるスーツをDMに載っているスーツと大差ない金額で購入出来て満足していた様子。

馬子にも衣装と言うが、試着室から出てきた娘を見て、なんか一歩ずつ大人に進んでいく姿を嬉しくも寂しい気持ちで見るのであった。

スーツが決まったら、モロゾフカフェでティーブレイク。

たまには、こういう一日もいいかもしれない。

出来心で

2019年3月22日 

学校が春休みに入った末娘が、今日から小笠原諸島へ旅に出るため、集合時間の6時20分に京都駅まで送りに行った。

なので、今朝はウォーキングをお休み。

集合場所まで送ろうと思ったが、「車寄せまででいいよ」と言って一人で改札へ向かっていった。

「行ってらっしゃい」と言っても、「じゃぁ」とだけ言い残して振り返りもせず行った。

まぁ、中学くらいの年頃はそんなものなのだろう。

 

せっかく朝の6時半ごろに京都駅にいたので、いつも並んでいるのを横目に通り過ぎる第一旭へ。

まぁ、ちょっと出来心ってやつですね。

営業時間を正確には知らなかったが、ずいぶん長い時間営業されているんだなぁ・・・

とりあえず、店内に入ろうとしたら、ちょうど私のところで満席だったようで、「外でお待ちください」と。

私が入り口のところで待っていたら、後ろに3人くらい並び始めた。

通された席は私の後ろに並んでいた人と相席になり、何を注文しようかと思ったら、その相席になった40くらいの男性が「特製ヌキとご飯と餃子」と注文。

オーダーをとった店員さんが「ハイ」とこたえてふりむきざまに私を見たので「特製と餃子」と注文してしまった。

出てきたのはコレ

なかなかなボリュームにかすかに後悔の念をいだきながら、でも、餃子はちょっと小さめだなと思ったり。

写真を撮り終えて、いざ食べようと思ったがテーブルの上に箸立てがない。

相席の人を見たら、もう塩コショウに唐辛子らしきものもかけて、割りばしを割ってラーメンをすすっているではないか!?

しまった、箸のありかを見逃した!と思ったが、もしかしたらと思ってみてみると・・・

箸を発見!

やはりこういうシステムがよく分かっていない店って、ちょっと緊張しますねぇ・・・

麺は太目のストレート

味の方は、まぁ、「The 醤油ラーメン」という感じ。

トンコツが食べられない体になってしまった私としては、これなら食べられる味だった。

そうこうしているうちに、隣のテーブルも空いて、こちらも相席で男性二人が入ってきた。

そのうちのケンドーコバヤシみたいな男性が「ラーメンとライス」と注文すると、もう一人も「特製」と注文。

恐らく、この二人は第一旭の達人なんだろうと思っていたら、ラーメンが運ばれてきたとたん、二人ともテーブルの上をキョロキョロ、そして「箸、ないですよね」と二人で言っている。

なんだ、単なる一見さんか。

と思っていたら、店員さんが「引き出しに入っています」と。

店員さんに聞かずに見つけられた私って、けっこうスゴイと自分で自分をほめてみた。

 

そんなわけで、今日は午前中、若干胃もたれ状態で仕事をして、午後からは豆の配達周り。

平安神宮あたりへ行ったら、そろそろ桜のつぼみもふくらんでいた。

しかし、ふと横を見ると、もう仁王門通り沿いも、咲いている桜が一本。

ぼちぼち春ですねぇ・・・

このページの先頭へ