自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 中華

中華

久しぶりに華祥さん

2018年7月11日 

昨夜は、ついテニスを見てしまったので、今朝はちょっとゆっくりと寝たため朝のウォーキングはサボり。

私がテレビ観戦するスポーツと言えば野球かテニス。

一応学生時代はテニス部にいたので・・・

当時のテニスと言えば、ボルグ、コナーズ、マッケンローが御三家だったが、ウインブルドンに関していえば、ボルグに敵なし状態で、彼が使っていたドネーのラケットが流行っていたことを記憶している。

でも、その当時は日本人が世界ランクの上位にいるなんて想像もできないことだったので、錦織選手の活躍は本当にうれしくて、ある意味毎年最下位だったタイガースが星野監督時代になって優勝争いするのが当たり前になった当時の嬉しさに近いものがあるかもしれない。

 

さて、話は変わって、先日早めに仕事が終わった夜、カミさんと造形から自宅へ車で戻りつつ、ふと見ると華祥さんの前に行列ができていなかったので、久しぶりに行ってみた。

くらげ、ピータン、鶏の和え物

春雨と牛肉の辛子入り煮込み

卵白あんかけ炒飯

久しぶりに伺ったが、一口食べると懐かしい味で百万遍時代に毎日のように通っていたころを思い出す。

最近、中華を食べるとなったら七福家さんが多かったが、こうしてたまに食べると、やはり華祥さんの懐かしい味もいいものだなぁと。

こんどは、冷麺を食べに来よう。

 

で、今夜のBGMはこれ。

マーラー 大地の歌 カルロス・クライバー / ウィーン交響楽団 / クリスタ・ルードヴィヒ(ソプラノ) / ヴァルデマール・クメント(テノール)

私の愛聴盤は、ド定番ではあるがワルター/ウィーンフィル/フェリアー/パツァーク盤で、他にもバーンスタインのデッカ盤、グラムフォン盤両方を持っているが、これは30歳前後のころに六本木にあった輸入盤のお店で見つけて即買いしたレア盤。

録音は1967年で、この年ウィーンで大々的にマーラーが取り上げられていた時に、ベームやクーベリック、バーンスタイン、マゼールらに混ざって、何かの間違いで?若きカルロスがウィーン交響楽団を振ったライヴの録音だそうである。

カルロスだと言われて聞けば、「らしさ」の片鱗が伺えるレベルの録音だが、バーンスタインのような感情の起伏が前面に出ていない、むしろ随分と気持ちを律しながら奏でられているが、音そのものは若々しいオケの旋律に、オペラ歌手の表現力でクメントが大袈裟なほど感情豊かに歌いあげているのが面白い。

ところで、明日から今週は概ね下鴨本店に私はおります。

よろしければお運びくださいませ。

久しぶりに七福家

2018年6月11日 

今日の造形芸大は、夕方に少し私が店へ行けば大丈夫なシフトだった。

いつもなら、そんな日でも朝一から店に行っているのだが、このところ何かと慌ただしくしていたので、夕方だけ店に行くことにして久しぶりにちょっとゆっくりしてみた。

 

で、夕方に造形芸大店へ行って、店長と打ち合わせをしたり、水曜日から売価改定する商品の登録をしたり。

その後自宅へ戻ったが、次女はバレエで遅くなるから夕食はいらないと言うし、三女も教会の子供食堂に誘われており、そちらへ行くと言うので、久しぶりにカミさんと熊野神社前にある「七福家」さんへ。

ここへは私一人で来ることが多いのだが、一皿のポーションが取り分け前提なので、やはり複数で来るのが望ましい。

ってことで、いつもは食べたくても注文しない料理をたのんでみた。

皮蛋と京豆腐のサラダ

濃厚なピータンと淡白な豆腐、揚げワンタンのサクサク感にレタスのシャキシャキ感、味わいの変化と食間の変化が一皿で見事に楽しめる魅惑の一皿。

カミさんのリクエストで、「具だくさん酢豚」は、安定の美味しさ。

豚レバーとニラのピリ辛炒めは、通常メニューではなく黒板メニューから。

毎年楽しみにしている冷麺とどちらにしようか悩んだが、ちょっとピリ辛なものが食べたかったのでこちらを注文。

やはり七福家さんは、一人ではなく複数できて何皿かたのむのが良いですねぇ。

そんな中華な夜の〆は、ロシアな曲を聴きながら。

ここ1~2年好んで聞いているスクリャビン。

雨の夜、電気を落としてソファーでごろんとしながら聞くにはとても良い一枚な気がする。

和風中華

2018年3月23日 

今朝はスカッと晴れて、気持ちよく歩けたのだが、朝6時の気温は5℃。

私の i phone 6s は、気温が8度を下回るとなぜか100%充電できていたバッテリーが、突如ゼロになってしまい、勝手に電源が切れてしまうという、なかなか使い勝手の悪いスマホである。

真冬の間は、私もダウンを着て歩いていたので、内ポケットに入れておいたら保温されていて写真1枚程度であれば大丈夫だった(雪の日は、コンデジを持って出かけました)のに、今朝はちょっと油断してジャージのポケットに入れて歩いて、いざ朝の写真を撮ろうと思ったら、起動したと思ったら、画面が真っ暗になってしまい、せっかくきれいな東の空だったのに写真が撮れず・・・

まぁ、予定では明日 i phone 8 に替えるので、明後日からは少々寒くても大丈夫でしょう。

 

さて、今日は造形芸大で新4年生向けの大規模な会社説明会があったので、春休み中ではあったがスーツを着た学生さんたちが大勢学校へ来ていた。

同時に、説明に来る企業の人たちも大勢来校されていたので、なんだか慌ただしく一日が過ぎていった。

本当は、いろいろとやりたいことがあったのに、今日はほとんど手が付けられず・・・

明日、頑張ろう!

 

で、話は全く変わるが、造形芸大にお店を作る前は、ちょくちょくうかがっていたのに、近くに来たとたんあまり行けなくなっていた中華「叡」さんへ、久しぶりにランチを頂きに行ってみた。

前菜は、揚げワンタンと大原野菜、魚の出汁をとったスープに菜の花

メインは、鶏と野菜の炒め物、堀川牛蒡入り。

中華というと、どうも脂っぽいイメージがあったりするが、叡さんの料理はどれもあっさりしていて薄味。

和食を頂いている気分になってしまうこともしばしば。

軽くあっさり食べたいとき、重宝する一軒である。

ばたばたと

2018年3月18日 

この週末は、造形芸大の卒業式があったり、通信教育部の卒業・終了展示があったりと、造形芸大は学校自体が何かと慌ただしかった。

もちろん、学内にある Verdi にも多くのお客様がお越しくださり、ちょっとお待たせしてしまったり、売り切れ商品が多発してしまったり、せっかくお越しいただいたのに、申し訳ない一幕もあった。

そんなこんなで、昨日は予想以上に料理も出ていき、仕込んでおいたキーマカリーのベースが昨日中に今日の分までなくなってしまったので、今朝はウォーキングをあきらめて早めに店に行って仕込みをすることに。

いつもより1時間弱早く店に行ってみたら、もう店長の今西はすでにキッチンで別の料理の仕込みを始めていた。

まぁ、そんなわけで、今朝の鴨川の写真はないのだが、昨日もすかっと晴れた朝だったので、今朝の写真のかわりに昨日の鴨川。

この時間、鴨さんたちは川辺で地面をつついている。

恐らく虫でもいるのだろう。

さて、そんなちょっとバタバタしていた今日は、夕方から恒例のサロンライヴ。

今回は、海外でも多くの受賞歴があるヴァイオリンの北条エレナさんと、ホルンの山崎愛沙子さん、ピアノの矢野百華さんをお迎えして、前半はピアノとヴァイオリン、ピアノとホルン、ピアノソロと各々の演奏を聴かせてもらい、後半はブラームスのピアノトリオ全曲演奏という、これまでにないパターンのライヴであった。

これまでのサロンライヴを振り返ると、ブラームスの曲ってあまり演奏された記憶がない。

もしかしたら、Verdi でブラームスは初演かも?

そんな、今までにないサロンライヴであった。

 

で、この週末は、さすがの私も少々へばり気味だったので、夜はバシッと食べることにした。

唐揚げ

中華丼

今夜も七福家さんは、いつも通りの美味しさであった。

中華三昧

2018年2月6日 

今日は造形芸大店が定休日だったので、私も一日お休みを頂いた。

で、せっかくの休みなので、普通だったらカミさんと一緒にどこかへ、と言うことになるのだが、カミさんは20年ぶりくらいにインフルエンザ発病。

いつもは私や娘たちがインフルエンザになっても、彼女だけなぜか感染しなかったのに、今回は私も娘も大丈夫だったのに彼女だけがかかってしまった。

そんなわけで、今日は私一人で映画鑑賞。

本当は先週行こうかと思っていた『ルイの9番目の人生』を見に行くことにした。

そして、現在「週に一日は節制を考えず食べたいものを食べ、それ以外の6日間は1日1500キロカロリーに抑えるダイエット」という長いネーミングのダイエットをしているのだが、その週に一日は休みの日をあてることにしているので、今日は何を食べても良い一日。

てなわけで、わりとしっかり食べてみた。

まずは、ちょっと前に河原町丸太町交差点の南西角にできた まぜ麺屋 MARUTA さん。

九条ネギ、揚げ牛蒡増しで

このお店は、まず麺を小、並、大、の何れか選び、麺は冷たいものか温かいものか、そして辛さを0~10の中から選んだ上で、基本のトッピングに何かをプラスするか否か選択するという注文方法。

基本は、チャーシューとネギと揚げ牛蒡に温玉がのっており、基本はこれらの中の何かを増量するのだが、ゆずやチーズといったオプショントッピングもいくつか用意されている。

まぜ麺以外には、炊き込みご飯やチャーシュー丼、たまごかけご飯などもあり、夜はお酒のアテになるような一品ものもあった。

基本、ラーメン屋それに類するお店には足を運ばない私だったが、三条の映画館まで歩いて行く途中にあるこの店に立ち寄ってみた。

そしてランチはパート2も食べようと思っていたので、麺は小を選択。

でも、けっこうお腹がふくれた。

そして、ランチパート2は、河原町の御池と三条の間にある「中国料理 雄」さんへ。

ランチメニューの中から、中華丼と餃子のセットをご飯少な目で注文してみた。

中華丼

餃子

ここは、昼の定食ではなく、夜の一品を食べた方が良い店だと思った。

そして、なんだかんだで最近一番よく行く中華は、熊野神社の七福家さん。

水餃子

黒酢の酢豚

そんなわけで、明日からまた6日間、頑張って節制します。

 

今年も一年有難うございました。

2017年12月31日 

今日は大晦日。

ではあるが、全くそんな感覚もなく、単に「今日は下鴨に出勤だ」という気分でいつものように鴨川へ。

このところ、なかなか雲のない空に出会えない。

.

そんなわけで、今日は下鴨へ。

久し振りに10キロ焙煎機で豆を焼き、午後からはカウンターで抽出をして、懐かしいようないろいろと忘れているような。

昨日・一昨日に引き続き、多くのお客様から「マスター久しぶり」と声をかけて頂き、開業当初からのお客様も大勢お越し下さって、そういう方からは「奥さんは元気?」とも。

また、私は存じ上げないものの、店長や他のスタッフとは親しく話していらっしゃるお客様もおいでになって、そういう方々はここ1年少々の間に Verdi に通って下さるようになったお客様なのだな、と有難く思ったり。

いろいろな面で、嬉しい一日であった。

そして、全く日付感覚がないままカウンターに立っていたが、お客様がお帰りになるとき、多くの方から「今年も美味しい珈琲をありがとう、来年もよろしく」と声をかけて頂き、私も「今年も有難うございました。どうぞ良いお年を」と言っていると『今日は大晦日なんだ』という気分がふつふつとわいてきた。

この一年、足を運んで下さったお客様、また通販をご利用下さったお客様、直接 Verdi でお求めにはならずとも、私たちの豆を使って下さっているお店で珈琲をお楽しみ下さっているお客様。

店や通販でお求めはなくても、さまざまな面でお力添え下さった多くの皆さま、心から感謝申し上げます。

有難うございました。

.

そんなわけで、今年最後の2日間で食べおさめをしたお店。

まずは、もう一度食べたかったコレを私が先日食べたときの写真を見て、「私も食べたい」とカミさんが言っていたので伺った七福家さん。

まずは八宝菜

牡蠣入り麻婆豆腐

アップで

初めて食べたがとても美味しかった牛肉とポルチーニの黒胡椒オイスターソース炒め

今年も時間があったら足が向いた七福家さん、恐らく来年も通うことでしょう。

そして、やはりここは外せない、ヌール

ミニサラダとスープ

ヌールSPプルーン マトンマサラとパロタ

ちょっと湯気っていて曇ったけど、マトンをアップで

チャイで〆

いろいろあっても、美味しいものを食べると何となく気分も良くなるもの。

来年も、ちゃんと美味しいものを食べながら、そしてお客様に対しても美味しいものを提供できるよう頑張って行こう。

1 / 41234

このページの先頭へ