自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 中華

中華

日本の庶民派中華もけっこういい

2017年3月17日 

今朝は、私の体感的に言えば少し穏やかな朝。

とは言え、やはり春らしい陽気というわけではなく、寒い中では比較的マシという感じか。

でも、今日は昨日・一昨日と違い雲一つない空の下、なかなか快適に歩ける鴨川沿いであった。

さて、昨日行ったヴェーグさんで、オーナーの久保さんに「続木さんも台湾行ったんですね!?私もこの前行ってきたんですよ~」と。

実は、日記には取り上げていないが、台湾ではけっこう美味しい中華を食べた、と言うか、いつも食べている中華とは、ちょっとレベルの違うものも頂いたりして、こりゃしばらく中華は食べられないなぁ、と思っていた。

しかし、先日ふと足が向いて熊野神社の七福屋さんへ立ち寄ってみたら、やはり京都の庶民派中華もけっこういいものだと実感した。

豆腐と野菜のあっさり煮

白身魚のチリソース

鶏の唐揚げ豆鼓炒め

本場の高級店と比べたら、そりゃぁ・・・だけど、手ごろな値段で、過不足なく美味しく頂ける庶民派中華って、やはり素晴らしいと思う。

先日の華祥さんといい、七福家さんといい、我が家からすぐ近所に、気楽に手ごろに美味しく頂ける中華があるころは、とても幸せなことだとしみじみ思う夜であった。

並んでいなかったら

2017年3月13日 

今朝は、昨日に比べると少し寒さも和らいで手足の指先が冷たくなることもなく歩けた。

だいたい毎朝同じコースを歩いていると、毎日会うというかすれ違う人が同じなわけで、お互い顔なじみではあるが、全ての人とあいさつを交わすわけではなくて、この人とは毎朝あいさつするが、この人とは特にあいさつするでもなくすれ違うということがおきてくる。

で、ここ1年以上、ほぼ毎朝顔を合わせているのに、今まであいさつをしなかった年配の人と、今朝はじめて「おはようございます」と声をかけてみたら、むこうも「おはようございます」と笑顔でかえしてくれた。

なんとなく気分よく一日が始まった。

さて、出町のふたばさんの前を通って、行列ができていなかったらつい豆餅を買ってしまうのだが、こちらのお店も並んでいなかったら入ってしまう。

チーズ入り春巻き

鶏とピーナツの炒め

坦々麺

朝のウォーキング時とまでは言わないが、百万遍の雑居ビルの2階で営業されていた頃の初期段階では、いつ行っても同じ顔の人たちで、お客同士が挨拶をかわしていた華祥さん。

久し振りに行ったら、知っている顔は全くなし。

店の人も、田口さんと奥さんと息子さん以外は私のことを知らないわけで、ある意味華祥さんにとっては良いことだと思いつつ、なかなか気軽に行けない店になってしまって、ちょっと淋しいような。

でも、また並んでいなかったら入ることにしよう。

久々に

2016年12月26日 

今日から造形芸大店は時間短縮営業に入ったため、今朝はいつもより少しゆっくりと寝て、朝のウォーキングはサボることにした。

で、この機会に通常営業中はなかなか行けなくなってしまったお店へ行こう!と思って、久しぶりに熊野神社の『七福家』さんへ。

p1090212 p1090214

八宝菜と排骨飯を頂いてみた。

八宝菜の方は、以前よく来ていた頃と変わらぬ美味しさ。

排骨飯は、ごはんを少な目と言って注文してみたが、ご飯こそ少なくても、肉の下にはもやしとタマネギがたっぷり。

ただ、カレー風味というのは、個人的に好みではなかった。

でも、やはり久しぶりの七福屋さん、落ち着けていい店だと思った。

明日は定休日で、明後日の営業が終わったら、造形芸大は年末年始休みを頂くので、その間私は久しぶりに下鴨のカンターに立つことになりそう。

こちらも、久々に下鴨のお客様にお目にかかれることであろう。

今年も残すところあと少し、頑張って行こう。

近場で

2016年7月25日 

梅雨明け以降、ほとんど雨が降らない日々だったが、今朝はどんよりと曇った空。

天気予報によると、お昼頃から雨が降ると言うことだったので、久しぶりの雨かと思っていたが、結局3時ごろにぱらっと降っただけで、一日中曇り空の定休日であった。

IMG_3366

明日も、雨の予報だけど、どうなることでしょうねぇ・・・

.

さて、このところ新店の打ち合わせや、現場を見に行ったりで、造形芸大近辺に行く機会が多くなり、その近所で昼食をとることもしばしば。

下鴨近辺の徒歩圏だと、牛丼屋さんか、カレーのチェーン店に落ち着いてしまうのだが、やはり場所が変わると普段は食べに行かない店に行けるので、しばらくは楽しめそう。

と言うわけで、先日も造形芸大近所の、あっさり中華「叡」さんへ伺った。

P1080182

まずは、前菜とスープ。

こちらは、大原などで仕入れた地産野菜を使っていることが大きな特徴。

スープなどは、和食か?と思うほど繊細かつ出汁の旨みが堪能できるもの。

P1080184 P1080187

鱧の天ぷらと、麻婆茄子。

メイン料理も、あっさりとした味付けで、中華と言うより和食的な味わい。

P1080188

オプションで、エビチリも注文。

大ぶりのエビがぷりっぷりで、衣とチリソースもバランスも良く、本当に上品なエビチリ。

気楽に行ける中華と言うと、脂っぽかったり、味が濃いものが多い中、あっさりと食べられる叡さん。

これから伺う機会も多くなりそうである。

.

店名:中国料理 叡
住所:京都市左京区北白川上終町22-10
TEL : 075-723-6651
営業:11:30~14:30 17:30~21:00

木曜定休

このページの先頭へ