自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 店主のお仕事

店主のお仕事

一年間有難うございました。

2020年12月31日 

昨夜から雪がちらほら

ちょっとだけ白くなっている出町柳からの景色。

もうちょっと積もるかと思ったが、うっすら雪化粧という感じの朝。

歩いていたら、雪の積もったベンチに可愛い紙袋が

ぱっと見た感じ、中には包装紙に包まれた何かが入っていたので、もしかしたら昨夜ここでプレゼントされたものを忘れてしまったのかも・・・

とか考えてしまった。

さて、昨夜は今年の食べおさめでインド料理を食べに行った。

西宮の先の方まで

本日のフィッシュサラダはカツオ。

鮮烈なドレッシングで、しょっぱなかな刺激的。

牡蠣のプラオとオイスターペッパーフライのセット。

このプラオ、牡蠣以外にもホタテや鮭、海老なども入っており超豪華。

香りだけでTKOされるほどであった。

このほかにもパヤニハリやチェチナードなども頂いた。

久し振りにヌーさんの料理を食べたら、「やっぱりコレだ!」という味。

思えばヌーさんと出会って早10年以上、私にとってインド料理のスタンダードがヌーさんの味になっていることを改めて思い知らされた。

.

今日は終日下鴨のカウンターに立ったのだが、久しぶりに下鴨で一日珈琲を淹れていると、懐かしいお客様にお目にかかれたり、私が知らない常連さんがいらっしゃったり。

激動の一年の中で、こうして営業を続けられたのは、ひとえにお客様あってのこと。

久し振りの下鴨で、珈琲を淹れつつ、本当に有難いことだと実感させて頂いた。

そして、足繁く通って下さっているお客様の中には、ヴェルディの珈琲がスタンダードになっている方もいらっしゃると思う。

そんなお客様にとってのスタンダードが、本当に良いものであり続けるよう、来年も努力していかねばならないと心に誓った大晦日であった。

今年一年、誠に有難うございました。

来年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

プリン プリン プリン

2020年11月29日 

今朝は寒かった。

このところ、芸大店のクレームキャラメル、要するにプリンが大変なご好評を頂いており、毎日私は朝の7時30分からプリンを焼いているのだが、金曜日は珍しく一食しかご注文が入らなかった。

週末は特にご注文が集中するので、金曜日は多めに作ったのに、ちょっと肩透かしをくらった気分。

そして、土曜日も夕方まではほとんど注文が入らなかったので、これは日曜日の仕込みが楽だな、と思っていたら、土曜日の夕方あたりから立て続けにプリンのオーダーが通り、結局今朝も早めに出勤してプリンを焼くことに。

そんなプリンを作るとき、一番最初にするのはカラメル作り。

グラニュー糖を溶かして焦がすのがカラメルなわけだけど、溶け方が何となく前方後円墳みたいだった。

そんなわけで、今朝も朝からプリン作り。

コーヒー焼いたり、カレー作ったり、プリン焼いたり、私は何屋だろう?と思いつつ、どれも楽しいからいいかってことで、無事開店前に焼き終えられた。

そして、最近プリンとともに人気なのが「自家製ガトー オ ショコラ」

冷えたお皿に冷えたアングレーズソースを敷いて、その上に温めたガトー オ ショコラをのせて提供しているのだが、こちらもけっこうリピーターが多く、最近仕込み量が倍以上になってきた。

で、洋菓子担当の松尾が「せっかくだから、デコレーションしませんか?」と言うので、ちょっとやってみることに。

これは、もうちょっとブラッシュアップが必要ですね。

.

なんて、ガトー オ ショコラで遊んでいたら、夕方のピークが訪れて・・・

カレー1食を挟んで次々とプリンのオーダーが・・・

この間、私は必死でケースからプリンを出してカットしてホールに送り続けつつ、「うちは何屋や?」と思ってしまった。

そんなわけで、多めに作ったつもりが、もうストックが尽きてしまったので、明日も朝から頑張ってプリンを焼きます。

カレーリーフも、いい感じで育ってきましたねぇ・・・

これから寒さも本番、頑張って越冬させねば。

そして思い出へ

2020年11月20日 

天気予報によると、今朝は雨のはずだったが、起きた時点ではまだ降っていなかったので鴨川へ。

今にも降り出しそうな空、雨の臭い、今朝は歩いている人がとても少なかった。

さて、昨日は京都芸術大学で開かれた「国連75周年記念事業 芸術文化フォーラム」で、明石元国連事務総長はじめ、デイビッドマローン国連事務次長、長谷川元国連事務総長特別代表、ユネスコ鈴木理事長などの皆様にコーヒーをサーヴさせて頂いた。

芸大の大会議室に特設コーヒーコーナーを作って

食後のコーヒーは、淹れたての猿之助ブレンド。

皆さま「美味しかった」と言ってくださって有難いことであった。

.

話は変わって、今日は運賃が発生する年齢になって初めて、京都の市バスで「料金はいらない」と言われて無料で北野天満宮まで乗せてもらった。

まぁ、こんなこともあるんだなぁ、っていうエピソードだったのだが、書き始めると長くなるので、なぜそうなったかについてはまたこんど。

帰りに中立売通りを歩いていたら、子供文化会館がこんな感じになっていた。

娘たちが幼稚園の頃から、バレエの発表会はここでさせて頂いていたので、もうかれこれ17年に及ぶ思い出が詰まった場所。

いや、ここのステージに立っていた間は、現在進行形だったが、廃館となった今は、もうここの舞台に立つ娘を見ることは叶わないので、思い出の中だけに残る場所となってしまった。

電気の消えた会館を取り巻くフェンス、現在進行形が思い出へと変わる瞬間であった。

本日はパスで

2020年11月13日 

今日はどんより曇って寒い朝だった。

そんな今日は、朝一でゲイシャの焙煎を終えたら、お昼前から配達回りをして、その後打ち合わせで夕方まで店を空けていたのだが、出先から売上をみようとしたら、芸大店のデータが上がっていない!

店に戻って見てみたら、今日はクレジットが使えないと。

「なぜクレジットの認証が通らなかった時点で通信ができないことをレジの会社に問い合わせない!」と、思ったが、金曜日の午後6時ではなすすべもなく・・・

仕方なく、通信関係のメンテナンス会社に電話して来てもらったが、現在午後10時でまだ復旧の目処は立たず、点検のためwifiも使えないので、この日記は携帯から書いている。

そんなわけで、今夜は何時になるかわからないため日記はパス。

せっかくアクセスしてくださった方、ごめんなさい。

自分時間を作りたい

2020年11月3日 

今日は芸大店は定休日。

でも、祝日なので下鴨は忙しいかと思い、店長に必要なら出勤するがどうするか?ときいたら、「大丈夫です」と言われたので、下鴨には出ずにたまっているバックグラウンドの仕事をすることにした。

なので、時間的な拘束がないため朝はゆっくり寝ようと、アラームをかけずに床に就いたのだが、目が覚めて時計を見たら午前5時45分。

体内時計と言うものは思いのほか正確で、いつもの時間には目が覚めてしまった。

が、強い意志をもって二度寝をしたものの、結局7時半には目が覚めて、昨夜途中で見るのをやめた映画を最後まで見てから鴨川へ歩きに出た。

昨日の雨とは一転、雲一つない青空!

鴨川のカモさんも、水が引いた浅瀬で日向ぼっこをしていた。

で、昨夜歩けなかった分、今朝は五条まで歩いて、戻ったらシャワーをして芸大店へ。

祝日の下鴨でパソコン作業をしようと思っても、ちょっと慌ただしいので誰もいない芸大店でデスクワークをすすめてみた。

実は、現在このサイトの通販ページをもっと作りこもうということで、写真を大幅に増やして豆の説明もしっかりとつけるようにテキストを打ち込み中。

でも、画像の加工やらテキストをどう書くかなど、画像編集をしながらテキストを考えながらなので、一つの商品ページを仕上げるのに1時間以上かかってしまい、結局今日は5ページしか編集できず。

生産国データなど、調べれば書けるような部分は他の社員にふって、提出するよう言ってあるので、それらが上がってきたところで私が作った部分と合わせればアップできる。

まだ目に見える状態での反映はできていないが、今月中には通販ページをより深く説明できるページに仕上げようと思う。

そんなわけで、あんなに明るくて空がきれいだったのに、一日パソコンに向かって気が付いたら外は真っ暗。

このところ、なかなか自分の時間が取れない定休日が続いているが、今月中に1日は自分時間を持てるよう頑張ろう。

.

話は変わって、先日ヌーラーニの教子さんから頂いたカレーリーフの種。

表面が割れて根のような芽のようなものがでてきている。

わりと早い段階で、こうなってはいるのだが、なかなかちゃんと芽が出たという感じにはならない。

ちょっと不安になりつつ、でも発芽して成長してくれることを祈りつつ、頑張って育てていこう。

芽が出てきた

2020年10月29日 

今朝、目が覚めたのは5時30分ごろ。

窓の外を見たら、なかなか東の空は美しかった。

で、6時に鴨川へ出たが、もう寝起きに見たワインレッドの空は薄いオレンジになっていた。

さて、先日ヌーラーニの教子さんからカレーリーフの実がついたままの枝を頂き、葉っぱは料理に使い、実は洗って種だけ出してプランターに植えてみた。

ネットで調べたら、完全に埋めてしまうより半分程度土から出して日の光にあてた方が良いということだったので、それに倣ってみたのだが、問題は気温。

25℃以上が良いということだったが、このところ冷えだしたので、昼間の屋内でも25℃をキープするのがギリギリで、夜は10℃台になってしまう。

そこで、昼間は焙煎機のすぐ横において、夜はカウンターの冷蔵庫などが並ぶ間に置けば、冷蔵庫の出す熱で少しは暖かいかと。

そうして2週間弱が経過。

今朝見てみたら・・・

ちょっとだけ芽が出てきた。

と、思いながら別の種を見てみたら・・・

これは発芽目前という感じ。

この調子でバッチリ発芽してほしいものだが、問題はその後で膝くらいの高さまで成長しないと、なかなか越冬は難しいらしい。

今までに何度かコーヒーの木を育てたものの、冬のお正月休み中に枯らしてしまうということがあったので、昨年はバックヤードのストック用大型冷凍冷蔵庫の横で越冬させたら、コーヒーの木はちゃんと生き残ってくれた。

カレーリーフは温度とともに太陽光も必要ということだが、なんとかこの冬を乗り切って、来年にはフレッシュのカレーリーフを使った美味しいカレーを提供できるようになりたい。

頑張ろう!

このページの先頭へ