自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 店主のお仕事

店主のお仕事

cookpadTVとキーマカレー

2019年4月14日 

わりと寒さも落ち着いた感のある今朝は、久しぶりに薄手のジャージで鴨川へ。

今日は午後から雨だったので、朝の段階でもどんよりと曇った空であった。

 

さて、昨日は cookpadTVの心斎橋スタジオで珈琲の焙煎講座をさせて頂いた。

14名の方が集まって、最初に珈琲全般についてサラッと説明した後、自分で焙煎するときの豆の選び方などを解説、そして手網を使っての焙煎を皆で体験して頂いた。

7名ずつ2班に分かれて、1分ごとに交代して順繰りに手網焙煎を体験。

途中から煙が出てきて、香りもしっかりと感じられ、豆がはぜる音を聞いて、みなさん新鮮な驚きをもちながら手網を動かしていた。

ちゃんとした焙煎機で焼くのと比べると、どうしても煎りムラはできるが、自分で焙煎したものの味は格別だったのではないだろうか。

焙煎体験の後は、同じ豆でも浅煎りと中深煎り、深煎りで味が違うということを試飲で体験。

どの焙煎度合いが好みか聞いたところ、面白いことにほぼ1/3ずつできれいに好みが分かれた。

土曜日の午後、みなさまお楽しみ頂けたようで良かったのではないだろうか。

cookpadTVスタッフのみなさん、私も楽しくイベントができました、また機会があったらぜひお呼びくださいませ。

 

で、お昼を食べる余裕もなくイベントに入っていったので、京都へ戻る前に少し食事をしようと心斎橋のアーケードを歩いていたら、ふと目に飛び込んできたのがここの看板。

 

よく分からなかったが入ってみた。

すると、今日はルーとトンカツが売切れたので、キーマしか出せないとのこと。

それでも食べてみようということで、マトンキーマと黒咖哩をライス少な目で注文。

マトンキーマ

黒咖哩

個人的には、「元祖渡辺カリー」というのを食べてみたかったが、今回は売切れ。

こんどまた食べに来てみよう、とは思わないが、もしチャンスがあれば、かな。

 

そして、今日はサロンライヴ。

木管四重奏という、これまでなかったアンサンブルで、曲目も近代フランスものが多く、なかなか楽しいコンサートになった。

今夜の様子は、またこんどご紹介します。

サツエー

2019年4月12日 

なんだか朝の気温がなかなか上がらない。

でも、暑くなったらそれも嫌なので、これくらいの気温が一番良かったりする。

 

さて、昨日の日記にも書いたが、GW前後から造形芸大のメニューが全面リニューアルして、カレーのラインナップが充実する。

それに伴い、メニュー用の写真を今日の午前中に撮ってみた。

と、日記に書いたら数日後に「まだメニュー変わっていないの?」と聞かれることがあるのだが、なかなかメニューのリニューアルって簡単にはいかないもので、まずは現在のメニューで使っている食材の在庫を見て、それらを使い切る段取りをたて、新しい食材を注文してうまく切り替えなくてはならない。

さらに、キッチンスタッフのオペレーションもしっかり決めなくてはならなので、やはりメニューの入れ替えを決めても最低1か月程度は猶予が必要になってくる。

そんなわけなので、あと3週間程度お待ちくださいませ。

メニューの写真は、もうしばらく後のお楽しみということで、今日はついでにスパイスの写真も撮ってみた。

たまに「50種類以上のスパイスを配合して・・・」とかって言っている人もいるが、私の場合せいぜいホールスパイス4~5種類とパウダースパイス4~5種類、全部で10種類も使わずにカレーを作ることがほとんど。

なので、ここの写っているスパイスだけで十分いろんなカレーが作れるわけである。

そんなわけで、突然ですがクイズです。

ここに写っているホールスパイスとパウダースパイス、全て何かを当てられたら、メニューが変わった後、お好きなカレーと食後の珈琲をプレゼント!(1回限り・店内飲食に限る)

お問い合わせフォームからメールでご回答くださいませ。

締め切りは4月13日(土)午後8時。

お待ちしております。

CookpadTV スタジオでのオフラインイベント

2019年4月2日 

昨夜と言うか、今朝と言うか、ともかくちょっと遅くまで仕事をしていたので、今朝は少し寝坊して7時過ぎまで寝てしまった。

起きたら、amazon prime video で、この前途中まで見ていた映画を見終えてからパソコンに向かう。

普段の営業中は、なかなかデスクワークができないのと、年度末のいろいろな作業が山積しているので、お昼過ぎまでちょっと集中してキーボードをたたいてみた。

 

さて、話は全く違いますが、今月 4月13日(土)に大阪の心斎橋にある、Cookpad studio で珈琲の手網焙煎体験と、焙煎度合いによる味変化を体験するワークショップを開催します。

主催は CookpadTV(クックパッドTV)で、現在参加者募集中!

詳しくは、こちらをご覧ください。

https://peatix.com/event/625170/view

募集のページに書かれている案内文には、私のことをバリスタと記載されておりますが、私は自分のことをバリスタと表現したことがなく、個人的にはバリスタと言われるのが好きではないので、ちょっと違和感を覚えつつ、でも、今の世の中そういう名称の方が分かりやすいのかもしれないと思いつつ。

ともかく、皆さんに楽しんで珈琲に対する理解を深めて頂けるようなイベントにしたいと思っております。

人数に限りがありますので、ご希望の方はお早めに。

なお、ヴェルディでは受付をしておりません、必ず上記サイトからお申し込みをお願いいたします。

カレーつくりは楽しい

2019年3月28日 

昨夜というか、今日の未明というか、ともかく夜中に右足のふくらはぎが猛烈に痛くなり、足が引きちぎれるかという感じの時間が続いた。

実際には数分だったのかもしれないが、そういうときって永遠かと思うほど時が長く感じる。

なんとか痛みはひいて、ちょっと足がつったような感じで朝を迎え、一応ウォーキングに出ようかと思ったが、まともに歩けなかったので、とりあえず鴨川へ出るのはあきらめて、シャワーで温めながらふくらはぎをもんでみたり。

結局ホルタレンテープという湿布をはって出勤。

午前中は歩くのが辛かったが、午後はなんとか痛みも和らいで、あまり影響なく仕事ができて一安心。

でも、やはりまだ何となく右足には違和感があるので、夜中にまた痛むのではないかとちょっと不安。

やはり運動不足なんでしょうかねぇ・・・

 

そんな今日は、これまで宿泊施設として営業されていたお取引先が、この春からカフェに業態変更されることになり、コーヒーマシンが搬入されるので、その味調整に立ち会うため現場へ向かった。

わりとスムーズに味の調整ができたのだが、ほんの0.5秒の蒸らし時間変更や、ほんのちょっとの挽き目の変更で全く味が変わるから面白いもの。

私はけっこうこういう場面に立ち会っているので、そんなものだと思っているが、初めてマシンの味調整に立ち会ったこのカフェのオーナーさんは驚いておられた。

こちらは、昔ながらの民家を改装したもので、なかなか情緒があっていい雰囲気。

この丸二つがこちらのロゴマーク

こういう席で、ゆっくりと時間を過ごしたいものですねぇ。

オープンは4月下旬なので、また正式に開店したらお知らせいたします。

 

さて、昨日の話ではあるが、昨夜は京大のある研究室のが、送別会にヴェルディ造形芸大店をご利用下さった。

昨年の忘年会でもご利用頂いて、今回が2回目だったのだが、こちらの研究室にはビーガンのインド人の方がいらっしゃって、研究室で飲み会を開催しても、豆腐くらいしか食べられるものがなく寂しい想いをされているということだった。

そんな中、昨年の忘年会ではインド人に理解のあるヴェルディで開催され、インドの方にもいたく気に入って頂いたそうで、今回もヴェルディで、ということになったらしい。

で、料理はサラダやピザ、唐揚げなどの後、もちろんメインはカレーということで、3種類のカレーを作ることに。

当日のランチタイムが終わるころから私はレシピを書いて、スパイスを量って準備を開始。

野菜カレー2種とチキンカレー1種。

トマトベースのマサラカレーと、ココナツ&ピスタチオペースト&ヨーグルトベースの南インド風カレー、そしてほうれん草のカレーという、見た目も味も全く違う3種類を作ることにしたのだが、ランチのピークが終わってから6時までに作り終えねばならないので、けっこう時間に追われつつ、まずは玉ねぎ切りからスタート。

全く息つく間もなく作り続け、なんとか6時には3種類のカレーを作り終えた。

何となく、この時点で仕事を終えた気分だったが、実は本番はこれからということで急いで会場のセッティング。

無事に料理を全て提供できて、インド人の方にもご満足頂けたようで一安心。

やはりカレー作りは楽しいもの。

来年度は、もっといろんなカレーを皆様にお楽しみ頂けるよう、ちょっとメニューを変更してみよう。

そんなわけで、明日は足が大丈夫であることを祈りつつ。

勉強会

2019年3月21日 

今朝はどんよりと曇っていたが、雨は降っていなかったので歩き始めたものの、途中からけっこう強めに雨が降りはじめて存外に濡れてしまった。

昨日はちょっと霞んではいたが雲はほとんどない青空。

いつも通り歩いていたら、前方にピンクの花が目についたので近寄ってみたら、ソメイヨシノが多い鴨川沿いでも早咲きの木が一本奇麗に花をつけていた。

アップで

ソメイヨシノのつぼみはまだ少し固いようにも思うが、今年は例年より早めというからぼちぼちかも。

 

さて、今日は祝日だったので下鴨も造形も6時閉店。

そこで、閉店後に下鴨店で勉強会を開催した。

今回のテーマは「精製方法」で、ナチュラル、ウォッシュド、パルプドナチュラル、ミューシレージ除去精製、スマトラ式を細かく解説したのち、この春限定で販売予定の酵母製法で作られたものを皆で試飲してお客様へご説明するときの表現方法などを考えた。

まだ働き始めて半年くらいの者からマイスターの資格を持っている者まで幅広いスタッフが参加したので、各々のレベルによって理解度は違ったかもしれないが、今回はバッチリテキストも作ってみたので、実務をしながらちゃんと復習をしてもらえたら身につくのではないかと思う。

最後は皆で試飲。

本当に明確に他の珈琲との違いが分かる風味で、皆も驚いていたが、今回試飲したものは同じ酵母製法で作られたものでも先行で入ってきた別農園もの。

4月には私がブラジルでカッピングして選んできた、より凄いものが届くので皆様もご期待くださいませ。

出張講座

2019年3月14日 

今朝はずいぶん寒く感じた。

やはり、まだ薄手のジャージ上下に完全に変更はできそうにないかも。

どんよりと曇って風も強い朝であった。

 

さて、Verdi にはちょくちょく珈琲講座の依頼が来るのだが、今回は神戸のあつ施設から、職員さんたちが作る「放課後会」というようなサークルで開催するお楽しみセミナーに出講してほしいというご依頼を頂いたので、一通りの荷物を車に積み込んで、カミさんと二人で神戸まで行ってきた。

飲み比べ用に抽出カウンターをセッティング

最初に、珈琲とはどのようなものか、写真や動画をご覧頂きながら解説。

多くの方は、珈琲の味の違いは産地・銘柄で決まると思われているが、実は産地など以上に精製方法や焙煎による違いの方が大きいということをご説明。

それを実感して頂くために、エチオピア・イルガチェフG1 のウォッシュト(水洗式)とナチュラル(天日乾燥式)を両方とも中煎りで飲み比べて頂く。

どちらの方が好みか挙手をお願いしたら、ほぼ半々に好みが分かれた。

同時に、同じ産地の豆でも精製方法が違ったら、全く違う味になるということも実感して頂けた。

次に、同じエチオピア・イルガチェフの深煎り(ウォッシュト)を飲んでいただき、同じ豆でも焙煎度合いが違うと表情が全く変わってくることも体験して頂いた。

中煎りと深煎り、どちらが好みか挙手をお願いしたら、なんと2名を除き他の全員が深煎りが好きという結果。

その後の解説で、今の東京では、この中煎りよりさらに2段階以上浅くて酸味が強烈な珈琲が流行っていると言ったら、皆さま一様に驚かれていた。

やはり、京都や神戸はまだまだ深煎りが好まれる社会なのかもしれない。

最後は、皆さんに抽出をして頂いて、ご自身で淹れた珈琲と主催者がご用意されたお菓子で歓談の時間。

みなさん和気あいあいと、良い放課後のひとときをお楽しみ頂けたようで良かった。

 

話は変わって、途中立ち寄ったサービスエリアにあった看板。

からふねやの「唐揚げパフェ」とかもどうだかなぁ、と思うが、この「たこやきのパフェ」もどうなんだろう?

カップの下の方の黒いものは、チョコレートソースなのか、あるいはたこ焼きのソースなのか?

検証したい気もしたがやめておいた。

1 / 912345...Last »

このページの先頭へ