自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 店主のお仕事

店主のお仕事

明日はセミナーデー

2022年11月25日 

今日は京都芸術大学の入試に伴い、受験生と学校の教員・職員さん以外入構禁止になってる上、教職員の方にしても試験終了までは自由に学内外を出入りできないため、芸大店は開店休業状態か?と心配していたが、有難いことに杞憂に終わり、むしろ忙しい一日となった。

さらに、今日に限らずここのところ、海外からのお客様が多くいらっしゃる。

昨日も、インド人と思しきご家族から、ディナーに良い店を知らないか?と聞かれ、インド料理店を紹介しようとしたところ、日本滞在中は毎日インド料理店へ行っていたので、和食が食べたいとおっしゃって、そこは残念ながら私のジャンルではなかったので紹介できず・・・

もうちょっと英語を使いこなせたら、もっとサービスできるのに・・・と歯がゆい思い。

50の手習いで、もう一度英語の勉強するか?

さて。明日は珈琲夜話の会。

おかげさまで、今日の午前中に定員に達して今回のご予約は終了となった。

今日の閉店間際、明日の夜話の段取りを社員と打ち合わせていたら、「明日は昼間に焙煎セミナーも入っていますよ」と店長の山下に言われた。

個別・集合に関わらず、セミナーって実はけっこう労力を使うので、終了後はけっこうバテていたりする。

焙煎セミナーの後に、夜話・・・

頑張ろう。

話は変わるが、このところコーヒー生豆の仕入れ価格が高騰を続けており、以前から懸念していたグァテマラが、けっこう大変なことになってきた。

そこで、売価を変えずに品質も維持して仕入れられるようなものがないか探したものの、なかなか見つからない。

ヴェルディでは、グァテマラは開業当初からアンティグア産のものを使っているのだが、アンティグアというだけで他の地域の同レベルに比べると2割近く高価になってしまうと言うことだったので、今回はウエウエテナンゴのものを試しに1袋とってみた。

それでも、昨年までのグァテマラ・アンティグアに比べると高くなっているが、現状仕入れられるアンティグアと比べたら、まだ売価維持か微増で済む範囲の値段。

明日、焙煎してみて良ければ20年目にしてグァテマラの産地変更となるかも。

美味しいことを祈るしかないなぁ・・・

セミナー週間だった

2022年10月30日 

だんだん歩き始めが暗くなってきた。

歩いていたら、今出川の橋の上で「わぁ、綺麗」といいながら写真を撮っている人がいたので、今回はコースを変えて出町の橋の上へ行ってみた。

ほんの数分で空の色が随分変わってくるものですねぇ・・・

さて、今週は芸大店でいつも開催している焙煎セミナーや夜話の会、さらにPTSの教養講座など、なんかセミナーが多い一週間だった。

その最終日、今日は午後から若くて素敵な女性が、焙煎セミナーと抽出セミナーを大阪からダブルで受けに来てくださった。

まずは、自分で焙煎セミナーから。

焙煎についてのレクチャーをした後、ハンドピックと焙煎。

焙煎を終えて、試飲しながら話していたら、「抽出の方はハンドドリップチャンピオンシップで入賞した方がいらっしゃるんですよね?」と聞いてこられたので、抽出セミナーは太田にしてもらうことにした。

来週も、水曜日には焙煎セミナーが入っていて、それを最後に11月後半までは芸大店のセミナーはお休み。

こうして連日、個人セミナーにも集合セミナーにも、参加して下さる方がたくさんいらっしゃるということは、コーヒーに対する関心が高まっていると言うことで、私たちもしっかりとした仕事をしなくてはと思う。

さて、芸大店で10月限定販売の「かぼちゃのプリン」

残り7食で販売終了となります。

お召し上がりになりたい方はお早めに。

緑だった。

2022年10月28日 

もうすっかり太陽が昇る前の鴨川。

こういう明るさのときの川面に映る光景、好きだったりする。

日の出直前の東の空、この光景が見られる時期ってけっこう短い。

少しの間の朝の楽しみですねぇ・・・

さて、今日は朝から中学生が、職場見学と私へのインタビューをしに来た。

5名一組と6名一組の2班に分かれての来店。

今の時期は、京都のいろいろな中学で、こういった社会見学の課外授業が行われているのか、来月も訪問したいという依頼が入っている。

指定された日に、私は予定が入っていて対応できないのだが、芸大店の山下が対応すると言うので、任せてみようと思っている。

そんな朝からいろいろあった今日は、夕方からパソコンに向かって、なんとかかんとか。

無事仕事を終えて、京都駅の伊勢丹にタルトの配達。

今日の京都タワーは緑色だった。

セミナー三昧

2022年10月27日 

今日も、あまり寒さを感じない朝だった。

もうすっかりウォーキングの時間は夜明け前。

そのうち、真っ暗ななかを歩くことになるのだろう。

鳥の編隊が私の上を通り過ぎて行った。

さて、今日は午後から焙煎セミナーも入っており、さらに夕方からは、中京中学PTA主催の教養講座でお話をさせて頂くことになっていた。

焙煎セミナーの方は、毎回おいでになった方のスキルや知識に合わせて内容を微調整しながら進めていくので、まぁいつものことだが、PTAの方向けは、どういった内容にしようか、少々考えてみた。

そして、先日作った焙煎度合い8種のみ比べセットを使って、極浅煎りから深煎りまでを飲み比べて頂くことにした。

前半は、コーヒーの生産国やその国の現状などをお話し。

だいたい、座学よりも飲み比べとか、抽出とか、アクションのある事の方が盛り上がるもの。

後半は8段階に煎り分けたドリップバッグを1卓1つということで抽出して頂き、飲み比べを実践していただいた。

まずはコーヒーの概論からお話し。

今回は家庭科室を使わせてもらったので、この後の飲み比べもスムーズにできた。

同じタンザニアを8段階に煎り分けたもので作ったドリップバッグを抽出して頂く。

「酸味の強い豆」「苦みの強い豆」というのではなく、どんな豆でも焙煎で酸っぱくもなるし苦くもなるということをおわかり頂けたものだと思う。

最後に、ヴェルディで提供しているタンザニアを皆さんに飲んで頂き、質疑応答で終了。

なんか、今日の午後は、ひたすらコーヒーについての説明をしていたような気がするが、こうしてコーヒーに関心をもって私の話を聞いてくださる方が大勢いらっしゃるということは嬉しいことである。

明後日は、夜話の会。

こちらもしっかり準備をすすめて、皆様に楽しんで頂ければと思う。

このページの先頭へ