自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. ごあいさつ

ごあいさつ

感謝と挑戦と

2018年8月12日 

毎朝同じ時間に鴨川沿いを歩いていると、平日より週末の方が人が出ていることに気づく。

しかし、今日は逆に普段より少し人が少なく感じたのはお盆休みに入っているからだろうか。

今日は、午前中に一瞬激しい雨が降ったり、一日を通してやや不安定な天気だったが、朝から閉店まで多くのお客様にお越しいただけた日曜日だった。

そんな今日は、Verdi 開業15周年の日。

15年前の今日は、希望に満ちて開店したものの、開店から2時間ほどの間に珈琲をお淹れした相手は、店のデザインをしてもらった設計士の方と、施工会社の責任者、そしてこの店が入居しているテナントの大家さんだけだった。

今日お越し下さった開業当初からご愛顧下さっているお客様から、「そういえば最初の頃は、あんなサービスもしていましたよね、もうやらないんですか?」ときかれ「さすがにもうアレはできないですね」とこたえたところ、そのお客様曰く「今の店長以下スタッフの皆は、集客に苦労していろいろアイディァを出して頑張っていたころを知らないんですよね」と。

たしかに、そのお客様がおいでになり始めたころは、閑古鳥が巣くっている状態の時間が多かった。

そんな開業当初、すでに京都の代表的な自家焙煎店として名をはせていた六曜社地下店の奥野さんと話していた時、ある店の接客に話が及び、私が「あの店の接客って、本当に丁寧ですよね」と言ったら、奥野さんが「確かに丁寧だけど、何年か前までは従業員の『有難うございました』には本当に気持ちが入っていたんだよね」とおっしゃっていたことを思い出した。

開業当初の Verdi は、一人一人のお客様に、本当に心から『有難うございます』と言っていたように思う。

はたして今はすべてのお客様にすべてのスタッフが心から『有難うございます』と言えてるだろうか。

開業して15年、ここまで続けてこられたのは、多くのお客様のおかげであることに間違いはない。

しかし、多くの方が Verdi のお客様になって下さったということは、おこがましいかもしれないがお客様にご満足いただける商品とサービスを提供できていたからとも言える。

開業当初を知らないスタッフにとっては、お客様がおいでくださることが当たり前と見えていないだろうか。

お客様が、わざわざご来店くださって、お代を払って珈琲をご注文下さるということは、本当に有り難いことであるということ、そして、今目の前においでになるお客様が、再びお運びくださるには、ご満足いただけるだけの商品とサービスが提供されていないといけないということをスタッフ全員が自覚しているだろうか。

開業当初、集客に苦労したこと以上に、今のスタッフが心からそのことを思い実行してもらうことは難しいかもしれない。

しかし、次の5年・10年を目指す中で、今最も注力しなくてはならないのは、その部分ではないかと切に感じている。

 

これまでの15年間、本当に有難うございました。

そして、次の5年・10年に向かって、いろいろな意味でチャレンジし続けていく Verdi でありたいと思います。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

お疲れ様でした。

2018年7月31日 

今日は造形芸大店が定休日で、私も休みだったので少しゆっくりとしてから下鴨店へ。

月末だったので、いろいろと用事もあったが、今日は Verdi で約8年間働いてもらった T子さんが7月いっぱいで退職することになったのでどうしても店へ行きたかった。

よく常連のお客様から、「やはりマスターが淹れるコーヒーは違うわ」と言われることがある。

良い意味で違うのか、悪い意味で違うのか、前者であってほしいと思うのだが、基本的に誰が淹れても同じ味であることが好ましいとはいえ、やはり人それぞれ味に特徴があることは否めない。

そして、常連のお客様曰く「T子さんの作るトーストが一番美味しい」

せっかくだったので、最後にトーストを焼いてもらった。

それにしても、最後のシフトを終えて帰っていく彼女の姿を見ていると、8年間の思い出が蘇り走馬灯のように頭の中を回りだす。

この間、Verdi もいろいろなことがあったが、それらを乗り越えてこれたのも、こうして一生懸命働いてくれたスタッフの力あってのこと。

8年間、本当にお疲れ様、そして有難うございました。

これからも元気で楽しく過ごしてもらえればと切に願います。

 

さて、そんなわけで今日で7月も終わり。

7月は31日まで、ということは、31へ行かねば!

ってことで行ってきた。

でも、今サーティーワンでは、スモールダブルを注文したら同じ価格でレギュラーダブルになるキャンペーンを開催中。

ってことは、もしかしたらスモールダブルの31%引きでレギュラーダブルが食べられるのか?

と、思ったが、やはり31%OFFは、各々の価格に対してであって、レギュラーを注文したらレギュラーの価格から31%引きであった。

まぁ、世の中そんなに甘くない。

でも、アイスクリームは甘かった♪

甘い誘惑に弱い私。

明日からまた節制しよう。

明日書きます。

2018年6月1日 

雨上がりの今朝は少し肌寒かった。

そんな今日は、身内に不幸があり、開店前の準備だけ済ませたら、私は告別式に参列するため東京へ。

いつも颯爽と仕事をされていた姿しか記憶になかったが、人の命というものは分からないもの。

ただ、悲しみと同時に、本当に人生を全うされたのだという、ある種の清々しさも感じる葬儀であった。

そんなわけで、今日は葬儀のための日帰り東京。

さすがに喪服で食べ歩きでもないので、素直に戻ってきた。

ということもあり、明日は土曜日で普段なら日記はお休みだが、今日は書くのをお休みして明日何かアップします。

毎日気温が乱高下する昨今、みなさまくれぐれも体調管理にはご注意ください。

 

入れ替え中につき

2018年3月13日 

私のパソコンが、本当に末期症状の一歩手前にきており、先日購入して、まだセットアップしていなかったNewパソコンをセットアップ中。

思いのほか更新に時間がかかっており、今夜はパソコンを使えそうにないので、本日日記はお休みさせていただきます。

明日は店長の土田が書くので明後日までにはなんとかしたいものです。

水が増えた

2018年3月9日 

このところ、気温が高かったり低くなったり、風が強かったり雨が降ったり、まぁなかなか安定しない空模様。

季節の変わり目はこんなものなのでしょう。

今朝は比較的暖かかったが、風が強くて特に北へ向かって歩いているときは、風の抵抗で進む速度が遅くなっているような気がした。

そう言えば、先日のオリンピックでパシュートという協議は順番を入れ替えることで風の抵抗を受ける先頭を一人が続けないようにして体力を維持するとか言っていた。

風って侮れないもの。

トンビも随分あおられながら飛んでいた。

そして、出町柳の飛び石の亀さんは、もうすっかり水につかっていて、これでは飛び石で鴨川の東側と西側を行き来できない。

鴨川って、雨が降ると途端に水量が増えるものの、水が引くのも早い。

私の体重も、少し食べなかったら一日二日です~っと引いてくれたらいいのだが・・・

なかなかそうはいかないものですねぇ。

謹賀新年

2018年1月3日 

年末からお正月にかけ、多くのお客様にご来店いただき誠にありがとうございます。

「いらっしゃいませ、おめでとうございます。」と新年のご挨拶をしながら、また新たな一年が始まったことを実感しております。

15周年という節目にあたる2018年
お客様に良いひとときをお過ごしいただけるようスタッフ一同努力してまいります。
本年もカフェ・ヴェルを何卒宜しくお願い申し上げます。

店内はお正月仕様でございます。

お正月特別メニューとして、コーヒーゼリーが登場しております。
希少なエチオピア・ゲシャ農園の豆も販売中です。
是非この機会にご注文くださいませ。

下鴨本店は本日まで短縮営業をさせていただきまして、4日からは通常通り8時30分開店となります。

明日は下鴨神社で “蹴鞠はじめ” です。
どうぞヴェルディにもお立ち寄りください。

それでは本日も皆様のご来店お待ちしております。

土田

1 / 41234

このページの先頭へ