自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. サロンライヴ

サロンライヴ

祭の後

2018年2月4日 

今朝も寒かったが、久しぶりに雲がなく東の空がほんのり明るくなっているのが見られて気持ち良かった。

昨日は節分だったが、私の自宅近所の吉田神社は節分祭で有名。

2月2日の前日祭から、神社の参道と言うか京大の吉田キャンパス脇の道にはギッシリと露店が並ぶわけで、前日祭の前夜、つまり2月1日から設営が始まり、2日の朝私が出勤する頃にはすっかりテントがはられていた。

日が暮れると多くの人でにぎわい、近隣駐車場はどこも満車で、車を停められず右往左往する車で東大路は埋め尽くされる。

 

参道は、歩行者天国となるのだが、とりあえずものすごい人なので、私はここ数年パスしている。

が、そんな夜のにぎわいを見ながら帰宅した翌朝、出勤時に吉田神社へ続く参道を見ると、何もなかったかのごとく綺麗になっていた。

 

道のわきに残された「歩行者用道路」の看板がなかったら、昨日ここで祭があったなんて思えないほど。

なんだかおもしろい光景であった。

.

さて、今夜は造形芸大でサロンライヴ。

サロンライヴとしてのプログラムでは、初めてとなるチェロが登場。

低音の魅力を存分に楽しませて頂きました。

昨日は31日、で、今夜はコンサート

2018年2月1日 

昨夜はスーパームーンの皆既月食だったが、最初の1/3欠けるところまでは見えていたものの、その後は雲に覆われて見られず。

ちょっと残念だった。

そんな雲の多かった翌朝、歩きはじめるとミストのような小雨が顔にからみつく。

夏だったら涼しくて良いのだが、冬はちょっと辛いなぁ・・・

と、思っていたら、ミストではなくみぞれのような雪にかわっていた。

なかなか寒い朝であった。

.

さて、今夜は『ハンケイ500m文化力プロジェクト 京おんなのためのオペラ講座』というコンサートへカミさんと一緒に行ってきた。

私は「京おんな」ではないのだが、出演が Verdi サロンライヴにもたびたびご出演下さっている井上大聞さんとあっては馳せ参じない訳には行かない!ってことで、これまでは造形芸大店で聞き惚れていた大聞さんの歌声を北山モノリスで楽しむことに。

今回は、テノールの松原陸さん、ピアノの山中麻鈴(まりん)さんとのステージ。

前半はカンツォーネと歌曲、後半はオペラのアリアや二重唱というプログラムだった。

井上大聞さんは、Verdi で聴くとき同様素晴らしい歌声。

会を重ねるごとに安定感を増しているように感じる。

また造形芸大にも是非お越し願いたい。

ピアノによる前奏のアレンジも素晴らしく、素敵なひと時を過ごさせて頂いた。

.

話は変わって、昨日は1月31日。

ってことで、家族そろってここへ行ってきた。

でも、今回はあまり私的に魅力を感じるフレーバーがなくてちょっと残念。

でも、出町のミスドの隣がサーティーワンだった頃(って、もう知っている人の方が少ないか)、初めてサーティーワンのアイスを食べて感動したことが記憶に残っており(恐らくもう40年以上前)子供の頃の印象と言うのは恐ろしいもので、今となってはもっと美味しいアイスクリームもあるのだが、なぜかサーティーワンには深い愛着を持ってしまっている。

また子供を誘って行くことにしよう。

一人で食べて、後でバレたらうるさいからなぁ・・・

今年最初のサロンライヴ

2018年1月21日 

今朝も比較的暖かかったが、明日からはかなり冷え込むらしい。

東京では都心部でも積雪があるとか、明後日東京へ行くのでちょっと嫌だなぁ・・・

さて、今日は8時30分から11時の2時間半営業。

11時からは、音楽愛好家グループのリーダー的な方が、米寿のお祝いと言うことで、ピアノも使って参加者が演奏しつつのパーティーを開きたいと言う要望があり、お世話になっている方の紹介ということだったので、貸切営業をすることになった。

そして、夜は今年最初のサロンライヴ。

毎回素敵な歌声を聴かせてくださるテノールの井藤航太さんが、東京からソプラノの黒川亜希子さん、長野からピアノの坂内美季さんを連れて演奏してくださった。

椿姫の「乾杯の歌」から始まり、テノールとソプラノ各々のソロは、トスカの「妙なる調和」とラ・ボエームの「私が街を歩けば」。

妙なる調和は、私個人的にテノールのアリアの中では最も好きなもののひとつ。

そして、ムゼッタの「私が街を歩けば」は、この難しい曲をサラリと笑顔で歌いきるところを聴いただけで、黒川さんの実力がバッチリ分かる一曲であった。

前半最後は、ラ・ボエームの「冷たい手を」「私の名はミミ」「麗しき乙女よ」と二人が連続で歌い切るという内容。

後半は、仮面舞踏会の「愛の二重唱」から始まり、ピアノソロでバタフライのハイライトメドレーの後、蝶々夫人とピンカートンの「愛の二重唱」

最後はメリー・ウィドウの「唇は黙して」だったが、鳴り止まない拍手にアンコールはテノールとソプラノ各々のソロということで、まずはヴィオレッタのアリア「いつも自由に(花から花へ)」から。

ただでさえ、かなりハードなプログラムだったのに、最後にこの曲をもってくるなんて、すごすぎる!と思ったのは私だけではないだろう。

そして、井藤さんは十八番の「誰も寝てはならぬ」

井藤さんのトゥーランドットは、毎回聴いてきたが、回を重ねるごとにどんどん素晴らしくなってくる。

本当に満足度の高い今年最初のサロンライヴであった。

 

 

 

今年最後のサロンライヴ

2017年12月17日 

今朝は、私の体感的に言うとこの冬一番の寒さであった。

思わずパーカーのフードをかぶってしまう感じ。

でも、これからもっと寒くなるんだろうなぁ・・・

さて、今日は今年最後のサロンライヴ。

いつもはクラッシックメインだが、今回はポップス。

『プラプラーナ』というユニットで活躍されている、宮原冬彦さんと佐々木ゆかさんのコンビで、洋楽あり邦楽ありの楽しいひと時であった。

振り返ると、昨年の11月13日にスタートしたサロンライヴが、この1年ちょっとで30回目を迎えられた。

造形芸大店オープンにあたっての打ち合わせ時に、使われていないピアノが1台あので、それをこの店でなんとか活用できないだろうか?という打診を受け、それなら週末にサロンコンサートをしましょう。

と言ったは良いが、下鴨で10年間開催してきた落語会ならまだしも、クラッシックのコンサートとなると全くの素人。

そんな折に、藁にもすがる思いでお伺いした音楽関係のプロデューサーである橘先生が本当にいろいろとご尽力下さって、なんとか30回開催してこれた。

まだまだ橘先生におんぶにだっこ状態ではあるが、来年はよりヴェルディらしさを出して、多くの方に素敵なひと時をお楽しみ頂けるようにしたいと思う。

.

で、心温まるひとときも終わり、外に出たら寒風肌を指す。

そんなときは、温かいもの!

ってことで、下鴨中通のお好み焼き屋「ここ家」さんで、お好み焼きのおともに冬の定番「粕汁」を注文。

エビのお好み焼き

粕汁

アップで

体の芯から温まりました。

今夜のサロンライヴ

2017年12月3日 

日に日に朝が暗くなってきますねぇ

でも、今日は雲が空を覆っていない割には、けっこう寒さも和らぎ歩きやすかった。

最初にお知らせと言うか、お願いです。

12月に入り、通販のご注文を多く頂いており、発送作業が間に合わなくなりつつあります。

これまでは、当日のご注文にも極力対応してまいりましたが、これから年末にかけて発送が遅れる可能性がございます。

恐れ入りますが、余裕を持ってご注文頂ければ幸いです。

誠に勝手ではございますが、どうぞよろしくお願いいたします。

.

さて、今日はサロンライヴ。

今回は初出演となるソプラノの松井るみさん。

ピアノ伴奏に辰村千花さん、ゲストにバリトンの高橋純さんをお迎えしての華やかな夜となった。

前半最後の歌は、紙芝居つき。

後半には、二重唱も。

これまでも、多くの歌手にご出演頂いたが、松井さんの演技力と言うか言葉が分からなくても、どのような歌がうたわれているのか分かるほど、表現力豊かに歌い上げるその姿は、思わず引き込まれるステージであった。

これまで29回のライヴを開催してきた中で、お世辞ではなく本当にもっと多くの方にこの人のステージを観てほしいと思う歌姫。

もし、次回があったら、是非お見逃しなく。

ちなみに、今夜のサロンライヴの一部は、造形芸大店の Facebook にアップしております。

よろしければご覧くださいませ。

気が付いたら

2017年11月23日 

今朝は、いつものように5時30分に目が覚めて、窓を開けてみたら雨が降っていたのでウォーキングは雨天中止と言うことにして6時30分まで寝てしまった。

なので、今朝の鴨川の写真はないのだが、昨日の朝は早くも芝が白くなっていた。

今年は秋を通り越して早く冬になってしまいましたねぇ

さて、今日は木曜日だったが祝日と言うことで造形芸大店ではサロンライヴが開催された。

今回が28回目の開催だったが、初めての登場となる Sax の演奏。

実は、私も学生時代にちょっとだけ Sax を吹いていたのだが、ちんどん屋にもなれそうになかったのでやめてしまった。

カッコよかった。

全く話は変わるが、先日カミさんと一緒にふらっと竜王のアウトレットモールへ行ってみた。

この前の衣替えのとき、思い切って古くなった服を処分したのだが、そうしてみるとカジュアルで着られるアウターがほとんどなくなってしまったので、下手をすると映画を見に行くのにもスーツを着て行かねば?ってことになりかねなかったので、普段に着られるアウターを購入しようと思っていたのだが・・・

気が付いたら親子丼を食べていた。

そして、カミさんと別行動をして、私は一人でいろんなショップをぶらぶらしていたのだが、なんとなくアパレルショップよりも気になるのはデザートショップで・・・

気が付いていたらパンケーキを食べていた。

でも、見た目にはいい感じなのだが、味の方は、この皿ごとジャーマンスープレックスホールドをしたくなるような気分になるものだった。

そんな気分になったときは・・・・

気が付いたら、ホットチョコを飲んでいた。

まぁ、こんなだからなかなか体重が減らないんですねぇ・・・

服を買うのは、ダイエットが成功してからの方が良いかもしれない。

1 / 512345

このページの先頭へ