自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. トップページ
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. サロンライヴ

サロンライヴ

八宝菜が食べたかった夜

2017年7月23日 

ちょっと雲が多い朝。

降りそうで降らない京都だが、九州の次は東北の方が激しい雨だとか・・・

私が子供の頃って、30℃を越えたら大変な暑さだと思っていたのだが、最近では30℃ってまだまだという感覚。

どうなってしまうんでしょうねぇ

.

さて、今日は週末恒例のサロンライヴ。

ピアノの坂口さんと、木管四重奏であった。

.

で、なんだか今日は無性に八宝菜が食べたい気分だったので、スーパーダイエット中にもかかわらず、店の片付けを終えたら七福家さんへ行ってしまった。

美味しかった♪

そんなわけで、今週も張り切って行こう!

ストレートとブレンド

2017年7月16日 

今日は祇園祭の宵山。

だいたい、例年だと宵々山か宵山の日にものすごい雨が降って、巡行の日はカラッと晴れて猛暑になって、そのあたりで梅雨があけるというイメージなのだが、そうすると今日あたりものすごい雨がふるかも・・・

と、予感させるような空のもと、かなり汗をかきつつウォーキング。

はやく涼しくならないかなぁ・・・

さて、そんな予想がぴたりと当たり、今日はお昼過ぎに外が一面真っ白になるほど激しい雨が降りはじめた。

ちょうどサロンライヴのためオーダーストップをする頃だったので、この雨の中「閉店です」とお客様にお引き取り願うのは気がひけると思っていたら、閉店時間には小降りになり、サロンライヴがスタートする頃には晴れ間も見えてきた。

そのサロンライヴ、今回は初となる「お箏」。

恐らく、今までにも生で箏の音色を聴いたことはあるのだろうが、改まってコンサートとして聴くのは初めてかもしれない。

前半は、一ノ瀬佳子さんによる箏のソロ、後半はフルートの奥田裕美さんとのデュオを堪能。

こんなにも複雑かつ繊細な音色を奏でられる楽器なのだと、ある種衝撃を受けた前半。

そして、後半はもっと驚きの協奏であった。

普段は、歌とピアノとか、ヴァイオリンとピアノといった組み合わせが多い Verdi サロンライヴだが、そういうときは歌がメインでピアノは伴奏といった色が濃かったのに、この箏とフルートのデュオは、どちらが主役というのではなく、互いが双方をより輝かせつつ、一体となったハーモニーを聴かせてくれる、まさに『協奏』という表現がぴったりくるものであった。

オブリガートと主旋律が混ざり合いながら交錯しながら、一つの音楽を作っていく様はとても感動的で、先に箏のソロを聴いていただけに、よけいフルートが加わったハーモニーが、いかに豊かな音楽表現と新たな音色の創造につながるかということを認識させてくれる。

もし、これが聴きなれた組み合わせなら、こんなに感じなかったのかもしれないが、日本の古典的な楽器と西洋の楽器との融合が、より一層そんな思いを強くさせてくれたのかもしれない。

そんなことを感じながら、ふとこれを珈琲に置き換えると、ストレートとブレンドがそれに当てはまるという考えがより一層強固になった。

ストレート(最近は、シングルオリジンと言う人が多いが)は、確かにその豆の個性を主張できるものではあるが、どこまで行っても一種類の豆の個性しか出すことはできない。

しかし、何種類かの豆をブレンドすることで、一種類の豆では決してできない表現力を持つことができるし、数種類の豆が混ざることで、10しかなかったストレート豆の表現力が、12にも15にもなる可能性すら持っている。

だからと言って、ブレンドこそ素晴らしく、ストレートは味気ないなんていう気は毛頭ない。

しかし、単一豆至上主義とも思える昨今の風潮は、ピアノソナタだけを聴き、壮大な交響曲を聞かずしてベートーヴェンの全てを知ったかのように語られるのと同じような気がしてならない。

もちろん、ピアノソナタも素晴らしいし、その時の気分次第ではオーケストラ曲ではなく、器楽曲を聴きたいときも少なくない。

ふらっと入った喫茶店で、カザルスの弾くバッハの無伴奏なんかが流れていたら、その時の気分にかかわらず、なぜだかホッとする。

だから、どちらが上位と言うわけではなく、もっと多くの人にブレンドが持つ可能性を感じてほしいのだが、どうも最近の珈琲業界は「シングルオリジンこそ最高」というような表現が多いように思えて、ちょっと悲しくなる。

なんて、箏とフルートの素敵な競演を聴きながら思ってしまった今夜のサロンライヴであった。

また是非演奏して頂きたいお二人でした。

できごころ

2017年7月3日 

このところ、ちょっと梅雨らしい空模様だったこともあってか、今朝はむし~っと生ぬるい風が肌にまとわりつく中のウォーキング。

夏でも、何となく川の上を流れる空気は少し涼しげに感じるのだが、今朝の川から吹き上がってくる空気は生暖かいものであった。

さて、今日は造形芸大の春秋座で鼓童のコンサートがあったので、ランチタイムは大賑わい。

11時からピークがスタートして、開場時間前にいったん落ち着いたと思ったら、そこからは一般のお客様も多くお越し下さり、なんだかジェットコースターのような状態でお昼の営業を終えた。

そんな慌ただしかったお昼が終わり、夕方からは週末恒例のサロンライヴ。

今回は、木管3本とピアノからなる変則アンサンブル「はなり」さんのパフォーマンスを多くのお客様にお楽しみ頂いた。

はなりさんは、フルート、オーボエ、クラリネットとピアノという、私もあまり聞いたことのない編成なのだが、さらに和装で演奏する美女4名という、ビジュアル的にも素敵なアンサンブル。

普段は着物で演奏されるそうだが、7月と8月の2か月は浴衣ということで、7月には行った瞬間、夏のイベントという雰囲気のサロンライヴになった。

今月は、最終週もピアノと木管のアンサンブル(オーボエ、クラリネット、ホルン、ファゴット)と、なかなか豪華なのだが、来週は「琴」と「フルート」のデュオという、これまた今までにない組み合わせ。

日曜日の夜、よろしければ素敵な音色をお楽しみください。

.

そんなこんなで、一日を勢いよく走りきって、気が付けば昼食もとっていなかったのだが、店の片付けを終えたらけっこう遅くなっていたので、さっとお腹を満たしに回っている寿司店へ。

でも、夜の10時前って、もうあまりレーンの上を回っていないから、食べたいものをオーダーして出してもらうことになる。なんだか回っているのか、回っていないのか・・・

そんな状態だったこともあり、つい出来心でカレーうどんなるものを注文してしまった。

まぁ、でもまぁこれはこれで。

さぁ、明日も一日頑張ろう!

昨夜は寝てしまった・・・

2017年6月26日 

昨夜、自宅に戻ってちょっと残っていたデスクワークをして、リビングの床にゴロンと寝転がっていたら、そのまま寝てしまったので、昨夜は日記を書けず。

まぁ、たまにはそんなこともあるってことで。

で、昨日は断続的に激しく雨が降り、久しぶりに梅雨を実感したのだが、今朝はまたスッキリと晴れて、朝から蒸し暑い月曜日。

「雲一つない」と言うより、雨上がりの青空といった感じで個人的には気持ちの良い朝であった。

 

さて、そんなわけで昨日書く予定だった日記。

日曜日は恒例のサロンライヴということで、今回は二回目の出演となる、講殿由紀奈(ソプラノ)さんと、坂口航大(ピアノ)さんによる歌あり、ピアノのソロありの素敵な夜となった。

まずは、坂口さんのピアノソロからスタート。

歌姫が登場して、一気に華やかに。

久し振りに講殿さんの歌声を聴かせて頂いたが、明らかに前回よりも上手になられていることがよく分かる。

これから益々磨きをかけられて、そのうち「この人、ヴェルディで歌ってくれたはったこともあるんやで」と言えるような歌手になって頂きたいものだと思いつつ。

坂口さんも、今回のプログラムでは、その表現力を如何なく発揮され、とても素晴らしいひとときであった。

ラストはミミで!

坂口さんは、7月の最終回も、こんどは木管アンサンブルを従えてのご出演。

お時間のある方、ぜひ日曜の夜はヴェルディサロンライヴで素敵なひとときをお過ごしくださいませ。

そんなサロンライヴのあとは、前を通ったら並んでいなかったので、久しぶりにふらっと入った華祥さん。

鶏肉の北京味噌炒め

あんかけ焼きそば(塩味)

白胡麻冷麺

久し振りに伺って、懐かしい味を堪能いたしました。

梅雨?

2017年6月19日 

今日は、久しぶりに曇り空の中の鴨川ウォーキング。

朝は、わりと雲が多くて、今日は降るかな?なんて思っていたが、その後はどんどん雲もとれてきて結局今日も晴れだった。

.

さて、今日は週末恒例のサロンライヴ。

今回は、クラッシックではなく『アンサンブル24』という男声コーラスグループ。

 

今日は60名のお客様がお越し下さり、かなり詰めてお入り頂いたが、皆さん本当に楽しそうに聞いていらっしゃった。

 

前半は、黒いスーツでバシッと揃えて、後半は一変ラフな雰囲気でのライヴであった。

空も綺麗でしたねぇ

それではまた明日。

日曜の夕方は

2017年5月28日 

今朝は、6時の時点で暑くなりそうな雰囲気が漂っている。

 

まだ梅雨にも入っていないというのに、もう夏っぽい空。

暑いのが苦手な私としては辛い時期になってきた。

.

そんな今日は、朝から焙煎見学セミナーのご予約が入っていたので、お客様に焙煎の進行に伴い、どう味が変わってくるのかを体験した頂いた。

お話を聞くと、珈琲がマニアックに好きというわけではないが、毎日珈琲はお召し上がりになっているとのこと。

ある意味、そんなにマニアックに好んでいないからこそ、変な先入観なく珈琲の本質を知って頂けたのではないかと思う。

.

さて、日曜日の夕方と言えば笑点!

ではなく、Verdi サロンライヴ。

今夜は第一回のサロンライヴにもご出演頂いた、ヴァイオリンの冨家聖香さん。

 

60名を超える多くのお客様がお越し下さり、前回とはまた違うプログラムで楽しませて頂いた。

来週は、サロンライヴはお休みを頂き、再来週はヴァイオリンとヴィオラのデュオ。

お時間のある方は、ぜひお越しくださいませ。

1 / 3123

このページの先頭へ