自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. その他カレー

その他カレー

食べてみたかった、だけ。

2021年5月9日 

今日は日曜日。

本当なら「知らなくてもいい珈琲の話」を書く日なのですが、アレ、さらっと書いているようで、実は裏どりなどのためけっこう準備が必要で、今回はその時間を作れなかったためまたこんど。

なので、今日は普通の日記。

かなり雲の多い朝だった。

昨日、芸大店長の山下も写真を上げていたが、昨夕の空は綺麗だった。

私も、鴨川ウォーキングのとき、つい荒神橋の上から撮ってしまった。

さて、緊急事態宣言が発令されているため、ほとんどの飲食店は午後8時に閉店してしまう。

なので、バシッとカレーを食べたいとか、そんなレベルに至らなくても、例えば王将とか牛丼屋さんですら、店内飲食できる時間内に夕飯をとりに行くのが難しい。

でも、万難を排してでも食べたいと思ってしまったのがコレ。

キーマカレー親子丼。

一応、カレーと名のつくもの、食べてみないと気が済まない。

と、言うか、気になったら食べずにはいられない性分のわたしとしては、芸大店の片づけを終え、今なら間に合う!

というタイミングだったので行って食べてみた。

予想通り、もう一回食べるかと言われたら、恐らく食べないが、とりあえず食べられたので満足であった。

ただ、翌朝カミさんから「寝室に入ったらニンニク臭がした」と言われたので、ほんのちょっとしかキーマはのっていないと思ったが、ちょっと侮れないかもしれない。

それにしても、こういう丼物のチェーン店にさえ、万難を排さないと行けない昨今、早く普通に食べたいときに食べたいものが食べられる世の中になってほしいものである。

つい、ふらっと

2021年5月3日 

GW中、芸大店は臨時休業を取らせて頂いているので、私は事務作業をしに下鴨へ行っているが、下鴨のバックヤードにある事務スペースは一人分しかデスクがないので、事務のスタッフが仕事をしているときは使えない。

なので、今日は午後からでないとデスクが空かない。

そこで、朝は普段より1時間ゆっくり寝てから朝のウォーキング。

さすがに7時になったら太陽も高い。

ところで、このところ朝夕と昼間の寒暖差が大きいが、昼間はけっこうアイスコーヒーのご注文を頂くようになってきた。

そこで、水出しアイスコーヒーバッグを店舗でもコーヒー通販でも100円割引で販売中!

夜寝る前に、ポットに水と水出しアイスコーヒーバッグを入れて冷蔵庫で冷やしておけば、翌朝にはアイスコーヒーができている!

という商品です。

よろしければお試しくださいませ。

さて、先日夜のウォーキングを兼ねて、ヨドバシまで買い物に行ってきた。

帰りに河原町を七条から上がっていこうとしたら、こんな看板が目に入ってしまった。

路地奥にあるカレー屋さん、なんかそそられて入ってしまった。

2種類のカレーのあいがけを注文。

キーマとココナツにしてみた。

とてもマイルドで、食べやすいカレーだと思った。

マスカットはどこに?

2021年4月15日 

昨日と今日は、歩きながら目に入る北の山がすごく近くに見えた。

もうすっかり春の光ですねぇ。

さて、次の限定珈琲にすべく、東ティモールの豆をテスト焙煎してみた。

カッピングプロファイルには、「マスカット」という文字が書かれていたのだが、先日一足先に販売されている大津の tak さんは中深煎りで仕上げていたので、フルーツ系の香りは姿を見せていなかった。

とりあえず、そのマスカットフレーバーを出したいと思って、カッピング用の焙煎より少し深めに仕上げて、どんな味が顔を出すのか期待してみたものの、残念ながらマスカットは顔を出さず・・・

これ以上浅くすると、かなり渋みが出てしまいそうなので、もう一回、もうちょっとだけ深めに仕上げてみよう。

さて、先日来用事があって、ちょくちょく四条河原町へ行っているのだが、今日は昼食をとる余裕もなく四条へ行ったので、この近辺で何か食べようと思いたった。

何を食べよう?と考えてみると、なんとなくカレーだなぁ・・・という気分。

で、四条河原町でカレーと言えば・・・

高島屋地下のサンマルコでしょ!

ってことで、春の手巻き野菜カツカレーを頂いた。

先日のYoung Menと言い、この長きにわたってブレない味、素晴らしいなぁと思うのであった。

職業病

2020年12月6日 

今朝は寒かったが、朝のニュースを見ていたら来週は平年より暖かくなるらしい。

さて、実は先々週から左手が言うことをきかなくて、モノを握ることが難しくなってきた。

医者に行ったら「強度の腱鞘炎」まぁ、職業病。

とりあえず、2週間ほど投薬と湿布で様子を見て、ダメだったら手術しなくてはならないかも、ということだった。

湿布の上からサポーターをしていたらなんとか。

で、2週間経ったが、今朝はグーをすることすらできず。

それでも朝からプリンを作っていたら、痛いながらも手指は動くようになった。

でも、現状プリンはほとんど私が作っている。

今日もプリンは作っただけ売れる状態。

このところ、何度か作ってもらっている社員も2人ほどいるので、ぼちぼち任せておかなくては、手術となったらプリンを休止しなくてはならなくなる。

Mさん、Kさん、あとは任せた!

って、MとKって、タクシー会社みたいだなぁ・・・

.

そんなわけで、私の手首は悲鳴をあげているのだが、追い打ちをかけるように、水曜日の朝、歩いていたら足にも違和感が。

見てみると、かかとがカサカサで硬くなっていて、そこがパカンとひび割れている。

なんとか水曜日の夜はウォーキングできたが、木曜の朝はちょっと痛かった。

でも、木曜日はどうしてもキチュリが食べたかったので、白梅町まで歩いたが、帰りは足を引きずりながらの4.5キロ。

足を引きずりながら歩いていたら、なんだか変なところまで筋肉痛になってしまい、金曜日はついに歩くのを断念。

するとカミさんが「これ塗ってみたら」と、クリームをくれた。

夜寝る前と朝シャワーをしたあと塗ってみたら、土曜日の朝は痛かったかかとが、夜にはかなりマシになっていたので、昨夜はいつも通り五条までウォーキングができた。

恐るべし、かかとクリーム!そして、ありがとうカミさん!

おかげで今日は朝も夜も歩けた。

で、バッチリ歩いたらお腹がへったので、白梅町まで歩いて行こうかとも思ったが、さすがにまだ完全に治ったわけではなかったので自宅近所のスリランカカレー店「クルンドゥ」さんへ。

ベジカレープレートには、豆のカレーとアチャールと言うのかどうか知らないが、副菜がいろいろついてくる。

カリフラワーのスパイス炒め。

これ単体でも美味しいが、カレーと副菜と一緒に混ぜて食べたらかなり幸せだった。

これで、来週も頑張ろう!

.

ちょっと体のあちこちが痛くて、金曜日の日記を休んでしまったので、サービス写真を1枚。

明けない夜はない、けど、沈まない太陽もない。

エチオピアの日没直後。

いろいろ

2020年1月31日 

今朝は少し雲が少なかったので、わりと明るかった。

午前中は、取材が一本入っていたのだが、ライターさんと一緒に来られたカメラマンさんを見てびっくり。

料理写真を撮らせたら世界一と言われるH氏だった。

あっという間にサツエーは終わり、見本誌を見る限りテキストは恐らく1000文字あるかな?と思いつつ、5000文字は書けるほどお話をしてしまった。

そのあとは、金曜日なので配達まわり。

今日は月末ということもあって、いろいろと用事が多かったので少し早めに出たのだが、花見小路を走ってびっくり!新型肺炎の影響で、中国からの観光客が減っているとは聞いていたが、ここまでとは!

こんなに空いている花見小路って、朝の早い時間くらいしか見たことがないというほど、もうすごく快適に車で走れる。

いつもは、原宿のホコ天を突っ切るような感覚なので愕然としてしまった。

昼の祇園は中国からの団体客ばかりということなのだろう。

 

そのあとは、かなり久しぶりに北山の喫茶店カレーを頂く。

俗にいう欧風カレー、喫茶店カレーの王道的な味だが、そんなオーソドックスな中でも極めて美味しい一皿。

インドカレーとは別物なだけに、何も考えずに食べられて、幸せなひと時であった。

帰り道、虹がきれいだった。

 

ちょっと残念

2019年7月17日 

今朝はちょっとゆっくりして、お昼ごろからは店関係の仕事で外回り。

そうこうしている間に、午後2時半を回ってしまい、今日のランチをとろうと思っていた店もオーダーストップの時間になってしまった。

どうしようかと考えていたとき、昨日 Verdi がお肉を仕入れさせて頂いている業者さんから言われたことを思い出した。

「百万遍の『ごはんやオードリー』さんに、以前はカレー用のスパイスも入れていたのだけど、うちはもうスパイスを扱わなくなったので、かわりに Verdi さんで買えると思うから、とこの店を紹介したら、マスターのことよう知ったはって、世間は狭いですなぁ」

そう、今出川の東大路を東へ行った、京大北部キャンパスの門のすぐ東側にある「ごはんやオードリー」さんは娘が通っていた幼稚園のお友だちのお母さんが切り盛りされているお店。

幼稚園卒園後も習い事の発表会などでちょくちょく顔を合わせていたので、以前からオードリーさんへ伺いたいと思いつつ、なかなか機会がなかった。

そんなわけで、これも何かのご縁だろうと思い、初めての訪問となった。

で、注文したのはグリーンカレー

これがなかなか美味しくて、円町まで行く時間がないときなどは、オードリーさんのグリーンカレーで十分満足できるように思った。

具材の火通しなどは、女性が作るカレーだなぁ、という感じ。

食後に「嫌がられそうですけど、コーヒーください」と言ったら、手伝っていらっしゃる女性スタッフの方が「嫌だなんてとんでもない」と言った後ろからオーナーであるママさんが笑顔で「嫌です」と言いながらコーヒーを出して下さった。

エスプレッソを薄めて出す、俗にいうアメリカーノだが、角のないマイルドなコーヒーだった。

 

ということで、オードリーさんのグリーンカレーをご案内したあとは、自分の店のカリーも。

私はタイカレーを作れないので(と言うか、作ったことないので)インドカレーになるのだが、今週はオーソドックスなチキンマサラを作ろうかと思ってみたものの、やはりそこは一工夫入れて、トマトが主役に見えつつ、マンゴーとラズベリーのピュレを使って、やわらかく甘い酸味を感じられるカリーに仕上げてみた。

トマトが主役のチキンマサラ

あくまでも、じっくり煮込んだトマトの旨味がメインながら、ラズベリーの酸味とマンゴーの甘みが隠し味の Verdi オリジナルチキンマサラ。

サラダとスパイスコーヒー(マドラスコーヒー)付きで1,200円。

よろしければお運びくださいませ。

 

そして、今日はせっかくの休みだったので、カミさんと夫婦50割引で映画を見に行ってきた。

レビューを見たら、けっこう評価が極端に分かれているが、私個人的にはトイストーリー3で最高に美しくエンディングを迎えたのに、せっかっくの感動的な1~3をどうして台無しにしてしまうような映画を作ってしまうのだろう?と思った。

「子供に見せたい映画」とよく言われるが、トイストーリーシリーズを小さいころから見て親しんできた娘たちを思うと、この映画は「娘には見せたくない映画」と言わざるを得ない。

これはこれで良かったという方もいらっしゃることは理解した上で、それでも私としては残念な一本であった。

このページの先頭へ