自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 散歩

散歩

悲しい

2023年4月21日 

私の趣味って何だろう?と思ったとき、まぁカレーを食べる(作る)こととか音楽を聴くことだとか、トラさんチームを応援することだとか、いろいろある中で、わりと手軽に日々のこととなったら写真撮影というものがる。

一番よく撮っている被写体は、店の商品になってしまうが、これはまぁ仕事としてメニューだとかPOP用に撮影しているので別として、あとは普段目についた花の写真を撮るのが好きだったりする。

お花好きと言ったら、ちょっとメルヘンチックな人物像が浮かぶかもしれないが、私みたいなヒゲオヤジでもそういうのが好きなのだから、外見で判断してはいけない。

で、最近撮ったものだとこんなのがある。

黄色いチューリップが綺麗に咲いていたので一枚。

シャガって日陰で異彩を放つ妖艶な花。

名前はよく知らないが、かわいくてきれいだったのでパチリと。

クリスマスローズって、名前にクリスマスってついているけど、この時期に咲いているんですねぇ・・・

私の場合、商品撮影がメインなので、主に使っているレンズは100mmマクロ。

レンズ特性からして遠景よりも寄りを撮ることが多いのだが、こうして接写をすると、遠目で見るのとは、また違う見え方がするから面白い。

で、そんな「花」は、お祝いのときに文字通り「花を添える」目的で贈ったり、お見舞いなど人が心身ともに傷ついているときにその気持ちを癒す目的でプレゼントしたり、人の気持ちを明るくするもの。

そんな花好きな人に悪い人はいない、と、思いたいのだが・・・

店頭の植栽を見たら、何となく寂しくなっている。

で、よく見てみたら・・・

穴が開いていて、そこにあったはずの花がなくなっている。

2か所もなくなっていた。

以前にも一度植栽を植え替えた翌日に、一部の花がなくなっていたことがあった。

それからしばらく、こんなことはなかったのだが、こうしてなくなると本当に悲しい。

お金を盗まれた場合、憤りを感じるものだと思うが、植えられている花を盗まれると、憤りと言うより悲しくなってしまう。

人の喜怒哀楽に寄りそう花、どんなに綺麗でも、盗んだものを自宅の庭やプランターに植えて、それを見て心が晴れやかになるものだろうか。

盗んだものを飾って喜べる人の心って、病んでいるようで本当に悲しく思う。

晴れて暖かい金曜日、ちょっと気分はブルーな一日だった。

色づきはじめ

2022年11月9日 

昨夜は月食でしたね。

みなさんご覧になりましたか?

よく晴れていてしっかり見えました。

神秘的で美しかったです。

 

 

 

 

さて、永観堂では秋の夜間ライトアップが始まりました。

最後に訪れたのはずいぶん前になりますが、圧巻の見応えだったと記憶しています。

屈指の人気スポットですので覚悟を決めて出向かなくてはならない気がしてしまうのですが、ぜひまた見たい場所の一つです。

 

二条城ではプロジェクションマッピングが行われているそうで、なんだか楽しそうです。

あとは青龍殿もいいですね。とても美しい場所です。

限られた期間ですので行き先に迷いますが、今年は久々の賑やかさも含めて楽しめたらと思っています。

  

先日は、色づき始めた南禅寺周辺に行ってきました。

 

 

だんだん人が戻ってきたとは言っても、まだまだゆっくり見て回れる状況です。

 

着物姿で撮影を楽しむ人の姿も。

 

 

これから紅葉が進むにつれて人の数も多くなりそうですね。

 

 

帰りは三条通りを西に向かって。

夕焼けに感動しながら歩きました。

 

 

 

下鴨本店では秋の味覚、栗のタルトをご用意しています。

 

 

紅葉狩りの帰りにでも、ぜひお立ち寄りください。

ほっと一息ついていただけると嬉しいです。

 

皆様のご来店をお待ちいたしております!

雨上がりに生える

2022年7月21日 

一昨日はスゴイ雨だった。

下鴨・芸大ともに定休日で、ある意味良かったのかも。

そんな大雨翌日の昨日の朝は、けっこう清々しい空気。

けっこう鴨川の水位も上がっていた。

で、今朝の出町柳西側からの風景

ちょっと水位は下がっているが、この一からだとイマイチ分からないので、出町の飛び石カメさんのあたりの写真。

こちらは昨日。

飛び石は全く見えなかった。

で、今朝はこちら

飛び石が姿を現していた。

まぁ、鴨川って雨が降ったら水位が上がり、やんだら下がる。

すごく分かりやすい。

と思いながら歩いていたら、あちこちにニョキニョキと

きのこ。

これも、数日晴れが続いたら、全部なくなってしまうんだろうな。

まぁ、毎日同じところを歩いていても、日々風景は変わるから面白い。

明日は、どんなふうになっているのか楽しみ、と、言いたいところだが、予定では明日のウォーキングはサボるので、明後日の朝どうなっているかですね。

皆さんも、鴨川散歩楽しんでみてはいかがでしょうか。

久々雨

2022年7月3日 

今朝は開けた窓から聞こえる雨音で目が覚めた。

が、歩き始める時間には雨が上がっていたので鴨川へ出たが・・・

今出川あたりで雨が急に激しくなってきたので、いつも定点撮影ポイントへ行くのを諦め引き返すことに。

雨の時は川端通に出た方が、木の葉で雨を少しは防げるため桜並木の下を歩いた。

けど、やはり帰宅したら水も滴る・・・ということになっていた。

それにしても、超短い梅雨が明けてから、連日真夏日や猛暑日が続いていたので、この雨で少しホッとした感じかも。

とは言え、本年ではあまり週末には降ってほしくなかったなぁ・・・

さて、雨とは関係ないが、このところ鴨川を歩いていると少し前と比べて、ちょっとした異変を感じる。

今までは、朝のウォーキングやジョギングをしている人のほぼすべてがマスクをしていたのだが、このところ政府も屋外の会話が少ないシチュエーションではマスクをしないことを推奨しているため、マスクをしていない人が増えてきた。

感覚的には、半々か少しノーマスクの人の方が多い感じ。

毎日のニュースでも、コロナ関係に割かれる時間が減少傾向。

このまま何となくコロナ前の社会生活に戻っていくのだろうか。

とは言え、車で走っていても、午後7時を回ると途端にスイスイと流れるし、街中を見ていても夜が早くなっているように感じる。

コロナが終息しても、完全にコロナ前に社会生活が戻ることはなさそう。

まぁ、ヴェルディは昼間の営業だから特に関係ないが、世の中をよく見て営業していかねばだなぁ・・・

と言うことで、久しぶりの雨で、熱が充満していたところ少し落ち着いた一日だった。

このページの先頭へ