自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. たわごと

たわごと

深読み

2024年4月19日 

ヴェルディでは、現在インドネシア特集をしていて、今は「バリ・ウォッシュド」を販売中。

こちらは、ともかくスムース&クリアで甘みが強いのが特徴で、髙島屋や北白川でご試飲下さったお客様の多くがお求めくださっている。

おかげさまで、仕入れた生豆も残り5キロを切ったので、来週中には販売を終了することになると思われる。

その次に登場するのが「東ティモール・ナチュラル」

バリに限らず、マンデリンもトラジャも、インドネシアの豆は近年価格がかなり上昇している一方、東ティモールの豆は、比較的安価なイメージがあるのだが、こちらの東ティモールは、バリよりも高価な豆。

実は、こちらの豆はカッピングもせず、いつもお世話になっている商社の人が激しく推薦してきたので購入したのだが、先日届いた生豆をサンプルローストした結果、北白川焙煎所のスタッフ一同が「これ、スゴイ!」と唸るほどのクオリティーだった。

そんなわけで、バリはもう間もなく終了、そして次に出てくる東ティモールにもぜひご期待ください。

さて、話は変わって、先日ケニアの豆が一般的にいくらくらいで売られているか見ていたとき、こんな説明文を目にした。

ケニアのオークションロット

ケニアで毎年開催されるオークションで落札されたニュークロップ。

2月入港

ここから先、書くと同業者に嫌われそうだけど、まぁ、たまにはいいかと言うことで・・・

上の説明だけを見ると、何も知らない人が読んだら、年に一回開催されるカップオブエクセレンスなどのようなコンペで、秀逸な豆をオークションで競り落とされたものというイメージを抱いてしまうかもしれない。(そんなこと一言も書かれていないが)

ケニアのコーヒーは、7月以外は概ね毎週火曜日にNCE(ナイロビコーヒーエクスチェンジ)で開催されるオークションにより落札され、市場に出回る。

一部の中規模~大規模農園で、自前の精選所を持っているところは、MA(マーケティングエージェント)を通して、直接取引ができるものの、大半の小規模農家はチェリーをファクトリーと言われる精選所へ持って行って、ファクトリー(ファクトリーが複数集まったFCSの場合もある)単位でロットを作ってオークションに出品される。

NCEのオークション会場
灰皿もあったりして・・・

しかも、オークションと言っても、コンペのようにハイクオリティーな豆が集まるわけではなく、グレードで言えばスペシャルティーとして流通している【AA】や[【AB】だけではなく、【T】や【TT】(水洗時に水に浮いてしまうような軽くてスカスカな豆、欠点豆比率も劇高)から、本当に良いものまで玉石混交。

↑ 次回オークションに出される豆 ↓

つまり上の写真ほどの数の豆がオークションに出品されるので落札したというだけでは、どんなグレードのものだったかは不明。

Tグレードの豆も出品される
この汚い豆も言いようによっては「オークションロット」。

そして、ケニアのメインクロップ収穫は、9月ごろにスタートして、11月~12月が最盛期になるため、実際にメインクロップのオークションが活況を呈するのは、1~4月。

年間を平均したら、毎週1,000~1,500ロットがオークションに出されるが、メインクロップの最盛期である1~4月は2,000~2,500ロットが出品される。

と言うことで、2月入港のものは、ニュークロップに違いはないかもしれないが、概ねメインクロップよりも比較的安価な「フライクロップ」ということになる。

これをまとめると先の説明は以下のようになる。

「この豆は確かにケニア産だけど、グレードについてはどんなものか不明。そしてニュークロップではあるが、比較的安価なフライクロップです。」

と言っているということになる。

もし、本当に良いものを直接取引が認められている農園から仕入れているのであれば、決して「オークションロット」とは言わず、「〇〇エステートのスペシャルティー」と表現するはず。

そんなわけで、モノは言いようだなぁ・・・

と、思いながら、私はいくら「モノは言いよう」でも、知らない人に対して紛らわしい表現は使えないなぁ・・・と思った。

おしまい。

固定観念

2024年4月16日 

今日、出勤して通販のご注文リストを見たら、先日の日記でもご紹介していたコーヒー豆ガチャのご注文が2件入っていた。

それも、2件とも20連という一番数量の多いもの。

この「ガチャ」をスタートするにあたり、ECサイトで同様のガチャを販売していて成功しているところを多数参考にしたものの、コーヒー豆のガチャをやっているところが見つからなかったので、お酒やお肉などのサイトを参考にした。

開始当初は、一番リーズナブルな5連が良く出て、10連がたまに出るかな?15や20は、あまり購入されないだろうと思っていたのだが、ここまで入ったご注文は、15連か20連のみ。

ヴェルディの通販を繰り返しご利用くださっている方は、ほとんどがいつもと同じ豆を400~500グラムという少量多頻度購入して下さるお客様が多いし、初めての方にとっては、10連以上は価格的に敷居が高いのではないかと思っていたのに、予想とは逆の展開になっている。

また、ヴェルディの常連さんだったら、何が入っているか分からないというよりは、自分の好きなものをご購入下さるだろうと思っていたので、ちょっと意外だった。

逆を言えば、ここにきて初めてスタートした「ガチャ」の販売。

こういう何が入っているか分からないというのがウリの企画や、大量の豆と言う面に置いての需要もあるのだと言うことが分かった。

何となく、これまでは慣例とか分析しているつもりで、実は固定観念で物事を見ていた可能性もあるなぁ。

と反省。

通販のアイテムはもちろん、リアルの店でも、固定観念で物事を見るのではなく、柔らかい頭でいろいろと試すことも大切だな、と思った。

届かない

2024年4月8日 

昨日の日記で、芸大店で販売していた(北白川焙煎所では販売している)「アフリカンブレンド」を通販でもお求め頂けるようにしたと書いた。

同時に、「瓜生山ブレンド」も名称を「北白川ブレンド」の変更して販売をしたいと思ったのだが、こちらは11日からの開始を予定している。

その理由が、本当は土曜日に着く予定だった「ニカラグア」の豆が、まだ届いていないから。

3月までなら、恐らく金曜日には届いていたのだが、4月から輸送業の働き方改革に伴い、時間外の労働時間上限が設けられ、今までより発注から納品の日数が1~2日長くなることが影響している。

ただ、1日多く必要なだけなら良いのだが、配送スケジュールの変更に伴い、現在商業用物流が、かなり混乱をきたしているらしく、運送会社によっては1日や2日では済まない状況になっているらしい。

ヤマト運輸の人が、集荷に来た時に聞いた限りでは、宅急便は今まで通りの配送時間で届けられるようなのだが、日本郵便の方は0.5日~1日今までより配送が遅くなる。

最終消費者向けの運送会社は、基地間の輸送と家庭への宅配が分業になっていることもあり、人出さえ確保できれば今まで通りの日数・時間で対応できるものだと思うのだが、コーヒー豆のような商用貨物は、横浜や神戸の倉庫から荷下ろしをする最終到着場所まで一人のドライバーが担当することが多いため、どうしてもそうなってしまうのだろう。

まぁ、ある意味今の世の中は便利になりすぎてしまい、私が子供のころだったら驚きのサービスが、今では当たり前となってしまったが故に、そこから少し時間が伸びたりすると、不便になったように感じてしまう。

便利な世の中は有難いのだが、便利になりすぎるのもどうなんだろうなぁ・・・

まぁ、逆戻りはできないんだろうけど。

と、土曜日に届く予定の豆が、まだ今日も届かず、ちょっと困ったと思いながらも、少しそんなことを感じてしまう雨の午後だった。

渋滞の季節

2024年4月5日 

今日は、朝から通販サイトを少しさわって、午後には髙島屋へ豆の配送。

四条河原町まで車で行くには、いろいろなルートがあるものの、川端は御池と四条で渋滞になるし、御幸町を南下すると、錦あたりからけっこう歩行者が怖い。

で、何気に一番短時間で行けるコースが、川端二条を西に曲がって、木屋町を南下するというものなので、今日もそのコースで行ったものの、木屋町通りは桜が咲き始めてものすごい人出だった。

特に、四条木屋町あたりは、「いつから木屋町通りは歩行者天国になったんだ?」というくらい人が車道にもはみ出していて、歩行者と接触しないように走るのがやっとだった。

2月~3月は、外を出歩く人が少なかったのだが、ここにきて海外からの旅行者などが劇的に増えてきている。

ただ、四条界隈は人出がすごいものの、百貨店の地下は逆に少ない傾向・・・

なかなか難しい営業を強いられているが、今の時期にしっかり準備をして、葉桜になるころには、さらに店をパワーアップさせたい。

そんな髙島屋S.C.店、こちら限定の「桜ラテ」も、終了へ向けてカウントダウンが始まった。

もうすでに次のフレーバーラテを検討しているようなので、次回行ったら試飲してみよう。

桜も良いですが、桜ラテも!

ご来店お待ちしております。

このページの先頭へ