自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. たわごと

たわごと

またトシをとってしまった。

2018年10月16日 

昨夜、日記を書こうとパソコンのスイッチを入れ、立ち上がるまでテレビを見ながらソファーにごろんとなったのだが、次に気が付いたらもう日付が変わっていたので、そのままベッドに入ってしまった。

ちょっと前までは睡眠時間が短くても、なんとでもなっていたのに、最近トシですかねぇ・・・

そんなわけで、昨日は更新をできず。

もし日記を読もうとアクセスして下さった方がいらっしゃったら申し訳ありませんでした。

で、今朝。

けっこう肌寒かったが、先日の日記にも書いた通り、まだ冬服を出していないので今朝は半そでシャツしかなく、半そでで歩いていたら、毎朝すれ違って挨拶を交わす方から「半そで、若いわね」と声をかけられた。

自分的にはトシをとったと思うのだが、私より一回り以上年配と思しき方から見ると、まだまだ若いのかもしれない。

なんて思いつつ、実は昨日で実質的に一つトシをとってしまった。

SNSのプロフィールなどで、自分の誕生日を公開設定にしている人には、SNS繋がりの友人たちから多くのお祝いメッセージが届いているのを目にするが、返事を書くのが面倒な私は誕生日を非公開にしているので、家族以外でお祝いのメッセージをくれるのは、たまに何かを購入する通販サイトやショップのアプリ会員になっているところから自動で送られてくるメッセージや誕生日クーポンばかり。

でも、中には一年以上サイトを訪れることすらなかった通販会社から、割引クーポンが届いたりして、久しぶりにそのサイトを見に行ったりするから、そういうネット販促は一定の効果があるのだろう。

Verdi でもネット販促を頑張ってみなくては。

そんなメールやアプリで届くクーポンの中でも一番うれしいのがコレ。

いきなりステーキの肉マイレージ、ゴールド会員に届くリブロース300グラムのプレゼント!

このバースデープレゼント、もうほんとうに、太っ腹ですねぇ・・・

って、ゴールド会員になるためには、けっこう腹を太くしなくてはならないか。

 

そんなわけで、昨夜はアットホームなイタリアン、アズーロさんで家族に祝ってもらった。

まずは、お肉の前菜盛り合わせ

さんまのソットオーリオ

アズーロさんのFacebook にのっていて美味しそうだったのでつい。

「美味しそう」だけではなく「美味しかった」です。

しめじのポタージュ

これが、もう「しめじ!」って感じのスープ。

うにのパレルモ風

これもアズーロさんのFacebook で見て、次の瞬間「これ食べに行こう!」と心に誓った一皿。

これがまた美味しかった。うにがこんなに入っていて、この値段はあり得ないという感じ。

かぼちゃのニョッキ

ペンネ塩豚バラのアラビアータ

自家製キターラ たるいかの軽いトマトソース

ショッキの食感も、アラビアータのいい感じなピリ辛さも、キターラのアルデンテな歯触りも、どれも美味しくて皆満足のディナーだった。

が、この夜もう一品、絶対食べようと思っていたのが、これまたFacebookで紹介されていた「モンブランパフェ」

この栗の大きさ、そして中身も充実していて、味も食感も変化があって、これだけでも食べに再訪したいと思うのであった。

でも、こうしてみると、私もまんまとSNSの販促に乗せられてしまっている。

やはり、今の時代ネットを駆使しないといけないと再認識した夜であった。

クラシフィカドールになれた!

2018年10月12日 

今朝は肌寒いというより寒かった。

いつもウォーキング中にすれ違って挨拶する方からは「まだ半袖?寒くない?」と声をかけられたが、まぁ、まだもうちょっと大丈夫かな。

そんな今日は、雨こそ降らないが曇りがちの天気。

ちょっと前までは7時過ぎでもまだ明るかったのに、夕方用事があって下鴨へ行ったが、5時前には随分と暗くなり始めている。

本通りと北大路の交差点で信号待ちをしていたら、西の空がきれいだったので、ついスマホで1枚撮ったら、横断歩道を渡っている人が車のヘッドライトに照らされてちょっと面白い写真になった。

さて、8月後半から9月上旬にかけて私はブラジルへ行ったことはこの日記でも書いたが、その最大の目的は農園視察とともにクラシフィカドール(コーヒー鑑定士)の資格取得であった。

ちゃんと講義をきいて

豆を選別して

欠点の分類をしてグレード付け

珈琲の味覚鑑定

といった授業を受け、実技とペーパーのテストを受けて、結果を待たずに帰国したが、やっと合格通知と鑑定士の認定書が届いた。

日本国内ではあまり意味はないが、ブラジルではエクスポーターや倉庫会社、コーヒーの取引をする会社などではクラシフィカドールがいなくてはならないわけで、そういった仕事をするうえである意味必須資格。

ブラジルまで行って試験に落ちたらシャレにならなかったが、無事合格して一安心。

と言うことで、今日から私は一応コーヒー鑑定士になったのでした。

2018年10月8日 

毎朝歩いていると、空の雲がけっこう気になる。

これはいつもの場所から

ちょっとアングルを変えて

今朝は見事に秋の空で、夏とは全く違う雰囲気であった。

 

さて、今日は店もひと段落した午後4時ごろ、京都工芸繊維大学まで SD(Space Design)Review 2018を見に行ってきた。

造形芸大にカフェを出したら、突然建築デザインに目覚めた!というわけではなく、新大久保で Verdi の豆を使って営業して下さっている DOMO さんの内装をデザインされた 佐野健太さん が、SD に入選され、そのシンポジウムで登壇されるということだったので伺ったわけである。

今回の入選作について、プレゼンをする佐野さん。

展示も見せていただいたが、先にプレゼンをきいてから模型を見ると、そのコンセプトや内容が分かっているのでよりこの建築物について理解を深められて面白い。

一つ一つの入選作が、しっかりとしたスペースをとって展示されているので、建築デザインに興味のある人でなくても見て楽しいのではないかと思う。

展示は10月27日まで行われているので、興味のある方はぜひ京都工業繊維大学までお運びください。

 

学校を出てふと見上げると、「秋の夕暮れ」という感じの空だった。

この季節の空、かなり好きです。

 

逆ならいいのに

2018年10月5日 

今朝もどんよりとした曇り空

さて、ブラジルへ行く前後から私の体重は右肩上がりで、帰国して最初に体重計に乗ったときは、ついにボーダーラインの60キロを上回ってしまった。

最低でも56キロ未満に抑えておきたい私としては、(あまりダイエットしているように見えないかもしれないが)そうとう本気のダイエットモード中なのである。

で、昨日はとてもインド料理が食べたかったのだが、やはりカリーはカロリーが高い。

そこで、インド人が作るサラダを食べることにした。

ヌルールSPビーフサラダとチャパティ

ブルーチーズで作ったドレッシングに、ベリー系のソースをアンダーで。

この組み合わせが、ビーフとよく合ってなんとも美味しいのである!

そして、ヌーさんのチャパティって他では絶対食べられない、チャパティらしからぬ逸品。

これをインド料理と言ってよいか否かは別として、とりあえずインド人が作る料理なのだから、インド料理を食べた気分を味わってみた。

 

それにしても、お金はすぐ減るのになかなか増えない。

一方、体重は少し気を抜くとすぐに増えるのに、なかなか減らない。

逆ならいいのになぁ・・・と、思うのは私だけではないだろう。

レジ入れ替え

2018年10月2日 

今日はいい感じで晴れて気持ち良い朝だった。

今は「涼しい」だけど、もうちょっとしたら「寒い」にかわるのだろう。

 

ところで、昨夜から今年のノーベル医学生理学賞に本庶先生が選ばれたというニュースが流れているが、本庶先生は Verdi が開業して間もないころからの大切なお客様で、いつも奥様が珈琲豆をお求めにお越し下さっていた。

素晴らしい研究の合間に、ヴェルディブレンドをお楽しみ下さっていたかと思うと、本当にうれしく有難いことである。

本庶先生の偉大な研究に心からの賛辞と、ノーベル医学生理学賞受賞をお祝い申し上げます。

 

さて、昨日下鴨本店のレジを入れ替えて、今日はその稼働初日。

私は朝からレジ操作のレクチャーで下鴨に詰めていたのだが、やはり営業初日はいろいろと不備がみつかるもので、値段が違うものがあったり、思ったようなキー操作ができなかったり、そしてレジと連動しているはずのクレジット機能が使えなかったり・・・

そのあたりをレジ屋さんと連絡しながら一つずつ修正していき、午後にはほぼすべての問題がクリアされた。はず。

今日出勤のスタッフは、だいたいレジ操作にも慣れたと思うが、しばらくは会計時に若干とまどうこともあろうかと思いますが、どうぞご了承くださいませ。

ケバブ屋

2018年10月1日 

台風一過で青空の京都。

雲はすっかり秋ですねぇ

今朝の雲は奇麗だった。でも、この定点観測では一部しか見られないので、初めて i phone のパノラマモードで撮ってみた。

なんか変な写真になった。

 

さて、今日は下鴨本店のレジ入れ替えがあったので、造形のランチタイムが終わったら下鴨へ。

1年後に消費税が上がるのだが、ただ上がるだけならまだしも、軽減税率というものが導入されるため、イートインとテイクアウトで税率が変わってくる。

それに対応できるレジの導入をしなくてはならないと思っていたのだが、購入を先送りしても最終的にはレジを入れ替えねばならないので、善は急げでちょうど半期が終わったタイミングで購入することにした。

 

話は変わって、百万遍あたりを車で走っていたら、マクドナルドのすぐ西にケバブ屋さんがオープンしていたので行ってみた。

ムーンスターって、靴屋さんみたいな名前

オーダーは券売機で食券を購入するスタイルだが、一昔前と違いケバブも市民権を得つつあるとはいえ、普通の人だと何を注文していいか分からないような気もした。

店内にはトルコ人と思しきお兄さんと、日本人のアルバイトと思しき若い男性。

とりあえず、「ケバブ&サラダセット」590円の食券を購入。

「こちらでお召し上がりですか?」ときかれたので「はい」とこたえると、「お持ちしますので2階でお待ちください。」と。

2階に上がってみたら「Oh my god ! 」という心の叫び声が聞こえた気がする。

写真では分かり辛いが、薄暗い店内に小型のミラーボールが回っているではないか!?

なんとなく、この時点で「ここはアカン店に違いない」と確信するに十分な要件が出そろってしまう。

待つことしばらく、階段を駆け上がる音が聞こえ「お待たせしました」とコレが出される。

ちょっと選択を誤ったか?と

アップで

このケチャップがバシッとかかったケバブに、サウザンドレッシングがかかったキャベツの千切りとぶつ切りの合間のようなキャベツサラダ。

ビジュアルを見ながら、失敗したかも、と、半分後悔しながら食べ始めたのだが、数口食べてみると、意外とイケルではないか!と。

食べ進むうちに縁日の屋台のような、ジャンキーではあるがなんだかおいしく感じてしまうコレはいったい何だ?と思い始める。

そして、恐らく売れていないからであろうが、ケバブの絶妙なカリカリ感と下手くそな千切りキャベツの食感がなんとも心地よくなってくる。

値段を考えると、これは下手な定食を食べるより価値があるのではないかという気持ちになってしまった。

営業時間は11:00~14:00、18:00~22:00と言うことで、仕事の後でも立ち寄れる。

わりとちょくちょく来てしまうかもしれない。

1 / 4512345...102030...Last »

このページの先頭へ