自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. たわごと

たわごと

新芽・新豆

2021年1月22日 

今朝もいつも通りに起きて、着替えて外に出ようとしたら、けっこう雨がしっかり降っていたので朝のウォーキングはお休み。

このところ、自家製タルトが好調で、クレームキャラメルの出数が減っていたため油断していたら、昨日はクレームキャラメルにご注文が集中。

多めに作っておいた在庫が底をついたので、今朝は早めに出勤して普段の倍プリンを焼こうと思っていたからちょうどいいなと言うことで、今朝は7時過ぎに出勤して朝から張り切ってプリン作り。

プリンを作りながらふと見たら、このところ寒さのせいか成長が止まっていたカレーリーフに新芽が出てきていた。

過保護なくらい、カレーリーフは温度管理に気を遣っているので、なんとかここまで枯れずに成長し続けてくれている。

早く大きくなって、美味しい葉っぱをたくさんつけてくれよ~。

そんな今日は、午前中にネットミーティングがあったり、午後からは配達回りがあったり。

今日まで下鴨店はお休みを頂いているが、明日からの豆を焼かなくてはならないので、焙煎担当の森本は下鴨に出てきて朝から大量焙煎。

なので、店は休みでも配達はできるため、その配達用の豆をとりに下鴨へ行ったら、注文していたポストハーヴェストの豆が届いていた。

以前、スタバで売られて話題になっていた、ウイスキー樽で熟成させた豆。

スタバで売られていたものは芸大店の太田が購入してきて皆で飲んだが、かなりウイスキーの香りが強く、珈琲なのだかお酒なのだか分からないほどの味だった。

こちらはサンプルをカッピングしてみたが、そこまでウイスキー感はなく、ほんのりスモーキーで後味に甘いアロマが感じられるというもの。

スモーキーでありながら、後味はクリアで長く心地よい余韻が続く。

一刻も早く売りたいところだが、その前に1週間限定でスペシャルブレンドを販売予定なので、そちらもご期待ください。

緊急事態宣言が出て業務用の配達も量はずいぶん減っているが、コーヒー通販の方はお休み期間中に大変多くのご注文を頂いた。

今週ご注文下さったお客様、明日から順次発送してまいりますが、非常に多くのご注文を頂いているので、全て明日発送するのは難しいかもしれません。

恐れ入りますが、今しばらくお待ちくださいませ。

そんな緊急事態宣言&雨の金曜日。

朝は歩けなかったが、夜は7時過ぎくらいから雨も上がったので、いつも通り五条まで歩いてみた。

緊急事態発令直後は、けっこう8時ギリギリまで営業しているお店も多く、鴨川沿いを歩いていても対岸の木屋町裏側はけっこう明るかったのに、日に日に営業しているお店が減ってきて、午後7時45分ごろの三条~四条間の鴨川沿いはこんな感じ。

世の中は緊急事態、飲食業にとっては非常事態。

なんとか乗り切りたいですねぇ。

よめない

2021年1月15日 

今朝はちょっと寒さも和らいでいたように感じた。

ここ数日の中では、朝の鴨川沿いも一番人の出があった。

それにしても、まだまだ朝の6時は暗くて、すれ違う人の顔が全く分からない。

早く明るくならないかなぁ・・・

緊急事態宣言が出て2日目、一昨日は今年の中で最も良い売り上げだった芸大店が、昨日は最低の数字を出してしまい、こんな調子なら来週から営業形態を変えねばならないかと思ったら、今日は今年二番目の良い数字・・・

全くよめなですねぇ・・・

そんな今日は、閉店後に一つ用事があって歩き始めたのは多くの飲食店がオーダーストップをした後。

鴨川沿いのお店も、明かりが消えているところが多かった。

これなら、今夜も木屋町を歩けると思って、五条からは鴨川沿いに降りず、木屋町を歩いたのだが、四条より北は昨日より多くの人がいて、マイペース(結構速め)では歩けず。

見た感じ、ほとんどの店は閉店しているのだが、多くの客引きから「居酒屋お探しではないですか」とか「一軒だけ、遊んでいきませんか」とか声をかけられた。

ってことは、ちょっと入った目につかないところでは営業しているんだ・・・

でも、開店休業だろうなぁ、と思いながらのウォーキングだった。

.

さて、何となく暗い話題になってしまうので、先日行ったお店を一軒。

この前の火曜日、伏見の方へ仕事に行った後、ちょっと足を延ばして城陽の珈琲店「ぼん」さんへ伺った折、途中の道沿いで目についた「ドトール珈琲農園」というお店に入ってみた。

イメージとしては、ストレート豆も何種類か置いているスペシャルティ中心のお店かと思ったが、コーヒーメニューは常設のブレンド3種と季節もののブレンド1つ。

季節ものの新春ブレンドというのと、昼食をとり損ねていたので、プレミアムホットドッグを頂いた。

この前の日曜日に私が書いた日記、自分でも書きながら「説明を端折っている分、ツッコミどころのある内容になっているな」と思ったのだが、この「ティピカ種」の説明もツッコミどころ満載。

すごいなぁ・・・

コーヒーと ジャーマンドッグ プレミアムホットドッグ。

コーヒーはすっきりしていて飲みやすかった。

ドトールらしからぬ、雰囲気のある店内。

「珈琲の農園主の家に招待されたような」と書かれていたが、珈琲農園のオーナーの家って、こんな感じではないけどなぁ・・・

と、突っ込んではいけないですね。

普通のドトールより落ち着けて、気持ちよい空間で珈琲を楽しめる、という感じのお店で、ドトールさんの意欲店舗という感じ。

お店の内装や珈琲についての説明は、ちょっとツッコミたくなるものの、もし近所にこういうお店があったら、仕事の後などに気分をリセットするため、また、休みの日にゆっくり読書するためなどにちょくちょく利用しそうな気がする。

個人的には、スタバよりドトールの方が好きだったりするのだが、それはあくまでも街中での時間調整やメールチェックなど、ちょっとした仕事をするための利用について。

喫茶店として利用する場合は、こういうお店っていいなぁ、と思うのでした。

ヴェルディも、そういうふうに思ってもらえる店にならねばですね。

第二次緊急事態宣言

2021年1月14日 

昨日は本当に寒かったけど、今朝はちょっとマシだったような気がする。

昨日の朝は、出町柳の駐輪場にとまっている自転車も凍り付いていた。

が、今朝はここまですごくなかったので、体感的にも実質的にも少し寒さが和らいだのだろう。

.

さて、ついにというか、やっとというか、京阪神にも緊急事態宣言が発令された。

朝からSNSでは営業時間変更のお知らせであふれている。

なんとなく閉塞感を覚えずにはいられなかった。

そんな今日、芸大店は今年始まって最もお客様の少ない一日になった。

昨日は、今年一番の売り上げだったので急降下。

恐らく緊急事態宣言前、友達とカフェへ行くラストチャンスだったり、巣ごもり用の豆を買いに行こうと思って頂いたりだったのだろう。

下鴨は、数字を見る限り、豆は好調にお求め頂いていたようだが、店内は芳しくないようだった。

ヴェルディは、もともと夜の営業をしていないので、20時という縛りは関係ないようだが、やはり緊急事態宣言が出ると、そもそもお客様が減少してしまうので、もう少し様子を見てからだが営業形態も再考しなくてはならないかもしれない。

などと、夜のウォーキングをしながらいろいろ考えてしまった。

五条大橋から見た京都タワー、今夜は青かった。

だいたい私はウォーキングしているとき、時速6.5キロくらいのペースで歩いているのだが、普段だと木屋町通りはそんなペースで歩けないのに、今夜はスイスイと歩けた。

それにしても、夜に限定して営業自粛を求めるというのは、完璧なミスリードだと思う。

ウィルスは夜行性ではないわけで、昼間でも人が動けば感染は広がる。

真剣に短期間で感染を抑えるのであれば、4月の時同様スーパーなど生活に必要な業態以外は営業自粛要請をして、ダメージは広く多岐にわたるだろうけど、昼と言わず夜と言わず、しっかりと抑え込む方が長期的に見たら経済損失は低いように思う。けっこう辛いけど。

でも、今回のような中途半端に夜だけ自粛なんてやっていたら、中途半端にしか感染者は減らず、ゆっくりと長期にわたって、そしてより深刻にダメージを受ける企業が多いのではないかと思う。

昨年の今頃は、こんな状況になるとは思ってもいなかったのと同様、近未来がどのようになっているか、私には想像もできないが、できることをしっかりやって、なんとか乗り切っていこう。

緊急事態

2021年1月8日 

今日は氷点下の朝。

いつもより厚着で鴨川に出たが、それでもやはり寒かった。

昨日は、夜にヨドバシまで歩きながら、河原町や四条のお店の中を見ていったのだが、どこもかしこもお客様がほとんど入っていなかった。

そんな光景を見たこともあり、今日も撃沈かと思ったが、昨日よりはお客様も多くお越しくださった。

そんな中、ワンちゃんを連れてご来店のお客様は、テラスで珈琲をお召し上がりになっている。

正直言って、気温からすると冷蔵庫の中で珈琲を飲んでいるようなもの。

でも、気温が低いだけではなく外は風も強いので、冷蔵庫よりも寒く感じるのではないかと思う。

申し訳ないような、有難いような。

さて、首都圏では今日から第二次緊急事態発令。

関西でも緊急事態宣言の発令を政府に要請するようなので、これからますます厳しくなることであろう。

でも、飲食が悪いように言われているが、思うに「飲食店を利用する」ことが悪いのではなく、複数の人が向かい合って会話をすることによる飛沫感染が問題なので、夜の時間短縮をするよりも、複数で訪れても席を分けて皆が「おひとり様状態」で黙々と食べれば感染リスクは低くなるのではないかと思う。

そんなこと言ったら「いや、食事は楽しく会話をしながら食べるから美味しい」という反論はあるだろうが、そのところが問題なので仕方ない。

前回の緊急事態宣言の折、バッシングを受けたパチンコ業界だが、ここまでニュースを見ていても、パチンコ店で集団感染が起きたという話は耳にしない。

パチンコ店では会話をする必然性がなく、一人で盤面を見つめる遊戯なのだから、飛沫感染のリスクが低いからであろう。

健全かどうかという判断基準ではなく、感染のリスクという観点で見た場合、飲食よりもパチンコの方が低リスクというのは皮肉なことかもしれない。

であれば、飲食も「おひとり様仕様限定」にして、黙々と食べてもらえば感染リスクは高くないはず、ヴェルディはもともと18時か19時には閉店するので、時短要請が出ても全く関係ないが、なんだか時短要請には違和感を覚えるのである。

そんなことを私一人がボヤいていても何が変わるわけでもないので話題を変えて。

今日も夜のウォーキングに出たのだが、鴨川沿いはともかく風が強くて寒く感じる。

でも、五条から木屋町を北上していたら、川沿いのように風が吹かない分、なんだか暖かく感じた。

そんなわけで、いつもならどんぐり橋から再び鴨川へ出るのだが、今日は木屋町を歩いて、途中で河原町に出ていた長女と合流して久しぶりに「長浜ラーメン みよし」さんへ。

牛スジラーメンを注文。

麺は極細面。

昔よりあっさりしたように感じるが、久しぶりに食べると懐かしくて嬉しかった。

理由

2020年12月27日 

今朝は手袋をしていても、手がかじかんでしまった。

このところ、何かと慌ただしくて1週間ほどインド料理を食べていなかったので、昨日はなんとしても食べたい!

と思って、家族を誘ってみたら、みんな行くと言ったので「じゃぁ、みんなで歩いて行こう!」と言ったところ、結局カミさんだけが自転車で来ることになり、娘たちは「車なら行く」などと情けないことを。

そんなわけで、私が徒歩で出発してから20分後にカミさんは自転車で白梅町へ。

恐らく彼女は私以上に運動不足なので、たまには歩いた方がいいんだけどなぁ・・・

で、頂いたのはこれ。

スペシャルチリチキンの辛さ4

ハニーバターナン

けっこう辛くしたチリチキンと、甘いハニーバターナンを合わせてみた。

これはこれで美味しかったのだが、私的にはハニーバターよりもマンゴーピュレなどをぬっている「ヌーラーニナン」の方が合うかも、と思った。

.

さて、よく人から「どうしてそんなにインド料理が好きになったのか?」とか、「何がきっかけで食べるようになったのか?」と聞かれることがある。

それを語るには今から30年ほど前のことに言及しなくてはならない。

20代のある日、私は突如お酒を飲めない体になってしまった。

それまでは大丈夫だったのに、ビール1本で病院行きになり、検査の結果、肝臓の調子が悪く、アルコールを分解する酵素をほとんど出していないとのこと。

その後、社会人になって健康診断を受けるたび、採血をして成分検査をするたび肝臓関係の異常で再検査をするよう通知が来続け、10年前には精密検査をするための検査入院もしたのだが、結局原因は分からずじまい。

ともかく、アルコールの摂取はしないようにということで、この30年ほど乾杯のときに舐める程度しかお酒は摂取していない。

そうなると、食事をしに行ってもお酒が飲めないわけである。

基本的に、和食でもフレンチでもイタリアンでも、お酒を飲めない人は、あまり歓迎されないことが多い。

一応、私も気を遣って、ソフトドリンクを注文したり、ちょっと多めにオーダーしたりはするものの、一杯7~800円のソフトドリンクを飲んだところで店の利益は数百円程度。

しかし、ワインだとグラスでも料理毎に何杯か飲んでもらったら数千円の粗利益が出るし、1本数万円のワインを注文してもらったら、店の利益も万単位になるのだから、そりゃお酒を飲まない客は店にとっては有難い客ではない。

なので、差別はしないけど区別はされるという経験を多数してきた。

そもそもお酒は仕込み・調理の手間なく利益を得られる重要商材なので、人気店になればなるほど、飲まない客を座らせているということは、得られるはずだった利益の機会損失になってしまう。

そんなわけで、私が酒を飲まないのではなく、飲めないので、その分気は遣っているということを理解して下さっているお店にしか行かないようにしていた。

が、そういうお店に私が行くことで、本来お店が得られるはずだった利益を損ねてしまったら逆に迷惑をかけて申し訳ないので、だんだん足が遠のいてきた。

だって、ワイン好きの人が座ったら、数万円の利益を得られたはずなのに、私が予約して席をとってしまったことで利益が半減してしまったら、そりゃお店の人も面白くないでしょう。

そんなとき、一番寛容だったのがインド人。

インドという国は、宗教上の理由でお酒が飲めない人も大勢いるし、食べられる食材なども限定的な人が非常に多かったりするので、お酒が飲めないことなんて全く気にしない。

特にムスリムのインド人がやっているお店であれば、そもそも自分たちが決してお酒を飲まないので、客が飲まなくても何ら問題ないわけである。

そんなこんなで、インド料理店に行く比率が高くなるとともに、スパイスの魔力にどっぷりつかってしまったというのが正直なところ。

酒もタバコも断って久しい私としては、ある意味唯一の嗜好品がスパイスなのかもしれない。

そんなインド料理を食べた後に飲みたい珈琲と言えば、芸大店で出している「スパイスコーヒー」が一番に思い浮かぶが、ガツンとスパイスが効いた料理の後でも、決して負けない力強さを持ったコーヒーと言えば、ヴェルディ最深煎りの インディアAPAA

まったりとしたコクのある苦みは、スパイス料理の後でもしっかりとコーヒー感が楽しめます。

さすがインド産!

苦いコーヒーがお好きな方は、ぜひおためしくださいませ。

100%!!

2020年12月15日 

今朝も朝の鴨川沿いは人が少なかった。

そして、寒かった。

でも、明日以降の方が、もっと寒いらしい。

ちょっと嫌だなぁ・・・

さて、ひっそりと育てている「カレーリーフ」だが、10個の種をもらって9個は発芽していたのだが、最後の一つだけがまだ発芽していなかった。

その最後の一つが、ついに発芽した!

なんと発芽率100%!!

あとは、なんとか冬場を乗り切ること。

きひんと越冬してもらえたら嬉しいなあ・・・

このページの先頭へ