自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. たわごと

たわごと

本当に辛いのがいいのか?

2019年8月22日 

今朝もけっこう蒸し暑かったが、鴨川沿いは時折クーラーの風のような冷風が川の流れに乗って肌に当たる。

川上の方は、ちょっと涼しいのかもしれない。

さて、今週の一期一会カリーは、「Hot キーマカリー」なのだが、「辛い」と書いたらいつもよりご注文頂く数が減ってくるから面白いもの。

私的には辛すぎても旨味が伝わらないのではないかと思って、けっこう辛さは抑制して作っているのだが、カレー好きの方が一期一会カリーをお召し上がりになったときの感想を伺うと、概ね「もっとスパイシーでも良い」というご意見がかえってくる。

私としては、「スパイシー ≠ 辛い」なのだが、世間一般には「スパイシー = 辛い」と思われているふしがあるので、今回は少し辛くしてみたのだが、そうするとなかなか一般の方は注文を躊躇われてしまう。

でも、雑誌などを見ていると夏になったら「激辛」の文字が躍っていたり、「もっと辛い方が良い」と言うお客様がいらっしゃったり。

でも、だからと言って辛くしたらこんどは売れ行きが芳しくなくなるから不思議なもの。

まぁ、珈琲にしても、私からすると「フルーティー ≠ 酸味(酸っぱみ)」ではないのだが、最近流行りのお店は「フルーティー = 酸味(酸っぱみ)」としか言いようがない珈琲を提供されているのだから、ある意味私がカレーに対して考えていることも珈琲に対して考えていることも、世の中の主流派とは違うのかもしれない。

と、思いつつ、でもだからと言って、世の中のほとんどの人が「酸っぱい珈琲」を求めているかと言うと、決してそんなことはないように思える。

だから、メディアによく登場する流行の味とかを信じてはいけないってことでしょう。

次回からは、やはり辛さを抑制して「スパイスの調和と旨味」を感じられるカリーを作りたいと思います。

 

で、話は全く変わるが、ちょっと依頼があって昔の写真を探すためSDカードのデータを漁っていたら、私のSDカードは9割がた食べ物の写真に占拠されていることが分かった。

そんな中、ぽつんと1枚花の写真があって、こんなの撮った覚えはなかったのだが、なんか目に留まったのでアップ。

せっかくカメラ持っているのだから、食べ物以外も撮ってみよう。

送り火

2019年8月16日 

今朝こそ歩こう!と思って、いつも通り5時50分に起きて窓を開けたら、まだけっこうしっかりと雨が降っていたので今日もウォーキングは中止。

なんだか体が重くなったような気がする。

そんなわけで、朝はしっかり降っていた雨も午後には止んで日差しが降り注いできた。

下鴨は例年通りお盆時期ということで週末並みにお客様がお越し下さっていたが、造形芸大の方は開店以来初めてお盆に店を開けることになったので、どうなることかと思っていたが、午後以降は途切れることなくお客様がおいでになり、やはり通りから直接店に入れるドアができるとお客様の流れも変わるものだということが分かった。

 

そんな今日は五山送り火。

帰りに下鴨によって、ちょっと仕事をしてから帰宅しようと思ったら、出町あたりがすごいことになっていた。

で、私は例年通り自宅マンションから送り火を見た。

以前は、大文字と法以外に、妙と鳥居も見えて、舟は半分見られたのに、マンションが次々と建ったおかげで今はこの二つだけ。

でも、毎年送り火を見ると、お盆も終わりだなと実感がわいてくる。

送り火を見たら、つい昨日に引き続き本棚をあさってこれを読み始めてしまった。

今日は、半分程度でやめておいた。

台風接近

2019年8月16日 

今朝起きて歩きに出ようと思ったら、想像以上に風が強く、自宅のバルコニーから大きく揺れている木々を見ながらふと頭の中をよぎったのが「今朝、京都市内でウォーキング中だった50代男性が風にあおられて川に転落、その後遺体で発見されました」というニュース。

まぁ、あり得ないとは思いつつ、台風や大雨・洪水で命を落とす人は、ほぼ例外なく「そんなことあり得ない」と思っていることだろうということで、今朝はジャージに着替えて外に出たもののウォーキングを断念。

なんか、日課になっているので歩かないと一日がスムーズに始まらない。

明日は歩けるといいなぁ・・・

 

さて、昨日の段階で、今日15日は台風接近に伴い、営業をどうしようかと下鴨の店長とも相談していたら、造形芸大は学校として本日終日入構禁止になるという連絡が入った。

とりあえず、下鴨の方は通常通り営業して状況を見て早じまいするということになり、造形芸大の方は学校が入構禁止なのでヴェルディも休もうかと思ったが、せっかく通りから直接入れる出入口もできたことだし、さらには原材料の納品もあるし、週末用の仕込みもしなくてはならないため、こちらも通常通り営業を開始して、納品と仕込みが終わった時点でその先をどうるすか考えることにした。

 

店を開けてみたら、下鴨の方は普段のお盆よりはお客様が少ないものの、通常の平日よりは多くの方がお運びくださるという、この天気の中本当に有り難い一日。

最終的には、夕方から風雨が強くなるという予報だったので、スタッフの帰路の安全も考えて1時間早く閉店するにとどまった。

一方、造形芸大の方はお盆期間中の営業は開店以来初めてだったこともあり、認知が進んでいない上、白川通りをほとんど人が歩いておらず、ランチタイムまでは片手で数えられるほどしかお客様のご来店がなく、ランチタイムに少し盛り上がったものの、その後はお客様がおいでになる雰囲気すらない状態。

そんなわけで、仕込みが終わった午後3時に閉店させて頂いた。

で、途中ちょっと用事で寺町方面まで行った帰り、出町を車で走っていたら、さすがに今日は並んでいなかったので、ふたばさんで豆餅を購入。

いつも大行列のふたばさんですら全くお客様が並んでいないのだから、まぁ、うちの店のお客様が少なくても仕方ないかと、変な安心をしてしまったり・・・

そんなわけで、今日は早く自宅に戻り、さらに台風接近ということで外出も控えてみたので、自宅の中で時間をとることができた。

せっかく時間ができたので、本でも読もうかと本棚を見てみたら、けっこう前に読んだこんなのが目についた。

そう言えば、来春ついに半沢直樹の続編が放送されるとのことだったので久々に読み始めたら、つい最後まで一気に読んでしまった。

まぁ、台風でもなければゆっくり読書もできないので良かったことにしよう。

 

ところで、先日造形芸大店のリニューアルに伴い開催した内覧会にお越し下さった 関谷 江里さん がご自身のサイトで造形芸大リニューアルについて書いてくださいました。

さすがプロだけあって、私がこの日記に載せた内容と比べ、格段に分かりやすく丁寧に カレー・ヴェルディ カフェ・ヴェルディ について書いてくださっています、よろしければご一読くださいませ。

 

おまけ。

先日、造形芸大の裏山の方へ行ったときにいた猫。

個人的には猫派ではなく犬派なのだけど、まぁ、カメラを持っていたのでパシャっと。

それではまた明日。

むし

2019年8月11日 

今日も日差しが強かった。

それでも、まだ朝の6時は昼間と比べたら暑さもマシで、歩いていると汗はかくが熱中症で倒れるほどではない。

そして、お盆と言うこともあってか今朝はいつもと比べて鴨川沿いには3倍ほどの人がウォーキングやジョギングをしていた。

中にはお父さんが虫捕り網を持った子供二人を連れて鴨川沿いを散策している姿も。

親子の会話を聞いていると、少なくとも子供は東京弁でしゃべっていたので恐らく帰省してきたのだろう。

まぁ、そんなこんなで、今日は朝の鴨川沿いにも見慣れない人たちが多く、車で走っていても他府県ナンバーが多い、典型的な盆暮れ正月の様相を呈していた。

 

で、見慣れない人も多く目についたが、地面を見ていたら見慣れない虫も。

これ、6~7センチはあった。

私が子供の頃は、ムカデとかってけっこうちょくちょく見かけていた記憶がある。

特に、小学校の頃は友達の家と言えば、今でいう「町家」(私たちにとっては単なる古民家)が少なくなかった。

そんな友達の家に行ったら、土間にこの程度のムカデがいるなんて珍しいことではなかったのだが、最近は滅多に見なくなった気がする。

子供の頃は、よく腕とか足とかを腫らして「ムカデに刺された」なんて言っている友人もいた。

と、思いながら歩いていたら、こんどはセミが子孫を世に残すべく営みを行っていた。

これも、昔はよく見た光景だったが、最近あまり見かけていなかった気がする。

道のど真ん中だったので、いつもより人出が多いこともあり、誰かに踏んづけられてはかわいそう。

こいつら、ちょっとやそっとでは離れないことも分かっていたので、そっと大きな樹の下に移動させておいた。

まぁ、そんなわけで、なんだか少しノスタルジックな気分に浸りながらのウォーキング。

清々しい汗をかいて帰宅して、仕事をしながらちょっと外に出たら、ちょっと清々しいとは言えない汗が噴出してくる。

そんなときは、ツルっとそばでも食べたいもの。

ってわけで、一条寺の「そば鶴」さんへ。

何を食べようかと、看板娘のまさこちゃんに聞いたら「トマトそばとかどうですか?」と。

「じゃぁ、トマトそばちょうだい」と言ったら、持ってたものを落っことして「まさか本当に注文するとは思わなかったから、びっくりしたじゃないですか」だと。

なら勧めるな!と思いながら、まぁ、今回はトマトそばを食べることにした。

なかなかフォトジェニックな盛り付け

箸でつまむと、普通に蕎麦でした。

こういうのもアリかとは思うが、やはりいつも通り「ぶっかけ」にしておけばよかったかも。

でも、暑い日の午後にはトマトの酸味とサラダ風の盛り付けがなかなかいい感じであった。

まだだった

2019年7月28日 

梅雨の間は、朝歩いていてもあまりセミの鳴き声を聞かなかった気がするのだが、この数日は鴨川沿いを歩いていると朝からセミの鳴き声が耳を突く。

雨のせいで、抜け殻も黒くなっているが、鴨川沿いのあちこちでこういうのが見られるということは、やはりセミの羽化もピークを迎えているのでしょう。

今朝はここ数日の中でみると、わりと涼しい朝であった。

 

さて、ドリップバッグの在庫が底をつきつつあるため、袋への充填をお願いしている工場へ豆を送らなくてはならなかったのだが、この週末は本店で焙煎を担当しているスタッフが不在だったので、昨日、今日と私は下鴨へ焙煎をしに行くことに。

本当は、昨日52キロほど焙煎をしてブレンドの上箱詰めを終えて発送すれば良いだけにしようと思っていたのだが、昨日は夕方から用事があったため、全部終えることができず、二日がかりで焙煎とブレンド、箱詰めをすることになった。

久しぶりに下鴨で朝から焙煎していると、やはり多くの常連さんが「今日はこっち?」と声をかけてくださって、やはりちょくちょく下鴨に入らねばと思うのであった。

そんな週末の夜、ちょくちょく餃子を食べに行く「ラッキー餃子センター」へ先日行ったら、改装工事のため一時休業、が7月25日に改装オープンと貼り紙がはってあったので、ぼちぼちリニューアルしているだろうと千本七条へ末娘を連れて行ってみたのだが、まだ工事が終わっておらず、しかも貼り紙までなくなっていた。

中を覗いたら、しっかり工事は進んでいるのでそのうちオープンしそうなのだが、いつになることだろう?

そんなわけで、餃子が食べられず・・・

でも、気分は餃子モードだったので、千本七条から宝ヶ池まで、けっこう南からけっこう北へ大移動することになった。

はやくラッキー餃子センターの餃子が食べたいですねぇ・・・

寝てしまった

2019年7月23日 

今日は仕事を終えて自宅に戻り、ソファーに座ってテレビを見ていたら、知らない間に寝てしまって目が覚めたら日付が変わっていた。

そんなわけで、とりあえずちゃんと寝る前に「本日の日記はパス」とだけ書いて寝ます。

みなさまおやすみなさいませ。

このページの先頭へ