自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. たわごと

たわごと

今日はパス

2021年7月25日 

今日も朝からセミの大合唱。

今朝はわりと雲が多かった。

さて、朝歩いているときはそんなに感じなかったのだが、プリンを作り終えたあたりから、なんだかお腹が痛くなってきて、少し腹筋を使うとググっとくる感じ。

座っているか寝転んでいたら大丈夫なものの、動くとちょっと辛かったので、ランチタイムが終わって、スタッフの休憩回しを終えたところで少し早めに上がらせてもらった。

そんなわけで、今日はちょっと養生することにして今夜の日記はお休み。

「知らなくていい珈琲の話」は、明日余裕があったら書きます。

暑い日が続きますが、皆さん体調には気をつけましょう。

来てほしいような、ほしくないような・・・

2021年7月22日 

今朝もスカッと晴れたが、思いのほか朝は涼しかった。

けど、昼間はめちゃくちゃ暑かった。

そんな今日は、朝からテイクアウトで受ける注文はアイスコーヒーばかり。

ホットは数えるほどしか出なかったのではないかと思う。

店内では、ホットとアイスが半々くらいだが、やはりテイクアウトで外に持って出ることを考えると、アイスになってしまうんだろうなぁ、と。

さて、芸大店の平日は、ある意味テイクアウトのみの営業となっており、店内でもお召し上がりいただけるものの、店頭とショーケースに並ぶものをお求め頂いてセルフサービスでのご提供となっている。

なので、フードメニューがないかわりに、仕入れたパンを並べて販売しているのだが、昨日の朝そのパンを袋に入れているところに外人の女性がご来店。

私に英語で「パンがほしいけど、これは何のパン?」と訊いてこられた。

そこで、一つ一つのパンの説明をしていたのだが、どうも話しているとその方の発音とイントネーションが英語圏の人ではない。

でも、イタリア語やドイツ語を母国語にしている人の英語でもないから、きっとフランス人ではないかな?

と、思いながら接客していたら、私は「レーズンデニッシュ」と説明したはずなのに、Deux Pan Olésan と注文された。

やはりそうか、と思いレジを打ちながら Français ?と訊いたら Oui と笑顔で言われたので、思わず商品を渡しながら Merci beaucoup と言ったら、満面の笑顔で Oh merci と返された後、フランス語でまくしたてられてしまい、全く意味わからなかったので、とりあえず笑顔で「ありがとうございました」と言ったら、その女性も「アリガト」と言って手を振ってお帰りになった。

レンタルではない自転車でおいでになっていたので、もしかしたらご近所に住んでいる方かもしれない。

明日もご来店になって、最初っからフランス語で話しかけてこられたらどうしよう、と、若干恐怖を感じながら、今朝は店を開けたが今日はご来店にならなかった。

ちょっとホッとしたような、また来てほしいような・・・

とりあえず、スラスラっと「私はフランス語をしゃべれません」と言えるよう練習しておこう。

気合を入れて作ってみた。

2021年7月16日 

今朝は激しい雨音で目が覚めた。

ので、朝のウォーキングはお休みしたが、シャワーをして風呂場から出てきたら雨はあがっていたので、もうちょっと待ったら歩けたかも。

まぁ、そんなわけで、いつもより早めに店へ行ってプリンを焼いて開店準備。

今日は降らずにすむかと思っていたが、やはり昼間ににわか雨。

明けそうで明けない梅雨ですねぇ・・・

さて、今日は末娘の高校で1学期最後の授業日。

と言うことは、お弁当も今日が1学期最後。

そこで、ちょっと気合を入れて、誰に見られても恥ずかしくないものを持たさねばと思い、気合を入れて作ってみた。

まずは、クミンシード、シナモン、クローブ、カルダモン、スターアニスといった北インドのオーソドックスなスパイスで玉ねぎを炒める。

同時進行で、こちらはマスタードシード、フェンネル、カレーリーフ、フェネグリークと南インドなのか東インドなのか判断が難しいスパイスで玉ねぎを炒める。

玉ねぎが透き通って、ちょっと色づいたところでバスマティライスを入れて一緒に炒める。

隣のフライパンには、一口大に切った鶏肉と、コリアンダーパウダー、レッドチリを入れて炒めた後、少し水を入れてからカスリメティを投入。

バスマティライスを炒めたところで、ミントとターメリック、ガラムマサラを入れて水を投入、強火で全体をなじませた後、フタをして弱火で30分煮込む。

よく私が料理を作ったら、娘が「あ、カルダモン、かんじゃった」とちょっと嫌な顔をすることがあるので、ライスをほじほじして、大きなホールスパイスは取り除いてみた。

ということで、特製プラオとチキンカレーのお弁当。

チキンは、ちょっと塩を入れすぎたので、玉子でとじて親子チキンカリーになってしまったが、まぁ、いいことにしよう。

と言うわけで、インド人が見たら、ちゃんとしたお弁当になったが、日本人的には微妙かも。

でも、うちの娘なら「おぉ、白米じゃなくてバスマティ使って、リッチな弁当だ!」と思ってくれたことだろう。

そんなわけで、来学期もまた頑張ってお弁当作ろう。

話は全く違うが、夕方の鴨川。

空の色が綺麗だった。

助っ人

2021年7月13日 

雨は降っていなくても、鴨川沿いはいたるところに水たまり。

帰宅して何気なく玄関で靴をぬいだのだが、出勤時に見たらけっこう玄関に砂が散乱していた。

雨上がりのウォーキング後は、自宅へ戻る前に靴の底についたドロを落とさねばですねぇ。

歩きながら、ふと横を見たら葉っぱが切り絵のようになっていた。

これを見た後、歩きながら考えたのだが、どうして虫は葉っぱの端っこから食べずに、エッジ部分を残すのだろうか?

また、こんなにきれいに節というか少し硬くなっている部分を残す必要があるのだろうか?

きっと、これを食べた虫は、極柔らかい部分しか食べられないのだろう・・・等々

まぁ、ウォーキング中は資料を広げて考えるようなことはできないので、こういう他愛のないことに頭を巡らせてしまうものかも。

さて、今日は火曜日で、芸大店は通常だと定休日だったが、今月から営業形態変更に伴い、一時的に定休日を排して営業中。

やはり、普段お休みの日なので、若干お客様は少な目なのだが、先週の経験から、京都芸大の公開講座「京都学」が終わった後はほとんどノーゲストの状態から一気に満席になることが分かった。

その瞬間は、キッチンのスタッフに手伝ってもらっても、いかに私が頑張っても物理的に2人では回らない。

そこで、久しぶりにカミさんにコーヒーの抽出要員としてカウンターの中に入ってもらった。

先週とはオーダーの傾向が違ったものの、おかげでなんとか無事に瞬間最大風速のひとときを無事乗り切れた。

ピークがひと段落した時、芸大の理事長がコーヒーのテイクアウトをしにご来店くださって、カウンターの中にいるカミさんを見て「おや、珍しい人が」

事情を説明したら「すごい助っ人ですね」と。

何が「すごい」のかよくわからないが、そう思って見ると、私がたまに本店のカウンターに入ってコーヒーを淹れていたら、昔からの常連さんに「おや、珍しい」と言われることがしばしば。

本店では、私も「助っ人」扱いになってしまうのかもしれない。

そんな一日が終わり、店頭に出していたカレーリーフを仕舞おうとしたら、かわいい葉っぱが出てきていた。

朝は、こんな葉っぱの形までしていなかったはずなのに、一日でこんなになるんだなぁ・・・・と。

葉っぱに始まり、葉っぱに終わった一日だった。

喉も足も疲れますねぇ

2021年6月8日 

昼間は真夏の暑さだが、朝はけっこう気持ちの良い今日この頃

これで熱帯夜とかになってきたら辛いなぁ・・・

さて、芸大店では新型コロナの感染防止策として、全テーブルにアクリルの仕切り板を設置している。

せっかくなので、アクリル板にPOPもつけたりして。

で、レジカウンターにも金銭授受用の開口部のあるアクリル板を設置しているのだが、ただでさえマスクをしていると声がこもって聞こえ辛い上、アクリル板で仕切られていると、よほど声の通る人でない限り何をおっしゃっているのか聞こえないことが多い。

そこで、会議用と書かれている小型スピーカーを購入してみたのだが、説明によると会議などのときに利用できるようマイク内蔵ということだったのに、どうやらそれはオンライン会議のことのようで、実際には別にマイクをつながないといけなかったらしい。

そこで、昨日は閉店後にてくてく歩いてヨドバシへ。

京都タワーが紫なのかピンクなのか、ともかくスゴイ色だった。

ピンマイクを購入して、いざつないでみたが、残念ながらマイクの音声がスピーカーから流れることなく撃沈。

でも、ヨドバシの店員さんが「もしうまく接続できなかったら返品に応じるので、また来てください」と言われたので、今日もヨドバシへ。

今日は、小型スピーカーも持参して行ったのだが、どうやらこれはBluetoothで接続しないと上手く行かないらしい。

そのBluetoothマイクはというと、だいたいが3万以上!

用途を言ったら、ハンズフリー拡声器ではどうかと言われて、そちらを見たら4,000円ほど。

そんなわけで、ハンズフリー拡声器を購入して帰宅。

レジでの会話の折、お客様の声が聞こえにくいということは、こちらの声もお客様に聞こえにくいということなので、どうしても大声で接客しなくてはならなくなる。

ランチタイム中ずっと大声でレジを打っていたら、だんだん喉も痛くなってくるし、何度もヨドバシまで歩いて行っていると足も疲れてくる。

ハンズフリー拡声器のおかげで、休み明けからは平和な接客ができそうである。

新品種【イエメニア】限定販売開始!

2021年5月21日 

今朝は雨音で目が覚めるほど、なかなか激しい雨が夜通し降っていた。

そんなわけで、朝のウォーキングはできなかったが、打ち合わせで十条まで行った帰り、塩小路橋の東側で信号待ちをしながらふと鴨川を見たら、歩道まで水があふれていた。

そんな雨も夕方にはやんで、今日は野球やっているかな?と、携帯を見てみたらカープのチーム内でコロナが大流行しており、タイガース戦は延期になってしまったらしい。残念。

そんな一日が終わり夕方に西の空を見たら、日暮れ後の空がきれいだった。

雨がやんだら歩くだろう!ってことで、夕方は鴨川へ。

なかなか水量が多かった。

さて、恐らく1616年にイエメンのアデンからオランダへ持ち込まれたコーヒーの木が、現在多くの生産国で栽培されているコーヒーの母体品種となっているが、そこから約500年ぶりに、遺伝子的にも既存の品種とは違う、新たな母体新品種がイエメンで発見された。

発見されたイエメンの名前から、そのコーヒーは「YEMENIA」【イエメニア】と命名された。

その新品種は、世界中のスペシャルティコーヒー業界で激しい争奪戦が繰り広げられており、今回もごく少量が日本に入荷。

明日から販売を開始いたします。

希少性の高さから、今回のイエメニアは仕入れ価格もブルーマウンテンを遥かに凌ぐ高価な豆になってしまっているが、コーヒー史の新たな1ページを皆様とご一緒にめくれればと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

このページの先頭へ