自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. たわごと

たわごと

ポークカレー

2018年12月17日 

今朝は雨上がりということもあって雲が多く暗かった。

このところ、なんだか天気がイマイチだが、だからと言ってしっかりと降るわけでもない。

もうちょっと降るときはしっかり降って、晴れるときはスキっと晴れてほしいものなのだが、なかなかそうはいかないですねぇ・・・

 

さて、年末は何かと集まりが多いものだが、今週は造形芸大店でも夕方から貸し切りで忘年会のご予約を頂いている。

単に貸し切り営業ということであれば、そんなに珍しいことではないのだが、今回はお客様のリクエストもあって、食事のメインにカレーを入れることになった。

で、久しぶりに私のレシピノートを引っ張り出してきて、先日はマラバール風のカレーを作ってみたが、我ながらけっこう上手くいった。

そして、もう一つ野菜カレーを作ろうと、自宅で試作をしてみたのだが、途中からポークカレーに変更。

インドカレーのレシピって、チキンやマトンのカレーはいろいろあるのだが、ポークカレーと言うとゴア地方のポークビンダルー程度しか思い浮かばない。

なので、味覚のイマジネーションを膨らませて、オリジナルレシピで作ってみた。

スターターマサラに、クミンシード、シナモン、グリーンカルダモン、クローブ、ベイリーフが入るオーソドックスな北インド風。

玉ねぎを色づくまで炒めて、ニンニクと生姜を投入、トマトを加えてパウダースパイスはコリアンダーにターメリック、レッドチリ、スターアニス。

だけなら、ごくフツーの北インド風カレーなのだが、実はそこにブルーベリーと刻んだプルーンも加えてみた。

このほんのり甘みが、ポークとよく合って普通に美味しく食べられた。

次回は、もうちょっと改良してみよう。

でも、次回ポークカレーを作る前に、こんどの貸し切り営業、久しぶりに大勢の方に私のオリジナルカレーをお召し上がりいただくことになる。

注文していたバスマティライスも届き、これで準備万端。

皆さんに楽しんでいただけたらいいなぁ・・・

なんだかほっこり

2018年12月13日 

来年の2月終わりか3月あたりまで、朝のウォーキング中はほぼ真っ暗なのだが、今朝歩いていたら前方でいつもすれ違う時に朝の挨拶を交わす私より一回り以上は上と思しき女性三人組が、これまたよく朝に見かける年配の男性と立ち話をしていた。

ここまではよく目にする光景なので何とも思わなかったのだが、すれ違いざまに4人の会話が耳に入ってきた。

女性:「もう顔も見えないけど、だいたいシルエットと歩き方で誰かわかるわよねぇ」

男声:「毎日見てるしなぁ、まぁ、分かるわな」

女性:「そうよね」と言いつつ私の方を見て「あ、ほれ、あの人、ひげおじさんやんね」と言ってから私に向かって「おはようございます!もう、真っ暗やねぇ」

私:「おはようございます、そうですねぇ」とかえしつつ、私は彼女たちに【ひげおじさん】と呼ばれていることが判明した今朝であった。

今朝も、雲間から少し光はもれているものの暗い朝であった。

 

さて、今日は午後から一件打ち合わせ。

来週の金曜日に珈琲の出張サービスをすることになったので、空いてご担当者との打ち合わせをしつつ、その会場の配置や設備の確認をしに行ってきた。

今回は、シンポジウムのコーヒーブレイクとパネルセッョン時のコーヒー提供で、一日で500杯のご契約を頂いたので、さすがに一人ついて提供の陣頭指揮をとらねば。

ということで、現地を見に行ったのだが、たまに岩倉方面へ行ったとき、「こんなところにこんな研究所があるんだ」と思っていた場所で、まさかコーヒーを提供することになろうとは・・・

いつもは、施設の入り口の前を素通りしていただけだが、実際に中に入ってみると、なかなかいい眺めだった。

シンポジウムにご参加になった方々が、良いブレイクできるようしっかり準備して頑張ろう。

サボってしまった。

2018年12月11日 

ちょっと暖かい日が続いたと思ったら、ここ数日は随分と寒くなってきた。

朝は真っ暗

街中へ出る機会の多い方は、もうすっかりクリスマスモードなのだろうけど、下鴨とか上終町あたりに一日中いると、あまりクリスマスという感覚がない。

でも、もう師走なんですよねぇ・・・

 

さて、昨日は日記を書こうと思ってパソコンをつけたものの、起動中にちょっとテレビを見ていたらそのまま寝てしまい、気が付いたらテレビの前のソファーで寝込んでいた。

そんなわけで、昨日は日記をサボってしまった。

で、今日は自宅待機の一日。

と、言うのも、現在自宅で使っている高速回線が来年1月をもってサービス終了ということで、今月中にフレッツ光ネクストというサービスへの変更工事をする必要があると言われ、今日はその工事が入ることになっていた。

てっきり、自宅まで光ケーブルがきていると思っていたのだが、その光ケーブルを引き込むところから工事があるということで、とりあえず工事終了まで自宅にいなくてはならず。

休みを一日無駄にした気はするが、無事回線も切り替わり、来年以降もちゃんと電話とWifiが使える。

少し前まで、電話工事と言えば通話用の電話のことだったが、今となっては言葉で会話をする電話以上に、 Wifi 用途の方が重要になっている。

時代の変化をちょっと感じた電話工事であった。

ウルトラライトダウン

2018年12月9日 

今日は風もあってかなり寒い朝だった。

ついに、朝のウォーキングで今シーズン初のダウン着用。

ブラジルへ行ったとき、ユナイテッド航空はものすごく寒いと言われていたので、出発前にユニクロでウルトラライトダウンを購入したのだが(よく8月にダウンを売ってると感心した)評判通り機内はものすごく寒くて、ブランケットを足にまいて、ウルトラライトダウンを着て、やっとしのげるという感じだった。

それでも、短パンに半そでTシャツのアメリカ人が、ブランケットもかけずに寝ている姿を見て感覚の違いを痛感した。(というのは建前で、「この人たちの、この暑がりのせいで、機内はこんなに寒いんだろう」と、ちょっと恨んでしまった)

話はそれたが、ウォーキングのときは、あまり分厚い衣類を着たくないので、このウルトラライトダウンというのはなかなか重宝する。

機内着用のために購入して、そのままお蔵入りかと思っていたが、この冬は最低気温が8度を切ったらコレを着て歩くことにしよう。

 

そんな今日は恒例のサロンライヴ。

もうすでに何度かご出演下さっている講殿由紀奈さんの素敵な歌声を聴かせていただいた。

今日は、下鴨本店によくお越し下さるお客様や、以前珈琲を飲みにお越し下さったとき、サロンライヴのチラシをご覧になって「来てみたい」とおっしゃっていたドイツ人と思しきご夫妻、さらには講殿さんの歌を以前に聴いてぜひまた来たいとお越し下さった方など、出演者と友人知人の関係ではない方も多く、皆熱心に耳をかたむけていた。

これまでは、オペラのアリアなどが多かったが、今回は「花」にまつわる歌ばかりを集めたコンサート。

シューベルトやシューマン、リヒャルトといったドイツリートの夜、なかなか新鮮だった。

ピアノは、いつもの坂口航大さんではなく今回は出口青空さん、ピアノソロも2曲あり、華やかな競演を楽しませていただいた。

 

さて、実は昨日の昼、無性にカレーが食べたくなって、近所のインド料理店でチキンカレー(マサラ系のチキンカレーだった)とナンを食べてみた。

でも、食べながらだんだん気持ちがガサついてきた。

私が知っているチキンカレーやナンと比べて全く別のもので、なんとなく憤懣やるかたなくなってきてしまったので、夜は確認のため白梅町でチキンティッカマサラとナンを食べてみた。

チキンティッカマサラとナン

しっかりと玉ねぎを炒めて作りこまれたマサラグレービー。やはり、これがカレーだよな、と思いながら食べた。

というか、最近タマネギを炒めるのではなく茹でているインド料理店が多い。

スパイスは多少ケチってもいいから、頼むから玉ねぎを茹でて調理することだけはやめてほしいと切に望むのであった。

そして、本当はジャルフレッジ系のカレー(炒め系のカレーのこと)が食べたかったのだが、昨日は確認のためにチキンティッカマサラを注文したので、今夜は無性にジャルフレッジが食べたかった。

そこで、烏丸紫明へ行ってみた。

冬野菜のジャルフレッジとチェルテセットのパロタとミニライス

これで、またしばらく頑張れます。

久しぶりに取材を受けた気がする。

2018年12月2日 

真っ暗な中スタートして、ほんのり東の空が色づくころ歩き終わる今日この頃。

暗いと景色を楽しむわけにもいかないので、聞き流すだけで英語が上達!みたいなのを購入してみて、ウォーキングのお供にしようかとちょっと思い始めているが、あれってどうなんでしょうねぇ・・・

 

そんな秋の深まりというか、本格的な冬の到来というか、ともかく紅葉も終盤に近付いてきた今日は、午後に造形芸大のかなり上層階(と言っても、瓜生山の斜面に学校があるので、建物の上層階というより山の上と言った方が正しいのだが)へ珈琲の配達依頼が入ったので、おやつタイムの午後3時、珈琲を淹れて山の上の方へ持って行った。

すると、なかなか紅葉が奇麗で思わず写真を撮ってしまった。

別に田舎にあるというわけでもないのに、学校が山の斜面にあるため、こういう景色が普通に構内で見られるというのは素敵ですねぇ。

京都市内も一望できるし。

 

さて、話は変わって、一昨日は本店の方で取材をさせてほしいという依頼があたので、配達に出る前にちょこっとライターさんと話をすることになった。

取材依頼も前日に入るという、なかなか無茶な感じだったので、恐らく最近の雑誌取材にありがちな、ライターさんがちゃらっと来て、店のデータだけ聞いてあとはホームページとか見て書きますから校正お願いします。

てなレベルかと思っていたら、ちゃんと出版社の編集者とカメラマンが帯同しているではないか!

そして、ライターさんとお話をして驚いたのが、過去に掲載された書籍の記事で私が語ったことだとか、雑誌の対談などでの発言をしっかり事前に調べていて、「これについて、続木さんはこうおっしゃっていましたが、これはどういう意味でしょうか」みたいな質問をうけたこと。

さらに、写真を撮っているカメラマンの手にあるカメラをみてびっくり。

なんと、ペンタの645ではないか!?

写真の主流がフィルムからデジカメになったころから、雑誌などの取材もずいぶん簡単になり、近頃ではライターさんがスマホで撮っていくこともしばしば。

写真のみならず、ちゃんとライターさんが下調べをしたうえで聞き出したいことをしっかり持って取材に来られると、しゃべる側も背筋が伸びる思い。

ある意味、ものすごく久しぶりに、本当にちゃんとした取材を受けた気がした。

出版されるのがちょっと楽しみ。

 

といった今日の日記を書きながら聴くのは「シモン・ボッカネグラ」

ヴェルディの作品の中で最も好きなのは何?と聞かれたら、ほぼ即答で「シモン」とこたえてしまう。(すごい地味だけど)

シモンをカプッチッリ、マリアをフレーニ、フィエスコがギャウロフで、アルビアーニはカレーラスという超豪華歌手陣を束ねるのは、アバド / ミラノ・スカラ座。

アバドは後にウィーンとのコンビでブルゾンやリッチャレッリを迎え84年にこの曲を再度録音しているが、やはりカプッチッリの圧倒的な存在感、ギャウロフの響き渡るバスに、わきをカレーラスが固めるというこのアルバムは、トスカニーニのアイーダ、モナコのオテロと並び私にとっては絶対的な1枚。

シモン・ボッカネグラという作品自体が、ヴェルディの他の作品と比べ人気の高い方ではないだけに、今後この録音を超えるアルバムは出てこないのではないかと思うが、もし、多くの指揮者がこの曲を録音したとしても、カプッチッリ、ギャウロフ、カレーラスというコンビに太刀打ちできる男声陣を揃えることは、ほぼ不可能ではないかと思うほど、まさに奇跡の一枚と言っても過言ではないだろう。

小さな幸せ

2018年11月29日 

このところ、休みがとれていなかったので、今日はお休みを頂いて午前中は家の用事を済ませ、午後からはカミさんと一緒に下鴨へ行って月末に向けての事務作業を少しだけ。

昨日まで、店のシフト以外にいろいろとやらなくてはならないことが山積しており、それがひと段落したのと、久しぶりに休みということもあってか、なんだか頭と体がゆるんでしまい、一日中妙に眠くて体が重かった。

さて、今日は11月29日なので「いいにく」の日。

昨年は、いきなりステーキでサーロイン300グラムを食べたので、今日も食べに行こうとイオンモールへ向かったのだが、下鴨の店から七条へ行くだけで45分もかかってしまい、七条通も全く動かない。

夕方には、別の用事もあったので、今日は断念して引き返すことにした。

今年は食べられなかった

 

話は変わって昨日のこと、下鴨店の近所のクリーニング店は、毎週水曜日は割引デーなので、遅ればせながら夏物のジャケットなどをまとめてクリーニングに出すことにした。

衣類を持っていき、預けたところで店員さんがポケットの中身を調べていたら「お金が出てきました」と。

見ると、5千円札が・・・

おかげで、私のサイフの中身が減ることなく、むしろ若干増えてクリーニング店を後にした。

もともと私が持っていたものなのだから、もうかったわけではないのだが、なんとなく得した気分であった。

ちょっと小さな幸せを感じた一日だった。

1 / 4612345...102030...Last »

このページの先頭へ