自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. たわごと

たわごと

最近感じること

2019年4月18日 

今朝は、薄手のジャージで歩いていても汗ばむほど。

定点観測位置から大文字山を見たら、いい感じで雲がかかっていてきれいだった。

ちょっと場所を移動して、木の枝と大文字山

もう春というより初夏の雰囲気がただよっていた。

最近、春と秋が短い気がする。

で、今日は以下文章のみ。それも、あまり楽しい話ではないので、めんどうな方はこの先パスしてください。

 

さて、コーヒーブームと言われている昨今、京都市内でも次々と珈琲店ができて、若い人が集まっている光景を目にする。

珈琲業界でも、川上の部分においては、大きな利益が出ているのではないだろうか。

そんな中、珈琲を仕入れている商社や卸会社から同じような手紙が相次いで届いた。

表現や言い回しは違うが、内容はこんな感じ。

● 掛け売りの終了、または、支払い代行会社を経由した決済に移行。

● 小分け発送の開始、または最小ロットの小規模化をするという告知。

● 無償サンプルの提供終了、または、数万円分購入時のみサンプルを請求できるよう改定。

こんな手紙をもらって、ちょっと考えてしまった。

まず、掛け売りの終了について、ポジティブに見ると、珈琲店が増えて取引先が倍増したため、掛け売りは経理の手間がかかり事務作業が大変になるので、クレジット決済か支払い代行会社、あるいは代引きのみの決済にして経理処理に要する時間を削減する。

と見えるが、ちょっと嫌な見方をすると、回収不能のリスク回避=売掛金の回収ができない可能性のある取引先が増えた。とも考えられる。

次に、小分け発送の開始、または最小ロットの小規模化というのは、焙煎業者にとっては有難いように思えるが、文面を見ると1キロ単位で発注ができるようになった旨書かれていたり・・・

今までは、小分けと言えば最低でも10キロだった。

1キロの豆を焙煎したら、水分が飛んだりして商品になるのは約8割。

カッピングをしたり、店内飲食で出したりすることを考えたら、1キロ小分けで仕入れたとしたら、豆で販売できるのはせいぜい5~600gということになる。

もし、店内飲食だけのために豆を焙煎したとしても、1キロ焙煎して淹れられる珈琲は50~60杯程度。

要するに、1キロ小分けで仕入れても、豆はほとんど売れないし、店内飲食にしてもそんなにたくさん出ていないということになる。

最後に無償サンプルの配布終了について、通常だと数百グラムのサンプルをもらって、豆を見てから発注するということだろうが、ある商社の人が半ば苦笑を浮かべた顔で言っていたのは、「無償サンプルだけもらって、それで商売しているお店があるから困っている。」そうである。

あるいは、無償サンプルを出しても、それをペイできるだけの注文が入らないということもあるだろう。

そうして考えると、今のコーヒーブームには非常に危うさを感じてしまう。

それは、しっかりとしたビジネスにならない規模の店が増えることで、業界全体が疲弊するということもあるし、コーヒーというもののビジネススタイルが、今まで私たちがやってきたものとは異質な方向へ走り出している可能性を感じるということもある。

前者については、しっかりと今までの仕事を常にブラッシュアップしつつ遂行するしかないかと思うが、後者については確実に旧来の珈琲店にもその波は押し寄せてくるので、きちんと時代の流れを見ながら、そこに足を取られるのではなく、自店の存在意義をお客様にご理解頂いて、時代を取り込みつつ流されないように地に足をつけて営業しなくてはならない。

そんなこともあり、造形芸大店はGW明けに改装工事をして、より珈琲についてしっかりとお客様に向き合える店にしようと思っている。

店の改装と同時に、もっと Verdi のスタッフにもしっかりと珈琲についての理解を深めてもらい、より強固な専門店に育っていかねばだな、と、業者さんからの手紙を読みつつ思いをはせるひと時であった。

初夏の準備

2019年4月15日 

先週は満開の桜を見ながら、まさに春爛漫という感じの鴨川沿いだったが、昨日の雨で今朝は花びらの絨毯状態。

まだ花が残っている木もあるが、もう八分咲きならぬ八分散りの枝も。

今はまだ葉っぱも少なく、葉桜にもなっていないので一番美しくない時期かもしれないが、まもなく新緑がまぶしくなっていくことでしょう。

ちょっと前までは、ちょうど日の出の時間にこの場所を通過していたのに、もうずいぶん太陽も高くなってきた。

桜が散ってきたと思っていたら、自宅の近所でふと見ると、もう着々と初夏の準備が始まっている。

アジサイを目にすると、これまでは一雨ごとに春の訪れだと思っていたのが、これからは一雨ごとに夏の足音が聞こえてくるようになるわけで、暑いのが苦手な私としてはちょっと辛い。

ともかく、今のような最も過ごしやすい時期を楽しまねばですねぇ。

 

さて、昨夜はサラッとしか書かなかったサロンライヴ。

いつもならその夜の様子を動画でご紹介するところだが、諸般の事情で少し遅くなってしまった。

で、ご覧頂くのはメインプログラムからではなくアンコールの1曲。

Tea for Two ~二人でお茶をです。

アンサンブル パスレル、素敵なグループでした。

 

いろいろリニューアル

2019年4月11日 

この時期の雨上がりの朝は、空気や空のコントラストがなんとも言い難い雰囲気を持っていて個人的に大好き。

でも、真夏の雨上がりは、蒸し~っとしているから嫌い。

やはりこの時期はいいですねぇ。

 

しかし、昨日の雨は花散らしの雨。

地面には花びらがたくさん散っていた。

それにしても、最近の鳩さんは全く逃げない。

あんなに雨風強かったのに、それでもしっかり咲いている桜には神々しさを感じる。

もうしばらく、朝は桜を楽しみながら歩けそうである。

 

さて、GW前後あたりに造形芸大店はメニューをリニューアルして、カレーをかなり充実させる予定。

私個人的には今関西で流行っている「スパイスカレー」と言われるものに懐疑的な見方をしているのだが、先日ココ壱の前を通ったら、ココ壱でもスパイスカレーを販売しているようだったので、こういったチェーン店が作ったらどうなるのだろう?と思って食べてみた。

やはり自分が納得できないものは、世の中で流行っていても出してはいけないと思ったので、Verdi では俗にいう「スパイスカレー」は出さないようにしようと思った。

とは言え、着々と「きちんと伝統を守りつつ、オリジナリティも演出したスパイス調合で使った」カレーの試作は進んでいるので、4月後半にはオリジナルレシピの奇をてらわないけど他では食べられないカレーをお楽しみ頂ければと思う。

そして、辛いものを作ったら甘いものも作らねば!

ということで、スイーツメニューもリニューアル。

こちらは、アルバイトながらキッチンチーフを任せている T さんが作ったブリオッシュのフレンチトースト。

今日は、店長の今西が新しいパフェの試作もしていたので、そちらも着々と準備が進んでいる。

春に相応しい、爽やかなスパイスの香りと、軽いスイーツで素敵な午後のひとときを提供できるよう頑張っていこう。

 

 

 

また行ってしまった

2019年4月8日 

雨上がりの朝、鴨川沿いは桜のカーペット状態

咲き誇る桜を見るのもいいが、散った花びらも美しい。

自宅の前とかにあると掃除が大変だけど・・・

そして、今朝は雨上がりと言うこともあって雲がすごく複雑な模様だった。

せめてコンデジでも持っていれば、もうちょっときれいに撮れるのに、スマホカメラの限界ですねぇ・・・

いつもの定点観測地点。

雲に覆われて、日のでは拝めなかった。

 

そんな今日は、多くの小中学校や高校などで入学式や始業式が執り行われていた。

そんなこともあってか、昼間のお客様はかなり少な目。

まぁ、年度初めはこんなものでしょう。

 

さて、先日初めて行って、けっこう気に入ってしまい、こんどは娘も連れて行って彼女たちの気に入った「ラッキー餃子センター」

週末の営業を終え、ちょっとお疲れモードだったので再び行ってしまった。

まずは餃子。

今のところ、普通の焼き餃子と生姜餃子しか食べていないのだが、蒸し餃子や鶏汁餃子なんて言うのもあるので、こんどはそれにもチャレンジしてみよう。

このお店、餃子以外のものはイマイチだと思っていたのだが、初めて行ったときに常連と思しき人たちが、みな担々麺を注文していたので前回は私も担々麺を食べてみたのだが、これがなかなか美味しかった。

なので、その初めて行ったときにこれまた常連さんが注文していた「ハツとレバーの黒胡椒炒め」を今回初めて注文。

たっぷりのもやしと一緒に炒められて出てくる。

アップで

これが、料理的に完成度が高いというわけではないのだが、なかなかウマい!

「美味しい」とお上品に言うのではなく「ウマい」のである。

そして、前から気になっていた「台湾ラーメン」

注文しようとしたら「辛いですよ」と言われたが、とりあえず食べてみたかったのでオーダー。

この丸い唐辛子、もし口に入れたら大変なことになるヤツ。

たしかに辛くて、豆板醤スープと言っても良いほどの味なのだが、これも個人的には好きであった。

もう一品、気になっていた「肉玉ごはん」

まぁ、これは想像通りの味だったが、餃子と一緒に食べるにはいい感じ。

近くにあったらけっこう通いそうだが、千本七条という立地のせいで、そんなにしょっちゅうは行けない。

でも、娘たちも気に入っているので、またちょくちょく行きそうである。

 

カリー作りは楽しい♪

2019年4月7日 

桜満開の週末!

この土日は花見に出かけた方も多いのではないかと思う。

そんなこともあってか、毎朝私が定点観測で写真を撮っている出町柳橋西詰のあたりにも、ブルーシートを広げている人たちがたくさん。

みんな桜の木の下で楽しみたいのは分かるのだが、定点観測位置から写真を撮ったら、バッチリ写るところにもブルーシート。

なんだかすごいく風情がないので、消してみた。↓

この方がいいと思った。

そんな桜の季節は、なんだかんだと送歓迎会のシーズン。

造形芸大でも、新たに入ってこられた方の歓迎会や懇親会などが催されるようで、この週末は Verdi も夕方から貸し切り営業のご要望を二夜連続で頂いた。

そのうちの一つは、最後にカレーを出すことになったので、ちょっと張り切ってマラバール風シーフードカリーを作ってみることにした。

材料は、これに玉ねぎとトマトとニンニク、生姜、そして海鮮いろいろ。

スパイスもけっこうシンプル。

まずは、スタータースパイスをサラダオイルで熱して油に香りがうつったところで玉ねぎを投入。

玉ねぎが完全に透明になったところで、すりおろしたニンニクと生姜を投入。

香りがたってきたら、トマトを投入。

全体が馴染んで、ふつふつとしてきたところで火を弱めてパウタースパイスを投入。

まんべんなくスパイスが行き渡り、粉感がなくなるまで煮込む。

香りがしっかりと立ってきて、

グツグツと煮込まれて、水分が少し減ってきたところでココナツミルクを入れる。

これでしばらく煮込んだらベースは出来上がり!

ここにエビやイカ、ムール貝などを入れて火が通る程度に煮込んだら完成。

わりと京都中のインド料理屋は食べて回ったが、こういう南インド風のシーフードカリーって東京へ行かないとなかなか食べられないので、初めて口にした味という方も多いのではないかと思うのだが、もうけっこうお酒も入っていたので分からなかったかも。

まぁ、自分的にはけっこう完成度も高かったと思うので自己満足ってことでいいことにしておこう。

でも、恐らく今月末あたりから、こういったあまり京都では食べられない系のカリーをほぼ週替わりでメニューに載せていこうと思っているので、今後の造形芸大店にご期待頂ければと思います。

 

で、今日は市議会議員選挙の投票日!

市民の義務と言うか、権利の行使と言うか、ともかく選挙にも行かずに行政に対して文句は言えないので、出勤前に朝一で投票をしてきた。

京都市の左京区は、他の区に比べてなかなか激戦区。

どうなるでしょうねぇ。

わがまま

2019年4月4日 

鴨川沿いの桜もほぼ満開。

そして、定点撮影地点にたどり着くころが丁度日の出の時間。

せっかくだから写真を撮ろうと思うと、常に一番良いアングルの先にはブルーシート。

毎年言っているのだが、花見のゴザ条例とかって作れないものだろうか。

せっかくきれいな桜が満開なのに、あの青いシートが目の前一面に広がっていると全てが台無しになってしまう。

今まさに市議会・府議会の議員選挙真っただ中。

鴨川で花見をするとき、ブルーシートは使用禁止で、ゴザを敷かねばならないという条例の制定を公約にする議員候補がいたら、政党とか関係なく一票入れてしまうのだが・・・

実は、この写真もど真ん中にブルーシートが写っていたりして・・・

ほんの2日前は、まだこんな感じでつぼみが多かったのに、今日はほぼ満開。

この季節は、毎日目に入る光景が変わるので、歩いていると楽しいですねぇ。

 

さて、昨日は造形芸大の入学式で、なんだか慌ただしくしており、今日はスタッフの頭数が足りなかった上に、焙煎量が多かったので、なんだか落ち着かない一日だった。

そんな日は、ちょっとマサラ補給がしたくなる。

で、仕事を終えたらヌーさんのお店へ。

黒板を見たら「赤エビのバンガリマサラ」というのがあった。

今日の気分は、トマトベースのマサラ系カリーが食べたいものの、そのものズバリではなく、ちょっと風味に変化があるマサラ系がいいなと思っていた。

そんなときに、フェンネルが効いているバンガリマサラと書かれていたら注文しないはずもなく、赤エビのバンガリマサラをオーダーした。

すると、奥からヌーさんが出てきて、「赤エビ、ないでしゅよ。ホタルイカかホタテならあるでしゅね」と。

ホタルイカなら「サートチャトニ」か「ジャルフレッジ」。

ホタテなら「ムグライ」といったところがラインナップされているが、今夜の気分はそのどれでもなかったのと、今夜は珍しく他のお客様がいなかったので、つい「フェンネルの効いたマサラが食べたい」とわがままを言ったら「じゃぁ、赤エビじゃなくて、ふちゅのエビでちゅくるですね」と、普通のエビのバンガリマサラを作ってくれた!

そんなわけで、まずはチャルテセットのサラダとスープ、このスープも美味しかった。

普通のエビのバンガリマサラとパロタ&カップライス

〆はチャイで。

滅多にお店でわがままは言わないのだが、今夜はどうしてもこういうフェンネルの効いたマサラカリーが食べたかったので、つい無理を言ってしまった。

ヌーさんごめんなさい。

でも3月で大学卒業組が大挙抜けたため、現在かなりヤバイ人不足状態の造形芸大だが、このカリーのおかげで今週末も乗り切れそうである。

頑張ろう!

 

1 / 5212345...102030...Last »

このページの先頭へ