自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. トップページ
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. たわごと

たわごと

ピンク

2017年7月21日 

パプアニューギニアの農園近辺は、赤道直下とは言え標高が1500~1800メートルだったので、昼間でも30℃まで気温は上がらないし、朝夕は寒いほど。

珈琲農園の人たちって、ある意味パラダイスのような気温の中生活しているんだなぁ・・・

と、思いながら、でも、「じゃぁパプアで生活しろ」と言われたら、それは嫌だなぁと思ったり。

人間勝手なものである。

今朝も、鴨川沿いは川上から涼しい風が吹いてきて気持ち良いのだが、やはりそこは真夏の京都。

そんなに甘いものではないですねぇ・・・・

そして、「甘い」と言えば、チョコレート?

こんなのを見かけたのだが・・・・

これなら「ピンクサンダー」って言えばいいではないか!?と、思ったが、やはり「ブラックサンダー」の名称は欲しいのでしょう。

ちょっと買ってみようかと思ったけど、ウルトラスーパーダイエット中の私はやめておいた。

てなわけで、今日はサボり日記でした。

ストレートとブレンド

2017年7月16日 

今日は祇園祭の宵山。

だいたい、例年だと宵々山か宵山の日にものすごい雨が降って、巡行の日はカラッと晴れて猛暑になって、そのあたりで梅雨があけるというイメージなのだが、そうすると今日あたりものすごい雨がふるかも・・・

と、予感させるような空のもと、かなり汗をかきつつウォーキング。

はやく涼しくならないかなぁ・・・

さて、そんな予想がぴたりと当たり、今日はお昼過ぎに外が一面真っ白になるほど激しい雨が降りはじめた。

ちょうどサロンライヴのためオーダーストップをする頃だったので、この雨の中「閉店です」とお客様にお引き取り願うのは気がひけると思っていたら、閉店時間には小降りになり、サロンライヴがスタートする頃には晴れ間も見えてきた。

そのサロンライヴ、今回は初となる「お箏」。

恐らく、今までにも生で箏の音色を聴いたことはあるのだろうが、改まってコンサートとして聴くのは初めてかもしれない。

前半は、一ノ瀬佳子さんによる箏のソロ、後半はフルートの奥田裕美さんとのデュオを堪能。

こんなにも複雑かつ繊細な音色を奏でられる楽器なのだと、ある種衝撃を受けた前半。

そして、後半はもっと驚きの協奏であった。

普段は、歌とピアノとか、ヴァイオリンとピアノといった組み合わせが多い Verdi サロンライヴだが、そういうときは歌がメインでピアノは伴奏といった色が濃かったのに、この箏とフルートのデュオは、どちらが主役というのではなく、互いが双方をより輝かせつつ、一体となったハーモニーを聴かせてくれる、まさに『協奏』という表現がぴったりくるものであった。

オブリガートと主旋律が混ざり合いながら交錯しながら、一つの音楽を作っていく様はとても感動的で、先に箏のソロを聴いていただけに、よけいフルートが加わったハーモニーが、いかに豊かな音楽表現と新たな音色の創造につながるかということを認識させてくれる。

もし、これが聴きなれた組み合わせなら、こんなに感じなかったのかもしれないが、日本の古典的な楽器と西洋の楽器との融合が、より一層そんな思いを強くさせてくれたのかもしれない。

そんなことを感じながら、ふとこれを珈琲に置き換えると、ストレートとブレンドがそれに当てはまるという考えがより一層強固になった。

ストレート(最近は、シングルオリジンと言う人が多いが)は、確かにその豆の個性を主張できるものではあるが、どこまで行っても一種類の豆の個性しか出すことはできない。

しかし、何種類かの豆をブレンドすることで、一種類の豆では決してできない表現力を持つことができるし、数種類の豆が混ざることで、10しかなかったストレート豆の表現力が、12にも15にもなる可能性すら持っている。

だからと言って、ブレンドこそ素晴らしく、ストレートは味気ないなんていう気は毛頭ない。

しかし、単一豆至上主義とも思える昨今の風潮は、ピアノソナタだけを聴き、壮大な交響曲を聞かずしてベートーヴェンの全てを知ったかのように語られるのと同じような気がしてならない。

もちろん、ピアノソナタも素晴らしいし、その時の気分次第ではオーケストラ曲ではなく、器楽曲を聴きたいときも少なくない。

ふらっと入った喫茶店で、カザルスの弾くバッハの無伴奏なんかが流れていたら、その時の気分にかかわらず、なぜだかホッとする。

だから、どちらが上位と言うわけではなく、もっと多くの人にブレンドが持つ可能性を感じてほしいのだが、どうも最近の珈琲業界は「シングルオリジンこそ最高」というような表現が多いように思えて、ちょっと悲しくなる。

なんて、箏とフルートの素敵な競演を聴きながら思ってしまった今夜のサロンライヴであった。

また是非演奏して頂きたいお二人でした。

ランチボックス

2017年7月14日 

今朝はもっと暑いかと思ったら、鴨川沿いは存外に涼しい風が吹いて、比較的心地よく歩けた。

で、話はかわって、今日は金曜日なので配達回りの日。

実は、先日東京主張した折に、普通の白いワイシャツを着たら、脇の下と言うか、胸回りと言うか、ともかくそのあたりに、ちょっとシャツの張りを感じてしまい、これはヤバイとウルトラスーパースペシャルダイエットモードに突入。

とりあえず、昨日と一昨日は、ほとんど朝のヨーグルトと昼にカロリーメイト、夜は台湾製のグリーンピースのスナック小袋1つという食事で通したのだが、今日は配達途中にふらっと、ざるそばなど食べてしまった。

すると、ものすごい満腹感・・・

配達に出るまでは、ちょっとお腹周りが楽になったような気がしていたのに、今は一気に太ったような気分。

困ったものである。

と、自分では食事制限をしていても、お客様には食べて頂かなくてはならないのが飲食業の宿命。

どこの飲食店も同じだと思うが、夏場はやはりお客様の足も鈍るもの。

だからと言って、手をこまねいていても仕方ない。

足を向けて頂けないなら、こっちから出向こう!ってことで、造形芸大では来週から、通りを渡った向こう側の校舎へコーヒーとランチボックスの出張販売を開始することにした。

デミタマバーグ丼+ナポリタンとサラダ。

このハンバーグ、Verdi が作るものだから私的にはフツーだが、一般的に言うとフツーではないらしい。

試作段階でも「これは好き嫌い分かれるのではないか?」という意見もあったが、Verdi が一般的なハンバーグを作ってどうする!?と私が押し通してレシピを完成。

口に入れた瞬間、ふわっとシナモンの香りが鼻孔をくすぐり、かみしめるとカルダモンとフェンネルの爽やかな風味が口に広がる他ではまず食べられない味に仕上げた自信作、と言うより私好みの一品。

売れたらいいなぁ・・・

そんなわけで、今日はこのランチボックスの試食に加え、キッチンチーフがビーフのキッシュと言いつつ、実はビーフシチューパイみたいなものを作っていたので、それの試食までしてしまい、かなりお腹いっぱい。

この職業の宿命ではあるが、なかなかダイエットは難しいもの。

こんなことになるのなら、そばを食べなければよかったと思っても後悔先に立たず。

明日から再びウルトラスーパースペシャルダイエット頑張ろう!

と、言いつつ、こういう誘惑にはめっぽう弱いんだよなぁ・・・

JR京都駅の宝泉さんで、氷ぜんざい。美味爽涼。

下を見ていたら

2017年7月13日 

今日は、起きた瞬間から暑さが肌に絡みつく。

湿度も高く、不快指数もうなぎのぼり!

そんな朝だったが、ふと下を見ると変なキノコが・・・

これ、食べたらヤバいんだろうなぁ、と、思いながら歩いていた。

そして、先日は青山墓地あたりを歩いていたら、なんと玉虫が!

子供の頃はよく捕まえていた気がするが、最近では永田町の答弁の中でしか見かけなくなっていた。

なんか夏だなぁと思いながら、下を向いて歩くのも悪くないものである。

明日も暑くなりそう。

そんな日は、涼しいVerdi で、ハニーレモンアイスコーヒーでもいかがでしょうか?

夏だけの限定商品。

下鴨本店でも、造形芸大店でもお楽しみ頂けます。

ヨドバシへ行ったら

2017年7月6日 

今日は比較的スッキリとした朝。

もっと湿度が高いかと思ったが、わりと快適にウォーキングができた。

梅雨なのに、枯渇しそうな勢いだった鴨川も、少し水量が戻ってきた。

さて、このところいろいろ用事があって、京都駅方面へ行くことが多いのだが、そんなときは、ついヨドバシでいろいろと見て歩いてしまう。

まぁ、もともと私はカメラが好きなので、学生時代から大型カメラショップに行くのが好きだった。

池袋へ行ったらビックカメラ、新宿だとヨドバシではなくサクラヤだった。

でも、もうサクラヤはないので、最近はヨドバシ。

で、そこへ行ったら何となく・・・・

金沢カレーを食べて

掛布の背番号へ

別にどうってことないのだが、なんだかこのコースって、ちょっと幸せかもしれない。

おしまい。

真っ白

2017年7月4日 

今日のお昼過ぎの雨はすごかったですねぇ。

その頃私は出先から下鴨の本店へ車で向かっている途中だったので、前面が真っ白になる中、なんとなく天然洗車をしながら走っている気分で先を急いでいた。

で、下鴨の店では、予てから経理・人事関係専用のパソコンを入れてほしいと言われていたので、DELLで注文したものが届いていたので、そのセットアップをしに行ったのだが、ともかくWin10 は、わけが分からんと言うか、3時にセットアップを始めて、午後7時までかけて、なんとか設定とプリンターのドライバーインストールまで終えたのだが、困ったことにOffice の認証ができず・・・

プロダクトキーを書かれた通り入力しても、なぜか認識してもらえず、ヘルプを見ても適当な回答が見当たらず、チャットか電話で問い合わせようとしたが、その時点で午後6時だったのですでに終了。

amazone なんて、夜中の1時でもチャットで問題解決できたのに・・・

DELL も24時間電話対応のサポートを外して注文したので電話はできず・・・

で、困ったときのヨドバシ頼み、ってことで、ヨドバシに電話をして、DELLのコーナーにつないでもらったら、担当の人が「今日は同じような質問を何件か受けており、どうもMS でソフトとプロダクトキーの関連付けができていない番号域があるようなので、MS のその部分を担当している部署に電話で問い合わせてほしいと言われ、電話番号を教えてもらった。

が、電話をかけてみたら、自動再生音で「本日の営業は終了しました」

Win XP までなら、昔のようにソフトを全てCD でインストールしている時代なら、パソコンのセットアップなんて30分もあれば十分だったのに、今やセットアップにオーバーナイトの時代。

アナログな方が、良かったなぁ、と、思ってしまう私は、やはりオッサンになってしまったのだろう。

そんなわけで、今日はサッとセットアップを終えたら、夕方から映画でも見に行こうと思ってたのだが、結局パソコンの前で悪戦苦闘していたので、何もできず。

せめてもの救いは、久しぶりにカミさんと スリージェさん で、ビストロデジュネを楽しめたことかな。

今年初のカスパチョ

定番のオングレのステーキ

ブランマンジェ

エスプレッソで〆

このところ、何度か伺うも、満席で入れなかったのだが、今日は天気予報がよくなかったこともあってか、無事入れてラッキー♪

久々のスリージェさん、美味しく頂きました。

1 / 2212345...1020...Last »

このページの先頭へ