自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. たわごと

たわごと

朝から虹

2020年9月29日 

今日も涼しいというより肌寒い朝だった。

あと何日朝のウォーキングで太陽を拝みながら歩けることだろうか。

ウォーキングから戻っても、空は青い色一色でけっこう気持ちの良い天気だった。

それにしても、天気予報を見ていると、日本全国的に晴れの好天に恵まれる様子。

だったが、出勤のころは晴れてはいるものの雨がぱらついていて、おかげで西の空に大きな虹がかかっていた。

と、昨夜(28日)はここまで書いておきながら、睡魔に負けて寝てしまったので、日記はアップできず。

そんなわけで、今日(29日)は、昨日と今日の合体号!

今日は基本的に私は休みをもらっていたので、少し朝はゆっくりして8時過ぎに鴨川へ。

四条まで歩いてみた。

帰宅したら、書類を揃えて烏丸御池まで雇用維持助成金の申請に。

8月までの分は9月末が申請締め切りなのだが、なんだかんだと慌ただしくしていて提出がギリギリになってしまった。

ついでに、月末を明日に控え、銀行などを回って再度帰宅したらお昼過ぎ。

下鴨で人事・経理などの事務スタッフが使っているプリンター、もうかなりガタがきていて、月末の伝票類を大量印刷するまでに買い替えてほしいと言われていたので軽くお昼を食べたらヨドバシへ。

ついでに、月末だったので在庫確認もあって、別に借りている倉庫へ行った後、下鴨へ寄ってプリンターをセットしてパソコンにドライバーをインストールして動作確認して帰宅したら、もう夜になっていた。

なんだか休みだったのか雑用まわりだったのかよく分からないが、とりあえず一日が過ぎて行ってしまった。

さて、一昨日の日曜日、話題の半沢直樹が最終回を迎え、高視聴率が話題となっているが、池井戸さんの作品をほとんど読んでいる私としては、ちょっと消化不良なものであった。

7年前の前作は、なかなか面白く見られたのだが、今作は最初から最後まで何となく違和感を覚えながら見ていたように思う。

今回の半沢直樹は、ともかく「顔芸」と「アドリブ」が話題になっていたのだが、その分ストーリーで魅せる部分が非常に希薄だったように感じる。

その顔芸にしても、個人的に一番凄さを感じたのは、北大路欣也の表情で見せる言葉ではない意思表示というかなんというか・・・

眉の動かし方ひとつ、口元の引き締め方ひとつ、目で表現するところなど、ある意味「これぞ顔芸」と思えるもののように感じる。

このところ、普段はあまり食べないラーメンを続けざまに何回か食べに行ったのだが、堺雅人はじめ多くの出演者が作る派手な顔、絶叫による感情表現は、ある種「天下一品」や「長浜ラーメンみよし」のような濃厚で分かりやすい派手な味。

一方、北大路欣也のそれは、丁寧にとられた出汁で食べるコシのある讃岐うどんのように感じた。

客席後方の人にもはっきりと分かるように演じなくてはならない舞台俳優を多用していることからも、制作側はあえて濃厚なトンコツラーメンの常習性を狙ったのだろうと思うが、濃い味というのはある種見る側も作る側も麻薬的な危うさがあるもの。

半沢直樹を見終えて、やはりヴェルディの珈琲は、派手な顔芸や絶叫に近い言葉で売るような味ではなく、小さな眉の動かし方や口元の引き締め方ですべてを表現してしまうような、派手ではないが味わい深いものでありたい、というか、私の方向性がそんな感じなんだなぁ、と再認識するものであった。

涼しい汗

2020年9月25日 

今朝は起きた時点で、窓越しにしっかりとした雨音が耳に入った。

ので、朝のウォーキングはお休み。

なんだか朝に汗をかかないと、ちょっと一日の調子が出ないですねぇ。

それにしても、かなり涼しくなったもので、朝夕は窓を開けていたら少し寒いほど。

そんな秋の風が吹く昨今、夏の暑い時期にはあまりご注文が入らなかった「自家製ガトー ショコラ」がよく出るようになった。

「やはり涼しくなったらショコラですよね。」

なんて某社員が言うものだから、ちょっと出来心で作ってみた。

ショコラプリン

けっこうイケた。

そして、夜は若干雨がぱらついていたが、朝夕歩かなかったら大変なことになるのでエイやっと鴨川へ。

このところ、週末の夜はけっこう賑わっている鴨川沿いだったが、天気もこんなだし、土手に座るにしても下が濡れているしで、今日は人も少なかった。

誰も座っていない三条の川辺

連休後ということもあってか、木屋町通も金曜日の賑わいを感じられず。

そんなわけで、ちょっと寂しいなぁ、と思いながら木屋町を北上して「イカリヤ食堂」の前を通りかかった。

そう言えば、ちょっと前の週末のこと。

新婚と思しき若夫婦が仲良く手を繋いで歩いてきた。

恐らく二人とも京都出身だが、現在はちょっと京都から離れたところに住んでいて、久しぶりにこの界隈へ足を運んだのであろう。

ご主人が「あ、イカリヤ食堂、懐かしいなぁ、よく来たよね」と言ったら、奥さんは一言

「誰と?」

速足で歩いていると、けっこう汗をかくが、夜風はそんな汗をすっと乾かして、むしろ肌寒さすら感じる。

すれ違いざまの出来事、この後若夫婦がどうなったか知らないが、このご主人もきっと肌寒い汗をかいたことであろう。

.

.

.

.

.

ヒヒッ(^^;

ちょっと感慨深い

2020年9月24日 

今日は夕方から雨という予報だったので、とりあえず朝はしっかり歩いておかねば。

と言うことで、本当だったら朝のノルマ3キロに加え、もう2~3キロ歩きたいところだったが、それだけ早く起きるのが辛くて、結局普通に3キロウォーキング。

今日から京都芸術大学も対面授業がスタートとあって、多くのお客様がおいでになるかと期待してみたものの、むしろ授業が始まる前の方が良かったり・・・

分からないものである。

天気予報通り、夕方になると雲が広がり、雨も落ちてきた。

が、7時過ぎにはいったん雨も止んだので、今夜もバッチリ夜のウォーキングができた。

でも、連休中の人出はどこへやら、けっこう寂しい木屋町通だった。

さて、今日はうちの次女20歳の誕生日。

思えば、ヴェルディを始めたころ彼女はまだ3歳だった。

週末はカミさんと二人で朝から夜まで店に出ていたので、出勤前に長女と次女をカミさんの実家で預かってもらうため出勤前に送り届けていたのだが、幼い娘二人が手を振ってカミさんの実家に入っていく姿を見て、週末に全く遊んでやれなくて申し訳ないなぁ、と思っていた記憶がある。

まぁ、そんな娘たち、今では休みの日に親と遊んでくれることも少なくなり、これからどんな人間になっていくのか楽しみでもあり心配でもあり。

そう言えば、ここ数年娘たちの誕生日にケーキを食べるなんてこと、していなかったなぁ・・・

こんど、こうやってケーキを買うときは、ローソクの数字のケタが一つ少なくなっているのかもしれない、なんて思うと、ちょっと感慨深いものがあった。

継続は

2020年9月21日 

今朝も涼しかった。

この連休中、おかげさまで多くのお客様にご来店頂き、特に下鴨店は席数が少ない中、お待ちいただいた方も少なくないはず。

ご来店下さったお客様、本当に有難うございました。

そんな今日は、ランチタイムを終えたら、私は先に上がらせて頂き、娘たちのバレエの発表会を見に行ってきた。

今年はコロナの影響で、本来だと3月に行われるはずだった「くるみ割り人形」全幕上演の発表会は10月に延期。

9月は一つの演目を皆で上演するのではなく、各々が踊りたいヴァリエーションを披露するもの。

今回の発表会は、次女にとって17年間やってきたバレエのラスト舞台。

学校が忙しかったり、就職活動があったりで、私が認識している限りでは2~3回しか練習をしていないようにも見えたので、本当に踊れるのか心配していた。

が、やはり17年間打ち込んできた凄さと言うか、現役バリバリの人たちと同じレベルで激しい踊りはできないものの、本当に基本的な部分、伸ばすところは伸ばし、止めるところはピッタリ止め、回るときに芯がぶれなければ素人目にはバッチリ決まって見えるからすごいもの。

演じているときの顔を見れば、トチったことはわかるものの、素人目にはどこをどうトチったのか分からないレベルに仕上げていた。

親バカではあるが、これで彼女の踊りが見られないのはちょっと寂しい気もする一夜であった。

発表会の後は、だいたい恒例となっているヌーラーニへ。

いつもだと、いろいろととってシェアするところ、今回は一応コロナのこともあるので、各々が好きなカリーを注文して頂いた。

サラダ

マトンチェチナード

美味しく頂きました。

けど、カリー食べたら翌日は、動いて食事制限して頑張らねばならない。

明日はあさからたくさん歩こう。

秋めいてきた

2020年9月20日 

今朝も肌寒いほどの気温。

連休と言うこともあってか、朝の鴨川はいつも見ない人がおおく散歩していた。

そんな秋の気配を感じる連休中の日曜日。

おかげさまで、下鴨本店も芸術大学店も、多くのお客様にご来店いただき、皆様に珈琲をお楽しみ頂いた。

慌ただしく一日を終え、ふと外を見たらちょうど夕日が沈むころ。

雲の合間から日没を見ていたのだが・・・

太陽が西の山に沈んだ後、なんだか空がすごい色になっていた。

で、外も暗くなった後、秋の新商品として予定しているロールケーキの試食。

ちょっとずつレシピを変えて作ってみた。

わりとスタッフの中でも好みが分かれるのだが、これからも試作を重ねて美味しいものを楽しんで頂ければと思う。

そして、夜のウォーキング。

ホテルの客室に、こんなに明かりが灯っているのを見るのは何か月ぶりだろうか。

木屋町も、ものすごい人出。

コロナの感染拡大は心配と言えば心配だが、ちょっと希望の光も見えてきたような気分になるのであった。

久し振りにパスタ

2020年9月15日 

昨夜は久し振りのアズーロさんで食事をした後、帰宅してフットマッサージャーに足を突っ込みながらテレビを見ていたら、ものすごい睡魔に襲われて、そのままソファーで寝てしまったので、今書いている日記は昨日の日記。です。

そんなわけで、昨日の朝は肌寒いほどであった。

水たまりにも青空が映っていた。

日の出の時間が随分と遅くなってきた。

さて、そんな久しぶりに30℃に届かなかった(天気予報曰く)一日。

次女は日曜日から就職試験のため東京へ。

高校の時から働きたいと思っていた会社の一次試験は無事パスして、今日は二次と言うか最終の実技試験。

このところ、毎日朝は私より早く学校へ行って二次試験のために実技の練習を積んできていた。

一次試験をパスした10名の中から、もしかすると採用はゼロかもしれないと言われつつも、本人的には納得できる内容だったそうである。

コロナのせいで、採用見送りや採用人数を減らす企業が多いので、当然競争率も高くなるが、彼女は第一希望以外は全く手を付けていないので、ダメだったらどうするつもりかわからないが、良い知らせが届くことを祈ろう。

と言うわけで、今日はその次女の、ひとまずお疲れ会。

仕事を終えて、いつものようにウォーキングに出た。

久しぶりに雲一つない晴天

オーダーストップ前に帰宅しなくては、と思いつつ歩いていて、時計を見たら帰路の四条あたりで7時50分。

ちょっとヤバイと思って四条から二条まで走ったら、丸太町あたりでちょっと気分が悪くなってしまって、結局自宅に戻った時点でダウン。

カミさんと娘たちに先に行ってもらい、私は少し横になって落ち着いてからアズーロさんへ。

もうLO時間になりそうだったので、私が好きそうなものを注文しておいてくれた。

そんなわけで、アンティパストは逃してしまったが、各々が注文したパスタを少しずつもらいつつ、けっこうたっぷり頂けた。

カミさんは「ナスのトラパニ風」

次女は「ウニのパレルモ風」

長女は「生ハムとイチジク」

私には、「カラスミのペペロンチーノ」をたのんでおいてくれた。

どれも美味しく頂けた。

〆はブドウのパフェ

「急がば回れ」と言うが、朝3キロ歩いて、一日立ち仕事をして、そこから時速6.5キロで4キロほど歩いた後、けっこう全力で走ったら気持ち悪くなるって・・・

ちょっとオッサンだなぁ、と、自分の体力を過信しすぎないようにしろという警告だと悟りつつ。

これからはあまり過信しないようにしながら頑張ろう。

このページの先頭へ