自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 店主の休日

店主の休日

ガレット!

2020年2月4日 

今日は店に出る予定はなかったので少しゆっくり寝ようと思っていたのに、体内時計は正確なもので、5時半ごろには目が覚めてしまう。

二度寝しようと再び目を閉じたものの、今日やらねばならないことのリストが頭の中を走馬灯のように回りだし、結局6時過ぎには起きてリビングでパソコンを開けてしまった。

ので、ウォーキングはサボり。

 

下鴨の開店時間を待って、書類などを届けた後、造形大店の買い物があったのでヨドバシへ。

メニュー用のプリント用紙やインクなどを購入してから、ちょっと出来心で超久しぶりに「写るんです」なんてものを買ってしまった。

その後、造形芸大店へ行って、次の動画用の素材撮影。

焙煎による豆の色の変化が分かるように並べて撮影していたら、先生や職員の方たちがやってきて「へぇ~」なんて言いながら写真を撮ていかれたり。

この豆の撮影で2時間ほど使ってしまったので、けっこう時間がおしてしまい、一瞬間に合わないかと思ったが、今日は何としても行こうと思っていたので超急いで出町柳へ。

 

私が大好きなビストロの一つ、ビストロ スリージェ さんが、2月から平日のランチタイムのみ「クレープリー スリージェ」として営業されることになった。

以前、静市でマダムのお嬢さんがされていたガレットとクレープのお店、場所的にもなかなか伺えなかったのが残念だったが、こんどは行こうと思えばいつでも!という立地なので、ふらっとガレットを食べに伺えるのが嬉しい。

今回はランチメニューを頂いた。

人参のポタージュ

ガレットは、マッシュルームのソテにチーズとたまご

クレープは、アーモンドと塩キャラメル

紅茶で〆

日本では、なかなかガレットをこうして専門で出しているお店は少ないが、個人的には気軽にガレットが食べられるお店が近所にあったらとても嬉しい。

クレープも1枚の中で歯触りのコントラストが楽しめて、また静市のときから好きだった塩キャラメルが再び食べられて幸せなひとときであった。

月曜から金曜の11:30~15:00はクレープリー

土日のランチと平日の夜(木曜のディナーはお休み)はビストロとして営業されることになり、楽しみ方も2倍になったスリージェさん。

足を運ぶ機会が増えそうである。

インドを食べなかった東京

2020年1月28日 

昨夜は東京から最終に近い時間での帰宅だったので、今朝は7時まで寝てしまったため朝のウォーキングはお休み。

なんだか暗い中歩いていると、明るくなって人が多い時間に歩くのがちょっと嫌だったり・・・

 

さて、そんな昨日は、東京在住の友人と夕食をとることになった。

お昼過ぎの予定が終わった時点で、待ち合わせの時間まで3時間ほどあったので、どうしようかと思っていたら、ちょうどシネコンのポイントが有楽町の映画館でも使えることが分かったのと、時間的にぴったりはまったので、映画を一本見ることにした。

途中まで面白かったのだが、後半ちょっとあっけなかったように思った。

この前見た韓国映画の後半はほとんどホラー映画かと思えるハチャメチャな展開とは打って変わって、クリント・イーストウッドの制御の効いた作り込みという感じ。

 

映画を見終えたら、丸ノ内線で池袋へ。

いつも東京へ来たら、必ずインド料理を食べるのだが、今回はマレーシアに始まり夜はタイになった。

青パパイヤのサラダ。これが酸っぱさとの相乗効果でけっこう辛く感じた。

豚のレッドカレー炒め

濃厚なレッドカレーで炒めた豚肉、なかなか美味しかった。

パッタイのオムレツ包み

こちらもフツーに美味しく頂けたが、オムそば風にしあげる必要性はあまり感じなかった。

エビのフライ、カレーソース

このカレーが、マッサマン風でなかなか面白く美味しく頂いた。

東京へ来たら、だいたいカフェ系かインド料理メインになってしまうので、こうしてタイ料理を食べるのは久し振りだったかも。

インド料理同様、やはり京都のタイ料理とは一味違って美味しく楽しい夜であった。

銀ブラ

2020年1月27日 

今朝、6時前後は曇り空だったが、8時を回ったあたりから雨が降り始めた京都。

そんな雨粒が落ち始めた頃に私は一路東京へ。

お取引先との打ち合わせや商談が入っていたので、日帰りで東上することに。

午前中に一つ予定を済ませたら、次は午後2時に有楽町だったので、昼は久々に東銀座のナイルレストランへ行こうかと思ったが、電車に乗りながら何となくインド以外のアジアンテイストがいいなぁ、と、思い始めて、八丁堀のマレーカンポンへ行くことにした。

ランチメニューのナシレマを頂いた。

34種類目にして一期一会カリーのネタも乏しくなってきたので、いろいろ吸収しなくてはです。

らんちをとったら、そのまま有楽町に向かって銀座をブラブラ。

キャノンギャラリーで写真展を見て、ショールームでカメラをさわっていたら、あっという間に午後1時。

キャノンのショールームから徒歩1分のところにスターバックスリザーブがあったので入ってみた。

 

コーヒーは、エチオピアのナチュラルをドリップで注文。

これがそのドリップマシン。

一緒にチョコレートのタルトも頂いた。

コーヒーが税込で一杯1,012円、タルトが715円なので、さっきのランチ2食でも足りないなぁ・・・と思いつつ、スターバックスができるクオリティの上限を見せてもらえたので良しとしよう。

と、納得させてみた。

エチオピアとタルトを頂いたら、そろそろ打ち合わせの時間だったので、少し急いで有楽町へ。

久しぶりに銀座をブラブラ歩いて、なかなか楽しいひと時だった。

慣れないこと

2020年1月21日 

今日は第三火曜日。

月に一度、下鴨も造形も定休日の日なので、この日は私も月に一度の完全休養日、と勝手に決めているのだが、なかなかそうもいかず、今日もちょっと用事は入っていた。

が、それでも今朝は少しゆっくり寝ようと心に決めて、昨夜はアラームをセットせずに寝たのだが、なぜか5時過ぎには一度目が覚めてしまうから習慣というものは恐ろしい。

で、もう一度寝て次に目が覚めたのが7時過ぎ。

予定では7時半まで寝るつもりだったのだが、子供が起きている気配がなかったので、リビングへ行ったら案の定。

寝ている次女に「もう7時回ってるけど起きんでええんか?」ときいたら「ダメだけど大丈夫」とかわけのわからない返事をするのでたたき起こしてみたが、結局は車で駅まで送ることになった。

そんなわけで、今日は少しゆっくり寝て、優雅に朝食をとりながら「おはようにっぽん」を最後まで見て、NHKの連続ドラマが始まったころ、ゆっくりシャワーをしてから行動開始という予定でいたのが全く実行できないままバタバタと行動開始。

午前中に少し店の用事をして、下鴨へ行ってちょっと書類をあさったりしてから、せっかくの休日なのでカミさんとランチをとることにした。

卸売市場の「すし市場」で鉄火丼。

赤身、中トロ、大トロがしっかりと盛られた丼は、食べ応えも十分でなかなかお値打ち。

昼食の後は、以前からチェックしていたカフェへ。

珈琲と黒豆きなこアイスを頂いた。

この1年ほど、あまりカフェめぐりができていなかったが、やはり他のお店へ行くといろいろと参考になることが多い。

店に出ての仕事をしなくて良い日は、これからも積極的にいろんな店にいかねばと思うのであった。

 

さて、先日から少しずつ動画の編集の仕方を勉強している。

ちょっと作ってみたら、娘からは「その程度ならスマホですぐ作れる」と言われたが、私はスマホの操作が苦手なので、パソコンで頑張っていろいろ勉強中。

慣れないことをすると、なんとなく疲労感を覚えてしまう。

なんとか来週中には1本作り、コツをつかんだら週に1本ペースで作って行きたいと思いつつ現在奮闘中。

若い人だったら、もっといろいろできるのだろうが、50を過ぎたオッサンにはなかなか難しい。

でも頑張ってみよう。

休日

2020年1月14日 

今日は下鴨は祝日営業の振り替えでお休み、造形芸大店は定休日だったので、ちょっと店へ行って事務作業をする程度で基本私も終日お休み。

そんなわけで、いつもより少しゆっくり7時まで寝て、NHKのおはようにっぽんが終わるまでニュースを見てから少し洗濯などして下鴨店へ。

小一時間ほどで用事を済ませて、先日来行こうと思っていたカフェへ。

このプレート、ネットで写真を見た時はカレーかと思って食べに行ったら、ひよこ豆のシチューだった。

でも、辛さはないし少しインド料理のスパイス使いとは違うが、けっこういい感じのスパイス感だった。

コーヒーも、このお店を紹介しているSNSの写真を見たら、サイクロン(焙煎機に付帯する集塵機)が写っていたので、てっきり自家焙煎かと思ったら、今は郊外にある自家焙煎店から豆を仕入れているらしい。

「今は」と言われたので、以前は自家焙煎していたのかも。

そんなわけで、ちょっと勘違いして行ってみたわけだが、いろいろと参考になることも多かった。

 

その後、もう2軒ほど喫茶店を回って、いい感じでお腹がたぽたぽになったので、ちょっと静かにしたくて映画を1本見ることに。

今朝、NHKのおはようにっぽんで監督のインタビューが流れており、カンヌ映画祭の金獅子賞を取ったということだったので、ちょっと見てみようかと。

見終えてから、いろいろと疑問が出てきたので少しネットで調べてみて、この映画は事前に韓国社会のいろいろなことを予備知識として持っていたら、もっとのめりこめたかもしれないと思った。

もし同じテーマを取り上げたとしても、日本人が監督をしていたら、こんな風にはならなかったと思うのだが、ある意味強烈な映画だった。

 

そんなこんなで、最近なんとなく仕事のための勉強ということもあって、けっこうカフェをめぐることが多く、胃袋は一つしか持っていないため、自分が本当に食べたい(仕事上行きたい店と、個人的に食べたい店はちょっと違う)店になかなか行けないのが困ったもの。

先日、本当だったら早めに仕事を切り上げてカフェへ行こうと思っていたところが、存外に夕方までバタバタして行きたいお店の営業時間中に抜けられなかったので、これがチャンスと娘を誘って今年の中華食べ初め。

豆腐とピータンのサラダ

上海風焼きそば

げんこつ

今年も、チャンスがあればちょくちょく七福家さんのお世話になりたいと思っている。

キリン

2019年12月30日 

明日から年末年始は休みなく突き進むので、今日が当面最後のお休み。

そんなわけで、今日は早起きして名古屋へモーニングを食べに行くことにした。

ちょうど雨も降っていたので、今朝のウォーキングはお休み。

で、8時ごろに自宅を出て、10時前に名古屋の星ヶ丘というあたりに到着。

ちょっと見てみたかったので、三越星ヶ丘店の食品売り場を見てから、隣接する星ヶ丘テラスにあるチョコレート屋さんでショコラ ショを頂く。

ショコラショは2種類あって、コロンビア産のカカオ56%のものと、ちょっと国名忘れたが66%のもの。

両方頂いてみた。

最近、上陸系のショコラ屋さんへ行くと、やたら酸っぱいショコラショを飲まさせられることがあり、ちょっと閉口することがあるのだが、これは両方とも美味しかった。

 

ショコラショで一息ついたら、目的のモーニング。

車で走っていたら、こんな店が目に入った。

本当は、もっとベタな名古屋モーニングと思っていたのだが、予定変更でキリン珈琲へ。

壁にもキリンの絵がかかれている。

ロールケーキとバリ神山

モーニングセットの「つけカレー」とブレンド

キーマカレーにトーストを浸して食べるという趣旨のようで、トーストにカレーをのせて頂いたが、なかなか丁寧に作られているのが分かり、思いのほか美味しく食べられた。

珈琲は、浅煎りから深煎りまで6~7種類あり、最浅煎りがエチオピア・イルガチェフで、グァテマラやブラジル、コロンビア、マンデリンなどが続く。

自家焙煎かと思って聞いてみたが仕入れだそうで、仕入れで何種類もの珈琲を揃えているのはすごいなぁ、と思った。

 

そんなわけで、明日から3日までは下鴨のカンターに立っております。

4日は造形芸大店で焙煎機の解体メンテナンスと料理の仕込みをして、5日からは造形芸大で皆様に珈琲をおいれします。

年末年始も、ヴェルディでぜひ珈琲をお楽しみくださいませ。

このページの先頭へ