自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 店主の休日

店主の休日

朝から虹

2020年9月29日 

今日も涼しいというより肌寒い朝だった。

あと何日朝のウォーキングで太陽を拝みながら歩けることだろうか。

ウォーキングから戻っても、空は青い色一色でけっこう気持ちの良い天気だった。

それにしても、天気予報を見ていると、日本全国的に晴れの好天に恵まれる様子。

だったが、出勤のころは晴れてはいるものの雨がぱらついていて、おかげで西の空に大きな虹がかかっていた。

と、昨夜(28日)はここまで書いておきながら、睡魔に負けて寝てしまったので、日記はアップできず。

そんなわけで、今日(29日)は、昨日と今日の合体号!

今日は基本的に私は休みをもらっていたので、少し朝はゆっくりして8時過ぎに鴨川へ。

四条まで歩いてみた。

帰宅したら、書類を揃えて烏丸御池まで雇用維持助成金の申請に。

8月までの分は9月末が申請締め切りなのだが、なんだかんだと慌ただしくしていて提出がギリギリになってしまった。

ついでに、月末を明日に控え、銀行などを回って再度帰宅したらお昼過ぎ。

下鴨で人事・経理などの事務スタッフが使っているプリンター、もうかなりガタがきていて、月末の伝票類を大量印刷するまでに買い替えてほしいと言われていたので軽くお昼を食べたらヨドバシへ。

ついでに、月末だったので在庫確認もあって、別に借りている倉庫へ行った後、下鴨へ寄ってプリンターをセットしてパソコンにドライバーをインストールして動作確認して帰宅したら、もう夜になっていた。

なんだか休みだったのか雑用まわりだったのかよく分からないが、とりあえず一日が過ぎて行ってしまった。

さて、一昨日の日曜日、話題の半沢直樹が最終回を迎え、高視聴率が話題となっているが、池井戸さんの作品をほとんど読んでいる私としては、ちょっと消化不良なものであった。

7年前の前作は、なかなか面白く見られたのだが、今作は最初から最後まで何となく違和感を覚えながら見ていたように思う。

今回の半沢直樹は、ともかく「顔芸」と「アドリブ」が話題になっていたのだが、その分ストーリーで魅せる部分が非常に希薄だったように感じる。

その顔芸にしても、個人的に一番凄さを感じたのは、北大路欣也の表情で見せる言葉ではない意思表示というかなんというか・・・

眉の動かし方ひとつ、口元の引き締め方ひとつ、目で表現するところなど、ある意味「これぞ顔芸」と思えるもののように感じる。

このところ、普段はあまり食べないラーメンを続けざまに何回か食べに行ったのだが、堺雅人はじめ多くの出演者が作る派手な顔、絶叫による感情表現は、ある種「天下一品」や「長浜ラーメンみよし」のような濃厚で分かりやすい派手な味。

一方、北大路欣也のそれは、丁寧にとられた出汁で食べるコシのある讃岐うどんのように感じた。

客席後方の人にもはっきりと分かるように演じなくてはならない舞台俳優を多用していることからも、制作側はあえて濃厚なトンコツラーメンの常習性を狙ったのだろうと思うが、濃い味というのはある種見る側も作る側も麻薬的な危うさがあるもの。

半沢直樹を見終えて、やはりヴェルディの珈琲は、派手な顔芸や絶叫に近い言葉で売るような味ではなく、小さな眉の動かし方や口元の引き締め方ですべてを表現してしまうような、派手ではないが味わい深いものでありたい、というか、私の方向性がそんな感じなんだなぁ、と再認識するものであった。

行ってみた

2020年9月22日 

今日は祝日だったので下鴨店は営業、芸大店は火曜日なのでお休み。

そんなわけで、少しだけゆっくり寝て、7時過ぎから鴨川へ。

昨夜カリーを食べてしまったので、今日はバシッとカロリー消費しなくては!

ってことで、朝から五条まで。

好天の下、気分よく歩けた。

昼間は少し用事があったので、外に出たり家にいたり。

そして、夕方からは再び鴨川へ。

夜もいい感じに晴れていた。

さて、毎晩ウォーキングをしていて気になっていたラーメン屋さんが一軒。

このお店は不定休なようで、「今夜は入ろう」と思った日に限ってなぜか休んでいたり、満席だったりでなかなか行けず。

今夜はもし開いていて、空席があったら入ろうという強い決意をもって、ポケットに2000円だけ入れて歩き始めた。

で、

開いてたので入ってみた。

餃子と

ラーメンの並。

しょうゆラーメンで、黒豚チャーシューがウリのようだった。

アップで。

そんなわけで、とりあえず念願成就。

個人的には、もうちょっとあっさりした方が良いので、通おうとは思わないが、こういうしょうゆラーメンが好きな方は多いような気がする。

かなり塩っ気が強いが、東京にいたころに食べたような味で、けっこう懐かしく思いながら帰路についた。

朝夕

2020年9月15日 

昨夜はソファーで寝てしまい、日記を今朝書いたので、こちらは本日2本目の日記。

今日は定休日だったので、私も少しゆっくりして、朝の7時30分から鴨川へ。

いつもだったら北上するところ、今日は南下して四条まで歩いてみた。

6時ごろと比べると、太陽も高く気温も少し高かったが、それでもけっこう涼しくて、あまり汗をかくことなく歩けた。

朝の木屋町

この通りを朝歩くと、なんだか夜とのギャップが大きくて面白い。

三条から再び鴨川沿いを歩いていたら、丸太町あたりで鴨川の鴨さんたちが土手をヨチヨチ歩いていた。

で、一日がたつのは早いもの。

先週末の天気予報では、火曜まで雨模様とのことだったが、昨日・今日は素晴らしい好天。

ちょっと前だと、午後7時でもまだまだ暑かったが、今日は夜も涼しい風が吹く中、気持ちよく歩けた。

では、明日からの一週間の頑張ります!

やはり美味しい

2020年9月8日 

今朝は少しゆっくり寝ようと思っていたのに、娘たちがかけているアラームで目が覚めて、結局いつもと変わらない朝を迎えてしまった。

まぁ、それでも鴨川へ出るのが少し遅れたので、けっこう太陽は高い位置。

帰宅したら、録画していた半沢直樹の生放送トークショーを見てから店へ。

少し仕事をしたところで、円町方面に行く用事があったので、久しぶりにシャムさんへ寄ってカミさんと娘の分もランチを購入して戻った。

やはり、いつ食べてもシャムさんのタイカレーは感動的な美味しさ。

夜の営業時間が、あと30分長かったら間違いなくまた通っているなぁ・・・

昼食を食べたら、再び書類を揃えてこんどは自転車で行ける範囲の役所まわり。

少し暑さも落ち着いた感はあるが、それでも昼間に自転車で走り回ったら、けっこうバテてしまった。

でも、バテたからと言って歩くのをサボってはいけない。

ってことで、今日も夜の鴨川へ。

三条にさしかかったとき、このところずっと明かりがついていなかったスタバが営業再開をしていた。

やはり、三条大橋のたもとが暗いと、ちょっとなんだかなぁ・・・って感じなので、営業再開できてよかったですね。

そんなわけで、明日からまた一週間頑張ろう。

朝夕

2020年9月1日 

今日は久し振りに仕事の予定が入っていない休日だったので、いつもより1時間ゆっくりして7時頃に鴨川へ。

いつもだったら出町へ向かうところ、出勤時間に縛られないので四条まで歩くことにした。

すると、二条の橋の手前で、後ろから走ってきた自転車の男性に「おはようございます」と声を掛けられ、見てみたら以前芸大店の社員として働いてもらっていた人だった。

まさかこんな時間のこんな場所で・・・と思いながら歩いていたら、御池を過ぎたあたりで、私が住むマンションの管理人さんが向こうから歩いてきた。

こんどから、休みの日のこのコースはやめておこう。

でも、今朝はちょっと涼しかった。

自宅に戻って、シャワーをした後、どうしようかと思ったが、いろいろと資料もあるので、芸大店でデスクワークをしようとパソコンを持って北白川へ。

だが、あろうことかセコムのカードを忘れたので中に入れず、自宅へUターン。

出直すのもなんだかなぁ、ということで、自宅で少し仕事をした後、せっかく予定の入っていない休日だったので、カミさんと長女と一緒に街中へ行くことにした。

旧立誠小学校跡にできたホテルと飲食が入った建物へ。

春水堂で豆花とジャスミンミルクティー。

このところ、自店のスイーツを試食する以外では、久しぶりに外で甘いものを食べてみた。

帰宅して、ちょっとテレビを見たら夜の鴨川へ。

なんだか今日はあまり汗をかかなかったので、やはり少し涼しかったのかもしれない。

四条から北は朝夕同じコースを歩いたので、同じアングルで撮ってみた。

朝の木屋町四条上る
夜の木屋町四条上る

ほぼ毎日歩いているが、木屋町通りも週末以外はけっこう寂しい人通り。

ウーバーイーツの自転車が我が物顔で疾走している。

私の前を歩いていた、ちょっとチャラい系のお兄さん二人も、ウーバーの自転車を見ながら「〇〇さん、ウーバーって使うっすか?」「いや、俺はアレ、いややねん」「なんでっすか?」「誰かわからへん見ず知らずのヤツに来てほしないわ」「そうっすよね、どんなヤツが来るかわかんないっすもんね」

恐らく、このチャラいお兄さん二人と私は、物事の考え方や見方が全く違うのではないかと感じるような雰囲気を持っていたのだが、この点については思わず同意してしまった。

話は変わって

今日も京都タワーは紫から青に色が変わっていた。

そんなわけで、今夜もフットマッサージャーで足のメンテナンスをして明日も一日頑張ろう。

全スイーツ自家製化計画

2020年8月28日 

今朝もいつも通り6時前に鴨川へ出ようとしたら、バルコニーの手すりに雨粒が当たる音。

そんなわけで、久しぶりに朝のウォーキングはお休み。

ついでに芸大店も、学校の設備メンテナンスのためお休み。

だったが、そういうときこそ社員みんなが集まって、いろいろとやるチャンス!

ということで・・・

大和学園卒業の松尾をヴェルディのパティシエールに任命したものの、一人ですべてを背負わせるわけにはいかないので、今日は他の社員も一緒にキッチンでお菓子作り。

まずは、「守・破・離」(しゅ・は・り)の「守」から。

今まで食べた中で、一番美味しいと思ったロールケーキのレシピを模倣して、作り倒したうえで、ヴェルディとしてのオリジナルを検討しなくては。

ということで、今回はレシピ通りに作ってみる。

さすがに素晴らしいレシピ、味としては文句のつけようがない美味しさ。

ただ、見た目の面でまだまだ改良点もあり、今後の課題がはっきりと見えた。

そして、同時にこのロールケーキは今まで何度か我が家でも作っているので、アレンジすべきポイントもすでに頭の中にできてきている。

しばらく繰り返し製造して、「破」につなげていきたい。

こちらは、オーソドックスなナッツのタルトで、焼きあがった段階で、食べる前に今回ひとつミスをしたことに気付く。

次回、その部分をしっかりと修正しつつ、もう一段良いものにしたい。

同時に、ナッツのタルトは非常にオーソドックスなものなので、ある意味他と明確に差別化できなければ優位性を持てない。

オーソドックスなものを美味しいと思って頂けることの難しさ。

頑張ろう。

そんなわけで、製造後の試食タイム。

左から和歌山No.1の洋菓子屋の娘。管理栄養士。調理専門学校卒後、フレンチ、カフェなどで実務を積んだ当店パティシエール(に勝手に任命)。飲食歴10年近い次期店長候補。それに加えて私。

と、けっこう(いや、かなり)味にうるさい上、食べ物を作ることに対しても素人ではない面々が知恵を出し合ってヴェルディの珈琲にぴったりくるお菓子を作り上げていこうというチャレンジがスタート。

9月は試作期間という位置づけにして、10月にはなんとか。

食欲の秋に、ヴェルディのスイーツはますます美味しくなるはず。

どうぞご期待くださいませ。

このページの先頭へ