自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 店主の休日

店主の休日

強制休養

2024年1月5日 

年始から、ちょっと体がキツいなぁ・・・と、思いつつ、半年以上休みをとれていなかったので、疲れがたまっているんだろうと思っていたのだが、一昨日の夜に熱をはかったら39.6℃だったので、これは単なる疲れではないと言うことで、発熱外来へ。

結果はインフルエンザ陽性。

多分、普通の風邪という診断だったら、解熱剤を飲んで仕事をしていただろうと思うのだが、インフルエンザだと仕事に出るわけにはいかないので、自宅軟禁ということになった。

事務スタッフさんからは、【ずっといそがしかったので、強制的に休まされましたね。。。お大事になさってください。】とメールが届いた。

まぁ、そうでもなかったら休むこともできないので、天から授かった休養だと思って、最短で出社可能な8日までのあと2日間は、ゆっくりさせて頂くことにしようと思う。

発熱外来へ行ったら、今の時期コロナもインフルも大流行中だそうなので、皆様も、どうぞ体調にはお気をつけくださいませ。

パフェ

2023年10月31日 

先日来、けっこう硬い内容の日記を書いてきたが、けっこう反響があって、何名かのお客様からメールを頂いたり、店頭で感想を述べて頂いたり、あんな内容なのに関心を持って下さるお客様が少なからずいらっしゃった。

また、髙島屋S.C.店へコーヒー豆を持って行ったとき、芸大店でホールに立っているとき、両店の社員はもちろんアルバイトさんまで、何度も読み返して内容を理解しようとしてくれていると言ってくれて、まぁ、あまり楽しい内容ではないものの書いてよかったかな?と思うことにした。

で、今日は基本的に私は休みだったので、まずはお昼前に髙島屋S.C.店へコーヒー豆在庫の確認をしに行ったのだが、店に着いたら芸大店のアルバイトさんがコーヒーを飲んでいる。

せっかくだったので、私もコーヒーを飲もうと思っていたら、芸大店の山下もやってきたので、3人でコーヒーを飲んでみた。

なんだか身内専門店っぽいなぁ・・・

ドラフトアイスコーヒーは、ガスを一切使わず、圧力と空気だけで淹れた泡々のアイスコーヒー。

その後、いったん私は芸大店へ行って、夕方までデスクワークやハンドピックをして、その後再度髙島屋へ。

今日は月末なので、髙島屋S.C.店用の棚卸表を作って持って行き、各項目の記入方法などを説明。

その時点で、午後5時を回っていたのだが、今日はカミさんの誕生日。

だったので、帰り際にアズーロさんに予約の電話を入れて、カミさんと末娘と3人でディナーをとることに。

前菜2品と、パスタ3品を注文、けっこうお腹もふくれたが、この時期はコレを食べねば!

ってことで、別腹も頂いた。

明日は、朝イチが髙島屋S.C.店、その後打ち合わせなどがあり、明日はちょっと店頭以外の仕事もできればと思っている。

月も替わるし、改めて頑張って行こう!

研修とカッピング

2023年9月19日 

今日は、新規アルバイトの面接が3件入っていたのと、午前と午後に商談が一つずつ入っていたのだが、もう時間もあまりないということで、その合間に新入社員研修を実施。

連日、ハンドドリップの抽出はしてもらっていたので、今日は座学をみっちり。

内容は、「コーヒーの精選」と「ブラジル」。

全開の座学では、「コーヒーの品種」と「エチオピア」について話したのだが、精選と品種は、新たに加わるアルバイトさんにも知っておいてもらわないと困るので、一通りの採用が決まり次第、再度全員に対して実施するので、社員は2回聞くことになる。

でも、やはりコーヒー屋の常識として知っておかなくてはならないことなので、逆に2回聞くことでしっかりと分かってもらえたらと思う。

そして、夜はコーヒーの輸入業者さん主催のカッピング会。

今回はインドネシアの様々な島のものを合計9ロット見させて頂いた。

本当は、マンデリンをどうしようかと思っていたのだが、カッピングの結果、バリとフローレス島のスマトラ式精選のものを予約してみた。

年末ごろには販売できるかな?

そして、今回はゲストとしてインドネシアとエクスポーターが来られていたのだが、インドネシアで開催されたCEOの1位と3位の豆を持ってこられたので、その試飲もさせてもらえた。

個人的には、このCEOの1位はどうでも良い味だった。

というか、ともかく最近フルーティな風味がやたらと重用されるが、そういう味が欲しければジュースとか飲めば良いわけで、コーヒーはコーヒーにしか出せない風味で勝負した方が良いのではないかと私は思う。

今回も、9ロットのうちアナエロビック(嫌気性発酵を施した精選)のものが入っていて、参加者に人気だったが、アナエロなんかはブラジルのような、ある意味キャラがないのがキャラ的な国のもので作ればよいわけで(ヴェルディのブラジル・フルッタメルカドンがそれに該当)インドネシアのような個性豊かな産地は安易にアナエロで強い味をださなくても、そのものズバリの味で勝負してほしかったりする。

と、言いつつ、先日購入したエチオピアが、今日入稿して通関が切れたと連絡が入った、その中に、エチオピアのアナエロも1つ購入していたりする。

まぁ、文句は言っても、やはりそういう色物も営業には必要ってことでしょうねぇ・・・

二枚舌?

バックグラウンド

2023年9月12日 

今日はお休みだったので、朝から通販の会議。

今後の販促や、季節の企画などについての詳細を詰めていった。

直近の他社販促などを分析しつつ、恐らく今週中か遅くとも来週には特別キャンペーンをする予定。

通販店店長の伊藤には、ちょっと「いじめ」っぽい企画になるけどごめんなさい。

で、通販のミーティングを終えたら、大津の TaK さんへ。

まずは、グァテマラを注文。

店主の高橋さんは、お嬢さんを保育園に迎えに行っていたので、マダムのちあきさんとお話していたところ、試飲してみてほしいと言われ、エチオピアのナチュラルとウォッシュドを味見。

ウォッシュドの方は、私もよく知っているウォッシングステーションのものだったので、この年の作柄だとか、土地特有の状況など私の知ることを伝えたうえで、焙煎についての提案をしてみた。

自家焙煎同士、いろいろと情報共有してお互いが良いものをお客様に提供できれば良いことだなぁ、と思う。

そうこうしていたら、高橋さんもお嬢さんを連れて帰ってきた。

すると、お嬢さんが「虹!」と言っているので外に出てみたら・・・

大きくて綺麗な虹だった。

ちょっとお話をして店を出たら、さっきまで降っていた雨も上がって、西の空が綺麗だった。

いろいろと充実した休みの一日だった。

このページの先頭へ