自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 店主の休日

店主の休日

Young Men!

2021年4月13日 

今日はいろいろあって、朝から四条河原町近辺へ。

なんだか一日で自分の店のものではない珈琲を8杯も飲んでしまった。

ちょっと胃が持たれているなぁ・・・

そんなわけで、今日は途中でちょっと大阪まで行って、目的地での滞在時間30分のとんぼ返りした以外、ほぼ四条通界隈にいた。

大阪までは京阪で行ったのだが、今日はポケットwifiを持っていたので、往復の間にやらなくてはならない仕事を3つ片づけられたりして。

店や自宅でパソコン作業をしていたら、途中で何か用事が入ったり気が散ったりするのだが、電車の中だと資料を広げる必要がない限り、他にやることがないので集中して作業ができる。

これってけっこういいなぁ、と思うのであった。

さて、そんなわけで、途中2時間ちょっと抜けた以外は終日四条。

四条でランチといえばココでしょ!

ミスター ヤングメン!

久し振りに、定番のランチを食べてみた。

焼きそばとお好み焼きとおむすびとみそ汁。

もう、みそ汁以外は炭水化物しかないという糖質増し増しランチ!

こういう何十年もブレないお店っていいですねぇ。

コロナが広がってから、お好み焼きを食べていなかったので、何となく久しぶりに頂いて満足でした。

さて、昨日の日記に書いた通り、明日から芸大店はフードメニューがリニューアル。

何気に私のお気に入りは新商品のレモンケーキ、パティシエールの松尾がなかなか大胆な製法で作った強烈なレモンフレーバー!

よろしければお試しくださいませ。

お勉強

2021年4月6日 

今日はお休みを頂いて、朝は少しゆっくり。

しようと思ったが、末娘が珍しく早起きをしてリビングでなんやかんややっている音で目が覚めてしまったので、結局はいつも通りに起きてしまった。

が、朝のウォーキングはサボってみた。

さて、先月は「ダークラム」「イルバボールフォレスト」と、キャラクターの強い限定豆を2つ続けたので、今月は「ころころブレンド」という、むしろクセなく飲みやすい、しかも前の2つよりはリーズナブルな価格のブレンドを限定豆として出しているが、次は何にしようか考えた結果、ヴェルディ初登場となる「東ティモール」を仕入れてみた。

コロナの影響で、なかなか輸入業者のカッピング会などが開催されない中、可能な限り実際の豆を味見してから仕入れるようにして入るものの、今回の東ティモールは送られてきたカッピングプロファイルに「マスカット」という文字があったので、とりあえずその評価を信じて1袋購入。

さて、どう焙煎しようかと思っていたら、大津の カフェ タック さんが同じ東ティモールを焙煎したと聞いたので、瀬田までお勉強にでかけてみた。

東ティモール・アイナロ県・マウベシ郡・レボテロ集落の豆。

なかなか綺麗な豆で、水分量は多そうだが柔らかめな感じなので中煎り~中深煎りのどのあたりにしようか悩むところ。

タックさんは中深煎りで仕上げていた。

さっそくマダムの千晶さんに淹れてもらう。

一口、柔らかい甘みと深みのあるコク、個人的になかなか好みの味だし、多くのお客様がこの風味は美味しいと思われるのではないかという印象。

しかし、話に聞いていた「マスカット」は感じられない、というか、恐らくその風味は浅煎り~中煎りで仕上げないと顔を出してくれなそうな気がする。

なので、フルーティーさを出そうと思ったら中煎りにするのが良いかもしれないが、この柔らかい甘みと深みを楽しめなくなる。

そこで、ヴェルディでは中煎りと中深煎りの2種類に煎り分けて、両方の焙煎度合いで提供しようかと思う。

なんてことを千晶さんと話しながらカップの向こう側を見ると・・・

マスター、お疲れなのですね。

無理しすぎないで、頑張ってください。

コーヒーを頂いて、店のスタッフにも味見をさせたかったので豆も購入。

高橋さんご夫婦とカウンター越しに話していて、本当にいい夫婦だなぁ、と。

突然お邪魔したのに、いろいろとお話しできて良かった、有難うございました。

時計を見たら午後1時頃だったので、「近くで美味しくランチできる店知らない?」と訊いたら、「とんかつ棹(たく)」さんはどうか、と言われたので行ってみることにした。

車のナビに店名を入れたがデータなしということだったので、ネットで調べた住所を入れたものの、住宅街の浅野さんというおうちの前でナビに「到着しました」と言われてしまい・・・

仕方ないので、スマホのグーグルマップに店名を入れたら、ちゃんとお店があったので、スマホのナビで行ってみた。

なんか、ちょっと山道みたいなところに突然現れる。

入り口は一つで左側が「とんかつ棹」さん、右側はパティスリーという、なかなか面白い店構え。

ヒレカツが美味しいということだったので、「ヒレカツ御膳」を頂いた。

アップで。

衣はサクッとしていて、油っぽさもなく、お肉は柔らかく、なかなか美味しく頂いた。

そんなわけで、今月後半になる予定ですが、東ティモールは中煎りと中深煎りで煎り分けて2種類販売をいたします。

どうぞご期待くださいませ。

満開だった

2021年3月30日 

今日は、今年成人式を迎えた次女の、晴れ着姿の後撮り。

芸大店で、毎週コーヒー豆を買いに来てくださっているお客様に、カメラマンの方がいらっしゃったので、撮影をお願いすることにした。

まずは、次女の希望で南禅寺から撮影開始。

南禅寺は、桜の名所というわけではないが、いい感じで桜が点在していて、緑もきれいでロケーション撮影にはバランスが良かったように思うが、次女はこのスポットでも写真を撮ってほしかったらしい。

今回お願いした方は、ウエディング関係の写真や映像の仕事もされていて、ロケーション撮影も多くされていたということで、毛色の違ういろいろな撮影スポットをご存じだったので、あとはお任せしたら、この後は祇園と八坂の塔と鴨川を回り、たっぷり5時間も撮影をしてくださった。

それにしても、さすがに桜が満開とあって、今日はどこへ行ってもロケーション撮影をしている人が多かった。

今はカメラマンの方も繁忙期と言うことなので、データを頂けるのは2~3週間後とのこと、どんな写真になっているか楽しみ。

さて、話は変わって、おかげさまで限定商品の「エチオピア・イルバボールフォレスト」は、のこりわずかとなってきた。

特に、コーヒー豆通販の方で多くのご注文を頂いており、明日か明後日には完売となりそう。

なので、その次のものを焙煎してみた。

ピーベリー、日本語に訳すと「丸豆」と言われるものだけで作ったブレンド。

その名も「ころころブレンド」として、来週あたりから販売予定。

ダークラム、イルバボールフォレストと、なかなかキャラクターの強いものが続いたので、今回はものすごく飲みやすい、よく言うと一日に何杯でも飲める軽い口当たり、悪く言えば、特筆すべき個性はないブレンドだが、テスト焙煎したものを芸大店のテイクアウトで販売したところ、「すごく飲みやすい」とご好評いただいている。

来週には販売開始したいと思うので、軽いコーヒーがお好みの方は、どうぞご期待くださいませ。

時代を感じる

2021年3月23日 

昨日手術を終え、48時間は血流を良くするような運動を避ける方が良いということだったため、今日は朝夕ともウォーキングはお休みすることに。

で、今日は芸大店が定休日なので、私も一応お休みだったのだが、午前中に一つ会議があり、その足で芸大店のテイクアウト用包材を買いに西大路五条へ。

午後には豆の仕入れ先のZOOMセミナー、その後病院へ行って術後の検査と消毒、という感じで、なかなか用事満載の一日だった。

病院の検査も終わり、帰宅したものの、普段だったら歩きに出るところ、今日は歩かないことにしていたので時間がある。

そこで、Amazon プライムで映画を見てみることに。

何となく「あなたにおすすめ」というのの一番左にあったコレを見てみた。

なんか、俳優さんたちみんな若いし・・・

でも、こうして昔の映画とかドラマとかを見ていると、今主役をやっているような若い俳優さんが、ちょい役で出ていたり。

最近のドラマだったら、名前がタイトルの次に出てくるような俳優さんが、昔の映画を見ていたら、10人くらい並んで流れてくる名前の一つだったり。

そして、昔はよく見ていた俳優さんが、最近はあまり見かけなくなったり。

まぁ、考えてみたら、年間に封切られる映画やテレビドラマの本数なんて、だいたい上限があるものなので、主役になれる人の数も決まってくるので、若手が出てきたら、過去の主役級は自ずと役を奪われていく。

もちろん、長い期間主役を張り続けている人もいるが、まぁ、キャスティングには時代のトレンドというものもあるので、時代と共に自然と主役になるれ可能性は薄れていくのかもしれない。

でも、主役級よりも「名わき役」的位置づけの俳優さんって、決してタイトルロールのトップか最後に名前が登場するわけではないけど、長期にわたって主役の後、一人か二人の配列の間に名前が登場するように思う。

ある意味、時代の流行にあったキャラクターで主演を務める俳優さんより、名わき役と言われる人の方が、いろいろなシチュエーションで使えて重宝されるのであろう。

飲食業界も同じで、特にコーヒー業界なんかはトレンドがコロコロ変わっていく。

「サードウェーブ」と言われるが、私に言わせれば、今サードウェーブと言われている波は、恐らく100か200か、コーヒーというものにはもっと多くの波があったと思われるが、私がヴェルディを開業したころの京都は、ちょっと「深煎りブーム」だった。

それが、いきなり極超浅煎りが流行り始め、今では紙コップに入った罰ゲームなみに酸っぱい珈琲を飲むのが流行りになっているから面白い。

でも、それもそんなに長くは続かないと思うので、逆に次は何が来るのか楽しみだったりす。

そんな、深煎りが主役だった時代も、極超浅煎りが主役の時代も、それにのっかって自分のコーヒーをトレンドに合わせてしまうと、ブームが終われば残っていくお店は一部に限られてくる。

そうしてみると、ヴェルディはやはり時代に合った主役を演じようと無理な迎合をするのではなく、どんなシチュエーションにも対応できる名わき役であり続けたいと思ったり。

ただ、わき役を演じるのは、【今のトレンドと言えるコーヒーが主役で、そのわき役】というのではなく、【コーヒーを飲むお客様が主役のドラマにおけるわき役】でありたい。

なんて、若い織田裕二を見ながら思った夜であった。

ぼ~っ

2021年3月17日 

毎月第三火曜日は下鴨本店もお休みなので、実質私が完全に店のことに携わらずに済むのは第三火曜日のみ。

ところが、だいたいそういう日に限って商談が入ったり、打ち合わせが入ったりで、まぁ、なかなか完全休養日というのはとれないというのが常。

なので、今月は一切打ち合わせなどは入れないようにして、実際には今日を指定して打ち合わせを入れたいと言われたりもしたが、今回はそれもお断りして、久しぶりに予定のない休日を作ってみた。

なので、今朝はゆっくり寝ようと自分の目覚ましは切ったのに、全く起きる気のない娘やカミさんの携帯アラームが鳴って、本人は起きないくせに私だけ起こされるという悲劇。

私はいったん起きたら、二度寝をしても10分と寝続けられないという良いのか悪いのか分からない性分なので、結局7時には起きて、いつものように「おはよう日本」を見ることになってしまった。

でも、今日は絶対仕事をしないと気合を入れていたので、ニュースを見終えてシャワーをしたら、リビングのテレビの前を陣取り、朝から映画やドラマを見てやった。

すると、就職活動中の長女が、午後からネット面接だからリビングを使いたいので、できれば外出していてほしいと・・・

仕方がないので、ちゃらっと滋賀県まで珈琲を飲みに行ってきた。

伺ったのは、カフェ タックさん。

店に入ると、お嬢さんがカウンターでお勉強中。

そういえばヴェルディも開店当初は、娘たちがカウンターのすみっこでお絵描きなんかをしていたなぁ、と懐かしく思ったり。

夫婦二人で仲良く回している姿を見て、とてもあたたかい気持ちで珈琲を頂いた。

コロンビア・ピンクブルボンとペルーを使ったコーヒー味のマドレーヌ。

二杯目はグァテマラを頂いて、ヴェルディで働いていたマダムともいろいろお話しできて楽しいひと時を過ごせた。

で、自宅へ戻ったら、再びホラー映画を2本とドラマを見て日記を書いて一日がおしまい。

まぁ、コーヒーを飲みに行った以外は、一日中テレビの前でぼ~っとしていた、ある意味レアで貴重な休日であった。

春の次は夜

2021年3月9日 

今日は芸大店が定休日なので、私もお休みを頂いて、自宅でデスクワークの一日にしようと思っていた。

なので、朝のウォーキングはサボって、9時くらいから活動開始しようと思っていたら、その9時過ぎに役所から電話がかかってきて、雇用維持助成金の提出資料に不備があるとのことで、下鴨の事務スタッフに必要な資料をコピーしてもらい、それを持って烏丸御池まで。

朝のウォーキングしなかった分、歩いて行くことにした。

いつも朝は薄暗い中歩いているのでよく見ていなかったが、荒神橋の東側の桜はもう咲き始めていた。

それにしても、最近テレビを見ていたら、会社の売上が落ちたため雇止めにあって生活ができないとか、生活費をアルバイトで稼いでいた学生が、アルバイトのシフトを削られて生活できない、なんてことがよく取り上げられている。

たしかに、コロナ不況で会社そのものがなくなってしまったら仕方ないのだが、売り上げが落ちて人を使えなくても、雇用を維持するために「雇用維持助成金」という制度がある。

時短営業に応じた事業者に一律で支払われる6万円とは違い、実際に給料として払った金額に対しての助成なので、会社にとってプラスになるものではないが、会社の都合(この場合コロナの影響)で社員を休ませた場合、いろいろな条件に応じて、日数分の給料を6割~10割助成してくれるというシステム。

通常だと、雇用保険加入者のみなので、学生や週に数日しか入らないアルバイトは対象外なのだが、今回のコロナ絡みの場合は、雇用保険未加入のアルバイトに対しても、助成金申請できるという特例措置がとられている。

もちろん、社会保険料などは対象外なので、休ませた分の人件費全てを助成金で賄えるわけではないが、こういう世の中が不透明な時代だからこそ、社員を大切にしないといけない。

従って、ヴェルディの特に芸大店は学校が入構制限などを行っているため、社員のみならずアルバイトの人も昨年と比べ十分にシフトに入ってもらえないことが多いものの、過去の同月と同じ給料を支払い、助成金を申請して、なんとかアルバイトを含む全社員が、基本給割れしないようにしている。

もし、コロナでシフトを削らなくてはならない事業所が、しっかりと助成金申請して給料を支払えば、収入がなくなるという問題は起きないはずなのに、どうしてテレビではそういう経営者の怠慢を指摘せず、政府に何とかしろという論調なのかが分からない。

政府は、きちんと雇用を維持できるように、雇用維持に特化した助成金を作っているし、スタート当初は申請してから半年近く入金がなくてちょっと大変だったが、ここ数か月は申請したら1か月後には振り込まれるようになってきた。

確かに、今日も不備を指摘されたが、書類作成の手間はかかるものの、それでアルバイトを含む社員の雇用を維持できれば、そんな手間など惜しむものではないはず。

マスコミは権力批判ではなく、きちんとそういったところを伝えてほしいと思ったりする。

朝っぱらから、書類の不備を指摘されて仕事をせざるを得なくなった恨みではないが、つい長々と書いてしまった。

でも、まぁ、テレビを見ながらそんなことを思うわけです。

さて、おかげさまで「早春ブレンド」も残りわずかとなり、通販での販売は終了させて頂いたが、そうなると次の豆をどうするかということになる。

で、明日はこの写真の製法で作られたものを焙煎予定。

1月に販売した「ヴィンテージバレル」は、ブラジルでウイスキー樽に1ヵ月寝かせた比較的マイルドな風味のものだったが、こんどはコロンビアのスペシャルティをラム酒の樽に3か月寝かせて熟成させたもの。

生豆の色も香りも全く前回のものとは違うことと、今回はけっこう豆が硬くて力強そうなので、深煎りに仕上げようと思う。

ただ、今回の生豆の仕入れ価格が、前回のブラジルのヴィンテージバレルの2.5倍するため、けっこう高価になってしまいそう。

雰囲気からしたら、夜にゆっくりと飲みたい味ではないかと思う。

週末あたりから販売予定、どうぞ楽しみにお待ちください。

このページの先頭へ