自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 食べ物

食べ物

キッチン沙羅らん

2020年5月15日 

今日はわりと涼しかったですねぇ。

朝は少し寒いほどでした。

さて、今日はけっこう久しぶりに外食情報。

昨日、京都も非常事態宣言が解除されるかと思っていたが、予想に反して継続が決定。

でも、大阪は独自基準をクリアしたことから、段階的に緩和していくということで、吉村大阪府知事に右にならえで京都府知事も段階的な自粛要請の緩和を言っている。

なので、ぼちぼちお外ご飯の話題も段階的に。

先日のGW、久しぶりに私とカミさんの二人で下鴨店のカウンターに立っていたとき、水出しコーヒーバッグを買いに来られたお客様が、間もなく洋食屋さんをオープンするにあたり、アイスコーヒーはヴェルディの豆を使って水出しで提供したいとおっしゃった。

話を聞くと、本当なら3月後半頃には開店予定だったが、コロナの流行で開けるに開けられず、ここまできたものの、固定費だけは出ていくので覚悟を決めて開店することにした。

とのこと。

私も同じく飲食店を経営するものとして、売り上げがない中、固定費だけがかさんでいくということは、要するに「ゼロ」なのではなく「マイナス」が続くわけで、その苦労は痛いほどよくわかる。

そんなわけで、先週2か月近く遅れて開店された、大宮交通公園の近くにある洋食屋さん「キッチン沙羅らん」さんへ配達途中に行ってみた。

メニューには、ハンバーグやクリームコロッケ、エビフライにポークカツなど洋食屋さんの定番メニューがならぶ。

ここは洋食屋さんの王道メニュー「ハンバーグ」を注文。

きちんとていねいに作られていることがよくわかる味で、ご主人の真面目な人柄が料理にもしっかりと出ているように感じた。

水出しアイスコーヒーも。

私の場合、〇〇料理と名の付く専門料理店へ行くことが多いため、なかなかこういう王道の洋食屋さんへ行く機会が少ないのだが、同時に世の中全体がこういった昔ながらの洋食メニューが楽しめるお店も減少傾向にあるような気がする。

聞けば、実はコロッケがイチオシとのこと。

こんどは、そのクリームコロッケを食べに伺おう。

店名:キッチン沙羅らん

住所;京都市北区大宮南山ノ前町27-3

電話:075-468-1663

営業:11:00~15:00(LO) 17:00~20:00(LO)

火曜日・第二第四水曜定休

久しぶりに

2020年5月12日 

今日はスカッと晴れた朝だったからか、けっこう多くの人が鴨川に出ていた。

このところ、海外では規制緩和に動いているニュースが多く、まだまだ非常事態宣言が継続している日本においても何となく気が緩むというか、人が多く出ているような感覚があったのだが、今日は店の中から外を見ても歩いている人が少なく感じた。

そんなわけで、昨日はわりと忙しかったのに、今日は先週までと同じような穏やかさ。

良いことなのか、困ったことかわからないが、おかげで今日は昼間にいろいろと仕事ができたので、少し早めに自宅に戻って久しぶりに家でカレーなど作ってみた。

見た目、タイカレーのグリーンカレーみたいな感じだが、味は南インドの家庭料理「アヴィヤル」

ちょっと調子に乗ってグリーンチリを入れすぎたので、やや辛めだったが、カミさんも娘たちも美味しいと食べてくれたので良かったことにしよう。

でも、やっぱりカレー作るのは楽しいですねぇ。

自粛中のヨドバシ

2020年4月26日 

昨日の朝は、けっこう人が多いと思っていたが、今朝はほとんど人が出ていない鴨川。

それでも昼間は恐らくたくさんの人が出ていたのではないだろうか。

さて、緊急事態宣言もあり、多くの人が外出を自粛しているようなので、あまり不要不急の外出は避けるべきかもしれないが、出していたカメラの修理が終わったという連絡が入ったので、久しぶりにヨドバシへ。

まぁ、このコロナの流行が終息することはないだろうから、薬ができるまで今のペースはなかなか変わらなさそう。

なので、それまで待っていたら修理を終えたカメラを取りに行けないので、自粛要請を受けているとはいえヨドバシへでかけたわけである。

って、早くこんな言い訳しなくてよくなってほしいなぁ・・・

で、ヨドバシの修理受付カウンターへ行こうと思ったら、時計売り場の手前から壁ができていてそこが修理受付カウンターになっているではないか!

この横はこんな感じ

1階は、化粧品売り場とエクササイズマシン関係&マッサージチェアの売り場、入ってすぐのところに消毒液やマスクの特設コーナーができていて、そこしか利用できなくなっている。

つまり、カメラだとか写真用品は購入できなくなっている。

ヨドバシカメラなのに、カメラ関係のものが買えないなんて・・・

いつもだったら、他のフロアもうろつくのだが、さすがに今回は用事を済ませたらすぐ外へ。

他のフロアがどうなっていたか、ちょっと見たかった気もするが。

本当なら、そのまますぐに駐車場へ行くべきかもしれないが、こんな連絡が入っていたので、つい・・・

そんなわけで、ホッピンドリームを食べてみた。

ヨドバシのサーティーワンの前は、もうテーブルやイスも撤去されていて、その場で座って食べられないようになっていた。

そんなわけで、店と自宅の往復だけで日々が過ぎていく昨今だったが、久しぶりにヨドバシへ行って嬉しかったような、かえって欲求不満がたまったような・・・

せっかくここまで来たら、ちょっとカメラとかさわりたかったのだが、それはコロナが落ち着くまで我慢。

早く特効薬が認可されて、コロナが薬で治る普通の風邪になってほしいものである。

ってことで、カメラを売っていないヨドバシで「頑張れフジフィルム!」と叫んで(心の中で)帰ってきたのであった。

屋外で

2020年4月12日 

今朝は歩きはじめに少し雨がぱらついたが、ウォーキングを終えるまではなんとか本降りにならず。

でも、開店時間の頃から降り始めてしまった。

さて、京都芸大店の定休日が暫定的ではあるが土曜日になったので、久しぶりに私も土曜日にお休みを頂いた。

普段は土曜日にふらつくことなどないのだが、ちょっと用事があって岡崎方面へ行った。

予想はしていたが、こんなに岡崎近辺が閑散としているのは珍しい。

で、ちょうどランチ時だったので何か食べようかと思ったのだが、3つの密を避けるべしという政府のお達しもあったので、屋外で気持ちよく食べられる オ・タン・ペルデュ さんへ。

プレートのデジュネを頂いた。

本日のポタージュは、えんどう豆のスープ

豆の風味は豊かだが、口当たりなめらかで軽い後味のスープ。

バゲットには、バターと豚のリエットが添えられる。

プレートは三種類の中から選べて、今回はキッシュ ロレーヌのものをチョイス。

キッシュ ロレーヌに、スモークサーモンのサラダ、カニのムース、トマトのジュレがワンプレートにのったもの。

今の時期だからこそ、利用したいお店ですねぇ。

デセールには、クレーム キャラメルを頂いた。

最近、とろとろゆるゆるのプリンが多い中、こういう硬派なクレーム キャラメルが頂けるお店は希少な存在。

こんな時期でもフレンチが食べたくなったとき、屋外で食べられて、味も内容も満足できる希少な一軒。

また、ぜひ利用させて頂こう。

いろいろ変更します。

2020年4月10日 

朝が本当に明るくなってきた。

雲が多くても、すれ違う人の顔がはっきり見えるので、寝ぐせをつけたままだったり、寝ぼけた顔で歩けない。

ちょっと起きてから外に出る前に一作業増えて、面倒だったり。

さて、造形改め京都芸術大学店では、来週月曜日から再び営業内容が変わります。

本日、大学の担当の方と相談させて頂き、当面の間は教職員の方々の感染防止を一番に考えることにして、11時~14時の間は店内飲食を教職員証をお持ちの方のみにさせて頂きます。

11時~14時の間、一般のお客様につきましては、テイクアウトのみの対応とさせていただきます。

開店~11時と14時~閉店の時間はどなた様でも店内飲食をご利用いただけます。

また、京都芸大店の営業カレンダーにも記載している通り、当面の間定休日を火曜から土曜に変更しておりますので、明日はお休みとさせていただきます。

下鴨本店は営業しておりますので、コーヒー豆のお求めなどは、下鴨をご利用くださいませ。

そんな京都芸術大学店では、昨年の改装依頼スパイスの量り売りもしており、予想以上に多くのお客様からご好評いただいているが、今日はレシピ本の通りのスパイスを欲しいというご要望があり、本に書かれた通りのスパイスをご用意してみた。

こういう買い方も大歓迎!

ぜひ皆様の豊かなマサラライフにもヴェルディをご利用くださいませ。

味見じゃなくて

2020年4月6日 

今朝はけっこう寒かったが、日が高くなるにつれだんだん暖かくなり、午後にはすっかり春の一日だった。

さて、ついに明日は首都圏と関西の大都市圏などで非常事態宣言が発令されるようである。

実際、どのようなことになるのか分からないが、私たちのような零細企業としては戦々恐々と言わざるを得ない。

娘は今日から学校へ行ったものの、またGW明けあたりまで休校になるとも言われているし、本当に明日世の中がどうなっているか分からないというのは、営業方針すら立てられないから困ったもの。

BCと言えば、キリスト降誕前を意味するが、もしかしたら数年後にはBCは「コロナ前」ACが「コロナ終息後」を意味するかも。

で、そのBCと比べたら、コロナ真っただ中の現在はお客様が少なくなってしまうことは仕方ない。

なので、どうせランチをとるのであれば、自店の売り上げにしなきゃ、ってことで、カリープレートを食べてみた。

先日サンプルをもらった、ライムのスパイス漬けと、タマリンド&デーツのチャトニと一緒に食べてみた。

いつも仕込んだ後に味見はするが、こうしてしっかり一人前を食べることはあまりない。

でも、やはり味見ではなく一人前を食べてみて気付くことは少なくない。

同時に、一皿全てを食べるにしても、ちゃんと自分の財布から支払うことも重要。

毎日仕込んだものを全部一皿食べていたら大変なことになるが、たまにはこうして一人前を自分で定価を支払って食べてみる必要はあるなぁ。と実感したランチであった。

このページの先頭へ