自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 食べ物

食べ物

22年か

2018年5月25日 

今日は真夏のような暑さだった。

朝は、けっこう涼しく感じたが、昼間に豆の配達のために車に乗ったら、もうほとんどサウナ状態。

これから長い夏がやってくるんですね・・・

 

さて、今日は私とカミさんの22回目となる結婚記念日。

あと3年で銀婚式?すごいなぁ・・・

そういえば、結婚式の日もスカッと晴れた真夏日で、きちんと礼服を着てご参列下さった皆様には申し訳ないような暑さだったことを思い出した。

で、普通結婚記念日と言えば、夫婦二人でディナーでもとるのかもしれないが、うちの場合けっこう普段からカミさんと二人で出かけることが多いので、今夜は家族で気楽だけどしっかり美味しいイタリアン「アズーロ」さんへ伺った。

つばすのカルパッチョ

砂ぎもコンフィのサラダ

水ナスのパルミジャーノ

カリフラワーのポタージュ

プッタネスカ

ミラノ産サラミのカルボナーラ

フジッリ 鰯のシチリアーナ

自家製フェットチーネ

パンチェッタとえんどう豆のクレマ

いつもながら、どれも過不足なく美味しく頂けた。

せっかくならセコンドも?と思ったが子供たちも「お腹いっぱい」ということで別腹へ。

イチゴのパフェ

エスプレッソで〆

アズーロさんご夫妻のお人柄が料理の味にも出ているというか、いつ来てもホッとするイタリアン。

こういう肩ひじ張らずに家族で気軽に美味しいひと時がもてるお店は有難いなぁ、と思うのであった。

初めてのイタリアンへ

2018年5月8日 

今日私はお休みを頂いていたので、一応いつもの時間に起きたものの、外から雨音が聞こえていたので鴨川へは出ずにそのままあと1時間寝てしまった。

午前中は、ちょっとデスクワークなどをして、お昼はどうしようかと思ったら、カミさんが行ってみたいお店があるということだったので、高辻 柳馬場のイタリアンへ行くことにした。

伺ったのは シシリア料理 リカータ さん。

テーブルとカウンター合わせて13席というこじんまりとしたお店で、ホールのお兄さんの溢れる笑顔と、店主さんの気さくな雰囲気が初めての訪問とは思えない居心地の良さを提供してくれる。

前菜とパスタ、ドルチェとカフェがセットになった、パスタランチを頂いた。

前菜盛り合わせ

この日記でも、ちょくちょく書いているが、私は基本的にこういった少しずついろいろという前菜よりも、一品でもしっかりポーションのある前菜の方が好きなのだが、ここ最近頂いたちょっとずつ前菜の中でも、なかなか豪華でなおかつ味付けもバシッとメリハリがあるプレート。

シシリー島の郷土色を一皿で表したような盛り合わせといったところだろうか。

カミさんは、気まぐれパスタを注文

私は、鮪とカラスミと野菜のラディアトーリを注文したはずなのだが、トラパニ風鮪とミント、トマトソースのブカティーニが出てきた。

出てきた瞬間「え?」と言ったら、「作り直します」とご店主。

しかし、正直どちらにしようかと迷っていたもう片方の料理だったので「もう、これで大丈夫ですから」と言ったのに、このパスタを食べ終えるころ「半分の量ですが・・・」と、ラディアトーリも出してくださった。

どちらも素材の味を大切にしつつ、しっかりとした味付けと、ちょっとひと手間かけた調理で、とても美味しく頂いた。

ドルチェは自家製ジェラート

エスプレッソで〆

食後に夜のメニューも見せていただいたが、なかなか魅力的な料理が並んでおり、こんどは夜に来たいと思うのであった。

そんなわけで、明日からダイエット頑張ろう。

夜中のショコラ

2018年5月4日 

今朝は久しぶりにスカッと晴れた空の下、気持ちよく鴨川沿いを歩けた。

太陽の位置もずいぶん高くなってきたが、今朝は少しひんやりする気温であった。

緑も濃くなり、川面にうつる新緑も美しかった。

でも、昼間にはいきなり空が暗くなり、けっこうしっかり雨が降ったのに、夕方にはすっかり青空が戻っていた。

 

さて、なんだか「夜中の」シリーズになってしまってた今週、その〆はやはりコレ。

夜中のショコラ!

白梅町あたりで辛いカリーを頂いた後、円町からほど近いショコラさんで頂くショコラショとフォンダンショコラは、まさに法悦のひと時。

「連休中は少し早めに閉めるかもしれません」と言われたので「何時ごろですか?」ときいたら「11時ごろには・・・」って、全然早くないし。

そんな夕食をゆっくりとった後でも、しっかりスイーツが食べられるこちらのお店、ついふらっと足が向いてしまう。

夜中にカロリーの高いものを食べるのは、まさに至福のひと時ではあるが、ダイエットの大敵でもある。

ゴールデンウィーク明けたら、ダイエット頑張ろう。

夜中のカレー

2018年5月3日 

ゴールデンウィーク、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

学校がお休みということもあって、造形芸大店は昨日久しぶりにと~ってもお客様が少なかったので、今日も恐らく同様の状態になるだろうと予想し、私はお休みを頂いたら、ランチタイムには大勢のお客様がお越し下さったようで、少ないスタッフでてんてこまいだった様子。

なかなか予想は難しい。

そんなわけで、私は店にはいかず、自宅で冬物の洗濯をしつつ、月末月初の事務作業などをしていたが、ひと段落したところで久しぶりにこの映画をDVDで見てみた。

私の中で、純粋なホラー映画の最高峰と言えば「エクソシスト」なのだが、ホラーと言うよりサイコスリラーというジャンルで言えば、間違いなく最高傑作の部類に入る一本だと思う。

なんとなく夜に「ハンニバル」も見てしまったのだが、こちらはリドリー・スコットが調子に乗って、おばけ映画にしてしまっているように感じた。

アンソニー ホプキンスのゾクッとする演技が、グロテスクな画像で台無し。

やはり、この監督はエイリアンだけ作っていたら良いように思うのは私だけだろうか。

 

さて、そんなわけで、今日はオフだったこともあり、夜はカレーを食べることにした。

烏丸紫明か白梅町か迷ったが、ソルバが食べたかったので白梅町へ。

まずは、ヌーラーニサラダ

マトンラーンソルバ。

ソルバは、ペルシャ料理の中でも有名なスープというかシチューというか。

味的には、トマト風味のニハリといった感じで、マトンラーンがごろっと入っていて、食べ応えがある一品。

このところ、ちょっとお腹の調子がイマイチだったが、これでよくなることでしょう。

 

話は変わって、造形芸大店ではお昼にテイクアウトできる商品を考えているのだが、恐らくゴールデンウィーク明けから販売開始するのがこちら。

ライスバーガー!

食べ応えもあって、味もなかなかいい感じ。

連休明けの造形芸大店は、店内だけではなくテイクアウトにも力を入れる予定です。

どうぞご期待くださいませ。

夜中のラーメン

2018年4月30日 

ゴールデンウィークも始まり、ちょっと朝の鴨川沿いも雰囲気が違っている。

見慣れた人がいなかったり、見かけない人がジョギングしていたり、親子で散歩をしている姿も散見できて、朝からちょっと新鮮な気分になった。

同じ鴨川沿いと言っても、川の東側と西側でずいぶん景色も感覚も違ってくる。

この時期、太陽の位置が低いので、東側だと木陰になっているのに、西側へ行くと斜めから強い朝の光が降り注ぐ。

奇麗な新緑の合間から降り注ぐ木漏れ日、川面がキラキラと太陽の光を反射している様子は、この時期のこの時間だけなので、ちょっと得した気分になれる朝のひと時。

でも、もうすぐ朝っぱらから暑いと思い知らされることになるんだろうなぁ・・・

 

さて、私はあまりラーメンを食べないのだが、先日ちょっと遅くまで仕事をしていたら、ほとんどすべての飲食店が閉店時間を迎えてしまったので、久しぶりに東大路の北大路より少し北にあるラーメン店へ行ってみた。

なんとなく辛いものが食べたかったので、担々麺を注文。

これは、期間限定だったようで、私が食べた日が最終日だったらしい。

よく、学生時代の同級生などがSNSで深夜のラーメンをアップしていたりして、それをみるたび「よく夜中にこんなの食べるなぁ」と思っていたが、まぁたまにはいいかもしれない。

でも、やはり夜遅くに食べるなら、私はラーメンよりカレーかも。

 

ダンデライオンチョコレート

2018年4月26日 

昨日、今日と造形芸大店は都をどり中にお休み返上で営業していたので、その振替で臨時休業を頂いた。

で、昨日は調子が悪くなっていた厨房のスチームコンベクションオーブンを修理しに来てもらい、午後からは造形芸大店の店長といっしょに、一念坂に本日オープンした ダンデライオンチョコレート のプレオープンへ行ってきた。

京都に住んでいると、逆にこんなところにはめったに来ないので、なんだか新鮮であった。

情緒あるたたずまい。

雨があがっていてよかった。

サンフランシスコ発のブランドだが、ここではかなり和な雰囲気。

どこかで見たような・・・・

と、思っていたら、いきなり 若林さんに 激写されてしまった。

こちらのお店では、こんなコラボ商品も。

社長の堀渕さんがいらっしゃったので、写真を撮らせてくださいと言ったら、「せっかくなので一緒に撮りましょう」と今西を手招きされたのでツーショットで。

カウンターで先にオーダーをして名前を伝えておき、出来上がったら名前で呼ばれるのはサードウェーブ系と同じオーダー方式。

イートインのスイーツメニューはこんな。

2階には、広々としたスーペースでホットチョコレートをイートインできるスペースがある。

1階の奥のスペースは、カクテルとチョコレート菓子のペアリングが楽しめるスペースもある。

立地柄観光客も多く訪れると思われる中、和の雰囲気を前面に出して、いい感じでアメリカと日本のフュージョンが楽しめるお店ではないだろうか。

ショコラ好きで有名なこの方も 取材においでになっていました。

明日は、今日(4月26日)の出来事を書きます。

1 / 4612345...102030...Last »

このページの先頭へ