自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 食べ物

食べ物

試食会

2019年4月26日 

朝5時、目が覚めたと同時にポツ、ポツ、という音がしたと思ったら、サーっと雨が降り始める音が窓の外から聞こえてきた。

今日はウォーキング中止かな?と思っていたが、いつもの時間には雨も上がり、ちょっと足元がぬかるんでいたが無事に歩くことができた。

雲は多かったが、大文字山はちゃんと見えた。

そして、つい先週あたりまではまだ桜の花も残っていたのに、鴨川沿いはもうすっかり葉桜になってしまった。

よく見ると、もう実がなっていたりして・・・

季節の移ろいを感じますねぇ・・・

 

そんな今日は、今月最後と言うか平成最後と言うか、ともかく10連休前最後の平日。

そうなると今日はバシッと両替をしておかねば心もとない。

10連休を歓迎する人と、あまり嬉しくないという人、けっこう後者の方が多いというようなアンケート結果が出たといったことをネットのニュースで見たような気もするが、そうは言っても政府がそうしてしまったのだから仕方ない。

とりあえず両替をしに銀行へ行った。

今年から両替手数料が上がり、今まではだいたい100円でいけたのに、100枚両替すると200円、101枚以上だと300円かかってしまうのでとりあえず百円玉で300円あることを確認して銀行へ行ったのだが、なぜか私が手数料として両替機に入れた100円玉が何回やりなおしても帰ってきてしまう。

ダメ元で案内係という腕章をしているお姉さんに「この100円玉が返ってきてしまうので替えてくれませんか?」ときいてみたが予想通りダメで、「窓口で両替して頂ければ・・・」と言われたが、番号札を見たら20人待ち。

そんなに店を空けられないので、仕方なく近所にあった自動販売機で一番安いミネラルウォーターを購入して再び両替機へ。

これからはもっとたくさん100円玉を持って両替に行こう。

 

さて、今日は造形芸大の方に、広報を兼ねて新メニューの試食会を開催させて頂いた。

今回は新しくなったメニューの中からカリーを全種類お召し上がりいただくことにしたが、同時に毎週かわる「週替わりカリー」を何種類か作って食べ比べて頂くことに。

ランチのピークが終わったところからカレーの製造スタート。

こちらは、ヨーグルトとピスタチオペーストを使った魚カリーの仕込み。

その隣では、トマトとブルーベリーを使ったポークカリーを同時進行で作る。

魚カリーの方は、ピスタチオペーストとスパイスを入れると、奇麗なイエローグリーンになる。

ポークカリーも、しっかりと煮詰まってぽってりとしてきたどころでベースのマサラが完成。

これ以外に、現在週替わりとしてお出ししている「マラバール風シーフードカリー」と、けっこうファイヤー!なチキンカリー、その名も「火の鳥」をご試食頂いた。

今回お出しした中で、私個人的には一番面白くないカリーが「バターチキンカリー」なのだが、ご試食頂いた中で一番人気は「バターチキンカリー」だった。

やはり、何でも専門的なものって入り口はハードルを低くしておかねばってことなのだろう。

営業的には、売れる商品=良い商品であり、どんなに気持ちが入っていても、マニアには絶賛されても、売れない商品=単なるゴミなわけである。

そういう意味で言えば、個人的に好きな商品と良い商品は必ずしも一致しないが、お客様が喜んでくださる商品をしっかりブラッシュアップし続けて、さらに良い商品にしていけるよう頑張ろう。

大阪苦手

2019年4月23日 

造形芸大店がオープンしてから、何かと私の仕事も増えている上、今の世の中のスピーディーな変化に対応しつつ、店舗運営を考えていかねばならないので、目の前の作業に追われていたのでは会社としての成長が難しいと思い、気になるセミナーや講習会があったら積極的に参加して勉強しようと思っている。

で、今日は以前から気になっていた、珈琲豆の通信販売で非常に評価の高い会社の社長が登壇してのセミナー開催ということもあり、大阪へ行ってきた。

セミナーの方は、期待していた珈琲豆通販の社長の話よりも、むしろ後半のECサイトの運営サポート会社の方の講習と Verdi も通販でクレジット決済をお願いしているヤマトフィナンシャルの方が話されたここ数年の傾向と変化についての話の方が得ることも多く、今後の仕事に活かしていけるのではないかと思えた。

 

ただ、今回大阪へ行って、つくづく私は大阪が苦手だということを確信した。

セミナーの案内では、会場は阪急梅田から徒歩5分、JR大阪から徒歩2分と書かれていたので、余裕を持って2時間半前には自宅を出て、大阪でカレーでも食べようと思っていったのだが、まず行こうと思っていたカレー店が見つからず、仕方なくタリーズでラテを飲んで昼食代わりにしたは良いが、こんどは会場へ行けず・・・

グーグルマップによると、阪急の梅田から徒歩3分のところにあるカレー屋へ行って、食後はそこから徒歩2分のところにあるセミナー会場へ行くはずが、20分歩いてカレー屋へ行けず、それから30分歩き回ってやっとセミナー会場へたどり着いたという感じ。

東京ではまずこんなことないのに、どうしても大阪という街でどこかへ行こうと思ったら迷ってしまう。

不動産広告に「駅から徒歩5分!」と書かれているのに、その地図通りに歩いても10分かかるということは珍しくないのだが、いつからグーグルマップは大阪限定で、悪徳不動産屋も真っ青なナビになったんだ!?と思ってしまった。

が、セミナーの後は、徒歩2分で目的のカレー屋まで行けた。

要するに、行きはグルグルと回り続けていたってことで、グーグルが悪徳不動産屋以下だったのではなく、私が大阪の街ととことん相性悪いだけだったらしい。

そんなわけで、昼はたどり着けなかったカレー屋で夕食。

この中からどのカレーにするか選べて、2~4種類のあいがけも可能。

せっかくだったので、4種類全部かけを注文してみた。

真上から見たらこんな感じ。

私は、あまり食べログとかってあてにしないのだが、ともかく不案内な大阪なので、珍しく食べログの大阪近辺のカレーランクで2位だったこちらの店へ行ってみた。

食後にチャイも頂いてみた。

 

食べ終えて、エスカレーターに乗っていたとき、ふとエスカレーターの左側に立っている自分に気づき、急ぎ右へ移動しつつ、一人苦笑い。

仕事関係のセミナーは、東京で開催されることが多いので、必然的に東京へ行く機会も増えるのだが、下手したらドア to ドアで言えば、大阪のセミナーより東京のセミナーの方が時間的には早く着けたりして・・・

まぁ、ちょっとは大阪にも慣れた方が良いかもしれない。

真剣に

2019年4月19日 

今朝も暖か。

最近、下鴨のスタッフたちから「マスター、顔が焼けてますね、どこか遊びに行きました?」と聞かれた。

遊びに行きたくても、なかなか行く時間もないし、昼間は店の中にいるので、外を出歩いていることもないし・・・

でも、もしかしたら朝のウォーキング時に朝日をあびながら歩いているのが原因かもしれないと思ったり。

朝日って意外と紫外線が強いのかもしれない。

 

さて、このところ、マジでヤバイと思い始めている。

何が?って、もちろん体重。

メニューのリニューアルを理由に、いろいろと食べすぎていて、このところちょっと服がキツくなってきた。

で、もちろんある程度節制はしているのだが、これはもうスーパーダイエットモードに入らねば、と言うことで、朝と昼は合計で1000キロカロリー程度に抑え、夜はヨーグルトとバナナにナッツを少々という食事をルーティーンにしてみた。

でも、毎日それでは精神的に辛いので、週に2食は夜に好きなものを食べるということでストレスをためないようにしようという感じ。

すると、パンツはわりと余裕がでてきて、ベルトの穴も一つ絞められた。

でも、問題は胸囲。

シャツを着たら胸のあたりが引っ張られる感じになってしまい、これがなかなか改善されない。

私の場合、腹回りと胸まわりで言えば、胸のあたりから肉がつきはじめ、全体に行き渡ったら最後まで落ちないのが胸近辺。

一応、毎朝ウォーキングから戻ったら腹筋マシンを稼働させているからか、わりとダイエットを始めたら腹回りは先に改善されてくる。

ってことは、胸当たりの筋肉も鍛えたら良いのだろうか。

ま、ともかく夏までにTシャツが着られる体形になれるよう頑張ろう。

そんな今日の昼は、配達途中に「早ようて 安うて 美味しいし はやし」のはやしさんでチキン南蛮定食のご飯少な目。

朝は豆乳と野菜ジュースだけだったので、昼はちょっと豪華に食べてみた。

久しぶりにちゃんと炭水化物と油脂成分を摂取した気がする。

日曜あたり、何か夜に食べようかと思っているので、明日は一日頑張って節制しよう。

cookpadTVとキーマカレー

2019年4月14日 

わりと寒さも落ち着いた感のある今朝は、久しぶりに薄手のジャージで鴨川へ。

今日は午後から雨だったので、朝の段階でもどんよりと曇った空であった。

 

さて、昨日は cookpadTVの心斎橋スタジオで珈琲の焙煎講座をさせて頂いた。

14名の方が集まって、最初に珈琲全般についてサラッと説明した後、自分で焙煎するときの豆の選び方などを解説、そして手網を使っての焙煎を皆で体験して頂いた。

7名ずつ2班に分かれて、1分ごとに交代して順繰りに手網焙煎を体験。

途中から煙が出てきて、香りもしっかりと感じられ、豆がはぜる音を聞いて、みなさん新鮮な驚きをもちながら手網を動かしていた。

ちゃんとした焙煎機で焼くのと比べると、どうしても煎りムラはできるが、自分で焙煎したものの味は格別だったのではないだろうか。

焙煎体験の後は、同じ豆でも浅煎りと中深煎り、深煎りで味が違うということを試飲で体験。

どの焙煎度合いが好みか聞いたところ、面白いことにほぼ1/3ずつできれいに好みが分かれた。

土曜日の午後、みなさまお楽しみ頂けたようで良かったのではないだろうか。

cookpadTVスタッフのみなさん、私も楽しくイベントができました、また機会があったらぜひお呼びくださいませ。

 

で、お昼を食べる余裕もなくイベントに入っていったので、京都へ戻る前に少し食事をしようと心斎橋のアーケードを歩いていたら、ふと目に飛び込んできたのがここの看板。

 

よく分からなかったが入ってみた。

すると、今日はルーとトンカツが売切れたので、キーマしか出せないとのこと。

それでも食べてみようということで、マトンキーマと黒咖哩をライス少な目で注文。

マトンキーマ

黒咖哩

個人的には、「元祖渡辺カリー」というのを食べてみたかったが、今回は売切れ。

こんどまた食べに来てみよう、とは思わないが、もしチャンスがあれば、かな。

 

そして、今日はサロンライヴ。

木管四重奏という、これまでなかったアンサンブルで、曲目も近代フランスものが多く、なかなか楽しいコンサートになった。

今夜の様子は、またこんどご紹介します。

いろいろリニューアル

2019年4月11日 

この時期の雨上がりの朝は、空気や空のコントラストがなんとも言い難い雰囲気を持っていて個人的に大好き。

でも、真夏の雨上がりは、蒸し~っとしているから嫌い。

やはりこの時期はいいですねぇ。

 

しかし、昨日の雨は花散らしの雨。

地面には花びらがたくさん散っていた。

それにしても、最近の鳩さんは全く逃げない。

あんなに雨風強かったのに、それでもしっかり咲いている桜には神々しさを感じる。

もうしばらく、朝は桜を楽しみながら歩けそうである。

 

さて、GW前後あたりに造形芸大店はメニューをリニューアルして、カレーをかなり充実させる予定。

私個人的には今関西で流行っている「スパイスカレー」と言われるものに懐疑的な見方をしているのだが、先日ココ壱の前を通ったら、ココ壱でもスパイスカレーを販売しているようだったので、こういったチェーン店が作ったらどうなるのだろう?と思って食べてみた。

やはり自分が納得できないものは、世の中で流行っていても出してはいけないと思ったので、Verdi では俗にいう「スパイスカレー」は出さないようにしようと思った。

とは言え、着々と「きちんと伝統を守りつつ、オリジナリティも演出したスパイス調合で使った」カレーの試作は進んでいるので、4月後半にはオリジナルレシピの奇をてらわないけど他では食べられないカレーをお楽しみ頂ければと思う。

そして、辛いものを作ったら甘いものも作らねば!

ということで、スイーツメニューもリニューアル。

こちらは、アルバイトながらキッチンチーフを任せている T さんが作ったブリオッシュのフレンチトースト。

今日は、店長の今西が新しいパフェの試作もしていたので、そちらも着々と準備が進んでいる。

春に相応しい、爽やかなスパイスの香りと、軽いスイーツで素敵な午後のひとときを提供できるよう頑張っていこう。

 

 

 

また行ってしまった

2019年4月8日 

雨上がりの朝、鴨川沿いは桜のカーペット状態

咲き誇る桜を見るのもいいが、散った花びらも美しい。

自宅の前とかにあると掃除が大変だけど・・・

そして、今朝は雨上がりと言うこともあって雲がすごく複雑な模様だった。

せめてコンデジでも持っていれば、もうちょっときれいに撮れるのに、スマホカメラの限界ですねぇ・・・

いつもの定点観測地点。

雲に覆われて、日のでは拝めなかった。

 

そんな今日は、多くの小中学校や高校などで入学式や始業式が執り行われていた。

そんなこともあってか、昼間のお客様はかなり少な目。

まぁ、年度初めはこんなものでしょう。

 

さて、先日初めて行って、けっこう気に入ってしまい、こんどは娘も連れて行って彼女たちの気に入った「ラッキー餃子センター」

週末の営業を終え、ちょっとお疲れモードだったので再び行ってしまった。

まずは餃子。

今のところ、普通の焼き餃子と生姜餃子しか食べていないのだが、蒸し餃子や鶏汁餃子なんて言うのもあるので、こんどはそれにもチャレンジしてみよう。

このお店、餃子以外のものはイマイチだと思っていたのだが、初めて行ったときに常連と思しき人たちが、みな担々麺を注文していたので前回は私も担々麺を食べてみたのだが、これがなかなか美味しかった。

なので、その初めて行ったときにこれまた常連さんが注文していた「ハツとレバーの黒胡椒炒め」を今回初めて注文。

たっぷりのもやしと一緒に炒められて出てくる。

アップで

これが、料理的に完成度が高いというわけではないのだが、なかなかウマい!

「美味しい」とお上品に言うのではなく「ウマい」のである。

そして、前から気になっていた「台湾ラーメン」

注文しようとしたら「辛いですよ」と言われたが、とりあえず食べてみたかったのでオーダー。

この丸い唐辛子、もし口に入れたら大変なことになるヤツ。

たしかに辛くて、豆板醤スープと言っても良いほどの味なのだが、これも個人的には好きであった。

もう一品、気になっていた「肉玉ごはん」

まぁ、これは想像通りの味だったが、餃子と一緒に食べるにはいい感じ。

近くにあったらけっこう通いそうだが、千本七条という立地のせいで、そんなにしょっちゅうは行けない。

でも、娘たちも気に入っているので、またちょくちょく行きそうである。

 

このページの先頭へ