自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 今日のVerdi

今日のVerdi

個人的には好きでも

2019年8月19日 

今日は朝から日差しが強く、歩いていても太陽光が肌を焼くような気分になった。

定点観測地点から出町の飛び石まで行くと、石がなかなかすごいバランスで積み上げられている。

先日テレビを見ていたら、河原でこういう石を積む人が紹介されていた。

なんか、最近の若い人の遊びと言えば、スマホでゲームをしている姿を思い浮かべるが、現代の技術が成しえたゲームとは対極にある、こういう素朴だけど難しくて、見た人が思わず「おっ」と思うようなのって、逆に新しく感じてしまった。

 

さて、改装オープン後に販売していた造形芸大店の一期一会カリー「北インドのムスリム風ビーフマサラ」も、ご好評のうちにお盆休み終了と同時に売り切れ、今日からはまた違う一期一会カリーを作らねばならなかったのだが、お盆休みのおかげで食材の納品が間に合わず、現時点で作れるものという発想から「ホット!キーマカリー」を作ることにした。

お取引のお肉屋さんは、現場のことを知り尽くしているので、タイトな納期でも頑張って納品して下さる有難い存在。

なので、昨日のうちにベースマサラを作っておいて、今朝挽肉が納品され次第仕上げていこうと思っていたのだが、やはり連休明けでお肉屋さんもオーダーが立て込んでいたのか、今日はちょっといつもより納品が遅くなり、ランチの開始まであと20分というところで挽肉が到着。

お肉屋さんのおじいちゃんが「今日はエエ肉が入ってきたで、挽きたてやし旨いでぇ」と言いながら全くドリップが出ていない、赤々とした艶のある挽肉を持って来てくれた。

そこから急いでキーマカリーの仕上げにかかり、11時のランチタイムスタートには間に合わなかったが、12時ごろおいでになった、毎週この一期一会カリーを楽しみにご来店下さるお客様には、なんとかお召し上がりいただけた。

そんなわけで、今週の一期一会カリーは「Hot キーマカリー」。

お盆の間は、あまりカリーに慣れていない方も多くお越し下さるので、誰が食べても美味しいと思えるよう、スパイスで刺激を出すのではなく、食材とスパイスのマッチングによる風味と旨味を強調して作ったが、今回は少し刺激的で、食べていると汗がにじむ程度に仕上げてみた。

だからと言って、辛さで勝負!というわけではなく、あくまで「エエ肉」の旨味を活かしつつ、秩序を守った刺激的な香辛料の風味をお楽しみ頂けるように作ってみた。

カリーとライスだけを食べて、じわっとくる辛さを楽しむもよし、トッピングの温泉卵をまぜてマイルドな旨味を楽しむもよし。

ぜひおためしくださいませ。

ところで、カレーの辛さはカプサイシンによるもの。

それを抑えるには、ブラックの珈琲を飲みながら食べると、辛さを感じにくくなり、純粋にスパイスの風味を感じることができます。

ミルクや砂糖を入れてしまうと、あまり辛さを抑える効果がなくなるので、食べてみて辛いと思ったら、ぜひブラックの珈琲を追加注文して、飲みながら食べてみてください。

最後にお知らせです。

明日20日(火)は、下鴨本店、造形芸大店ともにお休みです。

どうぞご了承くださいませ。

送り火

2019年8月16日 

今朝こそ歩こう!と思って、いつも通り5時50分に起きて窓を開けたら、まだけっこうしっかりと雨が降っていたので今日もウォーキングは中止。

なんだか体が重くなったような気がする。

そんなわけで、朝はしっかり降っていた雨も午後には止んで日差しが降り注いできた。

下鴨は例年通りお盆時期ということで週末並みにお客様がお越し下さっていたが、造形芸大の方は開店以来初めてお盆に店を開けることになったので、どうなることかと思っていたが、午後以降は途切れることなくお客様がおいでになり、やはり通りから直接店に入れるドアができるとお客様の流れも変わるものだということが分かった。

 

そんな今日は五山送り火。

帰りに下鴨によって、ちょっと仕事をしてから帰宅しようと思ったら、出町あたりがすごいことになっていた。

で、私は例年通り自宅マンションから送り火を見た。

以前は、大文字と法以外に、妙と鳥居も見えて、舟は半分見られたのに、マンションが次々と建ったおかげで今はこの二つだけ。

でも、毎年送り火を見ると、お盆も終わりだなと実感がわいてくる。

送り火を見たら、つい昨日に引き続き本棚をあさってこれを読み始めてしまった。

今日は、半分程度でやめておいた。

台風接近

2019年8月16日 

今朝起きて歩きに出ようと思ったら、想像以上に風が強く、自宅のバルコニーから大きく揺れている木々を見ながらふと頭の中をよぎったのが「今朝、京都市内でウォーキング中だった50代男性が風にあおられて川に転落、その後遺体で発見されました」というニュース。

まぁ、あり得ないとは思いつつ、台風や大雨・洪水で命を落とす人は、ほぼ例外なく「そんなことあり得ない」と思っていることだろうということで、今朝はジャージに着替えて外に出たもののウォーキングを断念。

なんか、日課になっているので歩かないと一日がスムーズに始まらない。

明日は歩けるといいなぁ・・・

 

さて、昨日の段階で、今日15日は台風接近に伴い、営業をどうしようかと下鴨の店長とも相談していたら、造形芸大は学校として本日終日入構禁止になるという連絡が入った。

とりあえず、下鴨の方は通常通り営業して状況を見て早じまいするということになり、造形芸大の方は学校が入構禁止なのでヴェルディも休もうかと思ったが、せっかく通りから直接入れる出入口もできたことだし、さらには原材料の納品もあるし、週末用の仕込みもしなくてはならないため、こちらも通常通り営業を開始して、納品と仕込みが終わった時点でその先をどうるすか考えることにした。

 

店を開けてみたら、下鴨の方は普段のお盆よりはお客様が少ないものの、通常の平日よりは多くの方がお運びくださるという、この天気の中本当に有り難い一日。

最終的には、夕方から風雨が強くなるという予報だったので、スタッフの帰路の安全も考えて1時間早く閉店するにとどまった。

一方、造形芸大の方はお盆期間中の営業は開店以来初めてだったこともあり、認知が進んでいない上、白川通りをほとんど人が歩いておらず、ランチタイムまでは片手で数えられるほどしかお客様のご来店がなく、ランチタイムに少し盛り上がったものの、その後はお客様がおいでになる雰囲気すらない状態。

そんなわけで、仕込みが終わった午後3時に閉店させて頂いた。

で、途中ちょっと用事で寺町方面まで行った帰り、出町を車で走っていたら、さすがに今日は並んでいなかったので、ふたばさんで豆餅を購入。

いつも大行列のふたばさんですら全くお客様が並んでいないのだから、まぁ、うちの店のお客様が少なくても仕方ないかと、変な安心をしてしまったり・・・

そんなわけで、今日は早く自宅に戻り、さらに台風接近ということで外出も控えてみたので、自宅の中で時間をとることができた。

せっかく時間ができたので、本でも読もうかと本棚を見てみたら、けっこう前に読んだこんなのが目についた。

そう言えば、来春ついに半沢直樹の続編が放送されるとのことだったので久々に読み始めたら、つい最後まで一気に読んでしまった。

まぁ、台風でもなければゆっくり読書もできないので良かったことにしよう。

 

ところで、先日造形芸大店のリニューアルに伴い開催した内覧会にお越し下さった 関谷 江里さん がご自身のサイトで造形芸大リニューアルについて書いてくださいました。

さすがプロだけあって、私がこの日記に載せた内容と比べ、格段に分かりやすく丁寧に カレー・ヴェルディ カフェ・ヴェルディ について書いてくださっています、よろしければご一読くださいませ。

 

おまけ。

先日、造形芸大の裏山の方へ行ったときにいた猫。

個人的には猫派ではなく犬派なのだけど、まぁ、カメラを持っていたのでパシャっと。

それではまた明日。

amazon のパッケージ

2019年8月9日 

今朝も暑かった。

朝から、もう、日差しがヤバイですねぇ・・・

 

さて、そんな猛暑の一日ではあったが、造形芸大店は本日リニューアルオープン。

今まで通り、学内の入り口も利用できるが、初めておいでになるお客様は、ほとんどが白川通り沿いの新しくできた入り口からお入りになっていた。

 

そして、実はこの夏から Verdi もついに amazon に進出!

そこで、京都芸術デザイン専門学校 の授業で、学生さんに Verdi の amazon 専用パッケージを作って頂くことになったのだが、今日はその最終プレゼンが行われ、お二人の方のデザインを採用させて頂くことになった。

プレゼンを聞くと、本当に情熱を持って作ってくれていることがよく分かり、その中から選ぶというのはなかなか難しかったのと、このお二人以外にも、本当に最後までどうしようか悩む作品もあり、紙一重での採用となった。

もし、今回のブレンドが amazon でバカ売れして、店頭でも販売することになったら、ぜひ最後まで悩んだ別のお二人に声をかけたいと思っている。

 

で、話は変わるが、一昨日の内覧会にお越し下さった敬愛してやまないある方から「これまでに作った一期一会カリーの一覧みたいなものがあったらなぁ」という話を頂いたので、一覧を作ってこの日記の一つ下にアップしてあります。

これまでの一期一会カリーをお楽しみ下さった皆様も、よろしければ「こんなの食わさせられたなぁ」と思い出して頂ければ幸いです。

着々と

2019年7月12日 

今朝のウォーキングは雨天中止かな?と思っていたが、起きたころには雨も上がっており、適度な湿度と爽やかな涼しい風の中、鴨川沿いを歩けた。

出町柳の橋に差し掛かったころ、奇妙な振動音のようなものが聞こえたので、音の方に目をやるとすずめが二羽で暴れまわるクマゼミをつついていた。

ピクサー映画バグズライフのワンシーンを上から目線で見ているような気分だったが、ふと、そう言えば今年の夏は(まだ梅雨も明けていないけど)セミの鳴き声をあまり聞いていないような気がした。

で、荒神橋の上を渡りながら、川面に目をうつすと、先日までバッチリと見えていた中州が消えていた。

数日前

今朝

このところ、本当に水か少なくて、どうなることかと思っていたが、まぁ、ちょっと鴨川も川らしく見えた。

 

さて、先日京都芸術デザイン専門学校の学生さんたちに、パッケージデザインの製作をお願いして、授業として取り上げて頂くことになったのだが、今日はその途中経過を見せて頂き、要望などを伝えるため専門学校の授業にお邪魔させて頂いた。

23名の学生さんたち一人ひとりの現時点でのラフを見せて頂きながら、個人差はあるものの、「こういう風に表現するのも面白い」と思うものが何点かあり、私自身も珈琲についての視点を考えさせてもらう機会になった。

考えてみると、私の周りには少なくとも珈琲についてある程度の知識を持った人が多いわけで、同時に一緒に働いているスタッフは、珈琲に対する視点が私とほぼ同じだったりするので、販促について検討していても、同じような方向性で見て考えてしまうことが多い。

一方、今回 Verdi の販促ツールを考えてくれている学生さんたちは、私たちと珈琲についての知識や価値観、方向性を共有しているわけではないので、全く考えてもいなかった方向からのアプローチもあり、個人的には非常にエキサイティングなひと時であった。

学生さんたちが作ってきたものを写真に撮って太田に見せたところ、やはり彼女は茶色や黒ベースの落ち着いた見た目の方が珈琲らしくて良いのではないかという意見だった。

もちろん、彼女の意見は正論であり、多くの珈琲店は彼女と同じ方向性でパッケーじなどのデザインを考えていると思うのだが、私が学生さんたちに言っているのは、「珈琲に対する既成概念や Verdi の店からくるイメージではなく、一目でインパクトを与えるデザインを作ってほしい」ということ。

今日、学生さんたちに伝えた内容を検討の上、現時点でのものをブラッシュアップした、私自身が「あっ」と驚くような面白いものが出てくればと思う。

 

そんなわけで、8月からの商品展開の準備は着々と進めているが、店頭の工事も着々と進んでいる。

今日は、思いのほか晴れ間も見えて、絶好の工事日和だったが、明日からは雨が続く様子。

なんとか予定通りに工事が完了して、お盆前にはリニューアルオープンしたいと思う。

改装進行中

2019年7月8日 

スッキリと晴れる日がないですねぇ・・・

そのぶん、朝夕は暑さもしのぎやすくて良いのだが、まぁ梅雨だから仕方ないか。

 

先日、無性に餃子が食べたくなって、千本七条のラッキー餃子センターへ行ってみたら・・・

なんか、もしかしたら閉まってる?

で、店の前まで行くと、こんな張り紙が・・・

閉店ではなく改装でよかった♪

ってことは、しばらく餃子を食べたくなったら王将かも。

本当は、ミスター餃子とか行きたいけど、営業時間に間に合わなかったり並んでいる時間がなかったり。

はやく7月25日になってほしいものである。

 

で、改装と言えば、造形芸大店も現在改装工事中。

どうなっているかと言うと、外の今まで水がはってあった部分の水はちょっと前から抜かれていたが、そこにあった石を除去してデッキ部分を解体。

どんどん解体は進み

こんな感じになった。

8月のお盆前には工事も終了予定、どのようになるかは乞うご期待。

 

話は全く変わるが、先日横浜へ展示会を見に行った折、せっかくだったので石川町まで足を延ばして中華街へ。

20代前半は相模原に住んでいたので、ちょくちょく車を飛ばして中華街には来ていたのだが、京都に戻ってからはほとんど横浜に行かなくなったので、実質20年ぶりくらいの横浜中華街。

なんとなく台湾系の料理が食べたかったので、好紀園というお店へ。

まずは干し豆腐の前菜から

続いて台湾野菜の炒め物

パリパリ鶏

蒸しパンルーロー挟み

自家製チマキ

どれもとても美味しく頂いた。

本当は、黒酢酢豚も注文したつもりだったが、どうやら通っていなかったようで、どうしようかと思ったが、けっこうお腹いっぱいになっていたのでそのままスルー。

こちらは、台湾から出てきてお店を始て8年ということだった。

しばし女将さんと台湾へ行ったときの話で盛り上がっていたら、杏仁豆腐をサービスして下さった。

この杏仁豆腐も美味しかった♪

そんなわけで、到着した夜と翌日の朝と夜も中華街でバシッと食べてしまったので、戻ってきたら体重が1キロほど増えていた。

またダイエット頑張ろう。

 

このページの先頭へ