自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 今日のVerdi

今日のVerdi

久し振りの下鴨

2017年11月7日 

このところ私は造形芸大がメインになっているので、下鴨本店のカウンターに立つ機会がめっきり減ってしまった。

しかし、今日は人が少ない上、造形芸大店が定休日と言うことで、下鴨からヘルプの要請がはいったため久しぶりに開店から閉店まで下鴨店で働いてみた。

今日は、年末ギフト用のドリップバッグ用の豆を焙煎することもあり、久しぶりに本店で焙煎。

造形芸大店は5キロ釜だが、下鴨は10キロ釜なので、感覚的には軽自動車で小回りを利かせて街中を走っていたのに、いきなり2000ccの普通車で高速道路を走る気分。

とりあえず、朝から50キロを超えるハンドピックをしつつ、夕方まで焙煎をしつつ、常連のお客様がおいでになったら抽出に入ったりと、慌ただしく過ごした一日。

やっと感覚が戻ってきたあたりで閉店になってしまった。

年末年始は、下鴨に入る率も高くなりそうなので、もうちょっと感覚を戻さねばだな。

ちょっとカレーが食べたかったので、これまた久しぶりにCoCo壱へ行ってみた。

「ちゃんぽん風カレー」というのを注文したのだが、やはりカレーはカレーとして、ちゃんぽんはちゃんぽんとして食べた方が美味しいかも。

と、言うか、これはちゃんぽんではなく皿うどんでは?とか。

でも面白かった。

 

いろいろ

2017年11月3日 

今朝は、いつもより少し早めに歩き始めたので、普段より明るさが足りない中、モノトーンの鴨川を見ながらのウォーキング。

このところ、少し体重が増えつつあるので頑張らねば。

.

さて、今日は祝日だったが金曜日なので珈琲豆の配達回り。

祇園 花見小路から岡崎の平安神宮近辺を回ったが、滅多に祝日の繁華街や観光地へ足を運ばない私としては、祝日の観光地ってすごいんだなぁ、と目を丸めてしまった。

配達を終えたら、少し時間があったので、久しぶりに『そば鶴』さんへ。

ここしばらく、なんとなく食べたかった天丼を注文。美味しく頂いた。

店へ戻ったら、造形芸大の学生さんが5名集まって、焙煎セミナーを受講予約してくれたので、焙煎機を稼働。

少し水分が抜けたあたりから、シナモンロースト、今流行の焙煎度合い、Verdi における浅煎り・中煎り・中深煎り・深煎りと、8段階の焙煎度合いで豆を取り出して皆に臭いをかいでもらい、抽出したものの味見をしてもらった。

焙煎に伴う味の変化は、実際に体験してもらうのが一番分かりやすい。

皆、「〇〇の豆は、こんな味」という評価は、極めて限定的なことで、実は焙煎を抜きにしては珈琲の風味表現はできないということを理解して頂けたことだと思う。

一人でも多くの人に、珈琲について真実を理解して頂ければと思う。

.

全く関係ないが、カメムシの裏側

明日も頑張ろう!

お水

2017年11月2日 

今朝、外に出たら目に入る風景全体が赤味を帯びていて、とても美しかった。

しかし、こういう色の状態はせいぜい数分しか続かないから、なかなかタイミングが合わず、年に数回しか体験できない。

なんとなく得をした気分でのウォーキングであった。

さて、昨日から下鴨本店ではホットサンドに新メニューが加わったが、造形芸大では本日からお客様にお召し上がり頂く「水」が変更となった。

ハーブやフルーツが入ったウォータータンクをレジカウンター横に置き、店内飲食のお客様はもちろん、テイクアウトでご利用のお客さまでも、ご自由にお召し上がり頂けるようにしてみた。

ほんのり柑橘系の風味がして、特に女性のお客様からご好評を得ていた。

ご来店の際には、ぜひお試しくださいませ。

台風一過

2017年10月30日 

昨日は台風が通過すると言われていたが、お昼過ぎに少し雨が強く降った程度で、ほとんど風もなく全く台風という雰囲気もないまま夜には星が見えるといった一日であった。

昨日は歩けなかったが、今日はバッチリウォーキング。

今朝は雨こそ降っていないが冷たい風が肌を指す。

昼間も外に出しているメニュー看板が風で倒れるほどで、台風一過の青空とは縁遠い一日であった。

.

さて、今日の造形芸大店は夜に15名様のパーティー予約を頂戴した。

造形芸大店では、学校関係の集まりや、その他パーティーなど、基本的にランチタイムは難しいのですが、10名様~最大50名様までご予約を承っております。

20名様以上の場合は、貸切営業となります。(お飲み物だけでのご予約は承っておりません。)

内容、その他はご相談いただき、ご予算に応じてプランをご提案いたします。

よろしければ、ご利用下さいませ。

台風は辛いよ

2017年10月23日 

1時間ごとの天気予報を見てみたら、今朝は私が起きる頃に雨が上がるかどうか微妙な感じだった。

ちょっとだけ期待して、いつものように目覚ましをかけて起きてみたが、やはり外からは雨音が聞こえてくる。

ぼちぼち歩かないと、なんだか身体が重い気がしてきている。

でも、私の日課以上に困るのが、週末に来る台風はお客様商売にとって打撃が大きいと言うこと。

この日曜日、台風による事故や建物の破損について、幸い京都市内での被害はあまり聞かなかったが、時代祭が中止になるなど、観光業やサービス業にとっては本当に恨めしい台風であった。

SNSなどを見ていると、よく行くお店も台風接近に伴う早仕舞いや臨時休業を告知しているところが少なくなかった。

かく言う Verdi も22日は下鴨の本店が早仕舞い、造形の方はなんとかサロンライヴを開催できたものの、ご予約いただいていたお客様の中にはキャンセルされる方も多く、さらに通常の営業においても、台風が接近してきた22日は、前週比で半分程度しかお客様がおいでにならないという困った事態。

今年は多くのお客様がおいでになると予想している日に限って台風が来るから困ったもの。

これも温暖化の影響なのだろうか。

とは言え、ぼやいていても仕方がない。

だんだん寒くなってきて、温かい飲み物が好まれるようになってきたので、食べ物だけではなく珈琲飲料でも新商品を出そうということになり、造形芸大店では学生に人気が出そうな甘いフレーバーラテを作ることにした。

何種類か試作して、アルバイトの女子大生に飲んでもらったが、皆が「美味しい」となかなかの好評。

私のような、オジサンからすると甘くてちょっと・・・と思うものも、彼女たちにとってはちょうど良い甘さの様子。

11月から販売開始できるよう、もう少し試作を重ねて、多くの方に楽しんで頂けるよう頑張ろう。

おめでとう

2017年10月19日 

今日は、朝から京都造形芸大・情報デザイン科の学生さんが3名、焙煎セミナーを受けに来てくれた。

と、言うのも、後期の授業として、珈琲についていろいろと調べて発表するというものがあり、そのために珈琲をより深く理解するため、焙煎による味の変化を体験したいというのが趣旨であった。

私も先週、その授業の後半に教室へ入れて頂き、学生たちの発表の途中経過を見せて頂いた。

最終的な発表がとても楽しみになる内容であった。

シナモンローストの臭いをかぐ学生さん

生豆が色付いて行き、深煎りに至るまでのプロセスを全て見て、新鮮な驚きを見せる学生さんたち。

毎日焙煎をしている私たちからしたら、ごくごく普通のことが、一般の方々にとっては、純粋に驚きであったりするわけで、こうして一人でも多くの方に珈琲に対する理解を深めてもらうことも、私たちの仕事だと思う瞬間である。

今日は、夕方からその珈琲についての授業があったはず。

何かの役に立てれば嬉しいと思う。

.

さて、珈琲について学ぶと言えば、造形芸大店の社員、太田がコーヒーマイスターの試験を受けて、無事合格してマイスターの仲間入りを果たした。

アップで

左側がマイスターのバッヂ。ちなみに、右のバッヂは造形芸大店で抽出を担当できる人だけがつけられるバッヂ。

マイスターになったと言うことは、それなりに珈琲の知識を習得したということではあるが、その知識を生かして、お客様に珈琲の美味しさや楽しさをお伝えして、皆さんによりより豊かな珈琲ライフを楽しんで頂けてこそ、その資格も有意義なものになってくる。

こんどは頑張って、お客様に説明したりお客様の要望に応えられるスキルを身につけていってほしい。

でも、まずは合格おめでとう。

1 / 1612345...10...Last »

このページの先頭へ