自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 今日のVerdi

今日のVerdi

ちょっとしたボヤキ

2021年4月2日 

今朝は暖かかった。

まだ若干空はかすんでいた。

今日は京都芸術大学の入学式。

密を避けるため二部制に分けて、父母の入構は無しということでの開催だったため、学校に入れない父母の方がヴェルディで式が終わるのを待ってくださったりして、朝から閉店までほぼ席が埋まった状態の営業となった。

なんだかコロナが流行りだして以来、久しぶりに終日席が埋まっているという状況、嬉しいようなヤバイような、なんか不思議な感覚であった。

そんなこともあり、今日は開店前から入り口前でお客様がお待ちになっている状態。

このところ8時30分に店を開けても、教職員の方数名がテイクアウトでコーヒーをお求めくださる程度なので、社員やアルバイトをその時間に入れてしまうと、売り上げより時給の方が高くつく。

なので、開店から9時過ぎまでは私一人で店を回しているため、店内飲食でトーストセットが3つ4つ一気に入り、なおかつテイクアウトの注文も入ったりしたら、正直一人では回らない。

しかし、今日は開店と同時にトーストセットが4つとコーヒーだけが3つという注文が入り、そのコーヒーを淹れながらテイクアウトに対応しつつ、トーストの様子を見るという、なかなかハードな状況に陥った。

でも、「これ、絶対私でないと回せないよな」と意味のない優越感にひたりつつ、というか、そうでも思わないとやってられない感じでなんとかやっていたのだが、第二波と言うか、全部を提供する前に次のイートインのご注文が入り、「これはヤバイ」と思い始めた時、早めに出勤してきたアルバイトのKさんが勤務時間前だったが颯爽とカウンターに入り、トーストにバターを塗り始めてくれた。

一瞬、彼女が天使に見えた。

でも、まだ今日は天使に見えていたからよかったのだが、30年ほど前なので、私が20代前半の頃ミスドにいたときなどは、一人でいっぱいいっぱいになって奮闘しているときに出勤してきたアルバイトさんが、美しい天使ではなく、お迎えにくる天の使いに見えてしまうほど窮地に立たされていたこともあったなぁ、と。

そういう意味で、今日は美しい天使に見えたので、まだ大丈夫だった。

まぁ、そんな一日のスタートであった。

さて、本日のお題の「ちょっとしたボヤキ」

私がどこかのお店にコーヒーを飲みに行ったとき。

最近流行りの極浅く焙煎して酸っぱい系のコーヒーを出しているお店の人は、まず私のことなど知らないのだが、きちんと焙煎を考えている人のお店へ行ったら、顔バレしてしまうこともしばしば。

そんなときは、なぜか砂糖とミルクを付けずにコーヒーを持ってこられてしまう。

まぁ、もちろん一口目はブラックで飲むのだが、私としては残り少なくなったところで砂糖を入れてみたり、ミルクを入れてみたりしたいのである。

でも、「コーヒー屋はブラックで飲むのが常識」みたいに思われていて、スプーンすらつけずに出されたら、気弱な性格で知られる私は「すみません、砂糖とミルクください」と言えず、結局最後までブラックで飲まなくてはならなくなってしまう。

本当は、砂糖を入れた方がフルーティーさが増すコーヒーもあるし、逆に砂糖を入れることで雑味が際立ってくることもある。

そのお店の焙煎における本当の実力を知るには、実は砂糖を入れてみることでブラックでは分からない部分を浮き上がらせることもできるわけで、だから私的には最後に少し砂糖を入れたいのである。

で、雑味が際立ってきたら、ミルクを入れて誤魔化して飲みたかったりして・・・

まぁ、そんなわけで、今日はちょっとボヤいてしまいました。

それではみなさん、良い週末を

芸大店の新商品

2021年3月12日 

今日は午後から雨の予報。

そうなると、夜は歩けないので朝はしっかり歩かねば。

今朝は、ここ数日の中ではちょっと寒かった。

さて、本日より販売を開始した「コロンビア・ダークラム」だが、昨日の夕方にメルマガ配信で販売開始をお知らせしたところ、その後24時間の間にコーヒー通販だけ合計7キロのご注文を頂き、店頭での販売も含めると、もうすでに残り10キロを切ってしまった。

本当に有難いことで、ご注文下さった皆様には感謝しかないのだが、このスピード感で売れてくれると嬉しい反面、豆の調達能力を上げていかねばと思う。

そんなコーヒー豆の新商品、というか限定商品に気を取られているうちに、芸再店では次々と新商品ができている。

本日より販売を開始したのは、「クロワッサンサンド」

お店のオーブンで焼いたクロワッサンに、ラム酒と自家製シロップをしみこませて、アーモンドのビス生地をのせてリベイク。

そこに自家製カスタードを絞ってフルーツをサンドするというもの。

今日は、イチゴのものとオレンジのものを作ってみたが、これまた有難いことに店頭に並べたら、あっという間に売り切れてしまった。

予想はしていたが、イチゴが先になくなったものの、スタッフの間ではオレンジの方が人気だったりして。

今後はバリエーションを増やして、ハム&チーズに仕上げは自家製マヨネーズを絞ったものや、オレンジ&ポークのサンドイッチも検討中。

コーヒーとフードの両輪で、お客様により楽しんでいただけるよう頑張っていこう。

なぜだか

2021年3月8日 

今朝はいつもの時間に外に出たら、最初は霧雨だったのに、鴨川の手前あたりで少し強く降り始めたため朝のウォーキングは中止。

でも、開店時間には雨も止んで、昼間はすっきり晴れる時間もあった。

そんな今日の午前中は、京都芸術大学附属高等学校の学校案内動画撮影があって、ちょっと賑やかな店内であった。

今日と明日の二日間かけて撮影されるそうだが、実際には30秒ほどの動画になるらしい。

ご苦労様です。

さて、首都圏は緊急事態宣言の期間延長となり、連日テレビでは飲食が大変なんて言っている。

関西では一歩先に緊急事態宣言が解除されて、「さぁ、巻き返し!」と思ったものの、この週末と今日を見る限り緊急事態宣言中の方が多くのお客様にご来店いただいていてように思う。

というか、データ的にも宣言が解除された後の方がお客様の数が減っている。

どうやら皆さん街中に繰り出しているようで、逆に北白川あたりは人が少なくなっているのかも。

なんだかなぁ・・・

そんなわけで、結構早く片付けも終わり、朝は歩けなかったが夜はバッチりウォーキング。

今日の京都タワーは緑色だった。

ハーブ界の優等生

2021年2月27日 

本日もカフェヴェルディ京都芸術大学店をご利用いただきありがとうございます。

今日は、密かに販売し出した面白い商品をご紹介しようと思います!

これ、何か分かりますか?

アイスクリームにトッピングするやつ??

ミニミニサイズのジェリービーンズ?

新しい柿ピー?

これはスイートフェンネルです!

スイートフェンネルとは、ハーブの”フェンネルシード”に色とりどりの砂糖をコーティングした、インド版マウスフレッシュ。

日本でいう「フリスク」みたいなものです♪

食後、このスイートフェンネルを一つまみ食べれば、口内がリフレッシュ!

食後に限らず、天然由来のマウスフレッシュとして、日常の口臭ケアにもぜひご活用ください。

フェンネルは

消化を助け、胃腸に溜まったガスを除いてくれます。消化不良や便秘、お腹が張っているときなどに効果的といわれています。

利尿・発汗作用があり、古来よりダイエットに効果のあるハーブとして使用されてきました。利尿作用により体のむくみを和らげ、手足の浮腫を取り除きます。

などなど、フェンネルにはこの他にも嬉しい効能があります。あまり馴染みのないハーブかもしれませんがフェンネルはハーブ界の優等生なのです!

見た目もカラフルでかわいいです♪

インド料理屋さんでは販売している店もございますが、他ではあまり見かけない珍しいスイートフェンネル♪

小分けで販売しておりますので、よろしければ是非お試しくださいませ。

他にもヴェルディ芸大店ではたくさんスパイスを販売しておりますので、気になる物がございましたら気軽にお声掛け下さいませ。

店内でも、カフェオレにブレンドしたスパイスを入れた”スパイスコーヒー”をお飲み頂くこともできます。こちらも是非、飲んでみて頂きたいお薦め珈琲です♪

通勤時に通る、哲学の道の桜のつぼみです。

桜が咲いたらまた投稿しようと思います。

明日も皆様のお越しをお待ちしております♪

明日か明後日に

2021年2月14日 

今日の昼間は春のような暖かさだったが、朝はわりと寒かった。

晴れていると、かなり明るくなってきた。

そんな春のような暖かさだった今日は、京都芸術大学卒展の最終日。

おかげさまで、この卒展期間中はコロナ前のような活況だったが、この1年アルバイトを募集してこなかったので、昨年の3月で学生アルバイトがゼロになったこともあり、久しぶりに朝から晩まで息つく間もなく走り回った一週間。

昨日と今日は、カミさんにも手伝ってもらい、きちんと回ったかと言われたら自信はないが、なんとか無事営業を終えられた。

今日も7時過ぎから19時過ぎまで、途中10分ほど昼食休憩をとった以外は、ひたすら接客か抽出かバックヤードの作業。

そんなわけで、ちょっとバテ気味ではあったが、日課のウォーキングをしないわけにはいかないので、帰宅したらすぐに鴨川へ。

カミさんからは「ようやるわ」と言われたが、これで歩かなかったら負けだよなぁ、と、別に何かと戦っているわけではないものの、とりあえず今日も五条まで歩いてみた。

今夜の京都タワーは青かった。

鴨川沿いを歩いていると、やたらとカップルが多くて、久しぶりに三条から四条の少し南まで、けっこうしっかりと等間隔でカップルが並んで座っていた。

やはり暖かくなると人が出てくるんだな、と思ったが、そういえば今日はバレンタインデーだったんだ!と、スウェットのポケットに入っているこれを思い出した。

朝のウォーキングのときに、毎朝挨拶を交わす、私より2回りほどお姉さんから頂いたチョコレート。

昨年に引き続き、唯一頂いたチョコレート。

おかえしは、宝泉堂の「しぼり豆」がいいかも。

そんなわけで(どんなわけか知らないけど)今日は日曜日なので、「知らなくてもいい珈琲の話」を書くはずだったが、夜のウォーキングから戻ったら書く元気が残っていなかったので、今日の分は明日か明後日書きます。

それでは皆様、ごきげんよう。

意外なところにコロナの弊害

2021年2月11日 

今朝は少し時雨ていたが、そんなに寒くなくて、雲が多いわりにけっこう明るくて、ちょっと春を感じる朝だった。

そんな今日は木曜日だけど祝日。

今月の祝日は二日とも月曜ではない。

なんか、あの連休法ができてから、祝日と言えばやたら月曜日が多かったけど、一か月の間にある祝日が全部週中ってのは珍しいような気がする。

で、先週の土曜日から京都芸術大学は卒展が開催されており、ヴェルディにも連日多くのお客様がお越し下さる。

それ自体は有難いことなのだが、コロナで芸大店はお客様が大幅に減っていたこともあり、普通だったら3月~4月には卒業した学生アルバイトの補充をするために募集をかけて人を集めていたところ、昨年からここまで全く募集もかけず、人員を増やしていなかったので、こうして多くのお客様がお越し下さると、根本的な人手不足に陥ってしまう。

現状のスタッフだと、1日150名程度のお客様であれば十分回るのだが、200名を超えてくると、ちょっと限界が見えてくる。

そんな中、今日芸大店にご来店下さったお客様は180組250名様。

正直、現状のスタッフの数だと全く回らないのだが、だからと言ってまだコロナの先が見えない中、人員を増やすわけにもいかず・・・

そんなこんなで、今日はせっかくご来店下さったお客様に、しっかりとご満足いただけるだけのサービスができたかどうか、非常に不安な営業となってしまった。

卒展はこの週末まであるので、ちょっとオペレーションを考えて、可能な限り対応できるようにしなくては。

さて、話は変わって、最近ちょくちょく「雑誌に記事書いたはったね」と声をかけてくださる方がいらっしゃる。

その雑誌とは、先週の日記に書いた 婦人之友

常連のお客様の中にも定期購読されている方がいらっしゃって、接客していたら「見たわよ」なんて声をかけられたり。

編集部の人の話だと、コーヒーの記事はけっこう反応が良かったそうで、私個人的にはちょっと意外だった。

限られたページの中では、なかなか伝えきれないものもあったが、一応一通り重要なポイントは説明したはず。

なんか、最近取材が来ても、コーヒー以外のことで取り上げられる機会が多かったので、久しぶりにどっぷりコーヒーネタで掲載されて、ちょっとコーヒー屋らしいこともいいものだと思う誌面であった。

このページの先頭へ