自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 今日のVerdi

今日のVerdi

シルクロード

2021年10月18日 

今朝は寒かった。

雲一つない朝、放射冷却っていうやつですね。

先週は朝のテイクアウトはホットとアイスが半々程度だったが、今日はホットのみでアイスは出なかった。

と、言っても、今日はお客様そのものが少なかったので微妙ではあったが・・・

そんな、ちょっと な月曜日、実は定休日明けの明後日からスイーツメニューをA4の見開きタイプから、ハガキサイズのブック型に変えるため、全テーブル分の写真とプライスカードを印刷してアルバムに入れてく時間が作れた。

で、水曜日から2品ほどスイーツの新商品が登場!(予定)

一つは先日の日記にもアップした「ショコラのテリーヌ」

そしてもう一品は、夏の間多くのお客様にお楽しみいただいたレモンケーキに変わるパウンドケーキ。

その名も「シルクロードのフルーツケーキ」

何がシルクロードかと言うと、中東のシルクロードにあたる国から仕入れたグリーンレーズンとマルベリーに胡桃を入れたケーキ。

マルベリーとは桑の実。

シルクロードだからシルクを作る蚕の食料である桑から採れる実を使っているわけだが、このマルベリーはビタミンも豊富で鉄分もしっかりとれ、アントシアニンなども含むスーパーフード。

まったりとした濃厚な味のマルベリー、ぜひお試しください。

そんなわけで、今日は新スイーツの最終試作を試食したり、メニューブックを作って私の一日は終わった。

閉店時にエレベーターホールの鍵を閉めに行ったら、夕暮れ時はけっこう雲も多かったが、その雲の間からほんのり赤らんだ空が綺麗だった。

アイスの季節

2021年9月20日 

このところ、目覚ましで起きることなく、だいたい5時には目が覚めて、5時半頃に鴨川へ行くというパターン。

以前は6時に歩き始めていたのだが、5時半にスタートすると、もう日の出前の時間になってしまった。

さて、店内にいると外の気温が分からなかったりするが、お客様のご注文で「今日は暑いんだろうなぁ」とか「少し涼しいのかな」と感じることがしばしば。

少し前、開店直後の時間帯、芸大店で学校の職員さんがお求めになるのはアイスドリンクがメインだったが、最近はホットとアイスが半々程度になってきている。

そんな季節の変わり目、昨日は意外なものが一番の売れ筋になった。

下鴨、芸大どちらのお店でも、一番ご注文の多いコーヒーは、ヴェルディブレンドと相場が決まっていて、例えばゲイシャが限定販売された初日は、ゲイシャが走るということはあっても、ほぼヴェルディブレンドが一番売れるコーヒーだった。

が、昨日の芸大店は、なんとヴェルディブレンドよりも多くの注文が入ったものがあった。

それがコレ

幸せ気分のアイスクリームコーヒー。

コーヒーフロートと比べると、アイスクリームの量が半端ではなく、業務用の2リットルアイスクリームの箱が、昨日だけでいくつ空になったことか。

お客様のお席でアイスクリームに濃く淹れたエチオピアの深煎りをかけるのだが、それをご覧になった隣の席の方もコレをご注文になるというパターンが続き、恐らく開店以来一番売れた日ではないかと思う。

そんなこともあり、今日もアイスクリームを発注していた太田だったが、なぜか今日は全然ご注文が入らず「せっかく注文したのに、出ないですねぇ」と。

今日は、ホットコーヒーの比率が高かった。

まぁ、今の時期気温も不安定なので、日々ご注文の傾向は変わるのだが、アイスクリームの本格需要期は10月から11月。

そんな濃厚なアイスクリームが好まれる時期を控え、ヴェルディでは間もなくオリジナルアイスクリームを発売開始予定。

芸大店で人気の「スパイスアイスコーヒー」で作った他では食べられない濃厚で深い香りのアイスクリーム。

ぜひ、ご期待くださいませ。

これから20日間

2021年8月26日 

一昨日、京都芸術大学の職域接種でコロナのワクチンを打ってもらった。

京都市の行政接種で打とうかと思ったが、なかなか予約が取れず、と言うか、そもそも6月末から昨日まで、秋田へ行った3日間以外全く休みを取れていなかったので、打ちに行く時間もなかったのだが、学校で予防接種ができるのであれば、仕事の合間に行けるので助かった。

本来なら、京都芸大の学生と教職員の方、同じ構内で営業しているヴェルディ芸大店や学食、売店の従業員が接種対象だったが、接種を受けない学生が多かったらしく、芸大店のスタッフのみならず、下鴨の社員、アルバイトやその家族まで摂取して良いと言って頂けたので、ヴェルディスタッフ一同と私の家族も皆有難くワクチン接種をさせて頂けた。

で、昨日は久し振りにお休みを頂いたら、やはり疲れがたまっていたのか、或いはワクチンの副反応か、とりあえず頭が痛くて体がだるくて、一日寝転んですごしてしまった。

今朝も、ちょっと頭痛が残っていたので、仕事できるか?と、思ったが、7時半に店の鍵を開けて、セコムの警備を切ったとたん、なぜか頭痛も消えて体のだるさも吹っ飛んで、いつも通りシャキッとできるから不思議なもの。

下手な薬より脳内物質の方が体に与える影響は大きいということだろう。

さて、間もなくヴェルディの通販サイトをリニューアルするのに伴い、芸大店で作っている自家製スイーツなども通販で取り扱う予定。

そこで、賞味期限を決めなくてはならないのだが、食品の賞味期限を決めるにあたっては、菌検査をしなくてはならない。

菌検査とは、製造後に任意の日数、常温で保管した後、菌の種類や量を検査して定められた範囲内であることが証明された後、製造から菌検査を行うまで常温保管した日数×0.7を賞味期限として設定できるというもの。

さらに、パウンドケーキやクッキーなど油脂成分が多いものについては、油の酸化度合いの検査もあるため、かなり大量に同一商品を作って検査に出さなくてはならない。

できれば賞味期限は2週間ほどほしいので、今日から20日間保管して菌検査に出す予定。

合格したら、晴れて通販サイトにラインナップ!

通販ご利用のお客様、今しばらくお待ちくださいませ。

って、合格しなかったらどうしよう・・・

有難うございます。

2021年8月13日 

今日はヴェルディ18歳のお誕生日。

ここまで続けてこられたのは、多くのお客様にご愛顧いただいてのこと。

心から感謝申し上げます。

今日も、雨が降る中少なからぬお客様がご来店下さいました。

また今日が開業記念日であることをご存じで、お祝いの言葉をかけてくださるお客様お多く、本当に有難いことだと思います。

ヴェルディが開業した当時は、まだ自家焙煎店も今ほど多くはなく、京都の自家焙煎珈琲店は、どちらかと言うと深煎りの苦みが強い珈琲を出すお店が主流でした。

そんな中で、ヴェルディは浅煎りから深煎りまでのバラエティーを揃えて営業を開始いたしましたが、開業当初は10キロ焙煎したら、6キロは売れ残って廃棄するという悲しい日々でした。

そんな中、まだまだ少なかったお客様一人一人に、お声をかけてコーヒーの説明をして、少しずつ常連のお客様も増えていく、本当に3歩進んで2歩下がるといった感じで最初の数年間を乗り越えたことは、今でも昨日のことのように思い出します。

当時は、まだインターネットもそんなに普及しておらず、スマホなどもないので、当然SNSなんてものもない世の中。

お店の情報は、雑誌や書籍を見るか口コミでしか得られない世の中だったので、どこの店も開業してある程度お客様がつくまでは、本当に必死で集客に努めなくてはならない時代でした。

そんなときにご来店下さったお客さまには、非常にピュアに、本当に「有難い」という気持ちで接するものです。

「有難い」は、有ることが難しいという意味。

「有難い」という言葉は、お客様においで頂くことは、本当は難しいことだということを思い出させてくれます。

そんな開業当初から18年が経って、お客様がいないことが当たり前の状況でご来店下さったお客様に対する感謝の気持ちというもの、お客様にお越し頂くということが、どれほど大変なことかということを身をもって知っているのは、私とカミさんだけになってしまいました。

今日、私が下鴨のカウンターに立っていると、もう長く通って下さっているお客様から「おや、珍しい」と言われました。

そんな声をかけてくださるお客様の多くは、まだヴェルディの店内にお客様がほとんどいない状況が当たり前の時代からご愛顧くださっている方で、そんなお客様に、しっかりとコーヒーのことを説明しなくては、と、私も必死で勉強していたものでした。

ここ数年、「おや、珍しい」と言われるほど、なかなか下鴨のカウンターに立てていない、と言うことは、私から下鴨のお客様に直接お声がけができていない状況が続いています。

来る19年、20年に向けて、今一度原点に返って、珈琲専門店として専門店の名に恥じない知識と技術をお客様に提供できるよう、なるべく下鴨にいる時間を長くしたいと思っております。

周年記念のこの日に、今一度商売の原点に戻って、「ありがたい」という気持ちでお客様をお迎えしなくては、と思った一日でした。

ちょっとびっくり

2021年8月6日 

なんだか最近4時過ぎには目が覚めてしまう。

トシをとったからか、日が昇るのが早いからか。

今朝は、目が覚めて時計を見たら 4:44 だった。

なんだか不吉・・・

さて、下鴨本店の18周年を記念して、18%割引で販売している「エチオピア・ゲイシャ」だが、おかげさまで好調にお求め頂き、あっという間に2袋が売り切れ、3袋目を開けたのだが、同じ焙煎度合いに仕上げているのに、なぜか今回開けたロットは酸味よりもボディが出て、落ち着いた味になってしまう。

それはそれで美味しいし、個人的にはどちらかと言うと、こういう落ち着いたボディ感のあるゲイシャフレーバーの方が好きなのだが、酸味のコーヒーだと思って飲んだら、ちょっと違和感を持つかもしれない。

実は、このロットを開けて最初に焙煎したものは、カッピングした結果「失敗」と判断して販売を見合わせ、もう一度新しい豆で焙煎をやりなおしたのだが、二度目も酸味よりボディ感がある味わいに仕上がった。

まぁ、ロットが変わると、風味特性が若干変わることはあるのだが、入港が同時期のものだけに、そんなことってあるのか?と思いつつ、ある意味エチオピアあるあるかも、と思ったり。

そんなわけで、現在販売しているエチオピア・ゲイシャは、酸味抑えめで甘みとボディ感にゲイシャフレーバーがのっかっているという風味に仕上がっています。

どうぞよろしくお願いいたします。

話は変わって、芸大店で開催している「自分で焙煎セミナー」今月は、今までにないペースで受講のご予約が入り、今週は私が用事でできない日を除き、3日間セミナーを開催することになった。

先日、受講して下さった若い男性に「どうしてこのセミナーを知ったのですか?」ときいたら、【京都 コーヒーセミナー】でググったら一番上に出ていたから、とのこと。

試しに、ググってみたら、確かに一番上に出ていた。

googleの検索順位は、けっこうな頻度で変わるので、来週はどうなっているか分からないが、ちょっとびっくりした。

明日もご家族で受講して下さる予定が入っているので、お楽しみ頂けるよう頑張ろう。

暑すぎ

2021年8月5日 

今日は朝から暑かった。

日陰はまだしも、太陽の光があたっているところは、早朝とは思えない暑さ。

なのに、日の光を全身で受け止めつつ、朝の6時から読書する人も。

まぁ、朝からけっこう暑かったが、昼間はちょっとどうしようというほど。

テレビを見たら、熱中症には気を付けて、不要不急の外出は控えましょうと言っている。

これは、もう開店休業か?と思っていたが、思いのほかお客様がお越しくださって、芸大店などはここ数日の中で最もお客様が多かったり。

店ではアイスコーヒーばかりご注文が入っているような印象だが、通販の方を見ると、限定販売のグァテマラ・ナチュラルが多くのお客様からご注文を頂き、なかなかな速度でなくなっている。

12日からは下鴨本店の18周年ブレンドになる予定なので、それまでに売り切れるかギリギリで微妙なところ。

これまでナチュラルの豆は、ほとんどが中煎りに仕上げていたが、今回はグァテマラということもあって、中深煎りに仕上げている。

これが、中煎りでは出せないボディ感もあり、個人的にも良いのではないかと思う。

まだお召し上がりになっていない方、よろしければお試しくださいませ。

このページの先頭へ