自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 今日のVerdi

今日のVerdi

アナエロビック

2022年11月20日 

入荷量が少ないため、芸大店と通販だけで販売していた、ブラジルのフルッタメルカドン、私がアフリカへ行くちょっと前に売り切れてしまい、次回入荷は12月になるということなのだが、けっこう芸大店には「フルッタメルカドンない?」と聞いてこられるお客様がいらっしゃる。

そこで、同じように嫌気性発酵、俗に言うアナエロビックの豆を探して、なんとか一般的な価格で販売できそうなコスタリカのものを探してみた。

こちらは、1週間嫌気性発酵の後ナチュラル精選したもので、非常にフルーティーということだったが、やはりフルッタメルカドンは一日の長があるというか、あのクオリティのものはそんなにお目にかかれない。

そんな中でも、控えめながらワイニーでフルーティーなコスタリカを少量仕入れられたので、代役として来週の芸大定休日明けから販売しようかと思っている。

さて、タンザニアに着いたときは、日本との時差ボケなどほとんどなく、普通に視察旅行ができていたのだが、帰国後はなぜだか時差ボケが解消されない。

なんだか夜になると目が冴えてしまう。

で、写真の整理などをしていて農園や珈琲関係以外で出てきた写真を何枚か。

都市部から農村部へ、高速道路なのか単なる自動車専用道路なのか分からないが、ともかく信号も歩道もない道を走っていて、少し渋滞してノロノロ運転になると、いきなり車の横に行商?の人たちがたかり始める。

ほとんど買っている人はおらず、たまに水や果物を売っている人から購入している現地の人を見かけるが、このお姉さんのような布関係は、まず誰も買わないだろうと思うのだが、みんな元気いっぱい笑顔をふりまいて売り込んでくるから面白い。

そして、タンザニアでもケニアでも、以前行ったエチオピアでも、ともかく道の隅や、家の前で座っている人をよく見かける。

不思議なのが、その道を通って農園などへ行って、3時間後とかに同じ道を戻ってきても、やはり同じところに同じ人が座っていることが多い。

もし、誰かが京都の街を車で走っていて、どこかのベンチに私が座っているのを見かけたら「何しているのかな?」と思うだろう。

私も、そういった人たちを見て「何をしているのかな?」と思ったのだが、聞けばこういう人たちは、何もしていない、ただ座っているだけだという答えが返ってきた。

アフリカの田舎町では、「定職につく」ということがほとんどない。

もちろん、コーヒー農園の人たちは、家業としてコーヒーの面倒は見ているが、多くの人は、毎日何か仕事をするというわけではなく、ともかく「生きている」ということだそうである。

こうして座っていると、誰かが「○○を手伝ってくれ」と声をかけ、その手伝いをしたら日本円にして1日100円程度もらい、また翌日も声がかかるかどうか分からないし、声をかけてもらおうというわけでもなく、道に座っている。

と言う人が多いらしい。

元気な時にアフリカへ行くと、大地のパワーがもらえるが、ひとたびネガティブな状態でアフリカへ行くと、精気を吸い取られてしまう。と言う人がいる。

今回は、元気と言うわけではなかったが、そんなにネガティブな気分でもなかったので、パワーを身にまとって帰国することも、精気を奪われることもなかったが、こうして「生きるために生きている」人たちを目の当たりにし続けていると、日々の仕事で感じているストレスとかって、なんなんだろう?と思ってしまう。

タンザニアの平均寿命、2010年以降は延びてきているとはいえ、まだまだ日本とは20年近く乖離している。

その大きな原因は、小学校を卒業する前くらいの年齢までに命を落とす子供が多いということも大きな要因。

農村部だと、病院なんてものはお目にかかれない、医者に診てもらうにも、都市部まで車を飛ばしても5~6時間というのが現実。

しかも、多くの子供は裸足で走り回っている。

足を切って破傷風になったら、そのまま命を落とすと言うことも珍しくない。

蚊に刺されてマラリアになり、ロクに薬ももらえず、免疫力も乏しいため、なくなる子供も多いと聞く。

野生動物の世界とまでは行かなくても、人間すらアフリカでは生きることが簡単なことではない世の中。

日本だと、小さな子供に「将来何になりたい?」なんて聞くことも少なくない。

それは、ほとんどの場合無事大人になれるというのが一般的な感覚だから言えること

しかし、アフリカの田舎では、無事大人になれない子供も大勢いる。

零細農家の庭先で、私に微笑みかけてくれたこの子供、将来何になるんだろう?ではなく、無事大人になってほしと切に望む、そんな世界を体験できる産地視察は、日本と言う国で常識だと思っていることが、実はそうとは限らない、という感覚のリセットにもなっている。

セミナー週間だった

2022年10月30日 

だんだん歩き始めが暗くなってきた。

歩いていたら、今出川の橋の上で「わぁ、綺麗」といいながら写真を撮っている人がいたので、今回はコースを変えて出町の橋の上へ行ってみた。

ほんの数分で空の色が随分変わってくるものですねぇ・・・

さて、今週は芸大店でいつも開催している焙煎セミナーや夜話の会、さらにPTSの教養講座など、なんかセミナーが多い一週間だった。

その最終日、今日は午後から若くて素敵な女性が、焙煎セミナーと抽出セミナーを大阪からダブルで受けに来てくださった。

まずは、自分で焙煎セミナーから。

焙煎についてのレクチャーをした後、ハンドピックと焙煎。

焙煎を終えて、試飲しながら話していたら、「抽出の方はハンドドリップチャンピオンシップで入賞した方がいらっしゃるんですよね?」と聞いてこられたので、抽出セミナーは太田にしてもらうことにした。

来週も、水曜日には焙煎セミナーが入っていて、それを最後に11月後半までは芸大店のセミナーはお休み。

こうして連日、個人セミナーにも集合セミナーにも、参加して下さる方がたくさんいらっしゃるということは、コーヒーに対する関心が高まっていると言うことで、私たちもしっかりとした仕事をしなくてはと思う。

さて、芸大店で10月限定販売の「かぼちゃのプリン」

残り7食で販売終了となります。

お召し上がりになりたい方はお早めに。

緑だった。

2022年10月28日 

もうすっかり太陽が昇る前の鴨川。

こういう明るさのときの川面に映る光景、好きだったりする。

日の出直前の東の空、この光景が見られる時期ってけっこう短い。

少しの間の朝の楽しみですねぇ・・・

さて、今日は朝から中学生が、職場見学と私へのインタビューをしに来た。

5名一組と6名一組の2班に分かれての来店。

今の時期は、京都のいろいろな中学で、こういった社会見学の課外授業が行われているのか、来月も訪問したいという依頼が入っている。

指定された日に、私は予定が入っていて対応できないのだが、芸大店の山下が対応すると言うので、任せてみようと思っている。

そんな朝からいろいろあった今日は、夕方からパソコンに向かって、なんとかかんとか。

無事仕事を終えて、京都駅の伊勢丹にタルトの配達。

今日の京都タワーは緑色だった。

くろ谷マルシェ終了

2022年10月23日 

昨夜遅くか今朝の夜明け前か、ともかく雨が降ったようで外に出たら路面がぬれていた。

そんなこともあってか、今日はここ数日の中では比較的暖かな朝だった。

さて、今日はくろ谷マルシェ最終日。

私は開店前にプリンを焼いて、開店準備をして朝の社員が出勤してきたら、くろ谷さんへ持って行くものを整えて出発。

昨日は、時代祭とバッティングしていたこともあり、全体にお客様は少なかったが、今日は朝からけっこう賑わっていた。

そんな、お客様が少なかった昨日、ブースをカミさんに任せて、少し散策に出てみた。

お墓の上の方まで行くと、京都市内が一望出来て、なかなかよい景色。

紅葉の頃になったら、またきれいなんだろうなぁ・・・と思いつつ。

コーヒーの抽出杯数で言えば、店にいるときの方が多く淹れていると思うのだが、店だと全てものもがそれ専用に配置されているので、一度に多くの注文が入っても、それなりに対応できる。

が、こういう出張営業の場合は、レイアウトや給排水なども必ずしもやりやすいわけではないので、普段とは違った大変さがあったり。

それでも3日間、無事に終えられて片づけをして外に出たら、いい感じで夕暮れの空が綺麗だった。

荷物を車に積んで、ふと見たらカミさんが写真を撮っていたので、私も一枚。

明日からは、また普段の営業に戻るが、また気を引き締め直して頑張ろう。

このページの先頭へ