自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 今日のVerdi

今日のVerdi

長~いフレンチトースト

2018年5月19日 

昨夜はちょっと1時間ほど横になってから日記を書こうと思ったのだが、そのまま夜中まで寝てしまって結局書けず仕舞いであった。

そんなわけで、普段だと日記をお休みする土曜日だが昨日の分を書くことに。

金曜日は朝から蒸しっとする生暖かさだったが、雨上がりの今朝は肌寒く感じる気温。

けっこう空気も澄んでいるのか、気持ちよくウォーキングができた。

ちなみに、昨日の朝の鴨川沿いは、どんよりとして大文字山も見えない空であった。

夏のような暑さだと思っていたら、桜が開花する前ほどの涼しさに逆戻り。

気温差が10度もあると体調管理も難しくなるもの、みなさま風邪などひかれませんようお気を付けください。

 

さて、造形芸大では「君にとどけ」の原画展が開催されている。

私は全く知らないのだが、好きな方には大人気の漫画だそうなので、もし、お好きな方がいらっしゃって、見に来られるようでしたら、お帰りの際はぜひ Verdi で珈琲もお楽しみくださいませ。

そんな珈琲のおともとして人気の「長~いフレンチトースト」が、今週からリニューアル。

店内飲食用のフレンチトーストと同じようにリッチな配合にしたので、焼き立ての熱々は、ふわっととろける美味しさ。

冷めてくるとプディングのような歯ざわりと風味をお楽しみいただけます。

焼いている途中

焼き上がり!

ただ、長~いフレンチトーストは基本的にテイクアウト用なので、焼き立て熱々は開店直後のオーブンから出てきた瞬間に運よくおいでになった方しかお召し上がりいただけない。

でも、同じレシピで作られたフレンチトーストは、ー14時からのイートインメニューにあるので、よろしければこちらもお試しくださいませ。

キャラメルナッツのフレンチトースト

オレンジのフレンチトースト

なお、イートインのフレンチトーストは、ご注文頂いてからオーブンで焼き上げるので、提供までに10分ほどお時間を頂戴いたします。

 

明日はサロンライヴ。

今回は、ソプラノお二人による競演です。

まだお席に余裕がございますので、週末の夕方を素敵な歌声でお楽しみになりたい方は、ぜひお運びくださいませ。

 

 

久しぶりに黒いシャツ

2018年5月18日 

今日は朝の早い時間の方が蒸しっとしていたような気がする。

なんだかもうじきセミの鳴き声が聞こえてきそうな、じめっとした空気であった。

さて、今日は久しぶりに朝から夕方まで下鴨のカウンターに立った。

せっかくだから、私のユニフォームも下鴨バージョンで黒いシャツに緑のサロンにしてみたのだが、実はベルトをし忘れて出勤してしまったので、ちょっとパンツがずれそうになりながらの一日。

でも、なんとか無事に終えられて一安心。

昨夜、この日記で店長の土田が予告していたのだが、私は夕方から造形のシフトに入っていた。

そこまでは書いていなかったので、夕方に「マスターは?」とお越し下さったお客様もいらっしゃったそうで、せっかくおいでになったのに申し訳ないことであった。

次回は、23日(水)の11時~16時まで下鴨のカウンターに立つ予定なので、よろしければお越しくださいませ。

初夏ですねぇ

2018年5月11日 

今朝は肌寒かった。

開店して外を見ていると、造形芸大に通学してくる学生さんたちも、けっこう厚手の上着で来ていたが、午後からはけっこう暖かくなり、配達中に車のエンジンを切ってお店へ豆を持っていき、戻って車に乗り込んだらすごく暑くなっている。

いっとき夏日になったかと思ったら、ここ数日は寒く感じるほどだったのに、今日の午後などはもう、春というより初夏。

珈琲豆の配達途中、哲学の道あたりは緑がとても美しかった。

さて、造形芸大店ではイートインメニューのリニューアルだけではなく、テイクアウトメニューも充実させようと目下いろいろ試作中。

そんな中、今週から発売を開始した「ライスバーガー」が、日を追うごとに出数も増えてきた。

たっぷりごはんは茶碗一膳分。そこに牛肉のオイスターソース炒めと、シャキシャキの人参ラペをはさみ、Verdi 自家製マヨネーズで味付けしたもので、ランチタイムに合わせ、12時前から販売開始。

ただ、学生さんが少なくなる土日祝日の販売はございません。

一応、学生さんや教職員の方のお昼御飯用に作ってはいますが、一般の方でもきっとご満足頂けるものと思います。

明日と明後日は販売をお休みして、月曜日からまたご用意いたします。

よろしければお試しくださいませ。

夜中のたこ焼き

2018年5月6日 

今朝は雲が多かったものの、寒くない程度に涼しくて、ウォーキングには最適な感じであった。

今日でゴールデンウィークも終わり。

この連休中、下鴨は連日多くのお客様にお越しいただいていたようだが、造形の方はやはり学校がお休みということで、学生さんや教職員の方がほとんど来店されないので、普段よりも落ち着いた営業。

そんなわけで、今日はランチタイムのピークが終わったら、倉庫にものをとりに行く用事もあり下鴨へ。

久しぶりに下鴨のカウンターに立ってみた。

久しぶりにお目にかかるお客様も多く、みなさま「お久しぶり」とか「今日は造形お休み?」とか声をかけていただき、同じ看板でもお客様との距離感の違いを実感した。

造形芸大も、そろそろメニューやオペレーションがしっかりしてきたので、そろそろ下鴨に私が入る日を増やしていこう。

そんな下鴨で、ふと作業中の土田を見たら、なんとなく以前よりスリムになったような気がしたので「やせた?」ときいたら「いや、やせてないですよ」と笑顔で返された。

で、抽出がひと段落したところで、こんどは土田から「マスター、太りましたね」と。

はい、太りましたよ。

都をどり中は、節制する元気もなく、本能おもむくままに食べてしまったので、3月末は56キロだった体重が今朝は58.2キロ。

急いで2キロ痩せなければ・・・

と言ったら「まぁ、まだ2キロなら大丈夫だな」などと土田は言っていたが、メニューにステーキがある造形では、肉屋さんからキロ単位のブロック肉が納品される。

その2キロのブロックを見たら、「この肉が腹のまわりについてしまった」と実感するわけで、これは緊急事態。

ゴールデンウィーク明けの今日から、本気モードでダイエットしよう。

ということで、まだ今日は本気モードではない。

な~んか、岡崎あたりを夜中に車で通ったら、つい「二つちょうだい」って声をかけてしまう。

明日からは本気で節制します。

マサる

2018年4月17日 

今日は朝からなんとなく雨のにおい。

昨日から、左足の踵にひび割れができて、歩くとちょっと痛かったり。

とりあえず、歩き始めはけっこう痛かったが、半分くらい歩いたあたりから慣れてきた。

そして店で、忙しい時は痛さを感じないものの、少しお客様が引いたら若干足を引きずりながら歩いていることに気づく。

やはりピークタイムはアドレナリンが出ているのだろうか?

なんか、そういう人間の脳内の優先順位というかなんというか、けっこうすごいと思うのであった。

さて、そんな今日は人が少なかったこともあり、なんだかバタバタと一日中走り回っていた。

そうなると、私の中のエネルギーが切れてしまうので、帰宅前にマサラ補給をすることにした。

まずはサラダから。

インドのスナックがかかっているサラダ、私的には好きだったりするので、造形芸大店のカレーについてくるサラダにもインドのスナックをトッピングしている。

鴨のジャルフレッジ

疲れた時は、こういうガツンとスパイスフルな炒め系カリーがいいですねぇ

チャイで〆。

なんだかんだ言いながら、都をどりもあと1週間。

マサラ補給もしたことだし、残りの7日間、頑張っていこう!

曜日感覚がなくなっている。

2018年4月16日 

今朝は少しひんやり。

桜の花が散ったと思ったら、ちっちゃい緑の実がなっていた。

季節は決して足踏みしないが、私の体重は足踏み状態。

でも、なんだか都をどり期間中は、食事制限をする元気がなく、けっこう本能赴くままに食べてしまっている。

でも増えるでもなく足踏みで留まってくれているのだから、けっこうカロリーは消費しているのだろう。

で、実は昨夜の日記を書き忘れていた。

と、言うか、土曜日と間違えていて書いていなかったのが正直なところ。

普段は、日曜日にサロンライヴがあって、「あぁ、日曜日だ」という感覚になるのだが、今月は都をどりに合わせて会期中1回しか店を休まない上、お客様の動向で曜日の感覚を得るということもなく、全く曜日感覚のないまま半月が過ぎている。

でも、まぁ、あと1週間と1日。

なんとか頑張っていかねば。

 

さて、そんなわけで、普段とは全くお客様の雰囲気も違う中の営業だが、だからこそというか普段とは違うお客様がおいでになるわけで、私たちが受ける質問も想定外のことが多い。

今日も、普通に都をどりを見に来られた方だと思っていたら、お帰りの際に「コーヒー豆がほしいのだけど」と声をおかけくださって、「ケニアの深煎りとは珍しいから、これをもらおう」とケニアをご購入下さった方がおられた。

「ケニアの深煎りは珍しいですか?」と伺ったら「どこへ行ってもケニアは中煎りかもっと浅い焙煎のものしか見たことがない」と。

私個人的には、ケニアをあまり浅く煎ると酸っぱいだけで味もへったくれもないものになってしまうのと、せっかく深く煎っても味がしっかりと出て個性を主張できる豆なのだから、深煎りも楽しまないともったいないと思うのだが、この方の認識が大勢であれば、世の中は浅煎りのケニアだらけだということが浮き彫りになってくる。

そういえば、以前東京で珈琲店めぐりをしたときも、ケニアを注文したら黒酢ダイエットか?と思うようなものが出てきて、最後まで飲めなかった記憶がある。

このところ珈琲専門店というより、イベント会場の飲食店的立ち位置で、毎日慌ただしく大勢のお客様と接している中、ふと珈琲屋にもどって、いろいろと考えさせられたひとときであった。

 

1 / 1812345...10...Last »

このページの先頭へ