自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 今日のVerdi

今日のVerdi

10種類目

2019年6月14日 

今朝もけっこう涼しかったが、昼間はかなり暑かった。

夕方からは風が強くなってきたと思ったら雨も降りだし、朝の天気予報がバシッと当たった感じ。

 

造形芸大店のランチタイム、ほぼ一週間で替わるスペシャルカリーは、ご注文が多い日と少ない日が極端で、水曜日は夕方まで限定数が売れ残っていたが、昨日は早々に売り切れてしまった。

少し多めに仕込んでいたので、今日の分まで数量的に足りるだろうと思っていたら、昨日仕込んだものが全てなくなってしまったので、今日は朝から急いでスペシャルカリーの仕込み。

今週は「マイルド マトンカリー」だったが、そのマトン肉がなくなってしまい、牛・豚・鶏と違ってマトンは発注から納品までに2日ほどかかるため、今日は野菜カリーを急遽作ることに。

そうしてみると、実はメニュー変更以来、今日のものが10種類目のスペシャルカリーだったことに気づいた。

そんなわけで、レシピナンバー1~10を一挙に出してみた。

#1 マラバール風シーフードカリー

#2 ポークのベリーマサラ

#3 南インド風サブジコルマ

#4 しびれチキンカリー

#5 白身魚のピスタチオカリー

#6 ピンクのポークカリー

#7 白いチキンカリー

#8 マトンのほうれん草カリー

#9 マイルドマトンカリー

# 10 パイナップルとココナツ、ヨーグルトの野菜カリー

今日のカリーは、肉ではなく野菜系だし、その上一般の方だとあまり想像がつかない味なので、今日はあまり売れないかと思っていたら、予想以上に多くのお客様がご注文くださった。

いったいレリピナンバー何番まで作れるか分からないが、頑張って作っていこう。

しびれチキン

2019年5月9日 

昨日は、歩いているとちょっと手がかじかんでしまうほどだったが、今朝はそんな気配すらなく、丁度いい感じの朝だった。

ちょっと雲が多かった分、朝日がまぶしいこともなく快適に歩けた。

 

さて、造形芸大店のメニューが大幅にかわり、オリジナルレシピによるカリーがメインになってから、ちょっとお客様の雰囲気も変わってきたように感じる。

メニュー変更直後、週替わりのスペシャルカリーをご注文下さるお客様は平日だろ2~3名だったのに、今回の「しびれチキンカリー」は、今日一日で15食ほどご注文頂いてしまった。

こちらは鶏むね肉を1枚使うのと、一晩スパイス入りのヨーグルトに漬け込んで焼くため、鶏肉がなくなってしまったら仕込みすらできない。

今回は、1日5食程度だろうと思っていたので、20枚しか肉を仕入れておらず、明日入荷しても漬け置き時間が足りないので、明日は5食しかご用意できない。

有難いような、申し訳ないような。

これからも、もっと美味しくてアッと驚くようなカリーを次々と提供していきたいと思う。

なんて言っていたら、お客様から「いくつオリジナルレシピを持っているの?」ときかれた。

私のカリーノートを見たら、だいたい40種類くらいまでは作れるのだが、あまりにもマニアックで「こんなん誰が食べるねん!?」と思うものもあったりする。

まぁ、ぼちぼちご紹介していきたいと思うので、よろしければお運びください。

なお、新作カリーは Verdi 造形芸大店の Facebook でご紹介しておりますので、よろしければフォローしてくださいませ。

あと1日

2019年5月5日 

今年のGWは、前半こそ不安定な天気だったが、後半は晴れてけっこう暑い日があったり。

今日も午後は少し動いたら汗ばむ陽気だった。

 

そんな今日は、朝からお昼過ぎまでは下鴨のカウンターで珈琲を淹れ、夕方からは造形で閉店作業という一日。

下鴨のカウンターに入ったのは数か月ぶりだったが、久しぶりに多くの常連さんたちとお目にかかれて楽しく仕事をさせて頂いた。

開業当初からお越し下さっているお客様が、お帰りになる際に「久しぶりにマスターがいる風景になじまないかと思ったけど、ちゃんと馴染んでましたね」と。

明日は月曜日ですが、下鴨本店も祝日営業しております。

そして、明日も朝からお昼過ぎまで私は下鴨のカウンターに立っているので、よろしければお運びくださいませ。

 

さて、そんなわけで今日は久しぶりの下鴨だったが、ポケットに入ってたスマホの万歩計を見たら、昨日造形で歩いた歩数と今日下鴨で歩いた歩数、倍近く違うことがわかってびっくり。

今日は下鴨で8,600歩

昨日は造形で15,000歩

店の広さもあるが、特に昨日は造形も多くのお客様がお越し下さり、スタッフを休憩に出している間は、私一人で店内を全速力で走り回っていたかもしれない。

こうしてみると、ダイエットには造形の方が向いているのかも。

でも、下鴨だと料理の試作や試食をほとんどしないが、造形では毎週オリジナルレシピのスペシャルカリーを作るため、試作や試食が欠かせない。

歩く歩数も多いが、摂取カロリーも多いところが難点か。

その、ほぼ週替わりのスペシャルカリー。

このGW中販売予定だった、ポークのベリーマサラが予想以上のご好評を頂き、昨日売切れてしまったので、数量限定で超リッチな野菜カリー「ヴェルディ風サブジコルマ」をご提供。

本当は、もう一度ポークカリーを仕込めばよかったのだが、連休中で肉の調達ができず、野菜カリーを作ってみた。

しかし、カシューナッツとピスタチオをペーストにして贅沢に使った、他では決して食べられないクリーミーだけどスパイスフルな一皿。

売り切れ次第終了となりますので、よろしければお早めに。

そんなわけで、長かったGWもあと1日。ラスト1日頑張って行こう!

いつも・・・

2019年5月3日 

今日は朝からわりと暖かく、薄手のジャージでも汗をかいてしまった。

昼間は25℃を超えるようなことを天気予報ではいっている。

だんだんと川端通の緑色がまぶしくなって、もう気分は初夏になってきたかもしれない。

 

さて、世間では10連休ということで、みなさん曜日感覚がなくなっているのではないかと思うが、毎日働いている私たちも、なんとなく曜日感覚がなくなっている。

日々の営業の中で、やはり平日と週末では店の雰囲気も違うのだが、こうも週末の雰囲気が続くと、やはり私たちも感覚がマヒしてしまうわけである。

とりあえずあと3日、頑張って行こう。

 

そんな週末モードの Verdi だが、連休だからと言って必ずしも飲食やサービス業全てが混みあうわけではなく、満席かな?と思いながら行ったお店が、案外空いていたりして、行ったものにとっては嬉しいが店としては、せっかく営業しているのに何たるこった!?ってところだろう。

Verdi も下鴨本店は多くのお客様にお越しいただいているが、造形の方はピークタイム以外は穏やかな店内。

そんななので、今日のお昼は私と太田の二人でホールを回していたのだが、12時30分を回って、もう私一人でもホールを回せるだろうと、太田を休憩に出した途端、7~8分の間に16名お客様がおいでになって、さすがに一人ではきつかった。

あまり自分を過大評価してはいけないと実感した。

あ、キッチンのスタッフに運びを手伝ってもらったので、店の方は無事回りました。

 

そんなGW営業の夜、なんとなく餃子が食べたくなったので、最近よく行くラッキー餃子センターへ。

今回は、今まで食べたことのないものも注文してみた。

まずは冷奴の酸辣ソース

こちらは定番の担々麺

ここの担々麺、けっこう好き

これを食べなくては始まらない、焼き餃子

蒸し餃子

鶏汁餃子

まぁ、スープ餃子ですね。

色々食べたが、やはりここは焼き餃子と担々麺というのが一番良いように思った。

食べ終えて、レジへ行ったら、今回は会計時に「いつもありがとうございます」と言われてしまった・・・

ってことは、餃子屋さんに常連と認識されてしまったってことか。

そこまで「いつも」行っているつもりはなかったが、珈琲店より餃子屋さんの方が利用頻度が低くても常連と認識されるのだろう。

あまり嬉しくはないけど、まぁいいか。

作ると食べたくなる

2019年4月29日 

はじめにお知らせです。

明日30日、下鴨本店は本日営業した振り替えでお休みを頂きます。

また、造形芸大店は、明日30日も営業をいたします。

かわりに、5月1日・2日は学校が全てお休みのため、臨時休業いたします。

まとめますと、下鴨=30日お休み。

造形=30日営業、5月1日・2日お休み

ということになります、どうぞよろしくお願いいたします。

 

で、今朝もけっこう寒かったが、雲も薄く明るい朝であった。

なんだか遠くの山も近く見える空気感。

 

さて、今年のGWは10連休ということで、けっこう例年とはお客様の動向が違ってたり。

先日はGW初日のTDRがガラガラだったということが話題になっていたが、今日はちょくちょくディズニーリゾートのアプリを見ていたら、さすがにランドのスリーマウンテンズはどれも100分以上だったし、シーのトイストーリーは190分。

正常値に戻っていた。(って100分以上待つのが正常かどうかは不明だが)

私がTDRの待ち時間を見ていたら、造形社員の太田がニヤニヤして見ていた。

きっと、行ってもいないのに待ち時間を見てどうするんだ?と思っているのだろうが、こうしてピーク時の待ち時間や、ファストパス発見終了時間を見ておくことで、こんど行ったときに回るべき順番を掌握できたり、これから行こうという方に適切なアドバイスができたりするわけで、何事も平素からきちんと情報収集することが大切ということである。

まぁ、それはどうでも良いとして、そんな今日は懐かしいお客様や、下鴨のお客様が造形芸大に多くお越し下さった。

そして、この1週間、平日はあまり動かなかった、週替わりのスペシャルカリーが土曜日から多くご注文頂けるようになり、昨日は今日と明日の分を仕込んだのに、今日で全てなくなってしまった。

そうなると、明日の分のスペシャルカリーがないので、同じマラバール風シーフードカリーを仕込もうかとも思ったが、せっかくなので「ポークのベリーマサラ」を作ってみた。

ホールスパイスとともに炒めた玉ねぎに、トマトとブルーベリーを加えて煮込んで作るグレービー。

スパイスで煮込んだ厚切りの豚肉と、濃厚な味わいのベリーマサラがいい感じに仕上がった。

このカリーが食べたい方は、数量限定なのでどうぞお早めにお越しくださいませ。

そんなわけで、カリーを作っていたらカレーが食べたくなってしまう。

しかし、ダイエット中の身なので、あまりインドカリーは好ましくない。

そこで!

まずは豚肉あえサラダ

グリーンカレー・チキンのライス無し。

久しぶりだったが、やはり シャムさんのタイカレーは美味しいですねぇ・・・

10連休ってサービス業にとっては、けっこうしんどいものではあるが、スパイスを採りながら頑張って行こう。

試食会

2019年4月26日 

朝5時、目が覚めたと同時にポツ、ポツ、という音がしたと思ったら、サーっと雨が降り始める音が窓の外から聞こえてきた。

今日はウォーキング中止かな?と思っていたが、いつもの時間には雨も上がり、ちょっと足元がぬかるんでいたが無事に歩くことができた。

雲は多かったが、大文字山はちゃんと見えた。

そして、つい先週あたりまではまだ桜の花も残っていたのに、鴨川沿いはもうすっかり葉桜になってしまった。

よく見ると、もう実がなっていたりして・・・

季節の移ろいを感じますねぇ・・・

 

そんな今日は、今月最後と言うか平成最後と言うか、ともかく10連休前最後の平日。

そうなると今日はバシッと両替をしておかねば心もとない。

10連休を歓迎する人と、あまり嬉しくないという人、けっこう後者の方が多いというようなアンケート結果が出たといったことをネットのニュースで見たような気もするが、そうは言っても政府がそうしてしまったのだから仕方ない。

とりあえず両替をしに銀行へ行った。

今年から両替手数料が上がり、今まではだいたい100円でいけたのに、100枚両替すると200円、101枚以上だと300円かかってしまうのでとりあえず百円玉で300円あることを確認して銀行へ行ったのだが、なぜか私が手数料として両替機に入れた100円玉が何回やりなおしても帰ってきてしまう。

ダメ元で案内係という腕章をしているお姉さんに「この100円玉が返ってきてしまうので替えてくれませんか?」ときいてみたが予想通りダメで、「窓口で両替して頂ければ・・・」と言われたが、番号札を見たら20人待ち。

そんなに店を空けられないので、仕方なく近所にあった自動販売機で一番安いミネラルウォーターを購入して再び両替機へ。

これからはもっとたくさん100円玉を持って両替に行こう。

 

さて、今日は造形芸大の方に、広報を兼ねて新メニューの試食会を開催させて頂いた。

今回は新しくなったメニューの中からカリーを全種類お召し上がりいただくことにしたが、同時に毎週かわる「週替わりカリー」を何種類か作って食べ比べて頂くことに。

ランチのピークが終わったところからカレーの製造スタート。

こちらは、ヨーグルトとピスタチオペーストを使った魚カリーの仕込み。

その隣では、トマトとブルーベリーを使ったポークカリーを同時進行で作る。

魚カリーの方は、ピスタチオペーストとスパイスを入れると、奇麗なイエローグリーンになる。

ポークカリーも、しっかりと煮詰まってぽってりとしてきたどころでベースのマサラが完成。

これ以外に、現在週替わりとしてお出ししている「マラバール風シーフードカリー」と、けっこうファイヤー!なチキンカリー、その名も「火の鳥」をご試食頂いた。

今回お出しした中で、私個人的には一番面白くないカリーが「バターチキンカリー」なのだが、ご試食頂いた中で一番人気は「バターチキンカリー」だった。

やはり、何でも専門的なものって入り口はハードルを低くしておかねばってことなのだろう。

営業的には、売れる商品=良い商品であり、どんなに気持ちが入っていても、マニアには絶賛されても、売れない商品=単なるゴミなわけである。

そういう意味で言えば、個人的に好きな商品と良い商品は必ずしも一致しないが、お客様が喜んでくださる商品をしっかりブラッシュアップし続けて、さらに良い商品にしていけるよう頑張ろう。

このページの先頭へ