自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. インド料理

インド料理

継続は

2020年9月21日 

今朝も涼しかった。

この連休中、おかげさまで多くのお客様にご来店頂き、特に下鴨店は席数が少ない中、お待ちいただいた方も少なくないはず。

ご来店下さったお客様、本当に有難うございました。

そんな今日は、ランチタイムを終えたら、私は先に上がらせて頂き、娘たちのバレエの発表会を見に行ってきた。

今年はコロナの影響で、本来だと3月に行われるはずだった「くるみ割り人形」全幕上演の発表会は10月に延期。

9月は一つの演目を皆で上演するのではなく、各々が踊りたいヴァリエーションを披露するもの。

今回の発表会は、次女にとって17年間やってきたバレエのラスト舞台。

学校が忙しかったり、就職活動があったりで、私が認識している限りでは2~3回しか練習をしていないようにも見えたので、本当に踊れるのか心配していた。

が、やはり17年間打ち込んできた凄さと言うか、現役バリバリの人たちと同じレベルで激しい踊りはできないものの、本当に基本的な部分、伸ばすところは伸ばし、止めるところはピッタリ止め、回るときに芯がぶれなければ素人目にはバッチリ決まって見えるからすごいもの。

演じているときの顔を見れば、トチったことはわかるものの、素人目にはどこをどうトチったのか分からないレベルに仕上げていた。

親バカではあるが、これで彼女の踊りが見られないのはちょっと寂しい気もする一夜であった。

発表会の後は、だいたい恒例となっているヌーラーニへ。

いつもだと、いろいろととってシェアするところ、今回は一応コロナのこともあるので、各々が好きなカリーを注文して頂いた。

サラダ

マトンチェチナード

美味しく頂きました。

けど、カリー食べたら翌日は、動いて食事制限して頑張らねばならない。

明日はあさからたくさん歩こう。

初めてのインド料理店へ

2020年9月18日 

今日は湿度が高く、けっこう暑く感じる朝だった。

さて、そんな蒸しっとした今日は、明日からの連休を控え、朝から銀行へ行ったり午後は配達回りだったり。

慌ただしく一日を終え、夜はカミさんと一緒に神戸へ。

初めていくインド料理店へ伺った。

普通、初めてのお店へ行ったら、しっかりとメニューを見るのだが、今回はロクに見ることなく、注文をとりにきたシェフに向かって「チェチナードありますか?」という一言からスタート。

すると、シェフも、「メニューにないものでも、なんでもちゅくるでしゅね。」と返してきたので、とりあえず、マトンチェチナードとパニールサラダとシーフードの何か。

と、オーダーしたら「ビリヤニあるでしゅよ」と。

聞けば、よくある一人分を作るものではなく、大鍋でバシッと作られたものということなので、ビリヤニも注文してみた。

料理を作るシェフ

パニールサラダ

マトンチェチナード

私に「一番好きなカリーは何か?」ときかれたら、躊躇なく「チェチナード」とこたえる。

が、京都はもちろん、東京でもずいぶんたくさんのチェチナードを食べたが、恐らくこのチェチナードを超えるチェチナードは存在しないのではないかと思う。

シーフードの何か=カオス フィッシュカリー=赤エビとホタテ、牡蠣、カンパチをトマトベースにパンチフォロンとパクチーでベンガル風に炒め煮したカリー。

大きなエビがゴロンと

ハイデラバディ チキンビリヤニ

これぞビリヤニ!懐かしい味

ライスケーキと自家製アイス

チャイにはミントをうかべて

本当に、久しぶりに満足できるインド料理であった。

希有なカリーを作るシェフ。

そんなに頻繁には来れないが、また絶対来ます。

久し振りに白梅町

2020年9月11日 

今朝は昨日に比べて涼しさが半減。

以前ほど暑くはないけど、涼しくもない朝だった。

ところで、今、出町柳近辺では鴨川と言うか出町あたりの昔の写真が飾られている。

ウォーキング途中なので、あまりゆっくり見られないのが残念。

こんど、休みの日にでもゆっくり見に来ようと思うのだが、チラ見していてもなんかいい感じ。

川の東側にも展示があり、橋の西側は神社の横にもパネルがあったので、けっこうな点数が飾られているはず。

ご覧になっていない方はぜひ。

そんなわけで、朝はしっかりとウォーキングができたのだが、午前中の青空から一転、午後は土砂降りで始まった、って感じ。

今日は金曜日で豆の配達日だったのだが、途中から外が真っ白になるほどの雨が降り始めた。

天気予報でも言っているが、本当に空模様の急変には気をつけねばですねぇ・・・

で、この調子だと夜のウォーキングは中止か?と思っていたら、暗くなると同時に雨も上がるから面白い。

今日も朝夕とも日課は果たせた。

さて、今夜は久し振りに白梅町へ。

最近、美味しいマサラ系のカリーを食べていないなぁ、と思ったので、今夜はスペシャルビーフカリーをサラダとチャイのセットで注文。

セットのサラダ

スペシャルビーフカリー

久し振りに、バシッと本場のインド然に作られたカリーを食べて、お腹いっぱいになってしまったのであった。

とりあえず、教子さんが頑張っていらっしゃる姿が見られただけでも良かった。

コロナの渦中、飲食店は本当に大変な営業を強いられているが、お互い頑張りましょうと言って店を後にした。

でも、明日は絶食かな?

スリランカ

2020年8月25日 

今朝は、ちょっとゆっくり目に起きて、いつもより40分ほど遅れて鴨川へ。

やはり、40分遅いと太陽の位置も高くなっていますねぇ。

さて、今日は前から気になっていたご近所のスリランカカレー屋さんへ。

店からの帰り道にあって、前から気にはなっていたが、なかなか行くことができず。

ちょうどコロナの流行と同時あたりに店の存在を知ったので、外食がしにくい時期と、スーパーダイエットの時期に重なってしまった。

カレープレートのマトンカレーを注文。

カレープレートにのっている副菜は、店内の黒板に書かれている。

カウンターにはスパイスがならんでいる。

スパイスが並んでいると、ついレシピを考えてしまうのだが、なかなか興味深かった。

スリランカは、インドの南に位置するので、つい南インドのカレーと比較してしまいそうな気もするのだが、けっこうスパイスの使い方も違っていた。

食べた感じ、レストランのカレーと言うより、けっこう家庭的な味に感じた。

歩いていける距離にあるので、日本人が日常の中で家庭的な味のお店へ行きたいときに、近所の定食屋へ行く感覚で通えそうな気がする。

もっと早く言っておけばよかったかも。

久しぶりにインド料理!

2020年7月19日 

スカッと晴れた朝!

朝から暑かったですねぇ・・・

出町の飛び石カメさんも、すっかり姿を現した。

ふと見ると、セミの抜け殻もあったりして、もうすっかり夏です。

しかし、雨の日もお客様の足は湿りがちだが、真夏の暑さもお客様の外出意欲をそぐというもの。

開店から12時台まで、けっこう静かな芸大店だったので、暑いとダメかと思っていたら、遅めのお昼から多くのお客様がお越しくださって、いっときは数組ウエイティングがかかる状態になってしまった。

とは言え、席数を半分に減らしているので、お客様の数としては以前の半分以上にはなりえない。

早く薬ができて、みんな心置きなく外に出られるようになったらいいですねぇ。

さて、今日もノルマの1日10キロウォーキング。

いつもなら、日が暮れた後に歩きはじめるのだが、今日はちょっと早めに出発して、まだ明るさが残っているうちに四条を通過。

日曜の夕方、鴨川沿いも四条通りもかなり人が多かった。

で、いつも通り五条まで歩いて再び北上。

通常ならそのまま帰宅するところ、最近お外マサラをしていないなぁ、と感じていたので、久しぶりにインド料理を食べに行った。

帰り道の途中にある インド料理 ムガールさん。

私が自分で作ったもの以外のインドカレーを食べるのは、もしかすると3~4か月ぶりかもしれない。

それだけに、絶対後悔しない店に行きたかったので、今日はベストチョイスだと思った。

まずはシーフードラッサム。

ラッサムはいろんな種類があるし、多くの店で食べたが、個人的にムガールさんのシーフードラッサムは今まで頂いたラッサムの中で、私の嗜好におけるベスト3に入ると思う。

今日はこれを食べようと決めていた「マトンのキーマ マタル」と「ジーラ(クミン)ライス」

ヴェルディで出しているキーマカリーは、同じマトンキーマでも基本は南インド風だが、ちょっと東インドの要素も取り入れたもの。

ニゲラが入っていないパンチフォロン(ベンガル系インド料理におけるオーソドックスなミックススパイス)の香りがするココナツ風味のカリー。

ムガールさんのキーママタルは、しっかりとした北インド風。

個人的には南インドのカリーが好きだが、こういうバシッとキマッた北インドのカリーも無性に食べたくなることがある。

「よかったら混ぜて食べて」とタマネギとパクチーのみじん切りを出してくださった。

コレ、マトンキーマに混ぜると激旨になる。

生タマネギ侮るなかれ。

チャイでご馳走様。

久しぶりのインド料理、やはりプロが作る本物の味はいいですねぇ。

今日は、美味しいインド料理も食べられたし、トラさんチームも連勝で借金返済、3位浮上といいことづくめ。

オーナーの平田さん曰く、この前インドへ行ったとき、チキンムグライ発祥のお店で食べて、レシピを変更したという「チキンムグライ」と、ロンドンへ行ってあちらのNo.1インド料理店でインスピレーションを得たという「ブナ ゴーシュ」(ゴーシュ=4本足の肉≒ラムorマトン)も食べに来なくては。

また、ウォーキングの帰りにお邪魔します。

久しぶりに

2020年5月12日 

今日はスカッと晴れた朝だったからか、けっこう多くの人が鴨川に出ていた。

このところ、海外では規制緩和に動いているニュースが多く、まだまだ非常事態宣言が継続している日本においても何となく気が緩むというか、人が多く出ているような感覚があったのだが、今日は店の中から外を見ても歩いている人が少なく感じた。

そんなわけで、昨日はわりと忙しかったのに、今日は先週までと同じような穏やかさ。

良いことなのか、困ったことかわからないが、おかげで今日は昼間にいろいろと仕事ができたので、少し早めに自宅に戻って久しぶりに家でカレーなど作ってみた。

見た目、タイカレーのグリーンカレーみたいな感じだが、味は南インドの家庭料理「アヴィヤル」

ちょっと調子に乗ってグリーンチリを入れすぎたので、やや辛めだったが、カミさんも娘たちも美味しいと食べてくれたので良かったことにしよう。

でも、やっぱりカレー作るのは楽しいですねぇ。

このページの先頭へ