自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. インド料理

インド料理

出張講座

2018年11月13日 

今朝はどんよりとした空。

だんだん朝のウォーキング時間が暗くなってきた。

この調子だと、もう間もなく歩き終わるまで日が出ない日々が続くことだろう。

朝の光って、結構好きなのでちょっと寂しい。

 

そんな今日は、地元の中学校のPTAが主催する活動として、コーヒーの抽出講座に登壇することに。

今までも、カルチャーセンターなどでは度々講座を開催させて頂きてきたが、こうして地元ご近所の学校で開催するとなったら、当然 Verdi にご来店下さったことのある方もいらっしゃるのでちょっと緊張。

はじめに珈琲について、その歴史や栽培の方法などを軽く説明。

だいたいどこで講座を開いても、最初のこういった座学の時間はとても静かで、「質問はありますか?」ときいてもあまり挙手をする方はいらっしゃらない。

続いて抽出実習。

しかし、抽出を終えてご自身が淹れた珈琲を飲み始めたら、次々と質問が出てくるから面白いもの。

みなさん楽しく珈琲を淹れてくださって良かった。

Verdi では、こうして出張講座なども行っているので、学校やサークルなどで集まって珈琲について勉強してみたいという方がいらっしゃったら、ぜひお声をおかけください。

 

さて、講座にご参加下さった方々の中には、珈琲を飲みながら「こんなスッキリとした珈琲は飲んだことがない」と言ってくださる方も少なくなかったが、私は「こんなにおいしいもの、食べたことがないと言ったらウソになるが、こんなにおいしいもの、滅多に食べられない」と思ってしまうカリーと出会った。

烏丸紫明の「バンガリ オイスター マサラ」

の前に、まずはチャルテッセットのサラダとスープ。

これが、バンガリ オイスター マサラ。

ウエストベンガル風、パンチフォロンの香りも素晴らしく、特にフェンネルの風味が効果的で、もう本当に「おおいしい」という言葉以外見つからない。

大粒の牡蠣がゴロンと

これは、また絶対食べたくなる美味しさであった。

いろいろ食べた♪

2018年10月28日 

今朝の大文字山定点観測、一昨日とほとんど変わらない風景だったが、今朝は大文字山の右上あたりに一本の雲が。

写真にしてしまうとなんてことない雲なのだが、実際に見た時は光の感じがとても美しかった。

一眼レフを持っていたらなぁ・・・と、思ったが、重いカメラ持って歩くのもなんなので、やはりスマホで撮ることになる。

まぁ、作品作りではなく記録ってことで仕方ないですねぇ。

さて、以前はよく友人から「インド料理を食べたいのだが、チェーン店ならわかりやすい名前のカレーが並ぶけど、ちょっといい感じのインド料理店へ行ったらメニューを見ても何が何だか分からないので、一緒に食べに行ってオーダーをしてほしい」と言われた。

が、最近私もインド料理色をあまり出していないこともあり、SNSのカレー仲間から「東京でインド料理のオフ会したいから来てくれ」なんて誘いがある程度。

そんな中、先日区民運動会に行ったとき、同じマンションの方から「こんど一緒にインド料理食べに行きませんか?」とお誘いを受けた。

とりあえずヌーさんの店へ行かれたようなのだが、やはりメニューを見ても想像が難しかったらしく、本当にここでしか食べられないものを食べてみたいということだった。

で、今夜は仕事が終わったら、そちらのご夫妻とうちのカミさんと一緒に烏丸紫明へ。

本当はもうちょっと胃袋があったらよかったのだが、とりあえず同年代の夫婦二組でインド料理となった。

まずは、ヌルールSPビーフサラダから。

インド料理ならではのスパイスフルなサラダというより、チーズ風味のクリーミーなドレッシングとミディアムレアに焼き上げられたビーフにブラックペッパーがアクセントとなっているインドらしからぬサラダ。

とりあえず、食べやすいものからスタートして

フィッシュ サートチャトニ ジャルフレッジは、花椒の風味がしっかりとした魚のジャルフレッジ。

私もいろんなインド料理を食べてきたが、花椒が全体の風味の中でコアとなっているカリーはヌーさんのお店以外で食べたことがない。

続いてニハリはオーソドックスにマトンのもの。

先日、上野で「ニハリ」と言われているが、全くニハリの香りがしないカリーを食べたが、やはりニハリはこうでなくては!と思わせる風味。

カリーもう一品は、ゴビ チェチナード。

カリーの中で最もアロマティックな一品と言われるほど、香り豊かなカリーだが、ヌーさんが作るそれは、先日八重洲で食べたダバのチェチナードと並ぶ私の好きなチェチナード。

炭水化物はこんな感じでとってみた。

チャパティ

サダ ドーサ

ロマリロティ

このほか、ニハリもあったのでサフランライスも頂いた。

今回のチョイス、オーソドックスなカリーはパスして、チェーン店系のインド・ネパール料理店では逆立ちしても出せないカリーの中から、味わいが全く違うものを3種類選んでみた。

でも、考えてみたら全て私がよく注文するものばかり。

けっこう自分の好みを押し付けてしまったかもしれないが、喜んでいただいていたの良かった。

〆はマサラチャイとソアンパブティ。

ソアンパブティをチャイに浸して食べるの、けっこう好きです。

でも、こうしてお誘いいただくと、普段一人で食べに行くと一品しか注文できないところ、いろいろと食べられていいもの。

たしかに、慣れていない方からすると、サートチャトニジャルフレッジだとかゴビチェチナードとか言われたら呪文にしか聞こえないかもしれない。

そんな呪文の解読が必要なときは、またぜひ声をかけて頂けたら嬉しいかも。

そんなわけで、今週もいろいろとやらねばならないことが多い一週間だが、マサラ補給もしたことだし張り切ってやっていこう。

吉田カレー

2018年10月23日 

今日は所用で日帰り東京。

目的地は丸ノ内線の中野坂上だったので、午前中に一つ予定を終わらせたら、ちょっと荻窪へ行ってみた。

 

昼食をとろうと思っている店の開店時間までまだ時間があったので、コーヒーでも飲もうかと思い、そういえば荻窪には邪宋門があった!ってことで店の前まで行ってみたが、ここは夕方からの営業だったようで、まだ閉まっていた。

残念ながら、まだ開いていなかった。

邪宗門と言えば、まだ結婚する前、もう20年以上前になるが、国立にあった邪宗門にカミさんと(当時はまだカミさんではなかった)行った思い出の店。

国立の店は、ご主人が亡くなって閉店してしまった。

なんだか時の流れを感じてしまう瞬間だった。

 

さて、本当は中野坂上から大江戸線でサッと行って練馬のケララバワンでランチを食べようと思っていたのだが、そう言えば丸ノ内線は荻窪まで行っているぞ。

ということで、以前から一度行ってみたかった荻窪のお店に行くとにした。

駅から徒歩3分ほどのところにある鉄板焼きの倉はしさん!

ではなく、その隣の狭くて半分しか開いていないシャッターから階段を上がったところにある

吉田カレー!

以前から噂は聞いていて、一度行きたいと思っていた。

なんでも、想像を絶する美味しさで、一度食べたら病みつきになるということで、しかもジャンルは欧風カレーではなくインドカレーとのことだったので、チャンスとばかり伺うことに。

ここは、いろいろとルールが厳しくて、ちょっと店内の写真は撮れなかったが、入り口横には、「ルールを守らない人には黙ってコレを出します。」と、市販のカレールーの箱が飾ってあったり(笑)

どうやら掟破りはしなかったようで、ちゃんとこの店のカレーに預かれた。

上から見たらこんな感じ。

「小のミックス、豚、キーマにアチャール」と、オーダーしたら出てきたのがコレ。

この店のカレー、なんとも緊迫感のある独特の雰囲気と、ご主人が醸し出すオーラが一番のスパイスだなぁ、と思って店を後にした。

映画とターリー

2018年10月9日 

朝はだんだん肌寒くなってきた。

今朝も私は半そでの T シャツで歩いていたのだが、毎朝顔を合わせる私より一回りくらい年上と思しき女性から「まだ半袖、元気やね」と言われた。

私としては、まだ大丈夫そうな気がするものの、そろそろ秋冬用の服も出さねばだな。

さて、今日は昨日の日記にも書いた SD のシンポジウムで入洛されていた、建築家の佐野さんと朝に落ち合って、午前中はご一緒させていただき、お昼は久々カミさんと一緒にヌーさんの店へ。

あまりターリー(定食)を食べない、と言うか、ランチタイムに伺うことが滅多にないので、ランチターリーは食べる機会がないのだが、こうしてたまに食べてみると、なかなかターリーもいいものだなぁと思った。

 

夕方からは、カミさんを誘って映画を見に行くことに。

こういうアクションものって、続編でも最初の物語を知らなくて大丈夫かと思ったが、やはり最初のストーリーを知っていた方が楽しめたかも。

話は変わって。この度ヴェルディ造形芸大店では、お向かいの大和パーキングに車を止めて、2,000円以上のお買い上げがあった方には、1時間無料券を差し上げております。

どうぞご利用くださいませ。

逆ならいいのに

2018年10月5日 

今朝もどんよりとした曇り空

さて、ブラジルへ行く前後から私の体重は右肩上がりで、帰国して最初に体重計に乗ったときは、ついにボーダーラインの60キロを上回ってしまった。

最低でも56キロ未満に抑えておきたい私としては、(あまりダイエットしているように見えないかもしれないが)そうとう本気のダイエットモード中なのである。

で、昨日はとてもインド料理が食べたかったのだが、やはりカリーはカロリーが高い。

そこで、インド人が作るサラダを食べることにした。

ヌルールSPビーフサラダとチャパティ

ブルーチーズで作ったドレッシングに、ベリー系のソースをアンダーで。

この組み合わせが、ビーフとよく合ってなんとも美味しいのである!

そして、ヌーさんのチャパティって他では絶対食べられない、チャパティらしからぬ逸品。

これをインド料理と言ってよいか否かは別として、とりあえずインド人が作る料理なのだから、インド料理を食べた気分を味わってみた。

 

それにしても、お金はすぐ減るのになかなか増えない。

一方、体重は少し気を抜くとすぐに増えるのに、なかなか減らない。

逆ならいいのになぁ・・・と、思うのは私だけではないだろう。

久しぶりのダバ

2018年9月30日 

今日は台風接近ということで、朝からきっと雨が降っているだろうと思って目覚ましを遅めにかけていたら、お昼過ぎまで雨は降らなかった。

しかし、昨日の段階ですでに造形芸大は入構禁止が決まっており、本店もモーニングのみの営業ということにしていたので、今日は私もお休みを頂くことにして、末娘と一緒に映画を見に行ってきた。

これ、公開されたらすぐに見に行こうと思っていたのだが、ついタイミングを逃してしまってやっと見に行けた。

なかなか面白かった。

まだ帰宅することは普通の曇り空だったが、映画の後は台風接近ということで、自宅に戻って大人しくしていた。

 

さて、先日の東京では、最後に八重洲の ダバ・インディア へ。

このお店、なんどか駆け込みでトライしたが、だいたい満席で入れない。

予約をとろうとしても、けっこうとれないことが多いので、もしかすると5年ぶりくらいの訪問かもしれない。

まずはキーマドーサ(ハーフ)

タンドリーゴビ(カリフラワー)

チェチナードチキン、この香り最高!

南インドのサブジコルマ

バスマティライスとロティで頂いた。

久々のダバインディアだったが、やはりここがこんな大人気店になるのはすごくよくわかる。

メニューを見ると、南インドレストランか?と思う部分もあるが、チェチナードもサブジコルマも北インド料理店では決して食べられない香りと風味。

そして、クオリティーも価格に対して非常に高く、毎晩予約で満席な上、フリー客のウエイティングがかなり出ているのも納得。

やはり、東京でインド料理となったら、この店がまず思い浮かぶのも当然だと思った。

 

1 / 1412345...10...Last »

このページの先頭へ