自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. インド料理

インド料理

久しぶりの晴れ間

2019年7月15日 

数日前の天気予報によると、祇園祭の宵々々山から巡行まで毎日雨の予報だったが、今朝は晴れ間も見える空。

それでも風は涼しく、久しぶりに時折日の光を受けながらのウォーキングであった。

にしても、今朝はけっこう体が重かった。

昨日、バレエの公演を見た後、知り合いの方と偶然一緒に名たので、一緒にカリーを食べに行ってしまった。

ビーフチェチナード。

なんだかんだ言って、私が最も好きなカリーはチェチナードかもしれない。

インドに帰っていたカシームさんが戻ってきて、ヌーラーニにいらっしゃったので、ついチキンサジャニの辛さ4を注文。

カシームさんの甘い系カリーを辛さ4で仕上げる絶妙な塩梅が好きだったりする。

定番のアル ゴビ バイガンマサラ。

これは、ドストライク。

正式名称を忘れたが、山椒入りの魚のジョル。

通常インド料理では出されない、山椒のピリピリ感と風味は大好きである。

マンゴーサートチャトニナン。

マンゴーの甘さと山椒のしびれ感が何とも言えないナン。

今朝体重を量ったら、やはり2キロ太っていたのだが、なんだかんだで今日は朝から食事をとれずに、試作の一口味見以外は食べられなかった。

そんな一日を過ごした後、仕事を終えて帰宅してもう一度体重を量ったら、昨日の朝より1.3キロ増。

食べたいのだが、ダイエット中は我慢かもしれない。

オオサンショウウオ

2019年5月30日 

今朝はわりと涼しかったが昼間は暑かったですねぇ・・・

一日の寒暖差が大きいと体調を崩しやすいので、皆様もどうぞ健康管理にご注意ください。

最近、鴨川の出町近辺にはオオサンショウウオがいたりする。

ちょっと同化しているので分かりにくいが、1メートルくらいあるオオサンショウウオがいた。

まぁ、鴨川もわりと奇麗ということなのでしょう。

 

そんな朝は涼しく昼は暑い今日この頃、カリーもHOTだけど清涼感のあるものが食べたくなる。

と言うことで、今週のスペシャルカリーは「白いチキンカリー」

カシューナッツペーストのコクにヨーグルトの爽やかさ、色を付けられないため使えるスパイスが非常に限られる中、どちらかと言うと爽やか系のスパイスをしっかり使い、見た目より辛いものの、後味爽やかに仕上げました。

チキンはささみにマサラペーストを挟みこみ、スパイスヨーグルトに一晩漬けこんでオーブンで焼き上げました。

こちらも恐らく他では食べられない美味しさ。

ぜひおためしくださいませ。

わりと慌しい1日だった。

2019年5月14日 

今日は朝から大阪へ。

インテックス大阪で開催されている、飲食関係の展示会へ造形店長の今西と一緒に行ってきた。

 

今回は展示会そのものではなく、同時開催されるセミナーで、聞いてみたいものが二つほどあったので、朝一と午後のセミナーを聞くことが主な目的であった。

まず、朝一はメニューデザインのセミナー。

1時間のセミナーなのに、講師の自己紹介が15分以上、自分の趣味とか、友人から受けたサプライズバースデープレゼントのこととか、入社時に自分は50倍という競争率を突破した話とか。

この女性講師、自分はメニューを作るとき、完全なお客様目線で考えると話していたが、セミナーの講師をするときも聴講者目線で講義内容を組み立てて欲しいと思った。

セミナー本編で語られていた内容は良かっただけに、あの長大な自己紹介さえなければ・・・と、思った。

午後は、客単価2,000円以下のお店の収益力アップについての講義。

こちらの講師はコンサル会社の講師だったので、やはりさすがの分かりやすさ。

分かっていてもできていないことも多く、やはり基本の徹底は重要だと再認識。

色々な意味で、とても勉強になった。

 

セミナーを聴き終えたら、私は一路東京へ。

明日は、朝から一件商談が入っており、午後には通販関係のセミナーと個別相談会。

こんどヴェルディの通販をお手伝い願おうと思っている会社に、本当にお手伝い願うかどうかの最終判断。

このところ、時間が許せば可能な限りセミナーや勉強会に参加しているのだが、それによって店の運営方針を変えると言うより、世の中の流れやお客様の動向を知り、考え方を整理するのに役立っているので、やはり時を惜しんで勉強し続けねばと思う。

 

せっかく東上したので、夜は西荻窪でミールス。

西荻窪ガード下にある大岩食堂さんへ。

パパドの下はバスマティライス。

とても食べやすい味。

個人的には少し物足りなかったが、その分サラッと食べられるので、近所にあったらちょくちょく行くだろうと思った。

しびれチキン

2019年5月9日 

昨日は、歩いているとちょっと手がかじかんでしまうほどだったが、今朝はそんな気配すらなく、丁度いい感じの朝だった。

ちょっと雲が多かった分、朝日がまぶしいこともなく快適に歩けた。

 

さて、造形芸大店のメニューが大幅にかわり、オリジナルレシピによるカリーがメインになってから、ちょっとお客様の雰囲気も変わってきたように感じる。

メニュー変更直後、週替わりのスペシャルカリーをご注文下さるお客様は平日だろ2~3名だったのに、今回の「しびれチキンカリー」は、今日一日で15食ほどご注文頂いてしまった。

こちらは鶏むね肉を1枚使うのと、一晩スパイス入りのヨーグルトに漬け込んで焼くため、鶏肉がなくなってしまったら仕込みすらできない。

今回は、1日5食程度だろうと思っていたので、20枚しか肉を仕入れておらず、明日入荷しても漬け置き時間が足りないので、明日は5食しかご用意できない。

有難いような、申し訳ないような。

これからも、もっと美味しくてアッと驚くようなカリーを次々と提供していきたいと思う。

なんて言っていたら、お客様から「いくつオリジナルレシピを持っているの?」ときかれた。

私のカリーノートを見たら、だいたい40種類くらいまでは作れるのだが、あまりにもマニアックで「こんなん誰が食べるねん!?」と思うものもあったりする。

まぁ、ぼちぼちご紹介していきたいと思うので、よろしければお運びください。

なお、新作カリーは Verdi 造形芸大店の Facebook でご紹介しておりますので、よろしければフォローしてくださいませ。

試食会

2019年4月26日 

朝5時、目が覚めたと同時にポツ、ポツ、という音がしたと思ったら、サーっと雨が降り始める音が窓の外から聞こえてきた。

今日はウォーキング中止かな?と思っていたが、いつもの時間には雨も上がり、ちょっと足元がぬかるんでいたが無事に歩くことができた。

雲は多かったが、大文字山はちゃんと見えた。

そして、つい先週あたりまではまだ桜の花も残っていたのに、鴨川沿いはもうすっかり葉桜になってしまった。

よく見ると、もう実がなっていたりして・・・

季節の移ろいを感じますねぇ・・・

 

そんな今日は、今月最後と言うか平成最後と言うか、ともかく10連休前最後の平日。

そうなると今日はバシッと両替をしておかねば心もとない。

10連休を歓迎する人と、あまり嬉しくないという人、けっこう後者の方が多いというようなアンケート結果が出たといったことをネットのニュースで見たような気もするが、そうは言っても政府がそうしてしまったのだから仕方ない。

とりあえず両替をしに銀行へ行った。

今年から両替手数料が上がり、今まではだいたい100円でいけたのに、100枚両替すると200円、101枚以上だと300円かかってしまうのでとりあえず百円玉で300円あることを確認して銀行へ行ったのだが、なぜか私が手数料として両替機に入れた100円玉が何回やりなおしても帰ってきてしまう。

ダメ元で案内係という腕章をしているお姉さんに「この100円玉が返ってきてしまうので替えてくれませんか?」ときいてみたが予想通りダメで、「窓口で両替して頂ければ・・・」と言われたが、番号札を見たら20人待ち。

そんなに店を空けられないので、仕方なく近所にあった自動販売機で一番安いミネラルウォーターを購入して再び両替機へ。

これからはもっとたくさん100円玉を持って両替に行こう。

 

さて、今日は造形芸大の方に、広報を兼ねて新メニューの試食会を開催させて頂いた。

今回は新しくなったメニューの中からカリーを全種類お召し上がりいただくことにしたが、同時に毎週かわる「週替わりカリー」を何種類か作って食べ比べて頂くことに。

ランチのピークが終わったところからカレーの製造スタート。

こちらは、ヨーグルトとピスタチオペーストを使った魚カリーの仕込み。

その隣では、トマトとブルーベリーを使ったポークカリーを同時進行で作る。

魚カリーの方は、ピスタチオペーストとスパイスを入れると、奇麗なイエローグリーンになる。

ポークカリーも、しっかりと煮詰まってぽってりとしてきたどころでベースのマサラが完成。

これ以外に、現在週替わりとしてお出ししている「マラバール風シーフードカリー」と、けっこうファイヤー!なチキンカリー、その名も「火の鳥」をご試食頂いた。

今回お出しした中で、私個人的には一番面白くないカリーが「バターチキンカリー」なのだが、ご試食頂いた中で一番人気は「バターチキンカリー」だった。

やはり、何でも専門的なものって入り口はハードルを低くしておかねばってことなのだろう。

営業的には、売れる商品=良い商品であり、どんなに気持ちが入っていても、マニアには絶賛されても、売れない商品=単なるゴミなわけである。

そういう意味で言えば、個人的に好きな商品と良い商品は必ずしも一致しないが、お客様が喜んでくださる商品をしっかりブラッシュアップし続けて、さらに良い商品にしていけるよう頑張ろう。

cookpadTVとキーマカレー

2019年4月14日 

わりと寒さも落ち着いた感のある今朝は、久しぶりに薄手のジャージで鴨川へ。

今日は午後から雨だったので、朝の段階でもどんよりと曇った空であった。

 

さて、昨日は cookpadTVの心斎橋スタジオで珈琲の焙煎講座をさせて頂いた。

14名の方が集まって、最初に珈琲全般についてサラッと説明した後、自分で焙煎するときの豆の選び方などを解説、そして手網を使っての焙煎を皆で体験して頂いた。

7名ずつ2班に分かれて、1分ごとに交代して順繰りに手網焙煎を体験。

途中から煙が出てきて、香りもしっかりと感じられ、豆がはぜる音を聞いて、みなさん新鮮な驚きをもちながら手網を動かしていた。

ちゃんとした焙煎機で焼くのと比べると、どうしても煎りムラはできるが、自分で焙煎したものの味は格別だったのではないだろうか。

焙煎体験の後は、同じ豆でも浅煎りと中深煎り、深煎りで味が違うということを試飲で体験。

どの焙煎度合いが好みか聞いたところ、面白いことにほぼ1/3ずつできれいに好みが分かれた。

土曜日の午後、みなさまお楽しみ頂けたようで良かったのではないだろうか。

cookpadTVスタッフのみなさん、私も楽しくイベントができました、また機会があったらぜひお呼びくださいませ。

 

で、お昼を食べる余裕もなくイベントに入っていったので、京都へ戻る前に少し食事をしようと心斎橋のアーケードを歩いていたら、ふと目に飛び込んできたのがここの看板。

 

よく分からなかったが入ってみた。

すると、今日はルーとトンカツが売切れたので、キーマしか出せないとのこと。

それでも食べてみようということで、マトンキーマと黒咖哩をライス少な目で注文。

マトンキーマ

黒咖哩

個人的には、「元祖渡辺カリー」というのを食べてみたかったが、今回は売切れ。

こんどまた食べに来てみよう、とは思わないが、もしチャンスがあれば、かな。

 

そして、今日はサロンライヴ。

木管四重奏という、これまでなかったアンサンブルで、曲目も近代フランスものが多く、なかなか楽しいコンサートになった。

今夜の様子は、またこんどご紹介します。

このページの先頭へ