自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. インド・ネパール料理

インド・ネパール料理

デスクワークの一日

2021年10月19日 

今日は下鴨も芸大もお休みなので、私もゆっくり寝ようと思い、昨夜はちょっと遅くまで、Amazonプライムでサスペンスドラマなど見てしまった。

が、なぜか5時半には目が覚めて、二度寝をしようと思ったが結局6時には起きることになった。

で、歩きに出ようかとも思ったが、今日はけっこうデスクワークがたまっていたので、そのままパソコンを開けて仕事開始。

途中、煮詰まったので娘を誘ってコーヒーを飲みに行ってみた。

向かった先は、ヴェルディでも働いてくれていた千晶ちゃん夫婦が営むカフェ タックさん。

行ってみたら先客が・・・

なんで、うちの森本がいるねん?!

というわけで、なんか不思議な雰囲気の中で、今日はマスターの高橋さんが珈琲を淹れてくれた。

間もなくヴェルディでも「コロンビア・ピンクブルボン」を販売開始するが、こちらには昨年のクロップのピンクブルボンがあったので、それを頂いてみた。

しばし歓談をして、メールチェックしたら、けっこういろいろと入ってきていたので、コーヒーを飲み終えたところで帰宅の路に着いた。

戻ったら、夕方まで再びパソコンに向き合い、一日頭を使ったらカレーが食べたくなったので作ってみた。

サブジコルマ(野菜のクリーミーなカレー)とチキンプラオ。

我が家では非常にオーソドックスなカレーではあるが、あまりインド料理店では見かけることのないカレー。

まあまあ美味しくできた。

そんなこんなで、明日からは芸大店でスイーツの新メニューが登場!

よろしければお試しくださいませ。

白梅町までお散歩

2021年9月21日 

今日は朝のウォーキングをサボって、たまにしか作ってやれない娘のお弁当など作ってみた。

が、やはり朝の短い時間で作るとなると、前日からちょっと用意しておくとか、若干冷凍ものを購入しておかないと、なかなか品数は揃えられないので、けっこう手抜きになってしまった。

娘よゴメン。

そんなわけで、今日は朝歩かなかったので、お昼は白梅町まで歩いてカリーを食べにいくことにした。

前回見た黒板メニューで「ビーフコリアンダーブナ」が気になっていたので、今日はそれを食べる気満々。

でも、ランチで忙しい時間に注文したらキッチンが大変だろうなと思って、ちょっと時間をずらして行ってみたら、いい感じでオーダーできて、マダムの教子さんからも「タイミング良かったですね」と言われたので、ヌーラーニのお昼に作るのに手間がかかる料理を注文するときは、少しずらしつつ、それでも時間がかかっても良いという気分で行かねばですね。

で、食べたかったのがコレ

カリーの上にのっているのは、パクチーの根っこを素揚げしたものということで、これがめっちゃ美味しい!

辛さは「おまかせ」と言ったら「辛さ4」にしました。と。

でも、こういった炒め系のガツンとパンチの効いたカリーは、このくらい辛い方が美味しい♪

いいもの食べさせて頂きました。

でも、お昼にこれ食べたら、晩御飯はヨーグルト程度で十分になるから、ある意味ダイエットにつながるかも。

ってことは、夜に食べたら・・・

まぁ、とりあえず緊急事態とか蔓延防止とか、夜の営業時間が制限されている間は、休みの日の昼に食べることにしよう。

超久しぶりに

2021年9月7日 

今日は芸大店久しぶりの定休日。

なので、私も今日はお休み!と言いたいところだったが、営業中ではなかなかできない仕事が山積していたので朝から芸大店へ行ってプリンを仕込みつつデスクワーク。

一応今日は私も休みをとっているのだが、午前中だけで仕事の電話が8本入る。

まぁ、仕事しているからいいのだが、次から休みの日は携帯の電源は切っておこう。

で、今日は何としても17時30分までに仕事を終えて、恐らく3か月ぶりくらいにカリーを食べに白梅町まで行こうと心に決めてスタート。

なんとか17時過ぎに芸大店での仕事を終えて、下鴨へ寄ってから帰宅して着替えたらウォーキングを兼ねて白梅町へ。

まだ18時頃なのに、もう西の空は紅色。

今出川通も、堀川あたりと千本より西では随分雰囲気が変わり、千本通を超えたとたん空が広くなる。

そんなわけで、無事オーダーストップ前にヌーラーニへ到着。

黒板メニューの中で、バイガンバルタとチキンとパイナップルのココナツカリーは間もなく終了ということだったので、チキンとパイナップルのココナツカリーをヌーラーニセットで注文。

まずはセットのサラダから。

チキンとパイナップルのココナツカリーは、もうTHE南インドのコルマ!!!

って感じで、本当に予定調和の美味しさ。

やっぱりヌーラーニのカリーはいいですねぇ。

久し振りにお腹も心も満たされました。

チャイで〆。

超久しぶりにマサラ補給をして、足取り軽く、お腹は重く帰宅の路につくのであった。

食べたかったので

2021年8月17日 

今朝は涼しかった。

そして、川の色がツートーンになっていた。

さて、蔓延防止措置がとられているため(20日からは緊急事態)京都の善良な飲食店は午後8時に閉店してしまう。

そうなると、閉店作業を終えてからでは食事に行ってもラストオーダーに間に合わない。

本当は、カレーを食べに行きたいのだが、ここ数か月は時間的に行けない日々。

それなら自分で作ろう!

ということで、先日はカレーではなくシーフードプラオを作ってみた。

そして、今日はプラオではなくカレーが食べたかったので、ピスタチオのカレーを作ることにしたのだが、先日作ったプラオが少し残っていたので、それにかけてみた。

白身魚とピスタチオのカレー。

まぁまぁイケた。

食べたければ自分で作ればよい、と言えばよいのだが、やはりたまには食べに行きたいなぁ・・・

早くコロナ、終息してもらいたいものです。

カレーが食べたくて

2021年7月5日 

なんだか朝から蒸~っとして、湿気が肌にへばりついてくる感じだった。

そんな今日は、お昼過ぎから雨が降って、お客様の足が途絶えたかと思ったら、夕方にかけては思いのほか多くの方にご来店いただいた芸大店。

平日のランチは休止していることをご存じなくおいでになった方には申し訳ないと思いつつ、まずはオペレーションを確立していかねばという状況。

少なくとも、学校への入り口になる自動ドアが開くまでは、この営業になりそう。

さて、今日は無性にカレーが食べたくなったのだが、まだ蔓延防止措置中で食べに行きたくてもオーダーストップの時間に間に合わない。

そこで、自分で作ることにした。

バスマティライスをスパイスで炒めて、まずはチキンプラオを作る。

これは、北インド風のスパイスでやってみた。

続いて、東インド風にパンチフォロンで玉ねぎを炒めて、チキンを煮込む。

で、チキンプラオとチキンのカリーができあがり。

特にレシピとか見ないで、テキトーに作ってみたが、わりと美味しくできた。

我が家の娘たちにとって、これが「おふくろの味」ならぬ「オヤジの味」

また気が向いたら作ろう。

新大久保面白いし

2021年6月8日 

明日から東京ビッグサイトで始まるカフェ&レストランの展示会のため、今日から私は東京入り。

本当は、明日日帰りしようかと思っていたのだが、就職で東京へ出て行った次女が、今日は研修だけなので早めに上がれるということだったため、次女のところに泊めてもらうことにして今日から東京へ向かった。

で、せっかくだったので、久しぶりに奥沢のアランチャートさんへ。

前回伺ったときは、ちょうど外出されていたのだが、今回はマスターもおられて久しぶりにバッハ系のお店の雰囲気を味わえた。

まずは中深煎りのアランチャートブレンド。

バランスよく飲みやすい、コーヒーらしいコーヒー。

続いて、グァテマラのウエウエテナンゴ中煎り。

私はウエウエテナンゴ産の豆と言うと、パカマラ種を焙煎した経験はあるのだが、こちらは多品種の混合ということで、ストレートなのにバランス重視の味わい。

明るく美しいお嬢様も店をお手伝いされていて、同じく娘を持つ父親としてはちょっと羨ましかった。

奥沢を出たら、新大久保へ。

ちょっと前に、DOMO cafeさんから味についての質問があり、ちょうどDOMOさんのブレンドに使っているニカラグアの農園が変わったところだったので、若干焙煎が不安定になっていたかもしれない。

そんなこともあって、現場でもう一度ブレンドを飲んでみたかったので、DOMOさんへお邪魔した。

実際に、お店でスタッフの方が淹れたものを飲んでみたら、「これ、美味しいやん」と言う感じ。

毎日焙煎したもののテイスティングはしているが、御取引先様専用のブレンドについては、テイスティングする機会が少ないのと、実際のお店でそこのスタッフの方が淹れたものを味見する機会はもっと少ないため、こうして東上した折にはなるべく立ち寄って味をみたいと思っている。

美味しく淹れて頂いていて感謝。

その後、娘と合流して新大久保にあるネパール料理店ラトバレへ。

目的のお店へ行く手前にも、なかなか面白そうなお店が多く、新大久保ってちょっと(いや、かなり)いろいろと探索したいお店が多いエリア。

ちょっとタイ料理店に後ろ髪を引かれつつ、でも今日はネパール料理を食べるんだ!という固い意志を持ってラトバレへ。

まずはパニプリから。

プリ(揚げパン)の中にジャガイモのスパイス和えが入っているものに、タマリンドのスープを入れて食べるインドの屋台スナック。

ネパールでもこれが食べられているのかどうかは不明だが、とりあえず個人的に好きなので注文。

Pangra(パングラ)は砂肝のスパイス炒め。

これは、完全にお酒のアテですね。

娘が食べたそうだったので、モモも注文。

ネパール料理と言うより、モモはチベット料理に分類されるので、ある意味中華の餃子と同源かも知れない。

もっちりしていて美味しかった。

Vegetable Pakoda(野菜のパコダ)、要するに野菜のかき揚げなのだが、ひよこ豆の粉で揚げる天ぷら、香ばしくて好き。

〆はChowmein(チャウミン)要するにネパール風焼きそば。

これに飲み物も入れて、3千円台前半というリーズナブルなお店。

新大久保の懐の深さを見せてもらった気がする。

娘はタイ料理が好きで、駅からこのお店までの間に何軒もタイ料理屋があったので、こんどはタイ料理も食べたいらしい。

新大久保と言えば、コリアンタウンというイメージが強いし、実際表通りは焼肉屋とか韓国のジャンクフードのお店が軒を連ねるが、メインストリートを少し外れると、むしろタイ料理やネパール料理が幅を利かせている。

私の場合、韓国料理については食指が動かないものの、それ以外のアジア料理には大いに魅力を感じる。

また開拓しておくよ、と、娘に言いつつ、なんで京都在住の私が東京在住の娘に東京のお店を開拓しておくと言わねばならないんだ?と疑念を抱いたりして。

でも、新大久保は開拓したくなる街ですねぇ。

このページの先頭へ