自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 2016 3月

2016年03月

長く続けること

2016年3月17日 

今週は、中学校などの卒業式が多く執り行われている様子。

私の娘も、先日15日に中学の卒業式だったが、全く頭になかった私は、その日、朝日カルチャーセンターの講座を入れていたりして・・・

私の友人のお子さんも、今日や明日、卒業を迎えるところが多い。

皆さま、ご卒業おめでとうございます。輝く高校生活を満喫してください。

 

というわけで、この時期は、何かとイベントが多いこともあり、店の方はわりと静か。

お昼時、満席になったりはしたが、普段だと賑わう昼下がり、今日の晴天のように、スカーっとした客席を見ながら、気分は空の色(ブルー)になる私であった。

 

さて、こうして毎日営業していると、売り上げが良い日もあれば、残念な日もあるわけで、これはお客様商売の宿命と言っても過言ではないだろう。

そして、もう少し長いスパンで見ると、開業してから10年以上営業していると、苦労して我慢の営業を耐える時期もあれば、右肩上がりのときもある。

 

我慢の営業をしている時期は、いかにそこから脱却して、この店をお客さまで満たすかということを考え、日々努力して行くわけだが、今の Verdi を見ると、お客様がおいでにならなかった時期、お越し下さった一人一人のお客様に、珈琲のことを丁寧に説明して、最高のサービスを心がけ、必死で営業していた経験を持つスタッフは、もはや私とカミさんだけになってしまった。

 

今現在、毎朝店を開けたら、ほどなく常連のお客様がお越し下さり、午前中から満席になっても驚かない。

珈琲豆が1日に10キロ、20キロと売れても、それが普通なように感じてしまう。

それでも、お帰りになるお客様には「有難うございます」と、言ってお見送りしているのだが、現在のスタッフは、本当に「ありがたい=有ることが難しい」と心から感じとっているだろうか。

これは、お客様がおいでにならないことが普通で、お一人でもご来店下さったときの、心からの喜びというものを知らないと、なかなか実感できないことかもしれない。

 

開業当初、たった一人のお客さまでも、本当に有難いと思いながら、その有難いお客様に、どうしたらまたお越し頂けるか、全力で一人一人のお客様に向かい合っていた時期があったからこそ、そのとき撒いた種が、やがて芽を出し、木となって、今やっと花を咲かせつつあると言っても良いだろう。

 

最近、店を店長以下スタッフに任せ、一歩引いて眺めながら、あの当時の本気さをどうやって、今のスタッフにも理解してもらい、本当に良い商品、良いサービスを提供しようと、心から思えるよう教育して行こうか?と、思うことがある。

現在のスタッフも皆、決して手を抜いてはいないし、頑張って良い仕事をしようと思ってくれていることは分かるし、本当に良い人材に恵まれていると感謝している。

しかし、やはり当時の一生懸命さとは、温度差があるように感じる。

体験していないことを理解することは難しいが、今後よりステップアップするために、その温度差をなくして行けないだろうか?現在の私にとっての最大の課題である。

 

さて、ここ数年「コーヒーブーム」と言われている。

世の中には、エスプレッソ系ドリンクを中心としたコーヒースタンドが林立し、しっかりとその地位を確立しているが、それとは別に、サードウェーブと呼ばれる、アメリカからの上陸系コーヒーショップや、小規模自家焙煎店が次々とオープンしている。

 

先日、焙煎機のことで何人かの人の話を聞いたが、今最も売れているのは1~2キロ程度の小型焙煎機だそうである。

昨今の Verdi は10キロ焙煎機でも、製造が追いつかなくなってきているのに、1~2キロの焙煎機では、少し豆が売れたら、もう朝から晩までフル稼働しなくてはならなくなるのではないか?と疑問に思った。

しかし、焙煎機の販売に携わる方の話では、どうも、本気で豆を売ろうと思っている人は少なくて、自家焙煎というスタイルがカッコイイから、焙煎機を入れている人が多いとか。

『要するに、カッコいいことはしたいけど、リスクは負いたくない人が、自家焙煎珈琲に流れ着いているんですよ』とは、大手の焙煎機メーカーで営業をしている方の弁。

 

私たちは、多くの方に、良い珈琲をご自宅でもお楽しみ頂けるよう、いかに豆をお求めいただけるようにするかを考えて、日々営業してきたのだが、最近の自家焙煎店は、むしろ自家焙煎していること自体に満足している様子。

10キロ釜を導入してしまった私としては、その釜をきちんと稼働させるためには、毎日何十キロかの豆を焙煎できるよう、珈琲豆の販売に力を入れなくてはならなかった。

そうなると、畑仕事で言えば、荒地の石をどかし、土を耕し、種をまいて、水や肥料を散布して、芽が出たあとは、愛情もって接し、丁寧に収穫するという仕事をやり続けなくてはならない。

 

一方で、今現在のコーヒーブームにのっかっているサードウェーブを中心とした上陸系のお店は、畑であろうと荒地であろうと関係なく、ぱっと撒き餌をして、餌につられて集まってきた小魚を網を広げて根こそぎもって行き、漁場の魚が別のところへ行ってしまったら、後は去るのみ。

といったところだろうか。

 

そこで、漁場の魚が別のところへ行ってしまう=新たなブームが起こって、コーヒーブームが下火になってしまったら、自家焙煎がカッコイイと思って営業していた人たちの中でも、しっかりと個性を主張できなかったお店は、群がった小魚の下に、実は荒地しかないことに気付き、耕す体力もなく終わってしまいそうで、今のこのコーヒーブームにとても危うさを感じてしまう。

 

しかし、私たちには、これまで10年以上の歳月をかけて、土作りから始めて耕し続けた大地があるから、ブームとは関係なく、地道に営業を続けるのみ。

流行りはしないけど、そう簡単には廃らないという思いがある。

そういう観点で見ると、Verdi のお客様は、清澄白河あたりのコーヒーショップに並んでいる人たちとはちょっと客層が違うように思える。

まぁ、憂いていても仕方ないので、ブームはブームとして、そこから得られるものは頂戴しつつ、私たちはブームに浮かれるのではなく、今一度創業期の一生懸命さを全スタッフが共有できるよう、心構えから再考しなおさねば、と、最近の自家焙煎店を見て回っていて感じるのであった。

 

で、長く続いているお店と言えば、裏寺あたりにある「サラダの店 サンチョ」

先日、ちょっと用事があって、裏寺あたりの個性的な服飾店へ行ったとき、久しぶりに行ってみた。

P1070097 P1070098

もう、洋食の王道的メニュー。

恐らく、ここへ来たのは、私が学生だった頃以来なので、かれこれ30年近く前に来たっきりではないだろうか。

それだけ長く続けると言うことは、本当にすごいことだと思う。

奇を衒わず、王道を粛々と歩む洋食店に脱帽するのであった。

.

店名:サラダの店 サンチョ

住所:京都市中京区裏寺町四条上ル中の町572 (四条河原町みずほ銀行横上ル 50m)

電話:075-211-0459

営業:11:30~15:30・17:00~21:00(LO)

Web:http://sancho.co.jp/

また お会いできる日まで

2016年3月16日 

こんにちは、土田です。

マスターの日記にもありましたが、昨日は朝日カルチャーセンターの珈琲講座が開催されました。

 

image

 

image

 

以前ヴェルディが開いていた珈琲教室は既に終了していましたので、この風景を見るのはとても久しぶりでした。

 

image

 

image

 

image

 

image

 

image

 

これまでカフェ・ヴェルディの珈琲教室に足を運んでくださった皆様、ありがとうございました。

また何か違った形で、こういった機会を設けられる日を楽しみにしております。
その時はまた、どうぞよろしくお願いいたします。

 

image

 

桜の蕾が膨らんできました。
週末にかけて気温がぐんぐん上がるそうで、いよいよ春の訪れですね。

 

 

image

 

image

 

毎年ひと足早く満開になるオカメ桜です。
今年も綺麗に咲いていました。

 

 

年度末 何かと慌ただしい時期ですので、ぜひヴェルディにひと息つきにいらしてください。
お待ちしております。

 

気兼ねなく

2016年3月15日 

今日は、第三火曜日だったので、お店は休み。

そんな定休日を利用して、朝日カルチャーセンターの珈琲講座を開催させて頂いた。

P1070133

毎回のことだが、焙煎見学以降は、だんだん受講者の方々も、ノリがよくなってきて、楽しみながら珈琲のことを身に着けて頂けるように思う。

が、この店でこのタイプの講座を開催するのも、恐らく今回が最後。

最低1年は、朝日カルチャーでは講座を持たない予定でいるが、秋ごろからは、新たな試みも考えている。

また、お知らせできる段階になったら、この日記でも書きたいと思う。

.

さて、バレエの本番までは、かなりタイトに食事制限をしていた次女。

本番が無事終わったので、昨夜は彼女が大好きなハンバーガーを食べに連れて行ってやることにした。

P1070101 P1070099

次女は、PBM バーガー(ペッパー、ベーコン、モッツァレラ)を注文。

皆、ポテトとサラダとドリンクがついてくるグランコンボセットを注文。

ちなみに私が注文したドリンクは、パッションフルーツネクター、想像通りの味ではあったが、美味しく頂いた。

P1070106

私が注文したハンバーガーは、アボカド わさび バーガー。

この店のハンバーガーは、いろいろ試したが、やはりこれが一番好きかも。

東京でハンバーガーを食べる機会も多い昨今、口が慣れているということもあるかもしれないが、個人的にはバーガーカンパニーさんのハンバーガーが、一番好み。

しかし、次女は本番が終わって、今は多少のリバウンド覚悟で、我慢していたものを食べに出ているが、私は引き続きダイエット進行中。

頑張って、早くインド料理が食べられるよう、ダイエット成功させよう。

.

店名:THE BURGER COMPANY バーガーカンパニー
住所:京都市北区上賀茂松本町15
電話:075-791-1727
営業:11:30~16:00(LO 15:30)・18:00~23:00(LO 22:00)
日・祝=11:30~21:00(LO 20:00)
定休日=火曜日

東京食べ歩記 その3

2016年3月14日 

ちょっと間が空いたが、東京食べ歩記の珈琲店編。

今回は、店内に焙煎機を設置している自家焙煎珈琲専門店も、何軒か回ったのだが、そちらについては割愛。

いろいろと、仕事上のお話しもさせて頂いたので、この日記では控えさせて頂くことにした。

そんなわけで、表参道でロブスターロールを食べた後、食後の珈琲を飲もうということになって、青山通りから少し入ったところにある CAFE KITSUNÉ(カフェ・キツネ)へ。

 

ここは、フランスのファッションブランド Maison Kitsuné が、日本初の路面店オープンと同時に開店したお店。

珈琲そのもののクオリティは、今東京で流行の酸っぱい系エスプレッソだが、店のデザインなどは、なかなか面白いので、一度行ってみる価値があるように思う。

P1070037 P1070038

和風なエントランス、入り口手前には、長椅子があり、何となく井戸端会議できそうな雰囲気。

ドリップコーヒーもあるが、エスプレッソ系がオススメとのこと。

ここへ来る前に行ったブルーボトルに比べると、少し深めの焙煎ではあるが、それでもけっこう酸っぱいラテであった。

P1070041 P1070042

この内装をセンスあるととるか、わけわからんととるか・・・

なんか、外人さんが自分のイメージする日本の喫茶店を作ってみたらこなったというような、いろんな要素をごちゃっと詰め込んだような内装。

ある意味面白く、ある意味居心地が悪く、なんか不思議な空間であった。

続いて、腹ごなしにてくてく歩いて、代々木公園を抜けて、 Fuglen Tokyo  へ。

P1070059 P1070052

なんか、いい感じの外観。

北欧を旅したスタッフの話では、オスロのフグレンは、もっと店頭に多くの席があり、ほとんどの人は外で珈琲を飲んでいるとのこと。

P1070053

ノルウェーでは、最近の東京同様、けっこう酸っぱい系の珈琲が主流だそうだが、こちらのお店は存外にそんなに酸っぱくない珈琲が飲めた。

P1070055 P1070057

なんか、バラバラなようで、統一感のある店内。

この店も、なかなか面白くて、一度足を運んでみても悪くないと思う。

飲食を楽しむと言うより、この場にいること楽しむべき店と言えよう。

その後、新宿に出て、エクセルシオールカフェへ。

ここでは、ドリップによるスペシャルティコーヒーの提供を始めたとのことなので、試してみた。

P1070061 P1070062

私は、イルガチェフを注文、一緒に行った I さんは、マンデリンを注文。

P1070063 P1070064

個人の嗜好というものもあると思うが、サードウェーブと呼ばれる珈琲よりも、私としては、こちらの方が美味しく感じるのだが、世の中はどうなのだろうか。

ただ、やはり質より量を優先せざるを得ないチェーン店では、豆本来の風味を引き出すのは難しく、酸味と苦味のバランスだけで言えば、サードウェーブ系より珈琲らしい味ではあるものの、風味の面では、豆の持つものを十分には引き出せていない感は否めない。

今回の東京めぐりを通して、これからの日本の珈琲業界は、どうなっていくのだろう?と、多くの疑問を持った二日間。自分なりに、分析は進めているので、またそのあたりは追々日記に書いていければと思う。

で、今回の東京で、また体重が1キロ少々増えてしまった。

お金は、増やそうと思っても、なかなか増えないし貯まらないのに、体重は減らしたくても油断したらすぐに増えてしまう・・・

福沢さんと、体重、逆だったらいいのになぁ・・・

このページの先頭へ