自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 2016 3月

2016年03月

並んでいなかったら

2016年3月3日 

今朝、いつものように鴨川沿いを歩いているときは、放射冷却もあって、けっこう寒く感じた。

が、昼間はコートがいらないような、気持ちの良い晴天。

下鴨神社で執り行われた『流し雛』には、爽やかな青空の下、多くの人が集まったのではないだろうか。

 

そう言えば、今日はひな祭り。

三人娘のいる我が家では、なんらかのことをしてもよさそうだったが、何にもなし・・・

なんだか娘たちに悪いなぁ、と、思いつつ、友人のFacebook を見ていたら、「旧暦でひな祭りをやる」なんて書いている人も多かった。

ちょっと安心。

 

さて、先日『タイガー餃子』で、坦々麺を食べたと言っていたら、長女が「坦々食べたい」と言うものだから、久しぶりに、ダメ元で華祥さんへ行ってみたら、運よく行列ができていなかったので入ってみた。

P1060971

まずは、ブロッコリ炒め。

こういう、普通に何気ない一皿が、しみじみ美味しいというのは素晴らしいと思う。

P1060974 P1060978

娘は、食べたがっていた坦々麺、私は、オイスター焼きそば。

この焼きそば、麺のカリッとした部分と、しっとりした部分のコントラストが良く、ネギだけのトッピングという潔さも私好み。

カウンターの中では、田口シェフと息子さんが、ひっきりなしに来るお客様の注文を次々と作って行く。

その姿を見ながら、まだあの雑居ビルの2階にあった頃を良く知る長女は「昔は、ほのぼのしてたんだけどね」と、ちょっと感慨深そうであった。

いつ行っても、行列ができているので、なかなか伺うことはできないのだが、また前を通ってみて、並んでいなかったら入ることにしよう。

.

店名:中国料理 華祥
住所:京都市左京区田中里ノ内町41-1
東大路・御陰通交差点を北へ2軒目東側
電話:075-723-5185
営業時間:11:00~14:30 17:30~21:30
水曜定休
Web :http://www.kasyou.jp

桃の節句

2016年3月2日 

こんにちは、土田です。

明日は雛祭りですね。

image

雛祭りといえば

ちらし寿司・蛤のお吸い物・ひなあられ・引千切…
そして三色ゼリー。

image

今でも給食に出るのでしょうか?
私は大人になってからも毎年食べていて、これを食べると年度末を実感します。

 

2015年度も残りわずか。
春は目前…
と思っていたら、先日、突然の大雪。
積もる速さにびっくりしました。

 

image

 

image

 
降り始めて1時間も経たないうちに、翌日の通勤が心配な状況になりましたが、道路の雪は朝にはほとんど解けていてホッとしました。

 

 

image

 

image

 

今週末にはまた暖かくなるそうで、最高気温20度の日もあるとのこと。

不順な天候が続きますので、くれぐれもご自愛くださいませ。

 

 

image

 
今週のコーヒーは パナマ・ゲイシャです。
ぜひ、お試しください。
ご来店お待ちしております。

 

 

雪降る寒い午後に

2016年3月1日 

昨夜降り始めた雪は、うっすらと地面を白く塗りつぶしたものの、日が昇るとすぐに溶けてしまい、雪かきが必要かと思って、早めに出勤したものの、開店のころには、何もなかったかのような路面。

しかし、今日も雪は断続的に降ったりやんだり。

青空が見え日差しがまぶしいと思っていたら、いきなり雲が広がり、雪が舞うという、営業的には最も辛い空模様だったが、幸か不幸か雪は積もることなく、寒さだけが身を突いた。

IMG_2298 IMG_2299

今朝のウォーキング時、芝の上を歩くと、シャキシャキと凍った雪が音を立てて、なんとなく心地よかったものの、橋の上や石畳は、凍って滑って怖かった。

さて、先日のこと、ムーンバランスの辻村先生とお話をしていたとき、ある小規模なコーヒーチェーンの店舗デザインのことが話題になった。

先生曰く、「東京のRみたいな、洗練されたところから、ちょっと崩したような雰囲気が、サラリーマンに受けるのは理解できるのだが、あの小規模チェーンのデザインで、あれだけいつも混んでいたら、ちょっと自信なくすな」と。

たしかに、そのチェーンの店舗デザインは、いかにも安く上げた感じで、洗練とかモダンとか、そういう形容詞とは縁遠いイメージを受ける。

しかし、いつ前を通っても、大勢のお客で賑わっているのである。

そうしてみると、私の場合でも、人気のお店の情報を得て、偵察に行ってみたとき、「この珈琲のクオリティで、こんなにお客が入っていたら、ちょっと自信なくす」と思うことがしばしば。

それも、味や商品の品質は別として、話題性やデザイン性が注目を得ているお店なら、まだ分かるのだが、『なんで?』と、思うような雰囲気と接客、商品のクオリティーも言うほどではないお店が、なぜかすごく流行っていたりする。

人間、いろんな価値観の人がいるから、この世の中面白いのだが、どう見ても「???」と思ってしまうお店が流行っていて、素晴らしい品質のお店が、言うほどでもないところなどを見ると、どうも憤然としてしまうことがある。

と、嘆いていても仕方ないので、時間を見つけては、いろんなお店へ行って、その店がどうしてお客様を集めているのか考えているものの、どうしても訳が分からないときもある。

もっと頭を柔らかく、物事の真理と人の心理の細かい揺れ動きを感じ取らねば、と、思う今日この頃。

雪と寒さもあってか、寒風吹く店内で、なんとなくそんなことを考えてしまった。

明日は、考える余裕もないほど、多くのお客さまで賑わったらいいなぁ・・・

このページの先頭へ