自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 2016 4月

2016年04月

春いろいろ

2016年4月8日 

昨日の激しい風雨で、かなり桜も散ってしまった様子。

そんなわけで、今朝のウォーキングは、桜の絨毯の上を歩くことになった。

IMG_2472a

さて、今日は次女の高校入学式。

Verdi を開店した当初は、まだ2歳11か月だった次女、本当は翌年の4月から幼稚園に入るところをちょっとフライングで、3歳ちょい前から幼稚園に入れてもらって、なんとか店をオープンさせたことが昨日のように・・・

と言うほど最近のことには思えないが、それでも早いものである。

P1070276

そんなわけで、早めに4軒ほど配達に回り、午後からの入学式に出たら、残りの配達をして回るということに。

なんだか慌ただしく一日が過ぎて行った。

さて、昨日は、北海道の帯広で、Verdi の豆を使ってカフェを営業されている素敵なマダムがご入洛。

せっかくだったので、いろいろとお話がしたいと言って下さったので、岡崎のオ・タン・ペルデュでケーキと珈琲を頂きながら、楽しいひと時を過ごさせて頂いた。

P1070268

ブションのガトー・オ・ショコラのような感じかと思いながら食べてみたら、思いのほかブランデーの香りが強く、日ごろアルコールを飲まない私は、目の前の帯広美女に酔ったのか、ケーキの洋酒に酔ったのか・・・

小雨に交じって、桜吹雪が舞う岡崎で、優雅な時間をすごさせてもらった。

2日ぶりに

2016年4月7日 

今日は、入学式の学校も多かったようだが、残念ながら、けっこう激しい雨。

この雨で、咲き乱れていた満開の桜も、ほぼ終わってしまった感が強い。

実は、満開の桜より、新緑の並木の方が好きな私としては、あまり残念には思わないのだが、せっかく花見を楽しもうと思っていた方には、恨めしい雨だったかも。

 

それにしても、好天だった昨日は、週末並みに多くのお客様がご来店下さったが、今日はトホホな店内。

やはり、この時期の人出は、天気に左右されることが多いものである。

 

さて、昨日・一昨日と、節制食にしており、炭水化物を摂っていなかったので、今日は3日ぶりに何か食べようと、久しぶりの『そば鶴』さんへ。

店に入ってみると、カウンターには Verdi のお客様が。

なんとなく男トークに花が咲き、楽しい夕食となった。

P1070270

まずは、スジコン。ここへ来ると、ついたのんでしまう、安定の美味しさ。

P1070272 P1070273

そして、「ぶっかけそば」。

これも、なんだかいつも、ぶっかけになってしまうのだが、いつ食べても美味しいなぁ、と。

Verdi のカウンターに立っていると、毎回同じ珈琲をご注文下さるお客様もいらっしゃれば、毎回違うものをお召し上がりになるお客様もいらっしゃる。

そういう意味で言えば、私はさしずめ前者なのか?と、思いつつ。

久し振りに食べた蕎麦は、美味しかった♪

.

店名:そば鶴
住所:京都市左京区高野玉岡町74
(曼殊院道 東大路 西入る)
電話:075-721-2488
営業:11:30~14:30 18:00~21:30
月曜定休
Web :http://sobatsuru.cocolog-nifty.com/

2016年4月6日 

こんにちは、土田です。

桜が咲きましたね。

image

Processed with VSCO with c1 preset

image

今か今かと開花を待ち侘びていたのに、気づくと満開を過ぎ、もう綺麗な花吹雪です。

 
今年も、大好きな円山公園の枝垂れ桜を見に行きました。
相変わらず妖艶で美しかったです。

image
辺り一面、見渡す限りの大宴会。
お花見の時季の夜は、真冬とは違う独特の寒さがありますが、震えながらの屋台は楽しいです。

image

それにしても、祇園界隈の人の多さには驚くばかりです。
貸し衣裳の着物が大流行しているようで、海外の方の着物姿をたくさん見かけました。
なかには巫女さんの格好をした人も…

 

image

桜が満開の河川敷でウエディング写真、の様子です。
最初はとても驚きましたが、最近では通勤路の日常風景です。

聞くところによると、他の場所でも行われているとのこと…

何年か前、”新京極の真ん中で見つめ合う花嫁さんと花婿さん” を撮影する現場に遭遇したことを思い出しました。
齷齪した雑踏とのコントラストが、きっと素敵な演出になるのでしょうね。

 
暖かくなり、ヴェルディにもたくさんのお客様にお越しいただいております。
お忙しい毎日の中で、少しでもゆっくりほっこりしていただけるよう努めてまいります。

夜は少し冷えますので、何卒ご自愛くださいませ。

 

 

取り返さなきゃ

2016年4月5日 

今日は、後半に少し盛り返したとはいえ、やはり北海道展の影響か、比較的お客様は少な目。

出町柳あたりを通ると、ものすごい人が出てきているのだが、まぁ、そんなものでしょう。

 

さて、私はオペラが好きだから、店名を『Verdi』にしたわけだが、イタリアのオペラ以外でも、ワグナーも聞けばグノーも聞くし、という感じだったが、正直言って、チャイコフスキーは、常識の範囲内しか聞いていなかった。

しかし、娘がバレエなどしていると、何かと耳にする機会も増え、やがて「チャイコって、他にどんな曲を作っているのだろう?」という疑問にかられ、数年前に、つい買ってしまったのがこれ。

IMG_2444 IMG_2446

CD 60枚組のチャイコフスキー全集。

なかなか全てをじっくりと聴きこむ余裕はないのだが、チャイコってすごいなあぁ、と、感心することしきり。

特に、後期の管弦楽曲は、特に和音の作り方が素晴らしい、と、最初は思っていたが、和音というには、あまりにも複雑で、むしろ主旋律と副旋律のからみあい。

さっきまで副旋律を奏でていた楽器が、主旋律に変わったと思ったら、また副旋律にかわっていく。

楽器と主題の関係性が、変幻自在に移り変わりながら、一つの曲をまるで竜巻のように全てを巻き上げつつ進行していく。

花のワルツなんて、もう、本当にその最たるところのように思った。

一方で、彼自身がピアノを上手く弾けなかったこともあってか、どうもピアノ曲は苦手だったように感じざるを得ない。

チャイコのピアノソナタなんて、滅多に聞く機会はない、と、言うか、そもそもチャイコはピアノソナタなんて作っていたのか?と、思うほどなのだが、全集に入っていたので聞いてみたら、情けないほど面白くない曲であった。

そんなこんなで、最近こういう一人の作曲家にスポットをあてて作られる全集が、思いのほか安価で手に入るので、なかなか今まで聴けなかったような曲も聴くことができるので有難い。

実は、バロックというジャンルが、私にとってはよく分からないものの一つだったので、最近、テレマンや、ボッケリーニ、コレルリの全集なども購入して聴き始めているのだが、どうも、眠くなってしまって・・・

まぁ、ちょっとずつ聴いていくことにしよう。

以上、昨日・一昨日と、けっこう食べてしまい、体重が1キロ戻ってしまったので、それを取り返すべく、今日と明日は、節制モードの私であった。

いろいろお祝い

2016年4月4日 

ここ1か月ほど、雨降りの日でも、なぜか朝の6時前後は曇り空だったりして、日課のウォーキングを休む日はなかったのだが、今朝は5時半に起きて、カーテンをあけたら、しっかりと雨が降っていたので、久しぶりにゆっくり寝てみた。

でも、朝歩かないと、なんとなく調子が出ない。

昨年あたりから「ルーティーン」なんて言葉が流行っているけど、私のウォーキングは、まぁ、そんな感じになっているのだろう。

 

さて、我が家の3月は、ともかく娘のバレエの発表会を中心に回っていた感は否めない。

で、バレエの本番前というのは、娘にとっては練習と共に、ダイエットも励まねばならない時期。

そんなこともあり、三女の誕生日も、ちゃんと祝ってやれなかった上、3月の後半は、何かと慌ただしくしており、バレエの本番お疲れ会も、次女の中学卒業おめでとう会もできないまま4月に入ってしまった。

 

そこで、今夜は家族そろって、諸々のお祝いをまとめてすることになり、子供たちが大好きな『シュラスコ』を食べに大阪まで行ってきた。

行った先は、『BARBACOA』。

昨年、長女と次女の誕生日をまとめてここでやったら、娘たちは大喜びだったので、まぁ、今年はブラジルでオリンピックも開催されるから、シュラスコもいいんじゃないかって。

IMG_2436 IMG_2437

サラダバーも、ちょっといい感じで、ファミレスなどのものにはない野菜がたくさんある。

でも、こういうのを見ると、どうしても原価率とか、見せ方による演出などで、いかにコストダウンをはかっているかとか、考えてしまって、純粋に楽しめないところが悲しい性。

IMG_2442 P1070255

テーブルに、次々と塊の肉を持ってきて、その場でカットして提供される。

IMG_2441 P1070257

なにげに、焼きパイナップルが、けっこう美味しくて、肉の合間に食べると、いい感じでリセットできる。

でも、こうしていろいろな部位の肉を食べ比べると、同じビーフでも、本当に部位ごとに味も食感も違って、なかなか面白い。

久し振りに、ほぼ肉だけでお腹いっぱい。

炭水化物は摂取していないものの、これだけ食べてしまうと、さすがにカロリーオーバー。

明日から、再度ダイエット頑張ろう。

ピークでしょうか

2016年4月3日 

京都の桜も開花が進み、この週末は早めに咲く桜の見ごろだったのだろう、多くの人が入洛していたようである。

そんなこともあってか、北海道展開催中ではあったが、土曜日は普段の1.5倍ほど。

今日は、天気が今一つだったこともあったが、それでも先週あたりに比べると、多くのお客様にお越し頂けた。

 

さて、この週末、うちのカミさんの東京に在住する祖母が、100歳の誕生日を迎えると言うことで、カミさんと娘たちは東京へ。

そんなわけで、我が家には私一人だけ。

で、前から密かに、自分一人で一皿食べたいと思っていたものを食べに、七福家さんへ行ってみた。

P1070238

まずは八宝菜。

なんてことない、非常にオーソドックスな料理なのだが、そういう普通に一般的なものが、とびっきり美味しく頂けると言うことは、本当に幸せだと思う。

しみじみと美味しいなぁ、と思いながら頂いた。

そして、これ、一度でいいから、一人で一皿食べてみたかった!

 P1070242 P1070245

メニューに書かれている商品名は『京都肉球=げんこつ』。

何かというと、『豚ロースの揚げ物、黒酢ソース』なのだが、これがジューシーで美味しい。

しかも、すごいボリューム!

いつもは、何人かできて、これを皆で分けて食べるのだが、今日は一人で食べてみた。

が、やはり美味しく食べられたのは、半分くらいまでで、ダイエットで胃袋が小さくなっていることもあるだろうが、半分を過ぎたあたりから、ちょっと辛くなってきた。

やはり、次回からは何人かでシェアして頂くことにしよう。

.

店名:上海家庭料理 七福家
住所:京都市左京区聖護院山王町25-11
電話:075-771-3833
営業:11:30~14:30、17:00~22:00
水曜休

このページの先頭へ