自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. トップページ
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 2016 5月

2016年05月

日帰り弾丸和歌山ツアー・後編

2016年5月31日 

今朝は、寒くもなく暑くもなく、絶好のウォーキング日和、なかなか気持ちの良い朝だった。

IMG_2860

しかし、昼間は気温も上がり、真夏とまでは言わないが、少し動くと汗ばむ陽気。

今日は打ち合わせやら、なんだかんだと、朝から夕方まで外に出ていたのと、車で移動していたので、屋外の駐車場に停めておいて、しばらくしてドアを開けると、中はサウナのような状態。

けっこう暑かった。

.

さて、昨日の和歌山行の続き。

珈琲百物語というお店を後にしたら、こんどは自家焙煎の珈琲専門店へ行ってみた。

P1070714 P1070716

行った先は、『自家焙煎珈琲もくれん』さん。

交通の便が良い場所にあるわけでもなし、近くに何かがあるわけでもなし、住宅街と言うべきか、それにしては住宅の密集度合いも低い感じなのだが、そこの現れる不思議な空間。

独特の空気感を持ったな横丁の一角に、その店はあった。

P1070711 P1070713

「焙煎度合いは?」ときいたら、「うちは、基本まっ黒です」と、豆を見せてくれた。

確かに、Verdi のインディア以上の黒さ!

それをネルでていねいに淹れてくれるのだが、見た目通りスモーキー&ビターなのに、少し砂糖を入れたら、スーッと軽くなる。

立地的に、そんなに良いとは思えない場所なのに、けっこう多くのお客様が入っていて、人気の高さが窺えた。

P1070718

深煎りの珈琲を飲んだら、今回の主目的である『匠 太平』さんへ。

目についたケーキを数種類購入してみた。

P1070728 P1070733

P1070737 P1070726

P1070731 P1070729

P1070738

こちらのケーキは、決して奇を衒わず、最近の流行とは一線を画す、オーソドックスなものが多い。

同時に、そんなオーソドックスなものが、どれも高い完成度で、素直にとても美味しい。

まさに、王道を極めている店と言っても過言ではないだろう。

ケーキでも珈琲でも、雑誌などを見ると、「新しい」をコンセプトに、見た目の派手さやスタイルだけが先行しているものがあふれている。

でも、「新しい」ものは、遠くない将来「新しくない」ものに劣化してしまい、もう少し先には「古い」ものになってしまう運命を持っている。

しかし、王道は、決して新しくないが、時間の経過とともに、古くなると言うより、深くなっていくもの。

Verdi の珈琲は、決して新しいものではないが、しっかりと王道を極めたものであるよう、私たちは日々努力しているわけで、そういう点で『匠 太平』さんには、共感できるものが多かった。

目新しいものは、それだけでアドバンテージがある一方、伝統的なものは、クオリティの追及でしか差別化は図れない。

私たちも頑張らねばだばぁ、と、思った。

.

ケーキを購入したら、京都へ戻るまでに、「道の駅」で野菜などを購入。

新鮮で安いものがいっっぱいだった。

P1070719

そんなわけで、明日は店長土田の日記です。

どうぞお楽しみに。

日帰り弾丸和歌山ツアー・前編

2016年5月30日 

朝のウォーキング、雨が降っていたらお休みなのだが、今朝は雨天中止になるだろうと思っていたら、なぜか5時過ぎに雨音が聞こえなくなる。

まぁ、休みたいわけではないので良いのだが、どうしてこうも、雨の日でもピンポイントで午前5時半~6時半の間は雨が降らないのだろうか?

でも、やはり毎朝歩いている人の多くは、今朝は雨天中止を決め込んでいたようで、いつもと比べると、毎朝すれ違うはずの人と、ほとんど会わずにウォーキングを終えた。

かわりに、つがいの鴨とすれ違い♪

IMG_2839 IMG_2838

さて、そんなわけで、雨のち晴れの今日は、和歌山でしょ!

ってことで、娘たちを送り出したら、カミさんと一緒に和歌山へ行ってみた。

まずは腹ごしらえ。

何軒か候補を出して、車の中でカミさんに、どこへ行くか選んでもらったのだが、「チーズフォンデュが食べたい」という一言で、「ヴァベーネ」というイタリアンへ行くことになった。

 P1070674

フォンデュランチは、シーザーサラダとプリフィクスのピッツァとパスタ、ドルチェがついて、一人2,000円弱。

ピッツァはマルゲリータをチョイスした。

P1070661 P1070663

そして、チーズフォンデュ。

チーズにつける具材は、バゲットオンリー。

実は、私はチーズフォンデュと言うものに全く魅力を感じていなかったので、今回初めて食べた。

P1070664 P1070666

パスタは、日替わりの「豚肉といんげんのトマトソース」をチョイス。

P1070670 P1070671

ドルチェ盛り合わせと、紅茶で〆。どの皿も、期待値通りであった。

.

お昼を食べたら、せっかく和歌山へ来たのだから、和歌山城へ。

昔の甲冑ってカッコイイ!

P1070682 P1070685

口元は、ハンニバルっぽくってカッコイイし、頭部分は、ダースベイダーっぽくていいですねぇ・・・

P1070688 P1070690

天守閣から望む和歌山市内、青空も見えて来て、とても清々しい光景であった。

IMG_2852

和歌山城を後にしたら、「珈琲百物語」というお店へ。

P1070710

プリン ア ラ モードと、フレンチトースト。

P1070705 P1070709

こちらも、概ね予想通りであったが、比較的年齢層が高め。

京都だったら、私より下の年代の人が主要顧客になりそうな店なので、ちょっと意外だった。

それにしても、こうやって初めての場所へ行って、いろんなお店で食べると、その土地の食文化が分かって面白い。

しかし、とりあえず夜までには京都へ戻らねばなので、食べ終えたら急いで次の店へ向かうのであった。

つづく

レイトショーなど

2016年5月29日 

今朝は、雲一つない青空で、日差しが強かった。

しかし、鴨川沿いを通る風は心地よく、やや涼しい朝の空気は、今日も一日頑張ろう!という元気を与えてくれる。

IMG_2823

今日は、絶好の行楽日和!と思っていたら、お昼過ぎからは雲が広がり、夕方からは雨。

天気予報通りの展開となったが、それでも少し暑さが和らいだせいか、午前中から途切れることなく多くのお客様がお越し下さり、終わってみれば、G.W.中よりも忙しい日曜日であった。

.

さて、昨日のことではあるが、ちょっと気分転換に、カミさんとレイトショーで映画を見に行ってみた。

予告編を見て、なんとなく気になっていた 素敵なサプライズ

あまり恋愛映画を見ない私だが、まぁ、たまにはいいかな。ってことで。

IMG_2821

予想していた展開よりも、直球勝負と言うか、ひねりがないと言うか、裏の裏をかかれた気分で、純粋に楽しめた。

たまには、日本映画やアメリカ、イギリスといった国以外の映画も面白いものである。

で、いつも仕事を終えてからバタバタとレイトショーを見に行く上、映画が終わった後は、ラーメン屋くらいしか開いているお店がないので、上映前にサッと食べるのだが、そうなると、カレースタンドか丼屋さんになってしまう。

しかし、今回は、ちょっとだけいつもより余裕があったので、久しぶりに大戸屋へ行ってみた。

P1070640 P1070642

ねばねば系の皿と、大戸屋といえばコレ、「おかあさんのチキン煮定食」

ねばねばの山芋が、何となく粉っぽくてイマイチだったが、チキン煮の方は、予定調和の王道味。

でも、なんか、最近日記にアップしているのって、こういうのばっかりだなぁ・・・

よし、明日の定休日は、ちょっと遠出して、何か美味しいものでも食べに行こう。

回転寿司での出来事

2016年5月27日 

毎朝、鴨川のウォーキングをはじめて1年半、天気予報が雨でも、なぜか私が歩く時間は、雨が降っていないことが多い。

今朝も、4時の時点では、けっこうな雨音がしていたのに、5時を回ったら雨が止んでしまった。

なので、今朝もウォーキング。

IMG_2757 IMG_2765

雨上がりは、なかなか気持ちの良いものである。

.

さて、私は昨日、髪の毛を切ってみた。

IMG_2806

でも、誰も何も言ってくれない。

と、悲しみながら、毎朝チェックする このブログ を見てみたら、同じように髪の毛を切ったのに気付いてもらえない人がいたことを知って、ちょっと安心した。

同時に、無性に「まぐたく」が食べたくなり、つい、回転寿司へ行ってしまった。

.

回転寿司でもうどんをオーダー

IMG_2787

出汁は、普通の設定だ。

アップで

IMG_2788

そして、これを頼まずにはいられない。

IMG_2781

まぐたく軍艦

出てきたのはこれ

IMG_2783

ほぼ写真の通りだが、いつもは違う設定らしい。

彼は、嫌がらせをされているのかもしれない。

.

そして、前回彼が頼んだ『豪快いか天(マヨ)』は・・・

探したのだが、天ぷらのカテゴリにもなかった。

かにカマ天にぎりに、とってかわられてしまったのか?

IMG_2782

いや、どうやら、傾いた客がブログで告発したので、急いで対処したのだろう。

ユニークな店である。

それではまた明日。

の前に、彼女も先日髪の毛を切った。

みんなに「髪の毛切ったんだ♪」と、言ってもらっていた。

IMG_2800

おしまい。

久々パスで

2016年5月26日 

今日は、まだ仕事が終わらず、日記を書いている余裕がありません!

そんなわけで、久しぶりに今夜の日記はパスということで。

IMG_2753

今朝の鴨川。

雲の切れ目から、青空は見えるものの、風の匂いに雨の予感が漂う朝でした。

宮島

2016年5月25日 

こんにちは、土田です。

 

海のない場所で生まれ育ったので、海を見るとテンションが上がります。

「海!」と声に出してしまいます。

 

image

 

 

 

最近は高野川でもちらほら見かける鹿ですが、凶暴さはその比ではありません。

 

image

 

お土産の入った紙袋をビリビリにされている人、観光マップを奪われそうになって応戦したけど手もとに切れ端しか残らなかった人、
麦わら帽子をとられて泣きじゃくる子供…

 

image

たぶんあちらは可愛がられようと思っていないので、かわいいー!と言って無防備に近づくのはちょっと危険です。

 

 

image

9ヶ月ぶりの宮島。
広島に行くのは、縁あって、この1年で3回目でした。

 

真夏でも、冷房がついているのかと思うほど涼しい厳島神社。
佇まいが、それはそれはかっこいいです。

image

image

image

 

”人と神々が共に生きる島”
これは宮島観光サイトのコピーですが、本当にそういう印象を受けます。

 
バリエーション豊かなもみじ饅頭
お芋、チーズ、お餅…

image

 
外見そのものが違うものもあります

image

image

揚げもみじ、めちゃくちゃ美味しかったです。

 

 

image

 
こちらは、たい焼きでお馴染みのクロワッサン仕立てでございます。

そのうち八ツ橋も揚がったりするのでしょうか。

 

 

地ビールを飲みながらあなご丼をいただき、海沿いのおしゃれなコーヒー屋さんでお茶をして、初夏の宮島を満喫しました。

今度は満潮の厳島神社を見に行きたいです。

 

 

1 / 512345

このページの先頭へ