自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 2017 7月

2017年07月

台湾出張記 その3

2017年7月30日 

昨夜、ホテルに戻って寝ようと思ったら、外はまさに嵐の真っ只中といった音がしている。

明日のコーヒーフェスティバルは、無事開催できるのか?と心配しつつ、開催された場合、初日の予想を上回るご来店数で、すでにヴェルディブレンドの豆が底をついているのに何を出そう?と思いつつ床についた。

一夜明けた今朝は、台風一過の眩しい青空。

しかし、夜中に通り過ぎた台風の爪痕はあちらこちらに散見され、多くの街路樹や路上に停めてあるバイクが倒れていた。

開場の華山1914 は被害なく、無事二日目が開催されることになったのだが、さて豆はどうしよう?と、心配していたら、DOMOの方が「ドリップバッグを使ってコーヒーを出しましょう」と、なかなかの荒技で行くことになった。

そんなわけで、お客様には挽きたての豆ではなく、ドリップバッグの豆を使っている旨ご説明しての提供となった。

そんなこともあり、さすがに昨日ほど並ばれることはなかったが、それでも多くの方々がVerdi の珈琲を求めて下さって、本当に有難いことであった。

そして、手前味噌ではあるが、実際にドリップバッグに入っていた粉を使って抽出してみたが、挽きたてと比べると全く同じとは言えないものの、Verdi のドリップバッグって、なかなかイケるなぁ、と再認識したりして・・・

とは言え、やはり挽きたてのように、モコモコっと膨らまないので、通り過ぎる人が思わず足をとめるほどのインパクトは無し。

もっと豆が潤沢にあれば、と、後悔するのであった。

そして、午後2時からは、FIKA FIKA のJamesさんがお越し下さり、抽出コーナーを交代。

私はワークショップへと向かった。

今回私がさせて頂いたワークショップは、同じ豆を火力とダンパー(排煙)の調整で、違う味に仕上げて、それを試飲していただき珈琲の焙煎による味作りについて解説すると言うもの。

満席のご参加を頂いた

(真ん中の空席は映写スタッフの席)

こういうとき、わりとウケを狙った言い回しなどもするのだが、昨日のお客様には、冗談が通じないほど真剣に聞いて下さっており、通訳をして下さった方が「私の訳仕方が面白くなかったのか?」とおっしゃっていたので、今日はジョークは交えず真剣勝負のトーク。

質問も多く出て、本当に参加者の熱気が感じられた。

ブースへ戻ったら、Jamesさんから抽出を引き継ぎ、ワークショップのために持ってきた豆が、まだ1キロ近く残っていたので、後半はその豆を使ってハンドドリップ。

こんどは、きれいに膨らんで、前を通行する人も、足を止めて抽出に見入って下さり、再び昨日のような活況となり、そのまま無事二日目を終えられた。

今回はDOMOさんとのご縁を頂き、このような機会を頂いたことに感謝。

そして、DOMOやFIKA FIKAの本当に優秀なスタッフのみなさんには感謝と同時に、その仕事ぶりはVerdi のスタッフにも見習わせたいほどで、私も非常に多くのことを勉強させて頂いた。

今回のイベントを通して、新大久保にできたDOMO CAFE が、本当に日本と台湾の珈琲を通した文化交流の場になれば良いと心から願うのであった。

.

そんなわけで、今夜頂いた美味しいもの。

漬物は食べ放題

牛肉麺

アップで

美味しく頂きました。

台湾出張記 その2

2017年7月29日 

台北のコーヒーフェスティバル初日。

Verdi は、こういったイベントに出店することはなかったのだが、今回はDOMO CAFEから始まって、あれよあれよで台湾との関わりが深くなってしまい、今日に至ることになった。

開店準備をする出店者の皆さん

開場1時間前から多くの人が並んでいる。

そして、いよいよ開場。

こういうイベントって、どうなるのかよくわからないまま、とりあえずコーヒーを一杯淹れてみたら・・・

いきなりブースの前には人だかりが出来て、抽出用に用意した5キロの豆が、きれいになくなってしまった。

明日は、どうしよう・・・

まぁ、明日は明日の風が吹く。

ワークショップでは焙煎について、試飲と解説。

明日は台風が上陸するかもしれないのでどうなるかわからないが、とりあえず初日は大盛況のうち終了。

今回はDOMOのスタッフの皆さんが、準備から始まり、ものすごくパワフルで、一生懸命頑張ってくださり1日を乗り切れた。

カミさん曰く、「Verdi に連れて帰りたい」と思うような仕事ぶり。

明日も頑張ろう!

 

台湾出張記 その1

2017年7月28日 

明日、明後日に開催される台北での珈琲フェスティバルに参加するため、昨日より台湾へ。

今日は、その会場で準備と打ち合わせ。

華山と言うところへ。

ここは、以前工場だった跡地の、廃屋を利用して作られた施設で、元の建物をリノベーションしつつ、映画館や飲食を誘致し、週末には多くのイベントが開催される多目的スペースとして台北で人気のスポット。

さしずめ、日本で言うなら、横浜の赤煉瓦倉庫といった雰囲気。

こんなイベントも開催されていた。

会場に入ると、出店準備の慌ただしさと、すごい活気にあふれていた。

今回は、台湾の人気店FIKAFIKAさんと合同で、先日新大久保にオープンしたDOMO CAFE としての参加。

台湾で人気のアーティスト米力さんデザインのパッケージで、ヴェルディブレンドのドリップバッグも販売。

ワークショップをするステージの進行打ち合わせも終わり、とりあえず抽出の段取りを一度試してみようとドリップをしてみた。

コーヒーを淹れ始めたら、なぜかすごい人が集まって来てちょっと恥ずかしかったり・・・

驚いたのは、私がテスト抽出したコーヒーを飲んで「バッハの味に似ている」と言った台湾の若きバリスタがいたこと。

一度だけ飲んだバッハの味を覚えていて、私のコーヒーを「バッハの味に似ている」と言うなんてすごい!(左の男性)

台風が心配だが、多くの方にVerdi のコーヒーをお楽しみ頂けたらと思う。

.

で、今日の美味しかったもの。

  1.  

酸辣湯

小籠包

蒸した豚

海老と春雨の煮込み

どれもとても美味しかった。

そんなわけで、明日からが本番!張り切って行こう!!

人混回避 早朝参拝 無病息災

2017年7月26日 

こんにちは、土田です。

早朝、みたらし祭りに行ってきました。

みたらし団子もたこ焼きも焼きそばも無かったですが、子供時代を思い出すなんとも懐かしい人の数でした。

屋台が出ていたら朝ごはんを食べるつもりだったのですが、さすがに6時は開店前ですね。

強風でロウソクが全部消えてしまって、これでは風情がないからとそこら辺にいた人達みんなで一つずつ点けて回って面白かったです。

みたらし祭りが終わると8月です。

カフェ・ヴェルディ下鴨本店は、お盆期間通常通り(14日月曜日はお休み)営業いたします。
どしどしお越しくださいませ。

翌週の21(月)から23(水)まで夏休みを頂戴いたしますので、何卒よろしくお願いいたします。

今日も暑くなりそうです。
くれぐれもご自愛くださいませ。

今夜はパス

2017年7月25日 

今月末に、台北で開催されるコーヒーフェスティバルに出るため、明後日から私とカミさんは台湾出張。

ちょうど月末月初に重なっているので、訪台する前にやっておかねばならないことが山積しており、ちょっと日記を書いている余裕がなかったりして。

なので、今夜はサボろうかと思いながら、ふと見たら、Facebook のページの「いいね」が1000になっていた。

あまり更新もできていないのだが、こうしてみて頂いている方が多いと言うことは感謝。

ちょっと頑張ってこれからはまじめに情報をアップして行こう。

73

2017年7月24日 

昨夜、ちょっと暑くてなかなか寝付けなかったので、今朝はちょっと起きるのが辛かったが、ともかくお腹の周りの浮き輪をなんとかせねば!の一念で起き上がって鴨川へ行ってみた。

夏休みに入ったせいか、今朝は何組か親子でジョギングしている人たちを見かける。

私の娘たちも、「一緒に歩く」なんて言っておきながら、みんな三日坊主に近い感じだったからなぁ・・・

ちょっとうらやましかったりして。

.

さて、昨日の朝、造形芸大店はけっこう慌ただしくしており、開店早々珈琲をひっかぶってしまった。

そんなわけで、よるに珈琲のしみのついたシャツと、黒いので分からないものの、珈琲がかかってしまったパンツを洗って干しておいたのだが、夏とは言え夜の数時間ではパンツのポケットの裏側が、まだちょっと湿っていたので、タンスにしまっていたパンツを出して履いてみた。

実は、ここ数週間、私が持っている全ての衣類が縮んでしまい、どれを着てもちょっと圧迫感があったのだが、特にパンツは73という数字が書かれているものについて、履くことすら難しい状態だったので、もっぱら76と書かれているものを着用していたのだが、その76がはけないとあって、久々に73に足をとおしてみたら・・・・

はけた♪

そんなわけで、まだちょっとベルトの上に何かが乗っているような気もするので、これに安心せず努力精進して、持っている衣類が、全て伸びるように頑張ろう。

1 / 512345

このページの先頭へ