自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 2019 2月

2019年02月

遅くなりましたが

2019年2月28日 

今朝は目が覚めたら外から雨音が聞こえたのでウォーキングはお休み。

造形芸大の近所にある超早咲きの桜、先日はほんの少ししか咲いていなかったが、今日は随分開花が進んでいた。

淡いピンクが雨に濡れてキラキラと光っていてきれいだったが、雨が降るとちょっと色落ちしてしまう。

でも、もう数日で満開になりそう。

鴨川沿いは、まだまだなのにすごいなぁ・・・

 

さて、月曜から東京へ出張していたので、いつもよりアップが遅くなりましたが、先日のサロンライヴの様子をこちらでご紹介。

まずは、小川紗奈さんが歌うプッチーニのラ・ボエームから「私の名はミミ」

とても可憐なミミという感じでした。

そして、木村美穂さんは、J.シュトラウスの「春の声」

桜が開花して、この曲を聴くと、もう春ですねぇという気分になる。

サロンライヴ、今週末はお休みで、来週はソプラノとバリトンの競演です。

ただいまご予約絶賛受付中!

早春の夕べ、ぜひヴェルディで素敵な歌声をお楽しみください。

始まりました。

2019年2月27日 

こんにちは、土田です。

花粉と戦っています。

試合開始直後、完全に相手のペースに翻弄されている感じです。

まだ花粉症が今ほどメジャーじゃなかった頃、”毎年春先になると風邪を引いたと思って風邪薬を飲んでいた” という人の気持ちがよく分かります。

喉がイガイガしたり、頭がポーッとしたり、発熱することもあるようで…

なんでも人には “花粉ポケット” なるものがあって、その大きさは人それぞれで、そこが満タンになると症状になって現れるのだそうです。

私のポッケは小さめです。

お客様の中にもお辛そうな方をお見かけすることが多く、親近感を抱かせていただいております。

戦いは始まったばかり。
ご健闘をお祈り申し上げます。

(なにか画期的な戦術があれば教えてください)

国立大学の入試も終わり、まもなく2月も終わり、平成の終わりも差し迫ってまいりまして、時々お客様と一緒に次の元号を予想したりしています。

当たる訳がないと思いながらも、ついやってしまうのです。

でも万が一当たったらアレなので、思いついたら誰かに言っておこうと思うわけです。

兎にも角にも季節の変わり目、年度末に向けて慌ただしかなるかと思いますので、体調には十分お気をつけてお過ごしください。

セミナーとカッピング

2019年2月26日 

今日は今回東上した主目的である、セミナーとカッピング会。

生豆を仕入れさせて頂いているお取引先の一つであるユーエスフーズさん主催で、産地セミナーと20種類の豆のカッピングができると言うことで、今後の仕入れと勉強を同時にすべく参加させて頂いた。

会場は、大森ベルポートと言う東京っぽい施設。

前半は産地の情報と、ユーエスフーズさん取り扱い豆が、一般の最高グレード品と比べてどのように違うかなどの説明。

なかなか興味深く良い勉強になった。

お昼は、各自この施設でテキトーにと言うことだったので・・・

なんとなく、フツーのインド料理店に行ってみた。

昨夜の御徒町と比べたら、一般的な最高グレード品とユーエスフーズさんこだわりの生豆以上に違いがあるように感じた。

後半はカッピング。

今まで仕入れていなかった銘柄でも、取り扱ってみたいものもあり、以前は仕入れていたものの、ちょっと他社に浮気していた産地のものを味見したら、今回のクロップはすごく良くてムムッと思ったり。

こうやって、一度に多くの豆を試せるのは本当に有難い。

次の仕入れでは、お客様により美味しい珈琲をお楽しみいただけるのではないかと思う。

どうぞご期待ください。

久しぶりの御徒町

2019年2月25日 

今日はスカッと晴れて気持ちのいい朝だった。

今朝は、ウォーキングを終えてシャワーをしたら、いつも通り出勤。

しかし、開店準備をすませたら、その足で京都駅へ。

明日は朝から産地セミナーとカッピングなので、前泊で東京へ向かった。

車中、学生時代の後輩とやり取りをして、昼食を一緒にとることになったので、池袋のベトナム料理店へ。

ランチセットの前菜で、春巻二種。

メインは、汁なしのフォー。

ベトナム茶で〆

私はあまりベトナム料理って食べないのだが、やはり、タイとインドネシアとベトナムの料理って似ている。

 

その後、東京の自家焙煎仲間の店に寄ってから御徒町へ。

夕飯の時間には少し早かったので、珈琲処ボナールでおやつ。

この前、赤坂で入った喫茶店は、メニューをみてびっくりの一番安い珈琲が1,700円だったので、このメニューを見ても普通に感じてしまった。

でも、やはりこれは東京価格であろう。

マンデリンを注文。

せっさくなので、モンブランも食べてみた。

なんだか懐かしい、良き昭和の喫茶店と言う感じで、ちょっとほっこりしてみた。

 

コーヒーブレイクのあとは、夕食をとりに「カレーは飲み物。」へ!

ではなく、久しぶりにアーンドラキッチンへ。

まずスナック系から。

ゴビ65

パニールパコラ

ヴィンディ バイガン

ロマリロティのようなチャパティ

レモンチキンカリー

ココナツライス

マドラスコーヒーでご馳走さま。

本当は、ウプマ ペサラットゥを食べたかったが、今はやっていないとのことだった。

残念。

恐らく4〜5年ぶりのアーンドラキッチン。

なかなか美味しくいただきました。

忘れていた

2019年2月24日 

このところ、明るくなるのが随分早くなってきた。

もうすぐ春ですねぇ・・・

春と言えば、昨日はものすごく久しぶりに結婚式に参列してきた。

だいたい大学を卒業して数年たったあたりから結婚式ラッシュになり、その後はぽつぽつと友人が結婚していくのだが、40を過ぎたら仕事関係とか親戚関係の結婚式に呼ばれる以外、冠婚葬祭の「婚」にはほとんど縁がなくなってくる。

で、50を過ぎたらこんどは自分の子供がいつするのか?って方に関心が移るのだが、そういう意味では本当に20年ぶりくらいに友人の結婚式に招かれた。

小学校の同級生で、その後もちょくちょく会っていたのだが、もう数年前から新婦になった人と Verdi に来てくれていたので、いつ籍を入れるのだろう?と思っていたが、やっと機が熟したということだろうか。

美しい新婦は元ミス京都。末永くお幸せに。

 

さて、歯の治療中の私は、あまり固いものや歯の間に入るようなものを食べたくないので、そんなときは蕎麦でも食べようかと思い、久しぶりに一条寺の「塩釜」さんへ。

前回来たときは、蕎麦の不作で十割そばにあたる「生粉」は販売を見合わせているとのことだったが、今回行ってみたら、生粉を再開していたので、「豚の胡麻だれせいろ」を生粉に変更して注文してみた。

塩釜さんでせいろを注文したら、他の店の2倍~3倍あることを忘れていて、出てきた瞬間ギョッとしてしまった。

若いときは嬉しい盛りなのだが、この量を食べるのはちょっと辛かった。

とは言え、久しぶりの塩釜さん、美味しく頂きました。

 

そんな今夜はサロンライヴ。

2回目のご出演となる、ソプラノの木村さんと小川さんにピアノの石澤さんによるソプラノのソロや二重唱、ピアノソロとバラエティー豊かな内容のコンサートとなった。

木村美穂さん

小川紗奈さん

石澤久美子さん

今回は、日本の歌曲を中心に、後半はオペラアリアもあったりで、とても聞きごたえのある内容だった。

また今夜の模様は週明けにでも YouYube にアップします。

どうぞお楽しみに。

サクラサク

2019年2月22日 

今朝は雲が薄かったせいか、歩き始めからけっこう明るく感じた。

鴨川沿いの桜はまだつぼみも固く、梅の花がきれいに咲いているような感じだが、私が知る限り毎年一番早く咲く桜は、先日見たところけっこうつぼみがほころびつつあった。

なので、きょうあたりぼちぼちどうだろうと思っていたら・・・・

咲いていた!

別の角度で↓

春はもうすぐそこ! なんでしょうかね?

このページの先頭へ