自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 2019 5月

2019年05月

椿姫ハイライトの動画

2019年5月31日 

今朝はけっこう涼しかったが、同時にどんよりとした曇り空。

午後には雨も降り始めたが、長く続くことなくちょっと暑さが和らいで良かったような感じだった。

 

さて、本当は週の前半で紹介しようと思っていたのに、私が体調を崩したりしてなかなかアップできていなかった前回サロンライヴの動画。

椿姫ハイライトだったので、前半は煌びやかなヴィオレッタが、後半には死を目前に控えた姿に。

宮後さんは口紅も落として、目の下にクマができるようメイクもして臨んだのだが、やはり公開するなら美しい姿で見てほしいということだったので、前半の2つだけご紹介。

まずは、恐らく皆さんも耳にしたことがあるであろう、有名な乾杯の歌。

そして、ヴィオレッタのソロで「不思議だわ~花から花へ」

聴きなおしてみて、宮後さんのノルマを聴いてみたいと思ったりして・・・

オオサンショウウオ

2019年5月30日 

今朝はわりと涼しかったが昼間は暑かったですねぇ・・・

一日の寒暖差が大きいと体調を崩しやすいので、皆様もどうぞ健康管理にご注意ください。

最近、鴨川の出町近辺にはオオサンショウウオがいたりする。

ちょっと同化しているので分かりにくいが、1メートルくらいあるオオサンショウウオがいた。

まぁ、鴨川もわりと奇麗ということなのでしょう。

 

そんな朝は涼しく昼は暑い今日この頃、カリーもHOTだけど清涼感のあるものが食べたくなる。

と言うことで、今週のスペシャルカリーは「白いチキンカリー」

カシューナッツペーストのコクにヨーグルトの爽やかさ、色を付けられないため使えるスパイスが非常に限られる中、どちらかと言うと爽やか系のスパイスをしっかり使い、見た目より辛いものの、後味爽やかに仕上げました。

チキンはささみにマサラペーストを挟みこみ、スパイスヨーグルトに一晩漬けこんでオーブンで焼き上げました。

こちらも恐らく他では食べられない美味しさ。

ぜひおためしくださいませ。

バラ売り、始めました。

2019年5月29日 

こんにちは、土田です。

先週の暑さには本当にびっくりしました…

北海道で39度超えなんて…
5月の北海道はまだまだ肌寒いようなイメージだったのですが。

真夏のような晴天続きに、高野川の水位も下がりに下がりました。

泳いでいるカモのバタ足が川底につきそう、というかついているというか。
歩けるんだけど、一応建前上泳いでいるようなそんな状態でしたが、昨日の雨でちょっと “川らしく” なりました。

一杯ずつ丁寧にお淹れした香り豊かなアイスコーヒーや、エチオピアの豆を使用した爽やかなコーヒーゼリー、暑い日にオススメです。

簡単に美味しいアイスコーヒーがお召し上がりいただける水出しパックも販売しておりますので、ぜひご活用ください。

そして、人気商品のドリップバッグが一袋からお求めいただけるようになりました!

バラ売りのリクエストを多く頂戴して、このたび実現いたしました。

2種類のドリップバッグと焼き菓子で、カジュアルなプレゼントにいかがでしょうか。
ご旅行のお供にもオススメです。
ぜひ店頭でご覧ください。

今日は涼しく気持ちのよい気候でしたが、明日からはまた気温が上がるようです。
皆様くれぐれも熱中症にお気をつけください。

全快!

2019年5月28日 

一昨日の日記で体調を崩していると書いたので、今日の夕方にちょっと下鴨へ行ったらお客様から「大丈夫?」とご心配頂いてしまった。

昨日はけっこうヤバかったが、昨夕から今日のお昼ごろまでゆっくりさせて頂いたら、夕方には無事元気になりました。

ご心配下さった方には、申し訳ありませんでした。

そんなわけで、今夜は全快祝いにラッキー餃子センター。

いつものように鉄板餃子

ハツとレバーの黒胡椒炒め

いつもなら、ここで担々麺も頂くところだが今夜は控えておいた。

そんなわけで、明日からまたバリバリ頑張って行こう!

トラヴィアータのハイライト

2019年5月26日 

実は昨日からすこぶる体調が悪く、今朝起きて熱をはかったら38.3という数字が目に入ったので、とりあえず見なかったことにして、でもウォーキングはサボって、薬を飲んで出勤。

薬が効いている間はけっこう動けたので、職業病なのか薬が効いていたのか、ピークタイム中はむしろハイテンションで乗り切れたが、お客様が引くと一気に体が動かなくなる。

30代の頃はもうちょっと熱があっても動けていたのに、トシはとりたくないものである。

 

さて、そんな今日はサロンライヴ。

二度目のご出演となった、宮後優さんがテノールの木下紀章さんとバリトンの廣田雅亮さんとともに、ヴェルディの椿姫をハイライト形式で聞かせてくださった。

ナレーション付きで、場面の説明もしっかりされて、本当にハイライト盤の収録といっても過言ではないようなコンサートであった。

宮後さんがヴィオレッタを若々しく歌い上げる姿を見ていると、アルフレードでなくても惚れてしまいそう。

場をしっかりと再現しながらの演奏なので、聴いている人たちは皆トラヴィアータの世界に引き込まれていたのではないだろうか。

後半の宮後さん、死期の近いヴィオレッタを演じるためメイクまで変えての演奏。

ヴィオレッタが倒れて幕となるこのオペラ、終演後には涙している人もいたほど臨場感のあるひと時であった。

事前に、こんな形になると分かっていたら、私ももう少し小道具など揃えられたのに、そのあたりがちょっと残念。

それにしても、今夜は「ヤラレタ!」という感じのゾクゾクするサロンライヴであった。

で、片づけが終わるまでは、これまたハイテンションにしていられたのだが、店を出て自宅に戻ったら、またちょっとゾクゾクしてきてしまった。

そんなわけで、本当は今夜中に動画をアップしてご覧頂きたかったのだが、今日は早く寝て明日に備えることにします。

季節の変わり目、皆様も体調管理には注意してくださいませ。

 

瓜生通信

2019年5月24日 

今朝もスカッと晴れた青空。

でも、朝はけっこう涼しくて、日陰などではひんやりとした風が肌に気持ち良かった。

でも、昼間は真夏の熱さ。

今日は配達周りの日だったが、エアコンをつけても車内の温度はなかなか下がらず、運転しているだけで汗をかいてしまった。

そんな暑さのせいもあってか、今日はスペシャルカリー「ピンクのポークカリー」をご注文下さるお客様が多く、仕込んでおいたものがすべてなくなったので、配達から帰ったら急いでカリーの仕込み。

大きなボール一杯、だいた10キロ近い玉ねぎを切るのだが、私はけっこう慣れていてどうってことはないものの、キッチンスタッフは私がカリーの仕込みを始めるといつも涙しているらしい。

まぁ、慣れてもらうしかないですねぇ。

 

さて、話は変わって、先日造形芸大の機関誌「瓜生通信」の記事で放送作家で造形芸大の副学長でもある、小山薫堂先生が Verdi を訪ねて下さり、私が店のことをご説明するという企画があった。

小山さんは下鴨本店もよくご利用下さっており、私も何度か珈琲をお淹れしていたのだが、こうしてゆっくりとお話させて頂いたのは初めて。

本当にバイタリティーとアイディアをいろいろお持ちの方だと感じた。

その内容については、瓜生通信Web版でご覧になれます。

よろしければ こちら をご覧くださいませ。

このページの先頭へ