自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 2019 7月

2019年07月

できごころ

2019年7月18日 

昨日は昼間スカッと晴れて暑かったが、今朝はどんより曇って蒸し暑い。

それでも川沿いは川上から降りて来る風が涼しくて、わりと快適に歩くことができた。

毎年梅雨時は日陰にキノコが生えているのだが、今年もかなり大きなキノコが散見できた。

これって食べたら・・・やばいよなぁ。

 

そんな今日は、断続的に雨が降る天気。

昨日の祇園祭の山鉾巡行は雨が降らず良かったのだが、造形芸大店の外回り工事は雨にたたられて少し進捗状況がよろしくない。

なんとか早く工事の囲いが取れたらよいのだが、そうこう言っているうちに台風接近の情報も。

無事、工事が終わってくれることを願うのみ。

 

で、今日は昼間に下鴨へ行く用事があり、その帰りにちょっと蕎麦が食べたくなり、つい出来心で一条寺の塩釜さんへ行ってしまった。

鶏汁せいろ

ここの蕎麦は、どう見ても普通の倍以上はあるように思うのだが、食べてみてもやはり普通の店で食べる倍程度はお腹がふくれる。

勇気を出して「蕎麦を半分くらいで」と言ってみたいのだが、チキンハートの私はなかなかそれが言えない。

次は言ってみよう。

でも、超大盛を食べたおかげで、夜はお腹が空かなくて、ほとんど食べずに過ごせた。

ある意味ダイエットに良いかも?

その塩釜さん、以前は月曜が定休で、昼も夜も営業されていたのだが、店頭の貼り紙を見てみたら、最近営業が変わったようで、土日祝が定休で、営業時間も午後4時閉店となっていた。

気を付けねばだな。

新しい取り組み

2019年7月17日 

梅雨の真っ只中、雨に見舞われることなく祇園祭が執り行われて何よりでした。

バッタリお神輿に遭遇

車の中から撮った写真で見にくさ100点満点ですが
法被の背中の「錦」がカッコいいです。
お馬もいます。

そして明後日からはいよいよ!
下鴨の夏の風物詩 みたらし祭りが始まります。

夏は各地でお祭りだらけですね。

みたらし祭りは7月19日から28日まで。
今年も10日間行われます。

涼やかで幻想的な楽しいお祭りです。
お近くに来られた際は、ぜひ(膝上までまくれる服装で)ご参加ください。

傘マークだらけの週間天気予報が、ハズレてくれますように。

さて下鴨本店では、このたび新しい取り組みをスタートいたします。

店舗にて豆をご購入の際に手提げ袋をご不要の場合、合計金額から10円を引かせていただくというものでございます。

明日から実施いたしますので、ぜひともご活用くださいませ。
ご協力をよろしくお願い申し上げます。
※下鴨本店のみの実施となります。

梅雨明けを待たずに蝉が鳴き始めました。
台風も発生していますが、関西は先日梅雨入りしたばかり…

いつもの7月と比べて随分涼しい日があったり、かと思えばサウナみたいな日があったり。

なんだか色々とちぐはぐな様子ですので、皆さま体調崩されませぬようお気をつけください。

みたらし祭りへの道中は、ぜひヴェルディにお立ち寄りくださいませ。

ご来店お待ちいたしております。

土田

ちょっと残念

2019年7月17日 

今朝はちょっとゆっくりして、お昼ごろからは店関係の仕事で外回り。

そうこうしている間に、午後2時半を回ってしまい、今日のランチをとろうと思っていた店もオーダーストップの時間になってしまった。

どうしようかと考えていたとき、昨日 Verdi がお肉を仕入れさせて頂いている業者さんから言われたことを思い出した。

「百万遍の『ごはんやオードリー』さんに、以前はカレー用のスパイスも入れていたのだけど、うちはもうスパイスを扱わなくなったので、かわりに Verdi さんで買えると思うから、とこの店を紹介したら、マスターのことよう知ったはって、世間は狭いですなぁ」

そう、今出川の東大路を東へ行った、京大北部キャンパスの門のすぐ東側にある「ごはんやオードリー」さんは娘が通っていた幼稚園のお友だちのお母さんが切り盛りされているお店。

幼稚園卒園後も習い事の発表会などでちょくちょく顔を合わせていたので、以前からオードリーさんへ伺いたいと思いつつ、なかなか機会がなかった。

そんなわけで、これも何かのご縁だろうと思い、初めての訪問となった。

で、注文したのはグリーンカレー

これがなかなか美味しくて、円町まで行く時間がないときなどは、オードリーさんのグリーンカレーで十分満足できるように思った。

具材の火通しなどは、女性が作るカレーだなぁ、という感じ。

食後に「嫌がられそうですけど、コーヒーください」と言ったら、手伝っていらっしゃる女性スタッフの方が「嫌だなんてとんでもない」と言った後ろからオーナーであるママさんが笑顔で「嫌です」と言いながらコーヒーを出して下さった。

エスプレッソを薄めて出す、俗にいうアメリカーノだが、角のないマイルドなコーヒーだった。

 

ということで、オードリーさんのグリーンカレーをご案内したあとは、自分の店のカリーも。

私はタイカレーを作れないので(と言うか、作ったことないので)インドカレーになるのだが、今週はオーソドックスなチキンマサラを作ろうかと思ってみたものの、やはりそこは一工夫入れて、トマトが主役に見えつつ、マンゴーとラズベリーのピュレを使って、やわらかく甘い酸味を感じられるカリーに仕上げてみた。

トマトが主役のチキンマサラ

あくまでも、じっくり煮込んだトマトの旨味がメインながら、ラズベリーの酸味とマンゴーの甘みが隠し味の Verdi オリジナルチキンマサラ。

サラダとスパイスコーヒー(マドラスコーヒー)付きで1,200円。

よろしければお運びくださいませ。

 

そして、今日はせっかくの休みだったので、カミさんと夫婦50割引で映画を見に行ってきた。

レビューを見たら、けっこう評価が極端に分かれているが、私個人的にはトイストーリー3で最高に美しくエンディングを迎えたのに、せっかっくの感動的な1~3をどうして台無しにしてしまうような映画を作ってしまうのだろう?と思った。

「子供に見せたい映画」とよく言われるが、トイストーリーシリーズを小さいころから見て親しんできた娘たちを思うと、この映画は「娘には見せたくない映画」と言わざるを得ない。

これはこれで良かったという方もいらっしゃることは理解した上で、それでも私としては残念な一本であった。

久しぶりの晴れ間

2019年7月15日 

数日前の天気予報によると、祇園祭の宵々々山から巡行まで毎日雨の予報だったが、今朝は晴れ間も見える空。

それでも風は涼しく、久しぶりに時折日の光を受けながらのウォーキングであった。

にしても、今朝はけっこう体が重かった。

昨日、バレエの公演を見た後、知り合いの方と偶然一緒に名たので、一緒にカリーを食べに行ってしまった。

ビーフチェチナード。

なんだかんだ言って、私が最も好きなカリーはチェチナードかもしれない。

インドに帰っていたカシームさんが戻ってきて、ヌーラーニにいらっしゃったので、ついチキンサジャニの辛さ4を注文。

カシームさんの甘い系カリーを辛さ4で仕上げる絶妙な塩梅が好きだったりする。

定番のアル ゴビ バイガンマサラ。

これは、ドストライク。

正式名称を忘れたが、山椒入りの魚のジョル。

通常インド料理では出されない、山椒のピリピリ感と風味は大好きである。

マンゴーサートチャトニナン。

マンゴーの甘さと山椒のしびれ感が何とも言えないナン。

今朝体重を量ったら、やはり2キロ太っていたのだが、なんだかんだで今日は朝から食事をとれずに、試作の一口味見以外は食べられなかった。

そんな一日を過ごした後、仕事を終えて帰宅してもう一度体重を量ったら、昨日の朝より1.3キロ増。

食べたいのだが、ダイエット中は我慢かもしれない。

トップ

2019年7月14日 

朝5時ごろに目が覚めた時は、窓の外から雨の音が聞こえていたのだが、6時にはもう止んでいたので今朝も鴨川へ。

雲が低く立ち込めていた。

昨日はいったん中州が見えていたのだが、今朝はまた水の下に消えていた。

 

さて、今日はランチタイムまで造形芸大店に入り、夕方からはロームシアターへバレエの公演を見に行ってきた。

パリオペラ座の最高位であるエトワールを10年間続けてきたカール パケットの引退公演。

すでにパリでは昨年の大晦日に引退公演を終えていたので、今夜が全世界での最後の舞台ということで、やはり最後に偉大なダンサーの踊りを目に焼き付けておこうと足を運んだわけである。

 

初めてカールを見たのは DVD 。

白鳥の湖で、家庭教師とロットバルトの二役を演じていたのだが、これがすごくカッコ良くて、ある意味主役の王子以上の存在感だった。

一昨年は、ドンキホーテを見に行ったが、一幕を見た時、さすがに40歳ともなると少し落ちてきたような印象を持ったものの、三幕では「少し落ちたなんて思ってごめんなさい」というような圧倒的な演技。

そして、今夜のジゼルでも見事な演技で魅了させてくれた。

 

10年間もその世界でトップに君臨し続けることのすごさ、本当に言葉では言い表せないものがあると思うが、今夜の公演後に異例ではあったがカールがそのまま舞台でしたスピーチは、皆の胸に残るものであった。

「一つの星(エトワール)が輝くために、一つの星は終わりを迎えます」

こんな言葉を後進に言い残して去れるトッププレーヤーがいったいどのくらいいるのだろうか。

そう言えるカールに畏敬の念を覚えると同時に、自分という星が消えても新たな星が輝けるということを心底実感できるということは、幸せなことではないかとも思った。

着々と

2019年7月12日 

今朝のウォーキングは雨天中止かな?と思っていたが、起きたころには雨も上がっており、適度な湿度と爽やかな涼しい風の中、鴨川沿いを歩けた。

出町柳の橋に差し掛かったころ、奇妙な振動音のようなものが聞こえたので、音の方に目をやるとすずめが二羽で暴れまわるクマゼミをつついていた。

ピクサー映画バグズライフのワンシーンを上から目線で見ているような気分だったが、ふと、そう言えば今年の夏は(まだ梅雨も明けていないけど)セミの鳴き声をあまり聞いていないような気がした。

で、荒神橋の上を渡りながら、川面に目をうつすと、先日までバッチリと見えていた中州が消えていた。

数日前

今朝

このところ、本当に水か少なくて、どうなることかと思っていたが、まぁ、ちょっと鴨川も川らしく見えた。

 

さて、先日京都芸術デザイン専門学校の学生さんたちに、パッケージデザインの製作をお願いして、授業として取り上げて頂くことになったのだが、今日はその途中経過を見せて頂き、要望などを伝えるため専門学校の授業にお邪魔させて頂いた。

23名の学生さんたち一人ひとりの現時点でのラフを見せて頂きながら、個人差はあるものの、「こういう風に表現するのも面白い」と思うものが何点かあり、私自身も珈琲についての視点を考えさせてもらう機会になった。

考えてみると、私の周りには少なくとも珈琲についてある程度の知識を持った人が多いわけで、同時に一緒に働いているスタッフは、珈琲に対する視点が私とほぼ同じだったりするので、販促について検討していても、同じような方向性で見て考えてしまうことが多い。

一方、今回 Verdi の販促ツールを考えてくれている学生さんたちは、私たちと珈琲についての知識や価値観、方向性を共有しているわけではないので、全く考えてもいなかった方向からのアプローチもあり、個人的には非常にエキサイティングなひと時であった。

学生さんたちが作ってきたものを写真に撮って太田に見せたところ、やはり彼女は茶色や黒ベースの落ち着いた見た目の方が珈琲らしくて良いのではないかという意見だった。

もちろん、彼女の意見は正論であり、多くの珈琲店は彼女と同じ方向性でパッケーじなどのデザインを考えていると思うのだが、私が学生さんたちに言っているのは、「珈琲に対する既成概念や Verdi の店からくるイメージではなく、一目でインパクトを与えるデザインを作ってほしい」ということ。

今日、学生さんたちに伝えた内容を検討の上、現時点でのものをブラッシュアップした、私自身が「あっ」と驚くような面白いものが出てくればと思う。

 

そんなわけで、8月からの商品展開の準備は着々と進めているが、店頭の工事も着々と進んでいる。

今日は、思いのほか晴れ間も見えて、絶好の工事日和だったが、明日からは雨が続く様子。

なんとか予定通りに工事が完了して、お盆前にはリニューアルオープンしたいと思う。

このページの先頭へ