自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 2019 8月

2019年08月

本当に辛いのがいいのか?

2019年8月22日 

今朝もけっこう蒸し暑かったが、鴨川沿いは時折クーラーの風のような冷風が川の流れに乗って肌に当たる。

川上の方は、ちょっと涼しいのかもしれない。

さて、今週の一期一会カリーは、「Hot キーマカリー」なのだが、「辛い」と書いたらいつもよりご注文頂く数が減ってくるから面白いもの。

私的には辛すぎても旨味が伝わらないのではないかと思って、けっこう辛さは抑制して作っているのだが、カレー好きの方が一期一会カリーをお召し上がりになったときの感想を伺うと、概ね「もっとスパイシーでも良い」というご意見がかえってくる。

私としては、「スパイシー ≠ 辛い」なのだが、世間一般には「スパイシー = 辛い」と思われているふしがあるので、今回は少し辛くしてみたのだが、そうするとなかなか一般の方は注文を躊躇われてしまう。

でも、雑誌などを見ていると夏になったら「激辛」の文字が躍っていたり、「もっと辛い方が良い」と言うお客様がいらっしゃったり。

でも、だからと言って辛くしたらこんどは売れ行きが芳しくなくなるから不思議なもの。

まぁ、珈琲にしても、私からすると「フルーティー ≠ 酸味(酸っぱみ)」ではないのだが、最近流行りのお店は「フルーティー = 酸味(酸っぱみ)」としか言いようがない珈琲を提供されているのだから、ある意味私がカレーに対して考えていることも珈琲に対して考えていることも、世の中の主流派とは違うのかもしれない。

と、思いつつ、でもだからと言って、世の中のほとんどの人が「酸っぱい珈琲」を求めているかと言うと、決してそんなことはないように思える。

だから、メディアによく登場する流行の味とかを信じてはいけないってことでしょう。

次回からは、やはり辛さを抑制して「スパイスの調和と旨味」を感じられるカリーを作りたいと思います。

 

で、話は全く変わるが、ちょっと依頼があって昔の写真を探すためSDカードのデータを漁っていたら、私のSDカードは9割がた食べ物の写真に占拠されていることが分かった。

そんな中、ぽつんと1枚花の写真があって、こんなの撮った覚えはなかったのだが、なんか目に留まったのでアップ。

せっかくカメラ持っているのだから、食べ物以外も撮ってみよう。

スタッフ募集中!

2019年8月21日 

今日も暑かったですね。
残暑が厳しいです。

でも日暮れは着実に早くなってきました。
朝晩の気温も下がってきました。

秋を待ちわびています。

下鴨神社では、いよいよ「糺の森の光の祭」が始まりました。

近辺の駐車場は概ね特別料金、ローソンには長蛇の列です。
(入場券がLoppiで発行できるようで)

外からの様子を写真に収めようかと思ったのですが、人混みに突入する勇気が湧かず…

という訳で、随分前の試験点灯の様子をご覧ください。

この時は全部同じ色でしたが、今はピンクやら青やら様々な色に点灯していて、写真の何十倍も華やかです。

境内ではプロジェクションマッピングも楽しめるのだとか!

毎日18時半からのスタートですので、ぜひヴェルディにお立ち寄りください。
お待ちしております!

現在下鴨本店では、アルバイトスタッフを募集しております。
ご興味がおありの方は、お気軽に店舗までお問い合わせください。

土田

たまにはご近所で

2019年8月20日 

今朝もいつも通り鴨川へ行ったものの、歩き始めて少ししたら雨が激しくなり始めたので途中で引き返すことに。

川沿いは雨をよけるものがないので、川端通に出て木の下を歩きつつ、ふと見ると木々の幹のほとんどは苔に覆われていることに気づいた。

毎日見ているつもりでも、実はよく観察していなかったんだなぁと。

 

さて、今日は午前中に一つ打ち合わせが入っていたので、そちらを終えて帰宅したら、もう飲食店のランチタイムも終了間際という感じの時間。

せっかく店が休みの日なので、どこかでランチをとろうと思い、今まで気になっていたものの入ったことのなかったカウンターだけのイタリアンへ行ってみた。

ランチは、パスタ数種類から一つを選ぶと、それにパンとサラダ、ドリンクがついてくるというもの。

サラダとパン

パスタは、芽キャベツのクリームソースのものを注文。

シシリー島出身のおじさんが一人で切り盛りしているこじんまりとしたお店だが、なかなか使い勝手は良さそう。

夜のメニューを見せてもらったら、パスタの中に「ノルマ」なんてものも。

どんなものか聞いてみたら、オペラのノルマをイメージしたものだそうである。

こんど、夜にそれを食べに行ってみよう。

個人的には好きでも

2019年8月19日 

今日は朝から日差しが強く、歩いていても太陽光が肌を焼くような気分になった。

定点観測地点から出町の飛び石まで行くと、石がなかなかすごいバランスで積み上げられている。

先日テレビを見ていたら、河原でこういう石を積む人が紹介されていた。

なんか、最近の若い人の遊びと言えば、スマホでゲームをしている姿を思い浮かべるが、現代の技術が成しえたゲームとは対極にある、こういう素朴だけど難しくて、見た人が思わず「おっ」と思うようなのって、逆に新しく感じてしまった。

 

さて、改装オープン後に販売していた造形芸大店の一期一会カリー「北インドのムスリム風ビーフマサラ」も、ご好評のうちにお盆休み終了と同時に売り切れ、今日からはまた違う一期一会カリーを作らねばならなかったのだが、お盆休みのおかげで食材の納品が間に合わず、現時点で作れるものという発想から「ホット!キーマカリー」を作ることにした。

お取引のお肉屋さんは、現場のことを知り尽くしているので、タイトな納期でも頑張って納品して下さる有難い存在。

なので、昨日のうちにベースマサラを作っておいて、今朝挽肉が納品され次第仕上げていこうと思っていたのだが、やはり連休明けでお肉屋さんもオーダーが立て込んでいたのか、今日はちょっといつもより納品が遅くなり、ランチの開始まであと20分というところで挽肉が到着。

お肉屋さんのおじいちゃんが「今日はエエ肉が入ってきたで、挽きたてやし旨いでぇ」と言いながら全くドリップが出ていない、赤々とした艶のある挽肉を持って来てくれた。

そこから急いでキーマカリーの仕上げにかかり、11時のランチタイムスタートには間に合わなかったが、12時ごろおいでになった、毎週この一期一会カリーを楽しみにご来店下さるお客様には、なんとかお召し上がりいただけた。

そんなわけで、今週の一期一会カリーは「Hot キーマカリー」。

お盆の間は、あまりカリーに慣れていない方も多くお越し下さるので、誰が食べても美味しいと思えるよう、スパイスで刺激を出すのではなく、食材とスパイスのマッチングによる風味と旨味を強調して作ったが、今回は少し刺激的で、食べていると汗がにじむ程度に仕上げてみた。

だからと言って、辛さで勝負!というわけではなく、あくまで「エエ肉」の旨味を活かしつつ、秩序を守った刺激的な香辛料の風味をお楽しみ頂けるように作ってみた。

カリーとライスだけを食べて、じわっとくる辛さを楽しむもよし、トッピングの温泉卵をまぜてマイルドな旨味を楽しむもよし。

ぜひおためしくださいませ。

ところで、カレーの辛さはカプサイシンによるもの。

それを抑えるには、ブラックの珈琲を飲みながら食べると、辛さを感じにくくなり、純粋にスパイスの風味を感じることができます。

ミルクや砂糖を入れてしまうと、あまり辛さを抑える効果がなくなるので、食べてみて辛いと思ったら、ぜひブラックの珈琲を追加注文して、飲みながら食べてみてください。

最後にお知らせです。

明日20日(火)は、下鴨本店、造形芸大店ともにお休みです。

どうぞご了承くださいませ。

やっと

2019年8月18日 

台風の大雨が降った翌朝は、鴨川の水もずいぶん増水していたが、今朝はもうかなり水が引いていた。

なんか、ちょっとだけ涼しい朝だった。

 

さて、昨日は下鴨、造形大ともに多くのお客様にご来店いただいたが、今日は昨日と比べると穏やかな客席。

やはり皆さん明日からの仕事に備えてゆっくりされているのか、台風などもあって帰省先や旅行先から戻るのがギリギリになり今日が移動日という方もいらっしゃるのか。

だいたい毎日チェックしているTDRのアプリで見るアトラクションの待ち時間、今日は昨日と比べるとほとんどのアトラクションが半分程度の待ち時間であった。

まぁ、大型連休の最終日とはそんなものなのでしょう。

で、多くの方にとっては明日から仕事でちょっと憂鬱な気分かもしれないが、サービス業従事者にとっては、やっと終わった大連休。

いろんな人の話を聞いていると、今年は特に人不足で大変だったとか。

私たちと同じく飲食やサービス業に従事する人の多くは、やっと休めるという感覚かもしれない。

が、私的には、やっと止まっていた時間が動き始めるといったところ。

依頼したものの返事待ちの案件や見積もり、進行中の商談などが、全て止まってしまっていたので、お盆の期間中は、よく言えば目の前のお客様に集中して仕事ができるが、悪く言えば本来だったら進められるビジネスが8月9日から10日間、つまり一か月の1/3ほどストップしてしまっているわけで、やっと仕事が再開できるわけである。

とりあえず、恐らく明日の私の携帯は大変なことになりそう。

そんなわけで、店舗運営以外の仕事再開を前に、このところなかなかゆっくり外で夕食をする時間もなかったので、久しぶりに仕事の後に一人アズーロさん。

豚バラ肉とひよこ豆の煮込み

フィットチーネ、鯖のバジルとバターソース。

さぁ、明日からも頑張ってまいりましょう!

送り火

2019年8月16日 

今朝こそ歩こう!と思って、いつも通り5時50分に起きて窓を開けたら、まだけっこうしっかりと雨が降っていたので今日もウォーキングは中止。

なんだか体が重くなったような気がする。

そんなわけで、朝はしっかり降っていた雨も午後には止んで日差しが降り注いできた。

下鴨は例年通りお盆時期ということで週末並みにお客様がお越し下さっていたが、造形芸大の方は開店以来初めてお盆に店を開けることになったので、どうなることかと思っていたが、午後以降は途切れることなくお客様がおいでになり、やはり通りから直接店に入れるドアができるとお客様の流れも変わるものだということが分かった。

 

そんな今日は五山送り火。

帰りに下鴨によって、ちょっと仕事をしてから帰宅しようと思ったら、出町あたりがすごいことになっていた。

で、私は例年通り自宅マンションから送り火を見た。

以前は、大文字と法以外に、妙と鳥居も見えて、舟は半分見られたのに、マンションが次々と建ったおかげで今はこの二つだけ。

でも、毎年送り火を見ると、お盆も終わりだなと実感がわいてくる。

送り火を見たら、つい昨日に引き続き本棚をあさってこれを読み始めてしまった。

今日は、半分程度でやめておいた。

このページの先頭へ