自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 2020 2月

2020年02月

たまには寿司も

2020年2月24日 

今朝もけっこう寒かった。

この時期の午前6時半ごろ、雲がなかったら東の空はこんな感じの幻想的な色合いが楽しめる。

落ち葉が白い朝だった。

 

さて、今日は月曜なのだが感覚的には日曜日。

祝日振替で下鴨も休み、造形も定休日ということで両店舗ともお休みだから店から電話がかかってくることもないのだが、感覚的に明日は月曜日なので、絶好調に朝イチから仕事に行きそうなので、気を引き締めて休まないと。

とは言え、やらねばならないことが山積しているので、明日は朝だけ少しゆっくりして午後からは造形へ行って4月からのメニューの試作と動画作りをしなくては。

頑張っていこう。

 

さて、そんな今日は末娘の誕生日。

何食べたい?と聞いたら、「すし市場」という返事だったので、中央卸売市場にあるすし市場へ行ってきた。

つぶ貝

中トロ

サバ

あぶらめ

のどぐろ

ここは一応回転寿司ではあるが、レーンの上にはほとんど何も回っていない。

でも、たまに魚の端切れを軍艦にてんこ盛りにしたものが100円で流れていたりするから、一応レーンの上をチェックしつつ、お好みでオーダーして握ってもらうわけだが、同じ価格帯の回転寿司店の中では群を抜いていろんなネタがあり、さらにネタの質も同価格帯の店と比較したら他の追従を許さない。

ただ、寿司職人が握る寿司というわけではなく、魚屋さんがネタで勝負する寿司屋なので、料理としての完成度ではなくコスパの面で大満足な一軒。

でも、実は明日もここへ落語を聞きに来るので私は二日連続ということになってしまう。

でも、子供の誕生日は変えられないので仕方ない。

明日は軽く丼程度にしておこう。

久しぶりにコンサート

2020年2月23日 

今朝はわりと寒かった。

いい感じで東の空が赤らんでいたのだが、出町柳の飛び石のところに、なぜか大勢の人が石にのっかって北を見ている。

渡ろうとした人が断念して戻っていた。

これって、けっこう迷惑行為なのだが、この人たちは何をしたかったのだろう?

そんな今日は、ランチタイムの立ち上がりこそ遅かったが、午後はオーダーストップまでお客様が途切れることのなかった造形芸大店。

下鴨の方も、予想以上に多くのお客様にお越しいただけたようで、このところ新型ウイルスのこともあり、ちょっとお客様の足も遠ざかっているように感じていたが、なんとか週末らしい営業ができた。

 

そんなわけで、ちょっと早めに上がることに若干の抵抗を感じつつ、今夜はサロンライヴにたびたびご出演下さっている、ソプラノの講殿さんが堀川音楽高校ホールでコンサートをされるということだったので行ってきた。

前半は、講殿さんのリート。

後半は15歳にして多くのコンクールで優勝を果たしている若きピアニストによるラフマニノフのピアノ協奏曲3番。

指揮は、これもサロンライヴに何度かご出演下さっている坂口航大さん。

講殿さんの歌は、本当に聞くたびどんどん素晴らしくなっていて、思わず聞きほれてしまうのだが、残念だったのはこのホールの残響。

リートだったからまだ許せるが、もしこれがイタリオペラのアリアだったら、恐らく歌手は怒ってしまうのではないかと思うほど。

後半のラフマニノフは、目を閉じて聞いていたら、とても15歳とは思えない演奏。

そりゃ、私の愛聴盤であるアルゲリッチやホロヴィッツと比べたら、まだまだ粗削りではあるが、それは比べる相手が悪いだけ。

今後に期待できる若きピアニストの演奏を聞けて、また楽しみが一つ増えた。

が、確かにラフマニノフを弾きたくなる気持ちはわかるものの、このホールでラフマニノフはちょっと辛かった。

アレグロくらいなテンポで八分音符をフォルテで弾いたら、ほとんど四分音符にしか聞こえない。

カデンツァなんて、銭湯で聞いているような気分になってしまう。

個人的には、ものすごくストレスのたまるひと時であった。

そんなわけで、京都市には市内の名門校のホールなのだから、もうちょっとまともな音響にしないと、せっかく才気あふれる音楽家の卵をホールの残響のせいでつぶしてしまいかねないと声を大にして言いたい。

 

で、演奏とは裏腹に、なんとなくもやもやしていたので、帰りに七福家さんへ寄って、「豚トロの黒故障オイスターソース炒め」を頂いた。

 

いつもながらおいしくて、気分のすっかり晴れました。(単純)

アーモンドのカリー

2020年2月22日 

昨夜、日記を書こうと思いながら、ふと気が付いたら寝ていたのでそのままベッドへ。

そんなわけで、これは金曜日の日記。

昨日より雲が多かったが、もうすれ違う人の顔は認証できる程度の明るさになってきた。

で、今朝の空。

もう、今にも雨が降りそうな空だったが、比較的気温も高く、気持ちよく歩けた。

 

さて、そんなわけで営業開始前にササっとお知らせ。

先週は卒展もあり、週末に一期一会カリーの販売を見合わせておりましたが、今週は一昨日から新作一期一会カリーが登場しております。

今回は、アーモンドペーストをしっかり使った魚のカリー。

今まで、コルマ系のカリーの場合、北インドのスパイス使いであればカシューナッツペーストを。

南インドのスパイス配合で作るものの場合は、ココナツを使ってまいりました。

また、ペルシャ風のリッチなカリーには、ピスタチオペーストを使うこともありましたが、今回は初の使用となるアーモンド。

不飽和脂肪酸が豊富で、コレストロールの抑制に効果があると言われるアーモンドペーストで仕上げたリッチなカリーです。

少しフルーティーにするため、タマリンドで酸味をつけました。

塩、胡椒、ハーブにつけこんだ白身魚をトッピング。

数量限定となりますので、お早めにお越しくださいませ。

見た目はマイルドそうですが、けっこうグリーンチリをたくさん使っているので、ジワジワときます。

春ですねぇ・・・

2020年2月20日 

今朝は久し振りに雲一つない天気で、東の空が奇麗だった。

このところ、日に日に朝の空が明るくなってきている。

ぼちぼち寝ぐせ頭ではウォーキングに出られないなぁ・・・

 

さて、今日はご依頼を頂いて、幼稚園ママさんたちのレクリエーションで珈琲抽出講習をすることになり、朝から準備をして、京都駅近くの幼稚園へお邪魔した。

そう言えば、うちの娘たちも15~6年前はこんなだったなぁ、と思いながら、隣の部屋から聞こえてくるシャウトのような歌声に微笑みながら珈琲の講習をさせて頂いた。

これまでも、店舗でのセミナー以外に出張講習としては、カルチャーセンターや小学校、市の施設のレクリエーションなど、いろいろなところで開催させて頂いたが、幼稚園ってテーブルもイスも幼稚園児が使うものを転用するから、ちょっと今までとは違う感覚。

最初にいろいろ説明しているとき、幼稚園児用のイスにお座りになっているママさんたちへの目線の高さが違って、なんだか少し話しにくかったような。

目線の高さって面白いものである。

みなさん和気あいあいと、楽しく抽出して下さり、華やかな1時間半であった。

 

講座を終えて、造形へ戻ったら、近くの早咲き桜にメジロがやってきていた。

なんだか春ですねぇ・・・

続・ホットサンドイッチ

2020年2月19日 

先週からスタートした自家製グラタンホットサンドイッチ
たくさんご注文いただきありがとうございます。

お口に合いましたでしょうか?
感想などお教いただけると嬉しいです。

グラタンの中には栄養価の高いブロッコリーがたっぷり

“植物性タンパク質”が摂れたり、ビタミンCがレモンより豊富なんだそうです。
そしてビタミンCは、免疫力をアップさせるんだそうです。

ぜひ免疫力の足しにしてくださいませ。

ほかにもシメジやタマネギ、野菜たっぷりです。

そして現在発売中のこちらの雑誌には…

ヴェルディのあんこホットサンドイッチが掲載されております!

あんこのメニューって、それだけで特集が組めるほどたくさんあるんですね。

雑誌の中でも紹介されていますが
“私が今まで食べた中で一番美味しい” 宝泉堂さんのつぶあんを使わせてもらっています。

個人的にあんこは “嫌いじゃないけど特別好きでもない” ものだったのですが、このあんこを食べてすっかり概念が変わりました。

さっぱりしていて、しつこくなくて。
いくらでも食べられそうな爽やかな甘さなのです。
ぜひともお召し上がりください!
コーヒーとの相性もバッチリです。

さっきチラッと読んだニュースに
自分の顔の下半分がプリントされたマスクが開発されたとありました。

マスクを着けたまま、顔認証をパスできるみたいです。

サービス開始はマスク不足が解消されてからとのこと。

とにかく今はしっかり睡眠をとって、たくさん手洗いをして、体力を落とさぬよう皆様お心がけください。

土田

撮影と買い物

2020年2月18日 

昨夜と言うか、今朝というか、遅くまでポイントカードの登録に格闘して、その後わりと遅くまで仕事をしてしまったので、今朝のウォーキングはサボって7時前まで寝てしまった。

そのあとは、いつも通りの時間に造形へ行って次の動画用の撮影。

だいたい素材集めとか、説明用の撮影は閉店後にちょこちょこやっていくので、5分の動画を作るのに2週間以上かかってしまう。

で、今回は焙煎をテーマに作ろうと思っているので、撮影には広い場所と集中できる時間が必要なため、店が休みの日でないとできない。

そんなわけで、先日10段階に分けて焙煎しておいた豆を朝から撮影して、抽出して、また撮影。

 

恐らく私がやろうとしていることを理解して行動してくれるアシスタントがいれば、2時間程度で終えられるかな、と思ったが、一人でやっていたので4時間半ほどかかってしまった。

どんだけ時間かけて5分~10分程度の動画を作るねん!?と思いつつ、まぁ、やるからには。ですねぇ・・・

抽出液の色は、だんだん濃くなっていくと思われがちだが、実は生豆から少し水分が飛んだあたりの方が黄土色くらいになってきたものよりも色が濃かったりする。

恐らく来週中にはアップできると思うので、完成したらご覧くださいませ。

 

撮影が終わったら、店の買い物をしに竜王のアウトレットへ。

目的のものがあるかどうか事前にカミさんが電話で問い合わせてくれていたのだが、家電量販店で購入するより、高速代を払っても1万円程度安くなるので一路竜王へ。

アウトレットって、ついついいろいろ見てしまい、予定外の散財をすることもあるので、今回は目的の店だけ回ってさっさと京都へ戻ることにした。

その目的の店の店頭に貼ってあったポスター。

このポスター見て、いくらか購入したら白い皿がもらえるのか、と思ったら、「フライ」という文字が書かれていることに気づいた。

なんだかまぎらわしいような、実は意図してやっていたりして・・・?

このページの先頭へ