自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 2020 7月

2020年07月

梅雨明け!

2020年7月31日 

今朝は湿度が凄かった。

朝はどんよりと曇り空だったが、昼間に晴れ間が見え始めたと思ったら、日差しが痛いと言っても良いほどの真夏空。

いよいよ梅雨明けですかねぇ・・・

久しぶりに雨の心配がない夕方のウォーキングだった。

さて、今日はお昼過ぎからテレビの撮影が1本。

オンエアは、なんとヴェルディの17周年記念日の8月12日!

思わぬ周年記念に。

また、放映直前に詳細はお知らせいたします。

まだか

2020年7月30日 

午前4時30分。

なぜか、最近目が覚めて時計を見たら、この時間であることが多い。

で、今朝も目が覚めて窓の外がうっすらと明るくなってきている気配を感じていたら、バルコニーの手すりに雨粒が当たる音がし始めた。

ポツポツきたなぁ、と思った次の瞬間、ザーッという音に変わった。

そんなわけで、今朝のウォーキングは断念。

でも、出勤しようと思って外に出たら、雨も上がって空はこんな感じになっていた。

芸大に到着した7時30分ごろ、もうすっかり青空が見えていたのに、昼間にふと外を見たら土砂降りの雨。

でも、しばらくしたら青空・・・

なんだか目まぐるしく空模様が変わる一日だった。

天気予報によると、火曜日あたりで雨続きにもピリオドが打たれるはずだったのに、まだまだ梅雨は明けないなぁ・・・と。

この週末あたりが梅雨明けともいわれているが、どうなんでしょうねぇ・・・

さて、そんな一日だったが、夕方には雨もひと段落。

朝歩けなかった分、勇んで鴨川へ出てみたら、雨上がりならではの空が広がっていた。

三条あたりから、ポツポツときだしたが、汗だか雨粒だかわからない感じだったので、そのまま五条まで。

なんとか今日もノルマの「10キロ歩く」を達成できた。

夕暮れ時の鴨川、いろいろ考えながら歩くのは楽しいもの。

明日は晴れたらいいなぁ・・・

あと2週間!

2020年7月29日 

極々局地的な梅雨の夕焼け

10日ほど前「そろそろですね」なんてお客様とお話ししていたのに、未だ明けぬまま7月も29日となりました。

いくら夏が苦手と言えども、こうなってくると “あれ?まだかな?” と思ってしまうわけで。

噂では、明日・明後日のうちに明けるとか明けないとか…

8月からはズラッと晴れマークが並んでいるので、いよいよ暑い暑い夏が始まりそうです。

ヴェルディ下鴨本店は、あと2週間ほどで17回目の誕生日を迎えます。

今年はいくつかの新メニューをご用意して、お客様にお楽しみいただければと考えております。

ヴェルディの新メニューで暑い夏を乗り切っていただけると嬉しいです。

準備が整いましたら、改めてお知らせをさせていただきます。

ぜひ楽しみにお待ち下さいませ。

土田裕子

祝!リニューアル

2020年7月28日 

今日は、いつもの時間に起きて外を見たら、まだ雨が降っていた。

火曜日は芸大店の定休日なので、とりあえず私も店に行かなくても大丈夫。

ってことで、いつもより1時間半遅れて鴨川へ。

せっかくなので、今日は朝から出町柳~四条を往復してみた。

帰宅して、シャワーをしてから、ちょっと用事を済ませたら京都駅へ。

今日は、新幹線の2階コンコースにある 茶寮 宝泉 さんがリニューアルオープンされる日だったので、カミさんと一緒にお祝いに駆け付けた。

今は、まだ移動の自粛があるため、いつもの京都駅と比べると賑やかさに欠けるものの、この雑踏の中でひときわ輝く落ち着きのある店構え。

店内のしつらえは、すべて日本の素材を使われたそうである。

宝泉堂さんと言えば、最高の素材を使ったお菓子を作られることで知られているが、その素材に込める思いは店作りに至るまで貫かれていて、内装の素材までしっかりと吟味されている。

駅構内と言う落ち着きのない立地の中で、一歩飲食スペースに足を踏み入れたら、そこは全くの異空間、京都を訪れた方、京都から地元にお帰りになる方が、最初に、最後に感じる京都の趣に相応しい内装に仕上がっていた。

冷やしぜんざいが2種類あったので、カミさんと一つずついただいた。

最近、芸大店ではプリンやガトーショコラなど、洋風のスイーツを自家製に切り替えているため、連日試食を繰り返している。

たまにこうして和のスイーツをいただくと、クリームやチョコレートにはない、素材の良さをストレートに感じさせつつ、素朴ながら過不足のない美味しさというものを楽しめる日本という国の凄さを感じる。

そして、こういったシンプルなものが、実は一番難しい。

小豆の一粒一粒に、宝泉堂さんの職人技を感じたひと時であった。

そして、せっかく京都駅まで来たので、千本七条まで行って、すし市場さんで「鉄火丼」を頂いた。

赤身、中トロ、大トロ、中落がたっぷりのった超お値打ち丼!

ここはネタが良いのでお寿司も美味しいが、この丼は京都市内の海鮮丼の中でも最強クラスだと思う。

そんなわけで、スイーツも丼も食べてしまったので、食べたら歩かねば。

ってことで、夜もバッチリウォーキング。

雨がポツポツと落ちていたが、南の空はなんだか朱かった。

で、いつもなら、鴨川沿いを南下して、木屋町を北上するのだが、今朝のウォーキングでは先斗町を北上したので、夜も先斗町を歩いてみた。

先斗町の公園のところから南を見る。 ↑朝8時 ・夜8時の先斗町 ↓

先斗町の公園のところから南を見る。 ↑朝8時・夜8時↓

夜の8時と言えば、書き入れ時のはずだが、天気が悪いこともあるかもしれないが、ほとんど人はいない状態。

やはり、飲食店の中でも、花街のお店と言うのは回復に時間がかかるのかもしれない。

今日はお休み

2020年7月27日 

今朝は降っていないと思って鴨川へ出たが、ぽつぽつと雨粒が落ちている。

ミスト程度だったらよかったのだが、ちょっと傘が欲しいレベルだった。

でも、まぁ、帰ってシャワーしたら同じことか、ってことで最後まで歩いてみた。

さて、今日は4連休後の月曜日、さらに断続的に雨が強くなったり弱くなったりと、ある意味お客様がおいでにならない要素が勢ぞろいしている状態だったので、恐らく営業的には残念な一日になるだろうと思っていたが、予想通り残念な一日であった。

こういう予想は外れてくれていいのだが・・・

で、今日はなぜか無性に眠いので、日記はここまで。

明日はちょっと仕事で外出しなくてはならないので、早めに寝て休養します。

雨の合間に

2020年7月26日 

天気予報によると、今朝私が起きるころには雨がやんでいて、その後昼間は降るものの、夕方の散歩時間までに雨が上がるということだった。

まずは朝。

軽くポツポツきていたものの、ちゃんと歩けた。

数日前は、飛び石も完全に姿を現していたが、今朝の飛び石カメさんは水没していた。

その後、午前中はもったものの、ランチタイムあたりから断続的に激しく降ったり弱くなったり。

営業的にはうれしくない空模様だったが、予想以上にお客様にご来店頂けて有難いことだった。

そして夕方。

営業を終えて、店の片づけを終えたころには雨もやんでいた。

帰宅して鴨川へ出たら・・・

西の空と水たまりの中に燃える夕日が美しかった。

空はこんな感じ

そんなわけで、今日もちゃんとノルマの10キロ以上歩けた。

五条についた頃には、すっかり日も暮れていた。

まぁ、日課のウォーキングができたのは良かったが、そろそろ梅雨明けしてほしいなぁ・・・

このページの先頭へ