自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 2022 6月

2022年06月

メニュー一部リニューアル

2022年6月30日 

朝から暑い!

今日は芸大店朝の出勤・登校時間のテイクアウト、私が受けたホットの注文は1件だけ。

いつもはホットのカフェラテをご注文下さる先生も「今日はアイスで」と。

もう真夏ですねぇ・・・

暑いと人の出も悪くなるはずなのだが、今日の芸大店、幸せ祭り!という感じの一日だった。

下鴨店でも人気の「幸せ気分のアイスクリームコーヒー」だが、今日の芸大店はいったい何杯出たんだろう?という感じで、気が付いたらアイスクリームをグラスに詰めているという感じだった。

コレ、何かに載った?と思うほどであった。

そんな今日は、一部のメニューがリニューアル。

人気だった「ナントースト」だが、諸般の理由でナンの販売を終了。

今日からはかわりにピッツァの販売を開始した。

こちらはエリンギとミートソースのピッツァ。

薄焼きのクリスピーなピッツァ生地に、トマトで煮込んだミートソースと食感が良いエリンギをトッピング。

他には、こちらも人気のキーマカリーをトッピングしたピッツァもご用意。

来週あたりからは、夏季限定の冷たいドリンクやスイーツも販売開始予定。

よろしければ、夏の日の午後、ヴェルディへ涼みにお越しくださいませ。

明けた…!

2022年6月29日 

昨日の朝、蝉が鳴きました。

蝉は毎年、梅雨明けか梅雨明けの翌日から鳴き始めます。とても正確です。

去年か一昨年は観測史上最長の梅雨で、明けを待たずに鳴いたのはその年だけです。

今年は早とちりパターンかな?!と思ったら、お昼頃にちゃんと明けました。

自然はすごいです。

そんなわけで最速最短の梅雨明け、そして夏の到来となりました。

 

 

こうなったらもう、アイスコーヒーです。

先週まもなくとお伝えしていたリキッドアイスコーヒー、販売開始いたしました。

急いでやってきた夏に、なんとか間に合いました…!

 

 

店内でも、やはりアイスコーヒーが人気です。

通常はイタリアンブレンドを使用してお淹れしていますが、深煎りでしたらストレートの豆もアイスコーヒーとしてお召し上がりいただけます。

繊細な風味の違いを、ぜひお楽しみください。

 

オレンジアイスコーヒーもオススメです。

自家製オレンジシロップの爽やかな甘さで、涼しいひとときをお過ごしいただければと思います。

 

 

梅雨かどうかはさておき、もう少し降ってくれるといいですね。

あまりにも雨が少なく、今後が心配です。

 

あっという間にもうすぐ7月、祇園祭の山鉾も建ち始めます。

観光で京都にお越しの際は、ちょっと足を伸ばしてヴェルディにもお立ち寄りください。

皆様のご来店を心よりお待ちいたしております!

基本の味

2022年6月27日 

今朝は、いつものウォーキングマダムとすれ違う時間が従前どおりだった。

早めの夏休みをとって帰省していた次女が、今夜東京へ戻ることになっていたので、何か食べたいものはあるか聞いたところ、タイがいいということになった。

彼女は以前、職場の近くで大好きなカオソーイを食べたのだが、思っていた味と違ってショックだったと言っていたことがある。

次女にとって、カオソーイは烏丸今出川のイーサンが基本の味だったようで、「美味しい」「美味しくない」ではなく、「この味がカオソーイ」というのがイーサンの味だったということなようである。

そんなわけで、彼女にとってタイ料理の基本の味であるイーサンへ。

まずは次女が大好きなトーマンクン

三女が好きなガイトー

カオマンガイ

カオソーイ、ちょっと依然と味が変わったような気もするが美味しかった。

マッサマンカレー

彼女が京都にいる間に食べたいと言って食べに行ったのは、まず神戸のヌーさん。

一条寺のトラットリア・アズーロ。

娘3人で行った北山のバーカン、最後にイーサン。

やはり小さいときに食べた味が、自分にとってのその料理の基本の味になってしまうのかもしれない。

願わくば、多くの人にとってヴェルディのコーヒーが基本の味になりますように。

ふ~ん

2022年6月26日 

このところ、朝から湿度が高くて不快指数も上昇していたが、今日は比較的カラッとした感じ。

いつも、歩き始めて10分程度のところですれ違いざまに挨拶をするウォーキングマダム。

私とは反対周りで歩いていらっしゃるので、往路の10分程度のところですれ違っていたのだが、このところ歩き始めて2~3分のところですれ違うようになっていたので「最近早いですね」と声を掛けたら、「もう朝から暑いから、少しでも涼しいうちに歩こうと思って」と。

でも、早くても全然涼しくはないよなぁ・・・

さて、朝のニュースを見ていたら、NHKの参院選特集サイトで、候補者と同じ質問に答えることで、自分の選挙区のどの候補と一番意見が近いかを見ることができる「ボートマッチ」なるページがあると言っていたので、早速やってみた。

すると、「この人に入れようかな」と思っていた候補者が、実は私とのマッチ度が下から3番目だったことが分かった。

もう一人、気になっていた候補は、下から5番目。

何気に、この人には絶対入れないだろうと思っていた人がマッチ度上位だったりして、面白いものだなぁと思いつつ、アンケート一問ごとの回答を見て行った。

すると、マッチ度上位の人は、私個人的にはどっちでも良いような質問に対して合致している部分が多く、経済や軍事、外交などの部分は全く逆の答えだったと言うことも。

そして、多くの候補者が、私が関心を持っていることについて「回答しない」となっていたりして、結局のところマッチ度が高いからと言って、自分の求める政策を打ち出してくれるわけではないということが分かった。

同時に、入れようかと思っていた候補者も、私が大切だと思っていることについては、支持層などの顔色見のために回答しないという情けない選択をしていたり。

何となくマッチ度だけ見ようかと思ってやってみたら、けっこう全候補者の主張を細かく見ることになった。

おかげで誰に入れるべきか、訳わからなくなってはきたが、たった一票、されど一票、国民としての権利の行使をするにあたり、候補者の考え方について、けっこういろいろと見ることができた。

単に質問に答えてマッチ度を見るだけではなく、各々の候補者の回答を見比べてみるとなかなか面白いので、時間が空いたときにスマホゲームをするのであれば、このボートマッチをやってみるのも楽しいかもしれない。

このページの先頭へ