自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 2022 11月

2022年11月

雨のち冬

2022年11月30日 

いよいよ明日から冬が始まりそうです。

コートも要らぬほどの暖かさから一転、ダウンの用意が必要になるとのこと…

皆様、唐突な寒さにしっかりお備えください。

 

 

店頭ではシュトーレンとクリスマスブレンドの販売が始まりました。

 

 

アドベントというイエス・キリストの降誕を待ち望む期間が、今年は11月27日から始まるとお客様に教えていただき、それに合わせて販売を開始しました。

お持ち帰り・店内ご飲食、どちらもご利用いただけます。

 

短い期間での販売ですので、まとまった数をご希望の場合はぜひお早めにお声がけください。

例年同様、大きいサイズは受注販売となります。

お渡しまでに最長5日ほど頂戴することもございますので、こちらもお早めにご注文ください。

 

それにしても、シュトーレンが登場すると一気に季節感が強まります。

クリスマス期間だけの特別な味わいをご堪能ください。

 

 

 

クリスマスブレンドはもう、3度目の登場でしょうか。

この季節の定番人気メニューになりました。

 

深煎りの豆を使用して、甘いお菓子によく合うブレンドに仕上げています。

シュトーレンとの相性もバッチリです。

Web shopでも販売しておりますので、クリスマスの彩りにぜひお買い求めください。

 

 

それでは皆様、くれぐれもお風邪を引かれませぬように。

温かいコーヒーを飲みにいらしてください。

 

下鴨神社もそろそろ見ごろを迎えそうですよ。

 

 

ご来店お待ちいたしております!

デスクワークの一日

2022年11月29日 

今日は、芸大店が定休日だったので、私も一応お休みだったのだが、とりあえずデスクワークが山積しているので、本当だったら昨日までにやっておきたかったタスクを終わらせるべく、今日は一日パソコンに向かう。

はずだったが、昨夜途中で寝落ちして後半を見ていなかったアクション映画の続きを見てから東山松原あたりへ。

韓国焼き菓子のカフェへ行ってみた。

シンプルなプレーンフィナンシェとエッグタルトを頂いたが、こちらのお店の焼き菓子は、どれも綺麗に飾られたものが多い。

新大久保へ行ったときも感じるのだが、韓国のモノって、どれもすごく装飾されているような気がするがどうなんだろう?

焼き菓子を頂いたら、下鴨へ行って月刊紙の入稿データを仕上げて、通販ページにクリスマスブレンドを登録。

と言うことで、クリスマスブレンド販売開始!

昨夜から限定販売している「タンザニア3地域飲み比べセット」もおかげさまで残り2セットとなった。

ご希望の方はお早めに!

来週こそ、休みたい!と思いながら手帳を見たら、来週もべったり一日仕事の予定が入っている・・・

とりあえず頑張ろう。

タンザニア飲み比べセット

2022年11月28日 

今日は月曜日。

下鴨本店は定休日。

京都芸術大学店は、1週間の中でもけっこうお客様が少ない一日。

のつもりで、わりとのんびり営業を始めてみたら、有難いことにそんな予想は裏切られ、お昼過ぎには満席になって、店長の山下と二人でホールを走り回ることになった。

お昼にお越しくださった学校の事務方のお客様が「今日は何かあるんですか?」と聞かれる始末。

嬉しい誤算と言えばそうなのだが、覚悟なく想像を超える忙しさになると、なかなかついていけないですねぇ・・・・

常に備えていなければ、ってことでしょう。

さて、一昨日芸大店で開催した「珈琲夜話の会」はタンザニアのコーヒーについてお話させて頂いた。

その折に皆さんに飲み比べをして頂いた、タンザニア産3地域の珈琲が少しだけ残ったので、ただいまより通信販売だけで数量限定販売を開始いたします。

タンザニア産のコーヒーを日本ではキリマンジャロと呼んでいるが、実際にはキリマンジャロから遥か離れた土地で採れたものまで「キリマンジャロ」と呼ばれている。

それじゃぁ、本当のキリマンジャロの味はどんなのだ?ということで3地域の飲み比べ。

ご購入は こちら から

アルーシャ=キリマンジャロ山麓の町「モシ」から50キロほど離れた昔からの名産地。キリマンジャロと呼んで良いのはアルーシャまでか?

キゴマ=タンザニア西部の産地。

ンベヤ=タンザニア南部の産地。

よろしければ、お試しくださいませ。

次回はもうちょっと

2022年11月27日 

昨夜は第6回珈琲夜話の会だったが、ちょっと今回はマニアックと言うか、専門性が高すぎたかもしれないと反省。

恐らく同業者とか、輸入業者の人たちからしたら、とても興味深い内容だったとは思うが、一般の方にとっては少し敷居が高かった感は否めない。

次回は、ケニアについてのお話になるのだが、こんどはもうちょっと歩み寄った内容にしたいと思う。

が、その前に、月間紙の入構締め切りが迫っている、と言うか、もうけっこう後れを取っているので、最低でも火曜中にはデータを作って水曜日には入構しなくては。

と言うわけで、日記はパスしてillustratorの作業に入ります。

やはり手を出すべきではなかった・・・

このページの先頭へ