自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 2023 6月

2023年06月

便利は不便

2023年6月22日 

今月も残り10日を切ってしまった。

ものによって締切日が違うものの、私が月内に仕上げなくてはならない仕事を時系列に箇条書きにしてみると・・・

・ 7月上旬にスタートする Mskuake のプロジェクトページを作る。

・その Makuake プロジェクトの告知チラシを作る。

・ 来月号の月刊紙を作って入稿する

・税務署に申告する書類を作る。

・新店の登録資料一式を作る。

・新店の社員募集採用関係と、採用後の研修スケジュール作成。

・通販ページに夏のギフトページを作る。

・夏のギフトの広告画像を作る。

このあたりの作業、営業中にちょこちょこやってはいるものの、画像の細かい処理をしている途中でレジに呼ばれたりするため、ものすごく作業効率が悪いから、結局閉店後に自宅で深夜までパソコンに向かうことになる。

でも、さすがに一日12時間立ち仕事の後のデスクワークは集中力を欠いてしまう。

パソコンって、すごく便利なのだが、下手に使えるとどんどん時間がなくなってしまって、パソコンを使っているのか、パソコンに使われているのか、なんだか分からなくなってくる。

上の仕事の中でも、もしパソコンというものがなかったら、半分は不要な仕事になるわけである。

先日、下鴨で焙煎をしていたら、事務スタッフから、いつも使っているSSDが認識されないと言われ、諸々試したが最終的に物理的な破損だということが判明。

私も記憶媒体としては、フロッピー、CD、MO、DVDと使ってきたが、フラッシュメモリとかSSDって記憶容量も大きいし、コンパクトで使いやすく、とても便利だが、ひとたび壊れたらハードディスクよりも復旧が難しかったりする。

なので、そこまで作ってきたデータがすべておじゃん。

なんたるこった!である。

サイトのページを作ったり、月刊紙の入稿データを作っていたら、ふと昔のガリ版印刷って、ある意味面倒だったし、文字か手描きの絵しか使えなかったけど、今よりよほど簡単だったなぁ・・・

ノートに手書きだと、確かに面倒だけど、捨てるか燃やすかでもしない限り、焼失することはなかったけど、今はシステムがおかしくなったら、莫大な時間をかけて作ってきたことが一瞬でなくなってしまう。

本当にコレって便利なのか?と、思うこともしばしば。

もう後戻りはできないんだけど、今と比べると不便なりに便利だった昭和の時代。

テレビだって、チャンネルを回していた時代は、そもそもそんなに壊れなかったが、今はテレビより先にリモコンが壊れてしまい、リモコンがないとチャンネルを変えるのにも一苦労。

今は、便利だけど何となくすべてが角張ってきているようで、むしろ不便さを懐かしく感じるほど。

まぁ、携帯電話ができた時点で、24時間365日縛られた人生になってしまうわけだけど、たまに産地へ行って、電気もないけど、電波もないから日本でやっているような仕事の半分以上ができない状況にいると、ちょっとホッとする。

そんなことを感じているのは、昭和のオヤジだからですかねぇ・・・

夏至 〜京都観光〜

2023年6月21日 

とても久しぶりに錦市場へ行きました。

そこはもう、幼い頃に母とお正月の食材を買いに行った、あの”錦市場”ではありませんでした。

 

いやいや今更何を、とお思いになった方も多いでしょう。

私ももちろん知らなかったわけではありません。

その変貌を十分心得ているつもりでも、さらに驚くほどの変わりようなのです。

 

急に熱を感じてパッと見るとおもむろにカニが焼かれていたり、かと思えばキンキンに凍ったイチゴの串刺しが売られていたり。

お漬物屋さんでは、外国人店員さんが流暢な外国語で漬物の説明をされていました。

英語での説明も併記されたカラスミは、果たして税関を通過できるのでしょうか。 

 

台湾料理もsake barも、昔ながらのサンダル屋さんも共存共栄、世界中からの観光客と日本中からの修学旅行生が集結して、それはもう大変な賑わいでした。

 

 

 

 

そんな活気あふれる錦市場から新京極へ。

もちろんここも、京都の名物ストリートです。

 

 

写真は比較的早朝のものです。10時をすぎた頃からは、なかなかまっすぐ歩けません。

 

新京極は今年150周年なんですね。

おめでとうございます。

 

通りを歩いていて驚くのは、動物系のお店の多さです。

猫カフェ(複数)、犬カフェ、フクロウカフェ。新たに登場の豚カフェ(※マイクロブタ)などなど。

体験型アニマルストリート、機会があればお近くの方もぜひ、ちょっと覗いてみてはいかがでしょうか。

 

 

今日は夏至、祇園祭のコンチキチンまでもうあと数日です。

明日から日は短くなっていきますが、暑さはこれからが本番になります。

 

梅雨と猛暑のダブルパンチで体調崩されませぬようお気をつけください。

結実

2023年6月19日 

サロンライヴ、貸し切りパーティーと、慌ただしかった週末を終えた、今日月曜日は、やはり落ち着いた、というか、落ち着いてしまっている一日だった。

でも、そんな穏やかな平日でも、朝から通販サイト用の撮影をしたり、役所へいかなくてはならなかったりと、私的には慌ただしく一日が過ぎて行った。

夕方、芸大店へ戻って、店頭の植栽に水やりをしていたら・・・

開業当初からあるオリーブの木に、なんと5年ぶりに実がなっていた!

オリーブって、花は咲けど実はならず、ということが多い中、開店当初以来の結実は、何か良いことの前兆なのか、あるいは悪いことの前触れか・・・

前者であってほしいけど。なーんとなく後者のような気がしてならない。

まぁ、なんであっても、やらねばならないことはてんこ盛りなので、明日は両店舗の定休日を利用して、朝から一日頑張ってデスクワークを片付けよう。

いろいろと

2023年6月18日 

昨日は、店長の山下も書いていたが、3年半ぶりのサロンライヴ。

ご出演の講殿さんは、大学院生卒業当初から何度かご出演頂いていたこともあり、本当に学生の延長線上にある頃から知っているだけに、久しぶりにこの慣れた空間で聞くと、以前とは比べ物にならないほど声の質に深みが出ていることがわかり、なんだか嬉しく思えた。

これまで80回以上、この場所で多くの若きアーティストが歌い、奏でてきた中で、何人かの人たちは、何度もご出演下さり、私個人的にも応援している若き演奏家たち。

将来、「あの高名な歌手の人、ヴェルディで歌ってくれたはったんやで」と言える日が来るよう、これからも応援していきたい。

そして、今夜は貸し切りパーティー。

先月も1件パーティーをして頂いた。

街中へ行くと、人出の多さに経済の回復を実感するが、こうして人が集まる光景を見ると、京都の北の方でも、ぼちぼちコロナから日常への戻りを実感する。

さぁ、これから。

ヴェルディも回復基調に乗り遅れないよう、頑張っていこう。

このページの先頭へ