自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 2023 6月

2023年06月

サロンライブ2023

2023年6月17日 

本日、芸大店では3年振りのサロンライブを開催いたしました。

サロンライブ再開の第一回目、お越し下さった皆様ありがとうございました。

今日のライブの一部をYouTubeで配信いたしますのでよろしければご覧くださいませ。

次回のサロンライブは来月、7月22日(土)です。

ご予約お待ちしております。

新店

2023年6月16日 

今日は下鴨の焙煎担当がお休みだったが、昨夜電話がかかってきて、一部不足しそうな豆があるから、できれば芸大で焙煎して下鴨へ持ってきてほしいと言われた。

が、今日は芸大店も焙煎量が多く、下鴨の分まで焙煎している余裕がなかったので、私が下鴨へ行って焙煎することにした。

ここ数日は、なるべく焙煎中の下鴨へ行って、焙煎担当者の煎り止めタイミングや火力・排煙のバランスを見るようにしているのだが、今日は久し振りに私が下鴨の10キロ釜で焙煎をした。

このところ、午前中に下鴨へ行っていると、昔からの常連のお客様からコーヒーについての質問を受けることも。

やはり、専門店なのだから、もっとお客様のコーヒーに対する諸々にしっかりこたえられるよう、私も下鴨に顔を出したいと思うと同時に、私以外の者もしっかりとコーヒーについて説明できるようにしていかねばと思った。

さて、そんな今日は、7月にカフェをオープン予定の方のお店に初納品。

今日納品した豆は、練習用とプレオープンにお使いになる予定とのことで、まずは豆を持って行って、抽出実習という形でコーヒーの入れ方について現地で確認をさせて頂いた。

まだ営業をしていない新しい店のにおい。

オーナーさんにとって、店ができた喜びと、不安がいりまじった中での抽出練習は、なんとも言えない雰囲気がある。

これから開店に向けて、いろいろとお忙しくなりそうだが、無事オープンできるよう頑張ってください。

明日、看板が設置されるとのことで、本当にまだ真新しいお店。

多くの人が、ここで寛ぎのひとときを持てるといいな、と思いながら後にした。

明後日は

2023年6月15日 

3年4か月、ずいぶん長い間開催出来ていなかったサロンライヴが、明後日再開。

その記念すべき再開第一回目は、これまでも何度かご出演下さったソプラノの講殿由紀奈さんと、ピアノの坂口航大さん。

今日は、閉店後にリハーサルにお越しくださって、先日のザ シンフォニーホール以来の歌声を聞かせて頂いた。

昨日は、約4年ぶりにピアノにも調律が入ったのだが、さすがに4年も調律をしていないとすごいことになっていて、調律師の方がオクターブをたたいた瞬間、私の頭の中で「まじか~!」という叫びが聞こえた。

そんなわけで、明後日はサロンライヴ。

ほとんどお席は埋まっておりますが、まだ若干お席がありますので、ご希望の方は明日中にお電話くださいませ。

さらに夏メニュー

2023年6月14日 

今年も始まりました。

下鴨本店の夏の顔、オレンジアイスコーヒーです。

 

 

 

ヴェルディしぐれとともに、夏の2枚看板として今年も張り切ってスタートしました。

 

自家製オレンジシロップの爽やかな風味が、芳醇なアイスコーヒーとよく合います。

これからの猛烈な暑さにはもちろん、じとぉーっと蒸し暑い今の季節にもぴったり。

もう暑くてやってられんわ、という時にはぜひオレンジアイスコーヒーで涼んでいってください。

どしどしご注文お待ちしております!

 

 

先日京都駅に行きましたら、おおよそ日本とは思えぬほどの外国人の方の姿がありまして、左右前後どこを見ても大量のスーツケース、飛び交う様々な言語、ある意味においては万国博覧会のような状況で、海外旅行欲を大いに掻き立てられました。

 

京都駅周辺は見事な開発具合で、食もお土産も素晴らしく充実していて、自分が観光に訪れていたらさぞかし楽しいだろうと思う場所になっていました。

 

 

 

お手洗いの表示は、姫と殿でございます。

 

 

京都駅からヴェルディまでは、近いとは言えませんがめちゃくちゃ遠くもありません。

バスに揺られながら、もしくは地下鉄でヒュイっと、ぜひお越しくださいませ。

 

涼しいメニューをご用意してお待ちしております。

このページの先頭へ