自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 昨年に引き続き

昨年に引き続き

2019年10月20日 

今朝もウォーキングはお休み。

以前、出張やら悪天候やらで1週間ほどウォーキングができなかったとき、毎朝すれ違いざまに挨拶を交わしている奥さんたちから「元気やった?久しぶりやねぇ」と言われたことがある。そろそろ「さいきん、あのヒゲのおっさん見ないなぁ」と言っているかもしれない。

私としても、朝歩かないと、なんとなく体が重く感じる。

早く腰、よくなったらいいなぁ・・・

 

さて、今日は昨年に引き続き、ノートルダム学院小学校のバザーに呼ばれて出店させて頂いた。

今年も造形芸大店の太田と二人で珈琲の抽出を担当。

昨年は、カフェをお手伝いして下さる父母の方が少なかったこともあり、けっこうバタバタしていたが、今年はチケット販売の方を含めて7名の父母の方々がお手伝い下さったこともあり、450杯ほど販売させて頂けた。

さて、バザーは10時にスタートしたが、だいたいディズニーリゾートへ行って、一番最初に飲物を買いに走る人なんてめったにいないもの(季節限定のスーベニアとかであれば別だが)ほとんどの人が、ソアリンかトイマニ、あるいは季節限定のショーの場所取りに走るはず。

そんなわけで、立ち上がりはけっこう暇なカフェコーナー。

つい、あそこはどうなんだろう?とみてみたら・・・

 

トイ・ストーリーマニア!は180分、ソアリン:ファンタスティックフライトは300分

ソアリンは今から並んで、乗れるのは午後3時20分、バザーが終わるころか・・・と思いながらピークにむけた準備を進めた。

 

昨年はどうなることか全く想像ができなかったので、完全に予想で豆や副資材を持って行ったのだが、今年は昨年のデータがあったので、だいたい昨年の出数に準じた量を用意したものの、途中でいろいろと切れてしまい、もっと強気で用意すればよかったと反省。

今後、こういうイベントに呼んでいただけたら、余らせても足りないということはないように準備しよう。

 

スローペースでスタートしたカフェコーナーだったが、やはりお昼ごろには多くのお客様がお越し下さり、珈琲を淹れていない時間がなくなってきた。

そんなピークタイムでも、一瞬引くときがある。

なので、その瞬間を見逃さず、どうなっているのか確かめてみたら・・・

12時20分ごろでも、まだ300分待ちってことは、今から並んで乗れるのはヴェルディがオーダーストップすることってことになる。

やはり、こんど行ったときは、朝一でソアリンスタンバイでトイマニのFPだな。

なんて考えていたら、コーヒーのご注文が次々入ってきて、そのあとはもうチェックする余裕なく時間が過ぎていった。

そうこうしている間に、ノートルダム女子高生によるハンドベルやオーケストラの演奏、父母の方々のコーラスなどのイベントが行われていく。

そして、体育館の特設ステージが最高の盛り上がりを見せたのは先生方による軽音楽演奏。

このころには、皆さん「聞くモード」になっているので、カフェの方も余裕が出てきて、太田も手を止めてみていた。

軽音楽が終わると、バザーもそろそろお開きの時間。

私たちも急ぎ撤収して店に戻ったら、昨年もそうだったが、やはり今年も店の方は大にぎわいだった様子。

コーヒーマシンや持って行った備品を洗って片付けていたら「わぁ、きれい!」と太田が言うものだから外を見たら・・・

西の空はきれいだった。

 

そんなわけで、来年は呼んで頂けるかどうか分からないが、今年も楽しくお仕事をさせて頂いた。

お声をかけてくださったお母さま、カフェコーナーをお手伝い下さった父母の方々に感謝すると同時に、これだけ大掛かりなイベントをしっかりと運営されている姿を拝見していると、本当にすごいと感心してしまう。

いろいろと学ばせて頂いた一日であった。

このページの先頭へ