自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 定例会?

定例会?

2020年11月15日 

いつもだとアラームが鳴ったらすぐに起きるのに、今朝はなぜか2回目が鳴るまで起きられなかった。

そんな月半ばの日曜日、下鴨店も多くのお客様にお越しいただいたようだが、芸大店の方はというと、ランチが思いのほか低調で、今日はどうしたことかと思っていたら、お昼過ぎから多くのお客様にご来店いただき、午後3時~4時は広い店内なのに席がない状態での営業となった。

ここ数週間、芸大店はランチの後にお客様が多くご来店下さる傾向にある。

ある意味、この時間に店が賑わうのは珈琲店としては真っ当なこと。

今までランチがメインだったところが、ようやく珈琲店としてお客様に認識して頂けるようになったのかもしれない。

.

さて、このところ土曜日の夜に この方 とちょくちょくヌーラーニでインディアンディナーを楽しんでいるのだが、昨夜は3名のお姉さんたちからお呼びがかかったので、仕事を終えたら白梅町へ。

なぜか料理のオーダーは全て私に任されているようなので、いろいろなキャラクターを楽しめるよう組んでみた。

まずはサラダから。

こちらは、軽く前菜代わりに普通のグリーンサラダ

続いてマライカバブ。

「マライ=白い」カバブということで、タンドリーチキンなどと比べるとマイルドでナッティー。

私一人だとなかなか注文しないメニューなので、こういう機会に!とオーダーしてみたが、皆さんご満足頂いたようでなにより。

続いて、ムグライナンとチャナマサラ。

ムグライナンは、一度焼いたナンを崩して丸めて卵を割ってさらに焼いたもの。

こういうナンはひよこ豆系のカリーとの相性が良いので、この組み合わせにしてみた。

マライカバブを少しとっておいて、ムグライナンと合わせて親子ナンにも。

続いてキーマパラックは、ジーラライスとともに(ジーラ=クミン)

このところ、ほうれん草系を食べていなかったので注文。

みなさんほうれん草カリーはお好きなようだったが、キーマは若干毛色が違うので、次回はサグワラ系でほうれん草を攻めてみよう。

次に、バンガリ― フィッシュ ジョル。

ベンガル風のミックススパイス、パンチフォロンの爽やかな香味が食欲をそそる魚のスープ系カリー。

今回の魚は、なんと鰯!

こちらはレモンライスとともに。

そして、今夜のメイン料理となる「骨付きビーフの山椒ビンダルー」

このメニューが登場した初日に食べに行ったときは、ビンダルー=ビネガーとレモンを併せて酸味付けしていたそうで、レモンの酸味が飛んでしまっていて、少々酸味と言う点で物足りなさを感じた。

しかし、この夜はしっかりとビネガーを効かして作られていたので、マサラの香りに、ビーフの肉と骨両方から出る旨味、山椒のクールな辛さが際立ち、そこにバシッときまった酸味がのって、もう幸せとしか言いようのない美味しさ。

これは食べなきゃ絶対損する一品。

そんなわけで、なんだかこのところ月一の定例会みたいになってきたヌーラーニナイト、この日も美味しく楽しく頂きました。

.

最後に、今日のカレーリーフ君。

今回は全部真上からのショット。

日に日に葉っぱの数も増えて、小さいながらそれらしくなっていきます。

このページの先頭へ