自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 延長

延長

2021年5月6日 

今日はすっきりと晴れて、少し動くと汗ばむほどの好天だったが、朝は靄というか、雲と言うのか、ともかく視界は悪かった。

大文字山は全く見えず。

北の方の山も靄で見えず。

そんな今日は、どうやら緊急事態宣言が延長されることが決まった様子。

でも、大規模店舗への営業自粛要請を出すか、イベントなどの客数等を緩和どうかは、明日専門家の意見を聞いてからだそうである。

何だかはっきりしないなぁ・・・・

「延長するけど緩和する」というのが、本当に「緊急事態」なのか、蔓延防止と緊急事態の違いはどこなのか、分からないなぁ・・・

今日も芸大店にの食材の納品があったのだが、いつも配達に来るお兄さんではなく、社長が直々に持ってこられたので「社長自ら、恐れ入ります」と言ったら「もう注文が減ってどうしようもないから、彼には3か月休業あつかいで休んでもらうことにした」と。

4月30日の厚生労働省発表によると、雇用維持助成金の特別措置は6月末までと言うことだったが、緊急事態宣言延長に伴い、恐らく7月までは延びるだろうということで、3か月休ませることにしたそうである。

もはや、ヴェルディにとっても対岸の火事ではないわけで、背筋に冷たいものが走る思いで納品に来られた社長を見送った。

そんな今日も夜のウォーキング。

先斗町は真っ暗。

今日は久し振りに、四条より上も木屋町を歩いてみたのだが、午後8時を回っていたこともあり、目に見える範囲のお店は全て閉店しているが、まばらな人通りの中、客引きのお兄さんはたくさん出ていた。

人通りが多いときは、私のようなTシャツで早歩きしている者が声を掛けられることはあまりなかったのだが、今日はほぼ全ての客引きから声をかけられた。

一見どこのお店も閉まっているっぽいけど、ビルの中のキャバクラやラウンジは営業しているらしい。

でも、通行人より客引きの方がはるかに多い状況、私たちも大変だが、彼らも大変なんだろうなぁ、と思いながらのウォーキングであった。

と、なんだか今日は暗い話題に終始してしまったが、早く明るく楽しいことを書けるようになってほしいものです。

このページの先頭へ