自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 珈琲豆と粉

珈琲豆と粉

2021年10月9日 

早いもので、もう10月。

夜は秋らしい気温ではあるものの、昼間は10月の気温とは思えない程ここ数日とても暑い!

今日も暑い一日です。

さて、先日自宅でコーヒーを淹れようと珈琲豆をメジャースプーンで一杯、ニ杯と量っていたときの事。

喋りながら測っていたので「あれ?今何杯入れたっけ?」となりました。

とりあえず粉にしてからもう一度量ろう!と思い粉にしてから量ると…「あれ?なんか中途半端に多いぞ?結局何杯?」とわけわからんくなってしまいました。

ん?もしかして、豆の時と粉にした時、重量は同じでも容量が変わるのか?!

と疑問に思い、改めて検証してみる事にしました。

結果…

ちょっと増えた!!!!!

コーヒー豆は、豆と粉の時では重量は同じでも容量(かさ)が異なることが分かりました。

コーヒーメジャー1杯=10g(今回はカリタのメジャースプーンを使用。メーカーによって異なります。)として計る場合、粉で計量する際は10gにするには、「山盛り1杯くらい」と覚えておくといいのかもしれません♪

(ただしコーヒー豆の焙煎の仕方(浅煎りや深煎り)でも重さは変わってきます。ややこしい!これについてはまた書きたいなと思います。)

確実に計量したい場合は重さを量るのがベストだとは思いますが、いちいち量るのも面倒だし、器具もない時もありますよね。

なのでそんな時の参考にして頂ければと思います♪

店とは違い自宅に器具すべて揃っている方は多くはないと思います。なので、少しでも珈琲をより美味しく淹れられるような情報を珈琲屋として、また一消費者として、お伝え出来ればいいなと思います♪

店頭でもご質問ございましたらお気軽にお声掛けくださいませ。

芸大店では、

より詳しく珈琲について知りたいという方の為のセミナーも実施しております。(要予約制)

◉自分で焙煎セミナー

◉珈琲抽出セミナー

◉焙煎度合い違いの飲み比べ

◉抽出器具による味の違い

興味のある方はぜひご参加下さいませ♪

このページの先頭へ