自家焙煎珈琲 カフェ・ヴェルディ

カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記

  1. 下鴨店TOP
  2. カフェ・ヴェルディの気まぐれ日記
  3. 初めから灯台でした

初めから灯台でした

2016年11月16日 

こんにちは、土田です。

img_5645

いよいよ綺麗に紅葉してきました。
今年はどこも鮮やかで美しいです。
ライトアップも始まって、東山界隈はすごい人出なのではないでしょうか。

先週の日記を書いてすぐ、京都タワーにまつわるテレビ番組を見る機会がありました。

大きな反対があって危うく灰色の地味な塔になりそうだったこと (京都タワーの色はミルキーホワイトだそうです。かわいいですね。)

すごく短い期間に最新の技術でもって作られたこと

京都の町を照らす ”灯台” のような存在をイメージして作られたこと (これはビックリしました。常識ですか?あれはロウソクだと信じて疑ったことがなかったです…私の同級生たちもきっとみんなそのはずです)

とにかく知らないことだらけだったのですが、中でもとりわけ感動したのは、20年以上もずっと京都タワーを描き続けている画家 吉川博人さんの絵です。

ビルの隙間とか、どこかの小さな公園のジャングルジムの鉄筋の間とか、そういう所から僅かに覗く小さな小さな京都タワーがたくさん描かれていました。

大学進学で京都にやって来て、道に迷った時には京都タワーを目印にして歩いたこともあっという吉川さんの「だから京都タワーは、私にとっては初めから灯台でした」という言葉が、とても印象的でした。

あの番組を見てから急に京都タワーが好きになりました。
単純ですよね。

img_5646

img_5647

小さな京都タワーを見つけると嬉しくなります。
吉川さんの絵を思い出しながら撮った2枚です。

最高気温と最低気温の差が縮まってくると冬を感じます。
秋は一瞬ですね。

日毎寒さがつのりますので、何卒ご自愛くださいませ。

このページの先頭へ